JP2003236153A - 遊技機、遊技ソフトウエア、及びサーバ - Google Patents

遊技機、遊技ソフトウエア、及びサーバ

Info

Publication number
JP2003236153A
JP2003236153A JP2002037484A JP2002037484A JP2003236153A JP 2003236153 A JP2003236153 A JP 2003236153A JP 2002037484 A JP2002037484 A JP 2002037484A JP 2002037484 A JP2002037484 A JP 2002037484A JP 2003236153 A JP2003236153 A JP 2003236153A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
game
sound
image
displayed
player
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2002037484A
Other languages
English (en)
Inventor
Kazuo Okada
和生 岡田
Nobuo Yaegashi
信夫 八重樫
Original Assignee
Aruze Corp
アルゼ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Aruze Corp, アルゼ株式会社 filed Critical Aruze Corp
Priority to JP2002037484A priority Critical patent/JP2003236153A/ja
Publication of JP2003236153A publication Critical patent/JP2003236153A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 音による演出の重要度を高めて、遊技者が音
による演出にも注意を払うようにし、遊技者の興味をよ
り可変表示ゲームに引き付けて、遊技者に遊技を楽しま
せることができる遊技機、遊技ソフトウエア、及びサー
バを提供すること。 【解決手段】 画面画像に伴って立体的な音響を用いた
演出を行い、同演出において、立体的な音響により遊技
者が体感する仮想的な音源の位置を所定の方向へと移動
させることによって、通常の遊技状態から遊技者にとっ
て有利な大当たり遊技状態への移行を予告することにし
た。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、遊技機、遊技ソフ
トウエア、及びサーバに関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来のパチンコ遊技機として、各々が変
動表示され、所定のタイミングで個別に停止できるよう
にした複数の識別情報画像、さらにはキャラクタ画像及
び背景画像を含む画面画像が表示される表示部を有する
遊技機がある。
【0003】このような表示部を備えた遊技機では、通
常の遊技状態において遊技盤に設けた始動口に遊技球が
入ると、前記複数の数字や記号等からなる識別情報画像
が変動表示される可変表示ゲームが行われ、かかる可変
表示ゲームの結果、複数の識別情報画像が例えばゾロ目
となる配列(「7」「7」「7」等)といった予め定め
られた所定の配列(組合せ)で停止した場合には、遊技
盤に設けた比較的大きな大入賞口が所定回数だけ開閉す
る遊技者にとって有利な大当たり遊技状態へ移行させる
のが一般的であり、かかる可変表示ゲームが行われる
間、表示部では前記画面画像を用いて様々な演出が行わ
れていた。
【0004】また、上記遊技機には通常スピーカが設け
られており、表示部における画面画像と併せてスピーカ
からBGMや効果音や音声等を出力して、画面画像によ
る演出を音による演出によってより一層盛り上げてい
た。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】ところが、上記従来の
演出方法では、音による演出はあくまでも画面画像によ
る演出を補足する役割しかしておらず、音による演出の
重要度が低かった。従って、画面画像による演出と音に
よる演出との両方を行っていたとしても、遊技者は表示
部における演出だけに注意を向けて音による演出を聞き
流している可能性が高く、音による演出が余り意味のな
いものとなってしまっていた。
【0006】そのため、可変表示ゲームの演出が結局は
一元的な単調なものとなってしまって、遊技者の興味を
可変表示ゲームに引き付けることができず、遊技者を飽
きさせてしまうおそれがあった。
【0007】そこで、本発明は、音による演出の重要度
を高めて、遊技者が音による演出にも注意を払うように
し、遊技者の興味をより可変表示ゲームに引き付け、遊
技者に遊技を楽しませるようにした。
【0008】
【課題を解決するための手段】すなわち、請求項1に係
る本発明では、各々が変動表示され、所定のタイミング
で個別に停止表示できるようにした複数の識別情報画
像、さらにはキャラクタ画像及び背景画像を含む画面画
像が表示される表示部を有し、同表示部において前記複
数の識別情報画像が所定の組合せで停止した場合には、
遊技状態を通常の遊技状態から遊技盤に設けた大入賞口
を開閉する遊技者にとって有利な大当たり遊技状態へと
移行させるべく構成した遊技機において、前記画面画像
に伴って立体的な音響を用いた演出を行い、同演出にお
いて、立体的な音響により遊技者が体感する仮想的な音
源の位置を所定の方向へと移動させることによって、通
常の遊技状態から遊技者にとって有利な大当たり遊技状
態への移行を予告することを特徴とする遊技機を提供せ
んとするものである。
【0009】請求項2に係る本発明では、前記請求項1
に係る本発明において、立体的な音響は、所定の種類の
音響であることを特徴とする遊技機を提供せんとするも
のである。
【0010】請求項3に係る本発明では、各々が変動表
示され、所定のタイミングで個別に停止表示できるよう
にした複数の識別情報画像、さらにはキャラクタ画像及
び背景画像を含む画面画像が表示される表示部において
前記複数の識別情報画像を所定の組合せで停止させた場
合には、遊技状態を通常の遊技状態から遊技盤に設けた
大入賞口を開閉する遊技者にとって有利な大当たり遊技
状態へと移行させ、しかも、前記画面画像に伴って立体
的な音響を用いた演出を行わせ、同演出において、立体
的な音響により遊技者が体感する仮想的な音源の位置を
所定の方向へと移動させることによって、通常の遊技状
態から遊技者にとって有利な大当たり遊技状態への移行
を予告させることを特徴とする遊技ソフトウエアを提供
せんとするものである。
【0011】請求項4に係る本発明では、端末機と通信
可能なサーバであって、各々が変動表示され、所定のタ
イミングで個別に停止表示できるようにした複数の識別
情報画像、さらにはキャラクタ画像及び背景画像を含む
画面画像が表示される表示部において前記複数の識別情
報画像を所定の組合せで停止させた場合には、遊技状態
を通常の遊技状態から遊技盤に設けた大入賞口を開閉す
る遊技者にとって有利な大当たり遊技状態へと移行させ
る制御を端末機に対して行い、しかも、前記画面画像に
伴って立体的な音響を用いた演出を行わせ、同演出にお
いて、立体的な音響により遊技者が体感する仮想的な音
源の位置を所定の方向へと移動させることによって、通
常の遊技状態から遊技者にとって有利な大当たり遊技状
態への移行を予告させる制御を端末機に対して行うこと
を特徴とするサーバを提供せんとするものである。
【0012】
【発明の実施の形態】本発明に係る遊技機は、遊技盤の
略中央に液晶表示装置からなる表示部を配設して、同表
示部に複数の数字や記号等からなる識別情報画像及びキ
ャラクタ画像及び背景画像を含む画面画像を表示すると
ともに、同表示部の周囲に入賞口、大入賞口、始動口を
配設し、かかる始動口に遊技球が入った場合には、前記
識別情報画像を変動表示する可変表示ゲームを行うよう
に構成したものである。
【0013】かかる可変表示ゲームの結果、複数の識別
情報画像が例えば偶数のゾロ目となる配列(「2」
「2」「2」や「6」「6」「6」等)といった予め定
められた所定の配列(組合せ)で停止した場合には、通
常の遊技状態から遊技盤に設けた比較的大きな大入賞口
が所定回数だけ開閉する遊技者にとって有利な大当たり
遊技状態へ移行させ、また、複数の識別情報画像が例え
ば奇数のゾロ目となる配列(「3」「3」「3」や
「7」「7」「7」等)といった予め定められた所定の
配列(組合せ)で停止した場合には、通常の遊技状態か
ら大当たり遊技状態へ移行した後に、次の可変表示ゲー
ムにおいて識別情報画像が再び大当たり遊技状態へと移
行させる配列となる確率を通常よりも高くした確率変動
状態へと移行させるようにした。
【0014】しかも、本発明に係る遊技機では、前記画
面画像に伴って立体的な音響を用いた演出を行い、同演
出において、立体的な音響により遊技者が体感する仮想
的な音源の位置を所定の方向へと移動させることによっ
て、通常の遊技状態から遊技者にとって有利な大当たり
遊技状態への移行を予告することにした。
【0015】このように、遊技者が最も注目する大当た
り遊技状態への移行を、立体的な音響により遊技者が体
感する仮想的な音源の位置を所定の方向へと移動させる
ことによって予告するようにしたので、音による演出の
重要度が大きくなり、遊技者は音による演出に注意を払
う必要性が生じてくる。従って、従来の画面画像による
演出に加えて音による演出によって効果的な演出を行う
ことが可能となり、遊技者を飽きさせることなく遊技に
引き付けることができる。
【0016】特に、本発明では、音による演出に立体的
な音響を用いているので、奥行きと広がりのある臨場感
に溢れた演出が可能であり、しかも、遊技者は、仮想的
な音源の位置がどちらの方向へ移動したかを見極めるべ
く遊技に集中することとなるので、より一層遊技者を遊
技に引きつけて遊技を楽しませることができる。
【0017】しかも、本発明によれば、たとえ目を閉じ
ていたとしても大当たり遊技状態への移行予告を知るこ
とができるので、常に画面を注視する必要がなくなり、
目を疲れさせることなく遊技を続けることができる。
【0018】また、前記大当たり遊技状態への移行予告
に用いる立体的な音響を所定の種類の音響とすれば、遊
技者は、立体的な音響の種類にも注意を払う必要性が生
じ、遊技者をより一層遊技に集中させて遊技に引きつけ
ることができる。
【0019】かかる遊技機は、各種の表示を行う表示部
と各種の制御を行う制御部とが一体的にケーシング内に
収容された遊技装置であってもよく、或いは、汎用のコン
ピュータや携帯端末装置等に各種の制御を行うソフトウ
ェアをインストールしたものでもよく、さらには、サー
バと端末装置(クライアント)とに分割して構成したも
のであってもよい。
【0020】尚、本明細書で言う「遊技機」は、各種の
表示を行う表示部と各種の制御を行う制御部とが一体的
にケーシング内に収容された遊技装置であってもよく、
或いは、汎用のコンピュータや携帯端末装置等に各種の
制御を行うソフトウェアをインストールしたものでもよ
く、さらには、サーバと端末装置(クライアント)とに
分割して構成したものであってもよい。
【0021】また、本明細書で言う「識別情報」とは、
文字、記号、絵柄又は模様(図柄)等の視覚によって識
別可能な情報をいう。
【0022】また、「変動表示」とは、識別情報が順次
変化する場合、例えば1つの識別情報である図柄「7」
から他の識別情報である図柄「8」へ変更する場合や、
図柄「9」から他の図柄「☆」へ変更して表示する場合
のほか、識別情報を表示し得る表示領域において1つの
識別情報が表示されたままその識別情報が移動して表示
するような場合、例えば、1つの図柄「7」が表示領域
内において表示されつつ移動する場合を含む概念であ
る。さらに、識別情報の表示態様が変化する場合、例え
ば1つの図柄「7」が変形して横長に表示されたり縦長
に表示されたりする場合や、図柄が拡大されて表示され
たり、縮小されて表示される場合等も含む概念である。
【0023】また、「通常画面」とは、遊技の大当たり
を予告する予告画面としてのリーチ画面及び大当たり時
の大当たり演出画面を除く概念をいう。また、変動表示
されていた識別情報が一旦停止した後、再び識別情報が
変動表示されてリーチや大当たりに至るまでの間に表示
される演出画面をも含む概念である。さらに、表示部に
おいてなされる可変表示ゲームの遊技結果がはずれとな
るときに表示される画面も含む概念である。
【0024】また、「立体的な音響」とは、遊技者に対
して奥行きと広がりとを感じさせる音をいう。そのよう
な立体的な音響は、該音を発生させる音信号や、該音信
号となる音データに対して、例えば、遊技者の両耳の入
り口における音の音圧の相関係数を変化させる処理や、
残響音を発生させる音信号を付加する処理等を施した
後、処理を施した音信号に基づいてスピーカより音を出
力することにより得ることができる。
【0025】なお、本明細書において、音データとは、
遊技機等が備えた記憶媒体(例えば、ROM等)に記憶
された電子データをいうこととし、音信号とは、スピー
カに入力される電気信号をいうこととする。
【0026】また、上述したような処理を施した音信号
又は音データに基づいて音を出力する際、通常、2個又
は3個以上のスピーカ(回路)を用いることにより、立
体的な音響を出力することが可能であるが、本発明の遊
技機や、本発明のサーバにより制御される端末機(以
下、端末機等ともいう)においても同様であり、2個又
は3個以上のスピーカ(回路)を用いることにより、立
体的な音響を出力することができる。また、本発明で
は、必ずしも、2個又は3個以上のスピーカを用いる必
要はなく、1個であってもよい。また、上記スピーカを
設ける位置についても、特に限定されるものではない。
上記スピーカの位置及び個数については、スピーカから
出力される音によって、立体音の効果が充分に得られる
ように、適宜設定することが可能である。
【0027】また、本発明の遊技機等では、必ずしも、
常に立体的な音響を出力する必要はなく、例えば、通常
の遊技状態から大当たり遊技状態への移行を予告する場
合にのみ、上記立体的な音響を出力することとしてもよ
い。
【0028】また、「仮想的な音源」とは、遊技機等が
備えたスピーカから出力される音により、遊技者の感覚
内に生じる上記スピーカとは異なる位置に存在する仮想
の音源をいう。
【0029】従って、遊技機等の正面に遊技者が位置し
ている場合、遊技機等が備えたスピーカにより仮想的な
音源を発生させる音を出力し、遊技者の後方に仮想的な
音源を発生させると、遊技者は、正面にある遊技機等が
備えたスピーカから音が出力されているにも拘わらず、
後方に発生した上記仮想的な音源から音が出力されてい
るように感じる。この場合、遊技者の感覚では、上記ス
ピーカと異なる位置に上記仮想的な音源が発生したこと
になるのである。
【0030】以下、上記仮想的な音源について説明す
る。
【0031】スピーカからの音波は、例えば遊技者のい
る遊技場や空間等の場の伝達系と、遊技者の頭部、耳
殻、肩等の反射、回折、共振による伝達系の作用を受け
て、遊技者の両耳の鼓膜に至る。これらの伝達系の伝達
関数、すなわち、音源から外耳道までの伝達関数は頭部
音響伝達関数と呼ばれている。上記頭部音響伝達関数
は、例えば、M系列法、クロススペクトル法等の測定法
により得ることができる。
【0032】上記仮想的な音源は、例えば、遊技者と遊
技機等が備えたスピーカとの位置関係や、遊技者と発生
させる仮想的な音源との位置関係等により得られる頭部
音響伝達関数を用いて、音データ又は音信号に処理を施
し、該音データ又は音信号に基づく音を出力することに
より発生させることができる。
【0033】このような処理は、例えば、演算処理装置
であるDSP(Digital Signal Processor)等により行
うことが可能であり、例えば、FIR(Finite-duratio
n Impulse Response)フィルタや、IIR(Infinite-d
uration Impulse Response)等のフィルタを用いること
により実現することができる。
【0034】さらに、上記仮想的な音源について、図3
0〜図32を用いて詳述することにする。
【0035】図30は、仮想的な音源についての説明
図、すなわち、聴取者が、該聴取者の前方に配置された
2つのスピーカにより出力された音を聞いている状態
を、聴取者が該聴取者の右後側に存在する仮想的な音源
により出力された音を聞いている状態と比較して示した
説明図である。
【0036】まず、聴取者Aが、聴取者Aの右後側に存
在する仮想的な音源210により出力された音を聞いて
いると仮定する。
【0037】このとき、仮想的な音源210により出力
される音の周波数特性(例えば、音圧レベル、周波数
等)をVS、仮想的な音源210から聴取者Aの左耳へ
の頭部音響伝達関数をHL、仮想的な音源210から聴
取者Aの右耳への頭部音響伝達関数をHRとすると、聴
取者Aの左耳の外耳付近における音の周波数特性E
Lと、右耳の外耳付近における音の周波数特性ERとは、
それぞれ下記(1)及び(2)式で表すことができる
(図30参照)。 EL=VS×HL・・・(1) ER=VS×HR・・・(2)
【0038】次に、スピーカ211(211a、211
b)により出力された音を聞いている場合を考える。な
お、スピーカ211aは、聴取者Aの前方の左側に位置
しており、スピーカ211bは、聴取者Aの前方の右側
に位置している。
【0039】スピーカ211aにより出力される音の周
波数特性をLS、スピーカ211aから聴取者Aの左耳
への頭部音響伝達関数をLGL、スピーカ211bから
聴取者Aの右耳への頭部音響伝達関数をLGRとし、ス
ピーカ211bにより出力される音の周波数特性をR
S、スピーカ211bから聴取者Aの左耳への頭部音響
伝達関数をRGL、スピーカ211bから聴取者Aの右
耳への頭部音響伝達関数をRGRとすると、聴取者Aの
左耳の外耳付近における音の周波数特性ELと、右耳の
外耳付近における音の周波数特性ERとは、それぞれ下
記(3)及び(4)式で表すことができる(図30参
照)。 EL=LS×LGL+RS×RGL・・・(3) ER=LS×LGR+RS×RGR・・・(4)
【0040】上記(1)〜(4)式により、スピーカ2
11aにより出力される音の周波数特性LSと、スピー
カ211bにより出力される音の周波数特性RSとにつ
いて、下記(5)及び(6)式を得ることができる(図
30参照)。 LS=VS×(RGL×HR−RGR×HL)/XG・・・(5) RS=VS×(−LGL×HR+LGR×HL)/XG・・・(6) (但し、XG=RGL×LGR−RGR×LGL
【0041】また、図30に示すように、スピーカ21
1(211a、211b)が聴取者Aから見て左右対称
に配置されている場合、スピーカ211から聴取者Aの
近い方の耳への頭部音響伝達関数、すなわち、左耳への
頭部音響伝達関数LGLと右耳への頭部音響伝達関数R
Rを同じ頭部音響伝達関数とすることができる。スピ
ーカ211から聴取者Aの遠い方の耳への頭部音響伝達
関数についても同様である。
【0042】従って、スピーカ211から聴取者Aの近
い方の耳への頭部音響伝達関数をG N、スピーカ211
から聴取者Aの遠い方の耳への頭部音響伝達関数をGF
とすると、上記(5)及び(6)式は、それぞれ下記
(7)及び(8)式のように示すこともできる。 LS=VS×(GF×HR−GN×HL)/(GF 2−GN 2)・・・(7) RS=VS×(−GN×HR+GF×HL)/(GF 2−GN 2)・・・(8)
【0043】すなわち、仮想的な音源210により出力
する音の周波数特性VSを設定し、周波数特性VSの音
を発生させる音信号又は音データに対して上記(5)及
び(6)式(上記(7)及び(8)式)を用いた処理を
施し、周波数特性LS及びRSの音を発生させる音信号
又は音データを得、得た周波数特性LS及びRSの音信
号又は音データに基づく音をそれぞれスピーカ211a
とスピーカ211bとから出力することにより、仮想的
な音源210を発生させることが可能になる。
【0044】しかし、上述した方法により仮想的な音源
を発生させた場合、左のスピーカから右耳へ到達する音
と、右のスピーカから左耳へ到達する音とにおいてクロ
ストークが発生するおそれがある。上記クロストークが
発生した場合、聴取者は、仮想的な音源の位置に違和感
を覚えることがある。このようなクロストークは、スピ
ーカにより出力する音を発生させる音信号に上記クロス
トークを打ち消す処理を施すことにより、その発生を抑
えることができる。
【0045】次に、上記クロストークの発生を抑制して
仮想的な音源を発生させる音を出力する方法について説
明する。
【0046】図31は、仮想的な音源についての説明
図、すなわち、聴取者がヘッドフォンから出力された音
を聞いている状態を、聴取者が該聴取者の右後側に存在
する仮想的な音源により出力された音を聞いている状態
と比較して示した説明図である。
【0047】聴取者Aがヘッドフォン301(301
a、301b)により出力された音を聞いている場合を
考える。なお、ヘッドフォン301aは、聴取者Aの左
側に位置しており、ヘッドフォン301bは、聴取者A
の右側に位置している。
【0048】ヘッドフォン301aにより出力される音
の周波数特性をLP、ヘッドフォン301bにより出力
される音の周波数特性をRP、ヘッドフォン301(3
01a、301b)から聴取者Aの耳への頭部音響伝達
関数をNBとすると、聴取者Aの左耳の外耳付近におけ
る音の周波数特性ELと、右耳における音の周波数特性
Rとは、それぞれ下記(9)及び(10)式で表すこ
とができる(図31参照)。 EL=LP×NB・・・(9) ER=RP×NB・・・(10)
【0049】上記(1)及び(2)式と、上記(9)及
び(10)式とにより、ヘッドフォン301aにより出
力される音の周波数特性LPと、ヘッドフォン301b
により出力される音の周波数特性RPとについて、下記
(11)及び(12)式を得ることができる(図31参
照)。 LP=VS×HL/NB・・・(11) RP=VS×HR/NB・・・(12)
【0050】上記(7)及び(8)式と、上記(11)
及び(12)式とにより、スピーカ211aにより出力
される音の周波数特性LSと、スピーカ211bにより
出力される音の周波数特性RSとについて、下記(1
3)及び(14)式を得ることができる(図30及び図
31参照)。 LS=〔(NB/GN)/[1−(GF/GN)2]〕×[LP−(GF/GN)×RP]・・・ (13) RS=〔(NB/GN)/[1−(GF/GN)2]〕×[RP−(GF/GN)×LP]・・・ (14)
【0051】このように、仮想的な音源210により出
力する音の周波数特性VSを設定し、周波数特性VSの
音信号に対して上記(11)〜(14)式を用いた処理
を施し、周波数特性LS及びRSの音信号を得、得た周
波数特性LS及びRSの音信号に基づく音をそれぞれス
ピーカ211aとスピーカ211bとから出力すること
により、クロストークをほとんど発生させることなく、
仮想的な音源210を発生させることが可能になる。
【0052】図32は、仮想的な音源についての説明
図、すなわち、上述した処理を施す過程について説明す
るため説明図である。
【0053】仮想的な音源210により出力させる音
(周波数特性:VS)となる音信号又は音データを予め
用意しておき、上記(11)及び(12)式により得ら
れるフィルタ401を用いて、該音信号を処理すること
により、ヘッドフォン301により出力する音信号又は
音データ(周波数特性:LP、RP)を得ることができ
る。通常、この処理はバイノーラル変換と呼ばれる。次
に、上記(13)及び(14)式により得られるフィル
タ402及び403を用いて、得られた音信号又は音デ
ータ(周波数特性:LP、RP)を処理することによ
り、スピーカ211により出力する音を発生させる音信
号又は音データ(周波数特性:LS、RS)を得ること
ができる。
【0054】このようにして得られた音信号又は音デー
タに基づいて、スピーカ211aにより周波数特性LS
の音を出力するとともに、スピーカ211bにより周波
数特性RSの音を出力することにより、聴取者Aは、ス
ピーカ211から音が出力されているにも拘わらず、右
後側に発生した仮想的な音源210から音が出力されて
いるように感じるのである。なお、上記仮想的な音源を
移動させるには、その移動に対応したフィルタ401〜
403を用意しておけばよい。
【0055】また、聴取者の頭部が若干動くこと等を考
慮して、例えば、その動きに応じた上記聴取者の両耳に
到達する音の変化を補正することができるフィルタを用
意しておいてもよい。
【0056】さらに、例えば、図30や図31に示す仮
想的な音源210以外に発生させる仮想的な音源の周波
数特性を設定し、上記(1)〜(14)式を得る方法と
略同様の方法を用いることにより、複数の仮想的な音源
を発生させることができるフィルタを用意することも可
能である。
【0057】本発明においては、遊技機内の記憶媒体
(例えば、ROM等)に記憶された音データ、又は、ス
ピーカに入力される音信号に対して、上記(5)及び
(6)を用いた処理を施すことにしてもよく、上記(1
1)〜(14)を用いた処理を施すことにしてもよい。
また、これらの処理を施した音データを予め遊技機内の
記憶媒体(例えば、ROM等)に記憶させておいてもよ
い。
【0058】また、上述したような方法により仮想的な
音源を発生させる際に用いることができるスピーカとし
ては、従来公知のスピーカ、例えば、コーン・スピー
カ、ホーン・スピーカ、ドーム・スピーカ、コンデンサ
・スピーカ、リボン型スピーカ、イオン型スピーカ等を
挙げることができる。
【0059】さらに、「パラメトリックスピーカ」と
は、遊技者に聞かせたい音(可聴域の音波)を指向性の
強い超音波に乗せて出力し、スポットライトのように所
定の箇所に音を集中させるスピーカであり、音波の非線
形相互作用を利用して、出力した超音波を自己検波させ
ることにより、遊技者に聞かせたい音を発生させるスピ
ーカである。
【0060】なお、本発明の遊技機において、スピーカ
は、パラメトリックスピーカであることが望ましい。上
述したように、本発明では、立体的な音響を用いて通常
の遊技状態から大当たり遊技状態への移行を予告するの
で、各遊技者はそれぞれ自分の遊技に関係する音を確実
に聞き取る必要があり、近隣で遊技を行っている遊技者
同士が、各自のスピーカから出力されている音でお互い
に他人の遊技をじゃましないようにするためである。
【0061】以下、上記パラメトリックスピーカについ
て、図33を用いて説明する。
【0062】図33(a)は、パラメトリックスピーカ
についての説明図であり、図33(b)は、正弦波によ
る非線形相互作用の周波数スペクトルを模式的に示す図
である。また、図33(c)は、振幅変調波による非線
形相互作用の周波数スペクトルを模式的に示す図であ
る。
【0063】図33(a)に示すように、パラメトリッ
クスピーカ500から、一次音波である周波数f1の超
音波と周波数f2の超音波(但し、f2>f1)とを出力
する場合について考える。このような状況における正弦
波同士の非線形相互作用を示す周波数スペクトルは、図
33(b)に示すようになる。すなわち、一次音波であ
る周波数f1の超音波と周波数f2の超音波とが非線形干
渉することにより、二次音波である周波数(f2+f1
の音(和音)と、周波数(f2−f1)の音(差音)とが
生成される(図33(a)及び(b)参照)。
【0064】このとき、周波数(f2−f1)が可聴域の
周波数となるように、パラメトリックスピーカ500か
ら、周波数f1の超音波と周波数f2の超音波とを出力す
ると、可聴域において周波数(f2−f1)の音を生成す
ることができる。また、上述したように生成した周波数
(f2−f1)の音は、超音波と同様に指向性が強いた
め、スポットライトのように所定の箇所に音を集中させ
ることが可能になる。
【0065】ただし、通常、パラメトリックスピーカに
おいては、図33(a)及び(b)に示すように、異な
る周波数の超音波を出力することはほとんどなく、通
常、可聴域の変調信号により超音波の搬送波を変調させ
て得られる振幅変調波を出力する。
【0066】次に、パラメトリックスピーカから振幅変
調波を出力する場合について、図33(c)を用いて説
明する。
【0067】通常、変調信号により搬送波を変調させて
得られる振幅変調波(被変調波)501は、図33
(c)に示すように、搬送波501a、上側波(上側波
帯)501b及び下側波(下側波帯)501cを含む。
【0068】この振幅変調波501が、音波の非線形相
互作用を受けると、搬送波501aと上側波501bと
が非線形干渉するとともに、搬送波501aと下側波5
01cとが非線形干渉する。その結果、上記変調信号に
相当する二次音波である変調波502を生成することが
できる。すなわち、振幅変調波501は、音波の非線形
相互作用を利用して自己検波することができるのであ
る。
【0069】この場合、上記変調信号が、そのまま二次
音波である変調波502として出力されるので、上記変
調信号に、例えば音声や効果音等となる可聴域の音信号
を選択し、上記搬送波に、超音波を選択すると、スポッ
トライトのように所定の箇所に音を集中させることが可
能になる。
【0070】上述したパラメトリックスピーカを備えた
本発明の遊技機では、該パラメトリックスピーカにより
出力された音が音波の非線形相互作用を受けることによ
り、二次音波が発生する箇所、及び、該二次音波が伝わ
る領域においてのみ、遊技者は、該パラメトリックスピ
ーカにより出力された音を聞くことができる。このと
き、二次音波が発生する箇所が、上記パラメトリックス
ピーカとは異なる位置に存在する仮想の音源、すわな
ち、仮想的な音源となる。なお、このようにして発生さ
せた仮想的な音源は、上記パラメトリックスピーカの向
き等を変化させることができるようにすることにより、
移動させることが可能である。
【0071】
【実施例】以下に、本発明の実施例について図面に基づ
いて説明する。
【0072】[第1実施例]本発明に係る遊技機の概観
を示す正面図を図1に示す。尚、以下において説明する
実施例においては、本発明に係る遊技機に好適な実施例
として本発明をパチンコ遊技装置に適用した場合を示
す。しかし、本発明に係る遊技機はパチンコ遊技装置に
限られず、携帯型ゲーム装置やゲームソフトをインスト
ールした汎用コンピュータやネットワークを介してサー
バに接続された携帯端末機に適用することもできる。
尚、本明細書においては、パチンコ遊技装置10という
のは、パチコン機をも含む概念である。
【0073】パチンコ遊技装置10には、矩形枠状の本
体枠12と、同本体枠12に組み込まれた矩形板状の遊
技盤14と、同遊技盤14の前面に設けられた本体枠1
2の窓枠16と、同窓枠16の下側で本体枠12の前面
に設けられた上皿20及び下皿22と、同下皿22の右
側に設けられた発射ハンドル26と、同ハンドル26の
下方及び前記下皿22の下方に左右対称に設けられた2
つのスピーカ46,46とが配置されている。
【0074】また、遊技盤14の前面には複数の障害釘
が打ちこまれている。尚、釘を打ち込むような構成とせ
ず、遊技盤14を樹脂素材で成形し、この樹脂素材の遊
技盤14に金属製の棒状体を遊技盤14の前方向に突出
するように植設する構成としてもよく、上述した如き構
成したパチンコ遊技装置10(パチコン機)にも本発明
を適用することができる。
【0075】さらに、発射ハンドル26は本体枠12に
対して回動自在に設けられており、遊技者は発射ハンド
ル26を操作することにより遊技球を遊技盤14上に発
射してパチンコ遊技を進めることができるのである。発
射ハンドル26の裏側には、発射モータ28が設けられ
ており、発射ハンドル26が遊技者によって時計回り方
向へ回動操作されたときには、発射モータ28に電力が
供給され、上皿20に貯留された遊技球が遊技盤14に
順次発射される。
【0076】発射された遊技球は、遊技盤14上に設け
られたガイドレール30に案内されて遊技盤14の上部
に移動し、その後、上述した複数の障害釘との衝突によ
りその進行方向を変えながら遊技盤14の下方に向かっ
て落下する。
【0077】遊技盤14を拡大した拡大正面図を図2に
示す。尚、上述した図1に示した構成要素と対応する構
成要素には同一の符号を付した。
【0078】遊技盤14の前面の略中央には、後述する
如き表示部である表示装置32が設けられている。尚、
上述した表示装置32において後述する演出画像を表示
する部分は、液晶ディスプレイパネルからなるものであ
ってもブラウン管からなるものであってもよい。また、
上述した例においては、表示装置32は、遊技機である
パチンコ遊技装置10の遊技盤14の前面の略中央に設
けられている場合を示したが、遊技者が見得るような位
置であれば遊技機の何処の位置に表示装置32を設ける
こととしてもよい。
【0079】表示装置32の上方には、小型の表示装置
52が設けられている。この表示装置52は、例えば7
セグメント表示器で構成されており、表示情報である普
通図柄が、変動と停止とを繰り返すように可変表示され
る。
【0080】表示装置32の左右側部には、球通過検出
器55a,55bが設けられている。この球通過検出器
55a,55bは、その近傍を遊技球が通過したことを
検出したときには、上述した表示装置52において、普
通図柄の変動表示が開始され、所定の時間経過した後、
普通図柄の変動表示を停止する。
【0081】この普通図柄は、数字や記号等からなる情
報であり、例えば「0」乃至「9」の数字や「☆」等の
記号である。この普通図柄が所定の図柄、例えば「7」
となって停止して表示されたときには、後述する始動口
44の左右両側に設けられている可動片58a,58b
を駆動するためのソレノイド57(図4参照)に電流を
供給し、始動口44に遊技球が入りやすくなるように可
動片58a,58bを駆動し、始動口44が開放状態と
なるようにする。尚、始動口44を開放状態とした後、
所定の時間が経過したときには、可動片58a,58b
を駆動し始動口44を閉塞状態として、遊技球が入りに
くくなるようにするのである。
【0082】上述した表示装置52の左右両側には、4
つの保留ランプ34a〜34dが設けられている。ま
た、表示装置52の上部には、一般入賞口50が設けら
れている。
【0083】また、遊技盤14の下部には、大当たり入
賞装置Mが設けられている。かかる大当たり入賞装置M
は、図3に示すように、前カバー200と後基板201
との間に装置各部材が介設されているものであり、前カ
バー200に形成された遊技球の大入賞口38には、シ
ャッタ40が軸202を介してソレノイド48により上
下開閉自在に作動するように設けられており、シャッタ
40の開放時に上側を向くシャッタ40裏面にはガイド
207が突設されており、またシャッタ40の奥には、
特定領域203を構成する球通過孔と通常領域204を
構成する球通過孔が形成されており、その間、すなわち
シャッタ40の後方中央には、ソレノイド205により
左右に傾動するスイング板206が配設されている。
【0084】シャッタ40は、後述する可変表示ゲーム
によって大当たり遊技状態になった場合に開放状態とな
るように、ソレノイド48により駆動される。かかるシ
ャッタ40が開放されると、遊技球が所定時間或いは所
定入賞球数に至るまで大入賞口38に入賞して所要個数
の賞球を出し、その後シャッタ40が閉塞される。しか
し、シャッタ40の開放時にそのうちの1球がガイド2
07に沿って特定領域203に入球すると、シャッタ4
0は所定時間経過或いは所定数入球後においても次のシ
ャッタ40の開放を約束し、これが所定限度回数(例え
ば、16回)まで繰り返され得る遊技者にとって有利な
大当たり遊技状態を実現する。
【0085】なお、シャッタ40の開放当時にはスイン
グ板206が左側へ傾動して少なくとも1個の遊技球は
左側の特定領域203に入球し易いように構成されてお
り、遊技球が特定領域203に入球すると入球をセンサ
ーが感知してスイング板206がソレノイド205によ
り右側へ傾動し、その後の遊技球は右側の通常領域20
4に入球するように構成されている。
【0086】また、上述した表示装置32の左右両側に
は、図2に示すように一般入賞口54a,54bが設け
られている。また、表示装置32の下部の左右両側に
は、一般入賞口54c,54dが設けられている。さら
に、遊技盤14の左右端部には、特別入賞口56a,5
6bが設けられ、大入賞口38の左右両側には、特別入
賞口56c,56dが設けられている。
【0087】また、表示装置32の下部には、後述する
可変表示ゲームが開始されて表示装置32に表示される
複数、例えば3つの識別情報である図柄(識別情報画
像)を変動表示状態に移行する契機となる球検知センサ
42を有する始動口44が設けられている。上述した大
入賞口38、始動口44、一般入賞口54a〜54d及
び特別入賞口56a〜56dに遊技球が入賞したときに
は、入賞口の種類に応じて予め設定されている数の遊技
球が下皿22に払い出されるようになっている。
【0088】さらに、表示装置32の左右両側には、遊
技球の経路を所定の方向に誘導するための転動誘導部材
60a,60bも設けられている。また、遊技盤14の
外側の上左側と上右側とには装飾ランプ36a及び36
bが設けられている。
【0089】本発明の実施例であるパチンコ遊技装置の
制御回路を示すブロック図を図4に示す。
【0090】上述した発射ハンドル26は、制御回路6
0のインターフェイス回路群62に接続され、インター
フェイス回路群62は、入出力バス64に接続されてい
る。そして、遊技者が発射ハンドル26を回動操作する
と、同発射ハンドル26の回動角度を示す角度信号が、
インターフェイス回路群62により所定の信号に変換さ
れた後、入出力バス64に供給される。入出力バス64
は、中央処理回路(以下、CPUと称する)66にデー
タ信号又はアドレス信号が入出力されるようになってい
る。
【0091】また、上述したインターフェイス回路群6
2には、球検知センサ42も接続されており、遊技球が
始動口44を通過したときには、球検知センサ42は、
検出信号をインターフェイス回路群62に供給する。
【0092】さらに、インターフェイス回路群62に
は、球通過検出器55(55a,55b)も接続されて
おり、球通過検出器55は遊技球がその近傍を通過した
ことを検出したときには、検出信号をインターフェイス
回路群62に供給する。
【0093】上述した入出力バス64には、ROM(リ
ード・オンリー・メモリ)68及びRAM(ランダム・
アクセス・メモリ)70も接続されている。
【0094】ROM68は、パチンコ遊技装置の遊技全
体の流れを制御する制御プログラムを記憶している。ま
た、ROM68は、表示装置32において可変表示ゲー
ムが実行される際に、変動表示や停止表示される図柄の
画像データ、演出画面として表示される動体物等のキャ
ラクタのキャラクタ画像データ、表示装置32の背景を
構成する背景画像データ、及び動画映像画像データ、並
びに遊技に用いる音データ、制御プログラムを実行する
ための初期データや、装飾ランプ36の点滅動作パター
ンを制御するプログラム等を記憶している。
【0095】尚、上述した図柄の画像データは、表示装
置32において図柄を変動表示するときや、停止表示す
る際に用いるものであり、多様の表示態様、例えば、拡
大した画像、縮小した画像、変形した画像等に応じた画
像データを含むものである。また、上述したキャラクタ
画像データ、背景画像データ及び動画映像画像データ
は、遊技を演出すべく、動画像、静止画像若しくはこれ
らを組み合わせた画像を画面画像として表示装置32に
表示するためのものである。さらに、上述したキャラク
タ画像データは、キャラクタの動作を表示すべく動作の
それぞれに対応した画像データを含むものであり、音デ
ータは、遊技を演出するためのものであり、後述するス
ピーカ46からBGM、効果音、音声等を発するために
用いるものである。
【0096】また、上記音データには、通常の遊技状態
から大当たり遊技状態への移行を予告するための音デー
タが含まれる。
【0097】なお、ROM68が記憶する音データは、
必ずしも、全て立体的な音響を発生させる音データであ
る必要はなく、奥行きや広がりを感じさせない音を発生
させる音データを記憶していてもよい。
【0098】さらに、上記立体的な音響を発生させる音
データは、仮想的な音源を発生させる音響となる音デー
タであることが望ましい。
【0099】一方、RAM70は、上述したプログラム
で使用するフラグや変数の値を記憶している。例えば、
新たな入力データやCPU66による演算結果や遊技の
履歴を示す累積リーチデータ、累積変動数及び累積大当
たり回数を記憶している。
【0100】そして、制御部であるCPU66は、RO
M68から所定のプログラムを呼び出して実行すること
により演算処理を行い、この演算処理の結果に基づいて
キャラクタ画像データ、背景画像データ、動画映像画像
データ及び図柄画像データ並びに音データを電子データ
として伝送その他の制御を行うのである。なお、図示し
ないが、音データ又は音信号に処理を施し、該音データ
又は音信号に基づく音を出力させるための演算処理装置
である前記DSP等は、CPU66に含まれることとす
る。
【0101】また、CPU66は、上述した識別情報で
ある図柄の画像データを読み出して、表示装置32にお
いて図柄が変動表示されるように制御したり、複数の識
別情報である図柄の相互の組み合わせ状態が表示装置3
2において所定のタイミングで停止表示されるように制
御するのである。
【0102】また、入出力バス64には、インターフェ
イス回路群72も接続されており、同インターフェイス
回路群72には、表示装置32、スピーカ46,46、
発射モータ28、ソレノイド48、ソレノイド205、
ソレノイド57、保留ランプ34及び装飾ランプ36が
接続されている。そして、インターフェイス回路群72
は、CPU66における演算処理の結果に応じて上述し
た装置のそれぞれを制御すべく駆動信号や駆動電力を供
給する。
【0103】表示部である表示装置32は、変動図柄表
示部と演出画面表示部とからなり、CPU66の制御に
よりこれらの2つの表示部に表示される画面の双方を合
成して表示する。尚、表示装置32は、このような構成
に限られず3つ以上の表示部を有する構成としてもよ
く、これらの表示部を合成することにより図柄の画像や
演出画像を表示装置32に表示することとしてもよい。
また、本実施例では、表示装置32の各表示部に表示さ
れる識別情報画像やキャラクタ画像や背景画像等を、ま
とめて画面画像と呼ぶことにする。
【0104】このように複数の表示部に表示される画面
を表示装置32に表示することとしたことにより、1つ
の表示部に表示される図柄の変動シーンと演出画面表示
される演出画面とを合成することにより、多彩な表示形
態を可能にするのである。
【0105】また、ソレノイド48は、上述した如きシ
ャッタ40を開閉駆動するためのものであり、保留ラン
プ34は、始動口44に遊技球が入った個数の累積を示
すものであり、装飾ランプ36は、遊技が大当たりとな
ったときやリーチとなったときに遊技者にその旨を示す
べく点滅又は点灯するものである。
【0106】上述したCPU66から制御部が構成さ
れ、表示装置32から表示部が構成され、パチンコ遊技
装置10から遊技機が構成される。
【0107】パチンコ遊技装置10は、以上に説明した
ように構成されており、その動作を以下に説明する。
尚、以下の説明においては、パチンコ遊技装置10は起
動しており、上述したCPU66において用いられる変
数は所定の値に初期化され、定常動作しているものとす
る。
【0108】また、スピーカ46より出力される音とし
ては、本発明に関係がある立体的な音響についてのみ説
明し、それ以外の音については説明を省略するが、遊技
状況に応じて、BGM、効果音、音声等が適宜出力され
ている。
【0109】まず、パチンコ遊技装置10は、パチンコ
遊技を制御する制御プログラムを実行し、かかる制御プ
ログラムから所定のタイミングで図5に示す遊技球検出
ルーチンを呼び出して実行する。
【0110】遊技球検出ルーチンが実行されると、図5
に示すように、最初に、入賞口に遊技球が入った否かを
検出する(ステップS11)。この入賞口は、例えば、
上述した図2に示した例においては、一般入賞口50及
び54a〜54d並びに特別入賞口56a〜56dであ
る。ステップS11において、入賞口に遊技球が入った
と判別したときには、入賞口の種類に応じて予め定めら
れた数の遊技球を払い出す処理を実行する(ステップS
12)。
【0111】次に、始動口に遊技球が入ったか否かを判
断する(ステップS13)。この始動口は、例えば、上
述した図2に示した例においては、始動口44である。
このステップS13において、始動口に遊技球が入った
と判別したときには、後述する可変表示ゲームを実行す
る(ステップS14)。
【0112】さらに、球通過検出器を遊技球が通過した
か否かを判断する(ステップS15)。この球通過検出
器は、例えば上述した図2に示した例においては、球通
過検出器55a,55bである。このステップS15に
おいて、球通過検出器を遊技球が通過したと判別したと
きには、上述した如く、表示装置52において普通図柄
を変動表示させる処理を実行する(ステップS16)。
尚、上述した如く、変動表示された普通図柄が停止した
ときに所定の図柄となったときには、可動片58a,5
8bを駆動して始動口44を開放状態となるようにし
て、始動口44に遊技球が入りやすくなるようにするの
である。
【0113】上述したステップS14において呼び出さ
れて実行される可変表示ゲーム処理を行うサブルーチン
を図6に示す。
【0114】本サブルーチンが呼び出されることによ
り、表示装置32において表示されていた固定画面を通
常画面へと切り替え、可変表示ゲームを開始するのであ
る。
【0115】かかる可変表示ゲームとは、スロットマシ
ンにおいてなされる遊技を模したゲームであり、複数の
識別情報である複数の図柄(識別情報画像)を表示装置
32に表示し、それぞれが変動するように表示した後、
所定のタイミングでこれらの図柄が順次停止するように
表示し、全ての図柄が停止したときにおける図柄の組み
合わせが所定の組み合わせとなったときに、パチンコ遊
技を遊技者に有利な状態、すなわち、大当たり入賞装置
Mにおける大入賞口38のシャッタ40が繰り返し複数
回開放する大当たり遊技状態に移行させるためのゲーム
であり、この変動表示と停止表示とを1つの行程として
実行されるゲームである。尚、ここで識別情報とは、文
字、記号、絵柄又は模様(図柄)等の視覚によって識別
可能な情報をいう。
【0116】かかる可変表示ゲームでは、例えば、
「1」、「2」、…、「12」からなる12個の数字か
らなる図柄を1つの組として、これらの12個の図柄を
表示装置32に順次表示し、その図柄が移動するように
表示しつつ、図柄自身が変化するように表示する。例え
ば、表示装置32において、図柄の「1」を表示装置3
2の上から下へスクロールするように表示した後、図柄
の「2」を上から下へスクロールするように表示し、続
いて図柄の「3」を同様に上から下へスクロールするよ
うに表示するのである。図柄の「1」から図柄の「1
2」までをこのような態様で表示した後、再び図柄の
「1」をスクロールするように表示し、同様の表示を順
次繰り返すのである。表示装置32においてこのように
図柄を表示することにより、「1」から「2」へと、
「2」から「3」へと、図柄がスクロールされながら図
柄が順次変化するように「12」まで表示され、次に再
び「1」が表示されることとなるのである。このように
1つの図柄の位置を移動させつつ図柄自体が順次変化す
るように図柄を表示する態様を変動表示と称する。ま
た、ある図柄を停止させて表示する態様を停止表示と称
する。尚、1つの組に属する図柄を表示装置32に表示
する際において、表示される図柄は、組に属する1つの
図柄のみに限られることはなく、複数、例えば2〜3個
の図柄を同時に表示することとしてもよい。例えば、図
柄「5」を表示装置32に変動表示しているときに、図
柄「5」の下方に図柄「4」の一部又は全体を変動表示
し、図柄「5」の上方に図柄「6」の一部又は全体を変
動表示することとしてもよい。尚、上述した図柄の組
は、スロットマシンにおいて用いられる1本のリールに
表示された図柄の組に対応する概念である。
【0117】さらに、可変表示ゲームが表示装置32に
おいて実行されるときには、複数の組のそれぞれに属す
る図柄を表示する。例えば、3つの組に属する図柄のそ
れぞれを横方向に表示することとした場合には、1つの
組に属する図柄は表示装置32の左側に表示され、他の
組に属する図柄は表示装置32の中央に表示され、残り
の組に属する図柄は表示装置32の右側に表示されるの
である。このように識別情報である図柄を表示すること
により、表示部である表示装置32には複数の識別情報
が表示されることとなるのである。例えば、1つの組に
属する図柄のうちの1つの図柄のみを常に表示するよう
に変動表示することとした場合には、表示装置32には
3つの図柄、即ち左側に1つの図柄が表示され、中央に
1つの図柄が表示され、右側に1つの図柄が表示される
こととなるのである。また、可変表示ゲームが実行され
る際における組の数は、3つに限られることはなく、3
以外の複数個の組に属する図柄を表示装置32に表示す
ることとしてもよい。このように図柄を表示することに
より、複数の図柄、即ち複数の識別情報が表示部である
表示装置32に表示されることとなるのである。さら
に、上述した如く、1つの組に属する図柄について複数
個の図柄を表示することとしてもよく、例えば、1つの
組に属する2つの図柄を同時に変動表示するように表示
することとし、3つの組について表示することとした場
合には、表示装置32には、合計6個の図柄が変動表示
されることとなるのである。
【0118】複数の組に属する図柄を変動表示した後、
変動表示されていた全ての図柄を順に或いは同時に所定
のタイミングで停止表示した際に、これらの図柄の組み
合わせが所定の組み合わせに合致して停止表示されたと
きには、可変表示ゲームが大当たりに当選したとしてパ
チンコ遊技が遊技者に有利になるような状態、すなわ
ち、大当たり入賞装置Mにおける大入賞口38のシャッ
タ40が繰り返し複数回開放する大当たり遊技状態に移
行する。
【0119】例えば、3つの組に属する図柄を表示装置
32に表示するとした場合に、1つの組に属する図柄が
「7」で停止表示され、他の組に属する図柄も「7」で
停止表示され、残りの組に属する図柄も「7」で停止表
示されたときには、いわゆるゾロ目となり、図柄の組み
合わせは、予め定められた特定の組み合わせの識別情報
の「7」−「7」−「7」に合致し、可変表示ゲームが
大当たりに当選したとしてパチンコ遊技が遊技者に有利
になるような状態、すなわち、大当たり入賞装置Mにお
ける大入賞口38のシャッタ40が繰り返し複数回開放
する大当たり遊技状態に移行するのである。
【0120】大当たりとなり遊技者に有利になるような
状態、すなわち、大当たり入賞装置Mにおける大入賞口
38のシャッタ40が繰り返し複数回開放する大当たり
遊技状態に移行したときには、上述したソレノイド48
に電流を供給して遊技盤14の前面に設けられている大
入賞口38のシャッタ40を開放し遊技球を大入賞口3
8に入り易くするのである。
【0121】かかるゾロ目の大当たりの大当たり遊技状
態となる場合にも、特定の組み合わせの識別情報、例え
ば、「3」と「3」と「3」とのゾロ目や「7」と
「7」と「7」とのゾロ目の識別情報の組み合わせにな
った場合は再度当該大当たり遊技状態へ高確率で移行さ
せる確率変動状態となる。
【0122】ここで、「確率変動状態」とは、大当たり
となる確率が通常の遊技状態より高くなる(例えば、確
率が2倍になる)ような制御状態を指し、例えば、表示
装置32や表示装置32の上部中央にある表示装置52
などの可変から停止までの変動時間が短縮されたり、始
動口44の開放状態の時間が延長されたり、表示装置3
2の識別情報のゾロ目になる確率が高くなる状態等を指
す。
【0123】尚、可変表示ゲームが実行されている際に
は、背景画像やキャラクタ画像等による演出画面も表示
装置32に表示されることがある。また、上述した固定
画面とは、表示装置32において実行される可変表示ゲ
ームは実行されておらず、パチンコ遊技装置10におい
てパチンコ遊技のみが進行している際に表示装置32に
表示される画面をいう。また、通常画面とは、表示装置
32において可変表示ゲームが開始され表示装置32に
表示される図柄が変動表示されてから、可変表示ゲーム
がリーチとなったり大当たりとなったときに至るまでの
間に表示装置32に表示される演出画面をいう。
【0124】上述した如き可変表示ゲームが開始される
と、図6に示すように、まず、CPU66の演算処理に
よる内部抽選処理を実行する(ステップS21)。この
内部抽選処理は、変動表示されていた複数の組に属する
図柄を全て停止表示させて図柄が確定したときにおける
図柄の組み合わせを予め定める処理であり、CPU66
は、後述する如く、内部抽選処理により定められた図柄
の組み合わせで図柄が停止表示されるように図柄の変動
表示と停止表示との処理を行うのである。
【0125】また、上記内部抽選処理(ステップS2
1)を実行すると、図7に示す大当たり遊技状態への移
行予告に関する処理を行うサブルーチン(大当たり予告
処理ルーチン)が呼び出されて実行される。図7に示す
大当たり遊技状態への移行予告処理では、まず、CPU
66の演算処理による内部抽選処理を実行して、大当た
り遊技状態への移行予告を行うか否かを予め定める(ス
テップS21−1)。
【0126】次に、上記内部抽選処理(ステップS21
−1)により大当たり遊技状態への移行予告を行うこと
が決定されたか否かを判断し(ステップS21−2)、
移行予告を行うと判別した場合には、所定の種類であっ
て、しかも、遊技者が体感する仮想的な音源の位置が所
定の方向へと移動するようにした立体的な音響を選択し
(ステップS21−3)、移行予告を行わないと判別し
た場合には、前記ステップS21−3で選択した大当た
り遊技状態への移行予告を行う場合に用いる立体的な音
響以外の音響、すなわち、前記所定の種類以外の立体的
な音響、又は遊技者が体感する仮想的な音源の位置が前
記所定の方向以外へと移動するようにした立体的な音
響、又は前記所定の種類以外の立体的な音響であるとと
もに同音響によって遊技者が体感する仮想的な音源の位
置が前記所定の方向以外へと移動するようにした立体的
な音響を選択して(ステップS21−4)、本サブルー
チンを終了する。なお、本実施例では、上記ステップS
21−3又はS21−4において立体的な音響を選択す
る際に、同立体的な音響に対応した画面画像を表示する
ための背景画像やキャラクタ画像等の各種画像も選択し
ている。
【0127】そして、CPU66は、上記ステップS2
1−3又はS21−4で選択された音響や画像に基づ
き、後述する如く、スピーカ46から立体的な音響を出
力し、表示装置32に画面画像を表示する処理を行うの
である。
【0128】上記内部抽選処理(ステップS21)及び
図7に示す大当たり遊技状態への移行予告処理が終了し
た後に、表示装置32に背景画像を表示する(ステップ
S22)。例えば、本実施例では、図8〜図12に示す
ように花畑を背景画像として表示している。
【0129】次いで、識別情報である図柄を変動表示す
る(ステップS23)。例えば、図9に示すように、表
示装置32に、3つの組のうち1つの組に属する図柄
「6」を左側に表示し、他の1つの組に属する図柄
「2」を中央に表示し、残りの1つの組に属する図柄
「7」を右側に表示するのである。尚、これら3つの図
柄「6」、「2」及び「7」が、複数の識別情報画像で
ある。
【0130】次に、表示装置32にキャラクタ画像を表
示する(ステップS24)。例えば、本実施例では、図
8〜図12に示すようにミツバチや飛行機をキャラクタ
画像として表示している。
【0131】また、スピーカ46から立体的な音響を出
力する(ステップS24−1)。例えば、本実施例で
は、上記したように表示装置32に図8〜図12に示す
ような画面画像を表示するので、これに合わせて図8に
示すようにミツバチの羽音や飛行機のプロペラ音を立体
的な音響として出力している。
【0132】上述したステップS23及びステップS2
4及びステップS24−1の処理は、後述する如きステ
ップS27において複数の組に属する図柄の全てが停止
表示されたと判別されるまで繰り返し実行される。この
ように処理を繰り返し実行することにより、所定の態様
でスクロールするように図柄を変動表示することがで
き、また、キャラクタも所定の動作をするように表示す
ることができるのである。
【0133】次に、複数、例えば3つの組のうちの1つ
の組に属する図柄を停止表示させるタイミングであるか
否かを判断する(ステップS25)。図柄を停止表示さ
せるタイミングであると判別したときには、その図柄を
停止表示させる(ステップS26)。
【0134】上述したステップS25において、図柄を
停止表示させるタイミングでないと判別したとき、又は
ステップS26の処理を実行したときには、複数の組に
属する図柄の全てが停止表示されたか否かを判断する
(ステップS27)。複数の組に属する図柄の全てが停
止表示されていないと判別したときには、処理をステッ
プS23に戻す。一方、複数の組に属する図柄の全てが
停止表示されたと判別したときには、本サブルーチンを
終了する。
【0135】上記サブルーチンを実行することによっ
て、図8に示すように、遊技者は、表示装置32に表示
される画面画像による演出と、スピーカ46より出力さ
れる立体的な音響による演出とにより、可変表示ゲーム
を楽しむことができる。
【0136】ここで、上記可変表示ゲームにおける識別
情報画像の変動表示について具体的に説明すると、ま
ず、図9に示すように、表示装置32の下部側に花の形
状をした3つの識別情報画像表示枠を横一列に表示し
て、各枠の中にそれぞれ識別情報画像を表示し、同識別
情報画像をそれぞれ下方に向けてスクロール移動させる
一方、表示装置32の上部側に花畑を背景画像として表
示し、その花畑を飛んでいるミツバチをキャラクタ画像
として表示する。また、スピーカ46からは、ミツバチ
の羽音を表現した立体的な音響を出力する。
【0137】花畑には、左側と中央と右側とにそれぞれ
所定の花が表示されており、図10(a)に示すように、
表示装置32の中央付近を漂っていたミツバチが表示装
置32の左側に移動して左側の所定の花に止まるのと同
期し、表示装置32の下部側に表示した前記識別情報画
像のうち、左側の識別情報画像のみが「7」で停止し、
残りの2桁の識別情報画像がスクロールを続けている状
態を表示する。なお、このとき、スピーカ46からは、
上記表示装置32におけるミツバチの動きに合わせて、
中央から左側へと移動するミツバチの羽音を出力する。
【0138】そして、図10(b)に示すように、左側の
所定の花に止まっていたミツバチが表示装置32の右側
に移動して右側の花に止まるのと同期し、既に停止した
左側の識別情報画像「7」に続き、右側の識別情報画像
も「7」で停止し、中央の識別情報画像のみが変動表示
を続けている状態を表示する。なお、このとき、スピー
カ46からは、上記表示装置32におけるミツバチの動
きに合わせて、左側から右側へと移動するミツバチの羽
音を出力する。
【0139】本実施例では、上記したように3桁の識別
情報画像のうち2桁が停止し、確定した2桁の識別情報
画像がリーチの組合せとなり、しかも、前述したステッ
プS21−2で大当たり遊技状態への移行予告を行うと
判別した場合には、所定の種類の立体的な音響により遊
技者が体感する仮想的な音源の位置を所定の方向へと移
動させるようにしている。
【0140】すなわち、まず、図11に示すように、表
示装置32の下部側に引き続き中央の識別情報画像のみ
が変動表示を続けている状態を表示するとともに、表示
装置32の上部側に右側の所定の花に止まっていたミツ
バチが再び表示装置32の中央に移動してきた様子を表
示し、さらに、表示装置32の右端縁から飛行機が登場
して遠方を左側方向へ向かって移動していく様子を表示
する。なお、このとき、スピーカ46からは、表示装置
32におけるミツバチの動きに合わせて、右側から中央
へと移動するミツバチの羽音を出力するとともに、表示
装置32における飛行機の動きに合わせて、遠方を左側
方向へ向かって移動する飛行機のプロペラ音を出力す
る。
【0141】そして、大当たり遊技状態への移行予告を
する場合には、遠方で小さく聞こえていた飛行機のプロ
ペラ音を次第に手前側に接近させて大きな音とするとと
もに、図12(a)に示すように、表示装置32には、飛
行機が旋回して手前側に近づいてくる様子を表示する。
ここでは、既に停止した左・右側の識別情報画像「7」
「7」に続き、中央の識別情報画像も「7」で停止し
て、予告通り可変表示ゲームを大当たりとしている。な
お、既に停止した左・右側の識別情報画像「7」「7」
に続き、中央の識別情報画像を例えば「3」で停止し
て、予告に反して可変表示ゲームをはずれとすることも
できる。
【0142】これに対し、大当たり遊技状態への移行予
告をしない場合には、遠方で小さく聞こえていた飛行機
のプロペラ音をさらに遠方に遠のかせていって微かな音
とするとともに、図12(b)に示すように、表示装置3
2には、飛行機が旋回して奥側に遠のいていく様子を表
示する。ここでは、既に停止した左・右側の識別情報画
像「7」「7」に続き、中央の識別情報画像を「3」で
停止して、可変表示ゲームをはずれとしている。
【0143】あるいは、ミツバチの羽音を次第に手前側
に接近させていって大きな音とするとともに、図12
(c)に示すように、表示装置32には、ミツバチが手前
側に近づいてきて識別表示画像を表示する3つの枠のう
ちの中央の枠に止まる様子を表示する。ここでも、既に
停止した左・右側の識別情報画像「7」「7」に続き、
中央の識別情報画像を「3」で停止して、可変表示ゲー
ムをはずれとしている。
【0144】すなわち、大当たり遊技状態への移行予告
をする場合には、所定の種類の立体的な音響(ここで
は、飛行機のプロペラ音)により遊技者が体感する仮想
的な音源の位置を、所定の方向(ここでは、手前側方
向)へと移動させるようにしており、逆に、大当たり遊
技状態への移行予告をしない場合には、(i)所定の種類
の立体的な音響(ここでは、飛行機のプロペラ音)によ
り遊技者が体感する仮想的な音源の位置を前記所定の方
向とは異なる方向(ここでは、奥側方向)へと移動させ
たり、(ii)立体的な音響として、前記所定の種類の音響
とは異なる音響(ここでは、ミツバチの羽音)を用いた
りしている。
【0145】このように、本実施例では、立体的な音響
により遊技者が体感する仮想的な音源の位置を所定の方
向へと移動させることによって、通常の遊技状態から大
当たり遊技状態への移行を予告するようにしたので、遊
技者は前記仮想的な音源の位置の移動が終了するまで大
当たり遊技状態への予告がなされるか否かを知ることが
できず、その間、遊技者は、立体的な音響による演出に
一層注意深く耳を傾けることとなり、遊技者を可変表示
ゲームに引き付けて遊技を楽しませることができる。
【0146】しかも、複数の種類の立体的な音響(ミツ
バチの羽音と飛行機のプロペラ音)を平行して出力し
て、そのうちの所定の種類の音響(飛行機のプロペラ
音)のみを前記大当たり遊技状態への移行予告に用いる
ようにしたので、遊技者は、どの種類の音響が所定方向
へと移動してくるのかを見極める必要があり、遊技者を
より一層可変表示ゲームに集中させて遊技に引きつける
ことができる。
【0147】なお、大当たり遊技状態への移行予告をす
る場合において、上記大当たり遊技状態への移行予告に
用いる音響を所定の種類の音響に限定せずに、どのよう
な種類の音響であっても大当たり遊技状態への移行予告
に用いることができるようにすることもできる。例え
ば、飛行機のプロペラ音を手前側に接近させることによ
ってだけでなく、ミツバチの羽音を手前側に接近させる
ことによっても大当たり遊技状態への移行を予告するよ
うにしてもよい。
【0148】また、大当たり遊技状態への移行予告をし
ない場合において、上記(i)の場合における所定の方向
と、所定の方向とは異なる方向との関係としては、前記
したような前後方向に限るものではなく、左右方向や上
下方向でもよい。
【0149】また、上記(ii)の場合における所定の種類
の音響と、所定の種類の音響とは異なる音響との関係と
しては、前記飛行機のプロペラ音とミツバチの羽音のよ
うに効果音の種類の違いだけでなく、効果音と音声との
違いや、効果音と音楽との違い等もある。
【0150】また、本実施例では、大当たり遊技状態へ
の移行予告をしない場合には、上記(i)と(ii)のいずれ
か一方が成り立つようにしているが、これに限らず、前
記(i)と(ii)の両方が成り立つようにしてもよい。
【0151】さらに、本実施例では、可変表示ゲームが
リーチとなった場合に大当たり遊技状態への移行予告を
行うようにしているが、これに限らず、いつでも大当た
り遊技状態への移行予告を行うことができる。
【0152】次に、上記したように識別情報画像の変動
表示により全ての図柄が所定の組み合わせで停止した場
合には、図13に示す大当たり処理ルーチンを実行す
る。すなわち、図13は、図6におけるステップS27
で図柄が停止して所定の組合せになり大当たり遊技状態
になった後のルーチンに関するものであり、次のような
順序で処理される。尚、「通常の大当たり遊技状態たる
大当たり」と「確率変動状態での大当たり遊技状態たる
大当たり」で異なる点がほとんどないため、区別しない
で説明する。
【0153】まず、大当たり遊技状態になると、表示装
置32の表示停止から所定時間が経過したかを判断する
(ステップS28−1)。尚、1回のシャッタ40の開
放時に大入賞口38へ入球した遊技球の通算の個数を示
す入賞個数(m’)は初期値である「0」に設定され
る。
【0154】次に、大入賞口38の最大開放回数がn回
(例えば、16回)に設定される(ステップS28−
2)。
【0155】次に、大当たり入賞装置Mのシャッタ40
が手前側に倒れ込んで、大入賞口38を開放し、遊技球
の入賞を可能とする(ステップS28−3)。大当たり
入賞装置Mのシャッタ40は、通常は、直立した状態
(図3中、中央部に図示した状態)を維持していること
から、大入賞口38に遊技球が入球することはない。し
かし、シャッタ40が手前側に倒れ込んだ状態(図3
中、右下部に図示した状態)となり、大入賞口38を開
放することにより、それまでは入球不可能であった大入
賞口38に、初めて遊技球が入球可能になる。このよう
に、シャッタ40が手前側に倒れ込むことにより、シャ
ッタ40の裏面が遊技球を誘導し遊技球が大入賞口38
に入球し易くなるが、遊技盤14を流下する遊技球は障
害釘によりその流下方向に様々な変化が与えられること
から、遊技盤14の頂部めがけて発射された遊技球の全
てが、大入賞口38に入球するとは限らない。この点は
他の入賞口と同様である。
【0156】次に、大入賞口38に遊技球が入球(入
賞)したか否かを判断する(ステップS28−4)。
【0157】そして、ステップS28−4で大入賞口3
8に遊技球が入球したと判断した場合には、1回のシャ
ッタ40の開放時に大入賞口38へ入球した遊技球の通
算の個数を示す入賞個数(m’)に「1」を加算し(ス
テップS28−5)、その後、表示装置32に入賞個数
(m’)に対応した画像を表示する(ステップS28−
6)。尚、大入賞口38に遊技球が入賞すると、一個当
たり所定数の賞球が上皿に払い出される。一方、上記ス
テップS28−4で大入賞口38に遊技球が入球してい
ないと判断した場合には、次のステップS28−7に進
む。
【0158】次に、大入賞口38に遊技球が所定個数
(m)(例えば、10個)以上入賞したか否かを判断す
る(ステップS28−7)。大入賞口38に所定個数
(m)以上入賞した場合には、大入賞口38を閉塞する
ステップであるステップS28−9)に進む。一方、大
入賞口38に所定個数(m)以下しか入賞していない場
合には、次のステップS28−8に進む。
【0159】次に、大入賞口38の開放時間が所定時間
(例えば、30秒)に達したか否かを判断する(ステッ
プS28−8)。開放時間が所定時間に達していないと
判断した場合には、前記ステップS28−4に戻る。一
方、開放時間が所定時間に達したと判定された場合に
は、次のステップS28−9に進む。
【0160】次に、以前のステップ(ステップS28−
7)で入賞した遊技球の個数が予め定められた最多個数
に達したと判断された場合、及び前のステップ(ステッ
プS28−8)で開放時間が所定時間に達したと判断さ
れた場合には、手前側に倒れ込んでいたシャッタ40を
元の状態に戻すことによって大入賞口38を閉塞し、大
入賞口38への遊技球の入賞を不可能とする(ステップ
S28−9)。
【0161】上記のルーチンは、シャッタ40の1回の
開放についての流れを説明したものであるが、この流れ
を網羅的に説明すると、開放したシャッタ40は、所定
の開放時間に達するか、又は入賞球が所定個数に達した
かのいずれかの条件のうち、早く達成された条件に従い
閉塞する。したがって、シャッタ40の開放から所定時
間が経過していなくとも、大入賞口38に遊技球が所定
個数入賞すればシャッタ40は閉塞するし、大入賞口3
8に入賞した遊技球が所定個数に達していなくとも、シ
ャッタ40の開放から所定時間が経過すれば、シャッタ
40が閉塞するように制御されている。
【0162】次に、以前のステップ(ステップS28−
2)で設定した大入賞口38の最大開放回数(n回)か
ら「1回」を減算する(ステップS28−10)。すな
わち、この処理は、先に説明した「入賞口の開放〜入賞
口の閉塞」までの動作をもって、大入賞口38の1回の
開放とカウントし、予め設定された最大開放可能な回数
から実際に開放した回数を減算することを意味している
(n=(n−1))。
【0163】次に、先に説明した「入賞口の開放〜入賞
口の閉塞」の動作中に、大入賞口38に入賞した遊技球
のうち、特定領域203を通過した遊技球が有ったか否
かを判断する(ステップS28−11)。
【0164】そして、特定領域203を通過した遊技球
が有った場合には、次のステップ(ステップS28−1
2)に進む。一方、特定領域203を通過した遊技球が
なかったと判定された場合(通常領域204のみを遊技
球が通過したと判定された場合)には、大当たり遊技状
態を終了し、通常遊技に戻る。
【0165】一方、ステップS28−11で、特定領域
203を通過した遊技球が有ったと判断した場合には、
以前のステップ(ステップS28−10)で行われた最
大開放可能な回数から実際の開放した回数を減算した結
果(n)が「0」であるか否かを判断する(ステップS
28−12)。
【0166】ステップS28−12で減算の結果(n)
が「0」でないと判断した場合には、以前に説明したス
テップ(ステップS28−3)まで戻る。一方、減算の
結果(n)が「0」であると判断した場合、すなわち、
シャッタ40の開放回数が最大開放可能回数に達した場
合には、大当たり遊技状態を終了し、通常遊技に戻る。
【0167】尚、上記の説明は、シャッタ40が一回の
大当たりで、最大何回開放するのかについての説明であ
るが、この流れを網羅的に説明すると、1回の大当たり
で、最大n回のシャッタ40の開放が可能であるが、1
回の開放が終了した後に再びシャッタ40が開放するた
めには、シャッタ40が閉塞する前に大入賞口38に入
球した遊技球のうちいずれかの遊技球が、大入賞口38
の特定領域203を通過する必要がある。
【0168】したがって、シャッタ40の開放は、一回
の大当たりで、最大n回可能であるが、シャッタ40が
開放している間に、大入賞口38内の特定領域203を
遊技球が通過しない限り、次回のシャッタ40の開放は
行われない。すなわち、シャッタ40が最大開放回数だ
け開放するか否かは、大入賞口38の特定領域203に
遊技球が入球するか否かにかかっている。
【0169】本実施例に係るパチンコ遊技装置10は、
以上に説明したように構成され動作する。そして、本実
施例では、前記画面画像に伴って立体的な音響を用いた
演出を行い、同演出において、立体的な音響により遊技
者が体感する仮想的な音源の位置を所定の方向へと移動
させることによって、通常の遊技状態から遊技者にとっ
て有利な大当たり遊技状態への移行を予告することにし
たので、音による演出の重要度が大きくなり、遊技者は
音による演出に注意を払う必要性が生じてくる。従っ
て、従来の画面画像による演出に加えて音による演出に
よって効果的な演出を行うことが可能となり、遊技者を
飽きさせることなく可変表示ゲームに引き付けることが
できる。
【0170】特に、本発明では、音による演出に立体的
な音響を用いているので、奥行きと広がりのある臨場感
に溢れた演出が可能であり、しかも、遊技者は、仮想的
な音源の位置がどちらの方向へ移動したかを見極めるべ
く可変表示ゲームに集中することとなるので、より一層
遊技者を可変表示ゲームに引きつけて遊技を楽しませる
ことができる。
【0171】しかも、本発明によれば、たとえ目を閉じ
ていたとしても大当たり遊技状態への移行予告を知るこ
とができるので、常に画面を注視する必要がなくなり、
目を疲れさせることなく遊技を続けることができる。
【0172】また、本実施例では、前記大当たり遊技状
態への移行予告に用いる立体的な音響を所定の種類の音
響としたので、遊技者は、立体的な音響の種類にも注意
を払う必要性が生じ、遊技者をより一層可変表示ゲーム
に集中させて遊技に引きつけることができる。
【0173】[第2実施例]上述した実施例において
は、パチンコ遊技を制御するプログラムや、図5に示し
た遊技球を検出するためのプログラムや、図6に示した
可変表示ゲームを実行するプログラムや、図13に示し
た大当たり遊技状態での処理を実行するプログラムがパ
チンコ遊技装置10のROM68やRAM70に記憶さ
れている場合を示したが、図14に示すように、インタ
ーネットやローカルエリアネットワーク(LAN)等の
電気通信回線網(ネットワーク)Nを介してサーバSに
通信可能に接続された端末機Cを操作者が操作すること
によりパチンコ遊技を行うことができるように構成する
こともでき、その場合においては、上述したプログラム
やこれらのプログラムで用いるデータをサーバSや端末
機Cが有することとしてもよい。
【0174】このようにサーバSと端末機Cとからなる
構成とした場合には、サーバSは、パチンコ遊技を制御
するプログラムや、図5に示した遊技球を検出するため
のプログラムや、図6に示した可変表示ゲームを実行す
るプログラムや、図13に示した大当たり遊技状態での
処理を実行するプログラムを予め記憶しておき、所定の
タイミングでこれらのプログラムを端末機Cに送信する
のである。一方、端末機Cは、これらの送信されたプロ
グラムを一旦記憶し、記憶したプログラムを適宜読み出
して実行することによりパチンコ遊技を進行させるので
ある。また、パチンコ遊技を制御するプログラムや、図
5に示した遊技球を検出するためのプログラムや、図6
に示した可変表示ゲームを実行するプログラムや、図1
3に示した大当たり遊技状態での処理を実行するプログ
ラムをサーバS側で実行し、その実行結果に応じて生成
した命令を制御信号や制御情報として端末機Cに送信す
ることとしてもよい。この場合には、端末機Cは、送信
された制御信号や制御情報に従ってパチンコ遊技を行う
ための画像を選択したり生成したり、その画像を表示部
に表示するのである。
【0175】上述した如き構成(図14参照)としたと
きにおける端末機Cの一例を図15及び図16に示す。
【0176】図15に示した例においては、端末機10
0は汎用のパーソナルコンピュータであり、端末機10
0に接続されている入力装置102(例えばキーボー
ド)から遊技者の入力操作が入力される。また、端末機
100の制御部130は、後述する如くCPU108、
ROM110、RAM112等からなり(図17参
照)、この制御部130においてパチンコ遊技を制御す
るプログラムや、可変表示ゲームを制御するプログラム
や、大当たり遊技状態での処理を実行するプログラムが
実行されるのである。また、この制御部130は通信用
インターフェイス回路120(図17参照)をも有して
おり、制御部130は通信用インターフェイス回路12
0を介して後述するサーバSとの通信を行い、サーバS
から送信される制御信号又は制御情報や、プログラム
や、データに基づいてパチンコ遊技の制御をしたり、可
変表示ゲームの制御をするのである。また、端末機10
0に接続されている表示装置116には、図15に示す
如くパチンコ遊技装置を模した遊技機画像が表示され、
この遊技機画像上においてパチンコ遊技が行われるので
ある。この遊技機画像上においては、上述した可変表示
ゲームが実行される表示部132が画像として表示され
る。この表示部132において、上述した如き識別情報
である図柄の画像(識別情報画像)が表示されるのであ
る。さらに、端末機100に接続されているスピーカ1
18,118からは、本発明にかかる立体的な音響、す
なわち、通常の遊技状態から大当たり遊技状態への移行
予告に用いる立体的な音響が出力されるのである。
【0177】また、端末機Cの他の例を図16に示す。
尚、図15に示した構成要素と対応する構成要素には同
一の符号を付した。
【0178】図16の例は、携帯型の端末機140を示
すもので、端末機140に設けられている入力装置10
2(例えばスイッチ)から遊技者の入力操作が入力され
る。また、端末機140の内部に設けられた制御部13
0は、後述する如くCPU108、ROM110、RA
M112等からなり(図17参照)、この制御部130
においてパチンコ遊技や可変表示ゲームを制御するプロ
グラムが実行される。また、この制御部130は通信用
インターフェイス回路120も有し、制御部130は通
信用インターフェイス回路120を介して後述するサー
バSとの通信を行い、サーバSから送信される制御信号
又は制御情報や、プログラムや、データに基づいてパチ
ンコ遊技や可変表示ゲームを制御するのである。また、
端末機140の上面に設けられている表示装置116
は、液晶ディスプレイパネルからなり、図16に示す如
くパチンコ遊技装置を模した遊技機画像が表示され、こ
の遊技機画像上においてパチンコ遊技が行われるのであ
る。この遊技機画像上においては、上述した可変表示ゲ
ームが実行される表示部132が画像として表示され
る。この表示部132において、上述した如き識別情報
である図柄の画像(識別情報画像)が表示されるのであ
る。さらに、端末機140の上面に設けられているスピ
ーカ118,118からは、本発明にかかる立体的な音
響、すなわち、通常の遊技状態から大当たり遊技状態へ
の移行予告に用いる立体的な音響が出力されるのであ
る。
【0179】上述した如く、図15に示した端末機10
0においては、表示装置116は制御部130から別体
となって構成されており、サーバSから送信された表示
制御信号等の各種の制御信号又は制御情報は端末機10
0の制御部130に供給され、制御部130は供給され
た制御信号又は制御情報に基づいて表示信号を生成し、
生成した表示信号を表示装置116に供給するのであ
る。
【0180】一方、図16に示した如き端末機140
は、表示装置116は制御部130と一体となって構成
されており、サーバSから送信された表示制御信号等の
制御信号又は制御情報は端末機140の制御部130に
供給され、制御部130は供給された制御信号又は制御
情報に基づいて表示信号を生成し、生成した表示信号を
表示装置116に供給するのである。
【0181】尚、以下に説明する実施例は、端末機の制
御部と表示装置とが別体となった構成であっても、一体
となった構成であっても、適用することができる。
【0182】上述した端末機100,140(以下、パ
チンコ遊技用端末装置と称する)の構成を示すブロック
図を図17に示す。また、このパチンコ遊技用端末装置
と通信回線を介して接続され、種々の制御信号又は制御
情報やデータをパチンコ遊技用端末装置に供給するサー
バ80の構成を示すブロック図を図18に示す。尚、図
17に示したパチンコ遊技用端末装置においては、図4
に示した構成要素と対応する構成要素には同一の符号を
付している。
【0183】遊技者の操作を入力するための入力装置1
02(例えばキーボードやスイッチ)は、パチンコ遊技
用端末装置100のインターフェイス回路104に接続
され、インターフェイス回路104は、入出力バス10
6に接続されている。
【0184】入出力バス106は、中央処理回路(以
下、CPUと称する)108にデータ信号又はアドレス
信号が入出力されるようになっている。なお、図示しな
いが、音データ又は音信号に処理を施し、該音データ又
は音信号に基づく音を出力させるための演算処理装置で
ある前記DSP等は、CPU108に含まれることとす
る。入出力バス106には、ROM(リード・オンリー
・メモリ)110及びRAM(ランダム・アクセス・メ
モリ)112も接続されている。ROM110及びRA
M112は、後述する如きプログラムや表示装置116
に表示するための画像のデータやスピーカ118,11
8から出力する音のデータを記憶している。
【0185】上記音データには、遊技を演出するための
BGM、効果音、音声等の音データが含まれており、前
記通常の遊技状態から大当たり遊技状態への移行予告に
用いる立体的な音響の音データも含まれている。
【0186】なお、ROM110及びRAM112が記
憶する音データは、必ずしも、全て立体的な音響を発生
させる音データである必要はなく、奥行きや広がりを感
じさせない音を発生させる音データを記憶していてもよ
い。
【0187】さらに、上記立体的な音響を発生させる音
データは、仮想的な音源を発生させる音響となる音デー
タであることが望ましい。
【0188】また、入出力バス106には、インターフ
ェイス回路群114も接続されている。インターフェイ
ス回路群114には、表示装置116及びスピーカ11
8,118が接続されており、インターフェイス回路群
114は、CPU108における演算処理の結果に応じ
て表示装置116及びスピーカ118,118のそれぞ
れに表示信号や音声信号を供給する。
【0189】さらに、入出力バス106には、通信用イ
ンターフェイス回路120も接続されており、通信用イ
ンターフェイス回路120は、電気通信回線網を介して
後述するサーバ80との通信をするためのものである。
【0190】一方、サーバ80は、図18に示す如く、
ハードディスクドライブ88と、CPU82と、ROM
84と、RAM86と、通信用インターフェイス回路9
0とから構成されている。
【0191】ハードディスクドライブ88は、パチンコ
遊技用端末装置との通信をするためのプログラムや、パ
チンコ遊技用端末装置から発せられた情報を受信するた
めのプログラムや、パチンコ遊技を制御するプログラム
や、可変表示ゲームを制御するプログラムを記憶する。
また、通信用インターフェイス回路90は、電気通信回
線網を介して上述したパチンコ遊技用端末装置100や
140との通信をするためのものである。
【0192】上述した如き構成とした場合においては、
図15や図16に示した如きパチンコ遊技装置を模した
遊技機画像をパチンコ遊技用端末装置100や140の
表示装置116に表示し、遊技盤面、保留ランプ、装飾
ランプ、可変表示ゲームを行うための表示部132や普
通図柄を表示するための表示部152等の装置を示す画
像や、遊技球を示す画像が表示装置116に表示され
る。この可変表示ゲームを実行するための表示部132
においては、可変表示ゲームが実行された際には識別情
報である図柄の画像が表示されるのである。
【0193】また、パチンコ遊技用端末装置100や1
40のスピーカ118,118からは、遊技を演出する
ためのBGM、効果音、音声等が遊技状況に応じて適宜
出力され、その一つとして、本発明にかかる通常の遊技
状態から大当たり遊技状態への移行予告に用いる立体的
な音響も出力されるのである。
【0194】以下に、パチンコ遊技用端末装置及びサー
バのそれぞれで実行処理されるサブルーチンについて説
明する。尚、以下の説明においては、パチンコ遊技用端
末装置100,140及びサーバ80は予め起動されて
定常動作しているものとする。また、上述したCPU1
08やCPU82において用いられる変数は所定の値に
初期化されているものとする。また、入賞口、始動口、
球通過検出器等の装置や遊技球のそれぞれは、表示装置
116において画像として表示されるものである。
【0195】図19及び図20は、パチンコ遊技用端末
装置100,140が起動されたとき等の所定のタイミ
ングで、サーバ80のハードディスクドライブ88等の
記憶媒体に記憶されている各種のプログラムをサーバ8
0がパチンコ遊技用端末装置100,140に供給し、
パチンコ遊技用端末装置100,140において供給さ
れたプログラムを実行することとしたときにパチンコ遊
技用端末装置100,140、及びサーバ80のそれぞ
れで実行処理されるサブルーチンを示すフローチャート
である。
【0196】図19は、パチンコ遊技用端末装置10
0,140において実行されるサブルーチンであり、メ
インルーチンから所定のタイミングで呼び出されて実行
されるものである。尚、このメインルーチンは、サーバ
80との通信が可能であるか否かを判断するためのプロ
グラム等のサーバ80との通信をする際に必要となるプ
ログラムを予め含んでいるものとする。
【0197】最初に、サーバ80からパチンコ遊技を実
行するためのプログラム及びパチンコ遊技用端末装置に
おいてパチンコ遊技を進行する際に必要な画像データや
音データをダウンロードする(ステップS31)。
【0198】次いで、遊技者が入力装置102を操作す
ることによりパチンコ遊技が開始されて、遊技プログラ
ムが実行処理される(ステップS32)。この遊技プロ
グラムは、パチンコ遊技を制御する遊技プログラムと、
上述した図6に示した可変表示ゲームを実行するための
プログラムと、図13に示した大当たり遊技状態での処
理を実行するプログラムとを含むものであり、必要な画
像データは、パチンコ遊技装置を模した遊技機画像や、
背景画像や図柄の画像やキャラクタ画像等の画像を表示
装置116に表示するためのものであり、必要な音デー
タは、遊技を演出するためのBGM、効果音、音声等の
音、特に、前記通常の遊技状態から大当たり遊技状態へ
の移行予告に用いる立体的な音響をスピーカ118,1
18より出力するためのものである。また、パチンコ遊
技用端末装置100,140において遊技プログラムが
実行された際には、遊技者が入力装置102を操作した
ことを検出する。遊技者が入力装置102を操作したと
検出したときには、上述した如く、パチンコ遊技用端末
装置100,140の表示装置116にはパチンコ遊技
装置を模した遊技機画像が表示され、この遊技機画像上
に可変表示ゲームを表示する表示部132も表示される
のである。さらに、遊技者が遊技球を発射すべく入力装
置102を操作したときには、遊技球が遊技盤面上を移
動するように視認できる遊技球の画像を遊技機画像上に
表示するのである。
【0199】次に、入賞口に遊技球が入ったか否かを判
断する(ステップS33)。この入賞口は、上述した図
2に示した一般入賞口50及び54a〜54d並びに特
別入賞口56a〜56dに対応する画像部分である。入
賞口に遊技球が入ったと判別したときには、入賞口の種
類に応じた数の遊技球を払い出す処理を実行する(ステ
ップS34)。尚、このステップS34の処理は、パチ
ンコ遊技用端末装置100,140においては、遊技球
の数を表示装置116の何処かの位置に表示することと
しても、遊技球の数をRAM112に記憶することとし
てもよい。
【0200】次に、始動口に遊技球が入ったか否かを判
断する(ステップS35)。この始動は、例えば、上述
した図2に示した始動口44に対応する画像部分であ
る。
【0201】そして、ステップS35において、始動口
に遊技球が入ったと判別したときには、上述した図6に
示したサブルーチンと同様の可変表示ゲーム処理ルーチ
ンを呼び出し実行する(ステップS36)。尚、可変表
示ゲーム処理ルーチンが実行されたときには、図7に示
したサブルーチンと同様の大当たり予告処理ルーチンも
呼び出されて実行され、図15及び図16に示した表示
部132において、上述した図8〜図12に示した如き
背景画像や図柄の画像やキャラクタ画像が表示されると
ともに、スピーカ118よりミツバチの羽音や飛行機の
プロペラ音等が出力される。例えば、図6のステップS
25を処理した際に1つの図柄を停止表示させるタイミ
ングであると判別したときには、図6のステップS26
を処理することにより、その図柄を表示部132に停止
表示させるのである。
【0202】また、上述した図6に示したサブルーチン
のステップS27において全ての図柄が所定の組み合わ
せで停止した場合には、上述した図13に示す大当たり
処理ルーチンを実行する。
【0203】さらに、球通過検出器を遊技球が通過した
か否かを判断する(ステップS37)。この球通過検出
器は、例えば上述した図2に示した球通過検出器55
a,55bに対応する画像部分である。このステップS
37において、球通過検出器を遊技球が通過したと判別
したときには、表示装置52において普通図柄を変動表
示させる処理を実行する(ステップS38)。尚、上述
した如く、変動表示された普通図柄が停止したときに所
定の図柄となったときには、可動片58a,58bを駆
動して始動口44が開放状態となるように視認できる画
像を表示して、始動口44に遊技球が入りやすくなるよ
うな処理を行うのである。
【0204】次に、遊技が終了したか否かを判断する
(ステップS39)。遊技が終了したか否かの判断は、
遊技者が遊技を終了すべく入力装置102を操作したこ
とを検出したときや、遊技球が予め定められた数だけ遊
技盤面に発射されたことを判別したときに、遊技が終了
したと判別するのである。遊技が終了していないと判別
したときには、上述したステップS32に処理を戻す。
一方、遊技が終了したと判別したときには、発射した遊
技球の数や払い戻した遊技球の数等を示す遊技結果や、
遊技が終了したことを示す遊技終了情報をサーバ80に
送信し(ステップS40)、本サブルーチンを終了す
る。
【0205】図20は、図19に示したパチンコ遊技用
端末装置100,140において実行される端末側処理
ルーチンに対応して、サーバ80において実行されるサ
ブルーチンである。
【0206】最初に、パチンコ遊技用端末装置100,
140が起動されて通信可能な状態となっているか否か
を判断する(ステップS51)。
【0207】そして、パチンコ遊技用端末装置100,
140が起動されていないと判別した場合には、ステッ
プS51に処理を戻す。
【0208】一方、パチンコ遊技用端末装置100,1
40が起動されていると判別したときには、各種のプロ
グラムや各種の画像データや音データをパチンコ遊技用
端末装置100,140に送信する(ステップS5
2)。このステップS52の処理は、上述した図19の
ステップS31の処理に対応するものである。
【0209】上述した如く、ステップS52においてパ
チンコ遊技用端末装置100,140に送信するプログ
ラムは、パチンコ遊技を制御する遊技プログラムと、上
述した図6に示した可変表示ゲームを実行するためのプ
ログラムと、図13に示した大当たり遊技状態での処理
を実行するためのプログラムとを含むものであり、各種
の画像データは、パチンコ遊技装置を模した遊技機画像
や、背景画像や図柄の画像やキャラクタ画像等を表示装
置116に表示するためのものであり、音データは、遊
技を演出するためのBGM、効果音、音声等の音、特
に、前記通常の遊技状態から大当たり遊技状態への移行
予告に用いる立体的な音響をスピーカ118,118よ
り出力するためのものである。
【0210】次に、パチンコ遊技用端末装置100,1
40から遊技結果や遊技が終了した旨を示す情報が送信
されたか否かを判断する(ステップS53)。このステ
ップS53は、上述した図19のステップS40に対応
するものである。
【0211】そして、ステップS53において、遊技結
果や遊技終了情報がパチンコ遊技用端末装置100,1
40から送信されていないと判別したときには、処理を
ステップS53に戻す。尚、パチンコ遊技用端末装置1
00,140において、図19に示したステップS32
〜S39の処理が実行されている間は、サーバ80にお
いては、上述したステップS53の処理が繰り返し実行
されるのである。
【0212】一方、ステップS53において、遊技結果
や遊技終了情報がパチンコ遊技用端末装置100,14
0から送信されたと判別した場合には、遊技結果や遊技
終了情報を受信し(ステップS54)、本サブルーチン
を終了する。
【0213】上述した如き構成とした場合には、パチン
コ遊技用端末装置100,140において遊技が開始さ
れる前に、パチンコ遊技を実行するためのプログラム及
び各種の画像データがサーバ80から常に送信されるた
めに、サーバ80においてプログラムや画像データが更
新されたときには、遊技者は常に最新の遊技を楽しむこ
とができるのである。
【0214】上記実施例においても、前記実施例と同様
に、画面画像に伴って立体的な音響を用いた演出を行
い、同演出において、立体的な音響により遊技者が体感
する仮想的な音源の位置を所定の方向へと移動させるこ
とによって、通常の遊技状態から遊技者にとって有利な
大当たり遊技状態への移行を予告することにしたので、
音による演出の重要度が大きくなり、遊技者は音による
演出に注意を払う必要性が生じてくる。従って、従来の
画面画像による演出に加えて音による演出によって効果
的な演出を行うことが可能となり、遊技者を飽きさせる
ことなく可変表示ゲームに引き付けることができる。
【0215】また、前記大当たり遊技状態への移行予告
に用いる立体的な音響を所定の種類の音響としたので、
遊技者は、仮想的な音源の位置がどちらの方向へ移動し
たかを見極めるだけでなく、立体的な音響の種類にも注
意を払う必要性が生じ、遊技者をより一層可変表示ゲー
ムに集中させて遊技に引きつけることができる。
【0216】しかも、本発明によれば、たとえ目を閉じ
ていたとしても大当たり遊技状態への移行予告を知るこ
とができるので、常に画面を注視する必要がなくなり、
目を疲れさせることなく遊技を続けることができる。
【0217】[第3実施例]次に、パチンコ遊技を制御
するためのプログラムや、可変表示ゲームを実行するた
めのプログラムをパチンコ遊技用端末装置100,14
0のROM110に予め記憶させておき、パチンコ遊技
が進行するに従って必要となる各種の画像データや音デ
ータのみをサーバ80から適宜送信する構成とした場合
において、パチンコ遊技用端末装置100,140、及
びサーバ80において実行されるサブルーチンを図2
1、図22及び図23に示す。
【0218】図21は、パチンコ遊技用端末装置10
0,140において実行されるサブルーチンであり、以
下の説明においては、メインルーチンから所定のタイミ
ングでROM110から読み出されて実行されているも
のとする。尚、このメインルーチンは、サーバ80との
通信が可能であるか否かを判断するためのプログラム等
のサーバ80との通信をする際に必要となるプログラム
を予め含んでいるものとする。また、図21に示したフ
ローチャートは、図19に示したフローチャートとステ
ップS31を除いて同様のものであり、同様の処理をす
るステップには同一の符号を付した。
【0219】最初に、遊技者の操作によりパチンコ遊技
が開始されて、遊技プログラムが実行処理される(ステ
ップS32)。この遊技プログラムは、パチンコ遊技を
制御する遊技プログラムと、後述する可変表示ゲームを
実行するためのプログラム(図22参照)と、図13に
示した大当たり遊技状態での処理を実行するためのプロ
グラムとを含むものであり、また、必要な画像データ
は、パチンコ遊技装置を模した遊技機画像や、背景画像
や図柄の画像やキャラクタ画像等を表示装置116に表
示するためのものであり、必要な音データは、遊技を演
出するためのBGM、効果音、音声等の音、特に、前記
通常の遊技状態から大当たり遊技状態への移行予告に用
いる立体的な音響をスピーカ118,118より出力す
るためのものである。また、パチンコ遊技用端末装置1
00,140において遊技プログラムが実行された際に
は、遊技者が入力装置102を操作したことを検出す
る。遊技者が入力装置102を操作したと検出したとき
には、上述した如く、パチンコ遊技用端末装置100,
140の表示装置116にはパチンコ遊技装置を模した
遊技機画像が表示され、この遊技機画像上に可変表示ゲ
ームを表示する表示部132も表示されるのである。さ
らに、遊技者が遊技球を発射すべく入力装置102を操
作したときには、遊技球が遊技盤面上を移動するように
視認できる遊技球の画像を遊技機画像上に表示するので
ある。
【0220】次に、入賞口に遊技球が入ったか否かを判
断する(ステップS33)。この入賞口は、上述した図
2に示した一般入賞口50及び54a〜54d並びに特
別入賞口56a〜56dに対応する画像部分である。入
賞口に遊技球が入ったと判別したときには、入賞口の種
類に応じた数の遊技球を払い出す処理を実行する(ステ
ップS34)。尚、このステップS34の処理は、パチ
ンコ遊技用端末装置100,140においては、遊技球
の数を表示装置116の何処かの位置に表示することと
しても、遊技球の数をRAM112に記憶することとし
てもよい。
【0221】次に、始動口に遊技球が入ったか否かを判
断する(ステップS35)。この始動口は、例えば、上
述した図2に示した始動口44に対応する画像部分であ
る。このステップS35において、始動口に遊技球が入
ったと判別したときには、後述する可変表示ゲーム処理
ルーチンを呼び出し実行する(ステップS36)。尚、
この場合において可変表示ゲーム処理ルーチンが実行さ
れたときには、図7に示すサブルーチンと同様の大当た
り予告処理ルーチンも呼び出されて実行され、図15及
び図16に示した表示部132において、背景画像や図
柄の画像やキャラクタ画像が表示されるとともに、スピ
ーカ118より立体的な音響が出力され、1つの図柄を
停止表示させるタイミングであると判別したときには、
その図柄を表示部132に停止表示させるのである。
【0222】さらに、球通過検出器を遊技球が通過した
か否かを判断する(ステップS37)。この球通過検出
器は、例えば上述した図2に示した球通過検出器55a
及び55bに対応する画像部分である。このステップS
37において、球通過検出器を遊技球が通過したと判別
したときには、表示装置52において普通図柄を変動表
示させる処理を実行する(ステップS38)。尚、上述
した如く、変動表示された普通図柄が停止したときに所
定の図柄となったときには、可動片58a及び58bを
駆動して始動口44を開放状態となるように視認できる
画像を表示して、始動口44に遊技球が入りやすくなる
ようにするのである。
【0223】次に、遊技が終了したか否かを判断する
(ステップS39)。遊技が終了したか否かの判断は、
遊技者が遊技を終了すべく入力装置102を操作したこ
とを検出したときや、遊技球が予め定められた数だけ遊
技盤面に発射されたことを判別したときに、遊技が終了
したと判別するのである。遊技が終了していないと判別
したときには、上述したステップS32に処理を戻す。
一方、遊技が終了したと判別したときには、発射した遊
技球の数や払い戻した遊技球の数等を示す遊技結果や、
遊技が終了したことを示す遊技終了情報をサーバ80に
送信し(ステップS40)、本サブルーチンを終了す
る。
【0224】上述したステップS36において呼び出さ
れて実行される可変表示ゲームを処理するサブルーチン
を図22に示す。尚、図22に示したフローチャートに
は、図6に示したフローチャートのステップと同様の処
理をするステップには同一の符号を付した。
【0225】最初に、本サブルーチンが呼び出されて可
変表示ゲームが実行開始された旨を示す情報をサーバ8
0に送信する(ステップS61)。
【0226】次に、パチンコ遊技用端末装置100,1
40のCPU108の演算処理による内部抽選処理を実
行する(ステップS21)。この内部抽選処理は、変動
表示される複数の組に属する図柄を全て停止表示させて
図柄が確定したときにおける図柄の組み合わせを予め定
める処理であり、CPU108は、後述する如く、内部
抽選処理により定められた図柄の組み合わせで図柄が表
示部132において停止表示されるように図柄の変動表
示と停止表示との処理を行うのである。
【0227】また、上記内部抽選処理(ステップS2
1)を実行すると、前述した図7に示すサブルーチンと
同様の大当たり遊技状態への移行予告に関する処理を行
うサブルーチン(大当たり予告処理ルーチン)が呼び出
されて実行される。
【0228】次に、可変表示ゲームにおいて必要とされ
る識別情報画像である図柄の画像や、背景画像や、キャ
ラクタ画像や、立体的な音響のデータをサーバ80から
受信する(ステップS62)。尚、かかる各種画像や音
響は、上記内部抽選処理(ステップS21)及び大当た
り遊技状態への移行予告処理(図7参照)において選択
されたものである。次いで、表示装置116に表示した
表示部132に、背景画像を表示し(ステップS2
2)、識別情報である図柄を変動表示し(ステップS2
3)、キャラクタ画像を表示し(ステップS24)、ス
ピーカ118より立体的な音響を出力する(ステップS
24−1)。上述したステップS22〜S24−1が実
行されることにより、表示装置116に表示した表示部
132においては、上述した図8〜図12に示した如き
画像が表示され、それに合わせてスピーカ118からは
ミツバチの羽音や飛行機のプロペラ音等の立体的な音響
が出力されるのである。ステップS23が実行されるこ
とにより、図6の説明でした如く、複数、例えば3つの
組のそれぞれに属する図柄が表示部132に表示される
のである。
【0229】次に、複数の組、例えば3つの組のうちの
1つの組に属する図柄を停止表示させるタイミングであ
るか否かを判断する(ステップS25)。図柄を停止表
示させるタイミングであると判別したときには、その図
柄を停止表示させる(ステップS26)。
【0230】上述したステップS25において、図柄を
停止表示させるタイミングでないと判別したとき、又は
ステップS26の処理を実行したときには、可変表示ゲ
ームの進行状況を示す情報をサーバ80に送信する(ス
テップS63)。
【0231】次に、複数の組に属する図柄の全てが停止
表示されたか否かを判断する(ステップS27)。
【0232】そして、複数の組に属する図柄の全てが停
止表示されていないと判別したときには、処理をステッ
プS62に戻す。一方、複数の組に属する図柄の全てが
停止表示されたと判別したときには、可変表示ゲームが
終了した旨を示す情報、及び可変表示ゲームの結果情報
をサーバ80に送信し(ステップS64)、本サブルー
チンを終了する。
【0233】ここで、複数の組に属する図柄が所定の組
み合わせで停止した場合には、上述した図13に示す大
当たり処理ルーチンを実行する。
【0234】図23は、図21に示した如きパチンコ遊
技用端末装置100,140において実行される端末側
処理ルーチンに対応して、サーバ80において実行され
るサブルーチンである。サーバ80は、予め起動されて
おり、図23に示すサブルーチンは、予め実行されてい
るメインルーチンから呼び出されて実行されるものとす
る。
【0235】最初に、パチンコ遊技用端末装置100,
140において可変表示ゲームが開始された旨を示す情
報を受信したか否かを判断する(ステップS71)。可
変表示ゲームが開始された旨を示す情報を受信していな
いと判別したときには、本サブルーチンを直ちに終了す
る。一方、可変表示ゲームが開始された旨を示す情報を
受信したと判別したときには、パチンコ遊技用端末装置
100,140において必要とする識別情報画像である
図柄の画像や、背景画像や、キャラクタ画像や立体的な
音響のデータをパチンコ遊技用端末装置100,140
に送信する(ステップS72)。このステップS72
は、上述した図22に示したステップS62の処理に対
応するものである。
【0236】次に、パチンコ遊技用端末装置100,1
40から可変表示ゲームの進行状況を示す情報を受信し
たか否かを判断する(ステップS73)。このステップ
S73の処理は、上述した図22のステップS63に対
応する処理である。可変表示ゲームの進行状況を示す情
報を受信していないと判別したときには、処理をステッ
プS73に戻す。一方、可変表示ゲームの進行状況を示
す情報を受信したと判別したときには、受信した可変表
示ゲームの進行状況から新たな画像や音響を送信する必
要があるか否かを判断する(ステップS74)。新たな
画像や音響を送信する必要があると判別したときには、
処理を上述したステップS72に戻す。一方、新たな画
像や音響を送信する必要がないと判別したときには、可
変表示ゲームを終了した旨を示す情報を受信したか否か
を判断する(ステップS75)。このステップS75の
処理は、上述した図22のステップS64の処理に対応
する処理である。ステップS75において、可変表示ゲ
ームを終了した旨を示す情報を受信していないと判別し
たときには、処理をステップS73に戻す。一方、可変
表示ゲームを終了した旨を示す情報を受信したと判別し
たときには、本サブルーチンを終了する。
【0237】上記実施例においても、前記実施例と同様
に、画面画像に伴って立体的な音響を用いた演出を行
い、同演出において、立体的な音響により遊技者が体感
する仮想的な音源の位置を所定の方向へと移動させるこ
とによって、通常の遊技状態から遊技者にとって有利な
大当たり遊技状態への移行を予告することにしたので、
音による演出の重要度が大きくなり、遊技者は音による
演出に注意を払う必要性が生じてくる。従って、従来の
画面画像による演出に加えて音による演出によって効果
的な演出を行うことが可能となり、遊技者を飽きさせる
ことなく可変表示ゲームに引き付けることができる。
【0238】また、前記大当たり遊技状態への移行予告
に用いる立体的な音響を所定の種類の音響としたので、
遊技者は、仮想的な音源の位置がどちらの方向へ移動し
たかを見極めるだけでなく、立体的な音響の種類にも注
意を払う必要性が生じ、遊技者をより一層可変表示ゲー
ムに集中させて遊技に引きつけることができる。
【0239】しかも、本発明によれば、たとえ目を閉じ
ていたとしても大当たり遊技状態への移行予告を知るこ
とができるので、常に画面を注視する必要がなくなり、
目を疲れさせることなく遊技を続けることができる。
【0240】[第4実施例]次に、パチンコ遊技を制御
する遊技プログラムや、可変表示ゲームを実行するため
のプログラムのみがサーバから送信され、図柄の画像、
背景画像及びキャラクタ画像のデータや立体的な音響の
データは、パチンコ遊技用端末装置100,140のR
OM110に予め記憶されており、必要となる画像デー
タや音データをROM110から適宜読み出す構成とし
た場合に、パチンコ遊技用端末装置100,140、及
びサーバ80において実行されるサブルーチンを図24
及び図25に示す。
【0241】図24は、上述した構成とした場合におい
て、パチンコ遊技用端末装置100,140において実
行されるサブルーチンである。尚、パチンコ遊技用端末
装置100,140は、予め起動されており、上述した
図21に示したサブルーチンがメインルーチンから所定
のタイミングでROM110から読み出されて実行さ
れ、図24に示すサブルーチンは、図21のステップS
36においてROM110から読み出されて実行される
ものとする。また、図24に示すサブルーチンにおいて
は、図6や図22に示したサブルーチンの処理と同様の
処理を行うステップにてついては、同一の符号を付し
た。
【0242】最初に、パチンコ遊技用端末装置100,
140は、可変表示ゲームが開始された旨を示す情報を
サーバ80に送信する(ステップS61)。次いで、パ
チンコ遊技を制御する遊技プログラムや、可変表示ゲー
ムを実行するためのプログラム等のプログラムをサーバ
80から受信し、受信したプログラムを実行する(ステ
ップS81)。
【0243】次いで、パチンコ遊技用端末装置100,
140のCPU108の演算処理による内部抽選処理を
実行する(ステップS21)。この内部抽選処理は、変
動表示される複数の組に属する図柄を全て停止表示させ
て図柄が確定したときにおける図柄の組み合わせを予め
定める処理であり、CPU108は、後述する如く、内
部抽選処理により定められた図柄の組み合わせで図柄が
表示部132において停止表示されるように図柄の変動
表示と停止表示との処理を行うのである。
【0244】また、上記内部抽選処理(ステップS2
1)を実行すると、前述した図7に示すサブルーチンと
同様の大当たり遊技状態への移行予告に関する処理を行
うサブルーチン(大当たり予告処理ルーチン)が呼び出
されて実行される。
【0245】次に、上記内部抽選処理(ステップS2
1)及び大当たり遊技状態への移行予告処理(図7参
照)に基づき、表示装置116に表示した表示部132
に、背景画像を表示し(ステップS22)、識別情報で
ある図柄を変動表示し(ステップS23)、キャラクタ
画像を表示し(ステップS24)、スピーカ118より
立体的な音響を出力する(ステップS24−1)。上述
したステップS22〜S24−1を実行することによ
り、表示装置116に表示した表示部132において
は、上述した図8〜図12に示した如き画像が表示さ
れ、それに合わせてスピーカ118からはミツバチの羽
音や飛行機のプロペラ音等の立体的な音響が出力される
のである。ステップS23においては、図6の説明でし
た如く、複数の組、例えば3つの組のそれぞれに属する
図柄が表示部132に表示されるのである。
【0246】次に、複数の組、例えば3つの組のうちの
1つの組に属する図柄を停止表示させるタイミングであ
るか否かを判断する(ステップS25)。図柄を停止表
示させるタイミングであると判別したときには、その図
柄を停止表示させる(ステップS26)。
【0247】上述したステップS26において、図柄を
停止表示させるタイミングでないと判別したとき、又は
ステップS26の処理を実行したときには、可変表示ゲ
ームの進行状況を示す情報をサーバ80に送信する(ス
テップS63)。
【0248】次に、複数の組に属する図柄の全てが停止
表示されたか否かを判断する(ステップS27)。複数
の組に属する図柄の全てが停止表示されていないと判別
したときには、処理をステップS62に戻す。一方、複
数の組に属する図柄の全てが停止表示されたと判別した
ときには、可変表示ゲームが終了した旨を示す情報、及
び可変表示ゲームの結果情報をサーバ80に送信し(ス
テップS64)、本サブルーチンを終了する。
【0249】図25は、図24に示したパチンコ遊技用
端末装置100,140において実行される可変表示ゲ
ーム処理ルーチンに対応して、サーバ80において実行
されるサブルーチンである。
【0250】サーバ80は、予め起動されており、図2
5に示すサブルーチンは、予め実行されているメインル
ーチンから呼び出されて実行されるものとする。尚、図
25に示すサブルーチンにおいては、図23に示したサ
ブルーチンの処理と同様の処理を行うステップについて
は、同一の符号を付した。
【0251】最初に、パチンコ遊技用端末装置100,
140において可変表示ゲームが開始された旨を示す情
報を受信したか否かを判断する(ステップS71)。こ
のステップS71の処理は、上述した図24に示したス
テップS61に対応する処理である。可変表示ゲームが
開始された旨を示す情報を受信していないと判別したと
きには、本サブルーチンを直ちに終了する。一方、可変
表示ゲームが開始された旨を示す情報を受信したと判別
したときには、パチンコ遊技を制御する遊技プログラム
や、可変表示ゲームを実行するためのプログラム等のプ
ログラムをパチンコ遊技用端末装置100,140に送
信する(ステップS91)。このステップS91は、上
述した図24に示したステップS81の処理に対応する
ものである。
【0252】次に、パチンコ遊技用端末装置100,1
40から可変表示ゲームの進行状況を示す情報を受信し
たか否かを判断する(ステップS73)。このステップ
S73の処理は、上述した図24のステップS63に対
応する処理である。可変表示ゲームの進行状況を示す情
報を受信していないと判別したときには、処理をステッ
プS73に戻す。一方、可変表示ゲームの進行状況を示
す情報を受信したと判別したときには、可変表示ゲーム
を終了した旨を示す情報を受信したか否かを判断する
(ステップS75)。このステップS75の処理は、上
述した図24のステップS64の処理に対応する処理で
ある。ステップS75において、可変表示ゲームを終了
した旨を示す情報を受信していないと判別したときに
は、処理をステップS73に戻す。一方、可変表示ゲー
ムを終了した旨を示す情報を受信したと判別したときに
は、本サブルーチンを終了する。
【0253】本実施例においても、可変表示ゲームにお
いて複数の組に属する図柄が所定の組み合わせで停止し
た場合には、上述した図13に示す大当たり処理ルーチ
ンを実行する。
【0254】上記実施例においても、前記実施例と同様
に、画面画像に伴って立体的な音響を用いた演出を行
い、同演出において、立体的な音響により遊技者が体感
する仮想的な音源の位置を所定の方向へと移動させるこ
とによって、通常の遊技状態から遊技者にとって有利な
大当たり遊技状態への移行を予告することにしたので、
音による演出の重要度が大きくなり、遊技者は音による
演出に注意を払う必要性が生じてくる。従って、従来の
画面画像による演出に加えて音による演出によって効果
的な演出を行うことが可能となり、遊技者を飽きさせる
ことなく可変表示ゲームに引き付けることができる。
【0255】また、前記大当たり遊技状態への移行予告
に用いる立体的な音響を所定の種類の音響としたので、
遊技者は、仮想的な音源の位置がどちらの方向へ移動し
たかを見極めるだけでなく、立体的な音響の種類にも注
意を払う必要性が生じ、遊技者をより一層可変表示ゲー
ムに集中させて遊技に引きつけることができる。
【0256】しかも、本発明によれば、たとえ目を閉じ
ていたとしても大当たり遊技状態への移行予告を知るこ
とができるので、常に画面を注視する必要がなくなり、
目を疲れさせることなく遊技を続けることができる。
【0257】[第5実施例]次に、パチンコ遊技を制御
するためのプログラムや、可変表示ゲームを実行するた
めのプログラムや、大当たり処理状態の処理を実行する
プログラム等のプログラムをサーバが記憶し、パチンコ
遊技や可変表示ゲームが必要とする画像データや音デー
タをパチンコ遊技用端末装置100,140のROM1
10が記憶する場合を以下に示す。このような構成とし
た場合には、パチンコ遊技の進行はサーバ80が行い、
パチンコ遊技用端末装置100,140は、サーバ80
において行われたパチンコ遊技の進行に従って送信され
る制御信号又は制御情報に応じて画像や音響を選択し、
選択された画像を表示装置116に表示するとともに、
選択された音響をスピーカ118,118より出力する
のである。このような構成とした場合において、パチン
コ遊技用端末装置100,140及びサーバ80におい
て実行されるサブルーチンを図26〜図29に示す。
【0258】図26は、パチンコ遊技用端末装置10
0,140において実行されるサブルーチンであり、以
下の説明においては、パチンコ遊技用端末装置100,
140が起動されたときに図示しないメインルーチンが
実行され、このメインルーチンにおいてサーバ80との
通信が可能な状態になっていることを確認した上で、本
サブルーチンが呼び出されて実行されるものとする。
【0259】最初に、サーバ80から送信された画像デ
ータや音データを受信する(ステップS101)。尚、
この場合の画像データや音データは、後述する可変表示
ゲームに関するもののみならず、遊技盤や遊技球等のパ
チンコ遊技に関するものも含む画像データや音データで
ある。また、パチンコ遊技用端末装置100,140の
ROM110にこれらの画像データや音データが予め記
憶されている構成とした場合には、ステップS101の
処理を省くこととしてもよい。
【0260】次に、遊技者が入力装置102を操作した
か否かを判断する(ステップS102)。遊技者が入力
装置102を操作したと判別したときには、遊技者の操
作に応じた操作情報をサーバ80に送信する(ステップ
S103)。ステップS103の処理を実行した後、又
は遊技者が入力装置102を操作していないと判別した
ときには、サーバ80から命令情報が発せられたか否か
を判断する(ステップS104)。サーバ80から命令
情報が発せられたと判別したときには、命令情報を受信
し、その命令情報が終了命令情報であるか否かを判断す
る(ステップS105)。命令情報が終了命令情報でな
いと判別したときには、受信した命令情報に応じた画像
を選択し、選択した画像を表示装置116に表示すると
ともに、受信した命令情報に応じた音を選択し、選択し
た音をスピーカ118より出力する(ステップS10
6)。この処理の後、上述したステップS102に処理
を戻す。また、ステップS104において、サーバ80
から命令情報が発せられていないと判別したときにも、
上述したステップS102に処理を戻す。
【0261】上述したステップS105において、受信
した命令情報が終了命令情報であると判別したときに
は、本サブルーチンを終了する。
【0262】上述したステップS104において受信す
る命令情報は、後述する図28のステップS122、S
128、S130、S132及びS134において生成
される各種の情報であり、パチンコ遊技用端末装置10
0,140は、これらの情報に応じてROM110から
所望の画像データを選択して読み出し、読み出した画像
データを表示装置116に画像として表示するととも
に、所望の音データを選択して読み出し、読み出した音
データをスピーカ118から音として出力するのであ
る。
【0263】上述した図26のサブルーチンに対応して
サーバ80において実行されるサブルーチンを図27に
示す。サーバ80は、予め起動されており、図27に示
すサブルーチンは、予め実行されているメインルーチン
から呼び出されて実行されるものとする。
【0264】最初に、端末機であるパチンコ遊技用端末
装置100,140に画像データや音データを送信する
(ステップS111)。このステップは上述したステッ
プS101に対応するものであり、上述した如く、この
画像データや音データは、可変表示ゲームに関するもの
のみならず、遊技盤や遊技球等のパチンコ遊技に関する
ものも含む画像データや音データである。
【0265】次に、パチンコ遊技用端末装置100,1
40から発せられた操作情報を受信する(ステップS1
12)。このステップは、上述した図26に示したステ
ップS103に対応する処理である。パチンコ遊技用端
末装置100,140から発せられた操作情報を受信し
たときには、受信した操作情報が遊技球発射操作情報で
あるか否かを判断する(ステップS113)。操作情報
が遊技球発射操作情報であると判別したときには、後述
するパチンコ遊技処理を実行する(ステップS11
4)。上述したステップS112において、パチンコ遊
技用端末装置100,140から発せられた操作情報を
受信しなかったときには、直ちにステップS114の処
理を実行する。
【0266】一方、ステップS113において操作情報
が遊技球発射操作情報でないと判別したとき、又はステ
ップS114の処理を実行したときには、ステップS1
14において実行されたパチンコ遊技処理により生成さ
れた命令情報をパチンコ遊技用端末装置100,140
に送信する(ステップS115)。このステップS11
5の処理は、上述した図26に示したステップS104
に対応する処理である。次いで、送信した命令情報が終
了命令情報であるか否かを判断する(ステップS11
6)。送信した命令情報が終了命令情報でないと判別し
たときには、上述したステップS112に処理を戻す。
【0267】上述したステップS114において、呼び
出されるパチンコ遊技処理のサブルーチンを図28に示
す。
【0268】最初に、遊技球の画像を移動させて表示す
るか否かを判断する(ステップS121)。遊技球の画
像を移動させて表示すると判別したときには、遊技球が
移動するように視認できるように遊技球の画像を表示す
べく、遊技球の画像の移動先の位置を演算し、その位置
を位置情報として生成する(ステップS122)。
【0269】次に、遊技球が入賞口に入ったか否か、即
ち、ステップS121において演算した遊技球の画像の
位置が、入賞口を示す画像の位置の近傍であるか否かを
判断する(ステップS123)。この入賞口は、上述し
た図2に示した一般入賞口50及び54a〜54d並び
に特別入賞口56a〜56dに対応する画像部分であ
る。演算した位置が入賞口の位置の近傍であると判別し
たときには、遊技球を払い出す処理を実行する(ステッ
プS124)。尚、この遊技球を払い出す処理は、入賞
口の種類に応じて予め定めらた遊技球の数をRAM86
に記憶したり、遊技球の数を示す遊技球数情報をパチン
コ遊技用端末装置100,140に送信すべく生成する
処理である。
【0270】次いで、始動口に遊技球が入ったか否か、
即ち、ステップS121において演算した遊技球の画像
の位置が、始動口を示す画像の位置の近傍であるか否か
を判断する(ステップS125)。尚、この始動口は、
例えば、上述した図2に示した始動口44に対応する画
像部分である。演算した位置が始動口の位置の近傍であ
ると判別したときには、後述する可変表示ゲームを開始
する処理を実行する(ステップS126)。尚、この可
変表示ゲームを開始する処理は、識別情報である図柄が
確定したときに表示部132に表示する識別情報の組み
合わせを定める内部抽選処理を実行するとともに、前述
した図7に示すような大当たり遊技状態への移行予告処
理を実行し、後述する図29に示す可変表示ゲーム処理
を実行するのである。
【0271】次に、遊技球が球通過検出器を通過した
か、即ち、ステップS121において演算した遊技球の
画像の位置が球通過検出器を示す画像の位置の近傍であ
るか否かを判断する(ステップS127)。尚、この球
通過検出器は、例えば上述した図2に示した球通過検出
器55a及び55bに対応する画像部分である。このス
テップS127において、球通過検出器の近傍を遊技球
が通過したと判別したときには、パチンコ遊技用端末装
置100,140に表示される表示部152において変
動表示させる普通図柄の画像を選択し、選択した画像を
示す選択画像情報を生成する(ステップS128)。
【0272】次いで、パチンコ遊技用端末装置100,
140に表示される表示部152において表示された普
通図柄が所定の図柄で停止したか否かを判断する(ステ
ップS129)。普通図柄が所定の図柄で停止したと判
別したときには、上述した始動口が開放状態となる画像
が表示されるように可動片の画像を選択し、選択された
画像を示す選択画像情報を生成する(ステップS13
0)。この選択画像情報がパチンコ遊技用端末装置10
0,140に発せられたときには、パチンコ遊技用端末
装置100,140の表示装置116においては、可動
片が開放状態となっているように視認できる画像が表示
されるのである。尚、可動片は、例えば上述した図2に
示した可動片58a及び58bに対応する画像部分であ
る。
【0273】次に、装飾ランプを点灯表示するか、消灯
表示するか否かを判断する(ステップS131)。装飾
ランプを点灯表示又は消灯表示すると判別したときに
は、そのそれぞれの状態に対応する画像を選択し、選択
された画像を示す選択画像情報を生成する(ステップS
132)。この装飾ランプは、例えば上述した図2に示
した装飾ランプ36a及び36bに対応する画像部分で
ある。上述した選択画像情報がパチンコ遊技用端末装置
100,140に発せられたときには、表示装置116
において表示されている装飾ランプ36a及び36bの
画像部分に、点灯しているように視認できる画像又は消
灯しているように視認できる画像が表示されるのであ
る。
【0274】次に、遊技が終了したか否かを判断する
(ステップS133)。遊技が終了したと判別したとき
には、遊技終了情報を生成し(ステップS134)、本
サブルーチンを終了する。尚、遊技が終了したか否か
は、パチンコ遊技用端末装置100,140を操作する
遊技者が遊技を終了する操作をした場合や、遊技盤面に
発射した遊技球の数が所定の数以上となった場合に、遊
技が終了したと判別するのである。
【0275】上述したステップS126において、呼び
出されて実行される可変表示ゲームを処理するサブルー
チンを図29に示す。
【0276】最初に、ステップS126において実行さ
れた内部抽選処理及び大当たり遊技状態への移行予告処
理(図7参照)に基づき、パチンコ遊技用端末装置10
0,140の表示装置116の表示部132に表示すべ
き背景画像、図柄の画像、キャラクタ画像、及びスピー
カ118より出力すべき立体的な音響を選択する(ステ
ップS141、S142、S143、及びS143−
1)。次に、複数の組、例えば3つの組のうちの1つの
組に属する図柄を停止表示させるタイミングであるか否
かを判断する(ステップS144)。停止表示させるタ
イミングであると判別したときには、停止表示させる位
置を演算し、停止表示させる画像を選択する(ステップ
S145)。
【0277】次に、上述したステップS141、S14
2、S143及びS145で選択した画像を示す選択画
像情報を生成し(ステップS146)、選択した画像を
表示すべき位置を示す位置情報を生成する(ステップS
147)とともに、上述したステップS143−1で選
択した立体的な音響を示す選択音響情報を生成し(ステ
ップS146−1)、選択した音響を出力するタイミン
グを示すタイミング情報を生成する(ステップS147
−1)。サーバ80は、上述したステップS146及び
S147で生成した選択画像情報及び位置情報と、上述
したステップS146−1及びS147−1で生成した
選択音響情報及びタイミング情報とを、上述した図27
のステップS115において命令情報として、端末機で
あるパチンコ遊技用端末装置100,140に送信す
る。一方、パチンコ遊技用端末装置100,140は、
サーバ80から送信された命令情報を上述した図26の
ステップS104において受信した後、ステップS10
6において、受信した命令情報が示す画像のデータ及び
音響のデータをROM110又はRAM112から読み
出し、読み出された画像(上述した図8〜図12に示し
た如き画像)を表示装置116の表示部132に表示す
るとともに、読み出された音響(ミツバチの羽音や飛行
機のプロペラ音等)をスピーカ118から出力するので
ある。このようにすることで、サーバ80が識別情報で
ある図柄を停止表示させるタイミングであると判別した
ときには、端末機であるパチンコ遊技用端末装置10
0,140の表示部132において、その図柄を表示さ
せる制御をサーバ80は行うことができるのである。
【0278】次に、全ての図柄が停止したか否かを判断
する(ステップS148)。全ての図柄が停止したと判
別したときには、可変表示ゲーム終了情報を生成し(ス
テップS149)、本サブルーチンを終了する。
【0279】尚、この図29に示したサブルーチンは、
図28のステップS126の可変表示ゲームの開始処理
を実行したときに呼び出されるだけではなく、可変表示
ゲームが開始されて終了するまでの間においては、所定
のタイミングで呼び出されて実行される。
【0280】上記実施例においても、前記実施例と同様
に、画面画像に伴って立体的な音響を用いた演出を行
い、同演出において、立体的な音響により遊技者が体感
する仮想的な音源の位置を所定の方向へと移動させるこ
とによって、通常の遊技状態から遊技者にとって有利な
大当たり遊技状態への移行を予告することにしたので、
音による演出の重要度が大きくなり、遊技者は音による
演出に注意を払う必要性が生じてくる。従って、従来の
画面画像による演出に加えて音による演出によって効果
的な演出を行うことが可能となり、遊技者を飽きさせる
ことなく可変表示ゲームに引き付けることができる。
【0281】また、前記大当たり遊技状態への移行予告
に用いる立体的な音響を所定の種類の音響としたので、
遊技者は、仮想的な音源の位置がどちらの方向へ移動し
たかを見極めるだけでなく、立体的な音響の種類にも注
意を払う必要性が生じ、遊技者をより一層可変表示ゲー
ムに集中させて遊技に引きつけることができる。
【0282】しかも、本発明によれば、たとえ目を閉じ
ていたとしても大当たり遊技状態への移行予告を知るこ
とができるので、常に画面を注視する必要がなくなり、
目を疲れさせることなく遊技を続けることができる。
【0283】尚、上述した図19乃至図29に示した実
施例においては、表示装置116に表示されたパチンコ
遊技装置を模した遊技機の画像上に表示された表示部1
32のみにおいて、図柄の画像、背景画像及びキャラク
タ画像が表示される場合を示したが、表示装置116の
全面において図柄の画像、背景画像及びキャラクタ画像
を表示することとしてもよい。
【0284】
【発明の効果】本発明によれば、遊技者が最も注目する
大当たり遊技状態への移行を、立体的な音響により遊技
者が体感する仮想的な音源の位置を所定の方向へと移動
させることによって予告するようにしたので、音による
演出の重要度が大きくなり、遊技者は音による演出に注
意を払う必要性が生じ、従来の画面画像による演出に加
えて音による演出によって効果的な演出を行うことが可
能となる。従って、遊技者を飽きさせることなく遊技に
引き付けることが可能となる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明によるパチンコ遊技装置の概観を示す正
面図である。
【図2】本発明によるパチンコ遊技装置の遊技盤面の拡
大正面図である。
【図3】パチンコ遊技装置における変動入賞装置の分解
説明図である。
【図4】本発明の実施例であるパチンコ遊技装置の制御
回路を示すブロック図である。
【図5】パチンコ遊技装置において実行される遊技球を
検出する処理のサブルーチンを示すフローチャートであ
る。
【図6】図5に示したフローチャートのステップS14
において呼び出されて実行される可変表示ゲーム処理の
サブルーチンを示すフローチャートである。
【図7】図6に示したフローチャートのステップS21
において呼び出されて実行される大当たり遊技状態への
移行予告処理のサブルーチンを示すフローチャートであ
る。
【図8】可変表示ゲームにおいて、表示装置に画面画像
が表示されるとともにスピーカより立体的な音響が出力
される態様を具体的に示す説明図である。
【図9】可変表示ゲームにおける画面画像の態様を具体
的に示す説明図である。
【図10】可変表示ゲームにおける画面画像の態様を具
体的に示す説明図である。
【図11】可変表示ゲームにおける画面画像の態様を具
体的に示す説明図である。
【図12】可変表示ゲームにおける画面画像の態様を具
体的に示す説明図である。
【図13】図6に示す可変表示ゲーム処理のサブルーチ
ンにおいて、大当たりとなった後の処理のサブルーチン
を示すフローチャートである。
【図14】インターネットやローカルエリアネットワー
ク(LAN)等の電気通信回線網を介して通信可能に接
続されたサーバと端末機とを示す説明図である。
【図15】パチンコ遊技用の端末機の一例を示す概観図
である。
【図16】パチンコ遊技用の端末機の他の例を示す概観
図である。
【図17】本発明の実施例であるパチンコ遊技用端末装
置の制御回路を示すブロック図である。
【図18】本発明の実施例であるサーバの制御回路を示
すブロック図である。
【図19】本発明の実施例であるパチンコ遊技用端末装
置100,140において実行されるサブルーチンを示
すフローチャートである。
【図20】本発明の実施例であるサーバ80において、
実行されるサブルーチンを示すフローチャートである。
【図21】パチンコ遊技用端末装置100,140にお
いて実行されるサブルーチンを示すフローチャートであ
る。
【図22】パチンコ遊技用端末装置100,140にお
いて実行される可変表示ゲームの処理を行うサブルーチ
ンを示すフローチャートである。
【図23】本発明の実施例であるサーバ80において、
実行されるサブルーチンを示すフローチャートである。
【図24】パチンコ遊技用端末装置100,140にお
いて実行される可変表示ゲームの処理を行うサブルーチ
ンを示すフローチャートである。
【図25】本発明の実施例であるサーバ80において、
実行されるサブルーチンを示すフローチャートである。
【図26】パチンコ遊技用端末装置100,140にお
いて実行されるサブルーチンを示すフローチャートであ
る。
【図27】本発明の実施例であるサーバ80において、
実行されるサブルーチンを示すフローチャートである。
【図28】図27のフローチャートのステップS114
において、呼び出されるパチンコ遊技処理のサブルーチ
ンを示すフローチャートである。
【図29】図28のフローチャートのステップS126
において、呼び出される可変表示ゲームの処理を行うサ
ブルーチンを示すフローチャートである。
【図30】仮想音源についての説明図である。
【図31】仮想音源についての説明図である。
【図32】仮想音源についての説明図である。
【図33】パラメトリックスピーカの説明図である。
【符号の説明】
M 大当たり入賞装置 10 パチンコ遊技装置(遊技機) 32 表示装置(表示部) 38 大入賞口 40 シャッタ 46 スピーカ 60 制御回路 66 CPU(制御部) 64 入出力バス 68 ROM 70 RAM 80 サーバ 100 パチンコ遊技用端末装置(端末機) 118 スピーカ 132 表示部 140 パチンコ遊技用端末装置(端末機)
フロントページの続き Fターム(参考) 2C088 AA17 AA35 AA36 AA42 BC07 BC08 BC22 CA27 CA31 EB56 EB58

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 各々が変動表示され、所定のタイミング
    で個別に停止表示できるようにした複数の識別情報画
    像、さらにはキャラクタ画像及び背景画像を含む画面画
    像が表示される表示部を有し、同表示部において前記複
    数の識別情報画像が所定の組合せで停止した場合には、
    遊技状態を通常の遊技状態から遊技盤に設けた大入賞口
    を開閉する遊技者にとって有利な大当たり遊技状態へと
    移行させるべく構成した遊技機において、 前記画面画像に伴って立体的な音響を用いた演出を行
    い、同演出において、立体的な音響により遊技者が体感
    する仮想的な音源の位置を所定の方向へと移動させるこ
    とによって、通常の遊技状態から遊技者にとって有利な
    大当たり遊技状態への移行を予告することを特徴とする
    遊技機。
  2. 【請求項2】 前記立体的な音響は、所定の種類の音響
    であることを特徴とする請求項1記載の遊技機。
  3. 【請求項3】 各々が変動表示され、所定のタイミング
    で個別に停止表示できるようにした複数の識別情報画
    像、さらにはキャラクタ画像及び背景画像を含む画面画
    像が表示される表示部において前記複数の識別情報画像
    を所定の組合せで停止させた場合には、遊技状態を通常
    の遊技状態から遊技盤に設けた大入賞口を開閉する遊技
    者にとって有利な大当たり遊技状態へと移行させ、しか
    も、前記画面画像に伴って立体的な音響を用いた演出を
    行わせ、同演出において、立体的な音響により遊技者が
    体感する仮想的な音源の位置を所定の方向へと移動させ
    ることによって、通常の遊技状態から遊技者にとって有
    利な大当たり遊技状態への移行を予告させることを特徴
    とする遊技ソフトウエア。
  4. 【請求項4】 端末機と通信可能なサーバであって、各
    々が変動表示され、所定のタイミングで個別に停止表示
    できるようにした複数の識別情報画像、さらにはキャラ
    クタ画像及び背景画像を含む画面画像が表示される表示
    部において前記複数の識別情報画像を所定の組合せで停
    止させた場合には、遊技状態を通常の遊技状態から遊技
    盤に設けた大入賞口を開閉する遊技者にとって有利な大
    当たり遊技状態へと移行させる制御を端末機に対して行
    い、しかも、前記画面画像に伴って立体的な音響を用い
    た演出を行わせ、同演出において、立体的な音響により
    遊技者が体感する仮想的な音源の位置を所定の方向へと
    移動させることによって、通常の遊技状態から遊技者に
    とって有利な大当たり遊技状態への移行を予告させる制
    御を端末機に対して行うことを特徴とするサーバ。
JP2002037484A 2002-02-14 2002-02-14 遊技機、遊技ソフトウエア、及びサーバ Pending JP2003236153A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002037484A JP2003236153A (ja) 2002-02-14 2002-02-14 遊技機、遊技ソフトウエア、及びサーバ

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002037484A JP2003236153A (ja) 2002-02-14 2002-02-14 遊技機、遊技ソフトウエア、及びサーバ

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003236153A true JP2003236153A (ja) 2003-08-26

Family

ID=27779053

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002037484A Pending JP2003236153A (ja) 2002-02-14 2002-02-14 遊技機、遊技ソフトウエア、及びサーバ

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2003236153A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2013128584A (ja) * 2011-12-20 2013-07-04 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2013128584A (ja) * 2011-12-20 2013-07-04 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20040166937A1 (en) Gaming machine system having a gesture-sensing mechanism
JP2003199935A (ja) 遊技機及びゲームプログラム
JP2003310933A (ja) 遊技機、遊技プログラム、及びサーバ
JP2003190531A (ja) 遊技機、遊技機の演出表現方法及びサーバ
JP2003169933A (ja) 遊技機、遊技機の演出表現方法、記憶媒体及びサーバ
JP2003144707A (ja) 遊技機、遊技機の演出表現方法及びサーバ
JP2003305208A (ja) 遊技機、遊技プログラム、及びサーバ
JP2003164576A (ja) 遊技機、遊技機の演出表現方法及びサーバ
JP2009284923A (ja) 遊技機及び遊技システム
JP2003236153A (ja) 遊技機、遊技ソフトウエア、及びサーバ
JP2003190528A (ja) 遊技機、遊技機の演出表現方法及びサーバ
JP2003190412A (ja) 遊技機、遊技機の演出表現方法及びサーバ
JP2003180957A (ja) 遊技機、遊技機の演出表現方法、記憶媒体及びサーバ
JP2003154075A (ja) 遊技機、遊技機の制御方法、通信遊技システム、サーバ、およびコンピュータプログラム
JP2003144646A (ja) 遊技機、遊技機の演出表現方法及びサーバ
JP2003000893A (ja) 遊技機、遊技機における背景画像切り替え方法、記憶媒体、及びサーバ
JP2003236152A (ja) 遊技機、遊技ソフトウエア、及びサーバ
JP2003236151A (ja) 遊技機、遊技ソフトウエア、及びサーバ
JP2006110024A (ja) ゲーム機
JP2003236098A (ja) 遊技機、遊技ソフトウエア、及びサーバ
JP2003236084A (ja) 遊技機、遊技ソフトウエア、及びサーバ
JP2003169902A (ja) 遊技機、遊技機の演出表現方法、記憶媒体及びサーバ
JP2003310922A (ja) 遊技機、遊技プログラム、及びサーバ
JP2003154078A (ja) 遊技機、遊技機の演出表現方法及びサーバ
JP2014097260A (ja) パチンコ機

Legal Events

Date Code Title Description
RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20040825

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20041101

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20080416

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20080422

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20080812