JP3063673B2 - ソイルセメント柱列山止め壁を躯体に緊結した建物の基礎構造 - Google Patents

ソイルセメント柱列山止め壁を躯体に緊結した建物の基礎構造

Info

Publication number
JP3063673B2
JP3063673B2 JP9113943A JP11394397A JP3063673B2 JP 3063673 B2 JP3063673 B2 JP 3063673B2 JP 9113943 A JP9113943 A JP 9113943A JP 11394397 A JP11394397 A JP 11394397A JP 3063673 B2 JP3063673 B2 JP 3063673B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
soil cement
retaining
steel
pillar row
row retaining
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP9113943A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH10298976A (ja
Inventor
克己 中山
恵三 宮川
洋一 森島
隆裕 中島
Original Assignee
鹿島建設株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 鹿島建設株式会社 filed Critical 鹿島建設株式会社
Priority to JP9113943A priority Critical patent/JP3063673B2/ja
Publication of JPH10298976A publication Critical patent/JPH10298976A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3063673B2 publication Critical patent/JP3063673B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】液状化地盤、軟弱地盤等に構
築される建造物で、地中に生ずる地震時の水平力を効果
的に伝達できる基礎構造に関する。
【0002】
【従来の技術及び発明が解決しようとする課題】杭基礎
は支持力の確実性を初め経済性に優れている等の特性を
もつため、多くの構造物の基礎として用いられている。
杭はその構造特性から鉛直荷重に対して強く水平荷重に
対して弱い弱点を持っている。大きな水平荷重が作用す
る場合、発生する変位や曲げ応力が構造物の安全性を損
なわないよう十分な検討が必要である。
【0003】液状化地盤、軟弱地盤等に構築される建造
物は一般的に杭基礎により建造物を支持するが、地震時
の水平力によって杭に生ずる曲げ応力が大きく、これに
耐えるように杭の本数を増やすとか曲げ強度を増して安
全性を確保している。ここで従来、地下掘削の際の山止
め壁として、ソイルセメント柱列山止め壁工法が用いら
れている。
【0004】地下構造物を構築する際、ソイルセメント
柱列山止め壁を用いて土圧を受け山止めして地盤を掘削
した場合、山止め壁は仮設材なので普通は構造物が造築
された後は不要のものとして置き去られるのであるが、
この発明ではこれを地下構造物の本体躯体と一体にして
活かし、上記杭の弱点である水平荷重に抵抗させようと
するものである。そしてソイルセメント柱列山止め壁と
躯体との一体化の構造が、水平地震力に有効に耐抗しう
るように、ソイルセメントに埋設するH形鋼の強軸の方
向を、水平荷重と平行に配列するものを提供することを
課題とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】ソイルセメント柱列山止
め壁と構造物の躯体を一体化する基礎構造であり、ソイ
ルセメント中にH形鋼の強軸方向が、前記ソイルセメン
ト柱列山止め壁の面と平行になるように埋設し、構造物
と一体化する側のソイルセメントを削り取って、前記H
形鋼のフランジ間にシアコッタを形成し地震時の剪断耐
力を高めることを特徴とするソイルセメント柱列山止め
壁を躯体に緊結した建物の基礎構造を要旨とする。
【0006】次にその作用について述べる。
【0007】図1は構造物の基礎平面図である。例えば
矢印の方向の地震水平力が作用した場合、水平力は主と
して該水平力に沿うソイルセメント柱列山止め壁1が負
担する。従って効率よく水平力に耐抗するように、山止
め連続地中壁に埋設するH形鋼の強軸は図2(a)に示
すように、水平力の方向に沿っている。従来は、土圧に
耐抗する事のみを考慮していたため、(b)のようにH
形鋼の強軸の方向は山止め壁の方向と直角であった。
【0008】また図4或いは図5に示すように、構造物
の躯体と一体化する側のソイルセメントを削り取って、
鉄筋2またはスタッドコネクタ3を配設する。そしてH
形鋼4のフランジ間にシアコッタ6を形成し、地震時の
剪断力に対する躯体と山止め壁間の応力伝達性能を強化
することができる。
【0009】
【発明の実施の形態】以下図面に基づいてこの発明の実
施の形態を説明する。
【0010】図1は構造物の基礎平面図である。
【0011】図2(a)は、本発明のソイルセメント柱
列山止め壁に埋設するH形鋼の強軸の方向と地震時の水
平力の方向と土圧の方向を示した図であり、(b)は従
来の方向を示す図である。
【0012】図3(a)は、H形鋼の強軸をソイルセメ
ント柱列山止め壁の面に沿わせた場合、構造物躯体側の
山止め壁1を削り取り、H形鋼4のフランジとフランジ
の間に躯体5を埋め込み、シアコッタ6を形成した図で
ある。(b)は(a)の立面図であり、躯体を支持する
ソイルセメント柱列山止め壁1を支持地盤層8に根入れ
しているところを示す。符号7は、杭である。
【0013】図4はシアコッタ6の詳細図の一例で、H
形鋼4のフランジとフランジの間の懐に鉄筋2とスタッ
ドコネクタ3を配設した図である。図5もシアコッタ6
の詳細図の一例で、H形鋼のフランジとフランジの間の
懐に鉄筋2を溶接した図である。 これらシアコッタで
躯体と山止め壁間の剪断力伝達性能は大幅に増強する。
【0014】
【発明の効果】この発明は以上のような構成からなり、
その効果は次の通りである。
【0015】地下基礎を杭のみならず、ソイルセメン
ト柱列山止め壁を構造物躯体と一体化することにより、
地震時の水平力に対する耐力が増強される。
【0016】H形鋼に鉄筋またはスタッドコネクタ等
を配設し、シアコッタを形成してソイルセメント柱列山
止め壁と構造物躯体を一体化したので、構造物躯体と山
止め壁間の剪断力の伝達性能が増強される。
【0017】ソイルセメント柱列山止め壁に埋設する
H形鋼の強軸の向きを、山止め壁に沿う方向としたの
で、地震時の水平耐力は一層効果的に増強される。
【図面の簡単な説明】
【図1】構造物の基礎平面図である。
【図2】(a)は、本発明のソイルセメント柱列山止め
壁に埋設するH形鋼の強軸の方向と地震時の水平力の方
向と土圧の方向を示した図であり、(b)は従来の方向
を示す図である。
【図3】(a)は、H形鋼の強軸をソイルセメント柱列
山止め壁の面に沿わせた場合、構造物躯体側の山止め壁
1を削り取り、H形鋼4のフランジとフランジの間に躯
体5を埋め込み、シアコッタ6を形成した図である。
(b)は(a)の立面図であり、躯体を支持するソイル
セメント柱列山止め壁1を支持地盤層8に根入れしてい
るところを示す図である。
【図4】シアコッタ6の詳細図の一例で、H形鋼4のフ
ランジとフランジの間の懐に鉄筋2とスタッドコネクタ
3を配設した図である。
【図5】シアコッタ6の詳細図の一例で、H形鋼のフラ
ンジとフランジの間の懐に鉄筋2を溶接した図である。
【符号の説明】
1……ソイルセメント柱列山止め壁 2……鉄筋 3……スタッドコネクタ 4……H形鋼 5……構造物躯体 6……シアコッタ 7……杭 8……支持地盤
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 中島 隆裕 東京都港区元赤坂1丁目2番7号 鹿島 建設株式会社内 (56)参考文献 特開 平4−161617(JP,A) 特開 平7−62647(JP,A) 特開 平7−48846(JP,A) 特開 平4−70423(JP,A) 特開 昭62−21922(JP,A) (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) E02D 5/20 E02D 29/045 - 29/055

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 ソイルセメント柱列山止め壁と構造物の
    躯体を一体化する基礎構造であり、ソイルセメント中に
    H形鋼の強軸方向が、前記ソイルセメント柱列山止め壁
    の面と平行になるように埋設し、構造物と一体化する側
    のソイルセメントを削り取って、前記H形鋼のフランジ
    間にシアコッタを形成し地震時の剪断耐力を高めること
    特徴とするソイルセメント柱列山止め壁を躯体に緊結
    した建物の基礎構造。
JP9113943A 1997-05-01 1997-05-01 ソイルセメント柱列山止め壁を躯体に緊結した建物の基礎構造 Expired - Fee Related JP3063673B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9113943A JP3063673B2 (ja) 1997-05-01 1997-05-01 ソイルセメント柱列山止め壁を躯体に緊結した建物の基礎構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9113943A JP3063673B2 (ja) 1997-05-01 1997-05-01 ソイルセメント柱列山止め壁を躯体に緊結した建物の基礎構造

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH10298976A JPH10298976A (ja) 1998-11-10
JP3063673B2 true JP3063673B2 (ja) 2000-07-12

Family

ID=14625096

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP9113943A Expired - Fee Related JP3063673B2 (ja) 1997-05-01 1997-05-01 ソイルセメント柱列山止め壁を躯体に緊結した建物の基礎構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3063673B2 (ja)

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101001084B1 (ko) * 2007-12-17 2010-12-14 주식회사 다산컨설턴트 길이 방향으로 연속된 중공부를 갖는 엄지 말뚝을 구비한지지말뚝, 이를 이용한 합성 벽체 및 그 시공방법
KR100969778B1 (ko) 2008-01-15 2010-07-13 주식회사 스마텍엔지니어링 ㄷ자 형강이 마주보는 형태로 배치된 구조의 엄지 말뚝을구비한 지지말뚝을 이용한 합성 벽체 및 그 시공방법
JP2013167067A (ja) * 2012-02-14 2013-08-29 Ohbayashi Corp 地中構造物の水平抵抗の評価方法
JP2013167114A (ja) * 2012-02-16 2013-08-29 Ohbayashi Corp 地中構造物及びその構築方法

Also Published As

Publication number Publication date
JPH10298976A (ja) 1998-11-10

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100633796B1 (ko) 흙막이 가시설 공사의 중앙 버팀보 연결구조
JP2715261B2 (ja) 液状化地盤用杭及び同杭による杭の水平抵抗増強方法
JP3063673B2 (ja) ソイルセメント柱列山止め壁を躯体に緊結した建物の基礎構造
JP3690437B2 (ja) 既存建築物の耐震補強構造
JP2000265484A (ja) PCa杭地中壁による地下構造物の構築方法
JP2868651B2 (ja) 地下既設構造物上方における山留工法
KR102195496B1 (ko) 더블 아이 빔이 포함된 현장타설콘크리트 파일을 이용한 자립식 흙막이용 파일
JP2000352296A (ja) 地下構造物直下の通路の形成方法
JP3001086B2 (ja) 地下構造物内の柱構造
JP2000265458A (ja) PCa杭地中壁による地下構造物の床版連結構造
JP3051321B2 (ja) 二重矢板構造物
JP3859218B2 (ja) 建造物の鉄骨柱脚部の耐震補強構造、及び建造物の鉄骨柱脚部の耐震補強方法
JP2000179161A (ja) 既存建物の免震化工法
JP2001271497A (ja) 既存建物の仮受け工法
JPH11303062A (ja) ソイルセメント壁
JP2987371B2 (ja) 地中連続壁
JPH05179647A (ja) 山留め壁の支保構造
JP2928903B2 (ja) 盛土用土留壁
JP2684961B2 (ja) 建物地下壁の構築方法
KR200258949Y1 (ko) 흙막이벽 구축용 트러스식 지보구조체
JP2881665B2 (ja) 高圧噴射系地盤改良による地中連続壁の構築方法
JP4502442B2 (ja) 耐震基礎構造、耐震建造物、及び杭補強方法
KR102194381B1 (ko) 더블 아이 빔을 이용한 자립식 흙막이용 파일
JP2605479B2 (ja) 偏心対策を施した構造物
KR20030085264A (ko) 프리스트레스 띠장 지지보와 격점철물을 이용한라아멘구조의 흙막이 공법 및 그 격점철물

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20000404

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120512

Year of fee payment: 12

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees