JP3218314B2 - 梁型枠装置 - Google Patents

梁型枠装置

Info

Publication number
JP3218314B2
JP3218314B2 JP09544994A JP9544994A JP3218314B2 JP 3218314 B2 JP3218314 B2 JP 3218314B2 JP 09544994 A JP09544994 A JP 09544994A JP 9544994 A JP9544994 A JP 9544994A JP 3218314 B2 JP3218314 B2 JP 3218314B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
frame
formwork
support
supporting frame
support frame
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP09544994A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH07279417A (ja
Inventor
憲衛 幸村
渡辺  純一
良一 中島
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Tokyu Construction Co Ltd
Hory Corp
Original Assignee
Tokyu Construction Co Ltd
Hory Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Tokyu Construction Co Ltd, Hory Corp filed Critical Tokyu Construction Co Ltd
Priority to JP09544994A priority Critical patent/JP3218314B2/ja
Publication of JPH07279417A publication Critical patent/JPH07279417A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3218314B2 publication Critical patent/JP3218314B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Forms Removed On Construction Sites Or Auxiliary Members Thereof (AREA)

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、梁底型枠と左右一対の
梁側型枠からなる梁型枠の下部に左右一対の支保工を一
体的に組み付けた支保工枠を少なくとも2基設けて構成
した梁型枠装置に関する。
【0002】
【従来の技術】従来の梁型枠装置としては、梁コンクリ
ート打設・硬化後に梁型枠を脱型して該梁型枠全体を適
宜ジャッキにより梁下まで下げたり、或いは梁底型枠を
受けているサポートを撤去ないし縮小して、梁型枠全体
を下げるようにしたものがあった。
【0003】しかしながら、上記従来の梁型枠装置は、
梁型枠の自重が重くて下降移動が大変であり、昇降装置
に負担がかかり過ぎる等の問題点があり、また、梁背の
調整が難しい等の問題点もあった。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】発明は、上記従来の問
題点を解決するためになされたもので、その目的とする
ところは、昇降装置にかかる梁型枠の荷重の負担を軽く
することにより、昇降装置の構造を簡単、軽量かつ安価
に構成するとともに、安定かつ迅速に昇降移動させるこ
とができる梁型枠装置を提供することにある。
【0005】本発明の梁型枠装置は、梁底型枠と左右一
対の梁側型枠からなる梁型枠の下部に左右一対の支保工
を一体的に組み付けた支保工枠を少なくとも2基設けて
構成した梁型枠装置において、前記梁底型枠を前記支保
工枠の中央上部に配置した底型枠支持フレームに固定
し、前記一対の梁側型枠を上面に立設した側型枠支持フ
レームを上下移動可能に支持し、しかも、伸縮リンクと
油圧シリンダーから構成される昇降装置を備えると共
に、側型枠支持フレームを上部セツト位置で底型枠支持
フレー今に連結固定する手段を設けたことを特徴とす
る。また、上記底型枠支持フレームの垂直フレームをガ
イドとして側型枠支持フレームを昇降移動させるように
構成したことを特徴とする。
【0006】
【0007】
【作用】本発明の梁型枠装置は、梁底型枠を一体的に構
成した支保工枠の中央上部に配置した底型枠支持フレー
ム上に固定し、梁型枠セット完了時には、梁コンクリー
ト打設・硬化時のコンクリート及び梁型枠全体荷重を支
保工枠に支持させるようにしたので、昇降装置には側型
枠支持フレーム及び梁側型枠以外の型枠構成部材や梁コ
ンクリートの荷重がかかることはない。また、梁側型枠
の昇降装置を伸縮リンクと油圧シリンダーにより構成し
たので、側型枠支持フレームを水平に昇降させることが
できる。請求項2の発明は、垂直フレームをガイドとし
て側型枠支持フレームを昇降させる構造としたので、側
型枠支持フレームが常に円滑に昇降移動することができ
る。
【0008】
【実施例】以下、本発明の一実施例について図面を参照
しながら説明する。図1および図2において、Aは梁型
枠、Bは該梁型枠Aを支える支保工枠であって、全体と
して梁型枠装置を構成している。該梁型枠Aは、ほぼ水
平に配置された梁底型枠1と、該梁底型枠1の左右にほ
ぼ垂直に配置された梁側型枠2と、から構成されてい
る。
【0009】上記支保工枠Bは、上記梁底型枠1の下側
に配置されてこれを単管1aを介して支持する底型枠支
持フレーム3と、該底型枠支持フレーム3の両側に配置
された左右の支保工4と、から構成されている。さら
に、該支保工4は、横杆4aを介して上記底型枠支持フ
レーム3に一体的に取付られた左右の腰管4bと、該腰
管4bに高さ調整自在に挿設された差込管4cと、から
構成されている。腰管4bの下端部および差込管4cの
上端部には、高さ微調整用のジャッキ4b′と4c′が
各々設けられている。また、上記腰管4bの下部外側に
はキャスター装置5が付設されていて、梁型枠装置を自
由かつ容易に移動させる。
【0010】上記梁側型枠2は、単管6を介して、支持
金具7により外側から支持されている。該支持金具7
は、図3からも明らかなように、梁側型枠2を押さえる
垂直の支持杆7aと、該支持杆7aの下端に取付られた
水平のスライド杆7bと、支持金具7を補強する斜め杆
7cから構成されている。該支持杆7aにはフォームタ
イ用穴7a′が穿設されている。なお、本実施例では、
上記支持金具7により梁側型枠2を安定かつ確実に支持
するように構成したので、左右の梁側型枠2、2を繋ぐ
セパレータを特別に設ける必要がない。
【0011】図3に示すように、上記支持金具7のスラ
イド杆7bは下向きの溝を有していて、該溝が側型枠支
持フレーム8(仮想線)と嵌合し、また図4に示すよう
に、該側型枠支持フレーム8の長手方向に摺動できるよ
うになっている。該側型枠支持フレーム8の両側面には
その長手方向に長穴8aが形成されている。8bはピン
であって、該長穴8aと上記スライド杆7bに穿設され
たピン穴7b′(図3(A)も参照)に貫挿されてい
る。また、図4(B)に示すように、上記側型枠支持フ
レーム8は内部が中空になっていて、移動駒8cが長手
方向に摺動可能に納められており、上記ピン8bが該移
動駒8cにも貫挿されている。
【0012】上記移動駒8cは、梁幅調整ネジ8dを回
転させることにより、実線位置と仮想線位置との間を往
復移動することができ、その結果、上記ピン8bを介し
て支持金具7を実線位置と仮想線位置との間を往復移動
させる。このように左右の支持金具7の位置を移動させ
ることにより、左右の梁側型枠2、2の間隔、すなわち
梁幅を容易に変更することができる。なお、梁幅の変更
に合わせて上記梁底型枠1を替える必要がある。
【0013】図5から明らかなように、上記底型枠支持
フレーム3は、左右に各々2本づつ並行に配置された垂
直フレーム3aと、左右の垂直フレーム3aの上端を一
体的に接続する天端フレーム3bと、さらに、これらの
天端フレーム3bを一体的に接続する複数の連結片3c
から構成されていて、上記2本の垂直フレーム3aの間
に所定幅の間隙Gを形成している。この間隙Gには、上
記側型枠支持フレーム8が水平状態で貫挿され、昇降移
動するようにガイドされる。
【0014】上記垂直フレーム3aの上部には、適宜間
隔で複数(本実施例では4個所)のピン穴3a′が穿設
されていて、ピン9により上記側型枠支持フレーム8を
固定する。該側型枠支持フレーム8の固定位置すなわ
ち、セット位置は適宜に選択して設定できるようになっ
ている。図5の実施例では、上から2番目のピン穴3
a′の位置に固定されている。
【0015】図6(A)(B)(C)から明らかなよう
に、10は昇降フレームであって、梁型枠Aの長手方向
に隣接して配置される支保工枠Bの底型枠支持フレーム
3に沿ってガイドされながら昇降移動する上記側型枠支
持フレーム8を、固定ボルト10aにより各々固定して
いる。また、図6(B)(D)に示すように、11は固
定フレームであって、梁型枠Aの長手方向に隣接して配
置される支保工枠Bのパイプサポート4の横杆4aを、
固定ボルト11aにより各々接続固定している。
【0016】上記固定フレーム11と昇降フレーム10
の間には、パンタグラフ式の伸縮リンク12が介在して
いて、該伸縮リンク12を油圧シリンダー13からなる
昇降装置により上下に伸縮駆動させることにより、上記
昇降フレーム10を上昇または下降させる。なお、本発
明における昇降駆動装置は、上記のものに限定するもの
ではなく、上記昇降フレーム10を上昇あるいは下降移
動できる機構であればいずれの構造であってもよい。
【0017】なお、図2において、14はブレース、1
5は接続単管、A′は補助型枠、B′は補助パイプサポ
ートである。
【0018】次に、上記実施例の梁型枠装置による梁型
枠のセットおよび撤去操作について説明する。まず、キ
ャスター装置5を使用して所定の据えつけ位置に移動さ
せる。次に、ジャッキ4b′を調整して支保工枠Bの高
さを調整し、梁底型枠1の高さ、すなわち構築すべきコ
ンクリート梁の下端面の位置を決める。
【0019】続いて、ピン9を抜いて、側型枠支持フレ
ーム8を底型枠支持フレーム3から切り離しておいてか
ら、油圧シリンダー13を稼働させて伸縮リンク12に
より側型枠支持フレーム8の高さ位置を調整する。この
場合、ジャッキ4c′を下げて側型枠支持フレーム8か
ら離しておく。
【0020】側型枠支持フレーム8には支持金物7およ
び梁側型枠2が一体的に組み付けられているので、側型
枠支持フレーム8の高さ調整に伴って、梁側型枠2が上
下方向に移動する。上述のように、梁底型枠1は底型枠
支持フレーム3の上端部に支持されているので、上記梁
側型枠2が上下に移動しても、梁底型枠1の位置は変化
しない。従って、梁側型枠2を上下に移動させることに
より、梁せいが調節・設定されることになる。
【0021】側型枠支持フレーム8の位置が設定された
ら、ピン9を差し込んで、該側型枠支持フレーム8を底
型枠支持フレーム3に固定して支持させると共に、ジャ
ッキ4c′を調整して側型枠支持フレーム8を支持させ
る。これにより、梁型枠Aは支保工枠Bに直接に固定支
持されることになり、打設するコンクリートの荷重は、
支保工枠Bにより支持され、伸縮リンク12や油圧シリ
ンダー13にはその荷重はかからない。
【0022】なお、キャスター装置5による梁型枠装置
の移動や梁底型枠1の調整や梁側型枠2の高さ調整など
の操作手順は上記順序に限定するものではなく、必要に
応じて任意の時期に任意の順序で行うことが出来る。
【0023】上記梁型枠Aがセットされたら、梁コンク
リートを打設する。コンクリートの養生・硬化したら、
まず、支持金物7を側型枠支持フレーム8に沿って外方
に移動させて、梁側型枠2を梁コンクリートから引き離
すと共に、上記ジャッキ4b′により支保工枠Bを下げ
て梁底型枠1を梁コンクリートから引き離して、脱型を
完了する。
【0024】なお、梁型枠Aの脱型が済んだら、必要に
応じて、ジャッキ4c′を下げると共に、ピン9を引き
抜いて側型枠支持フレーム8を底型枠支持フレーム3か
ら切り離した後、伸縮リンク12および油圧ジャッキ1
3により、側型枠支持フレーム8すなわち梁側型枠2
を、図7に示す位置まで下げておく。
【0025】
【発明の効果】1)梁底型枠を一体的に構成した支保工
枠の中央上部に配置した底型枠支持フレーム上に固定
し、梁型枠セット完了時には、梁コンクリート打設・硬
化時のコンクリート及び梁型枠全体荷重を支保工枠に支
持させるようにしたので、昇降装置には側型枠支持フレ
ーム及び梁側型枠以外の型枠構成部材や梁コンクリート
の荷重がかかることはない。その結果、昇降装置の負担
が軽くなるので、その構造を簡単、軽量かつ安価に構成
することができる。 2)梁側型枠の昇降装置を伸縮リンクと油圧シリンダー
により構成したので、左右の梁側型枠を支持する側型枠
支持フレームを水平に昇降させることができる。その結
果、左右の梁側型枠を迅速かつ正確に高さ調整すること
ができ、梁せいの調整も容易となる。 3)底型枠支持フレームの垂直フレームをガイドとして
側型枠支持フレームを昇降させる構造としたので、左右
の梁側型枠を支持する側型枠支持フレームを常に円滑に
昇降移動させることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の梁型枠装置の一実施例を示す正面図で
ある。
【図2】本発明の梁型枠装置の側面図である。
【図3】支持杆の構造説明図である。
【図4】側型枠支持フレームの構造および作用説明図で
ある。
【図5】底型枠支持フレームの構造説明および側型枠支
持フレームとの関係説明図である。
【図6】側型枠支持フレームの昇降機構の構造および作
用説明図である。
【図7】梁側型枠を下方に下げた状態の作用説明図であ
る。
【符号の説明】 1 梁底型枠 1a 単管 2 梁側型枠 3 底型枠支持フレーム 3a 垂直フレーム 3a′ピン穴 3b 天端フレーム 3c 連結片 4 支保工 4a 横杆 4b 腰管 4b′ジャッキ 4c 差込管 4c′ジャッキ 5 キャスター装置 6 単管 7 支持金物 7a 支持杆 7a′フォームタイ用穴 7b スライド杆 7b′ピン穴 7c 斜め杆 8 側型枠支持フレーム 8a 長穴 8b ピン 8c 移動駒 8d 梁幅調整ネジ 9 ピン 10 昇降フレーム 10a 固定ボルト 11 固定フレーム 11a 固定ボルト 12 伸縮リンク 13 油圧シリンダー 14 ブレース 15 接続単管 A 梁型枠 A′補助型枠 B 支保工枠 B′補助パイプサポート G 間隙
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (56)参考文献 特開 平3−5577(JP,A) 実開 平7−10241(JP,U) (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) E04G 13/04 E04G 11/48 - 11/56

Claims (2)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 梁底型枠と左右一対の梁側型枠からなる
    梁型枠の下部に左右一対の支保工を一体的に組み付けた
    支保工枠を少なくとも2基設けて構成した梁型枠装置に
    おいて、前記梁底型枠を前記支保工枠の中央上部に配置
    した底型枠支持フレームに固定し、前記一対の梁側型枠
    を上面に立設した側型枠支持フレームを上下移動可能に
    支持し、しかも、伸縮リンクと油圧シリンダーから構成
    される昇降装置を備えると共に、側型枠支持フレームを
    上部セツト位置で底型枠支持フレームに連結固定する手
    段を設けたことを特徴とする梁型枠装置。
  2. 【請求項2】 上記底型枠支持フレームの垂直フレーム
    をガイドとして側型枠支持フレームを昇降移動させるよ
    うに構成したことを特徴とする請求項1記載の梁型枠装
    置。
JP09544994A 1994-04-11 1994-04-11 梁型枠装置 Expired - Fee Related JP3218314B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP09544994A JP3218314B2 (ja) 1994-04-11 1994-04-11 梁型枠装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP09544994A JP3218314B2 (ja) 1994-04-11 1994-04-11 梁型枠装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH07279417A JPH07279417A (ja) 1995-10-27
JP3218314B2 true JP3218314B2 (ja) 2001-10-15

Family

ID=14138011

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP09544994A Expired - Fee Related JP3218314B2 (ja) 1994-04-11 1994-04-11 梁型枠装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3218314B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101205202B1 (ko) 2012-08-03 2012-11-27 (주)동남종합감리공단건축사사무소 건설공사용 거푸집 처짐 보정 장치

Families Citing this family (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101519177B1 (ko) * 2007-08-22 2015-05-15 와실 로사티 콘크리트 표면으로부터의 콘크리트 거푸집을 해체하기 위한 프레임체
PT2373855T (pt) * 2008-12-04 2017-11-13 Rosati Wasyl Meios para remover uma cofragem para betão de uma superfície de betão
ITBO20110361A1 (it) * 2011-06-23 2012-12-24 Salvatore Pruiti Metodo per il montaggio ed il posizionamento di una cassaforma idoneo per essere attuato durante la costruzione di un piano di un edificio
CN103670424B (zh) * 2013-12-19 2016-06-01 上海市基础工程集团有限公司 用于大口径竖直排放管施工垂顶工艺的支撑装置
CN107747399B (zh) * 2017-11-10 2023-06-02 湖南联智智能科技有限公司 一种挂篮行走系统及其工作方法
CN111852074B (zh) * 2020-06-29 2023-05-30 宁夏城建设计研究院(有限公司) 一种可调节升降式支撑装置
CN113090014A (zh) * 2021-04-01 2021-07-09 惠州金卓凡装配式建筑科技有限公司 一种高层装配式建筑整体作业平台及其施工方法与应用
CN113944323B (zh) * 2021-10-26 2023-05-16 中国一冶集团有限公司 一种超高混凝土屋面模板支撑和施工系统

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101205202B1 (ko) 2012-08-03 2012-11-27 (주)동남종합감리공단건축사사무소 건설공사용 거푸집 처짐 보정 장치

Also Published As

Publication number Publication date
JPH07279417A (ja) 1995-10-27

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP2893103B1 (en) A panel support bracket
US10981295B2 (en) Upright concrete wall panel form apparatus and associated methods
JP3218314B2 (ja) 梁型枠装置
US3519243A (en) Portable slab mold
JP7213136B2 (ja) 箱桁の施工方法および施工システム
KR20180075178A (ko) 시스템 동바리 및 상부 슬라브용 거푸집 이동장치
JP2819327B2 (ja) 走行式型枠支保工
JPH08109794A (ja) ア−チ状カルバ−ト等施工用の内型枠装置
JP2754257B2 (ja) 走行式型枠支保工
JP2754265B2 (ja) 走行式型枠支保工
JP2819328B2 (ja) 走行式型枠支保工
JP3058055B2 (ja) 梁型枠
JP3265401B2 (ja) スリップフォーム装置
JP2819326B2 (ja) 走行式型枠支保工
JP2992882B2 (ja) 梁型枠装置
CN219548392U (zh) 一种悬挑结构浇筑模板支撑装置
JP2879248B2 (ja) 走行式型枠支保工
CN114293769B (zh) 跨越式排架及其安装方法
JP2754256B2 (ja) 走行式型枠支保工
JP2004232214A (ja) 橋梁床版支持用型枠及びこれを使用した橋梁床版の施工方法
KR101413725B1 (ko) 보 거푸집용 지지장치
KR200378317Y1 (ko) 슬라브테이블거푸집
JPH04309664A (ja) 水路構築用型枠
JPH036718Y2 (ja)
JPH023874B2 (ja)

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313113

R360 Written notification for declining of transfer of rights

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R360

R370 Written measure of declining of transfer procedure

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R370

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313117

R360 Written notification for declining of transfer of rights

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R360

R370 Written measure of declining of transfer procedure

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R370

R370 Written measure of declining of transfer procedure

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R370

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313117

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees
S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

R360 Written notification for declining of transfer of rights

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R360

R370 Written measure of declining of transfer procedure

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R370