JP2797657B2 - 高周波加熱装置 - Google Patents

高周波加熱装置

Info

Publication number
JP2797657B2
JP2797657B2 JP14474790A JP14474790A JP2797657B2 JP 2797657 B2 JP2797657 B2 JP 2797657B2 JP 14474790 A JP14474790 A JP 14474790A JP 14474790 A JP14474790 A JP 14474790A JP 2797657 B2 JP2797657 B2 JP 2797657B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
antenna
heating chamber
coupling hole
frequency
heating
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP14474790A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0436991A (en
Inventor
浩二 ▲吉▼野
隆 柏本
慈 楠木
Original Assignee
松下電器産業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 松下電器産業株式会社 filed Critical 松下電器産業株式会社
Priority to JP14474790A priority Critical patent/JP2797657B2/ja
Publication of JPH0436991A publication Critical patent/JPH0436991A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2797657B2 publication Critical patent/JP2797657B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H05ELECTRIC TECHNIQUES NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • H05BELECTRIC HEATING; ELECTRIC LIGHTING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • H05B6/00Heating by electric, magnetic, or electromagnetic fields
    • H05B6/64Heating using microwaves
    • H05B6/6447Method of operation or details of the microwave heating apparatus related to the use of detectors or sensors

Description

【発明の詳細な説明】 産業上の利用分野 本発明は電子レンジなどの庫内の電波強度を検出しマ
グネトロンなどの高周波熱源を制御する高周波加熱装置
に関するものである。
従来の技術 従来例では特開昭59−207595号公報にみられるように
被加熱物(以下食品と略す)の温度に応じて変化する食
品の誘電率変化を検出して高周波加熱源を制御するもの
が示されている。
発明が解決しようとする課題 このように加熱室の内部にアンテナを臨ませた従来の
方式では、対象が食品などの場合には特に、加熱時に多
くの水分や油分が庫内に飛散し、これらがアンテナと検
波回路の接地点に介在することにより検出特性を大きく
変えてしまうという課題があった。本発明は食品から飛
散する汚れ対策をすることを目的とする。
課題を解決するための手段 本発明はかかる課題を解決するために、加熱室の外部
にアンテナ及び接地面と加熱室を接続した検波回路を設
け、加熱室内の電波状況の変化は加熱室壁に設けた誘電
体板でカバーされた結合孔を介して行なうものである。
作用 本発明によれば食品から飛散する油水分が、直接アン
テナと接地点に介在することがない。
実施例 第1図は本発明の高周波加熱装置を示すブロック図で
ある。高周波発振器1から出た電波は導波管2を介して
高周波加熱室3に供給され庫内の食品4を加熱する。庫
内の電波は誘電体板5及び加熱室の開孔6を介して、接
地導体が加熱室庫壁と一部接続されたアンテナ7付き検
波回路8で直流に検波される。検波された電流信号は増
巾器9を介して制御回路10に導びかれ、高周波発振器1
の電源回路11と接続されている。第2図には結合孔6及
び検波回路8の取付例を第3図a,b,cには第2図のA−
A線、B−B線とC−C線の矢視図を示している。検波
回路8は加熱室壁に取りつけられた金具12にビス13で固
着されている。
検波回路8は活性導体14と接地面A15及び接地面B16か
らなるマイクロストリップ線路からなり、抵抗17,18,1
9、ダイオード20及びコンデンサ21を配して構成され
る。接地面A15と接地面B16とはスルーホール加工や連結
導体22で接続されかつ接地面B16と金具12は接している
ので、マイクロストリップ線路の接地面は加熱室と同電
位となり、マイクロ波的に安定した立体回路となってい
る。
接地面B16側の導体片は、導体面A側の活性導体14と
別の連結導体で結合され、アンテナ7として機能する。
結合孔6をカバーする加熱室壁に接着剤等で固着された
誘電体板5により庫内の油水分は直接アンテナ7までと
どかない構成になっている。リード線24と25はそれぞれ
活性導体14及び接地面Aとハンダ等で固着され、増巾器
9に接続される。
第4図には周波数2450MHzで測定された、牛肉や魚な
どの誘電損失(ε×tanδ)の温度特性例を示す。冷
凍状態、解凍状態、室温状態及び加熱状態で誘電損失が
大きく変化していることが判る。誘電損失が大きいとい
うことは、よく電波が吸収されるということである。第
5図には牛肉を冷凍から加熱したときの検波出力例を示
す。
食品の誘電損失が小さいときは検波出力が大きく、損
失が大きいときには検波出力が小さく検出される。従っ
て検波出力の大小や変化の傾向をもとに電源回路を制御
することで食品の解凍検知や加熱検知が自動的にできる
のである。
以上の説明でわかるように、上記構成をとることによ
り、多量に生産しても安定した検波動作をし、しかも長
期に利用しても食品の油水分による特性劣化のない検波
回路が構成できる。
また、マイクロストリップ線路を構成するプリント基
板の一部導体をアンテナとして用いる構成をとれば、プ
リント基板に金属棒などを垂直にたてるアンテナ構成に
くらべて大量生産時の寸法安定性がよく、したがってマ
イクロ波特性の安定したアンテナが実現できる。
さらに直方体形状の加熱室の場合に、矩形状の結合孔
を加熱室壁面やアンテナの長手方向に対して傾けて設け
ると、加熱室内の電波の定在波モード変化の影響を受け
にくいなどの効果も出る。
発明の効果 本発明によれば、食品の油水分が飛散してもアンテナ
と接地点間が汚物で短絡されることなく長期利用に対し
て安定した制御性能が実現できるものである。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明の一実施例の高周波加熱装置の構成ブロ
ック図、第2図は同装置の検波部の要部側断面図、第3
図aは第2図のA−A線矢視図、第3図bは第2図のB
−B線矢視図、第3図cは第2図のC−C線矢視図、第
4図は食品の誘電損失の温度特性図、第5図は検波出力
波形図である。 1……高周波発振器、3……加熱室、5……誘電体板、
6……結合孔、7……アンテナ、8……検波回路、10…
…制御回路、11……電源回路。
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (56)参考文献 特開 平1−304688(JP,A) 特開 平2−183992(JP,A) 特開 平3−156882(JP,A) 特開 平3−95313(JP,A) (58)調査した分野(Int.Cl.6,DB名) H05B 6/68 F24C 7/02

Claims (5)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】食品を出し入れする加熱室と、電源回路か
    ら供給される電力によって前記加熱室内へ高周波を発振
    する高周波発振器と、前記加熱室に設けた結合孔と、前
    記結合孔付近に設けたアンテナと、前記アンテナで受
    け、前記加熱室に接地した検波回路と、前記検波回路の
    出力に基づいて前記電源回路を制御する制御回路と、前
    記結合孔と前記検波回路との間に誘電体板を設ける構成
    とした高周波加熱装置。
  2. 【請求項2】検波回路はプリント基板で構成し、前記プ
    リント基板の導体片で、アンテナを構成した特許請求の
    範囲第1項記載の高周波加熱装置。
  3. 【請求項3】加熱室壁面と結合孔の長手方向の角度が異
    なる構成とした特許請求の範囲第1項記載の高周波加熱
    装置。
  4. 【請求項4】アンテナの長手方向の角度と結合孔の長手
    方向の角度が異なる構成とした特許請求の範囲第1項記
    載の高周波加熱装置。
  5. 【請求項5】検波回路と制御回路の間に増幅回路を設け
    る構成とした特許請求の範囲第1項記載の高周波加熱装
    置。
JP14474790A 1990-06-01 1990-06-01 高周波加熱装置 Expired - Fee Related JP2797657B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14474790A JP2797657B2 (ja) 1990-06-01 1990-06-01 高周波加熱装置

Applications Claiming Priority (8)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14474790A JP2797657B2 (ja) 1990-06-01 1990-06-01 高周波加熱装置
US07/704,182 US5171947A (en) 1990-06-01 1991-05-22 High-frequency heating apparatus
AU77176/91A AU621783B2 (en) 1990-06-01 1991-05-22 High-frequency heating apparatus
DE1991627499 DE69127499T2 (de) 1990-06-01 1991-05-24 Hochfrequenzheizgerät
EP19910108386 EP0459305B1 (en) 1990-06-01 1991-05-24 High-frequency heating apparatus
CA 2043436 CA2043436C (en) 1990-06-01 1991-05-29 High-frequency heating apparatus
KR1019910008773A KR960006440B1 (ko) 1990-06-01 1991-05-29 고주파가열장치
BR9102237A BR9102237A (pt) 1990-06-01 1991-05-31 Aparelho de aquecimento por inducao de alta frequencia

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0436991A JPH0436991A (en) 1992-02-06
JP2797657B2 true JP2797657B2 (ja) 1998-09-17

Family

ID=15369430

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP14474790A Expired - Fee Related JP2797657B2 (ja) 1990-06-01 1990-06-01 高周波加熱装置

Country Status (8)

Country Link
US (1) US5171947A (ja)
EP (1) EP0459305B1 (ja)
JP (1) JP2797657B2 (ja)
KR (1) KR960006440B1 (ja)
AU (1) AU621783B2 (ja)
BR (1) BR9102237A (ja)
CA (1) CA2043436C (ja)
DE (1) DE69127499T2 (ja)

Families Citing this family (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5254819A (en) * 1989-12-29 1993-10-19 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. High-frequency heating apparatus with copper for grounding layer surrounding electromagnetic wave antenna
AU628266B2 (en) * 1990-07-17 1992-09-10 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. High frequency heating apparatus
CA2087638C (en) * 1992-01-23 1997-02-25 Masatugu Fukui Microwave oven having a function for matching impedance
DE4207459C2 (de) * 1992-03-10 1994-05-05 Miele & Cie Mikrowellenherd mit einer Vorrichtung zur Sensierung des Beladungszustandes
JP3106385B2 (ja) * 1994-11-28 2000-11-06 株式会社村田製作所 高周波検出素子とそれを用いた高周波加熱装置
US6867402B1 (en) 2004-04-08 2005-03-15 Maytag Corporation System for sensing the presence of a load in an oven cavity of a microwave cooking appliance
CN102331007A (zh) * 2011-06-22 2012-01-25 太仓南极风能源设备有限公司 散射微波炉
EP2663160B1 (de) * 2012-05-10 2016-07-13 Miele & Cie. KG Hausgerät
CN105679698B (zh) * 2016-04-21 2018-09-18 京东方科技集团股份有限公司 基板处理装置

Family Cites Families (21)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US2704802A (en) * 1952-05-22 1955-03-22 Raytheon Mfg Co Microwave ovens
US3875361A (en) * 1972-06-16 1975-04-01 Hitachi Ltd Microwave heating apparatus having automatic heating period control
JPS5251133A (en) * 1975-10-21 1977-04-23 Hitachi Heating Appliance Co Ltd High-frequency heating device
US4297557A (en) * 1976-05-03 1981-10-27 Robertshaw Controls Company Microwave oven temperature indicator and control means
JPS5742951B2 (ja) * 1976-10-18 1982-09-11
JPS542541A (en) * 1977-06-08 1979-01-10 Hitachi Heating Appliance Co Ltd High frequency heating device
JPS5413037A (en) * 1977-06-29 1979-01-31 Hitachi Heating Appliance Co Ltd High frequency wave heating device
US4162381A (en) * 1977-08-30 1979-07-24 Litton Systems, Inc. Microwave oven sensing system
JPS55113919A (en) * 1979-02-23 1980-09-02 Matsushita Electric Ind Co Ltd High frequency heater
GB2117925B (en) * 1982-02-19 1986-02-05 Hitachi Heating Appl Heating apparatus of thawing sensor controlled type
JPS58216921A (en) * 1982-06-11 1983-12-16 Toshiba Corp Temperature detecting device for cooking machine
JPS59207595A (en) * 1983-05-10 1984-11-24 Hitachi Netsu Kigu Kk High frequency heater
CA1220529A (en) * 1984-02-07 1987-04-14 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Automatic high-frequency heating apparatus
JPS60171318A (en) * 1984-02-16 1985-09-04 Matsushita Electric Ind Co Ltd Cooking apparatus with infrared ray sensor
JPS62154593A (en) * 1985-12-27 1987-07-09 Toshiba Corp Cooker
JPS6358024A (en) * 1986-08-27 1988-03-12 Toshiba Corp Electronic oven
AU591353B2 (en) * 1986-10-22 1989-11-30 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Automatic heating appliance with ultrasonic sensor
SE458493B (sv) * 1987-01-08 1989-04-03 Philips Norden Ab MIKROVAAGSUGN
JPH01246787A (en) * 1988-03-28 1989-10-02 Toshiba Corp Cooking apparatus
JPH01305228A (en) * 1988-06-02 1989-12-08 Hitachi Heating Appliance Co Ltd Cooking apparatus
US5254819A (en) * 1989-12-29 1993-10-19 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. High-frequency heating apparatus with copper for grounding layer surrounding electromagnetic wave antenna

Also Published As

Publication number Publication date
US5171947A (en) 1992-12-15
KR960006440B1 (ko) 1996-05-15
EP0459305A2 (en) 1991-12-04
DE69127499D1 (de) 1997-10-09
DE69127499T2 (de) 1998-01-08
CA2043436C (en) 1996-11-05
JPH0436991A (en) 1992-02-06
AU7717691A (en) 1991-12-05
EP0459305B1 (en) 1997-09-03
CA2043436A1 (en) 1991-12-02
BR9102237A (pt) 1992-01-07
KR920001136A (ko) 1992-01-30
EP0459305A3 (en) 1993-01-20
AU621783B2 (en) 1992-03-19

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US10674570B2 (en) System and method for applying electromagnetic energy
JP4098818B2 (ja) スロット付き円筒アンテナ
US4170013A (en) Stripline patch antenna
CN107688118B (zh) 用于检测解冻操作完成的设备和方法
CA2455068C (en) Printed circuit board antenna structure
US4736454A (en) Integrated oscillator and microstrip antenna system
JP3803536B2 (ja) 車両のダイバーシチアンテナ装置用のダイバーシチアンテナ
RU2483495C2 (ru) Устройство микроволнового нагрева
US7259952B2 (en) Process control instrument intrinsic safety barrier
EP1494309B1 (en) Apparatus for signal transitioning from a device to a waveguide
US4916456A (en) Glass-mountable antenna assembly
US4316069A (en) Microwave oven excitation system
US20180132311A1 (en) Control of microwave source efficiency in a microwave heating apparatus
JP3045046B2 (ja) 非放射性誘電体線路装置
CA1175912A (en) Microwave oven cooking process indicator
US6884979B1 (en) Method and apparatus for uniform heating in a microwave oven
US4197860A (en) Hyperthermia applicator
Dib et al. Study of a novel planar transmission line
CN105492831B (zh) 集成固态微波功率发生模块
US4097708A (en) Solid state microwave oven power source
EP2182774A1 (en) Microwave heating device
JP2018522372A (ja) 電磁調理のための方法および装置
US6150895A (en) Circuit board voltage plane impedance matching
US6225756B1 (en) Power oscillator
EP1329136B1 (en) Feeding of microwaves

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20070703

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080703

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 11

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090703

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees