JPH10252187A - 建築構造物の耐震構造およびその構築方法 - Google Patents

建築構造物の耐震構造およびその構築方法

Info

Publication number
JPH10252187A
JPH10252187A JP5661197A JP5661197A JPH10252187A JP H10252187 A JPH10252187 A JP H10252187A JP 5661197 A JP5661197 A JP 5661197A JP 5661197 A JP5661197 A JP 5661197A JP H10252187 A JPH10252187 A JP H10252187A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
earthquake
resistant
steel plates
resistant wall
building structure
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP5661197A
Other languages
English (en)
Inventor
Ryoichi Shohara
良一 称原
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Shimizu Construction Co Ltd
Shimizu Corp
Original Assignee
Shimizu Construction Co Ltd
Shimizu Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Shimizu Construction Co Ltd, Shimizu Corp filed Critical Shimizu Construction Co Ltd
Priority to JP5661197A priority Critical patent/JPH10252187A/ja
Publication of JPH10252187A publication Critical patent/JPH10252187A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 平板ブレースを内蔵する耐震壁は、軸組みと
の接合構造が複雑であるために接合作業に多大な時間と
手間を必要とするなど、施工性に劣る点が問題とされて
いる。 【解決手段】 略平行に離間した状態に配置された2枚
の鋼板11、11と、これら鋼板11間に架設されて鋼
板11どうし一体に接合する複数の拘束鉄筋12と、鋼
板11間に充填されたコンクリート13とを備えて構成
される耐震壁10を、建築構造物の軸組みをなす柱と梁
とに囲まれて構成された矩形の開口部3に、上下の梁2
A、2Bとの間に複数配置されたシアー材20を介して
接合する建築構造物の耐震構造を採用する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、建築構造物の耐震
構造およびその構築方法に関する。
【0002】
【従来の技術】通常の鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コ
ンクリート造の軸組みに耐震壁が組み合わされた耐震構
造物では、軸組みと耐震壁との変形性能の違いから、軸
組みが十分な耐力を発揮する以前に耐震壁が破壊されて
しまう可能性がある。これは、耐震壁の靱性が軸組みに
比べて低いことが原因である。
【0003】そこで、高い靱性を備える耐震壁として、
平板ブレース内蔵耐震壁、アンボンド平板ブレース内蔵
耐震壁、鉄筋補強平板ブレース内蔵耐震壁等が開発され
ている。これらの耐震壁は内蔵された平板ブレースによ
り靱性が高められており、構造物の耐震性能を格段に向
上させることができる。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】これらの耐震壁は平板
ブレースの端部を柱や梁に剛接合する必要があり、施工
の際には軸組み側に設けたガセットプレートに耐震壁側
のブレースを固定するが、その接合構造が複雑であるた
めに接合作業に多大な時間と手間を必要とするなど、施
工性に劣る点が指摘されている。また、耐震壁自体も内
蔵する各種ブレースの構造が複雑であることから製作コ
ストが嵩むなどの問題があった。
【0005】本発明は上記の事情に鑑みてなされたもの
であり、高い耐震性能を発揮するとともに施工性、経済
性に優れた建築構造物の耐震構造およびその構築方法を
提供することを目的としている。
【0006】
【課題を解決するための手段】上記の課題を解決するた
めの手段として、建築構造物の軸組みをなす柱と梁とに
囲まれて構成された矩形の開口部に、次のような構造を
有する耐震壁を設置する。その耐震壁は、略平行に離間
した状態に配置された2枚の鋼板と、これら鋼板間に架
設されて鋼板どうし一体に接合する複数の拘束鉄筋と、
これら拘束鉄筋を埋設して鋼板間に充填されたコンクリ
ートとを備えて構成されるものとし、さらにこの耐震壁
を、開口部を構成する上下の梁に沿って複数配置された
シアー材を介して軸組みに接合する。
【0007】ところで、シアー材には耐震壁と上下の梁
との間に架設される連結鋼板と、この連結鋼板の両端に
固定されたフランジ部とからなる断面H型の形状を有す
るものを採用し、このシアー材を、一方のフランジ部を
耐震壁に、他方のフランジ部を梁に、それぞれ埋設させ
た状態とし、さらに連結鋼板を耐震壁の面方向に平行に
配設してもよい。
【0008】また、上記の耐震構造の構築方法として
は、拘束鉄筋により接合された2枚の鋼板間にコンクリ
ートを充填打設して耐震壁をあらかじめ製作しておき、
この耐震壁を開口部に配置し、上下の梁との間にシアー
材を介して接合するといった、いわゆるプレキャスト耐
震壁を採用する方法と、拘束鉄筋により接合された2枚
の鋼板を開口部に配置し、上下の梁と鋼板との間にシア
ー材を介装させたうえで、2枚の鋼板間にコンクリート
を充填打設して耐震壁を構築する現地施工の方法とが挙
げられるが、施工現場の状況やその他の条件を考慮して
適切な方法を採用する。
【0009】
【発明の実施の形態】本発明に係る建築構造物の耐震構
造およびその構築方法の実施形態を図1ないし図6に示
して説明する。図1は、建築構造物の軸組みをなす左右
の柱1A、1Bと、上下の梁2A、2Bとに囲まれて構
成された矩形の開口部3に耐震壁10が設置されて構成
された建築構造物の耐震構造を示している。
【0010】耐震壁10は、略平行に離間した状態に配
置された2枚の鋼板11、11と、これら鋼板11間に
架設されて鋼板11どうしを一体に接合する複数の拘束
鉄筋12と、これら鋼板11間に充填されたコンクリー
ト13とを備えて構成されたいわゆるプレキャスト耐震
壁である。
【0011】鋼板11は、縦、横の長さがともに開口部
の矩形の形状よりも僅かに短い矩形の形状を有してお
り、双方の鋼板11の側縁には、帯状鋼板14がお互い
を連結するように上下方向に沿って溶接され、上方から
見るとこれら鋼板が箱形の形状をなしている。
【0012】拘束鉄筋13は、図2に示すように両端が
双方の鋼板11にそれぞれ溶接されて接合されている。
また、各拘束鉄筋12は、それぞれがほぼ等しい間隔を
空けて鋼板11の全面に設置されている。
【0013】この耐震壁10は、開口部3を構成する上
下の梁2A、2Bとの間に複数配置されたシアー材20
を介して軸組みに接合されている。シアー材20は、鋼
板11の上下縁に近接して設置された拘束鉄筋12と重
なりをもたせて配置されており、図3に示すように、耐
震壁10と上下の梁2A、2Bとの間に架設される長方
形状の連結鋼板21と、この連結鋼板21の上下両端に
溶接により固定されたフランジ部22、23とから構成
されている。
【0014】これらシアー材20のうち、耐震壁10と
上部梁2Aとの間に配置されるものは、図4に示すよう
に、耐震壁10を製作する段階で、連結鋼板21を耐震
壁10の面方向に平行に配設されるとともに一方のフラ
ンジ部22を鋼板11の上縁近くに位置する拘束鉄筋1
2に溶接により接合され、一部をコンクリート13に埋
設されて他方のフランジ部23を耐震壁10の上縁から
突出させて設置されている。そして、上部梁2Aの下縁
に沿ってあらかじめ設けられた凹所4に他方のフランジ
部23を挿入させた状態に配置され、上部梁2Aと耐震
壁10との間に設けられる間隙に無収縮モルタル30が
注入されることで接合されている。
【0015】また、耐震壁10と下部梁2Bとの間に配
置されるシアー材20は、下部梁2Bを構築する段階
で、連結鋼板21を耐震壁10の面方向に平行に配設さ
れるとともに一方のフランジ部22をフープ筋5の間に
挿入され、梁2Bを形成するコンクリートに一部を埋設
されて他方のフランジ部23を下部梁2Bの上縁から突
出させて設置されている。そして、下部梁2Bの上縁か
ら突出するシアー材20は、鋼板11の下縁に沿って露
出するコンクリート13にあらかじめ設けられた凹所6
に他方のフランジ部23を挿入させた状態に配置され、
下部梁2Bと耐震壁10との間に設けられる間隙に先と
同様に無収縮モルタル30が注入されることで接合され
ている。なお、耐震壁10と左右の柱1A、1Bとの間
にはシアー材等の接合部材は配置されず、縁切りされた
状態とされている。
【0016】上記のように構成される耐震構造の構築方
法としては、耐震壁10を開口部3内に吊り込み、耐震
壁10の上縁から突出するシアー材20を上部梁2Aに
設けられた凹所4に挿入させ、さらに下部梁2Bの上縁
から突出するシアー材20を耐震壁10の下縁に設けら
れた凹所6に挿入させて所定の位置に配置する。続い
て、耐震壁10を所定の位置を支持しながら、上部梁2
Aと耐震壁10との間隙、および下部梁2Bと耐震壁1
0との間隙に無収縮モルタル30をそれぞれ注入する。
その後、無収縮モルタル30の養生期間を経て耐震壁1
0の支持材(図示せず)を撤去する。
【0017】この建築構造物の耐震構造においては、耐
震壁10の両側面に配設された鋼板11が、拘束鉄筋1
2によって内側のコンクリート13と一体化され、これ
によって耐震壁10に強い靱性が付与されて耐震壁10
の変形性能が軸組みと同等のレベルにまで引き上げられ
る。この結果、この建築構造物に地震を原因とする大き
な揺れが作用し、軸組みが十分な耐力を発揮する状態に
達して大きく変形しても、靱性の高められた耐震壁10
は破壊されることなく軸組みの変形に追従する。
【0018】ところで、耐震壁10は、左右の柱1A、
1Bと縁切りされているが、耐震壁10の主要な耐荷メ
カニズムであるアーチ機構は、図5に示すように、従来
の耐震壁と同様である。したがって、耐力の低下が生じ
ないばかりか、鋼板11の拘束によりアーチの靱性が向
上し、むしろ幾分かの耐力向上が得られる。
【0019】上記のように構築された建築構造物の耐震
構造によれば、耐震壁10と軸組みとの接合が、耐震壁
10と上下の梁2A、2Bとの間に介装されたシアー材
20によってなされるものであって高い作業精度が要求
されるものではなく、簡単な工事で耐震壁の設置が可能
なので、優れた施工性を発揮することができる。
【0020】また、平面ブレースを内蔵した各種耐震壁
に比べて耐震壁10自体の構造が簡単で製作も容易であ
り、調達コストも安価で済み経済性に優れるので、施工
コストの削減が可能になる。
【0021】また、耐震壁10と上下の梁2A、2Bと
の間に介装されるシアー材20の連結鋼板21が、耐震
壁10の面方向に平行に配設されているので、シアー材
として高いせん断耐力を発揮して耐震壁10の耐力向上
を図ることができる。
【0022】なお、鋼板11とシアー材20との重ね部
には、拘束鉄筋12にかえて木口を塞ぐ鋼板を設置して
もよい。
【0023】ところで、上記の実施形態においてはプレ
キャスト耐震壁を採用したが、その他に、拘束鉄筋12
により2枚の鋼板11が接合されただけのものを開口部
3に配置し、上下の梁2A、2Bと鋼板11との間にシ
アー材20を介装させたうえで、鋼板11間にコンクリ
ート13を充填打設して構築される現地施工型の耐震壁
を採用して耐震構造を構築することも可能である。
【0024】この現場施工による耐震構造の構築方法を
採用すれば、当初は鋼板11間にコンクリートが打設さ
れていないために鋼板11の吊り込みや所定位置での支
持が容易に行えて優れた施工性が得られる。また、鋼板
11間へのコンクリート打設を、柱1A、1Bや梁2
A、2Bを形成するコンクリートの打設と同時に行うこ
とで、作業工程の簡略化と工期の短縮を図ることができ
る。
【0025】なお、上記実施形態においては、図3に示
すようなシアー材を使用したが、これに替えて例えば図
6(a)に示すように鉄筋20’を短く切断したものを
配設して使用してもよい。さらに、同様の鉄筋20’を
図6(b)に示すように耐震壁に作用する圧縮力(もし
くは引張力)の作用する方向に向けて交差させて配設し
てもよい。
【0026】
【発明の効果】以上説明したように、請求項1に記載さ
れた耐震構造によれば、高い靱性を備える耐震壁と軸組
みとの接合が、耐震壁と上下の梁との間に介装されたシ
アー材によってなされるために高い作業精度が要求され
るものではなく、簡単な工事で耐震壁の設置が可能なの
で、優れた施工性を発揮することができる。また、耐震
壁自体の構造が簡単で製作も容易であり、調達コストも
安価で済み経済性に優れるので、建築構造物の施工コス
トを削減することができる。
【0027】請求項2に記載された耐震構造によれば、
耐震壁と上下の梁との間に介装される連結鋼板が、耐震
壁の面方向に平行に配設されているので、シアー材とし
て高いせん断耐力を発揮して耐震壁の耐力向上を図るこ
とができる。また、両端のフランジ部を耐震壁および上
下の梁の両方に埋設することによって、耐震壁と上下の
梁との接合強度をさらに強めることができる。
【0028】請求項3に記載された構築方法によれば、
鋼板間にコンクリートが打設されていないために、鋼板
の吊り込みや所定位置での支持が容易に行え、優れた施
工性が得られる。また、鋼板間へのコンクリート打設
を、柱や梁を形成するコンクリートの打設と同時に行う
ことで、作業工程の簡略化と工期の短縮を図ることがで
きる。
【図面の簡単な説明】
【図1】 本発明の建築構造物の耐震構造の第1の実施
形態を示す側面図である。
【図2】 図1におけるII−II線矢視断面図であ
る。
【図3】 シアー材を示す斜視図である。
【図4】 図1におけるIV−IV線矢視断面図であ
る。
【図5】 耐震壁の内部に作用するアーチ機構を示す側
面図である。
【図6】 本発明の他の実施形態を示す側面図である。
【符号の説明】
1A、1B 柱 2A、2B 梁 3 開口部 10 耐震壁 11 鋼板 12 拘束鉄筋 13 コンクリート 20 シアー材 21 連結鋼板
フロントページの続き (51)Int.Cl.6 識別記号 FI E04B 2/56 643 E04B 2/56 643A

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 建築構造物の軸組みをなす柱と梁とに囲
    まれて構成された矩形の開口部に耐震壁が設置されてな
    る建築構造物の耐震構造であって、 前記耐震壁は、略平行に離間した状態に配置された2枚
    の鋼板と、 該鋼板間に架設されて鋼板どうし一体に接合する複数の
    拘束鉄筋と、 該拘束鉄筋を埋設して鋼板間に充填されたコンクリート
    とを備えて構成されており、 さらに該耐震壁は前記開口部を構成する上下の梁との間
    に複数配置されたシアー材を介して軸組みに接合されて
    いることを特徴とする建築構造物の耐震構造。
  2. 【請求項2】 請求項1に記載された建築構造物の耐震
    構造において、 前記シアー材は、前記耐震壁と前記梁との間に架設され
    る連結鋼板と、該連結鋼板の両端に固定されたフランジ
    部とからなる断面H型の形状を有しており、 該シアー材が、一方のフランジ部を耐震壁に、他方のフ
    ランジ部を梁に、それぞれ埋設させた状態に設置され、
    さらに前記連結鋼板が前記耐震壁の面方向に平行に配設
    されていることを特徴とする建築構造物の耐震構造。
  3. 【請求項3】 請求項1または2に記載された建築構造
    物の耐震構造の構築方法であって、 前記拘束鉄筋により接合された前記2枚の鋼板を前記開
    口部に配置し、上下の梁と鋼板との間に前記シアー材を
    介装させたうえで、2枚の鋼板間にコンクリートを充填
    打設して耐震壁を構築することを特徴とする建築構造物
    の耐震構造の構築方法。
JP5661197A 1997-03-11 1997-03-11 建築構造物の耐震構造およびその構築方法 Withdrawn JPH10252187A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5661197A JPH10252187A (ja) 1997-03-11 1997-03-11 建築構造物の耐震構造およびその構築方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5661197A JPH10252187A (ja) 1997-03-11 1997-03-11 建築構造物の耐震構造およびその構築方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH10252187A true JPH10252187A (ja) 1998-09-22

Family

ID=13032052

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP5661197A Withdrawn JPH10252187A (ja) 1997-03-11 1997-03-11 建築構造物の耐震構造およびその構築方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH10252187A (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2003062564A1 (es) * 2002-01-23 2003-07-31 Rigoberto De Leon Fierro Paredes con losetas machihembradas y estructura metalica, para multiples usos como piso, pared, barda, gradas
CN101962974A (zh) * 2010-09-30 2011-02-02 同济大学 双功能组合钢板剪力墙
CN102011442A (zh) * 2009-09-07 2011-04-13 初明进 轻钢-混凝土组合结构剪力墙及制造方法
KR101236575B1 (ko) 2011-12-09 2013-02-22 한국기술교육대학교 산학협력단 파형 웨브가 구성된 지진하중 흡수장치를 이용한 칸막이 벽체의 시공방법
CN113202210A (zh) * 2021-05-11 2021-08-03 陕西省建筑设计研究院(集团)有限公司 一种装配式斜向钢板网片现浇混凝土剪力墙

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2003062564A1 (es) * 2002-01-23 2003-07-31 Rigoberto De Leon Fierro Paredes con losetas machihembradas y estructura metalica, para multiples usos como piso, pared, barda, gradas
CN102011442A (zh) * 2009-09-07 2011-04-13 初明进 轻钢-混凝土组合结构剪力墙及制造方法
CN101962974A (zh) * 2010-09-30 2011-02-02 同济大学 双功能组合钢板剪力墙
KR101236575B1 (ko) 2011-12-09 2013-02-22 한국기술교육대학교 산학협력단 파형 웨브가 구성된 지진하중 흡수장치를 이용한 칸막이 벽체의 시공방법
CN113202210A (zh) * 2021-05-11 2021-08-03 陕西省建筑设计研究院(集团)有限公司 一种装配式斜向钢板网片现浇混凝土剪力墙

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR101011252B1 (ko) 부모멘트부 보강 라멘 구조물의 골조 및 이를 갖는 라멘 구조물
JP2021088888A (ja) プレキャストコンクリート耐震壁の接合構造
JP2009046829A (ja) 耐震補強壁
JPH10252187A (ja) 建築構造物の耐震構造およびその構築方法
JPH10176378A (ja) 耐震壁の取付構造
JP2622013B2 (ja) 鉄筋コンクリート耐震壁構造
JP2006169837A (ja) 鉄筋コンクリート造の柱梁接合構造
JP2000170285A (ja) 鋼板コンクリート構造壁の接合方法および接合部構造
JP3004242B2 (ja) 制震用建築材料、制震構造及びその構築方法
JP6684088B2 (ja) 既存建物の耐震補強構造及び耐震補強方法
JP2003034997A (ja) 鋼板耐震壁およびその構築方法
JP3043938B2 (ja) 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁との接合部構造
JP3284391B2 (ja) 鉄筋コンクリート架構およびその施工方法
JP2002364072A (ja) 複合構造架構用梁
JPH06299718A (ja) 原子力発電所施設における壁・床架構の施工法及び施工用壁版
JPH0718877A (ja) 壁接合部のひび割れ防止方法
JP4657993B2 (ja) 柱梁接合部構造およびその施工方法
JP7118507B2 (ja) 鉄骨鉄筋コンクリート造の壁柱建物構造
JP3229249B2 (ja) 鉄筋コンクリート造耐震壁の構築法
JP3319709B2 (ja) プレストレストコンクリート鋼管梁の施工方法
JP2651321B2 (ja) 壁式ラーメン構造物における梁の定着方法
JP3162699B2 (ja) コンクリート部材における柱・梁接合部構造
JP2003035051A (ja) 耐震壁用鋼板および鋼板耐震壁の構築方法
JPH116162A (ja) 鉄筋コンクリート地下外壁の施工方法
JPH1025921A (ja) プレキャスト耐震壁

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20040511