JP2006152557A - スチールハウスの構造形式および構築方法 - Google Patents

スチールハウスの構造形式および構築方法 Download PDF

Info

Publication number
JP2006152557A
JP2006152557A JP2004340460A JP2004340460A JP2006152557A JP 2006152557 A JP2006152557 A JP 2006152557A JP 2004340460 A JP2004340460 A JP 2004340460A JP 2004340460 A JP2004340460 A JP 2004340460A JP 2006152557 A JP2006152557 A JP 2006152557A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
floor
panel
vertical frame
panels
steel house
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2004340460A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3782817B1 (ja
Inventor
Kazunori Fujihashi
Yoshimichi Kawai
Shigeaki Tonai
良道 河合
繁明 藤内
一紀 藤橋
Original Assignee
Nippon Steel Corp
新日本製鐵株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nippon Steel Corp, 新日本製鐵株式会社 filed Critical Nippon Steel Corp
Priority to JP2004340460A priority Critical patent/JP3782817B1/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3782817B1 publication Critical patent/JP3782817B1/ja
Publication of JP2006152557A publication Critical patent/JP2006152557A/ja
Active legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04BGENERAL BUILDING CONSTRUCTIONS; WALLS, e.g. PARTITIONS; ROOFS; FLOORS; CEILINGS; INSULATION OR OTHER PROTECTION OF BUILDINGS
    • E04B1/00Constructions in general; Structures which are not restricted either to walls, e.g. partitions, or floors or ceilings or roofs
    • E04B1/02Structures consisting primarily of load-supporting, block-shaped, or slab-shaped elements
    • E04B1/08Structures consisting primarily of load-supporting, block-shaped, or slab-shaped elements the elements consisting of metal
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04BGENERAL BUILDING CONSTRUCTIONS; WALLS, e.g. PARTITIONS; ROOFS; FLOORS; CEILINGS; INSULATION OR OTHER PROTECTION OF BUILDINGS
    • E04B1/00Constructions in general; Structures which are not restricted either to walls, e.g. partitions, or floors or ceilings or roofs
    • E04B1/18Structures comprising elongated load-supporting parts, e.g. columns, girders, skeletons
    • E04B1/24Structures comprising elongated load-supporting parts, e.g. columns, girders, skeletons the supporting parts consisting of metal
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04BGENERAL BUILDING CONSTRUCTIONS; WALLS, e.g. PARTITIONS; ROOFS; FLOORS; CEILINGS; INSULATION OR OTHER PROTECTION OF BUILDINGS
    • E04B1/00Constructions in general; Structures which are not restricted either to walls, e.g. partitions, or floors or ceilings or roofs
    • E04B1/18Structures comprising elongated load-supporting parts, e.g. columns, girders, skeletons
    • E04B1/24Structures comprising elongated load-supporting parts, e.g. columns, girders, skeletons the supporting parts consisting of metal
    • E04B1/2403Connection details of the elongated load-supporting parts
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04BGENERAL BUILDING CONSTRUCTIONS; WALLS, e.g. PARTITIONS; ROOFS; FLOORS; CEILINGS; INSULATION OR OTHER PROTECTION OF BUILDINGS
    • E04B1/00Constructions in general; Structures which are not restricted either to walls, e.g. partitions, or floors or ceilings or roofs
    • E04B1/18Structures comprising elongated load-supporting parts, e.g. columns, girders, skeletons
    • E04B1/24Structures comprising elongated load-supporting parts, e.g. columns, girders, skeletons the supporting parts consisting of metal
    • E04B2001/2481Details of wall panels
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04BGENERAL BUILDING CONSTRUCTIONS; WALLS, e.g. PARTITIONS; ROOFS; FLOORS; CEILINGS; INSULATION OR OTHER PROTECTION OF BUILDINGS
    • E04B1/00Constructions in general; Structures which are not restricted either to walls, e.g. partitions, or floors or ceilings or roofs
    • E04B1/18Structures comprising elongated load-supporting parts, e.g. columns, girders, skeletons
    • E04B1/24Structures comprising elongated load-supporting parts, e.g. columns, girders, skeletons the supporting parts consisting of metal
    • E04B2001/2484Details of floor panels or slabs

Abstract

【課題】プラットフォーム構法でスチールハウスを構築方法する場合の欠点、つまり、補強金物等が必要となるため構造が複雑化するという欠点を解消し、しかも、該構法の長所である壁パネル使用による施工の容易性を維持できるようにすること。
【解決手段】上階まで伸長する通し縦枠スタッド20に下階用の壁パネル21を取付けて1階壁(下階壁)22を構成した後、通し縦枠スタッド20に上階用の壁パネル21を取付けて2階壁(上階壁)23を構成すると共に、下階の4辺に配設される壁パネル21のうち、対向する2辺の下階壁パネル21bの上端縁29を、対向する他の2辺の下階壁パネル21aの上端縁29aよりも一段低く設け、一段低い下階壁パネル21bの上端縁29に、床パネル24の両端部を乗せて支持することを特徴とする。
【選択図】図1

Description

本発明は、スチールハウスの構造形式および構築方法に関するものである。
スチールハウスは普通、板厚0.4mm以上、2.3mm未満の薄板軽量形鋼による枠材と、この枠材に構造用面材を組み合わせて構成される鉄鋼系パネル構造の建物と定義される。このスチールハウスで2、3階など比較的低い複数階の建物を構築するとき、従来は、最初に1階の床を完成させた後、その上に1層分の壁パネルを乗せ、1階部分が完成した後に上階の床パネルを1階壁パネルの上に乗せるといった、各階ごとに完成させていくプラットフォーム構法(いわゆる枠組壁構法)で施工されることが多い。このプラットフォーム構法には、重機・足場等が不要といった利点がある。
他方、このプラットフォーム構法では、上下階壁パネルの一体化はホールダウン金物(HD金物と略称することがある)と長尺ボルトによって行われていると共に、上下階の壁パネル間には、床パネルの根太端部が挿入されていて、この根太に加わる圧縮力を受けるために必ず圧縮力伝達用の補強金物が設置されており、これらホールダウン金物や補強金物が必要であるため、構造が複雑化するといった問題がある。
プラットフォーム構法による現在のスチールハウス設計法を図10に示す模式図によって説明する。図10に示すように、プラットフォーム構法では、最初に1階の床(図示せず)を完成させた後、その上に1層分の壁パネル1を乗せて1階壁2を構築し、1階壁2が完成した後に、上階の床パネル3を乗せ、この床パネル3の上に1層分の壁パネル1を乗せて2階壁4を構築する。壁パネル1はたて枠と上下のよこ枠を矩形に組んでなる壁フレームに構造用の面材を貼り付けて構成される。また、床パネル3は、側根太と端根太に床板を貼り付けて構成される。
前記のようにして構築されるプラットフォーム構法によるスチールハウスにおいて、上下階の壁2、4はホールダウン金物5その他の接合金物によって床3aを介して接合される。この接合構造の例は、特開平10−311110号(特許文献1)に開示されておりこれを図11に示す。
図11において、上下各階の壁パネル1は、それぞれ薄板軽量溝形鋼からなる、たて枠10と上枠11と下枠12を矩形に組み立ててなる壁フレームに構造用面材(以下面材という)13を貼り付けて構成される。さらに、図11に示すように壁パネル1の上部においては、たて枠10と上枠11はホールダウン金物5により固定され、同じく図11に示すように、壁パネル1の下部においても、たて枠10と下枠12はホールダウン金物5により固定されている。
また、薄板軽量溝形鋼からなる側根太15と端根太16に床板17を載置してなる床パネル3が、上下階を画するように下階の壁パネル1の上端と上階の壁パネル1の下端との間に配置される。この床パネル3に接合金物8が配設される。接合金物8は、筒体状に形成されたボルト挿通部6の上下端部にそれぞれフランジ7が水平に固着されており、上下フランジ7にボルト挿通孔7aが開設された構成であり、接合金物8のボルト挿通部6を挿通したボルト14を上下階の壁パネル1に設けたホールダウン金物5に連結することで、上下の壁パネル1が緊結される。前記において接合金物8は、根太15、16の上下端に当接するように立設され、ボルト14は下階のホールダウン金物5から接合金物8のボルト挿通部6を挿通し、さらに床板17および上階の壁フレームの下枠12を貫通し、上階のホールダウン金物5においてナット18により緊結固定するもので、ボルト14の下端も同様にナット18により下階のホールダウン金物5に緊結固定され、こうしてホールダウン金物5により、床パネル3を介して上下階の壁パネル1が接合される。
前記のプラットフォーム構法では、壁パネル1と床パネル3の接合、上下階壁パネル1、1の接合にホールダウン金物5や接合金物8等の補強金物が必要となるため、複雑なディテールとなり、それが現場施工を難しくする原因の1つとなっている。また、ピース数の増大、ディテールの複雑さから現場にて補強金物を省略された場合、危険な構造になる。さらに、従来のプラトフォーム構法では、荷重の伝達経路が複雑、設計煩雑化の原因にもなる。
他方、ホールダウン金物が必要なプラットフォーム構法を改良する1つの方法として、壁面躯体を構成する複数本の縦枠スタッドを全て上下階連続するように伸長して設け、この縦枠スタッドに側方から床パネルを固着すると共に、縦枠スタッドに壁面パネルの面材を取付ける方法が、特開平11−140975(特許文献2)によって開示されている。
しかし、特許文献2に開示の技術では、プラットフォーム構法の場合に可能な簡易な施工法、つまり、矩形に組み立てた壁フレームに構造用面材を予め張ってユニット化した壁パネルを各階毎に取付け各階を順に構築する施工手順を実施できず、上階まで伸びる縦枠スタッドを全て組んだ後に、現場で壁パネルの面材を張る必要があり、現場施工の手間を増大させるという問題がある。
特開平10−311110号公報 特開平11−140975号公報
本発明は、スチールハウスの躯体構造において、第1に、従来のプラットフォーム構法の欠点である、ホールダウン金物や補強金物を用いることに起因する構造の複雑化の問題を解決すると同時に、該構法のメリット、つまり各階ごとに壁を完成させていくことにより重機・足場等が不要となるというメリットを生かす構造とした。第2に、ホールダウン金物等が不要で、それ故に構造物を簡略化できる特開平11−140975号公報の他の欠点を改良した。
すなわち、前記従来例では、上階まで伸びる縦枠スタッドを構築した後に、構造用面材(壁材)を現場で取付けることにより現場施工の手間が増大するという欠点があるが、本発明ではこの現場作業を低減できるようにしたものである。
前記の目的を達成するため、本発明は、次のように構成する。
第1の発明は、基礎に立設する縦枠スタッドと壁パネル及び床パネルを組み立てて構造躯体を構築するスチールハウスの構造形式において、壁パネルの交差部やコーナ部に設ける縦枠スタッドを、上階に連続する通し縦枠スタッドで構成すると共に、薄板軽量溝形鋼を矩形に組んだ壁フレームに面材を張設して壁パネルを構成し、前記通し縦枠スタッドに下階用の壁パネルを接続して下階壁を構成した後、上階用の壁パネルを接続して上階壁を構成するスチールハウスの構造形式において、通し縦枠スタッドに取付ける壁パネルを部屋を構成する矩形の4辺に沿って配設すると共に、対向する2辺の下階壁パネルの上端縁を、対向する他の2辺の下階壁パネルの上端縁よりも一段低く設け、この一段低く設けた対向する2辺の壁パネルの上端に、床根太に床板を取付けて構成される床パネルの対向する2辺を乗せて支持することを特徴とする
第2の発明は、第1の発明において、通し縦枠スタッドを角形断面に形成し、その各辺に壁パネルのたて枠を当てがってファスナーで接合することにより、該通し縦枠スタッドを壁パネルの厚みの部分に納めて桁壁と界壁を構成することを特徴とする。
第3の発明は、第1または第2の発明において、通し縦枠スタッドは、鉄骨または木もしくは鉄筋コンクリートの何れかであることを特徴とする。
第4の発明は、第1〜第3の発明における縦枠スタッドと壁パネルとの接合において、ドリルねじまたはボルト、ワンサイドボルト等のファスナーを用いることを特徴とする。
第5の発明は、第1〜第4の発明におけるパネル構造の構築に際し、上階に連続する通し縦枠スタッドを基礎に立設した後、下階壁の部屋を構成する矩形の4辺に壁パネルを配設して通し縦枠スタッドに接続し、上階の床パネルの対向する2辺を下階壁パネルの対向する2辺の上端に支持させると共に、床パネルの対向する他の2辺を通し縦枠スタッドに接続し、前記の施工手順を繰り返して、上階壁と上階床を構築することを特徴とする。
本発明によると、(1)壁パネルの交差部やコーナ部に設ける縦枠スタッドを上階に連続するように伸長して設け、この通し縦枠スタッドに、予め工場製作によりユニット化された壁パネルを下階から順に接続して各階壁を構築でき、かつ通し縦枠スタッドに取付ける壁パネルを部屋を構成する矩形の4辺に沿って配設すると共に、対向する2辺の下階壁パネルの上端縁を、対向する他の2辺の下階壁パネルの上端縁よりも一段低く設け、この一段低く設けた対向する2辺の壁パネルの上端に、床根太に床板を取付けて構成される床パネルの対向する2辺を乗せて支持するので、従来技術に比べ施工性が向上する。すなわち従来は、予め立設した多数本の通し縦枠スタッドを壁フレームとして利用し、これに構造用面材を現場作業で張設する作業が行われたが、本発明ではこのような面倒な作業をなくすことができる。(2)構造躯体のディテールを簡素化できると共に、ホールダウン金物などの複雑な補強金物が不要となり、この点での現場負荷減、設計も簡素化が図れる。(3)通し縦枠スタッドを立設した後は、下階から順に各階ごとに構築できるので、従来のプラトフォーム構法の利点、つまり、重機・足場等が不要というメリットを維持したまま、前記(2)の改善が達成できる。
図1〜図4は、本発明の実施形態に係るスチールハウスの構造躯体の構築工程を示す模式図、図5(a)(b)は、床パネルの支持構造の詳細図、図6は、通し縦枠スタッドに壁パネルを取付ける状態の斜視図、図7(a)(b)は、壁パネルの斜視図と縦断面、図8(a)、(b)、図9は、通し縦枠スタッドに壁パネルを取付ける工程を示す平面説明図である。
図1〜図4の模式図によって本発明の概要を説明する。本発明に係るスチールハウスのパネル構造形式では、最初に1階の床19を完成させた後、その上に矩形の4辺に沿ってかつ所定の間隔をあけて複数本の通し縦枠スタッド20を立設する(図1)。次に、矩形の4辺に配設される縦枠スタッド20に外側から1層分の壁パネル21を取付けて1階壁22を完成する(図2)。図2では、対向する2辺の壁パネル21aにおいては、図1では1階壁22と2階壁23に出入り用の開口部27とその上部のまぐさ配置用壁パネル28を有している。また、図2、図3に示すように、対向する他の2辺の壁パネル21bの上端縁29を、対向する2辺の壁パネル21aの上端縁29aよりも一段低く設け、次に、対向する2辺に配置される一段低い壁パネル21bの上端縁29に床パネル24の両端部を乗せて支持する(図5(a)に示す)。
この床パネル21は薄板軽量溝形鋼からなる床根太(側根太と端根太)31の上面に床板32を取付けて構成される。床パネル24の両側部は、1階壁22と同様に2階壁の壁パネルにおける対向する他の2辺の壁パネル21aの上端に支持させて接続する(図5(b)に示す)。なお、床パネル24の床根太31の端部は、アングル材などのよこ支持枠を介してフレーム36に固定してもよい(但し、図示省略する)。
各階を構成するため矩形の4辺に配置される壁パネル21は、通し縦枠スタッド20に取付けられて、かつ各壁パネル21の下端縁は4辺とも同レベルに設けられている。したがって、対向する2辺の上下階の壁パネル21aの上下端縁は直接突き合わせ接続される。上下階の壁パネル21aの突合せ部の接続部には任意の接続金物を用いて接続できる。また、対向する他の2辺の上階の壁パネル21bの下端縁30が、図5(a)に示すように床パネル24の両端縁の上面を押える。
本発明によると、上階まで伸長する通し縦枠スタッド20に壁パネル21を取付けて1階壁(下階壁)22を完成した後、前記と同様の工程を繰り返して2階壁(上階壁)23を構築できるので、下階から順に各階壁を含む構造躯体を構築でき、重機や足場などが不要にできるというプラットフォーム構法と同様の利点を有している。しかも、通し縦枠スタッド20に壁パネ21を取付けるから、従来の床パネルを介して上下階の壁パネルを取付けるプラットフォーム構法の場合のようなホールダウン金物や接合金物を必要とせず、それゆえに、構造躯体のディテールを簡略化できる点で従来のプラットフォーム構法の欠点が解決されている。なお、床パネル21は、その両端縁を下階の壁パネル21bの上端縁に乗せて支持する手段以外の支持手段で支持することも可能である。
図6〜図9によって、壁パネル21の具体的構造および、通し縦枠スタッド20に壁パネル21を接続するための具体的構造の例を順に説明する。図6、図7に示すように、壁パネル21は、薄板軽量溝形鋼からなるたて枠33と上枠34と下枠35を矩形に組み立てた壁フレーム36の外側面に構造用面材(外壁用面材)37をファスナーで取付けて構成される。この壁パネル21は予め工場で製作されてユニット化された壁パネルであって、図6以下に示すように通し縦枠スタッド20の側面に2方または3方から取付けて各階壁が構成される。なお、図5に示す内壁側の面材26は、通し縦枠スタッド20に壁パネル21を取付けた後に現場施工で壁フレーム36の内面側に取付けられる。
角形断面の通し縦枠スタッド20に各壁パネル21を3方から近づけて取付けるには、図8(a)に示すように2つの桁壁を構成する壁パネル21及び、界壁を構成する壁パネル21の壁フレーム26(この段階では界壁の壁フレーム26には、面材が取付けられていない)を図示の矢印の方向から通し縦枠スタッド20の3つの側面に近づける。さらに通し縦枠スタッド20の側面に壁フレーム26の薄板軽量溝形鋼製のたて枠33のウエブ背面を当てがい、その当接面を貫通してドリルねじ、ワンサイドボルト等のファスナー38を打設して、各壁パネル21を通し縦枠スタッド20に固着する。このとき壁パネル21の壁フレーム36の厚み部分は、間隔をあけて立設される通し縦枠スタッド20の各辺の幅の内側に納まる。したがって、図9に示すように、通し縦枠スタッド20は、各壁パネル21の壁フレーム36の厚み部に位置していて、壁パネル21の側面から出張ることがない。
本発明によると、(1)上階まで伸長する通し縦枠スタッド20に上下階の壁パネル21を取付けることで各階壁を構成するから、構造躯体のディテールを簡素化でき、補強金物が不要となり現場負荷減、設計も簡素化が図れる。また、(2)床パネル24の両端を対向する2辺の壁パネル21の上端に乗せて支持することで、プラットフォーム構法の長所の維持したまま、前記(1)の改善が図られたものである。
本発明の実施形態に係るスチールハウスの構造躯体の第1構築工程を示す模式図である。 本発明の実施形態に係るスチールハウスの構造躯体の第2構築工程を示す模式図である。 本発明の実施形態に係るスチールハウスの構造躯体の第3構築工程を示す模式図である。 本発明の実施形態に係るスチールハウスの構造躯体の第4構築工程を示す模式図である (a)(b)は、床パネルの支持構造の詳細図である。 通し縦枠スタッドに壁パネルを取付ける状態の斜視図である。 (a)(b)は、壁パネルの斜視図と縦断面図である。 (a)(b)は、通し縦枠スタッドに壁パネルを取付ける工程を示す平面説明図である。 同じく、通し縦枠スタッドに壁パネルを取付ける工程を示す平面説明図である。 (a)は、スチールハウスにおける従来のプラットフォーム構法の設計法を示す模式図、(b)は、図(a)のC部の詳細図である。 (a)は、従来のプラットフォーム構法における上下階の接続構造を示す側面説明図、(b)は、接続金物の分解斜視図である。
符号の説明
1 壁パネル
2 1階壁
3 床パネル
3a 床
4 2階壁
5 ホールダウン金物
6 ボルト挿通部
7 フランジ
7aボルト挿通孔
8 接合金物
10 たて枠
11 上枠
12 下枠
13 面材
14 ボルト
15 側根太
16 端根太
17 床板
18 ナット
19 1階の床
20 通し縦枠スタッド
21 壁パネル
21a 壁パネル
21b 壁パネル
22 1階壁
23 2階壁
24 床パネル
25 2階の床
26 内壁側の面材
26a面材の上端縁
27 開口部
28 まぐさ配置用の壁パネル
29 上端縁
30 下端縁
31 床根太
32 床板
33 たて枠
34 上枠
35 下枠
36 壁フレーム
37 外壁用の面材
38 ファスナー

Claims (6)

  1. 基礎に立設する縦枠スタッドと壁パネル及び床パネルを組み立てて構造躯体を構築するスチールハウスの構造形式において、壁パネルの交差部やコーナ部に設ける縦枠スタッドを、上階に連続する通し縦枠スタッドで構成すると共に、薄板軽量溝形鋼を矩形に組んだ壁フレームに面材を張設して壁パネルを構成し、前記通し縦枠スタッドに下階用の壁パネルを接続して下階壁を構成した後、上階用の壁パネルを接続して上階壁を構成することを特徴とするスチールハウスの構造形式。
  2. 請求項1において、通し縦枠スタッドを角形断面に形成し、その各辺に壁パネルのたて枠を当てがってファスナーで接合することにより、該通し縦枠スタッドを壁パネルの厚みの部分に納めて桁壁と界壁を構成することを特徴とするスチールハウスの構造形式。
  3. 請求項1または2において、通し縦枠スタッドに取付ける壁パネルを部屋を構成する矩形の4辺に沿って配設すると共に、対向する2辺の下階壁パネルの上端縁を、対向する他の2辺の下階壁パネルの上端縁よりも一段低く設け、この一段低く設けた対向する2辺の壁パネルの上端に、床根太に床板を取付けて構成される床パネルの対向する2辺を乗せて支持することを特徴とするスチールハウスの構造形式。
  4. 請求項1〜3の何れか1項に記載する通し縦枠スタッドは、鉄骨または木もしくは鉄筋コンクリートの何れかであることを特徴とするスチールハウスの構造形式。
  5. 請求項1〜4の何れか1項に記載する縦枠スタッドと壁パネルとの接合において、ドリルねじまたはボルト、ワンサイドボルト等のファスナーを用いることを特徴とするスチールハウス構造形式。
  6. 請求項1〜5の何れか1項に記載のパネル構造の構築に際し、上階に連続する通し縦枠スタッドを基礎に立設した後、下階壁の部屋を構成する矩形の4辺に壁パネルを配設して通し縦枠スタッドに接続し、上階の床パネルの対向する2辺を下階壁パネルの対向する2辺の上端に支持させると共に、床パネルの対向する他の2辺を通し縦枠スタッドに接続し、前記の施工手順を繰り返して、上階壁と上階床を構築することを特徴とするスチールハウスの構築方法。
JP2004340460A 2004-11-25 2004-11-25 スチールハウスの構造形式および構築方法 Active JP3782817B1 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004340460A JP3782817B1 (ja) 2004-11-25 2004-11-25 スチールハウスの構造形式および構築方法

Applications Claiming Priority (6)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004340460A JP3782817B1 (ja) 2004-11-25 2004-11-25 スチールハウスの構造形式および構築方法
CN200580000590A CN100582405C (zh) 2004-11-25 2005-07-21 钢结构房屋的结构形式及构筑方法
KR20067001677A KR100732735B1 (ko) 2004-11-25 2005-07-21 스틸 하우스의 구조 형식 및 구축 방법
US10/565,431 US7882665B2 (en) 2004-11-25 2005-07-21 Construction configurations and construction methods of steel houses
PCT/JP2005/013779 WO2006057096A1 (ja) 2004-11-25 2005-07-21 スチールハウスの構造形式および構築方法
TW94124717A TWI292003B (en) 2004-11-25 2005-07-21 Structure and construction method of steel house

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP3782817B1 JP3782817B1 (ja) 2006-06-07
JP2006152557A true JP2006152557A (ja) 2006-06-15

Family

ID=36497842

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004340460A Active JP3782817B1 (ja) 2004-11-25 2004-11-25 スチールハウスの構造形式および構築方法

Country Status (6)

Country Link
US (1) US7882665B2 (ja)
JP (1) JP3782817B1 (ja)
KR (1) KR100732735B1 (ja)
CN (1) CN100582405C (ja)
TW (1) TWI292003B (ja)
WO (1) WO2006057096A1 (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103243847A (zh) * 2013-05-17 2013-08-14 东南大学 一种预制装配式冷成型钢楼盖及其施工方法
JP2016094789A (ja) * 2014-11-17 2016-05-26 株式会社フジタ 耐火パネルの接続構造

Families Citing this family (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR20090133106A (ko) * 2007-02-16 2009-12-31 아이에스에스아이 홀딩 컴퍼니, 엘엘씨 절연된 모듈 건축물 프레임
JP5435211B2 (ja) * 2009-04-08 2014-03-05 コスモンド株式会社 ユニットルームとその二段設置構造
US8561374B2 (en) * 2011-08-01 2013-10-22 Dov Steinberg Article of manufacture for wood construction
CN103362234A (zh) * 2012-04-06 2013-10-23 李向东 柱间墙的构筑方法
US9045894B2 (en) * 2012-05-11 2015-06-02 Frederick Hartmann Center-supported wall panel
BE1020712A5 (nl) 2012-06-15 2014-04-01 Ivo Swenters Structureel lichaam in raamwerkconstructies.
US8863467B1 (en) * 2013-11-21 2014-10-21 Dov Steinberg System and method for free standing prefabricated glued laminated modular timber frame members
US9394680B2 (en) * 2013-12-14 2016-07-19 Simpson Strong-Tie Company Drywall joist hanger
US20180347177A1 (en) * 2015-12-01 2018-12-06 Juan Fernando Ljubicic Rubio Polyfunctional structural connector
IT201800008117A1 (it) * 2018-08-17 2020-02-17 Manni Green Tech S.R.L. Sistema di costruzione per la realizzazione di una struttura prefabbricata

Family Cites Families (35)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US1818418A (en) * 1928-02-04 1931-08-11 Mcclintic Marshall Corp Steel frame house construction
US3310926A (en) * 1964-04-08 1967-03-28 Air Entpr Inc Panel construction
US3514912A (en) * 1968-09-23 1970-06-02 Everett K Smith Partition wall installation
US3821868A (en) * 1972-01-31 1974-07-02 Universal Modular Structures I Grooved structural element
US4514950A (en) * 1981-11-27 1985-05-07 Goodson Jr Albert A Building framing system and method
US4763609A (en) * 1986-11-20 1988-08-16 Bruce Kulik Animal leash
JPH03254879A (en) * 1990-03-02 1991-11-13 Mitsubishi Petrochem Eng Co Ltd Dewatering dryyer
US5113631A (en) * 1990-03-15 1992-05-19 Digirolamo Edward R Structural system for supporting a building utilizing light weight steel framing for walls and hollow core concrete slabs for floors and method of making same
US5479749A (en) * 1990-03-15 1996-01-02 Marco Consulting Services, Inc. Structural systems for supporting a building utilizing light weight steel framing for walls and hollow core concrete slabs for floors
US5070667A (en) * 1990-04-24 1991-12-10 Jay Henges Enterprises, Inc. Easily assembled building
US5203132A (en) * 1991-09-17 1993-04-20 Smolik Robert A Wall assembly
US5289665A (en) * 1991-09-26 1994-03-01 Higgins Gregory J Orthogonal framework for modular building systems
US5709172A (en) * 1992-07-06 1998-01-20 Maglich; Robert Leash
JP3025069U (ja) * 1995-11-21 1996-06-07 勝也 岩崎 建築用パネル
US5867964A (en) * 1995-12-20 1999-02-09 Perrin; Arthur Prefabricated construction panels and modules for multistory buildings and method for their use
JPH102018A (ja) 1996-06-18 1998-01-06 Jukankyo Kenkyusho:Kk 建物ユニットとユニット建物とその構築方法
US5782047A (en) * 1996-07-19 1998-07-21 De Quesada; Jorge High-rise building system using light gauge steel wall panels
JPH10311110A (ja) 1997-05-13 1998-11-24 Sugimoto Kenchiku Kenkyusho:Kk 建築物の接合構造
JPH11140975A (ja) 1997-11-05 1999-05-25 Nippon Steel Corp 鋼製住宅における骨組構造及び骨組構築方法
JP3072284B2 (ja) * 1998-10-22 2000-07-31 勉 宮越 建築用金属フレームパネル体とその施工方法
US6301854B1 (en) * 1998-11-25 2001-10-16 Dietrich Industries, Inc. Floor joist and support system therefor
US6185881B1 (en) * 1999-03-18 2001-02-13 Edward Wayne, Inc. Method and apparatus for reinforcing a door assembly
US6460297B1 (en) * 1999-12-21 2002-10-08 Inter-Steel Structures, Inc. Modular building frame
US6371055B1 (en) * 2000-04-28 2002-04-16 Marianne Lawrence Leash
US6625937B1 (en) * 2000-12-27 2003-09-30 Sunrise Holding, Ltd. Modular building and method of construction
US6754999B1 (en) * 2001-05-04 2004-06-29 Delmer L. Urbanczyk Building construction system
JP3559543B2 (ja) 2001-11-14 2004-09-02 新日本製鐵株式会社 スチールハウス製低層建物の枠組構造
US6688260B2 (en) * 2002-04-01 2004-02-10 Mpdi Retractable pet leash
US7210271B2 (en) * 2002-09-17 2007-05-01 Flexability Concepts Llc Header apparatus and method for a structural framing system
US7716899B2 (en) * 2003-04-14 2010-05-18 Dietrich Industries, Inc. Building construction systems and methods
CN2612743Y (zh) * 2003-04-24 2004-04-21 朴海天 组合式钢骨架系统
US7373762B2 (en) * 2003-06-02 2008-05-20 Hubbard Richard L Multi-functional assembly including a panel and stud with oppositely configured “V” notches along a cross sectional configuration
CN1211541C (zh) * 2003-06-16 2005-07-20 朱恒杰 一种预制复合轻板快速装配轻钢房屋
US20050279901A1 (en) * 2004-06-21 2005-12-22 Mccoy Kevin L Stud securing system
US7634879B2 (en) * 2007-03-06 2009-12-22 William Clay Trotter Structural support systems and methods to reinforce lintel support systems

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103243847A (zh) * 2013-05-17 2013-08-14 东南大学 一种预制装配式冷成型钢楼盖及其施工方法
JP2016094789A (ja) * 2014-11-17 2016-05-26 株式会社フジタ 耐火パネルの接続構造

Also Published As

Publication number Publication date
WO2006057096A1 (ja) 2006-06-01
US20080047225A1 (en) 2008-02-28
KR100732735B1 (ko) 2007-06-28
US7882665B2 (en) 2011-02-08
CN1842629A (zh) 2006-10-04
TWI292003B (en) 2008-01-01
JP3782817B1 (ja) 2006-06-07
CN100582405C (zh) 2010-01-20
KR20060086349A (ko) 2006-07-31
TW200617246A (en) 2006-06-01

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9518401B2 (en) Open web composite shear connector construction
US6298617B1 (en) High rise building system using steel wall panels
US7856786B2 (en) Wall and floor construction arrangements and methods
US20030084629A1 (en) Ring beam/lintel system
JP5833564B2 (ja) 建築用パネル化構造システム
US20100058687A1 (en) Method of constructing a multi-storey building using prefabricated modular panels
JP4583778B2 (ja) ユニット式建物
TW200424406A (en) A joint structure using a gusset plate, a building using the joint structure and a method of assembling or reinforcing a building
KR100643075B1 (ko) 모듈형 조립식 건축물 및 이의 시공방법
JP4928091B2 (ja) 木造建築物開口部における耐震用フレーム
JP4503982B2 (ja) 補強梁およびその補強梁を備えたユニット式建物
US7882665B2 (en) Construction configurations and construction methods of steel houses
KR101229194B1 (ko) 유자형 합성보 및 덮개부재를 이용한 층고절감형 철골골조
EA200701334A1 (ru) Конструкция междуэтажного перекрытия со стальными балками перекрытия, снабженными отверстиями с кромками
JP5249522B2 (ja) 柱補強構造
US5685114A (en) Structural member, floor structure, and roof structure for wooden building and a method of building with the same
JP2009209551A (ja) ユニット式建物及び補強部材
JP2005098036A (ja) 木質部材の接合構造
JP4270380B2 (ja) 木造軸組住宅の耐震補強構造及び方法
JP4748637B2 (ja) 建物ユニットの接合構造
JP2005023665A (ja) ユニット式建物
JP5271739B2 (ja) 屋上付帯構造物及びユニット建物
CZ287042B6 (en) Assembly process of self-supporting building element having the form of a box
US20130259563A1 (en) Universal construction bracket method and apparatus
JP2005030151A (ja) 建造物の躯体構造

Legal Events

Date Code Title Description
TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20060307

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20060310

R151 Written notification of patent or utility model registration

Ref document number: 3782817

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R151

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090317

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100317

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110317

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120317

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130317

Year of fee payment: 7

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130317

Year of fee payment: 7

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130317

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130317

Year of fee payment: 7

S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130317

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140317

Year of fee payment: 8

S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350