JP2999960B2 - 別室暖房機能付き浴室暖房機 - Google Patents

別室暖房機能付き浴室暖房機

Info

Publication number
JP2999960B2
JP2999960B2 JP6957796A JP6957796A JP2999960B2 JP 2999960 B2 JP2999960 B2 JP 2999960B2 JP 6957796 A JP6957796 A JP 6957796A JP 6957796 A JP6957796 A JP 6957796A JP 2999960 B2 JP2999960 B2 JP 2999960B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
bathroom
air
passage
heat exchanger
separate room
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP6957796A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH09257261A (ja
Inventor
剛 竹田
雄彦 西尾
義輝 水馬
和幸 森本
格 木村
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Osaka Gas Co Ltd
Original Assignee
Osaka Gas Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Osaka Gas Co Ltd filed Critical Osaka Gas Co Ltd
Priority to JP6957796A priority Critical patent/JP2999960B2/ja
Publication of JPH09257261A publication Critical patent/JPH09257261A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2999960B2 publication Critical patent/JP2999960B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、浴室や浴室以外の
その他の別室を暖房するための暖房機に関する。
【0002】
【従来の技術】従来において、浴室を暖房する浴室暖房
機としては、浴室内の空気を循環通風する循環路が形成
されると共に、この循環路内を強制通風循環させる循環
用ファンと、循環路中を通流する浴室内の空気を、外部
熱源機より供給される熱媒によって加熱する熱交換器と
が設けられて、循環用ファンを作動させることで、循環
路に沿わせて浴室内の空気を吸気し、熱交換器にて加熱
した後に再度浴室に給気することで、浴室を暖房するよ
うに構成されたものがあった。そして、浴室とは異なる
別室、例えば浴室に隣接する脱衣室等を共に暖房させる
場合には、その別室に専用の暖房設備が設けられる構成
となっていた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記従
来構成において、別室に専用の暖房設備を設置するにあ
たっては、上記浴室暖房機と同様な暖房設備を備えるこ
とが考えられるが、このように別室専用の暖房設備を設
ける構成とした場合には、従来構成の浴室暖房機と同様
な構成が新たに必要となる。つまり、別室の空気を循環
通風する為の循環路、空気を通流させる為の循環ファ
ン、空気加熱用の熱交換器の夫々が別途必要であり、こ
れらが浴室暖房機とは別に設けられることになる。
【0004】そうすると、外部熱源機から熱媒を供給す
るための配管が、浴室暖房用熱交換器及び別室暖房用熱
交換器の夫々に対して各別に設けられ、配管と熱交換器
とを接続するための配管接続部も各別に設けられること
になる。又、空気加熱用の熱交換器が取付け固定されて
配備される状態で、別室の空気を循環通風する為の循環
路を新たに形成しなければならない。
【0005】その結果、外部熱源機から熱媒を供給する
ための熱媒供給配管の数が多くなって、配管の施工の手
間がそれだけ多くかかる不利があると共に、配管と熱交
換器とを接続するための専用の配管接続用の部材も個数
が多くなる。しかも、上述したような循環路を形成する
為の専用の装置本体部分等も必要となり、部品点数が多
く、構造が複雑になってしまうという不利があると共
に、組み付けの手間や設置の手間がそれだけ多くなる不
利もある。
【0006】本発明は、このような点に着目してなされ
たものであり、その目的は、熱媒供給のための配管や、
装置本体部分等の施工の手間を極力少ないものにできる
と共に、部品点数を少なくして構造の簡素化を図ること
が可能となる別室暖房機能付き浴室暖房機を提供する点
にある。
【0007】又、本発明の別の目的は、上述した目的に
加えて、別室の空気を循環するための複数の通風用の管
路の設置作業の手間を極力少なくすると共に、前記管路
の長さを極力、短いものにできて構造の簡素化を図るこ
とが可能となる別室暖房機能付き浴室暖房機を提供する
点にある。
【0008】
【課題を解決するための手段】第1発明の特徴構成によ
れば、浴室に対する浴室用熱交換器と、前記浴室とは異
なる別室に対する別室用熱交換器とが、外部熱源機から
熱媒が供給される状態で装置本体部に収納されると共
に、その装置本体部には、浴室内の空気を浴室用熱交換
器を通して循環通風する浴室用循環ファンが装備され、
別室内の空気を前記別室用熱交換器を通して循環通風す
る別室用循環ファンを収納する風路形成部が、前記装置
本体部に接続された状態において、前記別室用熱交換器
と前記別室用循環ファンとを連通する別室暖房用通路を
形成するように設けられている。つまり、浴室用熱交換
器、別室用熱交換器、及び、浴室用循環ファンの夫々が
備えられる装置本体部に対して、別室用循環ファンが収
納され且つ別室暖房用通路を形成する風路形成部が接続
される構成となっている。
【0009】その結果、浴室用熱交換器と別室用熱交換
器とは装置本体部に位置固定状態で取付けると共に、各
熱交換器に対する熱媒の供給路を予め装置本体部に組み
付けておくことで、これらに対する外部熱源機からの熱
媒供給用の配管の接続部を共用化することによって、こ
の配管を各熱交換器に対して各別に設ける必要がなく、
配管の数が少なくでき、しかも、配管の施工の手間も少
ないものにできる。
【0010】又、別室を暖房する為の設備、即ち、別室
用熱交換器、別室用循環ファン、別室暖房用通路等が装
置本体部にて支持される構成となって、これらの設備を
設けるための専用の本体ケース部が不要となり、前記装
置本体部とは別体の本体ケース部分を建物の固定取付け
箇所に対して別途取付ける必要がなく、施工の手間が少
なくなる。
【0011】従って、浴室及び別室の夫々を暖房するこ
とができるものでありながら、熱媒供給用の配管や本体
ケース部分の施工の手間を少なくすることができると共
に、本体ケース部分や配管接続用の部材の兼用化により
部品点数を少なくさせて、構成の簡素化を図ることが可
能となる。
【0012】又、第1発明の特徴構成によれば、前記風
路形成部における前記装置本体部との接続面と交差する
横側面に、別室と風路形成部とを連通する吸気ダクト及
び給気ダクトの各々に対する吸気ダクト用接続口及び給
気ダクト用接続口が形成され、風路形成部が、上下反転
させた夫々の姿勢で装置本体部に接続自在に構成されて
いる。
【0013】つまり、風路形成部を上下反転させて装置
本体部に接続させることで、吸気ダクト用接続口及び給
気ダクト用接続口が、横方向一側方に位置する状態と、
他側方に位置する状態とに切り換えられることになる。
【0014】その結果、装置本体部の建物への取付け状
態に対して、浴室と別室との位置関係が異なる設置状況
においても、吸気ダクト用接続口及び給気ダクト用接続
口が左右いずれかの別室に近い方に位置させた状態で、
風路形成部を接続することができて、通風用の管路とし
ての吸気ダクトや給気ダクトを極力短いもので済ませる
ことができ、施工の手間を少ないものにできる。
【0015】第2発明の特徴構成によれば、前記風路形
成部が、前記浴室内の空気を外部に排気する換気用ファ
ンを収納する状態で、且つ、浴室と換気用ファンとを連
通する状態で形成するように設けられている。
【0016】従って、風路形成部が、別室用循環ファン
と換気用ファンとが内装された状態で装置本体部に接続
される構成となり、換気用ファンを別体のケース部分に
て別途付設する構成に較べて、これらに対する電気接続
配線や、その配線と各ファンとを接続するための接続用
部材等を兼用化させることで、構成を簡素化できるもの
となる。
【0017】第3発明の特徴構成によれば、前記装置本
体部に、前記換気用通路を形成する本体側通路が形成さ
れているので、装置本体部を利用して浴室内の空気を吸
気する為の換気用通路が形成されることになり、浴室内
の空気を吸気する為に別体のダクト部材等を設ける場合
に較べて、構成の簡素化を図ることができる。
【0018】第4発明の特徴構成によれば、前記装置本
体部に、前記別室暖房用通路を形成する本体側通路とし
て、風路形成部の吸気ダクト用接続口から別室用熱交換
器に空気を案内する単一の往用通路部分と、別室用熱交
換器から風路形成部の給気ダクト用接続口に空気を案内
する一対の復用通路部分とが形成される。そして、風路
形成部を上下反転させた夫々の姿勢で、前記吸気ダクト
用接続口が前記往用通路部分に接続され、且つ、風路形
成部を上下反転させた姿勢の夫々で、前記給気ダクト用
接続口が一対の復用通路部分のうちの一つに接続される
ことになる。
【0019】従って、風路形成部を上下反転して接続さ
れた夫々の姿勢のいずれの場合であっても、前記給気口
は前記往用通路部分に接続されるので、別室用熱交換器
に対する空気の流動方向が一定であり、熱交換器による
空気加熱特性、即ち別室の暖房性能をほぼ同じ状態に設
定することができるものとなる。
【0020】第5発明の特徴構成によれば、前記浴室用
熱交換器の上方側に前記別室用熱交換器を位置させる状
態で、それら熱交換器が前記装置本体部に装備され、装
置本体部における風路形成部の接続面の中央部に、換気
用通路を形成する本体側通路の出口が形成され、風路形
成部の接続面の上方側部に、前記往用通路部分の入口及
び前記一対の復用通路部分の一対の出口が形成されてい
る。
【0021】従って、別室用熱交換器を浴室用熱交換器
の上方側に配置することで、それらを装置本体部の接続
面に沿う横方向に並設させる場合に較べて、装置本体部
の接続面に沿う方向の寸法をコンパクトにしながらも、
接続面と別室用熱交換器とを極力近接させることができ
る。そして、風路形成部の接続面の中央部に、換気用通
路を形成する本体側通路の出口が形成されるので、上下
反転させた場合であっても、その出口とそれに接続され
る装置本体部における換気用吸気口とが同じ位置関係に
なり、姿勢変化に対応するような複数の換気用出口を形
成する必要がない。又、別室暖房用通路を形成する本体
側通路に対する出口と入口とが風路形成部の接続面の上
方側部に形成されることで、別室用熱交換器の位置と対
応して、別室用熱交換器に極力近接した状態で接続され
ることになる。
【0022】その結果、合理的な構成により、極力、装
置全体をコンパクトに構成することができ、風路形成部
に形成すべき開口をできるだけ少なくさせて、構成の簡
素化を図ることができる。
【0023】第6発明の特徴構成によれば、前記風路形
成部に、前記吸気ダクト用接続口と前記換気ファンとを
連通する別室換気用の通路部分が形成されているから、
換気用ファンによる通風作動に伴って、装置本体部側か
ら浴室の空気を吸気すると共に、吸気ダクトを通して別
室の空気を吸気することになり、浴室と別室とを同時に
換気することができることになる。
【0024】
【発明の実施の形態】以下、本発明に係る別室暖房機能
付き浴室暖房機について図面に基いて説明する。この暖
房機は、浴室A内を暖房する機能、浴室A内を乾燥させ
る機能、浴室A内の空気を循環通風させる機能、別室と
しての、浴室Aに隣接する脱衣室Bを暖房する機能、浴
室A及び脱衣室Bを同時に換気する機能の夫々の機能を
備えるように構成されている。
【0025】図2〜図5、図16に示すように、この暖
房機は、浴室Aの天井部において、建物のスラブ面Sb
とユニットバスUbの天井面との間に設置される構成と
なっており、ユニットバスUbに形成された開口部を通
して、浴室内に臨む状態で設置され、スラブ面Sbに予
め埋め込み固定された4本の吊り下げボルトBoにて吊
り下げ支持する構成となっている。そして、図1に示す
ように、浴室用循環通風手段としての浴室用循環ファン
1が備えられ、この浴室用循環ファン1の作動によっ
て、吸気部2を通して吸気された浴室A内の空気が吹き
出し部3から浴室A内に吹き出されるように、浴室用循
環路L1が形成され、この浴室用循環路L1に、該循環
路L1内を通流する空気を加熱する浴室用熱交換器4が
備えられている。又、別室用循環通風手段としての脱衣
室用循環ファン5が備えられ、この脱衣室用循環ファン
5の作動によって、脱衣室Bに設けられた吸気部6及び
吸気ダクト7を通して吸気された脱衣室B内の空気が、
給気ダクト8及び吹出し部9を通して脱衣室B内に吹き
出されるように、別室用循環路としての脱衣室用循環路
L2が形成され、この脱衣室用循環路L2に、該循環路
L2内を通流する空気を加熱する脱衣室用熱交換器10
が備えられている。尚、前記脱衣室用循環路L2におい
て、脱衣室用熱交換器10が、脱衣室用循環ファン5よ
りも空気流動方向上手側に位置するように設けられてい
る。
【0026】浴室A内の空気と脱衣室B内の空気を換気
ダクト11を通して同時に外部に排出させる換気ファン
12が備えられ、浴室Aと脱衣室Bとを同時に換気でき
るようになっている。つまり、換気ファン12の作動に
伴って、浴室側の吸気部2や吹き出し部3等から浴室
A内の空気が吸引されると共に、前記脱衣室B側の吸気
部6と吸気ダクト7を通して脱衣室内の空気が吸引さ
れ、換気ダクト11を通して外部に排出される構成とな
っている。
【0027】前記換気ファン12が作動していないとき
に、浴室A内の湿気が脱衣室B側へ流出することを阻止
する流出阻止手段としてのシャッター部材13が設けら
れている。このシャッター部材13は、換気ファン12
の通風作動に伴う通風力により開放されると共に、通風
作動が停止されると、脱衣室B側の換気通路を閉じるよ
うに構成されている。又、シャッター部材13は換気フ
ァン12に近い箇所に配置され、浴室A内の湿気が、脱
衣室Bのみならず、極力、通路内部へも流入しないよう
になっている。
【0028】浴室用循環ファン1、浴室用熱交換器4
は、下方側が開放された箱状の筐体14の内部において
循環路形成部材15によって区画された状態の浴室用循
環路L1の内部に配置され、浴室用循環ファン1により
通風する空気は浴室用熱交換器4を有効に通風するよう
に構成されている。尚、前記循環路形成部材15におけ
る浴室用熱交換器4よりも流動方向上手側箇所には、循
環する空気の一部を、換気ファン12の吸気作動によっ
て吸気するための開口16が形成されている。
【0029】又、脱衣室用熱交換器10は、筐体14の
上部側に位置固定状態で取付けられた略箱状のケーシン
グ17内に収納されている。このケーシング17はその
横一側面が筐体14の横一側面に面一になる状態で配置
され、この筐体14とケーシング17等によって装置本
体部SHが構成されている。そして、装置本体部SHに
おける前記面一部分において、筐体14とケーシング1
7の夫々に対向する状態で風路形成部としてのファンボ
ックス18が接続される構成となっており、脱衣室用循
環ファン5及び換気ファン12が、このファンボックス
18の内部に収納される構成となっている。
【0030】図9、図10に示すように、脱衣室用熱交
換器10は、ケーシング17の内部に、その長手方向が
ファンボックス18に対する接続面40に沿う横向き姿
勢となるように配置され、且つ、ケーシング17の内部
に形成された仕切り部17aにより、別室暖房用通路を
形成する本体側通路として、該熱交換器10に対する空
気の流入経路L3(単一の往用通路部分の一例)と、そ
の両側に位置する状態で一対の空気の流出経路L4,L
5(復用通路部分の一例)とが夫々形成されている。そ
して、ケーシング17のファンボックス18に対する接
続面には、接続面における上方側部であって且つ横幅方
向中央に、流入経路L3の入口19が形成されると共
に、その入口19の左右両側に各流出経路L4,L5の
出口20R,20Lが夫々形成されることになる。尚、
仕切り部17a及びケーシング17における接続面側に
位置する箇所は、横幅方向中央側に傾斜する状態で形成
され、入口19と、各出口20R,20Lの横幅がほぼ
同幅になるように構成されると共に、ファンボックス1
8に対する接続面40の横幅を極力コンパクトにするよ
うに構成されている。
【0031】装置本体部SHにおけるファンボックス1
8に対する接続面40には、その接続面40の中心に位
置するように、換気ファン12の作動に伴って、浴室A
側の吸気部2や吹き出し部3等から浴室A内の空気を吸
引する為の換気用出口21が形成されている。
【0032】前記ファンボックス18は、筺体14及び
ケーシング17に対して面合わせ状態でフランジ接続さ
せる構成としてあり、図4に示すように、前記脱衣室B
に対する吸気ダクト7及び給気ダクト8の夫々が、ファ
ンボックス18における接続面41に対して交差する横
一側部に接続され、且つ、換気ダクト11が、吸気ダク
ト7及び給気ダクト8の接続箇所と反対側部に接続され
るように構成されている。このファンボックス18は、
上記各ダクト7,8,11の延出方向が左右逆向きとな
るように、左右反転させた状態で接続することができる
ように構成されている。つまり、図7に示すように、接
続面41には、左右反転させた状態で、前記流入経路L
3の入口19、及び、左右一対の流出経路L4,L5の
出口20R,20Lのうちのいずれか一方に対して連通
接続可能な状態で、上下に夫々一対合計4個の循環路用
接続口22,23,24,25が形成されている。又、
互いに連通接続される換気用出口21と、この出口21
に接続される換気用接続口26とは、接続面の中心に位
置するように構成され、反転させた場合であっても、常
に同じ位置関係になるようになっている。
【0033】そして、ファンボックス18の内部には、
4個の循環路用接続口22〜25のうち横一側方に位置
する一対の接続口22,24の夫々が連通すると共に、
脱衣室用循環ファン5の吸入部に連通する通風路が形成
されるように排出用連通室R 1 が形成されている。ファ
ンボックス18の横一側に形成された脱衣室用循環ファ
ン5の吹き出し口は、前記脱衣室用給気ダクト8に接続
される。又、換気用接続口26と換気ファン12の吸入
部とを連通する状態で換気用連通室R2 が形成され、換
気ファン12の吹き出し口は、換気ダクト11に接続さ
れている。ファンボックス18内における排出用連通室
1 と換気用連通室R2 以外の空間により、4個の循環
路用接続口22〜25のうち横幅方向中央に位置する上
下の接続口23,25の夫々と循環路用吸気ダクト7と
に連通する給気用連通室R 3 が形成されている。
【0034】図8に示すように、前記換気用連通室R2
を形成する壁体には、給気用連通室R3 に連なる開口部
27が形成されると共に、この開口部27を閉塞する状
態と、開口部27を開放させる状態とに切り換え回動自
在な前記シャッター部材13が設けられている。このシ
ャッター部材13は、換気用連通室R2 側に上部横軸芯
X1周りで回動自在に枢支されており、換気ファン12
が作動していない状態では、その自重にて開口部27を
閉塞しており、換気ファン12が作動すると、その通風
力によって換気用連通室R2 内が負圧になり、このシャ
ッター部材13が開放されて給気用連通室R3 側から給
気するように構成されている。
【0035】従って、ファンボックス18が所定取付け
状態で接続された場合に、脱衣室暖房運転が実行され、
脱衣室用循環ファン5が作動すると、吸気ダクト7から
脱衣室B内の空気が吸引され、吸気ダクト7、ファンボ
ックス18内の給気用連通室R3 、ケーシング17の入
口19を通して脱衣室用熱交換器10を通過して、加熱
される。そして、加熱された後の空気は、ケーシング1
7における左右一対の出口20R,20Lのうちのいず
れか一方、ファンボックス18内の排出用連通室R1
給気ダクト8を通して脱衣室Bに供給されることにな
る。そして、所定取付け状態に対して上下反転状態で接
続されると、図10に示すように、脱衣室用熱交換器1
0に対する流入状態は所定取付け状態と同じであるが、
加熱された後の空気は、反対側の出口を通して流出する
ことになる。従って、熱交換器10に対しては、その加
熱作用を実行する際の空気の流動方向が、どの取付け状
態であっても同じになるように構成されている。
【0036】このように、ファンボックスが上下反転し
た状態で接続自在に設けられることから、例えば、マン
ション等の集合住宅等において、図11に示すように、
浴室Aの浴槽Ayの位置、脱衣室B、廊下RO等との位
置関係が左右反転した配置形態が存在する場合に対して
も、常に合理的な配管接続構成を採用することができ、
配管施工の手間を少ないものにできる。
【0037】又、前記ファンボックス18は、その接続
部分の下端部が筐体14の下端位置よりも少し上方側に
位置するように取付けられ、且つ、遊端側ほど先細にな
るようにテーパ形状になるように構成されている。この
ようにして、ユニットバスUbにおける中間分離箇所を
連結するためのL字形連結用金具KEに干渉することが
無いように構成されている。
【0038】前記各熱交換器4,10に対して、外部熱
源機Gから、熱媒の一例としての温水(約80°C)が
供給されるようになっている。外部熱源機Gより供給さ
れる温水は、脱衣室用熱交換器10、熱媒断続手段とし
ての熱動弁28、及び、浴室用熱交換器4の夫々が直列
接続された熱媒供給路としての温水供給路29を通して
供給されるように構成され、且つ、脱衣室用熱交換器1
0が、浴室用熱交換器4よりも温水流動方向上手側に配
置されている。前記熱動弁28は、温水の通流を断続さ
せる際に、水量が緩やかに変化するように制御自在に構
成されており、急激な通流に起因して衝撃音や振動が生
じることが抑制できるようになっている。
【0039】この暖房機には、前記各部の動作を制御す
る制御手段としての制御部30と、この制御部30に運
転モード等の動作情報を指令するリモコン操作部31と
が備えられている。リモコン操作部31は、浴室Aの入
口部分や、例えば脱衣室Bの壁部等に備えられる。
【0040】リモコン操作部31は、図6に示すよう
に、浴室内の乾燥を行う乾燥モードを指令する乾燥スイ
ッチ32、浴室用循環ファン1の通風作動だけを実行す
る涼風モードを指令する涼風スイッチ33、浴室暖房モ
ードを指令する浴室暖房指令手段としての浴室暖房スイ
ッチ34、換気モードを指令する換気スイッチ35、脱
衣室Bの暖房モードを指令する別室暖房指令手段として
の脱衣室暖房スイッチ36、脱衣室の暖房のタイマー運
転を指令する入タイマースイッチ37、タイマー時間を
設定するタイマー設定スイッチ38が備えられている。
上記各運転モードを指令する各スイッチの近くには、各
モードに設定されていることを表示するモード表示ラン
プ32a〜34a,35a,35b,36a,36bが
夫々設けられている。又、後述する設定時間を表示する
表示手段としてのタイマー表示部39が設けられてい
る。換気モードを表示するモード表示ランプ35a,3
5bは、ファン強度の強弱2種の夫々の状態を表示する
ように2個設けられ、脱衣室暖房モードを表示するモー
ド表示ランプ36a,36bは、後述する動作状態に差
異に応じて赤色表示と緑色表示の2種が設けられてい
る。
【0041】前記制御部30は、マイクロコンピュータ
を備えて構成され、前記リモコン操作部31の動作情報
に基づいて、前記各ファン1,5,12の運転状態、熱
動弁28の断続状態の切り換え操作、及び、外部熱源機
Gの運転開始・停止の切り換え等の夫々の制御を実行す
るように構成されている。即ち、前記各モード指令用ス
イッチ32〜36のうちいずれかがON操作されると、
その選択された運転モードで運転を開始し、その後、別
の運転モードが指令されると、新たな運転モードで運転
を開始する。但し、脱衣室暖房モードで運転が行われて
いるときに、乾燥スイッチ32、換気スイッチ35、涼
風スイッチ33の各スイッチを操作しても、これらの状
態は受け付けない。又、「乾燥」、「換気」、「涼風」
の各モードにて運転しているときには、脱衣室暖房スイ
ッチ36を操作しても受け付けない。尚、浴室暖房運転
と、脱衣室暖房運転は同時運転が行えるようになってい
る。
【0042】「乾燥」、「換気」、「涼風」、「浴室暖
房」のいずれかの運転モードにて運転を行う場合に、タ
イマー設定スイッチ38にて運転時間を設定することが
でき、その設定時間が経過すると、自動的に運転が停止
するようになっている。尚、設定時間が経過する前であ
っても、運転中のモード指令用スイッチが再度、操作さ
れると運転を停止させる。
【0043】前記入タイマースイッチ37によるタイマ
ー運転においては、タイマー設定スイッチ38にて設定
された時間が経過した後に、脱衣室暖房運転を自動で開
始するようになっている。
【0044】次に、各運転モードにおける制御動作につ
いて説明する。
【0045】(浴室暖房運転モード)浴室暖房スイッチ
34が操作されると、モード表示ランプ34aを点灯さ
せると共に、タイマー表示部39を点灯させる。このと
き、使用者によってタイマー設定スイッチ38で任意の
設定時間が設定される。そして、外部熱源機Gの運転を
開始させ、且つ、熱動弁28を開弁させて浴室用熱交換
器4に温水を供給させる。又、浴室用循環ファン1を運
転開始させて、浴室Aの暖房運転を開始する。この運転
モードにおいては、図12に示すように、浴室用循環フ
ァン1の通風作動によって、浴室A内の空気が吸気部2
を通して吸気され、浴室用循環路L1に沿って案内さ
れ、吹き出し部3から浴室A内に吹き出されるように循
環通風されるが、浴室用循環路L1に備えられた浴室用
熱交換器4によって通流する空気が加熱されることで、
浴室A内が暖房されることになる。その後、浴室暖房ス
イッチ34が再度操作されるか又は前記設定時間が経過
すると、外部熱源機G、浴室用循環ファン1の運転を停
止させ、熱動弁28を閉弁させて暖房運転を停止させ、
モード表示ランプ34a及びタイマー表示部39を消灯
させる。
【0046】(乾燥運転モード)この運転モードは、浴
室内に吊るされた例えば洗濯物等の水分を多く含む被乾
燥物を乾燥させる場合等に用いられる。乾燥スイッチ3
2が操作されると、モード表示ランプ32aを点灯させ
ると共に、タイマー表示部39を点灯させる。このと
き、タイマー設定スイッチ38で任意の設定時間が設定
される。そして、外部熱源機Gの運転を開始させ、且
つ、熱動弁28を開弁させて浴室用熱交換器4に温水を
供給させる。又、浴室用循環ファン1と、換気ファン1
2とを運転開始させる。この運転モードにおいては、図
13に示すように、浴室暖房運転と同様に、浴室用循環
ファン1の作動により、浴室A内の空気を浴室用循環路
L1に沿って案内させながら、浴室用熱交換器4にて加
熱させることで浴室A内を暖房させる。又、換気ファン
12の作動により、浴室用循環路L1を通風する空気の
一部を前記開口16から吸気すると共に、浴室A内の空
気を循環路形成部材15の周囲から吸気して、排気ダク
ト11を通して外部に排気させる。このとき、脱衣室B
内の空気も合わせて換気ファン12によって吸気ダクト
7を通して吸気されて排気されることになり、脱衣室B
の換気も合わせて実行される。このようにして、洗濯物
等の水分を蒸発させ、蒸発した水分を含む空気は換気フ
ァン12にて外部に排出され、浴室Aに設置された被乾
燥物が乾燥すると共に、浴室A内の湿気が脱衣室B側に
流入しないようになっている。その後、乾燥スイッチ3
2が再度操作されるか又は前記設定時間が経過すると、
外部熱源機G、浴室用循環ファン1、換気ファン12の
運転を停止させ、熱動弁28を閉弁させて乾燥運転を停
止させ、モード表示ランプ32a及びタイマー表示部3
9を消灯させる。
【0047】(換気運転モード)換気スイッチ35が操
作されると、モード表示ランプ35aを点灯させると共
に、タイマー表示部39を点灯させる。このとき、使用
者によってタイマー設定スイッチ38で任意の設定時間
が設定される。そして、換気ファン12の作動を開始さ
せる。この運転モードにおいては、図14に示すよう
に、換気ファン12の通風作動によって、浴室A内の空
気が吸気部2や吹出し口3等を通して吸気されると共
に、脱衣室B内の空気が吸気部6及び吸気ダクト7を通
して吸気され、排気ダクト11を通して外部に排気さ
れ、各部屋が換気される。換気ファン12は、通風能力
(回転数)が強弱2段階に切り換え自在に設けられ、初
回の操作においては「強」に設定され、換気スイッチ3
5を再度操作すると、「弱」に設定される。その後、換
気スイッチ35が再度操作されるか又は前記設定時間が
経過すると、換気ファン12の運転を停止させ、モード
表示ランプ及びタイマー表示部39を消灯させる。
【0048】(涼風運転モード)この運転モードは、例
えば夏場の入浴時等に通風循環させて涼風感覚を得るた
めに用いられる。涼風スイッチ33が操作されると、モ
ード表示ランプ33aを点灯させると共に、タイマー表
示部39を点灯させる。このとき、使用者によってタイ
マー設定スイッチ38で任意の設定時間が設定される。
そして、浴室用循環ファン1の作動を開始させる。この
運転モードにおいては、浴室用循環ファン1の通風作動
によって、浴室A内の空気が浴室用循環路L1を通して
循環通風され、加熱されることなく吹き出し口3から吹
き出される。その後、涼風スイッチ33が再度操作され
るか又は前記設定時間が経過すると、浴室用循環ファン
1の運転を停止させ、モード表示ランプ33a及びタイ
マー表示部39を消灯させる。
【0049】(脱衣室暖房運転モード) 脱衣室暖房スイッチ36が操作されると、モード表示ラ
ンプ(赤色)36aを点灯させる。そして、外部熱源機
Gの運転を開始させ、且つ、熱動弁28を開弁させて脱
衣室用熱交換器10に温水を供給させる。又、脱衣室用
循環ファン5を運転開始させて、脱衣室Bの暖房運転を
開始する。この運転モードにおいては、図15に示すよ
うに、脱衣室用循環ファン5の通風作動によって、脱衣
室B内の空気が吸気部6を通して吸気され、脱衣室用循
環路L2に沿って案内され、吹き出し部9から脱衣室B
内に吹き出されるように循環通風されるが、脱衣室用循
環路L2に備えられた脱衣室用熱交換器10によって通
流する空気が加熱されることで、脱衣室B内が暖房され
ることになる。尚、このとき、前記シャッター部材13
が設けられる箇所は負圧になるので、シャッター部材1
3は閉じ状態が維持され、浴室A側の湿気が流入するこ
とはない。その後、脱衣室暖房スイッチ36が再度操作
されるか、又は、予め設定された所定時間(12時間)
が経過すると、外部熱源機G、脱衣室用循環ファン5の
運転を停止させ、熱動弁28を閉弁させて暖房運転を停
止させ、モード表示ランプ36aを消灯させる。
【0050】この運転モードにおいては、入タイマース
イッチ37によりタイマー運転を設定することができ
る。このタイマー運転は、設定時間が経過した後に運転
を自動で開始させるためのものであり、次に、このタイ
マー運転について説明する。
【0051】入タイマースイッチ37が操作されると、
タイマー表示部39が点滅表示する。ここで、使用者が
タイマー設定スイッチ38を操作することでタイマー作
動時間(現在から運転開始するまでの経過時間)が設定
される。入タイマースイッチ37が操作されてから30
秒間経過するまでに、脱衣室暖房スイッチ36が操作さ
れると、モード表示ランプ(緑色)36bを点灯させて
タイマー運転が設定されていることを表示すると共に、
計時を開始させる。尚、タイマー表示部39はその後、
約2秒間経過すると消灯する。入タイマースイッチ37
が操作されてから30秒間経過するまでに、脱衣室暖房
スイッチ36が操作されなければ、初期待機状態に戻
る。設定時間の計時が終了すると、モード表示ランプ
(緑色)36bが消灯し、モード表示ランプ(赤色)3
6aが点灯して、上述したような脱衣室暖房運転を開始
させる。その後、運転を開始してから3時間が経過する
と自動的に脱衣室暖房運転を停止させ、モード表示ラン
プ(赤色)36aを消灯させる。又、脱衣室暖房運転中
に、脱衣室暖房スイッチ36が操作されると、計時時間
にかかわらず運転を停止させる。
【0052】上記タイマー運転が設定されているとき
(緑色モード表示ランプ36bが点灯している状態)に
おいては、上記各運転モードでの運転を実行することが
可能であるが、上記各運転モードのうち〔乾燥〕、〔換
気〕、〔涼風〕の各モードのいずれかの運転が実行され
ているときに、計時が終了して、脱衣室暖房運転が自動
開始されると、〔乾燥〕、〔換気〕、〔涼風〕の各モー
ドにおける運転は強制的に停止されるようになってい
る。但し、〔浴室暖房運転〕はそのまま継続できる。そ
して、〔乾燥〕、〔換気〕、〔涼風〕、〔浴室暖房運
転〕のいずれかの運転が実行されているときに、入タイ
マースイッチ37による脱衣室暖房のタイマー運転の設
定動作を行えるように構成されている。
【0053】(浴室脱衣室同時暖房)浴室暖房スイッチ
34と脱衣室暖房スイッチ36とが夫々操作されると、
図1に示すように、上述したような、浴室暖房運転と脱
衣室暖房運転とが並行して実行されることになる。
【0054】〔別実施形態〕 (1)上記実施形態では、前記脱衣室用熱交換器10
が、ケーシング17内において空気流入方向に対して、
その長手方向が交差する方向に沿って横置き状態で設置
される構成としたが、次のように構成してもよい。図1
7、図18に示すように、前記ケーシング17が、横一
側面が開放された略矩形箱状に設けられ、脱衣室用熱交
換器10が、このケーシング17の内部空間を仕切る状
態で、ケーシング17内部に配置されている。開放され
ている横一側面が2分割されることにより、脱衣室用循
環路L2用の左右一対の開口19a,20aが形成され
るようになっている。又、筐体14には、前記各開口1
9a,20aの中央位置の下方側に位置する状態で換気
用の開口21aが形成され、図17に示すように、ファ
ンボックス18には、上下反転させた夫々の状態におい
て前記開口19a,20aに接続される接続口22a,
23a,24a,25a並びに換気用開口21aに接続
される換気用接続口26aが形成される構成としてもよ
い。
【0055】このように構成すると、熱交換器10に対
する空気流動方向は変化することになるが、ケーシング
内における空気が流動しない無駄なスペースがなく、コ
ンパクトを図ることができる。
【0056】(2)上記実施形態では、前記ファンボッ
クス内に、脱衣室用循環ファンと共に換気用ファンが収
納される構成としたが、このような構成に代えて、この
換気用ファンが、ファンボックスに対して別途付設され
る構成としてもよい。
【0057】(3)上記実施形態では、換気用出口21
が前記接続面の中央に位置するように設けられたが、こ
のような構成に代えて、いずれかの方向に偏芯した箇所
に設けて、ファンボックス18が上下反転された夫々の
姿勢で、この出口に接続されるような一対の換気用接続
口を形成する構成としてもよい。あるいは、ファンボッ
クス側の換気用接続口を中心から偏芯した箇所に1個形
成し、装置本体部に前記各姿勢に対応する2個の換気用
出口を形成する構成としてもよい。
【0058】(4)上記実施形態では、前記ファンボッ
クスに換気ダクトも接続される構成としたが、この換気
ダクトは別途、装置本体部に接続される構成としてもよ
い。
【0059】(5)上記実施形態では、浴室用熱交換器
4、脱衣室用熱交換器10及び熱動弁28の夫々が直列
状態で温水供給路29に設けられる構成としたが、この
ような構成に代えて、浴室用熱交換器4と脱衣室用熱交
換器10が、温水供給路29に並列状態で備えられ、熱
動弁にて温水の供給を断続させる構成としてもよい。こ
の場合、熱動弁は、温水供給路に設けて、各熱交換器へ
の温水供給を同時に断続させる構成であってもよく、各
熱交換器に対して各別に熱動弁を設けて、各別に温水の
断続を行う構成としてもよい。
【0060】(6)上記実施形態では、浴室暖房運転と
脱衣室暖房運転とを各別に指令することができる構成と
したが、指令手段の指令に基づいて、浴室と脱衣室とを
常に同時に暖房させるような制御形態としてもよい。
又、上記実施形態では、脱衣室の暖房運転を実行してい
るときに、換気運転を実行できない構成としたが、脱衣
室の暖房運転と換気ファンによる換気運転とを同時に実
行して、脱衣室の乾燥運転を実行するように制御する構
成としてもよい。
【0061】(7)上記実施形態では、暖房機を、浴室
の天井部に設置する構成としたが、このような構成に代
えて、浴室の横壁の外側等に設置する構成としてもよ
い。このように脱衣室側に設けられるときは、浴室用循
環路が、ダクトを通して循環通風される形態となる。
【0062】(8)上記実施形態では、浴室と異なる別
室として脱衣室を例示したが、脱衣室に限らず、例え
ば、居間や、その他の部屋であってもよい。
【0063】尚、特許請求の範囲の項に図面との対照を
容易にするために符号を記すが、該記入により本発明は
添付図面の構成に限定されるものではない。
【図面の簡単な説明】
【図1】概略構成図
【図2】正面図
【図3】底面図
【図4】側面図
【図5】設置状態を示す側面図
【図6】リモコン操作部の正面図
【図7】ファンボックスの斜視図
【図8】シャッター部材の斜視図
【図9】接続部を示す斜視図
【図10】上下反転状態を示す平面図
【図11】反転状態での設置状態を示す図
【図12】浴室暖房運転時の通風状態を示す図
【図13】乾燥運転時の通風状態を示す図
【図14】換気運転時の通風状態を示す図
【図15】脱衣室暖房運転時の通風状態を示す図
【図16】設置状態を示す斜視図
【図17】別実施形態の脱衣室用熱交換器の配置状態を
示す平面図
【図18】別実施形態のファンボックスの斜視図
【符号の説明】
1 浴室用循環ファン 4 浴室用熱交換器 5 別室用循環ファン 7 吸気ダクト 8 給気ダクト 10 別室用熱交換器 12 換気用ファン 18 風路形成部 20R,20L,21 出口 22,23,24,25 接続口 40,41 接続面 A 浴室 B 別室 G 外部熱源機 L3 往用通路部分 L4,L5 復用通路部分 SH 装置本体部
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 水馬 義輝 大阪府大阪市中央区平野町四丁目1番2 号 大阪瓦斯株式会社内 (72)発明者 森本 和幸 大阪府大阪市港区南市岡1丁目1番52号 株式会社ハーマン内 (72)発明者 木村 格 大阪府大阪市港区南市岡1丁目1番52号 株式会社ハーマン内 (56)参考文献 特開 平4−317696(JP,A) (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) F24D 5/02 F24D 15/00 F26B 9/02

Claims (6)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 浴室(A)に対する浴室用熱交換器
    (4)と、前記浴室(A)とは異なる別室(B)に対す
    る別室用熱交換器(10)とが、外部熱源機(G)から
    熱媒が供給される状態で装置本体部(SH)に収納さ
    れ、 その装置本体部(SH)には、浴室内の空気を浴室用熱
    交換器(4)を通して循環通風する浴室用循環ファン
    (1)が装備され、 別室内の空気を前記別室用熱交換器(10)を通して循
    環通風する別室用循環ファン(5)を収納する風路形成
    部(18)が、前記装置本体部(SH)に接続された状
    態において、前記別室用熱交換器(10)と前記別室用
    循環ファン(5)とを連通する別室暖房用通路を形成す
    るように設けられ 前記風路形成部(18)における前記装置本体部(S
    H)との接続面(41)と交差する横側面に、前記別室
    (B)と前記風路形成部(18)とを連通する吸気ダク
    ト(7)及び給気ダクト(8)の各々に対する吸気ダク
    ト用接続口(23),(25)及び給気ダクト用接続口
    (22),(24)が形成され、 前記風路形成部(18)が、上下反転させた夫々の姿勢
    で前記装置本体部(SH)に接続自在に構成されている
    別室暖房機能付き浴室暖房機。
  2. 【請求項2】 前記風路形成部(18)が、前記浴室内
    の空気を外部に排気する換気用ファン(12)を収納す
    る状態で、且つ、前記浴室(A)と前記換気用ファン
    (12)とを連通する状態で形成するように設けられて
    いる請求項1記載の別室暖房機能付き浴室暖房機。
  3. 【請求項3】 前記装置本体部(SH)に、前記換気用
    通路を形成する本体側通路が形成されている請求項1又
    は2記載の別室暖房機能付き浴室暖房機。
  4. 【請求項4】 前記装置本体部(SH)に、前記別室暖
    房用通路を形成する本体側通路として、前記風路形成部
    (18)の吸気ダクト用接続口(23),(25)から
    前記別室用熱交換器(10)に空気を案内する単一の往
    用通路部分(L3)と、前記別室用熱交換器(10)か
    ら前記風路形成部(18)の給気ダクト用接続口(2
    2),(24)に空気を案内する一対の復用通路部分
    (L4),(L5)とが形成され、 前記風路形成部(18)を上下反転させた夫々の姿勢
    で、前記吸気ダクト用接続口(23),(25)が前記
    往用通路部分(L3)に接続され、且つ、前記風路形成
    部(18)を上下反転させた姿勢の夫々で、前記給気ダ
    クト用接続口(22),(24)が一対の復用通路部分
    (L4),(L5)のうちの一つに接続されるように構
    成されている請求項2又は3記載の別室暖房機能付き浴
    室暖房機。
  5. 【請求項5】 前記浴室用熱交換器(4)の上方側に前
    記別室用熱交換器(10)を位置させる状態で、それら
    熱交換器(4),(10)が前記装置本体部(SH)に
    装備され、 前記装置本体部(SH)における前記風路形成部(1
    8)の接続面(40)の中央部に、前記換気用通路を形
    成する本体側通路の出口(21)が形成され、前記風路
    形成部(18)の接続面(41)の上方側部に、前記往
    用通路部分(L3)の入口(19)及び前記一対の復用
    通路部分(L4),(L5)の一対の出口(20R),
    (20L)が形成されている請求項2、3又は4記載の
    別室暖房機能付き浴室暖房機。
  6. 【請求項6】 前記風路形成部(18)に、前記吸気ダ
    クト用接続口(23),(25)と前記換気用ファン
    (12)とを連通する別室換気用の通路部分が形成され
    ている請求項1、2、3、4又は5記載の別室暖房機能
    付き浴室暖房機。
JP6957796A 1996-03-26 1996-03-26 別室暖房機能付き浴室暖房機 Expired - Lifetime JP2999960B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6957796A JP2999960B2 (ja) 1996-03-26 1996-03-26 別室暖房機能付き浴室暖房機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6957796A JP2999960B2 (ja) 1996-03-26 1996-03-26 別室暖房機能付き浴室暖房機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH09257261A JPH09257261A (ja) 1997-09-30
JP2999960B2 true JP2999960B2 (ja) 2000-01-17

Family

ID=13406800

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP6957796A Expired - Lifetime JP2999960B2 (ja) 1996-03-26 1996-03-26 別室暖房機能付き浴室暖房機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2999960B2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN100424423C (zh) * 2006-07-19 2008-10-08 刘勇 室内外空气双循环净化采暖装置

Also Published As

Publication number Publication date
JPH09257261A (ja) 1997-09-30

Similar Documents

Publication Publication Date Title
TWI507588B (zh) Bathroom dryer
JP4372698B2 (ja) 天井埋込型の熱交換換気装置
JP2999960B2 (ja) 別室暖房機能付き浴室暖房機
JP3959181B2 (ja) 熱交換換気システム
JP2002005487A (ja) 換気装置
JP2933528B2 (ja) 多室換気機能付き浴室暖房乾燥機
JP3126915B2 (ja) 換気装置
JP3959182B2 (ja) 熱交換換気システム
JP2922841B2 (ja) 暖房装置
JP2933526B2 (ja) 別室暖房機能付き浴室暖房機
JP2933527B2 (ja) 浴室暖房乾燥機
JP3129996B2 (ja) 他室暖房機能付き浴室暖房装置
JP2933529B2 (ja) 別室暖房機能付き浴室暖房乾燥機
JP4463704B2 (ja) ダンパ装置及びダンパ装置を備えた熱交換換気装置
JP2001108271A (ja) 換気装置、それを用いた空調換気システム及び建物
JP2006046685A (ja) 浴室空調装置
JP2002089921A (ja) 換気装置
JPH09243127A (ja) 多室換気機能付き浴室暖房乾燥機
JP3129993B2 (ja) 他室暖房機能付き浴室暖房装置
JPH1073299A (ja) 多室換気機能付き浴室暖房乾燥機
JP3394061B2 (ja) 空調用室内ユニット装置
JP2002081681A (ja) 2室空調装置
JP2002081680A (ja) 2室空調機
JPH11281071A (ja) 暖房装置
JP3784150B2 (ja) 暖房装置

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20071105

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081105

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091105

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101105

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111105

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111105

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121105

Year of fee payment: 13

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131105

Year of fee payment: 14

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

EXPY Cancellation because of completion of term