JP2000236971A - 配膳車 - Google Patents

配膳車

Info

Publication number
JP2000236971A
JP2000236971A JP4390699A JP4390699A JP2000236971A JP 2000236971 A JP2000236971 A JP 2000236971A JP 4390699 A JP4390699 A JP 4390699A JP 4390699 A JP4390699 A JP 4390699A JP 2000236971 A JP2000236971 A JP 2000236971A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
refrigerator
vehicle body
serving
wheel
vehicle
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP4390699A
Other languages
English (en)
Inventor
Hisashi Tsutsui
久之 筒井
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Panasonic Electric Works Co Ltd
Original Assignee
Matsushita Electric Works Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Matsushita Electric Works Ltd filed Critical Matsushita Electric Works Ltd
Priority to JP4390699A priority Critical patent/JP2000236971A/ja
Publication of JP2000236971A publication Critical patent/JP2000236971A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 食事を載置した複数のトレーTを内部に配置
可能な温蔵庫14と冷蔵庫16とを形成し、車両本体1
0の下部にモーター22により駆動される走行用の車輪
20を設けて形成される自走式の配膳車であって、食材
がこぼれ落ちにくく、衛生度が優れた配膳車を提供す
る。 【解決手段】 車両本体10と車輪20,21の間に、
振動を吸収する緩衝手段26を備える。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、食事を配るときに
使用する自走式の配膳車に関するものである。
【0002】
【従来の技術】病院や学校等で各部屋に食事を配る場
合、主食や副食、デザート等をそれぞれ盛り付けた食器
をトレーの上に並べた後、このトレーを配膳車内に複数
収納し、配膳車を走行させて各部屋を回りながら、配膳
車からトレーを取り出して食事を配ることが行われてい
る。
【0003】この配膳車としては、例えば図1(a)に
示すような、配膳車の車両本体10の側面に扉12(図
は左側の扉12を開き、右側の扉12を閉じた状態を示
す)を設けて、側面を開閉自在に形成すると共に、車両
本体10内を仕切板15で仕切って、食器等を並べた複
数のトレーTを内部に配置可能な温蔵庫14と冷蔵庫1
6とを形成し、車両本体10の下部にモーターにより駆
動される走行用の車輪20を設けた、保温と保冷の機能
を有する自走式の配膳車が提供されている(例えば、特
開平10−71026号)。
【0004】なお、食事を配膳する際に凹凸がある床の
上を走行する場合や、走行開始・停止のとき等に配膳車
が大きく揺れ、温蔵庫14や冷蔵庫16の内部の食器か
ら食材がこぼれ落ちる場合があり、衛生面で問題があっ
た。そのため、食器から食材がこぼれ落ちにくく、衛生
度が優れた配膳車が望まれている。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】本発明は、上記問題点
を改善するために成されたもので、その目的とするとこ
ろは、食事を載置した複数のトレーを内部に配置可能な
温蔵庫と冷蔵庫とを形成した自走式の配膳車であって、
食材がこぼれ落ちにくく、衛生度が優れた配膳車を提供
することにある。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明に係る配膳車は、
車両本体の側面に開閉自在な扉を設けると共に、車両本
体を前後方向に仕切って、食事を載置した複数のトレー
を内部に配置可能な温蔵庫と冷蔵庫とを形成し、車両本
体の下部にモーターにより駆動される走行用の車輪を設
けて形成される自走式の配膳車において、車両本体と車
輪の間に、振動を吸収する緩衝手段を備えることを特徴
とする。
【0007】上記各車輪と接続すると共に各緩衝手段と
接続する車輪連結フレームをも備えると好ましい。ま
た、上記冷蔵庫内を冷却するための冷凍手段及びモータ
ーに電力を供給する電力供給手段を積載する積載フレー
ムをも備え、その積載フレームの上部に車両本体が配設
されていると共に、その積載フレームの下部に緩衝手段
が配設されていると好ましい。
【0008】
【発明の実施の形態】本発明に係る配膳車を図面に基づ
いて説明する。図1は本発明に係る配膳車の一実施の形
態を説明する図であり、(a)は側面図、(b)は一部
を破断して示した側面図である。また、図2は本発明に
係る配膳車の一実施の形態を説明する分解斜視図であ
る。また、図3は本発明に係る配膳車の一実施の形態を
説明する図であり、(a)は要部側面図、(b)は要部
を分解して示した斜視図である。
【0009】本発明に係る配膳車の一実施の形態は、図
1〜図3に示すように、車両本体10の下部にACサー
ボモーター等のモーター22により駆動される走行用の
車輪20と、首振り自在な操向車輪21が設けられてい
る。そして車両本体10は、両側の側面が開口する箱状
の温冷庫と、その温冷庫の両側の開口部分を除いて、温
冷庫の外面に外装される外装パネルと、温冷庫の両側の
側面の開口部分に、開閉自在な扉12が取り付けて形成
してある。なお、図1は左側の扉12を開き、右側の扉
12を閉じた状態の図である。
【0010】車両本体10は、前後方向に仕切板15で
仕切って温蔵庫14と冷蔵庫16とが形成されており、
その温蔵庫14と冷蔵庫16の内部に、縦方向に複数並
べて、トレー受け17が形成されている。そして、食事
を配るときは、食物を盛り付けた食器を並べたトレーT
を、仕切板15に填め込むと共にトレー受け17の上に
乗せることにより、食事を載置した複数のトレーTを、
温蔵庫14及び冷蔵庫16の内部に配置することが可能
になっていると共に、配膳車が走行するときにトレーT
が動かないように固定して食事を配ることが可能になっ
ている。
【0011】温蔵庫14内には、図示しない中空の温風
ダクトが縦方向に配設してあり、その温風ダクト内部に
は、加熱用熱交換機及び温風循環用ファンが設けられて
いる。そして、温風ダクトの側面には穴が形成されてお
り、加熱用熱交換機で加熱した温風を、温風ダクトから
温蔵庫14内に吹き出して温蔵庫14内を加温すること
により、トレーTの上の食物を保温するようになってい
る。
【0012】また、冷蔵庫16内には、図示しない中空
の冷風ダクトが縦方向に配設してあり、その冷風ダクト
内部には、冷風循環用ファンが設けられている。そし
て、冷風ダクトの側面には穴が形成されており、その穴
から吸引した冷蔵庫16内の空気を、車両本体10の下
部に設けられた冷凍手段(冷却用熱交換機)30で冷却
した後、その冷風を、冷風ダクトの側面に設けられた穴
から冷蔵庫16内に吹き出して、冷蔵庫16内を冷却す
ることにより、トレーの上の食物を保冷するようになっ
ている。
【0013】なお、温蔵庫14や冷蔵庫16の内部に
は、温度センサーが設けられており、温度センサーで求
めた温度を、加熱用熱交換機や冷凍手段(冷却用熱交換
機)30のコントローラーにフィードバックすることに
より熱交換機の出力を調整し、温蔵庫14内の温度や冷
蔵庫16内の温度を所定の温度に調整するようになって
いる。
【0014】車両本体10の上部には、各種スイッチ類
や計器類が形成された操作表示部19が設けられてお
り、車両本体10の正面側及び背面側には、食事を配る
人が掴んで走行方向を調整するためのハンドル18が設
けられている。
【0015】各車輪20,21は、車輪連結フレーム2
4と接続して設けられており、走行時揺れが少なくなる
ようになっている。また、車両本体10は、冷蔵庫16
内を冷却するための冷凍手段30及びモーター22に電
力を供給する電力供給手段32を積載する積載フレーム
28の上に固定されており、重量が比較的重い冷凍手段
30や電力供給手段32を車両本体10の下部に設ける
ことにより、配膳車の重心を低くして、走行時揺れが少
なくなるようになっている。
【0016】そして、この積載フレーム28の下部の、
車輪連結フレーム24との間には、振動を吸収する緩衝
手段26が、各車輪20,21と対応するように配設さ
れている。そのため、食事を配膳する際に凹凸がある床
の上を走行するときや、走行を開始・停止するときのよ
うに、配膳車に大きな衝撃がかかって配膳車が振動した
場合には、緩衝手段26が振動を吸収してトレーT上に
載置した食事の振動が減るため、食器から食材がこぼれ
落ち難くなり、衛生度が優れた配膳車となっている。
【0017】この緩衝手段26としては、振動を吸収す
ることが可能なものであれば特に限定するものではな
く、ゴム製のものや、金属ばね製のものや、ゲルを収納
した容器等が挙げられる。ゴム製のものの場合、振動を
吸収する量を調整しやすく好ましい。なお、緩衝手段2
6は、各車輪20,21と対応するように配設すること
に限定するものではなく、設ける数も特に限定するもの
ではないが、車両本体10の4隅に対応する部分には少
なくとも設けると、振動を吸収する効果が大きく好まし
い。
【0018】なお、各車輪20,21と接続する車輪連
結フレーム24は、備えることに限定するものではない
が、車輪連結フレーム24をも備えると、食事を配膳す
るときに凹凸の部分を走行した際に、車輪連結フレーム
24によって伝達されて配膳車全体が揺れるため、特に
大きく揺れる部分の揺れが抑えられ、食器から食材が特
にこぼれ落ち難くなり、特に衛生度が優れた配膳車とな
り好ましい。
【0019】
【発明の効果】本発明に係る配膳車は、車両本体と車輪
の間に、振動を吸収する緩衝手段を備えるため、食器か
ら食材がこぼれ落ち難くなり、衛生度が優れた配膳車と
なる。
【0020】本発明の請求項2に係る配膳車及び本発明
の請求項3に係る配膳車は、走行時の揺れが少なくなる
ため、食器から食材が特にこぼれ落ち難くなり、衛生度
が特に優れた配膳車となる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明に係る配膳車の一実施の形態を説明する
図であり、(a)は側面図、(b)は一部を破断して示
した側面図である。
【図2】本発明に係る配膳車の一実施の形態を説明する
分解斜視図である。
【図3】本発明に係る配膳車の一実施の形態を説明する
図であり、(a)は要部側面図、(b)は要部を分解し
て示した斜視図である。
【符号の説明】
10 車両本体 12 扉 14 温蔵庫 15 仕切板 16 冷蔵庫 17 トレー受け 18 ハンドル 19 操作表示部 20,21 車輪 22 モーター 24 車輪連結フレーム 26 緩衝手段 28 積載フレーム 30 冷凍手段 32 電力供給手段 T トレー

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 車両本体の側面に開閉自在な扉を設ける
    と共に、車両本体を前後方向に仕切って、食事を載置し
    た複数のトレーを内部に配置可能な温蔵庫と冷蔵庫とを
    形成し、車両本体の下部にモーターにより駆動される走
    行用の車輪を設けて形成される自走式の配膳車におい
    て、車両本体と車輪の間に、振動を吸収する緩衝手段を
    備えることを特徴とする配膳車。
  2. 【請求項2】 各車輪と接続すると共に各緩衝手段と接
    続する車輪連結フレームをも備えることを特徴とする請
    求項1記載の配膳車。
  3. 【請求項3】 冷蔵庫内を冷却するための冷凍手段及び
    モーターに電力を供給する電力供給手段を積載する積載
    フレームをも備え、その積載フレームの上部に車両本体
    が配設されていると共に、その積載フレームの下部に緩
    衝手段が配設されていることを特徴とする請求項1又は
    請求項2記載の配膳車。
JP4390699A 1999-02-22 1999-02-22 配膳車 Pending JP2000236971A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4390699A JP2000236971A (ja) 1999-02-22 1999-02-22 配膳車

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4390699A JP2000236971A (ja) 1999-02-22 1999-02-22 配膳車

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000236971A true JP2000236971A (ja) 2000-09-05

Family

ID=12676768

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP4390699A Pending JP2000236971A (ja) 1999-02-22 1999-02-22 配膳車

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2000236971A (ja)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
GB2454004A (en) * 2007-10-26 2009-04-29 Domestic Refuse Services Ltd A sound absorbing material and improvements in and relating to delivery trolleys
CN103263150A (zh) * 2013-06-07 2013-08-28 苏州原点工业设计有限公司 一种多功能配餐桌
CN103565114A (zh) * 2013-09-22 2014-02-12 常州市品恒酒店设备有限公司 一种保温送餐车
CN103735038A (zh) * 2013-12-16 2014-04-23 常州市品恒酒店设备有限公司 一种消毒保温送餐车
GB2513874A (en) * 2013-05-08 2014-11-12 Hartwall K Oy Ab Roll Container
JP2016195717A (ja) * 2015-04-06 2016-11-24 パナソニックヘルスケアホールディングス株式会社 食品搬送車
CN107114918A (zh) * 2017-05-09 2017-09-01 郭钦 一种餐饮用防震动送餐车
KR102208190B1 (ko) * 2020-02-19 2021-01-26 유부스 주식회사 냉온장고의 이동 및 조립용 유닛 세트 장치

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
GB2454004A (en) * 2007-10-26 2009-04-29 Domestic Refuse Services Ltd A sound absorbing material and improvements in and relating to delivery trolleys
GB2454004B (en) * 2007-10-26 2009-11-11 Domestic Refuse Services Ltd A sound absorbing material and improvements in and relating to delivery trolleys
GB2513874A (en) * 2013-05-08 2014-11-12 Hartwall K Oy Ab Roll Container
GB2513874B (en) * 2013-05-08 2019-07-31 Hartwall K Oy Ab Roll container with wall board defining raised floor and vertical partition
CN103263150A (zh) * 2013-06-07 2013-08-28 苏州原点工业设计有限公司 一种多功能配餐桌
CN103565114A (zh) * 2013-09-22 2014-02-12 常州市品恒酒店设备有限公司 一种保温送餐车
CN103735038A (zh) * 2013-12-16 2014-04-23 常州市品恒酒店设备有限公司 一种消毒保温送餐车
JP2016195717A (ja) * 2015-04-06 2016-11-24 パナソニックヘルスケアホールディングス株式会社 食品搬送車
CN107114918A (zh) * 2017-05-09 2017-09-01 郭钦 一种餐饮用防震动送餐车
CN107114918B (zh) * 2017-05-09 2020-02-14 万金芬 一种餐饮用防震动送餐车
KR102208190B1 (ko) * 2020-02-19 2021-01-26 유부스 주식회사 냉온장고의 이동 및 조립용 유닛 세트 장치

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20040025517A1 (en) Console heating and cooling apparatus
JP2001099552A (ja) 冷却貯蔵庫
JP2000236971A (ja) 配膳車
JPH1179261A (ja) 保冷バッグ
US20030052499A1 (en) Apparatus for keeping hot and for transporting dishes using a motor vehicle
JP2000152829A (ja) 配膳車
JP3546601B2 (ja) 配膳車
JP2000004953A (ja) 配膳車
JP4598173B2 (ja) 配膳車
JPH11344277A (ja) 保冷温容器
JP2019100673A (ja) 冷温蔵装置
JP3574643B2 (ja) ワイン等の冷却器
JP2542242Y2 (ja) 配膳車のキャスタ構造
JP2000125951A (ja) 配膳車
JP3319919B2 (ja) 保温保冷配膳車
JP3043864U (ja) 車両用保冷庫
JP3063846U (ja) 貨物自動車用荷箱
WO2000013935A1 (en) Storage unit for motor vehicles
JP2004024469A (ja) 配膳車
JP7152162B2 (ja) 配膳車
JPH07289361A (ja) 配膳車
JPH06277529A (ja) 恒温装置
JP2002267349A (ja) 冷却貯蔵庫の棚装置
JP2001114110A (ja) 配膳車
JP2005270434A (ja) サービスワゴン