JPH1027983A - 電磁波シールド機能を有する樹脂製筐体及びその製造方法 - Google Patents

電磁波シールド機能を有する樹脂製筐体及びその製造方法

Info

Publication number
JPH1027983A
JPH1027983A JP8181796A JP18179696A JPH1027983A JP H1027983 A JPH1027983 A JP H1027983A JP 8181796 A JP8181796 A JP 8181796A JP 18179696 A JP18179696 A JP 18179696A JP H1027983 A JPH1027983 A JP H1027983A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
resin
pattern layer
conductive pattern
decorative sheet
printed
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP8181796A
Other languages
English (en)
Inventor
Kenji Nakano
健治 中野
Osamu Tsuruya
治 鶴谷
Osamu Kajita
治 梶田
Shigeru Kito
茂 木藤
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
TOA SEIMITSU KK
Fukuda Metal Foil and Powder Co Ltd
Original Assignee
TOA SEIMITSU KK
Fukuda Metal Foil and Powder Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by TOA SEIMITSU KK, Fukuda Metal Foil and Powder Co Ltd filed Critical TOA SEIMITSU KK
Priority to JP8181796A priority Critical patent/JPH1027983A/ja
Publication of JPH1027983A publication Critical patent/JPH1027983A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C45/00Injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould; Apparatus therefor
    • B29C45/14Injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould; Apparatus therefor incorporating preformed parts or layers, e.g. injection moulding around inserts or for coating articles
    • B29C45/14778Injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould; Apparatus therefor incorporating preformed parts or layers, e.g. injection moulding around inserts or for coating articles the article consisting of a material with particular properties, e.g. porous, brittle
    • B29C45/14811Multilayered articles
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29KINDEXING SCHEME ASSOCIATED WITH SUBCLASSES B29B, B29C OR B29D, RELATING TO MOULDING MATERIALS OR TO MATERIALS FOR MOULDS, REINFORCEMENTS, FILLERS OR PREFORMED PARTS, e.g. INSERTS
    • B29K2995/00Properties of moulding materials, reinforcements, fillers, preformed parts or moulds
    • B29K2995/0003Properties of moulding materials, reinforcements, fillers, preformed parts or moulds having particular electrical or magnetic properties, e.g. piezoelectric
    • B29K2995/0011Electromagnetic wave shielding material

Abstract

(57)【要約】 【課題】 作業者や地球環境への悪影響がなく、電磁波
のシールド効果が十分で、表面に装飾性を有する樹脂性
筐体及びその製造方法を得る。 【解決手段】 表面に加飾面を有し、裏面に導電性パタ
ーン層2を有する加飾シート1と樹脂成形体10とから
なる電磁シールド機能を有する樹脂製筐体。加飾シート
1は金型の所定位置に配置され、この金型に樹脂を射出
することで加飾シート1が成形体10の表面に密着一体
化する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、電磁波シールド機
能を有する樹脂製筐体及びその製造方法、特に、携帯電
話器等の電磁波シールドを必要とする各種民生用電子機
器の筐体及びその製造方法に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、電子機器における電磁波シールド
は、機器本体を構成する筐体を樹脂成形した後に、該筐
体のシールド不要部分をマスキングしたうえで、めっき
もしくは塗装によって導電性パターン層を形成するか、
電磁波発生箇所を導電性金属箔で被覆することにより行
われている。
【0003】また、携帯電話器等の民生用電子機器の筐
体にあっては、外観向上のために筐体形成時に樹脂材料
に各種フィラーを添加したり、成形後に表面を塗装等で
加飾している。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、従来の
シールド処理では、めっき工程において排水処理等の環
境対策が必要であり、導電剤の塗装工程では溶剤の後処
理が問題となる。さらに、導電性金属箔で被覆する工程
は筐体1個1個に対して手作業で処理することとなり、
生産性が悪く、コストの上昇を招来する。
【0005】一方、筐体への加飾処理では、どうしても
多品種少量生産となるためにフィラー入りペレットを各
種用意する必要があり、品種変更時のロスも無視するこ
とができず、不経済である。また、塗装で加飾する場合
には、通常溶剤を多用するため、作業者の健康ひいては
地球環境への悪影響が問題となっている。
【0006】そこで、本発明の目的は、作業者や地球環
境への悪影響がなく、容易かつ経済的にシールド及び加
飾された樹脂製筐体及びその製造方法を提供することに
ある。
【0007】
【課題を解決するための手段、作用及び効果】以上の目
的を達成するため、本発明に係る樹脂製筐体は、表面に
塗装面を有し、裏面に導電性パターン層を有する加飾シ
ートが、樹脂成形体の表面に一体的に密着されているこ
とを特徴とする。
【0008】このような樹脂製筐体は、裏面に導電性パ
ターン層を有する加飾シートを金型の所定位置に配置
し、この金型に溶融状態の樹脂を射出して前記加飾シー
トを密着一体化した成形体を成形することによって製造
される。
【0009】加飾シートとしては、合成樹脂フィルム
(例えば、ポリエチレンテレフタレート、硬質又は軟質
の塩化ビニル、アクリル、ポリカーボネート等)、本皮
又は合成皮革、紙、布を、単層であるいは2層以上に積
層して使用される。加飾シートの表面には装飾用の印刷
が施されていてもよく、皮や織布の風合をそのまま装飾
用として利用してもよい。
【0010】導電性パターン層は導電材を主成分とする
ペーストの印刷、導電性材料の無電解めっきや蒸着、あ
るいは無電解めっき不織布を加飾シートに貼り合わせる
ことによって形成される。導電性材料としてはニッケ
ル、銀、銅を代表的なものとして挙げることができる。
この導電性パターン層は、電磁波シールドが必要な部分
に形成されていればよい。例えば、携帯電話器の筐体で
あれば、アンテナ収納部分を除いて導電性パターン層が
形成される。
【0011】以上の樹脂製筺体及び製造方法にあって
は、加飾シートを金型にインサートして樹脂材料を射出
するという極めて簡単な工程で、表面が加飾された、か
つ、電磁波シールド効果を有する樹脂製筐体を得ること
ができ、経済的である。しかも、筐体を成形した後に、
めっき処理や塗装処理は不要であり、環境対策は殆んど
必要がなくなる。
【0012】さらに、本発明においては、前記導電性パ
ターン層材料に成形体樹脂材料と相溶性のあるビヒクル
を添加することが好ましい。ビヒクルが接着剤として機
能し、加飾シートと成形体との密着性が強化される。こ
の種のビヒクルとしてはアクリル、ウレタン、ポリエス
テルを用いることができる。例えば、成形体樹脂材料が
ABS樹脂あるいはPS樹脂であれば、ビヒクルとして
アクリル樹脂を用いればよい。
【0013】あるいは、加飾シートと成形体との密着性
強化のためには、導電性パターン層と成形体との間に、
導電性パターンの材料である導電性ペーストと成形体樹
脂材料とに相溶性のある樹脂層を介在させてもよい。こ
の種の樹脂層としては、例えばポリプロピレン、クロロ
プレン、アクリルを用いることができる。
【0014】さらに、本発明においては、前記加飾シー
トを成形体の端面形状に合わせて予めカットしておくこ
とが好ましい。加飾シートをインサートしたうえで成形
体を射出成形したとき、加飾シートの端部がはみ出てい
ると、トリミングする後加工が必要であるが、加飾シー
トを成形体の寸法に合わせてカットしておけば、トリミ
ングは不要である。
【0015】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施形態について
添付図面を参照して説明する。図1は加飾シートの母材
1’を示す。この母材1’の裏面には一単位ごとに導電
性ペーストを印刷した導電性パターン層2が形成され
(斜線を付した部分)、さらに、カット時の位置合わせ
マーク3が印刷されている。なお、マーク3は導電性ペ
ーストで印刷してもよい。この母材1’はマーク3を基
準にして1単位ずつ点線で示すように、自動カットされ
る。自動カットは、レーザーカット、ウォータージェッ
トカットあるいは打ち抜き加工等種々の方法を用いるこ
とができる。このとき、ボタン用の貫通孔4も同時にカ
ットされる。図2はカットされた加飾シート1を示す。
【0016】なお、ここに示す加飾シート1は携帯電話
器の筐体として用いられるものを示し、貫通孔4はボタ
ンや表示器の形状、配置等によって多種多様であるが、
作図上簡略化して示す。また、斜線を付したパターン層
2を形成した部分は携帯電話器の本体部を覆う部分で電
磁波シールド機能が必要とされる部分に相当する。符号
5で示す部分は導電性パターン層が形成されておらず、
アンテナを覆う部分であり、電磁波シールド機能が不要
とされる部分に相当する。
【0017】前記加飾シート1は図示しない射出成形用
金型のキャビティに配置され、該金型に溶融状態の樹脂
を射出して成形体10を成形する。これにて、成形体1
0の表面に加飾シート1が密着一体化した電磁波シール
ド機能を有する樹脂製筐体を得ることができる。図3、
図4は携帯電話器の上側筐体を示しており、前記同様の
手順で図示しない下側筐体も製作されることは勿論であ
る。
【0018】ところで、前記加飾シート1は金型へのイ
ンサートの前に所定の形状にカットされるが、このとき
成形体10の端面形状に合わせてカットされる。図5は
成形体10の端部を示す。図5(A),(B)に示すよ
うに、加飾シート1のカット部が成形体10の端面に正
確に合致していれば、そのままで外観上美しく仕上が
る。しかし、図5(C)に示すように、加飾シート1の
カット部が成形体10の端面からはみ出していると、は
み出し部分をトリミングするという余分な加工が必要と
なる。
【0019】次に、加飾シート1の種々の例を図6に示
す。図6(A)に示す加飾シート1は、皮、紙、布又は
不透明合成樹脂フィルムからなるシート11の裏面に導
電性ペーストを印刷してパターン層15を形成したもの
である。パターン層15上には前記成形体10と相溶性
のあるビヒクルを塗布してもよい。また、シート11上
には装飾模様が印刷されていてもよい(符号11aは印
刷されたインキを示す)。
【0020】図6(B)に示す加飾シート1は、前記シ
ート11の裏面に形成したパターン層15の裏面に、さ
らに樹脂層16を設けたものである。この樹脂層16は
導電性ペーストと成形体10の樹脂材料とに相溶性のあ
る樹脂材料からなる。
【0021】図6(C)に示す加飾シート1は、透明合
性樹脂フィルム12の裏面に印刷模様(符号12bは印
刷されたインキを示す)を施し、さらに不透明塗料12
cを全面に印刷し、さらに導電性ペーストを印刷してパ
ターン層15を形成したものである。また、フィルム1
2上には装飾模様が印刷されていてもよい(符号12a
は印刷されたインキを示す)。
【0022】図6(D)に示す加飾シート1は、基本的
には図6(C)に示した加飾シート1の裏面に、前述の
パターン層15及び樹脂層16を設けたものである。
【0023】図6(E)に示す加飾シート1は、透明合
成樹脂フィルム12と模様印刷済み不透明合成樹脂フィ
ルム13を積層し、フィルム13の裏面に導電性ペース
トを印刷してパターン層15を形成したものである。フ
ィルム12の表面には印刷がされていてもよい(符号1
2a,13aは印刷されたインキを示す)。
【0024】図6(F)に示す加飾シート1は、基本的
には図6(E)に示した加飾シート1の裏面に、前述の
パターン層15及び樹脂層16を設けたものである。以
下、樹脂製筐体の具体的な材質及び製造工程について実
施例1〜6を説明する。
【0025】(実施例1)厚さ0.8mmの人工皮革の
裏面に、ビヒクルとしてアクリル系メジウム(大日本イ
ンキ社製:アクリディク11150)と銅粉(福田金属
箔粉工業社製:FCC115A)を主成分とする塗料を
厚さ40μmで印刷した。このとき、印刷パターン層は
電磁波シールド必要部分のみ全面に印刷し、不要部分に
は印刷しない。また、カット位置合わせマークもこの塗
料で印刷した。
【0026】次に、皮革の外周を所定の形状に、及びボ
タン等のための貫通孔をレーザーカット法にてカットし
た。そして、カット済み人工皮革を金型のキャビティに
セットした後、ABS樹脂を温度220℃、成形圧10
00kg/cm2にて射出した。
【0027】このようにして得られた成形品は、外観、
風合は人工皮革であり、導電性パターン層の表面抵抗は
0.2Ω/cm2であり、500MHzにおける電磁波
のシールド効果は55dBであった。このシールド効果
は、従来の如く成形品にめっきもしくは塗装によって導
電性パターン層を形成したものに対して、何ら遜色がな
い。
【0028】(実施例2)ビヒクルとして前記実施例1
と同じアクリル系メジウムと銀粉(福田金属箔粉工業社
製:AgC−A)を主成分とする塗料を厚さ25μm
で、厚さ0.8mmの人工皮革に印刷した。射出成形
は、PS樹脂を温度220℃、成形圧1000kg/c
2で射出して行った。このようにして得られた成形品
において、導電性パターン層の表面抵抗は0.08Ω/
cm2であり、500MHzにおける電磁波のシールド
効果は63dBであった。
【0029】(実施例3)厚さ0.8mmの人工皮革の
裏面に、銅塗料(神東塗料社製:E−3315)を厚さ
40μmに全面塗装し、プレス打ち抜き法にて所定の形
状にカットした。この人工皮革を金型にセットして前記
実施例1と同じ条件で射出成形を行った。このようにし
て得られた成形品において、導電性パターン層の表面抵
抗は0.2Ω/cm2であり、500MHzにおける電
磁波のシールド効果は55dBであった。
【0030】(実施例4)厚さ40μmの色白のPET
フィルムに柄模様を印刷し、その裏面に前記実施例1と
同じ導電性塗料をバーコーターで厚さ40μmに全面塗
布した。このフィルムを所定の形状にカットして金型に
セットし、前記実施例1と同じ条件で射出成形を行っ
た。このようにして得られた成形品は、外観は印刷模様
を有し、導電性パターン層の表面抵抗は0.2Ω/cm
2であり、500MHzにおける電磁波のシールド効果
は55dBであった。
【0031】(実施例5)厚さ100μmの透明PET
フィルムの裏面に柄模様を印刷し、さらにその上に前記
実施例1と同じ導電性塗料をバーコーターで厚さ40μ
mに全面塗布した。このフィルムを所定の形状にカット
して金型にセットし、前記実施例1と同じ条件で射出成
形を行った。このようにして得られた成形品は、外観は
透明フィルムを通して印刷模様が透けて見え、導電性パ
ターン層の表面抵抗は0.2Ω/cm2であり、500
MHzにおける電磁波のシールド効果は55dBであっ
た。
【0032】(実施例6)織布の裏面に接着剤で銅無電
解めっき不織布を貼り合わせ、所定の形状に打ち抜い
た。この加飾シートを金型にセットし、前記実施例1と
同じ条件で射出成形を行った。このようにして得られた
成形品は、外観、風合は織布であり、導電性パターン層
の表面抵抗は0.1Ω/cm2であり、500MHzに
おける電磁波のシールド効果は65dBであった。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明を構成する加飾シートの母材を示す平面
図。
【図2】前記母材を所定の形状にカットして作成した一
単位の加飾シートを示す平面図。
【図3】前記加飾シートを金型にインサートして成形し
た成形体の平面図。
【図4】図3のX−X拡大断面図。
【図5】成形体の断面図、(A),(B)は本発明例、
(C)は不具合例を示す。
【図6】加飾シートの種々の例を示す断面図。
【符号の説明】
1…加飾シート 2…導電性パターン層 3…マーク 4…孔 10…成形体 15…導電性パターン層 16…樹脂層
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 鶴谷 治 大阪府吹田市山田東3丁目17番6号 有限 会社東亜精密内 (72)発明者 梶田 治 京都府京都市下京区松原通室町西入中野之 町176番地 福田金属箔粉工業株式会社内 (72)発明者 木藤 茂 京都府京都市下京区松原通室町西入中野之 町176番地 福田金属箔粉工業株式会社内

Claims (9)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 表面に装飾面を有し、裏面に導電性パタ
    ーン層を有する加飾シートが、樹脂成形体の表面に一体
    的に密着されていることを特徴とする樹脂製筐体。
  2. 【請求項2】 前記加飾シートは、導電性パターン層を
    設けた電磁波シールド部と導電性パターン層が設けられ
    ていない非シールド部とを有することを特徴とする請求
    項1記載の樹脂製筐体。
  3. 【請求項3】 前記導電性パターン層材料が、成形体樹
    脂材料と相溶性のあるビヒクルを含むことを特徴とする
    請求項1記載の樹脂製筐体。
  4. 【請求項4】 前記導電性パターン層と成形体との間
    に、導電性パターン層材料と成形体樹脂材料とに相溶性
    のある樹脂層が介在していることを特徴とする請求項1
    記載の樹脂製筐体。
  5. 【請求項5】 前記加飾シートが成形体の端面形状に合
    わせてカットされていることを特徴とする請求項1、請
    求項2、請求項3又は請求項4記載の樹脂製筐体。
  6. 【請求項6】 表面に装飾面を有し、裏面に導電性パタ
    ーン層を有する加飾シートを金型の所定位置に配置し、 前記金型に樹脂を射出して前記加飾シートを密着一体化
    した成形体を成形する、 ことを特徴とする樹脂製筐体の製造方法。
  7. 【請求項7】 前記導電性パターン層は導電性ペースト
    からなり、該導電性ペーストには成形体樹脂材料と相溶
    性のあるビヒクルが添加されていることを特徴とする請
    求項6記載の製造方法。
  8. 【請求項8】 前記導電性パターン層は導電性ペースト
    からなり、該導電性パターン層上に導電性ペーストと成
    形体樹脂材料とに相溶性のある樹脂層を形成することを
    特徴とする請求項6記載の製造方法。
  9. 【請求項9】 前記加飾シートを成形体の端面形状に合
    わせて予めカットし、金型の所定位置に配置することを
    特徴とする請求項6、請求項7又は請求項8記載の製造
    方法。
JP8181796A 1996-07-11 1996-07-11 電磁波シールド機能を有する樹脂製筐体及びその製造方法 Pending JPH1027983A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8181796A JPH1027983A (ja) 1996-07-11 1996-07-11 電磁波シールド機能を有する樹脂製筐体及びその製造方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8181796A JPH1027983A (ja) 1996-07-11 1996-07-11 電磁波シールド機能を有する樹脂製筐体及びその製造方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH1027983A true JPH1027983A (ja) 1998-01-27

Family

ID=16107021

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP8181796A Pending JPH1027983A (ja) 1996-07-11 1996-07-11 電磁波シールド機能を有する樹脂製筐体及びその製造方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH1027983A (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002513218A (ja) * 1998-04-27 2002-05-08 テレフオンアクチーボラゲツト エル エム エリクソン(パブル) 適合した導電層
JP2005294254A (ja) * 2004-03-12 2005-10-20 Sumitomo Electric Ind Ltd 導電性銀ペースト及びそれを用いた電磁波シールド部材
JP2007118417A (ja) * 2005-10-28 2007-05-17 Fukuda Corporation:Kk 合成皮革又は皮革のインサート成型方法
WO2012163677A1 (de) * 2011-06-01 2012-12-06 Leonhard Kurz Stiftung & Co. Kg Fertigungseinrichtung und verfahren zur herstellung in-mould-dekorierter kunststoffformteile
JP2014060237A (ja) * 2012-09-18 2014-04-03 Nec Corp 加飾フィルム、それを備えた筐体及びその製造方法
TWI656831B (zh) * 2016-07-25 2019-04-11 Avary Holding (Shenzhen) Co., Limited. 電磁遮罩及其製造方法

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002513218A (ja) * 1998-04-27 2002-05-08 テレフオンアクチーボラゲツト エル エム エリクソン(パブル) 適合した導電層
JP2005294254A (ja) * 2004-03-12 2005-10-20 Sumitomo Electric Ind Ltd 導電性銀ペースト及びそれを用いた電磁波シールド部材
JP2007118417A (ja) * 2005-10-28 2007-05-17 Fukuda Corporation:Kk 合成皮革又は皮革のインサート成型方法
WO2012163677A1 (de) * 2011-06-01 2012-12-06 Leonhard Kurz Stiftung & Co. Kg Fertigungseinrichtung und verfahren zur herstellung in-mould-dekorierter kunststoffformteile
JP2014060237A (ja) * 2012-09-18 2014-04-03 Nec Corp 加飾フィルム、それを備えた筐体及びその製造方法
TWI656831B (zh) * 2016-07-25 2019-04-11 Avary Holding (Shenzhen) Co., Limited. 電磁遮罩及其製造方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6382448B1 (en) Housing case and a method of making thereof
JP5068829B2 (ja) アンテナ付射出成形同時加飾品およびその製造方法、ならびにアンテナ付筐体の給電構造
US20130084405A1 (en) Method for forming circuits on housing by spraying and laser engraving
KR20110040094A (ko) 금속박 적층 필름 및 그 제조 방법
US20130033158A1 (en) Casing shell, especially for portable electrical devices, and method for their production
EP1119155B1 (en) Electronic equipment provided with a shell element having a three dimensional appearance
TWI532246B (zh) 以噴塗及雷射雕刻製造具電路之機殼的方法
JPH1027983A (ja) 電磁波シールド機能を有する樹脂製筐体及びその製造方法
US10133309B2 (en) Method of manufacturing case frame and electronic device having it
JP2002156912A (ja) 電子機器表示窓の保護パネル
JP2007285093A (ja) 携帯機及び加飾フィルム
JPH0849092A (ja) 成形品に選択的にめっきするための方法及びその方法によって製造された成形品
KR100637384B1 (ko) 휴대폰용 키패드 및 그 제조방법
US6635210B2 (en) Method for manufacturing a shell element for an electronic device
KR101541730B1 (ko) 전기회로를 구비한 플라스틱 사출품 및 그의 제조방법
KR20200069919A (ko) 마스킹 패턴, 및 이를 이용한 자동차용 기호 버튼 제조 방법
CN101730397B (zh) 多层立体线路的结构及其制作方法
KR102357563B1 (ko) 전자회로 도금 공법을 이용한 ime 구조 및 그 제조방법
TW201823381A (zh) 仿金屬質感裝飾板及其製作方法
KR19980065636A (ko) 전자파 차폐기능을 가진 수지제 하우징 및 그 제조방법
JPH11342700A (ja) 装飾模様シート及び装飾模様を有する合成樹脂成形品
JP3028642U (ja) 電磁波シールドタッチスイッチパネル
JP2007221609A (ja) アンテナ付き外装筺体
JP2000236190A (ja) 電磁波シールド成形品およびその製造方法
KR102145126B1 (ko) 휴대통신단말의 케이스 일체형 안테나 및 그 제조 방법