JP3224285B2 - 棒材搬出入装置 - Google Patents

棒材搬出入装置

Info

Publication number
JP3224285B2
JP3224285B2 JP28841492A JP28841492A JP3224285B2 JP 3224285 B2 JP3224285 B2 JP 3224285B2 JP 28841492 A JP28841492 A JP 28841492A JP 28841492 A JP28841492 A JP 28841492A JP 3224285 B2 JP3224285 B2 JP 3224285B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
bar
axis direction
pallet
shelf
movable
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP28841492A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH06134642A (ja
Inventor
徹 常盤
孝芳 長谷川
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Amada Co Ltd
Original Assignee
Amada Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Amada Co Ltd filed Critical Amada Co Ltd
Priority to JP28841492A priority Critical patent/JP3224285B2/ja
Priority claimed from US08/073,063 external-priority patent/US5427490A/en
Publication of JPH06134642A publication Critical patent/JPH06134642A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3224285B2 publication Critical patent/JP3224285B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、例えば鋸盤のごとき棒
材加工機に対して棒材の搬出入を行ない、かつ棒材を必
要により元の位置へ再び収納することのできる棒材搬出
入装置に関する。
【0002】
【従来の技術】鋸盤のごとき棒材加工機に対して棒材の
搬出入を行なう技術の先行例として特開平2−1452
09号公報がある。また、本発明に関連すると思われる
先行例としては、米国特許4362454号、独国公開
特許DE4018139A1等がある。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】例えば鋸盤のごとき棒
材加工機においては、長尺の棒材を必要な長さだけ加工
した後に、適宜長さの棒材が残材として残ることがあ
り、この残材を廃棄処分するか又は再使用のために再び
保存する必要がある。すなわち、棒材加工機に対して
は、棒材を供給搬入するのみならず棒材(残材)を搬出
して再び貯蔵する必要がある。
【0004】一方、工場の無人化、省力化、多種少量生
産等に対応できる得るように、棒材加工機に対して、種
々の形状、寸法の棒材を自動的に供給搬入、搬出するこ
とが要望されている。
【0005】
【課題を解決するための手段】前述のごとき問題に鑑み
て、請求項1に係る発明は、X軸方向に長い複数の棒材
をY軸方向に並列載置したパレットをY軸方向に出入可
能に収納するパレット収納棚を複数段備えた棚フレーム
のY軸方向の前側に、前記パレットをY軸方向に移動す
るためのトラバーサを移動自在に備えたエレベータ装置
を上下動自在に設け、前記エレベータ装置の下方位置に
おいてY軸方向へ移動位置決め自在かつ前記エレベータ
装置が下降限に下降したときに当該エレベータ装置に支
持されているパレットから相対的に突出して上記パレッ
ト上の所望の棒材を持上げ自在の棒材支持装置を設け、
上記棒材支持装置によって持上げられた棒材を受け取っ
て棒材加工機へ搬送するための位置へ搬送自在の棒材支
持搬送装置をY軸方向へ移動自在に設けた構成である。
【0006】請求項2に係る発明は、X軸方向に長い複
数の棒材をY軸方向に並列載置したパレットをY軸方向
に出入可能に収納するパレット収納棚を複数段備えた棚
フレームのY軸方向の前側に、前記パレットをY軸方向
に移動するためのトラバーサを移動自在に備えたエレベ
ータ装置を上下動自在に設け、上記エレベータ装置上に
取り出されて前記棚フレームの下部に設けた基準棚へ搬
入位置決めされたパレット上の棒材をパレットの下方か
ら押上げ自在の押上げ棒を上下動自在に備えた棒材押上
げ装置を前記基準棚内でY軸方向の前側に設け、上記押
上げ棒によって押上げられた棒材を受け取って棒材加工
機へ搬送するための位置へ搬送自在の装置を、前記基準
棚内にY軸方向へ往復動自在かつ上下動自在に設けた構
成である。
【0007】
【実施例】以下、この発明の実施例を図面に基づいて詳
細に説明する。
【0008】図1,図2および図3を参照するに、本実
施例に係る棒材搬出入装置1は、角棒,丸棒などのごと
き適宜形状の長尺の棒材Bを載置したパレット3をY方
向に出入可能に収納するパレット収納棚5を複数段備え
てなる棚フレーム7を備えている。
【0009】上記棚フレーム7は、図2に示されている
ごとく、複数の支柱及び各支柱を連結した複数の連結ビ
ームにより構成され、前記パレット収納棚5を上下に区
画する複数のパレット支持レール9により、直方体形状
の枠体構造に構成してある。
【0010】前記パレット3は、プレートを格子状に組
合せてなる長方形状をなしており、このパレット3の上
面には、X軸方向(図1および図2においては紙面に垂
直な方向、図3において左右方向)に長い棒材BをY方
向に並列して載置すべく適宜形状の凹部例えばV溝がY
方向に適宜間隔に形成してある。
【0011】このパレット3の移動方向(Y軸方向)の
後側(図1,図2においては左側)の両側及び中央部に
は、移動を円滑にするためのローラ11が複数取付けて
あり、前側には下側から上下方向に係止自在のフック1
3が複数設けてある。
【0012】したがって、上記パレット3は、パレット
収納棚5に収納された状態においては、パレット3の前
側が僅かに低くなるように傾斜した状態にあって、パレ
ット3の前側はパレット支持レール9に接触した状態に
ある。
【0013】よって、常態においては、パレット収納棚
5内のパレット3は前記接触による摩擦抵抗により不動
状態に維持されている。
【0014】前記棚フレーム7の各パレット収納棚5に
対してパレット3を出入するために棚フレーム7のY方
向の前側にエレベータ装置15が上下動自在に設けられ
ている。
【0015】上記エレベータ装置15は、概略的には長
方形状をなしている。より詳細には、エレベータ装置1
5は、前記棚フレーム7の前側で両側の支柱に、複数の
案内ローラ17を介して上下動自在に案内される両側の
昇降ベース19と、両側の上記昇降ベース19を一体的
に連結した複数の連結部材21によって概略的に長方形
状に構成してある。
【0016】上記エレベータ装置15を前側の支柱に沿
って上下動するために、前記棚フレーム7の上部には昇
降用モータ23が装着してあり、この昇降用モータ23
によって駆動される減速装置25と棚フレーム7の上部
両側に設けたスプロケット27は、チェン、タイミング
ベルト等よりなる適宜の動力伝達機構29を介して連動
連結してある。そして、前記スプロケット27の同軸に
設けたスプロケット31と棚フレーム7の下部に設けた
複数の従動スプロケット33とに掛回した上下方向の各
チェン35がエレベータ装置15の前記各昇降ベース1
9に連結してある。
【0017】したがって、前記昇降用モータ23を適宜
に制御回転することによりエレベータ装置15が両側の
支柱に沿って上下動されることになる。
【0018】なお、棚フレーム7における各パレット収
納棚5に対応した高さ位置へのエレベータ装置15の位
置決めは、詳細な図示、説明は省略するが、例えば、各
パレット収納棚5に対応した位置に適宜のセンサを設
け、エレベータ装置15に備えた作動子によって上記セ
ンサを作動したとき、エレベータ装置15の昇降を停止
する構成とすることにより、容易に実施され得るもので
ある。
【0019】前記各パレット収納棚5に対してパレット
3を出入するために、前記エレベータ装置15にはトラ
バーサ37がY軸方向(図1および図2において左右方
向)へ移動自在に備えられている。
【0020】より詳細には、上記トラバーサ37はX軸
方向の両端部が前記両昇降ベース19に支持された長尺
の移動部材39よりなるものである。この移動部材39
の両端部および中央部には、エレベータ装置15におけ
る両側の昇降ベース19に設けたガイド部41上を転動
自在のローラ43が回転自在に設けられている。
【0021】また上記トラバーサ37の移動部材39に
は自走用モータ45が装着してあると共に、この自走用
モータ45によって回転されるX軸方向の長尺の回転軸
(図示省略)が回転自在に支承されている。そして、こ
の回転軸の両端部に設けたピニオン47は、前記エレベ
ータ装置15における両側の昇降ベース19にそれぞれ
設けた前後方向(Y軸方向)のラック49に噛合してあ
る。
【0022】上記構成により、自走用モータ45を適宜
に回転駆動して回転軸を回転することにより、この回転
軸の両端部に設けた前記ピニオン47を介してトラバー
サ37をY軸方向(図1,図2において左右方向)へ自
走せしめることができることとなる。
【0023】上記トラバーサ37のY軸方向の移動に連
動して前記パレット3を前記パレット収納棚5に対して
出入するために、前記トラバーサ37には、前記パレッ
ト3の前側に備えた前記フック13に下側から係脱自在
のフック51が複数設けられている。
【0024】より詳細には、上記各フック51はトラバ
ーサ37における移動部材39に対して上下動可能に設
けられているものである。各フック51を上下動する構
成としては、各フック51に対応してそれぞれアクチュ
エータを設けて、各フック51を個々に上下動する構成
となっている。
【0025】したがって、前記トラバーサ37における
フック51は、図示省略のフック上下用アクチュエータ
を作動することにより、移動部材39に対して上下動す
ることができ、前記パレット3のフック13に対して容
易に係合離脱することができる。
【0026】既に理解されるように、エレベータ装置1
5を適宜に上下動して適宜高さ位置のパレット収納棚5
に対応せしめると共に、トラバーサ37に備えたフック
51を上記パレット収納棚5に収納されているパレット
3のフック13に係合して、上記パレット3の前側を僅
かに持上げた後、自走用モータ45を駆動することによ
り、前記トラバーサ37によって前記パレット収納棚5
からエレベータ装置15の昇降ベース19上にパレット
3を引出すことができる。
【0027】また逆に、エレベータ装置15に支承され
ているパレット3をトラバーサ37によって後側へ押進
することにより、エレベータ装置15上からパレット収
納棚5内へパレット3を搬入することができる。
【0028】前記パレット3に載置されている棒材Bの
加工を行なうために、前記棚フレーム7の後方位置(図
3において右方向位置)には、例えば鋸盤のごとき棒材
加工機53が配置してある。
【0029】この棒材加工機53は、長尺の棒材Bを支
持するローラコンベア部55と、棒材Bの加工を行なう
棒材加工部57と、加工された棒材Bを搬送するための
棒材搬送部59とを備えるものである。
【0030】上記構成のごとき棒材加工機53の1例と
しては、例えば鋸盤が公知であるので、棒材加工機53
のより詳細についての説明は省略する。前記棒材搬送部
59は、図3に示されているように、加工された棒材B
をクランプして製品棚(図示省略)に搬送せしめる棒材
搬送装置61を備えている。この棒材搬送装置61は図
3においてX軸,Y軸およびZ軸方向へ移動自在である
と共に、加工された棒材Bをクランプ、アンクランプせ
しめるクランプ部を備えていて、このクランプ部でクラ
ンプした棒材BをX軸、Y軸およびZ軸方向へ移動せし
めて製品棚へ一時的に載置しておくものである。なお、
この棒材搬送装置61の具体的な構成は、特開平2−3
03713号公報に詳述されているので参照されたい。
【0031】前記パレット収納棚5の下部内外には、棒
材支持装置63と棒材支持搬送装置65とが設けられて
いる。
【0032】図1を参照するに、棒材支持装置63は、
前記パレット収納棚5の棚フレーム7の外方(図1にお
いて右側)で前記エレベータ装置15の下方位置に設け
られ、基礎面上に敷設されたレール(図示省略)上に車
輪67を介して棒材支持装置63を構成する一部材であ
る棒材支持本体69がY軸方向へ移動自在に設けられて
いる。この棒材支持本体69の駆動手段としては、図示
省略の例えばモータなどの駆動手段によってY軸方向へ
移動自在となっており、棒材支持本体69にはX軸方向
の適宜な間隔でZ軸方向へ立設した複数の支柱71が設
けられ、支柱71の上面には例えばV溝等の棒材受け面
73が形成されている。
【0033】上記構成により、図示省略の駆動手段を駆
動せしめ、棒材支持本体69をY方向へ移動してパレッ
ト3上に載置した棒材Bの所望する棒材Bを押上げるこ
とができる位置に位置決めし、エレベータ装置15を作
動せしめ、昇降ベース19を下降せしめると所望する棒
材Bは、棒材支持装置63の支柱71の棒材受け面73
上に載置され、相対的に押し上げられる。
【0034】なお、前記棒材支持装置63の支柱71は
X軸方向へ延伸した一体物で構成しても、棒材Bが長手
方向に複数本並んでいる場合には、X軸方向へ複数分割
しても良い。また、パレット収納棚5上に収納された棒
材Bは、前記棒材支持装置63の支柱71によって所望
の棒材Bが支承されるので、棒材B同志をパレット3上
にY軸方向に隙間なく並べるといった密着置きすること
ができる。
【0035】棒材支持搬送装置65は、前記棚フレーム
7の下部内に設けられ、固定された棒材搬出入用の搬送
コンベア装置75と、棒材Bを支承するフォーク77を
備えたフォーク装置79とで構成されている。
【0036】より詳細には、フォーク装置79は図1お
よび図3を参照するに、棚フレーム7の内壁に沿って設
けられ、しかもY軸方向へ延伸されたガイドレール81
上に車輪83を介してフォーク装置79を構成する一部
材であるフレーム85が、Y軸方向へ移動自在に設けら
れている。このフレーム85にL形形状をした前記フォ
ーク77が図示省略の駆動装置によりZ軸方向へ移動自
在に設けられている。なお、フレーム85も図示省略の
駆動装置によりY軸方向へ移動自在となっている。
【0037】上記構成により、図示省略の駆動装置を駆
動せしめることにより、フォーク装置79がY軸方向へ
移動されると共にフォーク77はZ軸方向へ移動され、
前述した棒材支持装置63の支柱71上に支承された棒
材Bをフォーク77にて受取り、後述する搬送コンベア
装置75へ棒材Bを載置する。
【0038】搬送コンベア装置75は、図1を参照する
に、前記棚フレーム7内の下部にして基礎上に固定され
た架台87が設けられ、この架台87上にX軸方向へ適
宜な間隔で複数の回転自在な送材ローラ89と対立ロー
ラ91が立設されている。そして、この搬送コンベア装
置75は、前述した棒材加工機53の前面側に設けたロ
ーラコンベア部55に接続されている。
【0039】所望のパレット収納棚5からパレット3を
取出し、このパレット3上の所望の棒材Bを棒材加工機
53へ搬出入せしめる全体の作用について説明する。
【0040】図1の図中に矢印a〜矢印fで示されてい
る動作順にしたがい説明するに、先ず、待機位置(二点
鎖線で示す)にあるエレベータ装置15の昇降ベース1
9を所望する棒材Bが入ったパレット収納棚5へ移動し
位置決めし、トラバーサ37が図1においてY軸方向の
左側へ移動した状態でパレット3のフック13とトラバ
ーサ37のフック51とが噛み合わされる。(図2参
照)この状態でトラバーサ37は右へ移動し、必要な棒
材Bが載ったパレット3を引出すと共に、矢印aで示さ
れているごとく、棒材支持装置63を移動し支柱71が
所望する棒材Bを支持可能な位置に予め位置決めする。
そして、矢印bで示されているごとく、エレベータ装置
15を駆動し、昇降ベース19を下降限まで下降する。
昇降ベース19が下降するとパレット3上に載置された
所望の棒材Bは、棒材支持装置63の支柱71上へ直ち
に移載される。
【0041】支柱71上に棒材Bが載置されたら、矢印
cで示されているごとく、フォーク77を備えたフォー
ク装置79を支柱71側へ移動させフォーク77を適宜
上下させて、矢印dで示されているごとく、支柱71上
に載置した棒材Bをフォーク77上に移載する。そし
て、矢印eで示されているごとくフォーク装置79を移
動し、フォーク77を矢印fで示されているごとく下降
して、搬送コンベア装置75の送材ローラ89上へ棒材
Bを載せ対立ローラ91にて基準出しが行われる。この
状態で各送材ローラ89を回転せしめることによって、
送材ローラ89上の棒材Bは棒材加工機53側へ搬送さ
れる。
【0042】そして、図3に示されているローラコンベ
ア部55を経て、棒材Bの長さを棒材加工部57に位置
決めされて棒材加工される。棒材加工された棒材は、棒
材搬送装置装置61でクランプされた後、製品棚(図示
省略)上へ持ち運ばれて一旦貯蔵されることになる。ま
た、棒材加工部57で棒材加工されて残った残材は逆方
向へ搬送せしめることによって、パレット3上に載せら
れ、収納棚5に収納させることも可能である。
【0043】したがって、上記実施例においては、棒材
支持装置63を棚フレーム7の外側に設けたことによ
り、棒材Bのパスラインを低くすることができると共
に、棒材加工機53の送材ラインが棚フレーム7の内側
にあるため、棒材Bを棒材加工機53で棒材加工を行な
っている間に、エレベータ装置15が上昇、下降でき
る。而して、他のパレット収納棚5への棒材Bの取出し
や補給を行なうことができる。
【0044】図4には第2実施例が示されている。図4
において、上述した第1実施例における部品と同一の部
品には同一符号を付し、異なる点について説明する。す
なわち、棒材支持装置93の支柱95でZ軸方向へ移動
自在となっていると共に、フォーク装置79の代りに搬
送コンベア装置97を棚フレーム7の内外へ移動自在に
設けられている。
【0045】前記棒材支持装置93は、棚フレーム7の
外側に位置しY軸方向へ移動自在となっており、その駆
動機構は第1実施例と同一である。異なる点は支柱95
が図示省略の例えば油圧シリンダなどの駆動手段によっ
てZ軸方向へ移動自在に設けられている。
【0046】棒材支持搬送装置65としての搬送コンベ
ア装置97は、棚フレーム7の支柱内壁に設けたガイド
レール81に車輪83を介してフレーム99がY軸方向
へ移動自在に設けられている。このフレーム99にX軸
方向へ適宜な間隔で複数の回転自在な送材ローラ89と
対立ローラ91が立設されている。
【0047】上記構成により、その作用としては、実質
的な構成については第1実施例とほぼ同じであるから、
概略的に説明する。
【0048】図4の図中に矢印a〜矢印fで示されてい
る動作順にしたがい説明する。前述した第1実施例と同
様に所望する棒材Bが載置されたパレット3をエレベー
タ装置15の昇降ベース19上へ移載する。そして、矢
印aで示されているごとく棒材支持装置93を移動し支
柱95が所望する棒材Bを支承可能な位置に位置決めし
て、矢印bで示されているごとく、支柱95を所定高さ
位置まで上昇して停止させる。
【0049】そして、矢印cで示されるているごとく、
エレベータ装置15を駆動し、昇降ベス19を下降限ま
で下降させると棒材Bは支柱95上に移載される。支柱
95上に棒材Bが載置されたら、矢印dで示されている
ごとく、搬送コンベア装置97を図4において右側へ移
行させ、支柱95の間に送材ローラ89を挿入させる。
ついで、矢印eで示されているごとく、支柱95を下降
させて棒材Bを送材ローラ89上に移載する。送材ロー
ラ89上に棒材Bが移載されたら、矢印fで示されてい
るごとく、搬送コンベア装置97を図4において左側へ
移行させ、送材ローラ89を棒材加工機53のローラコ
ンベア部55の中心へ位置決めして、棒材Bを搬出し棒
材加工機53にて棒材加工が施される。而して、その効
果は前述した実施例と同等な効果を発揮することができ
る。
【0050】図5には第3実施例が示されている。図5
において、上述した第1実施例における部品と同一の部
品には同一符号を付し、異なる点について説明する。す
なわち、基本的に異なる点は棒材押上げ装置が棚フレー
ム7内に設けられていることである。
【0051】パレット収納棚5における最下段が基準棚
5Aとして設けられている。この基準棚5A内における
図5において右側(A位置)の下方にはエレベータ装置
21によって前記パレット収納棚5から取出されたパレ
ット3上の棒材Bを押上げる棒材押上げ装置101が設
けられている。この棒材押上げ装置101は、X軸方向
へ延伸した押上げベース103と、この押上げベース1
03上にX軸方向へ適宜な間隔でZ軸方向へ立設した複
数の押上げ棒105とで構成されている。
【0052】前記押上げベース103の両側にはZ軸方
向へ適宜な間隔で複数のガイドローラ(図示省略)が回
転材に支承されている。この各ガイドローラは前記棚フ
レーム7における両側の支柱に転動されるようになって
いる。また、前記押上げベース103は図示省略の例え
ば油圧シリンダなどの駆動手段によって上下動自在に設
けられている。
【0053】上記構成により、図示省略の駆動手段を駆
動せしめると、押上げ装置101の押上げベース103
が図5の2点鎖線の位置から実線の位置まで押上げられ
ることになる。なお、押上げベース103が押上げられ
る際、ガイドローラが支柱の内側に案内されて転動し、
スムーズに押上げベース103が押上げられることにな
る。
【0054】前記押上げ装置101の押上げベース10
3は図5に示されているように、支柱間にX軸方向へ延
伸された一体物で構成されている例で説明したが、棒材
Bが長手方向に複数本並んでる場合もあるので、押上げ
ベース103をX軸方向へ複数分割して上下動せしめる
構成とすれば、必要な押上げベース103を押上げるこ
とによって対応することができる。
【0055】また、パレット3上に収納される棒材B
は、前記押上げ装置101の押上げ棒105によってパ
レット3から押上げられるようになっているので、棒材
B同志をパレット3上に隙間なく並べるといった密着置
きすることができる。
【0056】前記棒材押上げ装置101によって押上げ
られた棒材Bの下側へ出入可能な棒材支持搬送装置10
7が前記基準棚5A内に設けられている。より詳細に
は、棒材支持搬送装置107は支柱の内壁に沿って設け
られ、しかもY軸方向へ延伸されたガイドレール109
を上下から挟んだ複数のガイドローラ111によってY
軸方向へ移動自在な支持搬送フレーム113に搬送コン
ベア装置115が設けられている。この搬送コンベア装
置115は前記支持搬送フレーム113にX軸方向へ適
宜な間隔で複数の回転自在な送材ローラ89が支承され
た支持部材113AをZ軸方向へ移動自在に設け、この
各送材ローラ89には複数の対立ローラ91が立設され
ている。なお、前記支持部材113AをZ軸方向へ移動
させる駆動源としては、図示省略したが例えば油圧シリ
ンダなどによる。
【0057】上記構成により、図示省略の駆動装置を駆
動せしめることにより、支持搬送フレーム113がY軸
方向へ移動されて、送材ローラ89を図5におけるA位
置と支持部材113Aを下降せしめ送材ローラ89を前
記ローラコンベア部55の位置とに位置決めされること
になる。
【0058】上記構成により、その作用としては、実質
的な構成については第1実施例とほぼ同じであるから、
概略的に説明する。
【0059】図5の図中に矢印a〜矢印gで示されてい
る動作順にしたがい説明する。前述した第1実施例と同
様に所望する棒材Bが載置されたパレット3をエレベー
タ装置15の昇降ベース19上へ移載する。そして、矢
印aで示されているごとく、エレベータ装置15は下降
し基準棚5Aの位置で停止する。
【0060】次に、矢印bで示されているごとく、必要
な棒材BのセンタがA位置に来るまでトラバーサ37が
パレット3をY軸方向の左側へ運ぶ、A位置に棒材Bが
来ると、矢印cで示されているごとく、棒材押上げ装置
101が上昇し、棒材Bをパレット3から持上げる。棒
材Bを上昇端まで持ち上げた後、矢印dで示されている
ごとく、棒材支持搬送装置107である搬送コンベア装
置115の送材ローラ89をY軸方向の右側へ移動し、
位置決めされながら、対立ローラ91が棒材Bの側面に
接するまで棒材支持搬送装置107を接近させる。
【0061】棒材支持搬送装置107が所定の位置で停
止したら、矢印eで示されているごとく、棒材押し上げ
装置101が下降し、棒材Bは送材ローラ89上に載
る。送材ローラ89は棒材Bを載せたまま、矢印fで示
されているごとく、Y軸方向の左側へ移動し、矢印gで
示されているごとく、Z軸方向の下方へ移動し対立ロー
ラ91が、加工基準面に一致する位置まで下降して停止
する。
【0062】この状態にて、各送材ローラ89を回転せ
しめることによって、送材ローラ89上の棒材Bは棒材
加工機53側へ搬送され棒材加工が施される。
【0063】また、棒材加工部57で棒材加工されて残
った棒材Bは逆方向へ搬送せしめることによって、パレ
ット3上に載せられ、パレット収納棚5に収納されるこ
とも可能である。
【0064】而して、棒材支持搬送装置107に設けた
送材ローラ89と対立ローラ91はZ軸方向の移動自在
となっているため、棒材Bのパスラインを低くすること
ができると共に前述した実施例と同等の効果を発揮する
ことができる。
【0065】図6には第4実施例が示されている。図6
において、上述した第3実施例における部品と同一の部
品には同一符号を付し、異なる点について説明する。す
なわち、棒材支持搬送装置107を構成する固定の搬送
コンベア装置116と、フォーク117を備えたフォー
ク装置119とが異なる部分である。
【0066】棒材支持搬送装置107が基準棚5A内に
設けられていて、棚フレーム7の支柱の内壁に沿って設
けられ、しかもY軸方向へ延伸されたガイドレール10
9を上下から挟んだ複数のガイドローラ111によっ
て、Y軸方向へ移動自在な支持搬送フレーム121を備
えたフォーク装置119が設けられている。このフォー
ク装置119にはL字形状をしたフォーク117が、図
示省略した駆動源として例えば油圧シリンジ等によりZ
軸方向へ移動自在に設けられている。また、前記フォー
ク装置119も図示省略した例えばモータ等によりY軸
方向へ移動自在となっている。
【0067】搬送コンベア装置116は、架台87上に
X軸方向へ通直な間隔で複数の回転自在な送材ローラ8
9が支承され、この各送材ローラ89の図6において右
側には複数の対立ローラ91が設けられている。
【0068】上記構成により、その作用としては、実質
的な構成については第3実施例とほぼ同一であるから、
同一部分については概略的に説明する。
【0069】図6の図中に矢印a〜矢印gで示されてい
る動作順にしたがい説明する。なお前述した第3実施例
と各機器の動きが同一のものは詳細な説明を省略する。
【0070】すなわち、矢印aで示されているエレベー
タ装置15の動作と、矢印bで示されているトラバーサ
37の動作と、矢印cで示されている棒材押上げ装置1
01の動作は第3実施例の動作と同一である。
【0071】棒材押上げ装置101が棒材Bを上昇端ま
で持ち上げた後、矢印dで示されているごとく、フォー
ク装置119をY軸方向の右側へ移動し、フォーク11
7が棒材Bの側面に接するまで接近させる。つづいて、
矢印eで示されているごとく、棒材押上げ装置装置10
1が下降し、棒材Bはフォーク117上に載る。フォー
ク117は棒材Bを載せたまま、矢印fで示されている
ごとく、Y軸方向の左側へ移動し、矢印gで示されてい
るごとく、X軸方向の下方へ移動し、搬送コンベア装置
116の送材ローラ89と対立ローラ91に接する位置
まで下降して停止する。
【0072】この状態にて、各送材ローラ89を回転せ
しめることによって、送材ローラ89上の棒材Bは棒材
加工機53側へ搬送され棒材加工が施される。而して、
その効果は前述した実施例と同様な効果を発揮すること
ができる。
【0073】図7には第5実施例が示されている。図7
において、上述した第4実施例における部品と同一の部
品には同一符号を付し、異なる点について説明する。す
なわち、棒材支持搬送装置107を構成するフォーク1
23を備えたフォーク装置125が異なる部分である。
【0074】棒材支持搬送装置107が基準棚5A内に
設けられていて、棚フレーム7の支柱の内壁に沿って設
けられ、しかもY軸方向へ延伸されたガイドレール12
7を上下から挟んだ複数のガイドローラ111によっ
て、Y軸方向へ移動自在な支持搬送フレーム129を備
えたフォーク装置125が設けられている。このフォー
ク装置125にはコ字形状をしたフォーク123が設け
られていて、このフォーク123は、上、下段に別れた
支持部材123Aと123Bが水平方向へ突出して設け
られ、上段に設けた支持部材123A上には棒材Bを支
承し、下段に設けられた支持部材123B上には残材B
Zが支承されるようになっている。この残材BZは図7
において図中に二点鎖線で示されている。
【0075】なお、このフォーク装置125のフォーク
123は、図示を省略したが駆動源として例えば油圧シ
リンジ等によりZ軸方向へ移動自在に設けられている。
また、前記フォーク装置125も図示を省略した例えば
モータ等によりY軸方向へ移動自在となっている。
【0076】上記構成により、その作用としては、実質
的な構成については第4実施例とほぼ同一であるから、
同一部分については概略的に説明する。
【0077】図7の図中に矢印a〜矢印kで示されてい
る動作順にしたがい説明する。なお、矢印aから矢印g
までの動作は棒材Bを搬送コンベア装置116の送材ロ
ーラ89上へ載置するための動作であり、前述した第4
実施例とまったく同一であるため説明を省略する。
【0078】本実施例では残材BZの搬出が異なってい
る。すなわち、搬送コンベア装置116の送材ローラ8
9上に残材BZが搬出されてきたら、矢印hで示されて
いるごとく、フォーク装置125をY軸方向へ移動し、
フォーク123が送材ローラ89上に載置された残材B
Zに当接しない位置まで離隔する。そして、矢印iで示
されているごとく、フォーク123を加工させ下段支持
部材123Bが残材BZを支持可能な位置にて停止させ
る。次に、矢印jで示されているごとく、フォーク装置
125をY軸方向の右側へ移動し、フォーク123の下
段支持部材123Bを搬送コンベア装置116の送材ロ
ーラ89の下面に挿入する。
【0079】そして、矢印kにて示されているごとく、
フォーク123をZ軸方向の上方へ上昇させると、フォ
ーク123の下段支持部材123B上に残材BZは乗
り、矢印aから矢印gの動作を逆に行うことにより残材
BZはパレット3へ移載され、所定のパレット収納棚5
内へ収納される。
【0080】而して、残材BZを収納するためのタクト
タイムは、前述した第4実施例と比べ短くなり、その他
の効果は前述した実施例と同様な効果を発揮することが
できる。
【0081】なお、この発明は、前述した各実施例の限
定されることなく、適宜な変更を行うことにより、その
他の態様で実施し得るものである。
【0082】
【発明の効果】以上のごとき説明より理解されるよう
に、本発明の請求項1に係る発明においては、棚フレー
ム7のパレット収納棚5に対してパレット3を出入する
エレベータ装置15の下方位置に、エレベータ装置15
が下降限に下降したときにエレベータ装置15に載置し
てあるパレット3上の所望の棒材Bを持上げ自在の棒材
支持装置がY軸方向へ移動位置決め自在に設けてあり、
かつ上記棒材支持装置によって持上げられた棒材Bを受
け取って棒材加工機53へ搬送するための位置へ搬送自
在の棒材支持搬送装置65がY軸方向へ移動自在に設け
てあるから、エレベータ装置15がパレット収納棚5か
らパレット3を引き出して載置して、下降限を下降する
と直ちに棒材支持装置によって所望の棒材Bが押し上げ
られるので、パレット3からの棒材の押し上げを迅速に
行うことができ、かつ棒材支持搬送装置65によって押
し上げた棒材を棒材加工機53へ搬送するための位置へ
迅速に搬送でき、能率向上を図ることができるものであ
る。
【0083】また、棒材支持装置によってパレット3上
の所望の棒材Bを押し上げる構成であるから、パレット
3上に棒材Bがランダムにかつ互に近接して載置してあ
る場合であっても、所望の棒材Bを押し上げることがで
きるものである。
【0084】請求項2に係る発明においては、棚フレー
ム7の下部に設けた基準棚5A内でY軸方向の前側にパ
レット3上の所望の棒材を押し上げる棒材押上げ装置1
01を設け、この棒材押上げ装置101によって押上げ
られた棒材を受け取って棒材加工機53へ搬送するため
の位置へ搬送する装置を基準棚5A内にY軸方向へ往復
動自在かつ上下動自在に設けた構成であるから、パレッ
ト3上に棒材がランダムにかつ互に近接して載置してあ
る場合であっても所望の棒材を容易に押し上げることが
できると共に、棒材を受け取って搬送するための装置か
らY軸方向へ往復動自在かつ上下動自在に設けてあるこ
とにより、棒材加工機53へ棒材を搬送するための位置
を基準棚5A内の所望の位置に設定することができ、そ
の自由度が大きいものである。
【0085】したがって本発明によれば、棒材加工機に
対して多種の棒材を自動的に供給搬入、搬出することが
でき、棒材加工機による棒材加工の無人化、省力化を図
ることができ、また全体の省スペース化を図ることがで
きる。
【図面の簡単な説明】
【図1】この発明に係る装置の第1実施例を示す側断面
図で、図3におけるI−I線に沿った断面図である。
【図2】図1におけるパレット収納棚とエレベータ装置
を示す側断面図である。
【図3】図1における部分正面図である。
【図4】この発明に係る装置の第2実施例を示す側断面
図である。
【図5】この発明に係る装置の第3実施例を示す側断面
図である。
【図6】この発明に係る装置の第4実施例を示す側断面
図である。
【図7】この発明に係る装置の第5実施例を示す側断面
図である。
【符号の説明】
1 棒材搬出入装置 3 パレット 5 パレット収納棚 5A 基準棚 7 棚フレーム 15 エレベータ装置 63,93 棒材支持装置 65,107 棒材支持搬送装置 71,95 支柱 75,97,115,116 搬送コンベア装置 77,117,123 フォーク 79,119,125 フォーク装置 101 棒材押上げ装置

Claims (2)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 X軸方向に長い複数の棒材(B)をY軸
    方向に並列載置したパレット(3)をY軸方向に出入可
    能に収納するパレット収納棚(5)を複数段備えた棚フ
    レーム(7)のY軸方向の前側に、前記パレット(3)
    をY軸方向に移動するためのトラバーサ(37)を移動
    自在に備えたエレベータ装置(15)を上下動自在に設
    け、前記エレベータ装置(15)の下方位置においてY
    軸方向へ移動位置決め自在かつ前記エレベータ装置(1
    5)が下降限に下降したときに当該エレベータ装置(1
    5)に支持されているパレット(3)から相対的に突出
    して上記パレット(3)上の所望の棒材(B)を持上げ
    自在の棒材支持装置を設け、上記棒材支持装置によって
    持上げられた棒材(B)を受け取って棒材加工機(5
    3)へ搬送するための位置へ搬送自在の棒材支持搬送装
    置(65)をY軸方向へ移動自在に設けたことを特徴と
    する棒材搬出入装置。
  2. 【請求項2】 X軸方向に長い複数の棒材(B)をY軸
    方向に並列載置したパレット(3)をY軸方向に出入可
    能に収納するパレット収納棚(5)を複数段備えた棚フ
    レーム(7)のY軸方向の前側に、前記パレット(3)
    をY軸方向に移動するためのトラバーサ(37)を移動
    自在に備えたエレベータ装置(15)を上下動自在に設
    け、上記エレベータ装置(15)上に取り出されて前記
    棚フレーム(7)の下部に設けた基準棚(5A)へ搬入
    位置決めされたパレット(3)上の棒材(B)をパレッ
    ト(3)の下方から押上げ自在の押上げ棒(105)を
    上下動自在に備えた棒材押上げ装置(101)を前記基
    準棚(5A)内でY軸方向の前側に設け、上記押上げ棒
    (105)によって押上げられた棒材(B)を受け取っ
    て棒材加工機(53)へ搬送するための位置へ搬送自在
    の装置を、前記基準棚(5A)内にY軸方向へ往復動自
    在かつ上下動自在に設けたことを特徴とする棒材搬出入
    装置。
JP28841492A 1992-10-27 1992-10-27 棒材搬出入装置 Expired - Fee Related JP3224285B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP28841492A JP3224285B2 (ja) 1992-10-27 1992-10-27 棒材搬出入装置

Applications Claiming Priority (8)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP28841492A JP3224285B2 (ja) 1992-10-27 1992-10-27 棒材搬出入装置
US08/073,063 US5427490A (en) 1992-06-09 1993-06-08 Bar storage apparatus
DE69328391T DE69328391T3 (de) 1992-06-09 1993-06-09 Aufbewahrungsvorrichtung für Stangen
EP98119925A EP0899218B1 (en) 1992-06-09 1993-06-09 Bar storage apparatus
EP93401463A EP0574307B2 (en) 1992-06-09 1993-06-09 Bar-storage apparatus
DE69334128T DE69334128T2 (de) 1992-06-09 1993-06-09 Aufbewahrungsvorrichtung für Stangen
US08/396,610 US5490752A (en) 1992-06-09 1995-03-01 Bar storage apparatus
US08/487,658 US5626454A (en) 1992-06-09 1995-06-07 Bar storage apparatus

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH06134642A JPH06134642A (ja) 1994-05-17
JP3224285B2 true JP3224285B2 (ja) 2001-10-29

Family

ID=17729907

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP28841492A Expired - Fee Related JP3224285B2 (ja) 1992-10-27 1992-10-27 棒材搬出入装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3224285B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103317379A (zh) * 2013-07-15 2013-09-25 旭东机械(昆山)有限公司 管件加工设备的下料装置

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005280876A (ja) * 2004-03-29 2005-10-13 Okamura Corp 長尺物用自動倉庫

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103317379A (zh) * 2013-07-15 2013-09-25 旭东机械(昆山)有限公司 管件加工设备的下料装置
CN103317379B (zh) * 2013-07-15 2015-05-20 旭东机械(昆山)有限公司 管件加工设备的下料装置

Also Published As

Publication number Publication date
JPH06134642A (ja) 1994-05-17

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5453555B2 (ja) 板材搬出入棚装置
JPH05319517A (ja) パレット搬送装置
JP2866778B2 (ja) レーザ加工装置
JP3106237B2 (ja) 板材加工機用搬入出装置
JP3224285B2 (ja) 棒材搬出入装置
JP3224273B2 (ja) 棒材搬出入装置
JP3583152B2 (ja) 棒材搬出入装置
JP2006315829A (ja) 自動倉庫
JP2007223741A (ja) ワーク搬送装置
JP3318050B2 (ja) 棒材貯蔵装置
JPH05306003A (ja) パレットストッカー
JP2531977B2 (ja) プレス成形部品の積込み装置
JPH0585608A (ja) パレツトストツカー
JP3044110B2 (ja) パレット移送装置
JP2980412B2 (ja) 材料貯蔵装置
JP3655829B2 (ja) 金型自動供給装置に於ける金型本体と補高台の組立・分解を行う受渡システムライン構造
JP2559558B2 (ja) 鋼板の格納および入出庫設備
JP2000302204A (ja) ワーク搬送装置及びワーク搬送方法
JPH05178413A (ja) ストッカ
JP5154148B2 (ja) 積付装置
JPH05319562A (ja) パレット搬送装置
JP3024009B2 (ja) 材料貯蔵装置に対する材料一時支持装置
JP3375091B2 (ja) 成形品搬送装置
JPH05319516A (ja) パレット搬送装置
JP2000016517A (ja) ワーク搬送装置

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080824

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080824

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090824

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100824

Year of fee payment: 9

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees