JP2001303567A - 軟弱地盤にコンクリート基礎を打設する際のマイクロパイル打設工法及び打設装置 - Google Patents

軟弱地盤にコンクリート基礎を打設する際のマイクロパイル打設工法及び打設装置

Info

Publication number
JP2001303567A
JP2001303567A JP2000120361A JP2000120361A JP2001303567A JP 2001303567 A JP2001303567 A JP 2001303567A JP 2000120361 A JP2000120361 A JP 2000120361A JP 2000120361 A JP2000120361 A JP 2000120361A JP 2001303567 A JP2001303567 A JP 2001303567A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
micropile
placing
concrete
tool
soft ground
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000120361A
Other languages
English (en)
Inventor
Kazuya Koga
古賀一哉
Original Assignee
Nitto Tekko Kk
日東鐵工株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nitto Tekko Kk, 日東鐵工株式会社 filed Critical Nitto Tekko Kk
Priority to JP2000120361A priority Critical patent/JP2001303567A/ja
Publication of JP2001303567A publication Critical patent/JP2001303567A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 コンクリート打設箇所の掘削作業能率増進さ
せ、付帯作業が殆ど必要内打設工法及び装置を得るこ
と。 【解決手段】 地表からマイクロパイルを打設するに当
り、所定挿入深さから打設するコンクリート厚さを差引
いた長さの箇所で、マイクロパイルを打設具により分離
可能に連結し、マイクロパイルを所定の深さまで挿入し
た後、前記打設具を取外し、取外した打設具のない空間
を掘削し、空間にコンクリートを打設することから成り
立つ軟質地盤にコンクリート基礎を打設する際のマイク
ロパイル打設工法。マイクロパイルにねじ込む筒状打設
具本体を備え、本体の下端に開放する鈎形穴をあけ、マ
イクロパイルに挿入した打設具本体の前記鈎形穴に係止
する突子を設け、打設後打設具本体を逆転させてマイク
ロパイルより取外すことから成り立つ軟弱地盤にコンク
リート基礎を打設する際のマイクロパイル打設装置。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は軟弱地盤にコンクリ
ート基礎を打設する際のマイクロパイルの打設工法及び
該工法に用いる打設装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来軟弱地盤にコンクリート基礎を打設
する場合は、図4(イ)に示すように地表aからマイク
ロパイルbを挿入打設した後、図4(ロ)のようにマイ
クロパイルbの周辺をバックホーで所要コンクリート厚
さまで掘削dし、しかる後図4(ハ)に示すようにコン
クリートcを打設したものである。従ってマイクロパイ
ルが邪魔になり作業しづらく能率が良くなかった。また
マイクロパイルの頭部切断等の付帯作業が必要となる場
合が多かった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】本発明の課題は前記従
来の欠点を除きバックホーによるコンクリート打設箇所
の掘削作業能率を増進し、付帯作業を殆ど必要としない
打設工法及びマイクロパイルの打設具装置を得ることに
ある。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明のマイクロパイル
打設工法の手段は次のとおりである。
【0005】地表からマイクロパイルを打設するに当
り、所定挿入深さから打設するコンクリート厚さを差引
いた長さの箇所で、マイクロパイルを打設具により挿入
機体の取付部と分離可能に連結し、マイクロパイルを所
定の深さまで挿入した後、前記打設具を取外し、取外し
た打設具のない空間を掘削し、その空間にコンクリート
を打設することから成り立つ軟質地盤にコンクリート基
礎を打設する際のマイクロパイル打設工法。
【0006】またマイクロパイル打設装置はマイクロパ
イルにねじ込む筒状打設具本体を備え、本体の下端に開
放する鈎形穴をあけ、マイクロパイルに挿入した打設具
本体の前記鈎形穴に係止する突子を設け、打設後打設具
本体を逆転させてマイクロパイルより取外すことから成
り立つ軟弱地盤にコンクリート基礎を打設する際のマイ
クロパイル打設装置。
【0007】
【発明の実施の形態】図1は本発明に係るマイクロパイ
ル打設工法の具体例を示したもので、同図(A)の地表
1からマイクロパイル2を旋回挿入する。所定挿入深さ
から打設するコンクリート厚さを差引いた長さの箇所で
マイクロパイル2に打設金具3を仲介連結させて置く。
打設金具3は図2、図3に示す構造を備えている。金具
本体3は削孔機への取付部4にねじ込まれるめねじ5を
約上半部に形成し、下端を開放した鈎形の係合溝孔6の
開放下端からマイクロパイル2の接続端に突設した突起
7を利用してマイクロパイル2に取付ける。図中8は円
形の支持板で金具本体3の下端に重設する。9はマイク
ロパイル2の下端のビットを示す。打設金具3を図1
(A)のように所定深さまで挿入した後打設具3を逆転
させて取外し、図1(B)のようにマイクロパイル2を
地表1の中に位置させる。かくして図1(C)のように
邪魔のない地表を掘削10して図1(D)に示すように
掘削部10にコンクリート11を打設する。
【0008】
【発明の効果】本発明は以上記述したようにマイクロパ
イルを地中に挿入打設後、掘削10部分はマイクロパイ
ルが残らないため、邪魔にならず、掘削作業は能率が向
上する。またマイクロパイルの頭部切断等の付帯作業を
殆ど必要としない。尚必要に応じて支持板8を打設金具
3に添着できるので、マイクロパイル頭部の広い支持面
積を簡単に保持でき、作業上極めて有利である。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明に係る打設工法の打設順序を示す断面
図。
【図2】打設具の縦断面図。
【図3】打設具の一部の側面図。
【図4】従来の打設工法を示す説明図。
【符号の説明】
1 地表 2 マイクロパイル 3 打設金具 4 取付部 5 めねじ 6 係合溝孔 7 突起 8 支持板 9 ビット 10 掘削部 11 コンクリート

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 地表からマイクロパイルを打設するに当
    り、所定挿入深さから打設するコンクリート厚さを差引
    いた長さの箇所で、マイクロパイルを打設具により分離
    可能に連結し、マイクロパイルを所定の深さまで挿入し
    た後、前記打設具を取外し、取外した打設具のない空間
    を掘削し、空間にコンクリートを打設することから成り
    立つ軟質地盤にコンクリート基礎を打設する際のマイク
    ロパイル打設工法。
  2. 【請求項2】 マイクロパイルにねじ込む筒状打設具本
    体を備え、本体の下端に開放する鈎形穴をあけ、マイク
    ロパイルに挿入した打設具本体の前記鈎形穴に係止する
    突子を設け、打設後打設具本体を逆転させてマイクロパ
    イルより取外すことから成り立つ軟弱地盤にコンクリー
    ト基礎を打設する際のマイクロパイル打設装置。
JP2000120361A 2000-04-21 2000-04-21 軟弱地盤にコンクリート基礎を打設する際のマイクロパイル打設工法及び打設装置 Pending JP2001303567A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000120361A JP2001303567A (ja) 2000-04-21 2000-04-21 軟弱地盤にコンクリート基礎を打設する際のマイクロパイル打設工法及び打設装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000120361A JP2001303567A (ja) 2000-04-21 2000-04-21 軟弱地盤にコンクリート基礎を打設する際のマイクロパイル打設工法及び打設装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001303567A true JP2001303567A (ja) 2001-10-31

Family

ID=18631187

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000120361A Pending JP2001303567A (ja) 2000-04-21 2000-04-21 軟弱地盤にコンクリート基礎を打設する際のマイクロパイル打設工法及び打設装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2001303567A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101241382B1 (ko) * 2012-05-14 2013-03-11 주식회사 도화엔지니어링 상부 강관이 인출 가능한 마이크로 파일 및 이를 이용한 기초 시공 방법
CN103174162A (zh) * 2011-12-21 2013-06-26 上海市电力公司 一种用于输电线路铁塔的复合桩结构
KR101341260B1 (ko) * 2012-02-06 2013-12-13 김정인 기존 콘크리트 기초 구조물의 보강 공법

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103174162A (zh) * 2011-12-21 2013-06-26 上海市电力公司 一种用于输电线路铁塔的复合桩结构
KR101341260B1 (ko) * 2012-02-06 2013-12-13 김정인 기존 콘크리트 기초 구조물의 보강 공법
KR101241382B1 (ko) * 2012-05-14 2013-03-11 주식회사 도화엔지니어링 상부 강관이 인출 가능한 마이크로 파일 및 이를 이용한 기초 시공 방법

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5045971B2 (ja) 既製杭の埋設方法及び先端金具
JPH0791930B2 (ja) 地下穿孔機のセメントソイル装置
WO2009072855A2 (en) Excavator
JP2001303567A (ja) 軟弱地盤にコンクリート基礎を打設する際のマイクロパイル打設工法及び打設装置
JP3867197B2 (ja) 地中壁の打ち継ぎ部施工方法、並びに地中壁の打ち継ぎ部形成具撤去装置
JP2002275892A (ja) 鋼管杭の打設方法及びその装置
JPH11350473A (ja) 鋼管杭の施工方法
JPH05287745A (ja) 柱列工法における腹起こしの取り付け方法
JPH0711845Y2 (ja) 穿孔装置
JP2005200963A (ja) スリーブ
JP2726241B2 (ja) 現場打ち基礎杭の杭頭処理方法およびこの処理を行うための工具
JP4544774B2 (ja) 既製杭の芯ズレ防止装置及び既製杭の芯ズレ防止施工方法
JP2004052383A (ja) 根出し突起アンカー杭
JPH06316927A (ja) 大口径開端杭の施工方法
JP2004257220A (ja) 無排土回転圧入機付ケーシングチューブ及び無排土ケーシングチューブ施工方法
JP2848212B2 (ja) 場所打ちコンクリート杭工法
JP2000017658A (ja) 既製杭建込み工法およびその装置
JPH0517958A (ja) 鋼管杭の施工方法
JP2650539B2 (ja) 地中連続壁の構築工法
JP2952219B2 (ja) めねじスクリューアンカー打設用治具
JP2002167759A (ja) 基礎杭の施工方法
JPH05140932A (ja) アンカー体打設工法
JP2003278339A (ja) パラペットの防水構造
JP2004084271A (ja) アンカ埋設装置
JP2004044367A (ja) 地中アンカ及びその埋設方法