JP2636000B2 - 板材搬入・搬出装置 - Google Patents

板材搬入・搬出装置

Info

Publication number
JP2636000B2
JP2636000B2 JP13446988A JP13446988A JP2636000B2 JP 2636000 B2 JP2636000 B2 JP 2636000B2 JP 13446988 A JP13446988 A JP 13446988A JP 13446988 A JP13446988 A JP 13446988A JP 2636000 B2 JP2636000 B2 JP 2636000B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
plate material
product
movable
frame
unloader
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP13446988A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH01308331A (ja
Inventor
稔 早川
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Amada Metrecs Co Ltd
Original Assignee
Amada Metrecs Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Amada Metrecs Co Ltd filed Critical Amada Metrecs Co Ltd
Priority to JP13446988A priority Critical patent/JP2636000B2/ja
Publication of JPH01308331A publication Critical patent/JPH01308331A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2636000B2 publication Critical patent/JP2636000B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】 [発明の目的] (産業上の利用分野) この発明は金属、非金属を問わず、各種の板材を板材
加工機例えばパンチプレス、シャリングマシン等に搬入
・搬出する板材搬入・搬出装置の改良に関する。
(従来の技術) 従来、板材加工機、例えばパンチプレスやシャリング
マシンなどに板材を搬入・搬出する装置としては、加工
機の上流側に用意された送材テーブルなどに、1方向か
ら又はテーブルを挟んだ両側から板材を供給し、加工済
の製品搬出も加工機の下流側に用意された搬出テーブル
などに、1方向から又はテーブルを挟んだ両側から板材
を搬出するのが一般的である。
(発明が解決しようとする課題) ところで、上述した従来の板材搬入および搬出装置
は、広範囲な設備面積を必要とし、設備費も高くなると
いう問題があった。
この発明の目的は、上記問題点を改善するため、板材
を供給する材料台の下側に移動自在な製品を搬出するリ
フタテーブルを設け、上下2段構造としたことにより設
備面積を縮小化を図った板材搬入・搬出装置を提供する
ことにある。
[発明の構成] (課題を解決するための手段) 上記目的を達成するために、この発明は、板材加工機
の一方側に板材搬入・搬出装置のフレームを設け、この
フレームに板材を加工する加工位置へ搬入するための搬
送方向へ移動自在な板材搬送装置を設け、この板材搬送
装置に板材を把持するための上下動自在な板材把持装置
を設け、前記フレーム内に搬送方向と直交する方向へ移
動自在な板材を載置した材料台を設け、前記フレームに
前記加工位置で板材加工終了後の製品を搬送するための
搬送方向へ移動自在なアンローダを設け、このアンロー
ダで搬送された製品を搬出するための前記材料台と同方
向へ移動自在で、かつ材料台の直下に配置されると共に
上下動自在な製品を載置するリフタテーブルを設けて板
材搬入・搬出装置を構成した。
前記板材搬入・搬出装置において、アンローダは板材
の端面を挟持して製品を搬送する搬送方向へ移動自在な
クランプ装置と、製品を支承する適数のローラを備えた
搬送方向へ移動自在なローラコンベヤ装置を備えてなる
ものである。
(作用) この発明の板材搬入・搬出装置を採用することによ
り、板材の搬入は、板材を載置保持した材料台を板材搬
送ラインに移行させ、その材料台上の板材を板材把持装
置で把持した後板材搬送装置にて板材加工機における所
定の加工位置に搬入し、板材の把持を解除後板材搬送装
置を初期位置に復帰させ次の板材を材料台上より板材把
持装置で把持して待機し材料台は板材搬送ライン外へ移
行される。
板材の搬出は、アンローダのローラコンベヤ装置を製
品の長さに応じ所定位置に移行させ板材加工終了後アン
ローダのクランプ装置にて製品を搬出し所定位置にてク
ランプを解除し製品をリフタテーブル上に載置し、所定
量積載後リフタテーブルを搬送ライン外へ移行させ製品
は取出される。而して、板材の搬入・搬送装置を1ヶ所
に集約しコンパクト化としたことにより設備費の減少が
図られる。
(実施例) 以下、この発明の実施例を図面に基づいて詳細に説明
する。
板材加工機としては、パンチプレス、シャリングマシ
ンなどを総称し、本実施例ではタレットパンチプレスを
例にとって説明する。
第1図乃至第3図を参照するに、タレットパンチプレ
ス1への板材Wの搬入・搬出装置を、大別すると、板材
Wの搬入装置と搬出装置に分けられる。この板材Wの搬
入装置としては、板材搬送ラインに直交して移動自在な
材料台3と、この材料台3上に載置された板材Wを把持
する板材把持装置としての板材Wを吸着持上げる吸着装
置5と、吸着持上げた板材Wを前記タレットパンチプレ
ス1へ搬送する板材搬送装置7とで構成されている。
板材Wの搬出装置としては、プレス加工終了後の製品
である板材Wを搬出するアンローダ9と、前記材料台3
の下側に設けた製品である板材Wを載置搬出する走行装
置付リフタテーブル11とで構成されている。
板材搬入装置である材料台3は、タレットパンチプレ
ス1へ板材Wを搬送する搬送方向としての搬入方向に直
交して設けたレール13上に、複数の車輪15を備えた基台
17が移動自在に設けられている。その基台17の移動は図
示を省略したがモータ等により駆動機構を介して移行さ
れる。前記基台17上にはパレット19を介して素材である
板材Wが積重ねられ、その板材Wの載置位置の基準兼ず
れ止めとなる案内棒21が適所に配設してある。
吸着装置5は、後述する板材搬送装置7より垂設され
たバキュームハンガ23に複数の吸着パット25が垂設さ
れ、図外のバキューム発生源により板材Wを吸着あるい
は離脱自在となる。
板材搬送装置7の作動はNC化され、フレーム27より延
伸したアーム29の先端部に設けたレール31に搬送方向と
して前後進(第1図にて左右方向)自在にフレーム33が
係合され、電動機35により図示を省略した駆動機構を介
して前記レール31上を移行する。そのフレーム33に前記
吸着装置5のバキュームハンガ23は案内部37を介して垂
設され、バキュームハンガ23は図外の空気源より供給さ
れ作動するシリンダ39により上昇、下降自在となってい
る。なお、第1図に板材Wを板材搬送装置7にてタレッ
トパンチプレス1へ搬入した状態を鎖線で示してある。
板材搬出装置であるアンローダ9は、前記フレーム27
に設けられ、その作動はNC化されたクランプ装置41とロ
ーラコンベヤ装置43とで構成されている。
クランプ装置41は、前記フレーム27の側壁に設けたレ
ール45にクランプフレーム47が垂設され、電動機49より
各スプロケット51に掛回したチェーン53にクランプフレ
ーム47の片端が係止され板材搬送方向に前後進自在とな
っている。そのクランプフレーム47には板材Wの端面を
挟持する複数のクランプ55が配設されている。なお、ク
ランプ55の構造はこの種の機械に一般に使用され公知の
ものなので詳細な説明も省略する。
ローラコンベヤ装置43は、X−X線で示すパスライン
上を移行する板材Wを案内するもので、回転自在な適数
のローラ57の軸両端を係合したチェーン59は、前記フレ
ーム27に設けた電動機61に固着したスプロケット63と、
フレーム27に軸受65により回転自在に支承された連結軸
67の両端に設けたスプロケット69および適所に配置した
スプロケット71,73に掛回されている。
前記電動機61を回転させることによりローラ57はX−
X線で示すパスラインにそって前後進し、ローラ57上に
乗った板材Wを案内する。但し、板材Wを搬入する際
は、前記吸着装置5の作動の邪魔にならないよう、ま
た、製品である板材Wを後述する走行装置付リフタテー
ブル11上に積重する際に邪魔にならないように、板材W
が積重される基準端面Y面より複数設けたローラ57の最
先端のローラ面が後退した位置、つまり待機位置にある
ことを条件とする。
走行装置付リフタテーブル11は、タレットパンチプレ
ス1へ板材を搬送する搬入方向に直交して、前記材料台
3のレール13の内側に設けたレール75上に複数の車輪77
を備えたリフタテーブル11は移動自在に設けられてい
る。そのリフタテーブル11の移動は図示を省略したがモ
ータ等により駆動機構を介して移行され、前記材料台3
の基台17内に出入自在となっている。
なお、リフタテーブル11は図示を省略したが、例えば
油圧シリンダ等により上昇下降自在な伸縮機構79が設け
られ、リフタテーブル11上に設けたパレット81に製品で
ある板材Wは積重される。その積重される製品の板材W
を案内するため案内棒83を備えている。
上記の構成によりその作用としては、第4図乃至第12
図を参照するに、第4図から第8図までは板材Wをタレ
ットパンチプレス1へ搬入、搬出する状態を示し、第9
図より第12図はアンローダ9の作動状態を示してある。
第4図は初期状態を示し、材料台3と走行装置付リフ
タテーブル11は板材搬送ラインに組込まれていて、それ
ぞれ素材である板材Wと製品である板材Wが積重され、
アンローダ9のローラコンベヤ装置43とクランプ装置41
および板材搬送装置7は待機位置である後退限に位置し
てある。
その状態より第5図に示す状態、つまり、吸着装置5
が下降し材料台3上の素材である板材Wを1枚吸着して
上昇する。なお、この際、板材を確実に1枚取りするた
め板材1枚取り検知手段および其の他の制御手段が具備
されていることは勿論である。
次に第6図のごとく、板材搬送装置7を前進させ板材
Wをタレッチパンチプレス1の加工位置へ搬入する。
第7図には平面的に機器の配置を示し、前記第6図の
状態から吸着装置5の吸着を解放後、板材搬送装置7を
後退限まで移行させ、つづいて材料台3上の次に加工す
る板材Wを吸着装置5にて吸着引上げ、その後材料台3
を板材搬送ライン外へ移行させる。(第7図において、
材料台3は点線の位置から実線の位置へ) 上記の状態から第8図のごとく、タレットパンチプレ
ス1にて加工が終了するとアンローダ9のクランプ装置
41を前進させ、製品である板材Wの端面をクランプしロ
ーラコンベヤ装置43のローラ57を所定の位置にセットし
て、このローラ57上を案内として板材Wを搬出する。ま
た同時に、既に吸着装置5により次に加工する板材Wは
吸着保持されているので、板材搬送装置7によりタレッ
トパンチプレス1へ搬入後所定の加工位置で吸着を解放
し、板材搬送装置7は後退限に移行する。
製品である板材Wはリフタテーブル11上に載置される
と同時にリフタテーブル11は下降し、下降完了後材料台
3は板材搬送ラインに移行して第4図に示す初期状態と
なり、上述した動作を繰返して板材Wの搬入、搬出作業
が行なわれる。
なお、アンローダ9の動作について第9図乃至第12図
にて更に詳細に説明する。
第9図はアンローダ9の初期状態を示し、クランプ装
置41は後退限に位置しローラコンベヤ装置43のローラ57
は加工済の製品を支持するため、所定位置迄前進させて
おきリフタテーブル11は製品を積重するため所定の高さ
まで上昇させておく。また、アンローダ9はNC制御され
製品の長さに応じてリフタテーブル11上の積載位置を変
えることが可能であり、例えば図示したごとく板材の端
面基準の場合はT位置、センタ基準の場合は鎖線で示す
S位置に板材Wを積重することができる。
次に第10図のごとく、クランプ装置41を前進させ加工
済の製品である板材Wの端面を挟持する。
ついで第11図に示すごとく、製品である板材Wを搬出
する。この際、板材Wの長さが短かい場合には、板材W
の後端がローラコンベヤ装置43のローラ57の最先端近傍
まで来たら、図示を省略したが検知手段で板材Wの後端
通過を検知する。その検知信号により既に次に加工する
板材Wを吸着装置5にて吸着保持してあるので、板材搬
送装置7を作動させタレットパンチプレス1への搬入動
作を開始する。また、製品である板材Wの長さが長い場
合には、複数のローラ57で構成されたローラコンベヤ装
置43は、板材Wの全長を支持できないため、適宜サポー
ト可能な位置にローラ57を移行させる。
その後第12図に示すごとく、ローラコンベヤ装置43を
作動させ後退限つまり待機位置へ移行させクランプ装置
41のクランプを解放することにより製品である板材W
は、リフタテーブル11上に載置される。
上述した作用により、従来では板材の長さが短かくて
もアンローダ装置が後退限に移動しなければ、板材搬送
装置は板材加工機に板材を搬送できなかった。しかし、
この発明では長さが短かい製品は、板材加工機を出て所
定位置に達すると次の板材を加工機に搬入セットでき
る。
そのため、製品と素材である板材の入れ替え時間を大
幅に減少することができ、また、板材をサポートするロ
ーラ57の本数も板材の最大長さに合わせる必要なく、小
数で最適な位置に板材Wを保持することができる。
更に、素材である板材Wを載置した材料台3と製品を
載置するリフタテーブル11を上下に設け、同一方向から
板材搬送ラインに挿入搬出自在としたことにより、従来
に比べ占有スペースは大幅に減少し、設備費の減少を図
ることができる。
なお、上述した実施例に限定されることなく、この発
明の要旨を逸脱しない範囲において種々変更を加え得る
ことは勿論である。
[発明の効果] 以上のごとき実施例の説明より理解されるように、こ
の発明によれば、板材加工機の入、出側どちらかに、板
材加工機の搬送ラインに直交した一方に素材を載置した
材料台と、この材料台の下側に挿入自在な製品を載置し
た走行装置付リフタテーブルを設け、上下2段構造とし
たことにより、設備面積は大幅に減少し設備費の低減を
図ることができる。
しかも、アンローダには搬送方向へ移動自在なクラン
プ装置とローラコンベヤ装置が備えられているから、ワ
ークの大きさに応じて製品の積重位置を変えることがで
きる。
【図面の簡単な説明】
第1図乃至第3図はこの発明を実施した一実施例のタレ
ットパンチプレスの板材搬入および搬出装置であり、第
1図は正面図、第2図は第1図における側面図、第3図
は第1図における平面図である。 第4図乃至第8図はこの発明の板材搬入および搬出状態
を示す作動説明図である。 第9図乃至第12図は本発明に係るアンローダの作動説明
図である。 1……タレットパンチプレス 3……材料台、5……吸着装置 7……板材搬送装置、9……アンローダ 11……走行装置付リフタテーブル 27……フレーム 41……クランプ装置 43……ローラコンベヤ装置 57……ローラ
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl.6 識別記号 庁内整理番号 FI 技術表示箇所 B65G 59/04 B65G 59/04

Claims (2)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】板材加工機の一方側に板材搬入・搬出装置
    のフレームを設け、このフレームに板材を加工する加工
    位置へ搬入するための搬送方向へ移動自在な板材搬送装
    置を設け、この板材搬送装置に板材を把持するための上
    下動自在な板材把持装置を設け、前記フレーム内に搬送
    方向と直交する方向へ移動自在な板材を載置した材料台
    を設け、前記フレームに前記加工位置で板材加工終了後
    の製品を搬送するための搬送方向へ移動自在なアンロー
    ダを設け、このアンローダで搬送された製品を搬出する
    ための前記材料台と同方向へ移動自在で、かつ材料台の
    直下に配置されると共に上下動自在な製品を載置するリ
    フタテーブルを設けてなることを特徴とする板材搬入・
    搬出装置。
  2. 【請求項2】前記請求項1において、前記アンローダは
    板材端面を挟持して製品を搬送する搬送方向へ移動自在
    なクランプ装置と、製品を支承する適数のローラを備え
    た搬送方向へ移動自在なローラコンベヤ装置を備えてな
    ることを特徴とする板材搬入・搬出装置。
JP13446988A 1988-06-02 1988-06-02 板材搬入・搬出装置 Expired - Fee Related JP2636000B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP13446988A JP2636000B2 (ja) 1988-06-02 1988-06-02 板材搬入・搬出装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP13446988A JP2636000B2 (ja) 1988-06-02 1988-06-02 板材搬入・搬出装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH01308331A JPH01308331A (ja) 1989-12-13
JP2636000B2 true JP2636000B2 (ja) 1997-07-30

Family

ID=15129049

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP13446988A Expired - Fee Related JP2636000B2 (ja) 1988-06-02 1988-06-02 板材搬入・搬出装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2636000B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN108971603A (zh) * 2018-09-27 2018-12-11 嘉善德诺轴承有限公司 一种生产轴承用铜板的切割装置

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0565438U (ja) * 1992-02-04 1993-08-31 株式会社オー・アンド・エムシステムズ ドラム缶用蓋板払出装置
CN102990151B (zh) * 2012-12-10 2015-02-04 天水锻压机床(集团)有限公司 板材抓取真空吸盘控制系统
CN103407807A (zh) * 2013-08-15 2013-11-27 钱旭荣 自动上料机结构
CN106378363B (zh) * 2016-10-19 2018-10-19 浙江日雅摩托车有限公司 一种新能源汽车用圆形薄板自动取料上料成型机构

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN108971603A (zh) * 2018-09-27 2018-12-11 嘉善德诺轴承有限公司 一种生产轴承用铜板的切割装置

Also Published As

Publication number Publication date
JPH01308331A (ja) 1989-12-13

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US3912253A (en) Entry and exit stacking system
JP2636000B2 (ja) 板材搬入・搬出装置
JPS62166017A (ja) 帯材加工機械に帯材を導入するための搬送装置
JP2703625B2 (ja) 板金加工機の板材供給装置
JP2538948B2 (ja) ワ―ク搬送装置
JPS60217015A (ja) 板金の加工ラインシステム
JPH0751775A (ja) 板材加工機のワーク搬送装置
JP3081672B2 (ja) 多数個取り小製品の仕分け集積装置
JPH0726026U (ja) 板材搬送装置
JP3728419B2 (ja) 露光すべき露光面の操作装置
JPH0447585B2 (ja)
JPH0575242U (ja) 板材搬送装置
JP3022077U (ja) 断裁紙の搬出装置
JPH049229A (ja) 板材加工機
JP2783920B2 (ja) 板材貯蔵加工システム
JP2732689B2 (ja) 曲げ製品の搬出方法およびその装置
JPH11244969A (ja) 板材の搬入搬出方法およびその装置
JPH06134532A (ja) 板材搬入出装置
JPS5930619B2 (ja) 多重積層容器体からの容器取出移送装置
JPH078341U (ja) 板材の分離装置
JP2582933Y2 (ja) ワークの集積,搬送装置
JPH0555408B2 (ja)
JP2589005Y2 (ja) 板材加工機のアンローダ装置
JP3193097B2 (ja) 紙葉類さばき装置
JP2707386B2 (ja) シート束搬送装置

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees