JPS62159783A - スクロ−ル圧縮機 - Google Patents

スクロ−ル圧縮機

Info

Publication number
JPS62159783A
JPS62159783A JP97386A JP97386A JPS62159783A JP S62159783 A JPS62159783 A JP S62159783A JP 97386 A JP97386 A JP 97386A JP 97386 A JP97386 A JP 97386A JP S62159783 A JPS62159783 A JP S62159783A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
eccentric
bearing
shaft
scroll
eccentric shaft
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP97386A
Other languages
English (en)
Inventor
Yasuyuki Suzuki
鈴木 保幸
Toshiyuki Nakamura
利之 中村
Naohiro Maeda
尚宏 前田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Mitsubishi Electric Corp
Original Assignee
Mitsubishi Electric Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mitsubishi Electric Corp filed Critical Mitsubishi Electric Corp
Priority to JP97386A priority Critical patent/JPS62159783A/ja
Publication of JPS62159783A publication Critical patent/JPS62159783A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F04POSITIVE - DISPLACEMENT MACHINES FOR LIQUIDS; PUMPS FOR LIQUIDS OR ELASTIC FLUIDS
    • F04CROTARY-PISTON, OR OSCILLATING-PISTON, POSITIVE-DISPLACEMENT MACHINES FOR LIQUIDS; ROTARY-PISTON, OR OSCILLATING-PISTON, POSITIVE-DISPLACEMENT PUMPS
    • F04C2240/00Components
    • F04C2240/60Shafts
    • F04C2240/601Shaft flexion

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 〔産業上の利用分野〕 この発明は、空気圧縮機、冷媒圧縮機などに用いられる
スクロール圧縮機に関し、特に揺動軸受の損傷防止にか
かわる。
〔従来の技術〕
この種のスクロール圧縮機の基本要素と圧R百原理は、
第3図に説明図で示すようになっている。
1は固定スクロールで、渦巻突起1aが設けられている
。2は揺動スクロールで、渦巻突起2aが設けられてお
り、固定スクロール1に対して180°位相のずれた状
態で組合わされ、固定スクロール1の中心点Pのまわり
を揺動し自転しない公転をする0 揺動スクロール2を第3図(、)〜(b)に示すように
、0°、90°、180°、270°のように中心点P
のまわりを公転揺動させる。これにより、渦巻突起1a
、2c間に形成される三日月状の圧縮室5が、吸入口3
側から気体を吸入し、渦巻に沿い順次中心側に移動し、
次第にその容積を縮少し、中の気体を圧縮し、固定スク
ロール1の中心部の吐出口4から圧出する。
次に、スクロール圧縮機の具体的な構成を説明する。第
4図は例えば特願昭59−64571号に示された従来
のスクロール圧縮機の要部の断面口であり、その概要は
次のようになっている。固定スクロール1の台板1bか
ら渦巻突起1aが出され、揺動スクロール2の台板2b
から渦巻突起2aが出され、双方の渦巻突起は1800
位相をすらしである。
2cは台板2bから下方に突出する軸部、3は吸入口、
4は吐出口、6は偏心軸で、軸端の大径部6aの中に、
偏心穴6cが設けられ、軸中心から偏心して給油穴6d
が設けられている。マは吸込ロアaが設けられ偏心軸6
の下端にはめられたオイルキャップ、8は上部軸受枠で
、上面に取付けた上部スラスト軸受18により揺動スク
ロール2を支持し、固着した上部軸受19により偏心軸
6の大径部6aを半径方向に支持する。9は下部軸受枠
で、上端に取付けた下部スラスト軸受20によシ偏心軸
6を軸方向に支持し、固着した下部軸受21によシ偏心
軸の小径部6bの中間部を半径方向に支持する。22は
偏心穴6Cに固着され揺動スクロール2の軸部2cを半
径方向に支持する円筒状の揺動軸受、lOは偏心軸6に
固着された駆動電動機の回転子、11はその固定子で、
下部軸受枠9に固定されている。12は密封外枠、13
は揺動スクロールの回転を止めるオルダム継手、14は
封鎖板、15は密封外枠12の底部にためられた潤滑油
、16は流体の吸入管、17は吐出口4からの圧縮流体
を圧送する吐出管、25゜26は給油穴6dから吸入さ
れ上昇し、各軸受18〜22を潤滑した潤滑油を下方に
導く油戻し穴、2ツ。
2日は吸入流体の連通穴である。
揺動スクロール2が偏心軸6の軸心線に対し偏心してい
るので釣合いをとる必要があり、第1の釣合重529’
i偏心軸6の大径部6aに、偏心穴6cの偏心とは反対
側に一体に又は固着により設けている。さらに、第2の
釣合重り30ヲ回転子の下部エンドリングloaに、偏
心穴6cの偏心と同じ側に一体に又は固着により設けて
いる。
上記従来装置において、駆動電動機により偏心軸6が回
転され、揺動スクロール2が揺動公転し、第2図に示す
作用により吸入流体を圧縮し、吐出管17から圧送する
。また、底部の油だめのfA渭油15は、偏心軸6の回
転で油キャップ7と給油穴6dによる遠心ポンプ作用で
、給油穴6di上昇し、軸受21,22を潤清し、ざら
に、軸受22を経た潤滑油は軸受1B、19.20を順
に潤滑する。
上記のように、偏心軸6が回転すると、上部の第1の釣
合重シ29と、下部の第2の釣合重p 30とは互いに
反対方向に遠心力が体用する。偏心軸6は、軸受19 
、21によシ半径方向に支持されている。各軸受19,
21は偏心軸6とは油膜を形成するためのすき間が設け
られてあり、偏心軸6の上部と下部では反対方向に遠心
力が作用する。このため、45図に示すように、垂直中
心、1.lit Q −Q K対し、偏心軸6は軸心線
C−Cが偏心穴6cと反対側に微小角度αだけ傾くこと
になる。一方、揺動スクロール2はスラスト軸受18に
より、垂直中心線Q−Qに対し水平に支持されている。
〔発明が解決しようとする問題点〕
上記のような従来の揺動スクロール圧縮機では、偏心軸
6が垂直中心線Q−Qに対し軸心線C−Cが微小角度だ
け、偏心穴6cと反対側に傾いて回転することにより、
揺動スクロール2の軸部2cが根元部及び下端部で揺動
軸受22とこじる状態になり、この局部的接触部分の軸
受面圧が過大になり、双方が異常摩耗や焼付などを起こ
すおそれがあった。
この発明は、このような問題点を解決するためになされ
たもので、偏心軸が垂直中心線に対し軸心線が偏心穴と
反対側に傾いて回転しても、揺動スクロールの軸部と揺
動軸受との異常摩耗や焼付けのおそれをなくするスクロ
ール圧縮機を得ることを目的としている。
〔問題点を解決するための手段〕
この発明にかかるスクロール圧縮機は、偏心軸の上端部
の偏心穴にはめ込んだ揺動軸受の内円周部が、偏心穴の
偏心側へ所定の徴小角度傾斜するようにしたものである
〔作用〕
この発明においては、偏心軸の偏心穴にはめ込んだ揺動
軸受の内円周部が、偏心穴の偏心側に傾斜しており、偏
心軸が回転により偏心穴とは反対側に微小角度傾いても
、揺動軸受の内円周部は垂直になり、揺動スクロールの
軸部をほぼ均一な面圧で受ける。
〔実施例〕
第1図はこの発明による、スクロール圧縮機の一実施例
を示す要部断面図であり、2,2a〜2C,6゜6a、
6b、6d、8〜10,18〜22,25,29.30
は上記従来装置と同一のものである。偏心軸6の上端部
の偏心穴6eは中心線S−Sが、軸心線C−cに対し偏
心側に所定の微小角度α1だけ傾斜させて設けている。
円筒状の揺動軸受22はこの偏心穴6eにはめ込まれ、
内円周部は微小角度α1傾斜することになる。
したがって、偏心軸6が停止時では、スラスト軸受1日
に水平に支持された揺動スクロール2の垂直姿勢の軸部
2cに対し、揺動軸受22は偏心側に傾斜している。軸
受19及び21は偏心軸6の大径部6a及び小径部とは
、所定のすき間が設けられ、揺動軸受22は揺動スクロ
ール2の軸部2Cとは所定のすき間が設けられ、それぞ
れ油膜が形成されるようにしである。
ここで、偏心軸6の大径部6aの直径k dls上部軸
受19の内径iD1とすると、軸受すき間δl=D、−
dtとなる。小径部6cの直径6d2、下部軸受21の
内径ヲD2とすると、軸受すき間δ2=])2d2とな
る。軸受19の上端と軸受21の下端の距離全りとする
この第1図に示す停止状態の偏心軸6が回転すると、第
2図の状態になる。偏心軸6には下部釣合重929と下
部釣合重り3oとの遠心力が互に反対方向に作用する。
このため、軸受19,21に受けられている偏心軸6は
、垂直中心線Q−Qに対し軸心線C−Cが微小角度αだ
け偏心穴6eとは反対側に傾く。この微小角度αは次の
ようになる。
t、anα= (J + /j2) /(2L)上記揺
動軸受22の傾斜微小角度α1は、偏心軸6の傾斜微小
角度αに同一に設定してあり、圧縮機運転時には、第2
図に示すように、揺動スクロール2の軸部2cに揺動軸
受22が同心状態になり全面にわたって受けられ、最適
の支持体勢となり、軸受面圧が低く保たれる。
なお、上記実施例では、揺動軸受の内径部を偏心軸の軸
心線に、偏心側に微小角度傾けるのに、偏心穴6ef傾
斜させたが、偏心穴を傾斜させることなく、揺動軸受の
内径部を外径部に相対的に、偏心穴の偏心側に微小角度
傾けて形成してもよい。
〔発明の効果〕
以上のように、この発明によれば、偏心軸の上端部の偏
心穴にはめ込まれた揺動軸受を、内径部が偏心穴の偏心
側へ所定の微小角度傾くようにしたので、運転により偏
心軸が偏心穴とは反対側へ微小角度傾いて回転しても、
揺動スクロールの軸部を揺動軸受が同心になり、全面で
均一に受け、軸受面圧が低下され双方の異常摩耗や焼付
けがなくされる。
【図面の簡単な説明】
第1図及び第2図はこの発明によるスクロール圧縮機の
一実施例を示す停止状態及び運転状態の要部縦断面図、
第3図はスクロール圧縮機の作動原理を順に示す説明図
、第4図は従来のスクロール圧縮機の縦断面図、第5図
は第4図のスクロール圧縮機の運転状態の要部縦断面図
である。 1・・・固定スクロール、1a・・・渦巻突起、1b・
・・台板、2・・・揺動スクロール、2a・・・渦巻突
起、2b・・・台板、2c・・・軸部、3・・・吸入口
、4・・・吐出口、5・・・圧縮室、6・・・偏心軸、
6a−・・軸端の大径部、6e・・・偏心穴、8・・・
軸受枠、10・・・駆動電動機の回転子、11・・・固
定子、18・・・スラスト軸受、19 、21・0.軸
受、22・・・揺動軸受、30.31・・・釣合重りな
お、図中向−符J8は同−又は相当部分を示す。

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. (1) 台板の一面に渦巻突起が出された固定スクロー
    ルと、台板の一面に出された渦巻突起が上記固定スクロ
    ールの渦巻突起に偏心されて組合わされ、偏心公転され
    て圧縮室を外方の吸入側から形成し中心側に移動させ、
    圧縮流体を吐出口から圧出するようにされ、上記台板の
    背面には中央部に軸部が出された揺動スクロールと、軸
    端面に偏心穴が設けられ筒状の揺動軸受をはめ込み固着
    しており、この揺動軸受に上記揺動スクロールの軸部が
    差込まれ揺動させる偏心軸と、この偏心軸を回転させる
    回転駆動手段と、上記偏心軸の軸端寄りと他方側とに設
    けられ、上記揺動スクロールの偏心揺動に対する平衡の
    ための1対の釣合重りと、軸受枠に保持され上記揺動ス
    クロールを背面から支持するスラスト軸受と、上記偏心
    軸の上記軸端の外径部及び他方の外径部を支持する1対
    の軸受とを備えたスクロール圧縮機において、上記揺動
    軸受の内径部を上記偏心軸の軸心線に対し上記偏心穴の
    偏心側へ微小角度傾斜させたことを特徴とするスクロー
    ル圧縮 機。
  2. (2) 偏心軸の偏心穴を、軸心線に対し偏心穴の偏心
    側へ微小角度傾斜させて形成したことを特徴とする特許
    請求の範囲第1項記載のスクロール圧縮機。
  3. (3) 偏心軸の偏心穴にはめ込まれた揺動軸受は内径
    部を外径部に対し上記偏心穴の偏心側へ徴小角度傾斜さ
    せて形成したことを特徴とする特許請求の範囲第1項記
    載のスクロール圧縮機。
JP97386A 1986-01-06 1986-01-06 スクロ−ル圧縮機 Pending JPS62159783A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP97386A JPS62159783A (ja) 1986-01-06 1986-01-06 スクロ−ル圧縮機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP97386A JPS62159783A (ja) 1986-01-06 1986-01-06 スクロ−ル圧縮機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPS62159783A true JPS62159783A (ja) 1987-07-15

Family

ID=11488558

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP97386A Pending JPS62159783A (ja) 1986-01-06 1986-01-06 スクロ−ル圧縮機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS62159783A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP0317270A2 (en) * 1987-11-20 1989-05-24 Copeland Corporation Scroll compressor
EP0623748A1 (en) * 1993-05-07 1994-11-09 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Scroll compressor
US5439360A (en) * 1991-07-22 1995-08-08 Carrier Corporation Self-adjusting crankshaft drive
EP1431582A1 (en) * 2002-12-16 2004-06-23 Copeland Corporation Scroll compressor

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP0317270A2 (en) * 1987-11-20 1989-05-24 Copeland Corporation Scroll compressor
US4836758A (en) * 1987-11-20 1989-06-06 Copeland Corporation Scroll compressor with canted drive busing surface
JPH01159480A (ja) * 1987-11-20 1989-06-22 Copeland Corp スクロール式機械
AU608661B2 (en) * 1987-11-20 1991-04-11 Emerson Climate Technologies, Inc. Scroll compressor
US5439360A (en) * 1991-07-22 1995-08-08 Carrier Corporation Self-adjusting crankshaft drive
EP0623748A1 (en) * 1993-05-07 1994-11-09 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Scroll compressor
EP1431582A1 (en) * 2002-12-16 2004-06-23 Copeland Corporation Scroll compressor
CN1320280C (zh) * 2002-12-16 2007-06-06 爱默生气候技术公司 涡旋压缩机

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2712914B2 (ja) スクロール圧縮機
JPH0826761B2 (ja) スクロール流体機械
JPS62142882A (ja) スクロ−ル圧縮機
JPS6285189A (ja) スクロ−ル圧縮機
JP5455763B2 (ja) スクロール圧縮機,冷凍サイクル装置
JPH03160178A (ja) スクロール圧縮機
JP4629567B2 (ja) スクロール圧縮機
JP4793267B2 (ja) スクロール圧縮機
JP2003129968A (ja) スクロール圧縮機
JPS62159783A (ja) スクロ−ル圧縮機
JP3110970B2 (ja) 軸貫通スクロール圧縮機
JP5114707B2 (ja) 密閉形スクロール圧縮機
JPH0893672A (ja) 密閉形圧縮機並びにスクロール式圧縮機
JPS62159782A (ja) スクロ−ル圧縮機
JPH0842467A (ja) スクロール圧縮機
JPH08284853A (ja) スクロール圧縮機
JPH09195956A (ja) スクロール圧縮機
JP2541335B2 (ja) スクロ―ル型流体装置
JP3249171B2 (ja) 圧縮機の給油ポンプ装置
JPS631783A (ja) スクロ−ル式流体機械
JPS6111492A (ja) 回転式圧縮機
JP2864633B2 (ja) スクロール型流体装置
JP3061007B2 (ja) スクロール形流体機械
JP6329418B2 (ja) 容積型ポンプ
JPH08200250A (ja) 軸貫通スクロール圧縮機