JPS6111492A - 回転式圧縮機 - Google Patents

回転式圧縮機

Info

Publication number
JPS6111492A
JPS6111492A JP13053884A JP13053884A JPS6111492A JP S6111492 A JPS6111492 A JP S6111492A JP 13053884 A JP13053884 A JP 13053884A JP 13053884 A JP13053884 A JP 13053884A JP S6111492 A JPS6111492 A JP S6111492A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
rotating shaft
rotary compressor
hollow part
stationary body
lubricating oil
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP13053884A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH021997B2 (ja
Inventor
Masahiro Kubo
雅裕 久保
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Toshiba Corp
Original Assignee
Toshiba Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toshiba Corp filed Critical Toshiba Corp
Priority to JP13053884A priority Critical patent/JPS6111492A/ja
Publication of JPS6111492A publication Critical patent/JPS6111492A/ja
Publication of JPH021997B2 publication Critical patent/JPH021997B2/ja
Granted legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 〔発明の技術分野〕 本発明は、常に良りfな潤fil l!L能を確保し1
するようにした回転式n−1a 1eftに関づ−る。
〔発明の技術向背…とその問題貞〕
回転式圧縮間は、ビスi・ンの11復運動に、1、り圧
縮を行なう19111式圧縮機に較べ部品点数が少なく
、小形化が容易であるため、冷蔵庫、空調装置等に広く
採用されている。
このような、従来の回転式圧縮1幾は、通常、第7図に
示すように、両端部を閉塞した円筒状容器1の内部に、
回転式圧縮機構−?−と、これを回転駆動するモータ正
とを同軸的に一体配置して構成されている。
回転式圧縮機構、2−は、容器1内を軸心線方向に空間
Q1と空間Q2とに部分する形に容器1の内周面に固定
され中央部に円柱状の空間Pを有したシリンダ4と、偏
心部5aが上記空間P内に一心状態に装着された回転軸
5と、この回転軸5の上記偏心部5aの外周に装着され
た環状のピストン6と、前記回転軸50喝心部5aの両
端部を回転自在に支持するととムに前記空間Pを閉じて
圧縮室8を形成する軸受り、10ど、これら軸受9.1
0およびビス1〜ン6ど回転軸5どの間に潤滑油を供給
する注)111機横1」−とて構成されている。回転軸
5には、回転式圧縮機IN 2側に大径中空部12が、
またモータ3側に小(¥中空部13がそれぞれ同軸的に
形成されたものどなっでいる。)1油機構旦は、前記大
径中空部12の内部に固定され板状部材を回転方向にね
じって形成された回転羽根14ど、前記回転軸5の回転
式圧縮機構、?−側の端面ど対面するように前記軸受1
0に固定されるとともに回転軸5の端面と対向する部分
に潤滑油を導く導入孔15を設けた端板16と、前記軸
2g、1oおよびビス]−ン6と間接する前記回転軸5
の外周部と大径中空部12とをそれぞれ接続する注油孔
17.18.1りどで構成されている。
一方、モータ正は、容器1の内周面に固定されたステー
タ21と、このステータ21内に回転自在に装着されに
ロー922とで構成されており、L配[1−タ22が前
記回転軸5にって支持されている。なお、シリンダ3の
側面には、容器1をn通して、図示しない配管系から圧
縮室8の内部に、たとえば冷媒を導入J−るための吸込
管23が挿設されている。軸受9の端面には、圧縮室8
の内部で圧縮された冷媒を容器1内のモータ2側空間Q
2に吐出するための吐出口24が設けられている。また
、容器1のモータ、a−側端面には、上記空間Q2に吐
出された圧縮冷媒を図示しない配管系に吐出するための
吐出管25が挿設されている。
このように構成された、従来の回転式圧a機では、容器
1の底部空間Q1に封入された潤滑油を、端板16の導
入孔15を介して回転軸5の中空部12の内部に導き、
この中空部12の内部に導かれた潤滑油を、回転軸5と
共に回転する回転羽根14によって上記回転軸と同角速
度で回転させ、これによる遠心力で各注油孔11〜19
を介して軸受9,10およびピストン6の摺動部に供給
するようにしていた。
ところが、近年、回転式圧縮機の回転速度の向」−11
−にl’l’ 1て、次のような問題が生じた。すなわ
ち、回転軸5の回転速度が高速になると、中空部12の
内部のy滑油の回転も速くなり、発生する渦も大きくな
る。このように渦が大きくなると、潤滑油にフォーミン
グが発生し、これが原因で潤滑油の供給不足をもたらし
、たとえば軸受9,10と回転軸5との間の焼付事故を
引き起こすという問題が生じた。
〔発明の目的〕
本発明は、かかる問題点に鑑みなされたものであり、そ
の目的とするところは、回転軸の高速回転時においても
、回転軸の摺動部に常に十分な潤滑油を供給することが
でき、しかも装置全体の小形化を損うことのない回転式
圧1i!nを提供することにある。
〔発明の概要〕
本発明は、回転式圧縮機構の回転軸に同軸的に中空部番
設けるとともに回転軸の外周面で他の部材との接触する
部分にこの部分と前記中空部とを連絡する孔を設け、前
記回転軸の回転による遠心力で前記中空部の内部に存在
する潤滑油を前記孔を介して前記回転軸と前記他の部材
どの接触Mる部分に供給するように構成された回転式圧
縮1幾において、前記回転軸と相対して静止体を配置し
て、この静止体と前記回転軸とで、両者の相対的な回転
によって前記潤滑油を前記中空部内部l\汲み上げるポ
ンプ機構を構成したことを特徴としている。
〔発明の効果〕
本発明の如き構成によれば、ポンプ機構によって回転軸
の中空部に積極的に潤滑油を導入することができるので
、高速回転時には、むしろポンプ圧力が増して上記中空
部の内部へ導入される潤滑油の量は増加することになる
。したがって、本発明によれば、高速回転時においても
、回転軸の摺動部に常に十分な潤滑油を供給することが
でき、圧縮機の効率向上に寄与することができる。しか
もこの場合には、回転軸に相対して静止体を設けるだけ
の至って簡単な構成であるため、装置全体の小形化を損
うこともない。
〔発明の実施例〕
以下、本発明の代表的実施例について、図面に基つき説
明する。なお、第1図から第6図を通じ、第7図ど同一
部分には同一符号を何しである。したがって重複する部
分の詳しい説明は省くことにする。
第1図は、本発明の第1の実施例を示すものである。こ
の実施例が先の従来例と異なる点は、注油機構旦にポン
プ機構1−を備えた点にある。
すなわち、ポンプ機構υ−は、回転軸5の中空部12と
、この中空部12の内部に回転軸5とは非接触状態で挿
設された棒状の静止体33とで構成されている。また、
軸受10には、回転軸5の図中下端部側に微小空間Rを
形成する端板34が固定されている。静止体33は、そ
の基端部を前記端板34に一体的に固定されるどともに
、その外周面に螺旋状の満35を形成したものである。
なお、前記端板34には、容器1の底部空間Qsど前記
微小空間Rどを連結する潤滑油の導入孔37が設けられ
ている。
このように構成された本実施例に係る回転式圧縮機にお
いて、回転軸5が回転するど、中空部12の内面と静止
体33との間に存在する潤滑油は、その粘性と、中空部
12との間の摩擦とに起因して、静止体33の溝35に
沿って図中上方に移動する。この結果、微小空間Rの内
部の圧力が低下して、容器1の底部空間Q1に充填され
た潤滑油は、導入孔37を介して微小空間Rの内部に次
々と導入される。そして、微小空間Rに導入された潤滑
油は、回転軸5と静止体33との間の相対的な回転によ
って上述のように中空部12の内部に汲み上げられ、遠
心力によって注油孔17〜19を介して各所に注油され
ることになる。
このように、本実施例の回転式圧縮機は、中空部12の
内部に潤滑油を汲み上げるポンプ機構1−を備えている
ため、従来のように注油不足を生じることがなく、信頼
性を大幅に向上させることができる。この場合、静止体
33に形成される螺旋状の溝35の深さ、幅、ピッチ、
静止体33の外周面と中空部12の内周面との間のギャ
ップ等は、回転軸5の回転速度、潤滑油の粘度、潤滑油
のJJ入ωなどに応じて設定すれば良い。
なお、上述の実施例では、静止体33の外周部に螺旋状
の満35を設けたが、たとえば第2図に示すように、溝
41を棒状の静止体42の外周部にではなく、回転軸5
の中空部12の内周部に形成するようにしても、上述し
た実施例と同様の効果を奏する。
また、第3図に示すように、棒状部材43の周面に軸方
向にねじった複数の固定羽根44を配設してなる静止体
45を用い、上記固定羽根44ど中空部12の内周面と
の間の相対的な移動によって潤滑油を汲み上げるように
しても良い。
さらには、上記静止体45に代えて、第4図に示すよう
に、11に板状部材を回転方向にねじって形成された固
定羽根46を用いるようにしても上述と同様の効果を得
ることができる。
第5図は、静止体51を回転軸5の内部に挿設しない第
2の実施例を示すものである。
すなわち、この場合には、軸受10に固定された端板5
1の回転軸5と対向する面に、同図(b)に示ずように
、螺旋状の複数の突条52を設けるようにしている。な
お、この例においては、回転軸5の中空部12に前述し
た回転羽根14を挿着している。
このような構成であると、回転軸5が回転した場合、回
転軸5と端板51との間に存在する潤滑油は、突条52
の存在によって回転方向の移動を阻止され、突条52に
沿って外周部から内周部に移動する。この結果、端板5
1の、回転軸5の端面と対向する面の中心部Sに存在す
る潤滑油の圧力が高まり、この結果として潤滑油が中空
部12の内部に導入されることになる。
このようにポンプ機構社を構成すれば、前述した各実施
例のように静止体を中空部12の内部に挿設する必要が
ないので、構造および組立性の簡易化が図れるという利
点を有する。
なお、この例では、端板51の回転軸5と対向する面に
突条52を設けるようにしたが、第6図に示すように、
端板34に突条を設けずに回転軸5の端面に、径方向に
延びる螺旋状の複数の満56を設けるようにしても良い
【図面の簡単な説明】
第1図は静止体を中空部の内部に挿工uシた本光明の一
実施例に係る回転式圧縮機の縦断面図、第2図乃至第4
図は静止体を中空部の内部に挿設した本発明の他の実施
例に係る回転式圧縮機の一部をそれぞれ示す縦断面図、
第5図は静止体を回転軸の端面に対向させた本発明の他
の実施例を示す図であり、同図(a)は回転式圧41機
の一部を示す縦端面図、同図(b)は要部を示す斜視図
、第6図は静止体を回転軸の端面に対向させた本発明の
更に他の実施例を示す図であり、同図(a)は回転式圧
縮機の一部を示す縦断面図、同図(’b)は要部を示す
斜視図、第7図は従来の回転式圧縮機の縦断面図である
。 1・・・容器1.2−・・・回転式圧縮機構、3−・・
・モータ、4・・・シリンダ、5・・・回転軸、6・・
・ピストン、8・・・圧縮室、9.10・・・軸受、1
1・・・注油機構、12.13・・・中空部、14・・
・回転羽根、15.37・・・導入孔、16.34゜5
1・・・端板、17〜19・・・注油孔、υ−・・・ポ
ンプ機構、33゜42、45・・・静11X体、44.
46・・・固定羽根。 出願人代理人 弁理士 鈴江武彦 第5図 (a) (b) 第6図 (a) (b)

Claims (6)

    【特許請求の範囲】
  1. (1)容器内部に回転式圧縮機構とこれを回転駆動する
    モータとを同軸的に配置し、前記回転式圧縮機構の回転
    軸に同軸的に中空部を設けるとともに、前記回転軸の外
    周面で他の部材と接触する部分にこの部分と前記中空部
    とを連結する孔を設け、前記回転軸の回転による遠心力
    で前記中空部の内部に存在する潤滑油を前記孔を介して
    前記摺動部に供給するようにした回転式圧縮機において
    、前記回転軸と相対して静止体を配置して、この静止体
    と前記回転軸とで、両者の間の相対的な回転によって前
    記潤滑油を前記中空部の内部へ汲み上げるポンプ機構を
    構成したことを特徴とする回転式圧縮機。
  2. (2)前記静止体は、前記中空部の内部に同軸的に挿設
    された棒状体と、この棒状体の外周部に螺旋状に形成さ
    れた溝とで構成されたものであることを特徴とする特許
    請求の範囲第1項記載の回転式圧縮機。
  3. (3)前記回転軸は、前記中空部の内周部に螺旋状の溝
    を設けたものであり、前記静止体は、外周面が上記中空
    部の上記溝と対向するように上記中空部の内部に同軸的
    に挿設された棒状体からなるものであることを特徴とす
    る特許請求の範囲第1項記載の回転式圧縮機。
  4. (4)前記静止体は、前記中空部の内部に挿設された回
    転方向にねじれを有する固定羽根であることを特徴とす
    る特許請求の範囲第1項記載の回転式圧縮機。
  5. (5)前記静止体は、前記回転軸の端面と対向し、その
    対向面に径方向に延びる螺旋状の突条を設けたものであ
    ることを特徴とする特許請求の範囲第1項記載の回転式
    圧縮機。
  6. (6)前記回転軸は、その端面に径方向に延びる螺旋状
    の溝を設けたものであり、前記静止体は、前記回転軸の
    端面と対向して設けられたものであることを特徴とする
    特許請求の範囲第1項記載の回転式圧縮機。
JP13053884A 1984-06-25 1984-06-25 回転式圧縮機 Granted JPS6111492A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP13053884A JPS6111492A (ja) 1984-06-25 1984-06-25 回転式圧縮機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP13053884A JPS6111492A (ja) 1984-06-25 1984-06-25 回転式圧縮機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS6111492A true JPS6111492A (ja) 1986-01-18
JPH021997B2 JPH021997B2 (ja) 1990-01-16

Family

ID=15036680

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP13053884A Granted JPS6111492A (ja) 1984-06-25 1984-06-25 回転式圧縮機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS6111492A (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS63223384A (ja) * 1987-03-13 1988-09-16 Hitachi Ltd ロ−タリ式密閉形圧縮機の給油装置
JP2002061592A (ja) * 2000-08-21 2002-02-28 Osaka Vacuum Ltd 分子ポンプの油循環ポンプ装置
KR100407960B1 (ko) * 2001-06-20 2003-12-03 엘지전자 주식회사 냉응용기용 압축기의 오일 공급 장치
JPWO2004081383A1 (ja) * 2003-03-14 2006-06-15 松下電器産業株式会社 圧縮機
US20120114504A1 (en) * 2010-11-10 2012-05-10 Hamilton Sundstrand Corporation Vertical shaft pumping system
WO2015128906A1 (ja) * 2014-02-28 2015-09-03 国立大学法人東北大学 スクリュー排気ポンプ用のオイル供給部品及びその部品を備えたスクリュー排気ポンプ

Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS60195391A (ja) * 1984-03-16 1985-10-03 Matsushita Electric Ind Co Ltd 回転式圧縮機の給油装置

Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS60195391A (ja) * 1984-03-16 1985-10-03 Matsushita Electric Ind Co Ltd 回転式圧縮機の給油装置

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS63223384A (ja) * 1987-03-13 1988-09-16 Hitachi Ltd ロ−タリ式密閉形圧縮機の給油装置
JP2002061592A (ja) * 2000-08-21 2002-02-28 Osaka Vacuum Ltd 分子ポンプの油循環ポンプ装置
KR100407960B1 (ko) * 2001-06-20 2003-12-03 엘지전자 주식회사 냉응용기용 압축기의 오일 공급 장치
JPWO2004081383A1 (ja) * 2003-03-14 2006-06-15 松下電器産業株式会社 圧縮機
US20120114504A1 (en) * 2010-11-10 2012-05-10 Hamilton Sundstrand Corporation Vertical shaft pumping system
US8435016B2 (en) * 2010-11-10 2013-05-07 Hamilton Sundstrand Corporation Vertical shaft pumping system with lubricant impeller arrangement
WO2015128906A1 (ja) * 2014-02-28 2015-09-03 国立大学法人東北大学 スクリュー排気ポンプ用のオイル供給部品及びその部品を備えたスクリュー排気ポンプ
JPWO2015128906A1 (ja) * 2014-02-28 2017-03-30 国立大学法人東北大学 スクリュー排気ポンプ用のオイル供給部品及びその部品を備えたスクリュー排気ポンプ

Also Published As

Publication number Publication date
JPH021997B2 (ja) 1990-01-16

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR101528643B1 (ko) 압축기
JP2712914B2 (ja) スクロール圧縮機
US4734020A (en) Scroll type compressor with spiral oil feeding grooves in thrust bearing
KR890000688B1 (ko) 회전식 압축기(Rotary Compressor)
US4781550A (en) Scroll compressor with driving and driven scrolls
US4585403A (en) Scroll device with eccentricity adjusting bearing
KR950008018B1 (ko) 유체압축기
JPS63109291A (ja) スクロ−ル圧縮機
EP0683321A1 (en) Swinging rotary compressor
US5577903A (en) Rotary compressor
JPS6111492A (ja) 回転式圧縮機
KR20010051341A (ko) 스크롤기계용 원뿔형 허브 베어링
CN212155151U (zh) 旋转式压缩机
KR930010816B1 (ko) 쓰러스트손실을 보상시킨 나선형 날개깃 방식의 압축기
JP4288741B2 (ja) ロータリ圧縮機
JPS5965586A (ja) スクロ−ル式ポンプ
US5022835A (en) Hermetic compressor with crankshaft having eccentric piston portion with hydrodynamic wedge
US5368456A (en) Fluid compressor with bearing means disposed inside a rotary rod
JPH09195956A (ja) スクロール圧縮機
JP3574904B2 (ja) 密閉式容積形圧縮機
JPH04132888A (ja) 自転阻止機構
JPH0768948B2 (ja) スクロ−ル圧縮機
JP2898710B2 (ja) 流体圧縮機
JPS62159783A (ja) スクロ−ル圧縮機
JP2888935B2 (ja) 流体圧縮機