JPS641182B2 - - Google Patents

Info

Publication number
JPS641182B2
JPS641182B2 JP15885782A JP15885782A JPS641182B2 JP S641182 B2 JPS641182 B2 JP S641182B2 JP 15885782 A JP15885782 A JP 15885782A JP 15885782 A JP15885782 A JP 15885782A JP S641182 B2 JPS641182 B2 JP S641182B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
casing
plate
fluid
vortex
rotating
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired
Application number
JP15885782A
Other languages
English (en)
Other versions
JPS5949855A (ja
Inventor
Masaaki Mitsusaka
Takeshi Furukawa
Eiichi Konuma
Hiroshi Obana
Kyosuke Fukuyama
Toshuki Tanaka
Hiroyuki Murata
Katsuhiko Shimojima
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Kobe Steel Ltd
Original Assignee
Kobe Steel Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kobe Steel Ltd filed Critical Kobe Steel Ltd
Priority to JP15885782A priority Critical patent/JPS5949855A/ja
Priority to US06/529,687 priority patent/US4597537A/en
Publication of JPS5949855A publication Critical patent/JPS5949855A/ja
Publication of JPS641182B2 publication Critical patent/JPS641182B2/ja
Granted legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Disintegrating Or Milling (AREA)
  • Crushing And Grinding (AREA)

Description

【発明の詳細な説明】 [産業上の利用分野] この発明は分級装置を備えた竪型ミルに関する
ものである。
[従来の技術] セメント原料や石炭等を粉砕する竪型ミルにお
いて、ローラ等の粉砕部で粉砕した粉砕物を所望
の粒度または粉末度に分級して取り出すために
は、従来一般には例えば添付図面の第1図に示さ
れるような竪型ミルが用いられている。この第1
図に示されるような竪型ミル1は、直立円筒状の
ケーシング2の内底部に設けられた粉砕部3によ
つて粉砕された粉砕物を熱ガス等の流体と一緒に
ケーシング2の上部へ移送するようになつてい
る。ケーシング2の上部には、ケーシング2の内
部に垂下された回転竪軸8と、この回転竪軸8に
軸装された羽根30とから成る分級装置6が設け
られており、移送された粉砕物と熱ガス等はこの
分級装置6を通つて細粉取出管7に送られる。分
級装置6において粉砕物中の粗粉は、回転してい
る羽根30により分級されて遠心方向に導かれ
る。
しかし、このように構成されている従来の竪型
ミル1においては、粗粉が、粉砕部3から分級装
置6に運ばれてくる粋砕物と合流し、分級装置6
内に再度送り込まれ、粉砕部3に戻されないこと
がある。従つて、粗粉が再粉砕されないために、
竪型ミルは、分級効率および粉砕効率の低下をま
ねく等の欠点がみられた。
そこで、このような欠点を除去するために、第
2図および第3図に示されるように、渦流による
流体抵抗と遠心力との2つの力によつて粉砕物を
分級する分級装置6をケーシング2の上部に設
け、且つ、この分級装置6と粉砕部3をロート状
の内部コーン14によつて仕切つた竪型ミル1を
考えた。この分級装置6は、回転竪軸8に軸装さ
れた回転板9と、回転板9の外周に設けられた流
体の導入口10と、該流体を分級室11に導くガ
イドベーン12とから主に構成され、粉砕部3か
らの流体を、ガイドベーン12を介して渦流とす
ると共に、回転板9の回転によつて、流体に含ま
れている粉砕物41に遠心力を与えるようになつ
ている。この分級装置6によつて分級された粗粉
42はガイドベーン12の内側に沿つて内部コー
ン14に落下し、移送中の粉砕物41に合流する
ことなく、確実に粉砕部3に戻されるので、分級
効率と粉砕効率が向上する。
尚、ガイドベーン12は、第3図に示されるよ
うに、回転板9と同心円周上に等間隔に多数設け
られ、ケーシング2の上部のレバー13によりそ
の角度を自由に調節することができ、理想的な渦
流の形成を助けている。
[発明が解決しようとする問題点] 上述したように改良された竪型ミル1であつて
も、竪型ミル1が大型化された場合、分級室11
において理想的な水平渦流を発生させることは困
難となり、そのため、分級が不完全となる問題が
ある。
また、竪型ミル1のケーシング2の構造上、流
体が粉砕部3から上部の分級装置6に旋回しなが
ら流れるので、分級装置6のみで完全に理想的な
水平な渦流を発生させることは困難であり、しか
も、分級装置6はガイドベーン12によつて積極
的に渦流を形成するようにしているため、上昇流
の旋回を助長し、この旋回により、圧力損失が増
大してしまう。更にまた、サイクロン効果により
粉砕物42が竪型ミル1のケーシング2の内壁に
沿つて落下し、上昇流によつて再度吹き上げられ
るという繰り返しを生じ、粉砕効率が低下する、
という問題点があつた。
この発明の主目的は、分級装置の分級室内の渦
流が分級に理想的なものとなるようにした竪型ミ
ルを提供することにある。
[問題点を解決するための手段] この発明による竪型ミルは、ケーシングの内径
を回転板と対応する概略水平位置から該ケーシン
グの頂部にかけて縮小し、且つ、ケーシングと内
部コーンとの間に、複数枚の下部整流板を垂直に
設けると共に、各下部整流板の上端から一定の角
度をもつて渦流の旋回方向に傾斜された上部整流
板を設けたことを特徴としている。
[作 用] このような構成の竪型ミルにおいては、粉砕部
からの流体は、下部整流板により旋回が抑制さ
れ、また、上部整流板とケーシングの内壁によ
り、迅速に且つ円滑に水平な渦流に変換され、分
級装置に送られるようになつている。
この発明の他の目的や特徴および利点は以下の
添付図面に沿つての詳細な説明から明らかになろ
う。
[実施例] 第8図にはこの発明に従つた竪型ミルの一実施
例が示されており、先に説明した従来構成と同一
または相当部分には同一符号が付けられている。
第8図において、竪型ミル1の粉砕部3は、ケ
ーシング2の下端開口部に水平に回転駆動するよ
うに設けられた回転テーブル3aと、回転テーブ
ル3aの上面と接し転動するように設けられた複
数個の転動鎮圧ローラ(以下、ローラと略称す
る)3bとから成つている。ローラ3bは内側に
傾斜して配置されており、ケーシング2を貫通し
て固着されている原料供給シユート5から回転テ
ーブル3aのほぼ中央部に投入される原料40を
回転テーブル3aとローラ3bとの相対運動によ
り粉砕し、粉砕された粉砕物41を回転テーブル
3aの遠心力によつて径方向に飛散させるように
構成されている。
ケーシング2の内壁と回転テーブル3aの外周
面との間には〓間3cが形成されており、この〓
間3cから熱ガス等の流体を噴出させ粉砕物41
をケーシング2内の上方に流体移送させるように
なつている。
ケーシング2の上部には分級装置6が設けられ
ており、この分級装置6は、第2図に示されたも
のと同様に、ケーシング2の頂部中央部に取り付
けられた細粉取出管7を貫いてケーシング2のほ
ぼ中央に設けられた回転竪軸8と、回転竪軸8に
軸装された分散と分級を兼ねる回転板9と、回転
板9の外周に設けられた粉砕物41を含む流体の
導入口10と、この流体を分級室11に導くガイ
ドベーン12とを備えている。回転板9はなだら
かな傾斜面で、円滑な分散と分級が行われると共
に、分級後の細粉43の堆積防止が図られてい
る。
導入口10は、後述するロート状の内部コーン
14の上端板15が回転板9の下面とほぼ同一平
面上に設けられることによつて形成される。内部
コーン14はケーシング2の内部を二重管構造に
して、外側に、粉砕部3から導入口10へ流れる
粉砕物流路を、内側に、分級された粗粉42の転
落路を形成する。また、内部コーン14の下端開
口部は回転テーブル3aの中央部の垂直上方に配
置されている。
この発明によれば、ケーシング2の内径は、内
部コーン14の概略中間部から回転板9と対応す
る概略水平位置にかけて漸次拡開し、そこからケ
ーシング2の頂部までは漸次縮小している。
また、内部コーン14とケーシング2の内壁と
の間の粉砕物流路には、複数枚の整流板が設けら
れている。各整流板は、垂直に取り付けられた下
部整流板20と、この下部整流板20の上端から
所定の角度で延びる上部整流板21とにより構成
されている。下部整流板20と上部整流板21の
機能は、後に詳細に説明するが、前者は上昇流の
旋回を防止し、後者は分級に必要な渦流を迅速に
形成するためのものである。
以上のように構成されているこの発明の竪型ミ
ル1において、まず、細粉取出管7に排風機や製
品捕集機等の製粉ライン(図示しない)を接続
し、この製品ラインを始動させてケーシング2内
を負圧にすると共に、ケーシング2と回転テーブ
ル3aとの〓間3cから空気、冷却空気、熱ガス
等の流体を噴出させる。次いで、駆動装置(図示
しない)の駆動により回転竪軸8及び回転板9を
一体に回転させると同時に、粉砕部3における回
転テーブル3aおよびローラ3bを回転させて竪
型ミル1の操業を開始する。原料供給シユートを
介して回転テーブル3aの上面に原料40を供給
すると、原料40は回転テーブル3aとローラ3
bとの間で粒体または粉末に粉砕され、回転テー
ブル3aの遠心力によつて外周方向に飛散され
る。
この粉砕物41は〓間3cから噴出している流
体により吹き上げられ、ケーシング2の内壁に沿
う粉砕物流路を通つて上方の導入口10に向かつ
て流体移送される。この際、上昇流体は下部整流
板20の存在によつて旋回が抑えられ、ほぼ垂直
に上昇する。従つて、サイクロン効果が殆ど生じ
ないので、粉砕物41は確実に流体移送されるこ
ととなる。次いで、流体は上部整流板21によつ
て、渦流の旋回方向と同方向に向けられ、更に、
ケーシング2の内壁の内向きの傾斜によつて、迅
速に且つ円滑に、ほぼ水平の流れに変えられる。
この水平の流れは、ガイドベーン12によつて調
整され、縦方向に殆ど変位変動のない渦流となつ
て分級室11内に流れ込む。
ここで、整流板が上部整流板21のみから成る
と仮定すると、粉砕部3からの流体を整流板の傾
斜に沿つた流れとするためには、非常に多くの整
流板を設けなければならず、結局、圧力損失が増
大してしまうことになる。また、整流板が下部整
流板20のみから成るとすれば、ガイドベーン1
2で急激に渦流に変えられるので、圧力損失が増
すことは勿論、分級室11内の渦流に乱れが生じ
ることになる。更に、分級装置6の回りのケーシ
ング2が垂直上方に延びているとすれば、渦流に
縦方向分速度が残り、分級には不適なものとな
る。従つて、垂直な下部整流板20、一定の角度
がつけられた上部整流板21およびケーシング2
の内壁の傾斜、これら3つの要素が互いに共働し
て初めて、理想的な渦流が形成されるのである。
分級室11へ渦を描いて流れ込む粉砕物41を
含んだ流体は、回転板9の回転によつて回転気流
が強化され、外向きの遠心力と内向きの流体抵抗
との相反する2つの力を同時に受ける。これら2
つの力の中にあつて釣合い状態にある粉砕物の径
を分級点と称するとすると、分級点以下の粉砕
物、即ち製品(細粉43)は外向きの遠心力より
内向きの流体抵抗が大きくなり、流体に乗つて中
心方向に移動し、細粉取出管7を通つて製品ライ
ンに導かれる。一方、分級点以上の径を有する粉
砕物、即ち粗粉42は、内向きの流体抵抗より遠
心力が大きくなり、ガイドベーン12の内側に沿
つて流れながらロート状の内部コーン14に落下
する。
このようにして分級された粗粉42は内部コー
ン14の下端開口部から回転テーブル3aの上面
に落下し、再粉砕される。
尚、粉砕部3からの流体の流量が少なく、適当
な流速が得られないような場合には、第2,3,
4図に示されているように、ケーシング2の接線
方向に2次流体取入口16を設け、この2次流体
取入口16から、ダンパ51の制御によつて適量
の空気等を補うようにしても良い。また、内部コ
ーン14を落下する粗粉42に付着している細粉
を取り出すために、ケーシング2を貫通して内部
コーン14に3次流体取入口17を設け、ダンパ
52により適量の空気等を粗粉42に吹き付ける
ことにより、細粉を分級装置6内に戻し、再分級
させることもできる。
更に、第4〜7図に示される如く、回転板9に
複数枚の渦流調整片18を、垂直に且つ周方向等
間隔に固定し、その上端に環状の上部回転板9′
を回転板9と平行に且つ同軸に固定しても良い。
上部回転板9′の内径は細粉取出管7の内径とほ
ぼ同じであり、外径は回転板9の外径とほぼ同じ
である。また、渦流調整片18に、上部回転板
9′と同形の仕切板19を、回転板9と平行に且
つ同軸に取り付け、分級室11を複数室に区切る
ことも好適である。この渦流調整片18は渦流の
乱れを減少させ、仕切板19は、渦流の縦方向分
速度の変位変動の影響を減らす働きを有してい
る。従つて、分級精度をより一層向上させること
ができる。渦流調整片18は、所要分級点、竪型
ミル1の分級装置6の大きさ、回転板9の回転数
等を考慮して、第5図から第7図に示されるよう
に、回転板9上に適当な位置と角度を選んで配置
される。また、仕切板19によつて区切られる分
級室11の数も、分級点と分級精度を考慮して定
められる。
[発明の効果] 以上のように、この発明によれば、整流板とケ
ーシングとが互いに共働して、理想的な渦流を分
級室内に形成すると共に、ケーシングの内壁を上
昇する流体が旋回するのを防止することができ
る。従つて、大型の竪型ミルであつても、粉砕物
は粉砕部から確実に分級装置に移送され、分級装
置では理想的な渦流により分級が効率よく行われ
るので、竪型ミルの分級効率および粉砕効率が飛
躍的に向上する、という効果を奏する。
【図面の簡単な説明】
第1図は従来の竪型ミルの概略説明図、第2図
は従来の改良された竪型ミルの概略説明図、第3
図は第2図のA―A線に沿つての断面図、第4図
は回転板に渦流調整片が取り付けられている竪型
ミルの概略説明図、第5,6,7図は回転板と渦
流調整片の様々な取付状態を示す平面図、第8図
はこの発明に従つた竪型ミルを示す概略説明図で
ある。図中、 1:竪型ミル、2:ケーシング、3:粉砕部、
6:分級装置、7:細粉取出管、8:回転竪軸、
9:回転板、10:導入口、11:分級室、1
2:ガイドベーン、14:内部コーン、20:下
部整流板、21:上部整流板、41:粉砕物、4
2:粗粉、43:細粉。

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 1 (a) ケーシングと、 (b) 該ケーシング内の下部に設けられた粉砕部
    と、 (c) 該ケーシングの頂部中央部に取り付けられた
    細粉取出管と、 (d) 該細粉取出管を貫通して前記ケーシングの中
    心に垂下された回転竪軸と、該回転竪軸に軸装
    された回転板と、該回転板の外周にこれを囲む
    ように形成された導入口と、該導入口に設けら
    れたガイドベーンとを備え、前記粉砕部から前
    記ケーシングの内壁に沿つて上昇される流体を
    前記ガイドベーンにより渦流に変換し、前記回
    転板の回転によつて前記流体に含まれる粉砕物
    の分散と分級を行うようになつている分級装置
    と、 (e) 分級された粗粉を前記粉砕部に落下させるよ
    うに、前記導入口の下側に設けられたロート状
    の内部コーンとを具備している竪型ミルにおい
    て、 前記ケーシングの内径を前記回転板と対応する
    概略水平位置から該ケーシングの頂部にかけて縮
    小し、且つ、前記ケーシングと前記内部コーンと
    の間に、複数枚の下部整流板を垂直に設けると共
    に、前記各下部整流板の上端から一定の角度をも
    つて前記渦流の旋回方向に傾斜された上部整流板
    を設けたことを特徴とする竪型ミル。 2 回転板上に垂直に且つ周方向等間隔に複数枚
    の渦流調整片を固定し、該渦流調整片の上端に前
    記回転板と平行に且つ同軸に環状の上部回転板を
    固定したことを特徴とする特許請求の範囲第1項
    記載の竪型ミル。 3 渦流調整片に環状の仕切板を水平に取り付
    け、分級室を複数に区切つたことを特徴とする特
    許請求の範囲第2項記載の竪型ミル。
JP15885782A 1982-09-14 1982-09-14 竪型ミル Granted JPS5949855A (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP15885782A JPS5949855A (ja) 1982-09-14 1982-09-14 竪型ミル
US06/529,687 US4597537A (en) 1982-09-14 1983-09-06 Vertical mill

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP15885782A JPS5949855A (ja) 1982-09-14 1982-09-14 竪型ミル

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS5949855A JPS5949855A (ja) 1984-03-22
JPS641182B2 true JPS641182B2 (ja) 1989-01-10

Family

ID=15680912

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP15885782A Granted JPS5949855A (ja) 1982-09-14 1982-09-14 竪型ミル

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS5949855A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2021019972A (ja) * 2019-07-30 2021-02-18 サミー株式会社 遊技機

Families Citing this family (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6140144U (ja) * 1984-08-17 1986-03-13 バブコツク日立株式会社 粉砕分級装置
DK176500B1 (da) * 1992-07-28 2008-06-02 Kobe Steel Ltd Fremgangsmåde til styring af en valsemölle
WO2009093346A1 (ja) * 2008-01-24 2009-07-30 Mitsubishi Heavy Industries, Ltd. ローラミル構造
JP2012206046A (ja) * 2011-03-30 2012-10-25 Ihi Corp 竪型ローラミル
JP5760591B2 (ja) * 2011-03-30 2015-08-12 株式会社Ihi 竪型ローラミル
EP2790837B1 (en) * 2011-12-16 2019-06-12 Holcim Technology Ltd. Grinding process and unit, and corresponding production process of a hydraulic binder
CN104772207A (zh) * 2015-01-30 2015-07-15 浙江大学 中速磨煤机风环节流环的导流装置

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5689850A (en) * 1979-12-22 1981-07-21 Ishikawajima Harima Heavy Ind Classifier for vertical mill
JPS5724189A (en) * 1980-07-21 1982-02-08 Nec Corp Scatter control system for automatic exchanger

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2021019972A (ja) * 2019-07-30 2021-02-18 サミー株式会社 遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
JPS5949855A (ja) 1984-03-22

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6902126B2 (en) Hybrid turbine classifier
US7673827B2 (en) Bowl mill for a coal pulverizer with an air mill for primary entry of air
JPH07163895A (ja) 異なる粒度の材料を破砕するための方法および装置
JPS641182B2 (ja)
US7028847B2 (en) High efficiency two-stage dynamic classifier
JP2823099B2 (ja) 微粉砕設備
JP4562871B2 (ja) 分級装置および竪型ミル
JP2742066B2 (ja) 回転分級式微粉砕機
JPH0335993B2 (ja)
JP2021130095A (ja) 竪型粉砕機
JPS6211902B2 (ja)
JPH11276920A (ja) 竪型ミルによる粒状原料の粉砕・分級方法および装置
JPS59102449A (ja) 竪型ミル
JP2868099B2 (ja) 竪型粉砕機
JPS59102450A (ja) 竪型ミル
JP2001300333A (ja) 竪型ローラミル
JPH09131541A (ja) 竪型粉砕機
JP2739750B2 (ja) 竪型粉砕機
JP2716491B2 (ja) 竪型ミル
JP2000042439A (ja) 竪型ローラミル
JPH0257989B2 (ja)
JPH05277445A (ja) 竪型ミルの自由渦型遠心分級装置
JPH06142613A (ja) 分級装置
JPH05261307A (ja) 竪型粉砕機
JPH0425067B2 (ja)