JP3021528B2 - 自動調光カメラ - Google Patents

自動調光カメラ

Info

Publication number
JP3021528B2
JP3021528B2 JP2088899A JP8889990A JP3021528B2 JP 3021528 B2 JP3021528 B2 JP 3021528B2 JP 2088899 A JP2088899 A JP 2088899A JP 8889990 A JP8889990 A JP 8889990A JP 3021528 B2 JP3021528 B2 JP 3021528B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
light
dimming level
light emission
photometric
reflected light
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2088899A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH03287240A (en
Inventor
忠雄 高木
Original Assignee
株式会社ニコン
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社ニコン filed Critical 株式会社ニコン
Priority to JP2088899A priority Critical patent/JP3021528B2/ja
Priority claimed from US07/672,055 external-priority patent/US5268730A/en
Publication of JPH03287240A publication Critical patent/JPH03287240A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3021528B2 publication Critical patent/JP3021528B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】 A.産業上の利用分野 本発明は、被写界を複数の測光領域に分割し各々の領
域からの測光信号に基づいて調光を行うTTL自動調光カ
メラに関する。
B.従来の技術 例えば特開昭60−15626号公報には、次のような自動
調光カメラが開示されている。
このカメラのボディ前面には、本発光用のストロボ発
光部と、予備発光量の赤外ストロボ発光部と、これらス
トロボ光を受光するそこ部とを備えている。この測光部
は、画面の中央部と周辺部とに分けて被写体からの反射
光を測光するように形成されている。
まず、このカメラは、赤外ストロボ発光部を発光さ
せ、被写体からの反射光を画面の中央と周辺都に分けて
赤外光を測定し、その差から主要被写体が上記2つのエ
リアのいずれに存在するか判定している。この判定に応
じて測光部の測光方式を中央部重点測光、周辺部重点測
光、平均測光のいずれか1つに切換えている。
次に、シャッタ作動に同期して本発光のストロボ発光
部が発光する。この発光中に被写体からの反射光が上記
いずれかの測光方式により分割測光され、この反射光の
積分値が予め定められた値に達するとストロボ発光部は
発光を停止する。
また、特開昭62−90633号公報の自動調光カメラで
は、予備発光を行わず、本発光時に画面を分割して測光
し、そのうちの最大出力値を検出してこの最大出力値に
基づきストロボの発光量を制御している。
C.発明が解決しようとする課題 しかしながら、このような従来の自動調光カメラで
は、上記本発光の停止を判断する調光レベルが一定値と
されているため、各測光領域の反射率分布によっては主
要被写体が露出オーバまたは露出アンダーになるおそれ
がある。
本発明の技術的課題は、各領域の反射率分布に拘ら
ず、常に主要被写体が適正露出となるようにすることに
ある。
D.課題を解決するための手段 クレーム対応図である第1図により説明すると、請求
項1の発明は、予備発光を行った後に本発光を行う、閃
光撮影可能な自動調光カメラに適用される。
そして、予備発光時および本発光時に、被写界の分割
された複数領域からの各反射光を測光して各測光信号を
出力する測光手段と、予備発光時に得られた各測光信号
から被写界の複数領域の反射光量をそれぞれ演算する反
射光量演算手段と、反射光量演算手段で演算された反射
光量が平均反射光量以上の領域は標準の部分的調光レベ
ルとし、反射光量が平均反射光量より小さい領域は標準
の部分的調光レベルより小さな部分的調光レベルとして
各領域の部分的調光レベルを求め、これらの部分的調光
レベルの合計値を本発光時の総合調光レベルとして設定
する調光レベル設定手段と、本発光時の反射光量が調光
レベル設定手段で設定された総合調光レベルに達した時
点で本発光を停止する調光手段とを具備し、これにより
上記問題点を解決する。
請求項2の発明は、発光を行うことにより閃光撮影可
能な自動調光カメラに適用される。
そして、発光時に、被写界の分割された複数領域から
の各反射光を測光して各測光信号を出力する測光手段
と、発光初期段階で得られた各測定信号から、被写界の
複数領域の反射光量をそれぞれ演算する反射光量演算手
段と、反射光量演算手段で演算された反射光量が平均反
射光量以上の領域は標準の部分的調光レベルとし、反射
光量が平均反射光量より小さい領域は標準の部分的調光
レベルより小さな部分的調光レベルとして各領域の部分
的調光レベルを求め、これらの部分的調光レベルの合計
値を本発光時の総合調光レベルとして設定する調光レベ
ル設定手段と、発光初期段階以降において、反射光量が
調光レベル設定手段で設定された総合調光レベルに達し
た時点で発光を停止する調光手段とを具備する。
E.作用 予備発光時あるいは発光初期段階に得られた各測光信
号から被写界の複数領域の反射光量がそれぞれ演算され
る。演算された反射光量が平均反射光量以上の領域は標
準の部分的調光レベルとし、反射光量が平均反射光量よ
り小さい領域は標準の部分的調光レベルより小さな部分
的調光レベルとして各領域の部分的調光レベルが求めら
れ、これらの部分的調光レベルの合計値が本発光時の総
合調光レベルとして設定される。本発光時または発光初
期段階以降の反射光量が調光レベル設定手段で設定され
た総合調光レベルに達した時点で本発光が停止される。
F.実施例 第2図〜第12図により本発明の一実施例を説明する。
第2図はTTL自動調光カメラの構成を示す図である。
撮影レンズ2を通過した光束(定常光)は、破線で示す
ミラーダウン状態のミラー3で反射され、スクリーン4,
ペンタプリズム5を通過して、一部は接眼レンズ6に導
かれ、他の一部は集光レンズ7を通過して露出演算用測
光素子8に導かれる。また、第5図に示すレリーズ釦32
がレリーズ操作されると、ミラー3が実線で示すアップ
位置に駆動された後、絞り9が絞り込まれ、シャッタ10
が開閉され、これにより撮影レンズ2を通過した被写体
光はフィルムFIに導かれてフィルムFIが露光される。
また閃光撮影時には、シャッタ10の開後に電子閃光装
置11が本発光して被写体を照明し、被写体からの反射光
は撮影レンズ2を介してフィルム面に至り、このフィル
ム面で反射された光束が集光レンズアレイ12を介して調
光用の受光素子13に受光される。さらに本実施例のカメ
ラは、上記本発光の前に被写界の反射率分布を調べるた
めの予備発光が可能であり、この予備発光による被写界
からの反射光は、シャッタ10が開く前にその幕面で反射
されて受光素子13に受光される。
なお反射率分布とは、被写界の反射物が同一撮影距離
に置かれていると仮定したときに得られる反射率の分布
であり、本実施例では被写界からの反射光を分割測光す
ることにより被写界の反射率分布を検出して反射率分布
を求めている。
受光素子13は、第3図に示すように、被写界中央部の
円形の測光領域に対応する分割受光素子13aと、被写界
周辺部の矩形を円弧で切り欠いた形状の測光領域に対応
する分割受光素子13b〜13eとが同一平面上に配置されて
成る。すなわち、本実施例では被写界を5つの測光領域
に分割して分割測光を行う。また集光レンズアレイ12
は、上記受光素子13a〜13eの左、中間、右の3ブロック
に対応する3つのレンズ部分12a〜12cを有する光学部材
である。
第4図は、フィルム面の露光領域20と受光素子13、集
光レンズアレイ12の光学的な位置関係を示す図である。
フィルム面の1駒分の露光領域20を被写界と同様に中央
の円形部20aと周辺を4分割した20b〜20eの5領域に分
割すると、第3図に示した受光素子13a〜13eの上記左、
中間、右の3ブロックは、それぞれ破線で示されるよう
に、集光レンズアレイ12の3つのレンズ部分12a〜12cを
経由してフィルム露光領域20の左半分、中央、右半分と
対峙している。さらに受光素子13の5つの分割受光素子
13a〜13eは、それぞれフィルム露光領域20と形状を一致
させてあるので、5つの領域20a〜20eの明るさをそれぞ
れ分割して測光する。
第5図は制御系のブロック図を示し、カメラ全体のシ
ーケンスを制御するCPU31には、レリーズ釦32,シャッタ
10が接続されるとともに、撮影レンズ2内の絞り9およ
びレンズ情報出力回路33が接続されている。さらにCPU3
1には、露出制御用測光素子8からの出力に基づいて測
光動作を行う測光回路34と、受光素子13、すなわち分割
受光素子13a〜13eからの出力に基づいて調光動作を行う
調光回路40と、装填されたフィルムFIのISO感度をDXコ
ードから読み取るISO感度検出回路35と、上記電子閃光
装置11の発光制御回路36とが接続されている。
ここで、露出制御用測光素子8も受光素子13と同様
に、被写界の各測光領域に対応する5つの分割測光素子
8a〜8eから成る。またレンズ情報出力回路33は、レンズ
固有の情報(開放絞り値や射出瞳距離)などが格納され
たレンズROMと、撮影レンズ2のフォーカシング位置か
ら撮影距離を検出するレンズエンコーダとから成る。
第6図は上記調光回路40の詳細を示し、この調光回路
40は、各分割受光素子13a〜13eの出力を増幅する増幅器
41a〜41eと、CPU31からの指令に応答して各増幅器41a〜
41eの増幅率をそれぞれ設定するゲイン設定器42a〜42e
とを有し、ゲイン設定器42a〜42eは、上記CPU31からの
デジタル信号をアナログ信号に変換するD/A変換器を含
んでいる。
またCPU31からの指令に応答して上記予備発光時の各
増幅器41a〜41eの出力をそれぞれ時間で積分する積分回
路43a〜43eと、本発光時の各増幅器41a〜41eの出力を加
算する加算回路44と、CPU31からの指令に応答して加算
回路44の加算結果を時間で積分する積分回路45と、CPU3
1によって演算され出力されたアナログ信号としての調
光レベル(後で詳述する)をデジタル信号に変換する変
換回路46と、この変換された調光レベルと上記積分回路
45の出力とを比較し、積分回路45の出力が上記調光レベ
ルに達した時に発光停止信号を出力する比較器47とを有
する。
次に、第7図〜第12図のフローチャートによりCPU31
による閃光撮影動作の制御手順を説明する。
第7図はメインのフローチャートであり、ステップS1
においてレリーズ釦32(第5図)が半押し操作に引き続
いて全押し(レリーズ)操作されるとステップS2以下の
処理が開始される。まずステップS2でISO感度検出回路3
5から、装填されたフィルムのISO感度SVを読み込み、次
いでステップS3〜S5で撮影レンズ2のレンズ情報出力回
路33から開放絞り値F0,射出瞳距離P0および撮影距離x
をそれぞれ読み込んでステップS6に進む。撮影距離x
は、レリーズ釦32の半押し操作に伴って駆動されたレン
ズの位置をエンコーダで検出した値である。
ステップS6では定常光での測光を行う。すなわち上述
した5分割の測光素子8a〜8e(第5図)の出力を測光回
路34に取り込み、この測光回路34で対数圧縮された各測
光領域に対応する輝度値EVn(n=1〜5)を読み込
む。ここで、本実施例におけるnの値1〜5は、5つの
測光素子8a〜8eまたは分割受光素子13a〜13eにそれぞれ
対応しているものとする。次いでステップS7では、読み
込んだ各輝度値EVnおよびISO感度SVから定常光露出BVを
演算する。この演算方式は、例えば本出願人による特開
平1−285925号公報に開示されているような方式を用い
る。
その後、ステップS8に進み、演算された定常光露出BV
からシャッタ速度TVおよび絞り値AVを決定し、ステップ
S9でミラー3を第2図の破線の状態から実線の状態まで
アップする。次いでステップS10で絞り9をステップS8
で決定された絞り値まで絞り込み、ステップS11では発
光制御回路36に発光信号を出力して電子閃光装置11を所
定の少量のガイドナンバーGNOで予備発光させる。
この予備発光の光束は被写体で反射され、撮影レンズ
2を透過してシャッタ10の幕面に1次像として結像す
る。この1次像は5つに分割され、その各々は第3図の
集光レンズアレイ12を介して5つの分割受光素子13a〜1
3eにそれぞれ受光される。各分割受光素子13a〜13eは、
それぞれの受光量に応じた信号を逐次上記調光回路40
(第6図)の増幅器41a〜41eに入力する。
増幅器41a〜41eは、入力された信号をゲイン設定器42
a〜42eで設定された増幅率(この予備発光時は増幅率は
全て1である)でそれぞれ増幅して積分回路43a〜43eに
入力する。CPU31はステップS12で積分回路43a〜43eに作
動信号を出力し、積分回路43a〜43eは、この作動信号に
応答して上記増幅された信号をそれぞれ時間で積分して
CPU31に入力する。この入力された信号を以下、分割測
光信号BPn(n=1〜5)と呼ぶ。
その後、CPU31内ではステップS13〜ステップS17の各
処理が順に行われるが、これらの処理の詳細は第8図〜
第12図のフローチャートに示される。
第8図は上記分割測光信号BPnのレンズ補正および素
子面積補正処理(第7図のステップS13)の詳細を示
し、まずステップS131でn=0とする。次いでステップ
S132でnを1だけ歩進し、ステップS133で次式に基づい
てレンズの補正係数L(n)の演算を行う。
L(1)=1 L(2)=1−(1.2×10-3)・PO L(3)=1−(1.2×10-3)・PO L(4)=1+(1.7×10-3)・PO L(5)=1+(1.7×10-3)・PO ここで、POは撮影レンズ2の射出瞳距離を示してい
る。次にステップS134で予めメモリに格納された素子面
積補正係数S(n)すなわちS(1)=1,S(2)=0.
8,S(3)=0.8,S(4)=1.3,S(5)=1.3を読み込
み、ステップS135で、 BPn←BPn・L(n)/S(n) に基づいて分割測光信号BPnの補正を行う。これらの処
理は、ステップS136でn=5が判定されるまで行われ、
これにより5つの測光領域の分割測定信号BPn全てに対
してレンズおよび素子面積による補正が行われる。
すなわち、撮影レンズ2の射出瞳距離POや受光素子13
a〜13eの面積および位置によって上述の受光素子13a〜1
3eの受光条件は異なる。そこでこの第8図の処理では、
全ての受光素子の測光信号を同一条件で評価するために
上記補正処理が行われるのである。
次にCPU31は、ステップS14(第7図)のHi,Loカット
処理(有効測光領域決定処理)を行う。その詳細を示す
第9図において、まずステップS1401,S1402でM=0,n=
0とし、次いでステップS1403〜S1410で上記5つの分割
測光信号BPn(ステップS13で補正された値)に対して以
下に示す処理を順に行う。
すなわち、ステップS1404では分割測定信号BPnが、 を満たすか否かを判定する。ここで、GNOは予備発光時
のガイドナンバー、AVは上記ステップS8で演算された絞
り値(アペックス値)、xは撮影距離、K1は定数であ
る。ステップS1404が肯定されるとステップS1405に進
み、その分割測光信号BPnを零とするとともに、ステッ
プS1406でこの測光信号BPnの重み付け量Dnを零としてス
テップS1411に進む。
ここで、上記ステップS1404〜S1406の処理について詳
しく説明する。
例えば被写界中に鏡や金屏風などの高反射率の物体が
存在していた場合や主要被写体の前方に物体がある場合
には、他の被写体と比べてその領域の分割測光信号BPn
は極めて大きく、この測光信号を加味して調光動作を行
うと主要被写体が露出アンダーとなる可能性がある。そ
こで上述したステップS1404〜S1406の処理は、このよう
な高反射率の被写体に対する測光信号を除外して以下の
調光動作を行うための処理である。つまり測光信号BPn
が仮に基準値 よりも大きい場合には、光量過多と判断してその測光信
号BPnを零とするとともに、重み付け量Dnも零とする。
そしてこの基準値は、予備発光時の絞り値AVと撮影距離
xとに基づいているので以下のような効果がある。
すなわち、予備発光のガイドナンバーが一定であって
も、そのときの絞り値AVおよび撮影距離xによって測光
信号の値は異なり、撮影距離が遠いほど、または絞りが
絞り込まれているほど測光信号は小さな値となる。この
ため、仮に上記光量過多か否かを判定する基準値が一定
値であった場合には、撮影距離が遠く絞り込まれている
状態では除外すべき被写体が除外されないおそれがあ
り、逆に撮影距離が近く絞り開放の状態では除外される
べきでない測光信号が除外されてしまうおそれがある。
そこで、本実施例では上述の式によって基準値を決め
ており、これによれば、撮影距離が近いほど、または絞
り値が開放側にあるほど基準値は高くなるので、上記不
都合は完全に解消される。
一方、ステップS1404が否定された場合にはステップS
1407に進み、測光信号BPnが基準値K2より小さいか否か
を判定する。ステップS1407が肯定されると上記ステッ
プS1405に進み、否定されるとステップS1408に進む。こ
の処理は、上述とは逆に例えば主要被写体の背後に大き
な空間があり、反射光が少なく測光信号BPnが低過ぎる
場合に、主要被写体が露出オーバになることを防止する
ためにその測光信号BPnを除外する処理である。この場
合には、もともと測光信号BPnが小さいので上記絞り値A
Vや撮影距離nに応じて基準値を変える必要はなく、定
数でよい。
上記ステップS1404,S1407のいずれにおいても除外さ
れなかった測光信号BPnは、ステップS1408でそのままの
値とされ、次いでステップS1409では、その測光信号BPn
に対応する重み付け量が1とされる。ステップS1410で
は、変数Mを1だけ歩進する。ここで、被写界中の5つ
の測光領域のうち上記測光信号BPnが除外されなかった
領域を有効測光領域と呼ぶ。また変数Mは、除外されな
かった測光信号BPn、すなわち有効測光領域の個数を表
わすものである。
この第9図の処理が終了すると、ステップS15(第7
図)に進み、被写界の各測光領域の反射率分布Rnを求め
る処理を行う。
ステップS15の詳細を示す第10図において、まずステ
ップS151,S152でQ=0,n=0とし、次いでステップS153
〜S155において、各測光信号BPnの総和Qを求める(Q
=Q+BPn)。ここで、上記光量過多、過少の測光信号
はステップS14の処理で零とされているので、実質的に
は有効測光領域の測光信号のみが加算されることにな
る。次にステップS156でn=0とし、ステップS157〜S1
59において、 Rn=BPn/Q に基づいて測光信号BPnの反射率の合計を1とした場合
の各測光信号BPnの反射率分布Rnをそれぞれ求める。こ
のときステップS14で除外された測光信号の反射率分布
は当然零となる。
その後、ステップS16(第7図)の調光レベル演算処
理に進む。ここで調光レベルとは、閃光撮影時に電子閃
光装置11の上記本発光を停止すべき測光信号のレベルを
示している。
ステップS16の詳細を示す第11図により説明すると、
まずステップS1601で調光レベルLVを零とし、次いでス
テップS1602でn=0としてステップS1603に進む。ステ
ップS1603〜S1606では、有効測光領域の個数Mおよび各
反射率分布に応じて調光レベルLVを求める処理を行う。
すなわちステップS1604では、各測光信号の反射率分
布Rnが1/M(これは、有効測光領域の反射率分布Rnの平
均値に相当する)以上か否かを判定し、肯定された場
合、つまりその測光領域の反射率分布Rnが平均値以上の
場合にはステップS1605に進んで調光レベルLVを0.02だ
け歩進する。またステップS1604が否定された場合、つ
まりその測光領域の反射率分布Rnが平均値未満の場合に
はステップS1606に進み、調光レベルを「0.02×Rn/MAX
(R)」(ただし、MAX(R)はR1〜R5の最大値)だけ
歩進する。
以上の処理は、5つの反射率分布Rnが全て等しい場合
に調光レベルLVが0.02×5=0.1となるようにした場合
の処理であり、この処理により調光レベルLVは、有効測
光領域の個数(面積)Mおよび各反射率分布Rnに応じて
決定されることになる。詳しく言えば、各反射率分布Rn
のうち、その平均値より小さいものが多いほど、すなわ
ち他の領域よりある程度以上反射率分布Rnの高い領域が
存在し、それらの反射率分布の差が大きいほど調光レベ
ルLVは小さくなる。
次にステップS1608に進み、求められた調光レベルLV
が0.03以上か否かを判定し、肯定されるとステップS161
0に進み、否定されるとステップS1609で調光レベルLVを
0.03としてステップS1610に進む。これは、調光レベルL
Vを0.03以上に制限するものであり、調光レベルLVが低
すぎて露出アンダーとなるのを防止するための措置であ
る。
ステップS1610では、 により調光レベルLVをISO感度(ステップS2で読み込ま
れたもの)SVに対応するように換算する。
その後、ステップS17(第7図)に進み、後に行われ
る本発光時の測光信号を補正するための重み付け量を求
める処理を行う。ステップS17の詳細を示す第12図にお
いて、まずステップS171でn=0とし、次いでステップ
S172〜S174において、各測光信号に対応する重み付け量
Dn(ステップS14で求められたものであり、1または0
である)にL(n)/S(n)を乗じて新たな重み付け量
とする。ここで、L(n)はステップS13で得られたレ
ンズ補正係数であり、S(n)は面積補正係数である。
すなわち、本実施例では、上記反射率分布Rnに応じて調
光レベルLVを可変としているので重み付け量を反射率分
布に応じて求める必要はなく、したがってここではレン
ズ補正係数L(n)および面積補正係数S(n)によっ
てのみ重み付け量を求めている。また、ステップS14で
除外された測光信号に対応する重み付け量は当然零とな
る。
その後、ステップS18(第7図)に進み、シャッタ10
を開くとともに、これが全開すると発光制御回路36を介
して電子閃光装置11を本発光させ、ステップS19ではフ
ィルム面からの反射光を分割測光する。すなわち、本発
光による照明光は被写体で反射され撮影レンズ2を透過
しフィルム面で反射された後、5つの受光素子13a〜13e
に受光され、受光素子13a〜13eの出力信号は、調光回路
40の増幅器41a〜41e(第6図)にそれぞれ入力される。
またCPU31は、ステップS20において、ステップS17で求
められた各重み付け量Dnに応じて調光回路40のゲイン設
定器42a〜42eにより増幅器41a〜41eの増幅率を設定す
る。すなわち、重み付けを行う。
増幅器41a〜41eは、設定された増幅率で各受光素子13
a〜13eの出力信号を増幅して加算回路44に入力し、加算
回路44は入力された増幅信号を加算する。ステップS21
では、積分回路45に積分信号を出力し、これにより積分
回路45は加算回路44の加算結果を時間で積分する。
一方、ステップS16で演算された調光レベルLVは変換
回路46に出力され、変換回路46はこれをアナログ信号に
変換する。この変換回路46および上記積分回路45の出力
(これが所定の調光評価値に相当する)は比較器47に入
力され、比較器47は、積分回路45の出力が上記調光レベ
ルLVに達するとCPU31に発光停止信号を入力する。CPU31
は、この発光停止信号が入力されると、すなわちステッ
プS22が肯定されると、ステップS23で電子閃光装置11の
発光制御回路36を制御して上記本発光を停止させ、その
後、処理を終了させる。
以上の手順によれば、予備発光による測光信号と絞り
値と撮影距離とからステップS14で有効測光領域が抽出
され、ステップS15でその有効測光領域の反射率分布が
求められ、ステップS16でその反射率分布と有効測光領
域の数(面積)に応じて調光レベルが求められる。そし
て本発光時、測光出力の合計値が上記調光レベルに達し
た時点で本発光が停止される。このように反射率分布に
応じて上記調光レベルLVが変化し、例えば主要被写体を
含む測光領域の反射率分布が他よりもある程度以上高い
場合(このような場合には主要被写体が露出オーバにな
り易い)には、それらの差に応じて調光レベルLVが低く
なるので主要被写体が適正露出で閃光撮影される。ま
た、各反射率分布が平均的な場合には、調光レベルLVは
高くなり、露出アンダーが防止される。
以上の実施例の構成において、受光素子13a〜13eおよ
び調光回路40が調光手段を、CPU31が反射光量演算手段
および調光レベル設定手段を、CPU31および調光回路40
が調光手段をそれぞれ構成する。
なお以上では、各測光領域の反射率分布Rnおよび有効
測光領域の個数(面積)に基づいて調光レベルLVを求め
るようにしたが、この個数Mは考慮に入れず、反射率分
布のみで調光レベルを決定するようにした例を以下に示
す。この場合には、第9図の処理を省略し、第10図の5
つの測光領域全ての反射率分布Rnを求める。すなわち5
つの測光領域全てを有効測光領域とする。これによれば
第11図のステップS1604における1/Mは、0.2で固定され
るので、各領域の反射率分布のみに基づいて調光レベル
LVが決定されることになる。
また以上では、調光レベルLVを変化させるようにした
が、これに代えて、積分回路や増幅器のゲインを適宜変
えるようにしても同様の効果を得ることができる。した
がって、本明細書中で調光レベルの決定は、このような
積分回路や増幅器のゲインを変えるものも含むものとす
る。
また予備発光を行うカメラにて説明したが、予備発光
を行わないものでも本発明を適用できる。この場合に
は、発光(本発光)の初期段階の測光信号から各測光領
域の反射率分布をそれぞれ演算し、この演算された反射
率分布に基づいて上述と同様に調光レベルを決定し、上
記発光の初期段階以降において、各測光信号に基づいて
累積される調光評価値が上記決定された調光レベルに達
した時点で発光を停止するようにすればよい。
さらに以上では、銀塩フィルムを用いるカメラにて説
明したが、例えばフロッピーディスクを用いて撮影を行
う電子スチルカメラにも本発明を同様に適用できる。
G.発明の効果 本発明によれば、反射光量が平均反射光量以上の領域
は標準の部分的調光レベルとし、反射光量が平均反射光
量より小さい領域は標準の部分的調光レベルより小さな
部分的調光レベルとして各領域の部分的調光レベルを求
め、これらの部分的調光レベルの合計値を本発光時の総
合調光レベルとして設定するようにしたので、露出オー
バーおよび露出アンダーが防止され、以て適正露出で閃
光撮影が行える。
【図面の簡単な説明】
第1図はクレーム対応図である。 第2図〜第12図は本発明の一実施例を示し、第2図は本
発明に係る自動調光カメラの構成を示す図、第3図は集
光レンズアレイおよび分割受光素子を示す斜視図、第4
図は分割受光素子とフィルム露光領域との位置関係を示
す図、第5図は制御系のブロック図、第6図は調光回路
の構成図、第7図はメインのフローチャート、第8図〜
第12図はサブルーチンを示すフローチャートである。 8:測光素子、9:絞り 10:シャッタ、11:電子閃光装置 12:集光レンズアレイ、13:受光素子 13a〜13e:分割受光素子 31:CPU、32:レリーズ釦 36:発光制御回路、40:調光回路
フロントページの続き (56)参考文献 特開 昭61−160727(JP,A) 特開 昭63−83713(JP,A) 特開 昭55−135823(JP,A) 特開 昭62−90633(JP,A) 特開 昭60−15626(JP,A) 特開 平1−100525(JP,A) 特開 昭61−215537(JP,A) 特開 昭62−169134(JP,A) 特開 昭61−194430(JP,A) (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) G03B 15/05 G03B 7/28,7/16

Claims (3)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】予備発光を行った後に本発光を行う、閃光
    撮影可能な自動調光カメラにおいて、 前記予備発光時および本発光時に、被写界の分割された
    複数領域からの各反射光を測光して各測光信号を出力す
    る測光手段と、 前記予備発光時に得られた各測光信号から前記被写界の
    複数領域の反射光量をそれぞれ演算する反射光量演算手
    段と、 前記反射光量演算手段で演算された前記反射光量が平均
    反射光量以上の領域は標準の部分的調光レベルとし、前
    記反射光量が前記平均反射光量より小さい領域は標準の
    部分的調光レベルより小さな部分的調光レベルとして各
    領域の部分的調光レベルを求め、これらの部分的調光レ
    ベルの合計値を本発光時の総合調光レベルとして設定す
    る調光レベル設定手段と、 前記本発光時の反射光量が前記調光レベル設定手段で設
    定された総合調光レベルに達した時点で前記本発光を停
    止する調光手段とを具備することを特徴とする自動調光
    カメラ。
  2. 【請求項2】発光を行うことにより閃光撮影可能な自動
    調光カメラにおいて、 前記発光時に、被写界の分割された複数領域からの各反
    射光を測光して各測光信号を出力する測光手段と、 前記発光初期段階で得られた各測光信号から、前記被写
    界の複数領域の反射光量をそれぞれ演算する反射光量演
    算手段と、 前記反射光量演算手段で演算された前記反射光量が平均
    反射光量以上の領域は標準の部分的調光レベルとし、前
    記反射光量が前記平均反射光量より小さい領域は標準の
    部分的調光レベルより小さな部分的調光レベルとして各
    領域の部分的調光レベルを求め、これらの部分的調光レ
    ベルの合計値を本発光時の総合調光レベルとして設定す
    る調光レベル設定手段と、 前記発光初期段階以降において、前記反射光量が前記調
    光レベル設定手段で設定された総合調光レベルに達した
    時点で前記発光を停止する調光手段とを具備することを
    特徴とする自動調光カメラ。
  3. 【請求項3】前記複数領域の各測光信号に対して重み付
    けを行う重み付け手段を有し、前記重み付けの量は撮影
    レンズの射出瞳距離に応じた重み付け量を含むことを特
    徴とする請求項1または2に記載の自動調光カメラ。
JP2088899A 1990-04-03 1990-04-03 自動調光カメラ Expired - Fee Related JP3021528B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2088899A JP3021528B2 (ja) 1990-04-03 1990-04-03 自動調光カメラ

Applications Claiming Priority (8)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2088899A JP3021528B2 (ja) 1990-04-03 1990-04-03 自動調光カメラ
US07/672,055 US5268730A (en) 1990-03-19 1991-03-13 Automatic light modulating camera
DE69126162T DE69126162T2 (de) 1990-03-19 1991-03-19 Blitzsteuervorrichtung für Kamera
EP91302383A EP0448363B1 (en) 1990-03-19 1991-03-19 Flash controller for a camera
EP95109698A EP0675388A3 (en) 1990-03-19 1991-03-19 Automatic light modulating camera
EP95109699A EP0675389A3 (en) 1990-03-19 1991-03-19 Automatic light modulating camera
EP95109697A EP0675387A3 (en) 1990-03-19 1991-03-19 Automatic light modulating camera
US08/563,094 USRE35877E (en) 1990-03-19 1995-11-27 Automatic light modulating camera

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH03287240A JPH03287240A (en) 1991-12-17
JP3021528B2 true JP3021528B2 (ja) 2000-03-15

Family

ID=13955809

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2088899A Expired - Fee Related JP3021528B2 (ja) 1990-04-03 1990-04-03 自動調光カメラ

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3021528B2 (ja)

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4346926B2 (ja) * 2003-02-27 2009-10-21 キヤノン株式会社 ストロボ撮影システムおよび撮像装置
JP4280515B2 (ja) 2003-02-27 2009-06-17 キヤノン株式会社 ストロボ撮影システムおよびカメラ
JP2005316128A (ja) 2004-04-28 2005-11-10 Canon Inc 撮像装置及びその制御方法

Also Published As

Publication number Publication date
JPH03287240A (en) 1991-12-17

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP2220863B1 (en) Camera flash module and method for controlling the same
JP4040613B2 (ja) 撮像装置
US4847680A (en) Image pickup apparatus with white balance control
US4821074A (en) Exposure control device for a camera
US5504525A (en) White balance adjustment device
US8106965B2 (en) Image capturing device which corrects a target luminance, based on which an exposure condition is determined
US5568187A (en) Image pickup apparatus including distance measurement
US3836920A (en) Exposure control system for flash photography
JP3528202B2 (ja) 電子スチルカメラ
US5440369A (en) Compact camera with automatic focal length dependent exposure adjustments
EP0341921B1 (en) Camera system
JP3368041B2 (ja) 撮像装置
US20050007487A1 (en) Image pickup apparatus, and image pickup method and control method of the image pickup apparatus
US6597869B2 (en) Image pickup apparatus provided with a flash device
JP5885416B2 (ja) 撮像装置及び撮像装置の制御方法
US6853806B2 (en) Camera with an exposure control function
US8553141B2 (en) Electronic camera and method with fill flash function
JP2004258430A (ja) ストロボ撮影システム
US20030026606A1 (en) Camera to which external strobe device is detachably attachable
US3855601A (en) Photometer
US5302997A (en) Composite photometric and range finding element array
US6987931B2 (en) Flash control device, flash control system, master flash device, and remote flash device
JPH08340542A (ja) 電子スチルカメラ
US7039307B2 (en) Digital still camera, imaging method, and exposure decision method
JP4654874B2 (ja) 被写体解析装置、撮像装置、および画像処理プログラム

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees