JP3013270U - 埋込型照明器具支持金具 - Google Patents

埋込型照明器具支持金具

Info

Publication number
JP3013270U
JP3013270U JP1994017332U JP1733294U JP3013270U JP 3013270 U JP3013270 U JP 3013270U JP 1994017332 U JP1994017332 U JP 1994017332U JP 1733294 U JP1733294 U JP 1733294U JP 3013270 U JP3013270 U JP 3013270U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
piece
sandwiching
bent
sandwiching piece
lighting fixture
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP1994017332U
Other languages
English (en)
Inventor
隆幸 佐々木
洋 山田
善行 秩父
Original Assignee
株式会社ブレスト工業研究所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社ブレスト工業研究所 filed Critical 株式会社ブレスト工業研究所
Priority to JP1994017332U priority Critical patent/JP3013270U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3013270U publication Critical patent/JP3013270U/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【構成】挟着片1は、野縁受材Qの長手両側縁に屈曲延
長された屈曲片Q1の一方に挟着する断面略V字形状に
屈曲する。そして、挟着片1の側面から支持バーPを挿
通せしめる切欠口3を切欠き形成する。また、係止片2
を延長した上部挟着片1Aの長さより、下部挟着片1B
を短く形成する。更に、下部挟着片1Bの切欠口3の開
口端部を下方に折り返して固定ナットTに係止する係止
爪片4を屈曲形成する。係止片2は、上部挟着片1Aの
解放端部から屈曲延長されて野縁受材Qの側面に当接係
止する。 【効果】野縁受材に1工程で仮止めできる。支持バーの
取付け作業を片手でも容易に行うことができる。支持金
具自体は単体であり、コンパクトである。

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】
この考案は、天井下地部材として使用するチャンネル鋼材等に、天井埋込型の 照明器具を支持する際に使用する支持金具であり、特に、照明器具を懸吊する支 持バーと天井下地部材に構枠された野縁受材とを連結するのに好適な埋込型照明 器具支持金具に関する。
【0002】
【従来の技術】
この種の支持金具は、既に、当出願人から種々の提案がなされている(実公平 6-4487号、実公平6-4489号公報参照)。前者の支持金具は、2枚一対の挟着板を 野縁受材の屈曲片に装着し、これらの挟着板に挿通した支持バーを固定ナットで 連結するものである。
【0003】 一方、後者の支持金具は、野縁受材を側面から屈曲片ごと包み込む挟着体を形 成し、この挟着体の上下の挟着片に設けた切り欠きに支持バーを挿通し、この支 持バーを固定ナットで連結固定するものである。
【0004】
【考案が解決しようとする課題】
この考案は、先に提案された2例の支持金具に、更に改良を加えるべく案出さ れたものである。すなわち、前者の支持金具は、2枚一対の挟着板を使用するた め、装着作業時に必ず両手を使用しなければ一方が落下する可能性があり、作業 時間の大幅なロスが生じ易いこと。また、上下の固定ナットをある程度締め付け なければこの金具自体を仮止めすることができないことなどである。
【0005】 また、後者の支持金具は、野縁受材の上部屈曲片と下部屈曲片との離れた2箇 所で固定ナットの締め付け作業を行う必要があり、天井フトコロが益々狭くなっ てきている現況の躯体構造状況にあっては、このような離れた上下2箇所のネジ 止め作業は極めて面倒な作業になっていること。また、野縁受材を側面から屈曲 片ごと包み込む挟着体を使用するため、支持金具自体が大きなものになり、数多 く使用するこの種の支持金具としては、運搬や収納性に多くの課題を残していた ことである。
【0006】 そこでこの考案は、上述の課題を解消すべく創出されたもので、 野縁受材に1工程で仮止めすることが可能になること、 支持バーの取付け作業を片手でも容易に行うことができるものであること、 支持金具自体は単体であり、しかも、コンパクトであること、 以上の条件がすべて満たされる埋込型照明器具支持金具の提供を目的とするもの である。
【0007】
【課題を解決するための手段】
上述の目的を達成するため、この考案の第1の手段によると、天井埋込型の照 明器具Sを懸吊する支持バーPにネジ止めした上下一対の固定ナットTにて支持 固定する埋込型照明器具支持金具において、野縁受材Qの長手両側縁に屈曲延長 された屈曲片Q1の一方に挟着する断面略V字形状に屈曲された一対の挟着片1 と、一方の挟着片1の解放端部から屈曲延長されて野縁受材Qの側面に当接係止 する係止片2とから成り、挟着片1は、挟着片1の側面から支持バーPを挿通せ しめる切欠口3を切欠き形成したことにある。
【0008】 また、第2の手段の挟着片1は、係止片2を延長した上部挟着片1Aの長さよ り、下部挟着片1Bを短く形成したことにある。
【0009】 更に、第3の手段の挟着片1は、下部挟着片1Bの切欠口3の開口端部を下方 に折り返して固定ナットTの側面に係止する係止爪片4を屈曲形成したことを課 題解消のための手段とするものである。
【0010】
【作用】
この考案の第1の手段によると、断面略V字形状に屈曲された一対の挟着片1 が、屈曲片Q1を挟着して仮り止め状態を保持する。そして、支持バーPの上下 一対の固定ナットTにより、この挟着片1相互を緊締すると、挟着片1が屈曲片 Q1に固定されると共に、係止片2が野縁受材Qの側面に当接して挟着片1の支 持力を高める。
【0011】 また、第2の手段によると、係止片2が野縁受材Qの側面に当接した状態のと きに、上下一対の挟着片1は、屈曲片Q1を介して緊密に重合するものである。
【0012】 更に、第3の手段では、支持バーPと挟着片1との連結状態を安定したものに する。
【0013】
【実施例】
以下、この考案の実施例を図面に基づいて説明する。
【0014】 この考案支持金具の基本構成は、上下一対の挟着片1と上部挟着片1Aから屈 曲延長される係止片2とからなる(図2参照)。
【0015】 挟着片1は、天井埋込型の照明器具Sを懸吊する支持バーPにネジ止めした上 下一対の固定ナットTにて支持固定される(図1参照)。そして、野縁受材Qの 長手両側縁に屈曲延長された屈曲片Q1の一方に挟着する断面略V字形状に屈曲 されている(図4参照)。このとき、係止片2を延長した上部挟着片1Aの長さ より、下部挟着片1Bを短く形成することで、屈曲片Q1と各挟着片1とを緊密 に重合することができる。そして、下部挟着片1Bの切欠口3の開口端部を下方 に折り返して固定ナットTの側面に係止する係止爪片4を屈曲形成している(図 3参照)。
【0016】 係止片2は、上部挟着片1Aの解放端部から屈曲延長されて野縁受材Qの側面 に当接係止するものである。この係止片2を野縁受材Qの側面に当接するには、 図5に示す如く、係止片2とと下部挟着片1Bとの隙間に屈曲片Q1を挿入し、 挟着片1を回転させることで、係止片2を屈曲片Q1に係止させる。このとき、 挟着片1は、断面略V字形状に屈曲されていることから、屈曲片Q1に挟着片1 を仮止めすることが可能になるものである。
【0017】 尚、図2に示す符号5は、挟着片1の強度を高める補強リブであり、また、符 号6は、挟着片1の屈曲を容易にして各挟着片1による挟着状態を促進せしめる 長孔を示す。
【0018】
【考案の効果】
この考案は、上述の如く構成したことにより、当初の目的を達成する。
【0019】 すなわち、請求項1により、 野縁受材に1工程で仮止めすることが可能になること、 支持バーの取付け作業を片手でも容易に行うことができるものであること、 支持金具自体は単体であり、しかも、コンパクトであること、 の当初目的が達成された。
【0020】 また、請求項2によると、挟着片1は、屈曲片Q1を介して緊密に重合するこ とになり、安定した支持力が得られる。
【0021】 更に、請求項3によって、支持バーPと挟着片1とを確実に連結できるから、 振動や不慮の力がこの連結部分に加わっても、挟着片1の脱落を防止することが でき、安全な支持金具が提供される。
【0022】 このようにこの考案によると、当初目的を達成するだけでなく、より確実で安 全な支持金具を提供できるなどといった実用上有益な種々の効果を奏するもので ある。
【図面の簡単な説明】
【図1】この考案の使用状態を示す斜視図。
【図2】この考案支持金具を示す斜視図。
【図3】この考案に固定ナットを装着した支持バーを挿
通した状態を示す斜視図。
【図4】固定ナットで挟着片と屈曲片とを挟着する状態
を示す側断面図。
【図5】この考案を野縁受材に装着する状態を示す側面
図。
【符号の説明】
P 支持バー Q 野縁受材 Q1 屈曲片 R 野縁材 S 照明器具 T 固定ナット 1 挟着片 1A 上部挟着片 1B 下部挟着片 2 係止片 3 切欠口 4 係止爪片 5 補強リブ 6 長孔

Claims (3)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】 天井埋込型の照明器具を懸吊する支持バ
    ーにネジ止めした上下一対の固定ナットにて支持固定す
    る埋込型照明器具支持金具において、野縁受材の長手両
    側縁に屈曲延長された屈曲片の一方に挟着する断面略V
    字形状に屈曲された一対の挟着片と、一方の挟着片の解
    放端部から屈曲延長されて野縁受材の側面に当接係止す
    る係止片とから成り、挟着片は、挟着片の側面から支持
    バーを挿通せしめる切欠口を切欠き形成したことを特徴
    とする埋込型照明器具支持金具。
  2. 【請求項2】 挟着片は、係止片を延長した上部挟着片
    の長さより、下部挟着片を短く形成した請求項1記載の
    埋込型照明器具支持金具。
  3. 【請求項3】 挟着片は、下部挟着片の切欠口の開口端
    部を下方に折り返して固定ナットの側面に係止する係止
    爪片を屈曲形成した請求項1記載の埋込型照明器具支持
    金具。
JP1994017332U 1994-12-28 1994-12-28 埋込型照明器具支持金具 Expired - Lifetime JP3013270U (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1994017332U JP3013270U (ja) 1994-12-28 1994-12-28 埋込型照明器具支持金具

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1994017332U JP3013270U (ja) 1994-12-28 1994-12-28 埋込型照明器具支持金具

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP3013270U true JP3013270U (ja) 1995-07-11

Family

ID=43148936

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1994017332U Expired - Lifetime JP3013270U (ja) 1994-12-28 1994-12-28 埋込型照明器具支持金具

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3013270U (ja)

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3013270U (ja) 埋込型照明器具支持金具
JP2000336857A (ja) 折板屋根用支持金具
JP3578929B2 (ja) 機器取付器具
JP3587801B2 (ja) 取付け金具用脱落防止具
JPH0643527Y2 (ja) アングル用取付金具
JP3077974U (ja) 建築用骨材の吊持装置
JPH0683047U (ja) スプリンクラ−の取付具
JP2660811B2 (ja) 懸吊支持金具
JP2573700Y2 (ja) 型枠の通り直し固定金具
JP3097836B2 (ja) パイプ保持具
JPH0752458Y2 (ja) 配管支持金具
JPH0728281U (ja) 配管支持金具
JPH0728282U (ja) 配管支持金具
JPH0721984Y2 (ja) 懸吊部材用支持具
JP3021155U (ja) 配管支持金具用クリップ
JP3526423B2 (ja) 仮囲い用パネルの取付金具
JP3013240U (ja) ジョイント金具
JPH078891Y2 (ja) ボルト取付け構造
JPH10185002A (ja) 棒状懸吊部材用ケーブル支持具
JP3000084U (ja) 地中張り型枠用セパレータ止金具
JPH0644998U (ja) 電柱用バンド
JPH064488Y2 (ja) 埋込型照明器具の支持金具
JP4906532B2 (ja) 信号灯器の制御函等機器の装柱装置
JP3421850B2 (ja) カバークランプ用フックボルト取付補助具
JPH0562708U (ja) 部品取付け用ステー