JP2563868Y2 - トランスファフィーダの把持爪昇降装置 - Google Patents

トランスファフィーダの把持爪昇降装置

Info

Publication number
JP2563868Y2
JP2563868Y2 JP4671692U JP4671692U JP2563868Y2 JP 2563868 Y2 JP2563868 Y2 JP 2563868Y2 JP 4671692 U JP4671692 U JP 4671692U JP 4671692 U JP4671692 U JP 4671692U JP 2563868 Y2 JP2563868 Y2 JP 2563868Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
bar
die
feed
gripping
gripping claw
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP4671692U
Other languages
English (en)
Other versions
JPH06530U (ja
Inventor
勝之 中川
Original Assignee
住友重機械工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 住友重機械工業株式会社 filed Critical 住友重機械工業株式会社
Priority to JP4671692U priority Critical patent/JP2563868Y2/ja
Publication of JPH06530U publication Critical patent/JPH06530U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2563868Y2 publication Critical patent/JP2563868Y2/ja
Active legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本考案は、リンク材等折曲した製
品を鍛造成形するのに好適なトランスファフィーダ付き
鍛造プレスに関し、特にトランスファフィーダに設けら
れる複数個の把持爪の一部をフィードバーに対して昇降
し得るようにしたトランスファフィーダの把持爪昇降装
置に関する。
【0002】
【従来の技術】一般に、トランスファフィーダ付き鍛造
プレスでは、トランスファフィーダの3次元作動する2
本1組のフィードバーに設けた把持爪により素材を順送
りし、プレス装置により素材の据込み,荒仕上げ,仕上
げ,打抜きの一連のプレス加工を行い、各種形状の鍛造
製品を成形する。この鍛造成形される製品が例えばリン
ク材等折曲した製品の場合、1台のトランスファフィー
ダ付き鍛造プレスで最終工程の打抜加工までを行うと、
据込みから仕上加工までの素材加工姿勢は最終の打抜加
工姿勢と同一姿勢にする必要があり、特に素材に対して
大きな加圧力を与える据込型から仕上型までのそれぞれ
の金型における加工面は大きく傾斜することになる。こ
の姿勢でプレス加工すると、水平方向の分力により上下
金型の間で型ずれを起し、製品精度および金型寿命を低
下させる。したがって従来においては、上述のような製
品の鍛造成形は据込みから仕上げまでのプレス加工作業
と打抜プレス加工作業を2台の鍛造プレスで分担して行
っており、加工能率および設備費の点で問題となってい
た。
【0003】これを解決するために、据込み,荒仕上
げ,仕上げ,打抜きの一連の金型列を1台のプレ機械に
設け、素材姿勢を仕上型から打抜型へ搬送する途中で打
抜加工姿勢に変更しつつ打抜型上へ素材を移載するよう
にしたものが知られている(例えば特公昭61−431
31号公報)。これによれば、素材を仕上金型上から打
抜金型上へ搬送する把持爪の一方がフィードバーの送り
動作に連動して該フィードバーに対し昇降自在に装備さ
れ、この把持爪を上昇させる揺動レバーおよび板カム等
から成る伝動機構が片側のフィードバーに設けられ、さ
らに前記伝動機構の板カムを前記フィードバーの送り動
作と共働して回転させる駆動リンク機構がプレス機械の
本体部に揺動回転可能に枢支されている。
【0004】
【考案が解決しようとする課題】上述した特公昭61−
43131号公報に示す装置は、水平前進,水平後退の
繰り返し3次元運動を行うフィードバーに対し一部の把
持爪が上昇または下降するので、後段の金型へ搬送する
素材の例えば片側部を高くした姿勢で搬送でき、その姿
勢に対応した形状に後段金型を設計できる。しかしこの
従来装置は、前記駆動リンク機構がプレス機械の本体部
に取り付けられているので、段替時には前記フィードバ
ーと前記駆動リンク機構との連結を外してからでないと
前記フィードバーを前記プレス機械の側方へ取り出すこ
とができず、その取り外し作業がきわめて煩雑であり、
作業能率を悪くしている。また把持爪の昇降量の設定,
調整も、前記フィードバーを装置内の動作位置にセット
した状態で行わなければならないので、狭いスペース内
で困難な作業となっていた。
【0005】本考案は、フィードバーの動作と連動して
一部の把持爪のみを該フィードバーに対して任意の量昇
降させ得、また、段替時に、ダイホルダとともに前記フ
ィードバーの中間バーと把持爪の昇降伝動機構部および
これを駆動する駆動リンク機構部とを一体で機外へ取り
出すことができ、これによって作業性およびプレス機械
の稼動率の向上を図り得るトランスファフィーダの把持
爪昇降装置を提供するものである。
【0006】
【課題を解決するための手段】本考案によるトランスフ
ァフィーダの把持爪昇降装置は、往復3次元運動する2
本の各フィードバーに把持爪が対向して配置されたトラ
ンスファフィーダにおいて、前記フィードバーはその中
途部分に脱着可能な中間バーを有し、前記把持爪の一方
または両方が脱着可能な前記中間バーに対して昇降可能
に設けられ、前記昇降可能な把持爪を昇降動作させる伝
動機構が脱着可能な前記中間バーに設けられかつ該伝動
機構を前記フィードバーの送り動作に連動して駆動する
駆動リンク機構が該フィードバー下方のダイホルダ上に
設置され、前記フィードバーから外された中間バーが前
記ダイホルダ上に支持されて該ダイホルダとともに外出
し可能とされている。
【0007】
【実施例】次に、本考案を、鍛造プレスに適用した実施
例について、図面を参照して説明する。図1を参照すれ
ば、1,1Aは金型列2の側方に配置された2本1組の
フィードバーで、その両端部はフィードバー駆動装置
4,4Aに連結されて図8に示すようなアドバンス,ダ
ウン,アンクランプ,リターン,クランプ,リフトの3
次元運動を行うようになっている。各フィードバー1,
1Aの長手方向中間部分は中間バー18,18Aで連結
されている。中間バー18,18Aは中間バージョイン
ト17,17Aを外すことにより両側のフィードバー
1,1Aから離脱可能となっている。中間バー18,1
8Aの下方には、下側金型列2を保持する下ダイホルダ
13が鍛造プレス本体部25の前面外側(H方向)へ抜
き出し可能に設けられている。また中間バー18,18
Aには互いに対向して複数個の把持爪31,31A,3
2,32A,33,33A,34,34Aが設けられて
おり、これに対応して金型列2は素材の送り方向に第1
工程の据込型5,第2工程の荒仕上型6,第3工程の仕
上型7および第4工程の打抜型8で構成され、据込型5
から仕上型7までの下金型における加工面高さは等高で
素材加工姿勢は図2に示されるように略水平とされ、こ
れに対して打抜型8のみは下金型の加工面高さが図3の
如く片側において高くされている。
【0008】把持爪33,33Aは素材を仕上型7から
打抜型8へ搬送する把持爪であるが、そのうち一方の把
持爪33は一方の中間バー18上のホルダにそれ自身同
一姿勢で上下方向にのみ可動保持され、他方の把持爪3
3Aは他方の中間バー18Aに固定保持されている。図
7において9は中間バー18上に設けられた固定ホル
ダ、10は固定ホルダ9内に上下摺動可能に嵌装された
可動ホルダで、該可動ホルダ10は常時バネ11で押し
下げられており、かつ可動ホルダ10内には若干量出退
できる角軸10Aが保持されており、該角軸10Aに前
記一方の把持爪33が取り付けられている。12はこの
把持爪33を素材挟持側へ向けて付勢するバネである。
【0009】図9および図10を参照すれば、片側の中
間バー18の外側位置で下ダイホルダ13上には、該中
間バー18の送り動作域の略中央に位置して定置ガイド
16が立設されている。定置ガイド16には垂直ガイド
穴16Aが穿けられ、このガイド穴16Aに、揺動リン
ク14の遊端から水平に中間バー側へ向ってのびた水平
ガイドピン15が軸方向,上下方向および周方向に摺動
許容に挿入されている。揺動リンク14の先端14Aは
前記片側の中間バー18の上部に軸支されたカム軸19
に固着されている。ここで垂直ガイド穴16Aの長さY
は中間バー18のリフト,ダウン動作に拌なって水平ガ
イドピン15が昇降するのを許容する長さに定められ、
またガイドピン15の長さXは中間バー18のクラン
プ,アンクランプ動作に拌なって該ガイドピン15が垂
直ガイド穴16A内を水平に往復移動するのに充分な長
さに定められる。そして中間バー18が前述した3次元
運動のアドバンス,リターン動作をするのに伴なって揺
動リンク14はその遊端側が定置ガイド16に拘束され
つつ先端14A側が揺動回転し、これによってカム軸1
9に固着された板カム20が所定角度θだけ正逆回転す
る。
【0010】カム軸19と第3工程の仕上型7上の素材
をつかむ把持爪33との送り方向略中間位置で前記片側
の中間バー18に揺動レバー21の中間部が枢支されて
いる。図4に示すように揺動レバー21の一端はローラ
22を介してカム軸19に固着された板カム20と接当
し、該レバー21の他端は上下動可能な前記把持爪33
の可動ホルダ10から下方へ突出したピン23の下端と
接当しており、板カム20の回転でもたらされる揺動レ
バー21作動時にバネ11に抗して可動ホルダ10を、
したがって把持爪33を中間バー18に対して押し上げ
る構造とされている。
【0011】上述の構成において、鍛造プレスとトラン
スファフィーダを作動させることにより塊状素材30は
順送りされながら据込加工,荒打加工,仕上加工され、
この間の加工姿勢は図2に示す如く略水平(加工面高さ
3 )とされ、水平方向の分力は相殺されるので、型ず
れのない状態で鍛造加工される。仕上型7から打抜型8
に至る搬送過程では、定置ガイド16を支点とする揺動
リンク14の揺動で板カム20が回転し、該カム20と
接当するローラ22を介して揺動レバー21が作動さ
れ、可動ホルダ10とともにピン23によって把持爪3
3が押し上げられる。製品素材30が仕上型7から持ち
上げられる時点では、該素材30は対向した一対の把持
爪33,33Aにより水平状態に挟持されるが、搬送過
程に入ると前述の如く一方の把持爪33は揺動レバー2
1で上動する結果、素材30は傾斜姿勢となり、仕上型
7に比べ片側の加工面高さが高く(図3,H4 )されて
いる打抜型8上に図3に仮想線で示す如く移し替えがな
される。打抜型8は製品素材30の被打抜穴に対応した
垂直なポンチ穴36が形成されており、該型8で素材3
0は打抜穴と内バリ,外バリが同時に打ち抜かれ、その
後図示しない製品搬出爪により機外へ取り出される。
【0012】段替時や金型周囲の清掃,整備の際は、駆
動装置4,4A側のフィードバー1,1Aと中間バー1
8,18Aとを連結する中間バージョイント17,17
Aを外すことにより、中間バー18,18Aは下ダイホ
ルダ13上に支持され、その状態で下ダイホルダ13を
プレス機械の本体部25の外側方(図1矢印H方向)に
引き出される。中間バー18に設けた板カム20や揺動
レバー21等の把持爪伝動機構および下ダイホルダ13
上の定置ガイド16や揺動リンク14等の駆動リンク機
構は下ダイホルダ13とともに機外へ引き出される。な
おこの実施例で中間バージョイント17,17Aは、中
間バー18,18Aおよびフィードバー1,1Aを囲包
する筒形または枠形となっており、該ジョイント17,
17Aを図1の仮想線位置までスライドさせることで容
易に中間バー18,18Aの連結を外すことができる。
機外へ引き出した状態で板カム20を交換して揺動レバ
ー21のストローク量(図4のH1 ,図7のH2 )やス
トローク曲線(カム線図)を変え、あるいは定置ガイド
16の位置を変更すれば、容易に一方の把持爪33の昇
降ストローク,上昇開始位置が変更,調整できる。
【0013】上述の実施例は把持爪の一方が中間バーに
対し昇降可能に設けられた例であるが、把持爪の両方を
それぞれ中間バー18,18Aに対し昇降可能に設け、
かつ把持爪を昇降動作させる伝動機構をそれぞれ中間バ
ーに設けるようにして素材を次工程に搬送する途中で該
素材を水平姿勢を保ったまま上げ(または下げ)るもの
でもよい。また上述の実施例は素材30が荒仕上型6か
ら仕上型7へ回転せずに移送される場合であるが、荒仕
上型6内における姿勢から例えば90゜回転して仕上型
7へ移送するような場合は、揺動リンク14の先端14
Aを荒仕上型6上の把持爪32の支持軸に固着しかつ該
荒仕上型6の位置から把持爪32の爪向きに対し45゜
ずれて揺動リンク14が伸長するように定置ガイド16
の位置を定めかつ該リンク14の長さを、フィードバー
1の送り量(アドバンスストローク)で把持爪32が9
0゜正回転し戻り量(リターンストローク)で該把持爪
32が90゜逆回転するように設定すればよい。勿論9
0゜以外の任意の角度で姿勢変換させることもでき、ま
た打抜加工後の製品を機外への搬出過程で回転させた
り、あるいは回転搬出なしで機外取り出しを行ったりす
ることもできる。
【0014】
【考案の効果】以上説明したように本考案によれば、フ
ィードバーの送りストロークを利用して中間バー上の把
持爪伝動機構部やダイホルダ上の駆動機構部の各部を調
整することで前工程から次工程へ搬送される素材の高さ
位置を任意に変えられ、段替時には中間バーを下ダイホ
ルダ上にのせて機外へ抜き出すことで各機構部の脱着,
調整は外段取りで可能となる。把持爪の昇降量の設定や
把持爪昇降の要否も外段取りで決定でき、作業性が向上
する。特に熱間鍛造プレスでは、金型潤滑剤やスケール
等により、作動不良になるケースがよくあるが、本考案
の把持爪昇降装置を用いれば外段取りで清掃,整備で
き、稼動率の向上をもたらすことができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本考案の実施例に係るトランスファフィーダ付
き鍛造プレスの平面断面図である。
【図2】図1のA−A線に沿った仕上型および仕上型上
の鍛造素材の側面断面図である。
【図3】図1のB−B線に沿った打抜型の側面断面図で
ある。
【図4】本考案の実施例による把持爪伝動機構を有する
中間バーの拡大正面図である。
【図5】図4のC−C線に沿った平面断面図である。
【図6】図4のD−D線に沿った側面断面図である。
【図7】図5のE−E線に沿った拡大正面断面図であ
る。
【図8】フィードバーおよび一対の把持爪の運動軌跡を
示す図である。
【図9】本考案の実施例に係る駆動リンク機構の拡大正
面図である。
【図10】図9の上面図である。
【符号の説明】
1,1A フィードバー 4,4A 駆動装置 5 据込型 6 荒仕上型 7 仕上型 8 打抜型 10 可動ホルダ 13 下ダイホルダ 14 揺動リンク 15 ガイドピン 16 定置ガイド 17,17A 中間バージョイント 18,18A 中間バー 20 板カム 21 揺動レバー 23 ピン 33,33A 把持爪

Claims (1)

    (57)【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】往復3次元運動する2本の各フィードバー
    に把持爪が対向して配置されたトランスファフィーダに
    おいて、前記フィードバーはその中途部分に脱着可能な
    中間バーを有し、前記把持爪の一方または両方が前記中
    間バーに対して昇降可能に設けられ、前記昇降可能な把
    持爪を昇降動作させる伝動機構が前記中間バーに設けら
    れかつ該伝動機構を前記フィードバーの送り動作に連動
    して駆動する駆動リンク機構が該フィードバー下方のダ
    イホルダ上に設置され、前記フィードバーから外された
    中間バーが前記ダイホルダ上に支持されて該ダイホルダ
    とともに外出し可能であることを特徴とするトランスフ
    ァフィーダの把持爪昇降装置。
JP4671692U 1992-06-11 1992-06-11 トランスファフィーダの把持爪昇降装置 Active JP2563868Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4671692U JP2563868Y2 (ja) 1992-06-11 1992-06-11 トランスファフィーダの把持爪昇降装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4671692U JP2563868Y2 (ja) 1992-06-11 1992-06-11 トランスファフィーダの把持爪昇降装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH06530U JPH06530U (ja) 1994-01-11
JP2563868Y2 true JP2563868Y2 (ja) 1998-02-25

Family

ID=12755075

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP4671692U Active JP2563868Y2 (ja) 1992-06-11 1992-06-11 トランスファフィーダの把持爪昇降装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2563868Y2 (ja)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7410046B2 (en) * 2003-10-14 2008-08-12 Komatsu Ltd. Work transfer device for press machines
JP5431251B2 (ja) 2010-06-10 2014-03-05 株式会社神戸製鋼所 曲げ加工用金型、これを用いた自動車用サスペンションアームの製造装置およびその製造方法

Also Published As

Publication number Publication date
JPH06530U (ja) 1994-01-11

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP1535674A1 (en) Negative-angle press-working die
WO2014168028A1 (ja) ナックルブラケットの製造装置及び製造方法
EP3210728B1 (en) Workpiece conveying apparatus for a pressing machine
CN103861963B (zh) 薄壁金管自动缩口机
JP3618660B2 (ja) プレス成形装置
JP2563868Y2 (ja) トランスファフィーダの把持爪昇降装置
CN203764812U (zh) 薄壁金管自动缩口机
CN2728683Y (zh) 管件下料冲压装置
KR102035422B1 (ko) 펀칭 장치
EP0123398B1 (en) Method of and apparatus for transporting workpieces into and out of a press or other workstation
EP0325840B1 (en) Workpiece-supporting device for bending machines
JP2504382B2 (ja) プレス機におけるワ―ク移送装置
CN211135170U (zh) 德式喉箍用钢带成型机
CN209753749U (zh) 一种高智能自动卸料横向冲压装置
JP3848112B2 (ja) トランスファプレス機の抜き絞り装置
CN210498042U (zh) 一种产品自动传递的自动机械手
CN210647950U (zh) 冲压自动化机器人生产线
CN211915281U (zh) 一种吸料装置
CN213887928U (zh) 一种全自动智能视觉送料机
JP3049044U (ja) 圧造成形機の素材移送用チャック装置
CN210754787U (zh) 一种冲床的自动上料结构
CN110181088B (zh) 一种汽车换挡拨叉打孔装置
CN214080527U (en) Eccentric shaft production line
JP3848108B2 (ja) トランスファプレス機の抜き絞り装置
RU2258573C2 (ru) Автомат изготовления из прутка посредством двусторонней гибки деталей пространственной формы типа клемм рельсовых скреплений