JP2868099B2 - 竪型粉砕機 - Google Patents

竪型粉砕機

Info

Publication number
JP2868099B2
JP2868099B2 JP17347991A JP17347991A JP2868099B2 JP 2868099 B2 JP2868099 B2 JP 2868099B2 JP 17347991 A JP17347991 A JP 17347991A JP 17347991 A JP17347991 A JP 17347991A JP 2868099 B2 JP2868099 B2 JP 2868099B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
gas
annular space
blade
rotary table
space passage
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP17347991A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH04317749A (ja
Inventor
忠之 古閑
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Ube Corp
Original Assignee
Ube Industries Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Ube Industries Ltd filed Critical Ube Industries Ltd
Priority to JP17347991A priority Critical patent/JP2868099B2/ja
Publication of JPH04317749A publication Critical patent/JPH04317749A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2868099B2 publication Critical patent/JP2868099B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は,回転テーブルと粉砕ロ
ーラとの協働により,石灰石や高炉スラグ,セメント原
料などの原料を粉砕する竪型粉砕機に関するものであ
る。
【0002】
【従来の技術】石灰石や高炉スラグ,セメント材料など
の原料を細かく粉砕し粉体とする粉砕機の一種として,
図7に示すように,回転テーブルと粉砕ローラとを備え
た竪型粉砕機1が広く用いられている。この種の粉砕機
は,円筒状ケーシング1Aの下部においてモータ2Aに
より減速機2で駆動されて低速回転する円盤状の回転テ
ーブル3Aと,その上面外周部を円周方向へ等分する箇
所に油圧などで圧接されて従動回転する複数個の粉砕ロ
ーラ4とを備えている。
【0003】粉砕ローラ4はケーシング1Aに軸6によ
って揺動自在に軸支されたアーム5とアーム7を介して
油圧シリンダ9のピストンロッド10に連結されてお
り,油圧シリンダ9を作動させることにより,粉砕ロー
ラ4を回転テーブル3A上に押圧して原料への粉砕圧力
を与えている。3Bは回転テーブル3Aの外周縁に設け
られ原料層圧を調整するダムリング,14は回転テーブ
ル3A周囲のガス吹上用の環状空間通路,15はガス吹
上通路,13は分級羽根13Aにより粉砕された原料を
分級する回転式のセパレータ,16はガスと共に製品を
取り出す排出口,17は原料投入シュートである。30
はアーマリングで,ケーシング内壁を落下する粗粒を回
転テーブル3Aへ導き,かつ,環状空間通路14を通過
したガスの流れ方向を内向きに変えるためのものであ
る。
【0004】このような竪型粉砕機において,回転テー
ブル3Aの中央部へ原料投入シュート17で供給された
原料は,回転テーブル3Aの回転によりテーブル半径方
向の遠心力を受けて回転テーブル3A上を滑るときに回
転テーブル3Aにより回転方向の力を受け,回転テーブ
ル3Aとの間で滑って回転テーブル3Aの回転数よりい
くらか遅い回転を行なう。以上2つの力,すなわち,半
径方向と回転方向の力とが合成され,原料は回転テーブ
ル3A上を渦巻状の軌跡を描いて回転テーブル3Aの外
周部へ移動する。この外周部には,ローラが圧接されて
回転しているので,渦巻線を描いた原料は粉砕ローラ4
と回転テーブル3Aとの間へローラ軸方向とある角度を
なす方向から進入して噛み込まれて粉砕される。
【0005】一方,ケーシング1Aの基部にはガス吹上
通路15によって空気,あるいは熱風などのガスが導か
れており,このガスが回転テーブル3Aの外周面とケー
シングの内周面との間の環状空間通路14から吹き上が
ることにより,粉砕された微粉体はガスに同伴されてケ
ーシング1A内を上昇し,上部に位置するセパレータ1
3の羽根13Aにより分級作用を受け,所定粒度の製品
はガスとともに排出口16から排出され次の工程へ送ら
れる。
【0006】ガス吹上通路15から竪型粉砕機1の下流
に設けた吸引ファンの吸引力により環状空間通路14を
通って上昇する気流は出来るだけ回転テーブル3Aの外
周均等に分配されるのが望ましく,そのため,ガス吹上
通路15への取入口19は出来るだけ多く設けて均等配
置することが望ましい。しかしながら,スペース的な制
約のため対角線上の2個所しか設けられないのが実状で
ある。
【0007】一方,前記環状空間通路14からガスを吹
き上げるための環状空間通路内の構造としては,従来,
ガスを竜巻状(スパイラル)に旋回させながら吹き上げ
るようにした旋回型と,ガスを上方中心部内向きに向か
って円錐状に吹き上げるようにした円錐型とが採用され
ている。図8は旋回型ガス吹上機構を採用した竪型粉砕
機の概略縦断面図であって,環状空間通路14内に複数
個のブレード40が回転テーブルの回転方向に対して上
端が先行する方向に傾斜しており,この傾斜角であるブ
レード立上り角βは被粉砕物の粒度等により30°〜7
0°の間で選択され,等間隔に配列されている。図9は
円錐型ガス吹上構造を採用した竪型粉砕機の概略縦断面
図であって,中くびれ形円筒形状のケーシング1aと回
転テーブル3Aとの間の環状空間通路14内には,複数
個のブレード40が環状空間通路14を等間隔で区画す
るように配設されている。この場合各ブレード40のブ
レード立上り角βは90°であって直立しており,ブレ
ード40の上方には環状に形成されたアーマリング30
が設けられている。このように構成されていることによ
り,隣接するブレード40とブレード40の間を通るガ
スは図9の内外2つの円錐に挟まれて直進して上昇し,
粉砕物を上昇させる。
【0008】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら,このよ
うな従来の旋回型および円錐型のガス吹上構造において
は,次のような難点がある。旋回型においては,回転テ
ーブルより上の領域におけるガスの滞留時間が長く,原
料と供給されたガスとの熱交換が良好に行なわれるとい
う長所があるけれども,ガスの流線が直進でなく旋回流
であるため絶えずベント圧損を消費し,必要風量を吹き
上げるために大量の風量と風圧を有する送風設備となっ
て設備費と動力費が大幅に増大するという問題があっ
た。また,ガスが旋回すると,これとともに上昇旋回す
る粗大粒子が遠心力の作用によりケーシング1Aの内壁
に沿う方向へ飛ばされるので,回転テーブル3A上へ落
下還元されず,再粉砕の機会が減少して粉砕効率を低下
させるばかりでなく,粗大粒子がケーシング1aの内壁
の上下を何度も往復する結果,ミル内圧力損失を増大さ
せるという欠点がある。
【0009】次に,円錐型のものにおいては,吹き上げ
ガスが内外2つの円錐の稜線に沿って直進しながら単調
に減速されるが,円錐の頂部付近では通過断面積が減少
されることにより流速が増大するので,圧力損失が増大
し,大きな送風設備が必要となって設備費や動力費が増
大するという問題があった。
【0010】
【課題を解決するための手段】上に述べた課題を解決す
るために、本発明の竪型粉砕機は、第1の発明において
は、回転テーブルの外周部上面に複数個の回転自在な粉
砕ローラを配置し、原料投入シュートを経由して供給し
た原料を粉砕ローラに所定の粉砕圧力を与えて回転テー
ブル上面と粉砕ローラ周面との間で粉砕し、粉砕後の粉
粒体を回転テーブル外周面とケーシング内周面との間に
配設した環状空間通路より供給された上昇気流に随伴し
て搬送する竪型粉砕機において、該環状空間通路の外周
に接線状にガスが流入する取込口を備え内周面が該環状
空間通路に面して開口する円環状のガスダクトを配設す
るとともに、該環状空間通路内に、該ガスダクトから該
環状空間通路に流入するガスを前記回転テーブルの回転
方向で、かつ、内向きの上昇流れとするブレードを円周
複数個配設し、該取込口は少なくとも該ガスダクトの円
周方向略均等間隔位置に2個所設け、該ガスダクトには
内部にガスダクトに取込口から導入されたガスが該環状
空間通路に設けた該各々のブレードに向けて上昇向きに
流れるように案内板を設けた構成とした。第2の発明に
おいては、前記ブレードを、粉砕機中心を通る放射線と
ガス流線とのなす角度が20°ないし50°となるよう
に傾斜させるとともに、前記ガス流線と水平面とのなす
立上り角度が50°ないし85°となるように傾斜させ
て設けた構成とした。
【0011】
【作用】以上のように構成することにより、円環状のガ
スダクトには該ダクトに円周方向の略均等間隔位置に少
なくとも2個所に接線状に設けたガス取込口からガスが
流入されるため、ガスダクト内にガスが円滑に流入され
ると共にガスダクト内のガスの流れが円周均等化され
る。そして、ガスダクトの内周面は環状空間通路に面し
て開口しており、また、ガスダクト内部には各々のブレ
ードに向けて上昇向きに流れるように案内板が設けられ
ているため、ガスは圧力損失を少なくしてガスダクトか
ら円滑に各々のブレードに均等に流入されるようにな
る。そして、このようにして、円環状のガスダクトから
各ブレードに均等に流入したガスが各々のブレードに案
内されてブレードの斜面に沿って、内向きの上昇流れと
なって進行する結果、回転テーブルから溢流した粗粒お
よび微粉はこの各々のブレードから円周方向均等に上昇
するガス流れに乗って上昇する。そして、ブレード通過
後はガス通過面積の増加に伴い低下するガス速度に応じ
て粒子重力に打ち克って粗大粒子、中間粒子から順に落
下し、製品粒径に近い微粉のみセパレータへ達して分級
作用を受ける。ガスを内向き上昇流れとするためのブレ
ードの偏角の作用により、粗大粒子、中間粒子は回転テ
ーブル上に落下し、従来型の旋回型のように、ケーシン
グ内壁を上下動することなく直ちに粉砕ローラへ噛み込
まれて粉砕され、再度の粉砕機会は旋回型や円錐型より
も増大するとともに、粗大粒子がミル内に滞留する時間
が減少するので圧力損失が減少する。従って、前記ガス
が取込口からガスダクトを介して各ブレードへ向けて円
滑に流されて環状空間通路に円周方向に存在する各ブレ
ードへ均等に流入されることによる圧力損失の減少と相
俟ってミル内の圧力損失の減少が有効にもたらされる。
【0012】
【実施例】以下,図面に基づいて本発明の詳細について
説明する。図1〜図6は本発明の実施例に係り,図1は
ガスダクトの要部縦断面図,図2は図1II−II視の
平面図,図3はブレードの配置を示す概略平面図,図4
は図3IV−IV視の概略側面図,図5はブレードを通
過するガス流線を示す概略平面図,図6は含塵ガスの上
昇軌跡を示す概略斜視図である。
【0013】これらの図において,粉砕機1は,後述す
る回転テーブル3A等の粉砕部全体を収納するケーシン
グ1Aを備えており,このケーシング1Aは,円筒状に
形成されて床面に固定された下部ケーシング1aと,中
央部を上下に接合されたケーシング本体1bと,その上
端に接合された上部ケーシング1cとで一体的に形成さ
れている。下部ケーシング1aの中心部には,モータ付
きの減速機2が配設されていて,その上方へ向かう出力
軸には円盤状に形成された回転テーブル3Aが軸着され
ており,減速機2に駆動されて図1の上から見た時計方
向に回転している。6は下部ケーシング1aの上端面外
周部を円周方向へ4等分する位置にそれぞれ水平状に支
持されたアーム軸であって,各アーム軸6に軸着された
アーム5には,頭截円錐状に形成された粉砕ローラ4が
ローラ軸4aを介して回転自在に支持されており,各粉
砕ローラ4は,回転テーブル3Aの上端外周面に周面を
対接させている。そして,各アーム5はアーム7を介し
て,流体圧シリンダ9等と駆動連結されており,その駆
動で揺動調節されることにより,被粉砕物の供給粒径等
にしたがった粉砕ローラ4と回転テーブル3Aとの間隙
が調節されるように構成されている。
【0014】一方,回転テーブル3Aの中心部上方に
は,円筒形の原料供給管17が,垂直に配設され,図示
しない搬送コンベアで搬送された粉砕原料を回転テーブ
ル3A上へ落下供給できるようになっている。また,原
料供給管17の外周には,可変速電動機およびベルト,
Vプーリを介して垂直軸回りに回転し,円周複数個の分
級羽根13Aを具備したセパレータ13が配設されてい
る。セパレータ13で分級後の含塵ガスは排出口16を
経由して下流の集塵装置へ送られる。
【0015】さらに、回転テーブル3Aの外側のケーシ
ング本体1bの外周に円環状で、接線方向にガスが流入
する複数個(本実施例では円周方向の略均等間隔位置に
2個所)の取込口50aを有するガスダクト50が配設
され、ケーシング本体1bに設けた開口よりケーシング
の環状空間通路14にガスが流入できるようになって
いる。即ち、ガスダクト50の内周面は該開口を通して
環状空間通路14に面している。ガスダクト50の内部
にはガス流れを上昇方向向きとする平板状または曲板状
の案内板52、54が上下に設けられている。そして、
ケーシング本体1bとダムリング3Aとの間の円環状の
空間である環状空間通路14には、図2に示すガス流線
Fのように斜め上方へガスを誘導するためのブレード4
0が円周等間隔に複数個(たとえば36個〜48個)は
配設される。ブレード40の傾きは、図3および図4に
示すように、水平面との立上り角度Ψが50°ないし8
5°となるように設定され、平面図的にはガス流線Fと
粉砕機中心を通る放射線とのなす角(ブレード偏角)φ
が20°ないし50°となるよう傾斜されている。
【0016】以上のように構成された粉砕機の動作を石
灰石の粉砕を例にとって説明する。減速機2とモータ2
Aとを始動して回転テーブル3Aとセパレータ13とを
回転させた後,搬送コンベアにより石灰石を搬送して原
料供給管17へ供給すると,この石灰石は回転テーブル
3Aの中心部へ落下し,回転テーブル3Aの回転と遠心
力で渦巻状の軌跡を描き回転テーブル13の外周部へ向
かって移動する。回転テーブル3Aの外周部では粉砕ロ
ーラ4が回転しているので,移動した石灰石の大部分は
粉砕ローラ4と回転テーブル3Aとの間に噛み込まれ,
圧縮,衝撃,剪断作用により粉砕されて微粉となる。こ
の微粉,および粉砕ローラ4に噛み込まれずに回転テー
ブル3Aのダムリング3Bの周縁から溢流した粗大粒子
と中間粒子とは,環状空間通路14へ落下するが,この
とき,熱風発生装置によりガスダクト50を経て送られ
てきたガスが環状空間通路14からブレード40へ導か
れて吹上がるので,これら微粉や中間粒子等は熱風とと
もに粉砕機内部を直進し上昇する。上昇した微粉や中間
粒子は,セパレータ13の分級羽根13Aに衝突して分
級され,微粉はセパレータ13を通過して排出口16か
ら排出された後,集塵装置等を経て回収される。また,
セパレータ13を通過しなかった中間粒子は,回転テー
ブル3A上に落下還元されて上記粉砕と分級とを繰り返
す。
【0017】このような粉砕動作における熱風と粉砕物
との吹き上げ動作を図3ないし図6でそれぞれ示すガス
および粉粒体の上昇軌跡図に基づいてさらに詳しく説明
する。各図における符号は次の通りである。 R…環状空間通路14の内周壁の半径 R…同じく環状空間通路14の外周壁の半径 R…同じく環状空間通路14の中心の半径 H…環状空間通路14上端からケーシング上端までの
高さ H…同じく環状空間通路14上端からセパレータ13
中心部までの高さ Rt…上記高さHの箇所の半径 Rc…上記高さHの箇所の半径 φ…ブレード偏角,すなわち粉砕機中心とブレード40
の中心を通る放射線とガス流線とのなす角度 ψ…ブレード立上り角,すなわち図4におけるブレード
40の傾斜角 γ…流体拡がり角,すなわちブレード40両端部におけ
るガス吹き上げ方向のなす角度(片側) φ…ブレードひねり角,すなわち図3におけるブレー
ド40とブレード中心を通る放射線とのなす角度
【0018】以上のような符号を付した各図において明
らかなように,本装置においては,ブレード偏角φを2
0°〜50°に設定し,ブレード立上り角ψを50°〜
85°に設定したので,回転テーブル3Aの周縁から,
環状空間通路14へ落下する粉粒体に対してはつぎのよ
うな風力が作用する。すなわち,環状空間通路14のブ
レード40がブレード立上り角ψを有するように傾斜し
ていることにより,ガスは旋回することなく直進し,図
6に示すように環状空間通路14の内周壁の延長面であ
る円錐面と環状空間通路14の外周壁の延長面である円
錐面とで囲まれた空間部内を上昇するが,さらにブレー
ド40がブレード偏角φを有するように傾斜しているこ
とにより,ブレード40に沿って案内されたガスは,図
5の平面図に示すように拡がり角γをもって斜め上方へ
直進することになり,ガスで囲まれた空間部は上記のよ
うな円錐形ではなく,図6に示すような単葉双曲面形に
なる。この結果,熱風とこれで吹き上げられる粉粒体と
は,セパレータ13の分級羽根13Aへ向かって直進す
るとともに,粒子を運搬するガス流速は上昇するにした
がってその流速が初速より急激に単調減速される。した
がってガスとともに上昇する粉粒体は,大粒子のものほ
ど早く回転テーブル3A上へ還元されるとともに,最終
的にはセパレータ13へ到達する入射粒子径が小さくな
る。また,従来の円錐型のようにガスの流速が円錐頂部
において増速されることがなく,さらに粒子同志の衝突
や壁面への粒子の衝突が少ないので,圧力損失が少な
い。
【0019】ここで,ブレード偏角φを20°ないし5
0°に設定した理由について説明する。風量を数種類変
えて実験した場合,φ=20°〜50°の場合が,たと
えばφ=90°とした従来の円錐型のものに比べて被粉
砕物のテーブルへの還元率が良く,ローラ部への還元状
態がきわめて良好で,ブレード圧損および落下限界風量
も考慮して総合的に判断してもφ=20°〜50°の場
合がよい結果を示したので本発明ではφ=20°〜50
°とした。なおφの値を小さくし,φ<20°とすると
ブレード本来の役目が果たせなくなる。
【0020】つぎに,ブレード立上り角ψを50°〜8
5°に設定した理由について説明する。被粉砕物に石灰
石を用い,石灰石の重量と風量を数種類変えて行なった
実験において,ψを50°〜85°とした場合,いずれ
もψ≒70°を中心にして被粉砕物の空中での滞流時間
がψ=90°のものに比べて比較的に短く,また,ブレ
ード部での圧損もψ<50°およびψ>85°のものに
比べて小さかった。また,圧損だけでなく被粉砕物の還
元率や被粉砕物を持上げるのに必要な落下限界風量を考
慮して総合的に判断しても,ψ≒70°を中心にψ=5
0°〜85°の場合が良い結果を示したので,本発明で
はψを50゜〜85°とした。そして,本発明ではφ,
ψ両方の限定による相乗効果により良い結果が得られ,
従来のものに比べてブレード部での圧力損失が約10〜
20%少なくなることが実験的に確認された。
【0021】なお,上記φとψの値は粉砕原料の種類
や,供給粒子径,製品粒度,粉砕機の能力(粉砕量),
粉砕機の風量等によって最適の組合せが採用される。具
体的には粒子密度,供給粒子径,セパレータ入射粒子
径,粉砕機のサイズ,風量等をコンピュータに入力し,
φ,ψをパラメータとして粉砕機内粒子飛跡のシュミレ
ーションを実施し最適組合せを決定する。
【0022】ガスダクト50の取込口50aは,本実施
例では2個としたが,各ブレードへの距離によって流入
するガス量が異なり好ましくないので,スペースが許す
ならばできるだけ多くして(例えば4個)ブレード流入
風量を等しくすることが望ましい。取込口50aを接線
方向に取付けたのは流入ガスが円滑に各ブレードへ流れ
込みやすくするためであり,この結果,従来に比べて圧
力損失を少なくして円滑にブレードへガスを供給するこ
とができる。
【0023】
【発明の効果】以上の説明から明らかなように、本発明
による竪型粉砕機においては、環状空間通路の外周に接
線状にガスが流入する取込口を備え内周面が環状空間通
路に面して開口する円環状のガスダクトを配設するとと
もに、該環状空間通路内に、該ガスダクトから該環状空
間通路に流入するガスを回転テーブルの回転方向で、か
つ、内向きの直進上昇流れとするブレードを円周複数個
配設してガス流線を3次元型にし、該取込口は少なくと
も該ガスダクトの円周方向略均等間隔位置に2個所設
け、該ガスダクトには内部にガスダクトに取込口から導
入されたガスが該環状空間通路に設けた該各々のブレー
ドに向けて上昇向きに流れるように案内板を設けた構成
することにより、円環状のガスダクトには該ダクトに
円周方向の略均等間隔位置に少なくとも2個所に接線状
に設けたガス取込口からガスが流入されるため、ガスダ
クト内にガスが円滑に流入されると共にガスダクト内の
ガスの流れが円周均等化される。そして、ガスダクトの
内周面は環状空間通路に面して開口しており、また、ガ
スダクト内部には各々のブレードに向けて上昇向きに流
れるように案内板が設けられているため、ガスは圧力損
失を少なくしてガスダクトから円滑に各々のブレードに
均等に流入されるようになる。そして、このようにし
て、円環状のガスダクトから各々のブレードに均等に流
入したガスが環状空間通路に位置する各々のブレードに
沿って環状空間通路の円周方向にわたって円滑かつ均等
流れ、これによって吹き上がるガスならびにこれとと
もに上昇する粉粒体は回転テーブル上の粉砕機内部で円
周方向均等な状態で急激に単調減少されながら直進する
ので、粉粒体の奇跡が理想的となって大粒子の回転テー
ブルへの回収率と微少粒子のセパレータへの入射率と
が、従来型の旋回型、円錐型のガス吹上構造を有する粉
砕機に比較して大幅に改善され、また、ガスと粉粒体の
旋回や上昇位置での増速が排除され圧力損失が減少す
る。この圧力損失の減少と、前記ガスが取入口からガス
ダクトを介して各ブレードへ向けて円滑に流されて環状
空間通路に円周方向に存在する各ブレードへ均等に流入
されることによる圧力損失の減少とが相俟ってミル内の
圧力損失の減少が有効にもたらされる。このため、送風
設備の小型化も可能となる。また、テーブル還元率の改
善による粉砕効率の向上が期待できる。また、環状空間
通路の上方におけるケーシング内壁に沿う粗粒の上下動
が少なくなるのでアーマリングやケーシングの摩耗が軽
減される。また、第2の発明ではブレード偏角を20°
ないし50°、ブレード立上り角を50°ないし85°
となるように形成したことによってガス流線をさらに圧
力損失の少ないものにすることができるほか、テーブル
還元率が向上する。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の竪型粉砕機の実施例に係るガスダクト
の要部縦断面図である。
【図2】本発明の竪型粉砕機の実施例に係る図1II−
II視の平面図である。
【図3】本発明の竪型粉砕機の実施例に係るブレードの
配置を示す概略平面図である。
【図4】本発明の竪型粉砕機の実施例に係る図3IV−
IV視の概略側面図である。
【図5】本発明の竪型粉砕機のブレードを通過するガス
流線を示す概略平面図である。
【図6】本発明の竪型粉砕機の含塵ガスの上昇軌跡を示
す概略斜視図である。
【図7】従来の竪型粉砕機の全体縦断面図である。
【図8】従来の旋回型ブレードを備えた竪型粉砕機の概
略縦断面図である。
【図9】従来の円錐型ブレードを備えた竪型粉砕機の概
略縦断面図である。
【符号の説明】
1 竪型粉砕機 1A ケーシング 3A 回転テーブル 3B ダムリング 4 粉砕ローラ 13 セパレータ 14 環状空間通路 15 熱風吹上通路 16 排出口 17 原料供給管(原料投入シュート) 30 アーマリング 40 ブレード 50 ガスダクト 50a 取込口 52 案内板 54 案内板 φ ブレード偏角 φ ブレードひねり角 ψ ブレード立上り角 γ 流体拡がり角

Claims (2)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 回転テーブルの外周部上面に複数個の回
    転自在な粉砕ローラを配置し、原料投入シュートを経由
    して供給した原料を粉砕ローラに所定の粉砕圧力を与え
    て回転テーブル上面と粉砕ローラ周面との間で粉砕し、
    粉砕後の粉粒体を回転テーブル外周面とケーシング内周
    面との間に配設した環状空間通路より供給された上昇気
    流に随伴して搬送する竪型粉砕機において、該環状空間
    通路の外周に接線状にガスが流入する取込口を備え内周
    面が該環状空間通路に面して開口する円環状のガスダク
    トを配設するとともに、該環状空間通路内に、該ガスダ
    クトから該環状空間通路に流入するガスを前記回転テー
    ブルの回転方向で、かつ、内向きの上昇流れとするブレ
    ードを円周複数個配設し、該取込口は少なくとも該ガス
    ダクトの円周方向略均等間隔位置に2個所設け、該ガス
    ダクトには内部にガスダクトに取込口から導入されたガ
    スが該環状空間通路に設けた該各々のブレードに向けて
    上昇向きに流れるように案内板を設けたことを特徴とす
    る竪型粉砕機。
  2. 【請求項2】 ブレードを、粉砕機中心を通る放射線と
    ガス流線とのなす角度が20°ないし50°となるよう
    に傾斜させるとともに、前記ガス流線と水平面とのなす
    立上り角度が50°ないし85°となるように傾斜させ
    て設けたことを特徴とする請求項1の竪型粉砕機。
JP17347991A 1991-04-16 1991-04-16 竪型粉砕機 Expired - Lifetime JP2868099B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP17347991A JP2868099B2 (ja) 1991-04-16 1991-04-16 竪型粉砕機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP17347991A JP2868099B2 (ja) 1991-04-16 1991-04-16 竪型粉砕機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH04317749A JPH04317749A (ja) 1992-11-09
JP2868099B2 true JP2868099B2 (ja) 1999-03-10

Family

ID=15961260

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP17347991A Expired - Lifetime JP2868099B2 (ja) 1991-04-16 1991-04-16 竪型粉砕機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2868099B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012115738A (ja) * 2010-11-30 2012-06-21 Ihi Corp バイオマスミル

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6176027B2 (ja) * 2013-09-26 2017-08-09 宇部興産機械株式会社 竪型粉砕機

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012115738A (ja) * 2010-11-30 2012-06-21 Ihi Corp バイオマスミル

Also Published As

Publication number Publication date
JPH04317749A (ja) 1992-11-09

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH07163895A (ja) 異なる粒度の材料を破砕するための方法および装置
JP5177610B2 (ja) セメントクリンカの粉砕設備
JP2792576B2 (ja) 竪型粉砕機
JP2868099B2 (ja) 竪型粉砕機
JP2823099B2 (ja) 微粉砕設備
JPH06100422B2 (ja) 湿潤原料の乾燥粉砕装置
JPS641182B2 (ja)
JP2742066B2 (ja) 回転分級式微粉砕機
JP2000210587A (ja) 粉砕装置
JP2704477B2 (ja) 竪型粉砕機
JP6729066B2 (ja) 竪型粉砕機
JPS6211902B2 (ja)
JP2650672B2 (ja) 材料分離器装置
JP2839117B2 (ja) 竪型粉砕機
JPH0257989B2 (ja)
JPH11276920A (ja) 竪型ミルによる粒状原料の粉砕・分級方法および装置
JPH0788389A (ja) 粉砕設備
JPH0557205A (ja) 竪型粉砕機
JPH11347430A (ja) 粉砕装置
JP2018001055A (ja) 竪型粉砕機
JPS6327984B2 (ja)
JPH0551484U (ja) 三方向分級機
JP2739750B2 (ja) 竪型粉砕機
JP2730656B2 (ja) 竪型粉砕機
JP2001300333A (ja) 竪型ローラミル