JPH10216638A - 2段粉砕用の分級装置 - Google Patents

2段粉砕用の分級装置

Info

Publication number
JPH10216638A
JPH10216638A JP1852997A JP1852997A JPH10216638A JP H10216638 A JPH10216638 A JP H10216638A JP 1852997 A JP1852997 A JP 1852997A JP 1852997 A JP1852997 A JP 1852997A JP H10216638 A JPH10216638 A JP H10216638A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
fine powder
coarse powder
powder
dispersion plate
classifier
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP1852997A
Other languages
English (en)
Inventor
Takeyuki Kobayashi
雄之 小林
Tatsuro Ishikawa
辰郎 石川
Katsuhide Fujita
活秀 藤田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Ube Corp
Original Assignee
Ube Industries Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Ube Industries Ltd filed Critical Ube Industries Ltd
Priority to JP1852997A priority Critical patent/JPH10216638A/ja
Publication of JPH10216638A publication Critical patent/JPH10216638A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 2段粉砕システムに好適であって、簡便容易
な構造で、かつ、有効な分級装置提供する。 【解決手段】 2段粉砕用の分級装置であって、竪型円
筒形状のケーシング内に竪軸回りに任意の回転数で回転
自在な水平円板状の分散板を備え、該分散板に中心直上
に粉砕産物原料を供給する原料投入口を設けるととも
に、該分散板途中に不連続同心円弧で形成されたスリッ
トを単列もしくは同心円状複数列に穿設するとともに、
該スリットを通過した粉砕産物の精粉を導いて該ケーシ
ング外へ案内する精粉導管と該分散板外周より逸脱して
排出される粉砕産物の粗粉を集めて該ケーシング外へ案
内する粗粉導管とを備え、該分散板の回転駆動用の電動
機ならびに該電動機の制御装置を備えてなる構成とし
た。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、セメント原料、石
灰石、スラグ、クリンカやセラミック、化学品などの原
料を竪型粉砕機とチューブミルにより粉砕する2段粉砕
システムにおいて使用する2段粉砕用の分級装置に関す
るもので、特に、チューブミルの負荷を軽減してシステ
ム全体の粉砕効率を向上させることを目的とした2段粉
砕用の分級装置に関する。
【0002】
【従来の技術】石灰石やセメント原料、スラグなどの原
料を細かく粉砕し粉体とする粉砕機の1種として、図8
に示すように、回転テーブルと粉砕ローラと回転式のセ
パレータを備えた竪型粉砕機1が広く用いられている。
この種の粉砕機は、円筒状のケーシング15の下部にお
いて電動機2Bにより減速機2で駆動されて低速回転す
る円盤状の回転テーブル3Aと、その上面外周部を円周
方向へ当分する箇所に油圧などで圧接されて従動回転す
る複数個の粉砕ローラ4とを備えるとともに、粉砕機の
頂部には粉砕後の粉砕産物を分級する回転式のセパレー
タ13を備えている。
【0003】粉砕ローラ4はケーシング15に軸6によ
って揺動自在に軸支されたアーム7を介して油圧シリン
ダ9のピストンロッド10に連結されており、油圧シリ
ンダ9を作動させることにより、粉砕ローラ4を回転テ
ーブル3A上に押圧して原料への粉砕圧力を与えてい
る。3Sは回転テーブル3A外周縁に設けられた原料層
厚を調整するダムリング、14は回転テーブル3A周囲
のガス吹き上げ用環状空間通路、14Aはガス供給路、
13は分級羽根13Aにより粉砕産物を分級する回転式
セパレータ、16はガスとともに製品(分級後の精粉)
を取り出す排出口、17は原料投入シュート、20は熱
風ダクトである。
【0004】このような竪型粉砕機において、回転テー
ブル3Aの中央部へ原料投入シュート17で供給された
原料は、回転テーブル3Aの回転によりテーブル半径方
向の遠心力を受けて回転テーブル3A上を滑る時に回転
テーブル3Aの回転数よりいくらか遅い回転を行なう。
以上2つの力、すなわち、半径方向の力と回転方向の力
とが合成され、原料は回転テーブル3A上を渦巻状の軌
跡を描いて回転テーブル3Aの外周部へ移動する。この
外周部には、粉砕ローラ4が回転テーブル3A上に圧接
されて回転しているので、渦巻線を描いた原料は原料
は、粉砕ローラ4と回転テーブル3Aとの間へローラ軸
方向とある角度をなす方向から進入して噛み込まれて粉
砕される。
【0005】一方、ケーシング15の基部には熱風ダク
ト20によって空気、あるいは熱風などのガスが導かれ
ており、このガスが回転テーブル3Aの外周面とケーシ
ング15の内周面との間の環状空間通路14から吹き上
がることにより、粉砕された微粉体は回転テーブル3A
の外周端のダムリング3Sを乗り越え、ガスに同伴され
てケーシング15内を上昇し、上部に位置するセパレー
タ13の分級羽根13Aにより分級作用を受け、所定粒
度の製品はガスとともに排出口16から排出されて次の
工程へ送られる。
【0006】ところで、原料を一次粉砕を竪型粉砕機で
粉砕し、その粉砕産物を全量、チューブミルに投入して
二次粉砕する2段粉砕システムでは、このような頂部に
回転式のセパレータ13を有する竪型粉砕機を使用せ
ず、回転式セパレータやその他の分級機を付設していな
い竪型粉砕機で原料を粉砕し、そのまま、粉砕産物をチ
ューブミルへ供給する方式も採用されていた。
【0007】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、このよ
うな従来の2段粉砕システムでは以下に述べるような問
題があった。 (1) 一次粉砕の竪型粉砕機と二次粉砕のチューブミ
ルとの間で、分級が行われないので、一次粉砕で粉砕さ
れた精粉も粗粉とともにチューブミルへ供給され、二次
粉砕終了後の製品に過粉砕された精粉が必要以上に混入
され、所望粒度よりはるかに微細な精粉が多くなり、所
望粒度の精粉の収率が悪くなる。 (2) 微粉から粗粉までの粒径分布の広いチューブミ
ルの操業は、粉砕作用が過負荷となってチューブミル振
動の発生の原因となったり、粉砕量を低下させ、ミル電
力原単位を増大させる。 (3) 一般に、竪型粉砕機とチューブミルを直結する
2段粉砕システムは、竪型粉砕機に比べて、チューブミ
ルの負荷が大きくなり、この対策としてチューブミルの
仕様をグレードアップすると、設備費が増大する。 以上の課題があるため、2段粉砕システムに好適であっ
て、簡便容易な構造で、かつ、有効な分級装置の出現が
待望されていた。
【0008】
【課題を解決するための手段】以上のような課題を解決
するために、本発明においては、第1の発明では、竪型
粉砕機とチューブミルで原料を粉砕する2段粉砕システ
ムにおいて使用され、該竪型粉砕機と該チューブミルと
の間に配設されるとともに、該竪型粉砕機の粉砕産物を
粗粉と精粉に分級する2段粉砕用の分級装置であって、
竪型円筒形状のケーシング内に竪軸回りに任意の回転数
で回転自在な水平円板状の分散板を備え、該分散板に中
心直上に粉砕産物原料を供給する原料投入口を設けると
ともに、該分散板途中に不連続同心円弧で形成されたス
リットを単列もしくは同心円状複数列に穿設するととも
に、該スリットを通過した粉砕産物の精粉を導いて該ケ
ーシング外へ案内する精粉導管と該分散板外周より逸脱
して排出される粉砕産物の粗粉を集めて該ケーシング外
へ案内する粗粉導管とを備え、該分散板の回転駆動用の
電動機ならびに該電動機の制御装置を備えてなる構成と
した。また、第2の発明では、第1の発明におけるスリ
ットの下部および分散板外周下部に、それぞれ、落下す
る精粉および粗粉が堆積貯溜するための両側壁と該両側
壁を繋ぐ底板とで形成された円環状の精粉槽および粗粉
槽を配設し、かつ、該精粉槽ならびに該粗粉槽の円周下
部一箇所にそれぞれ精粉導管および粗粉導管を接続し、
かつ、該精粉槽および粗粉槽の底板上面を掃過して落下
堆積した精粉または粗粉を該精粉導管または該粗粉導管
まで横移動させるスクレーパをそれぞれ該分散板下部に
垂設した。
【0009】
【発明の実施の形態】本発明においては、2段粉砕シス
テムにおいて使用され、該竪型粉砕機と該チューブミル
との間に配設されるとともに、該竪型粉砕機の粉砕産物
を粗粉と精粉に分級する2段粉砕用の分級装置であっ
て、竪型円筒形状のケーシング内に竪軸回りに任意の回
転数で回転自在な水平円板状の分散板を備え、該分散板
に中心直上に粉砕産物原料を供給する原料投入口を設け
るとともに、該分散板途中に不連続同心円弧で形成され
たスリットを単列もしくは同心円状複数列に穿設すると
ともに、該スリットを通過した粉砕産物の精粉を導いて
該ケーシング外へ案内する精粉導管と該分散板外周より
逸脱して排出される粉砕産物の粗粉を集めて該ケーシン
グ外へ案内する粗粉導管とを備え、該分散板の回転駆動
用の電動機ならびに該電動機の制御装置を備えてなる構
成としたため、竪型粉砕機の粉砕産物中の精粉を分離し
てチューブミルへ供給し、粉砕産物中の粗粉は竪型粉砕
機へ戻して再粉砕することによって、チューブミルへ供
給される粉砕原料から粗粉が排除され、微粉が多くな
り、かつ、粒径分布の広がりも狭いので、チューブミル
の粉砕作用が軽減され、効率のよい仕上げ粉砕が実施さ
れるから、生産性が向上する。また、チューブミルの仕
様も比較的小型のもので済むから、全体の設備費が低減
される。第2の発明では、分散板の円周方向に散逸する
精粉や粗粉を、一箇所の精粉導管や粗粉導管に、能率よ
く移送できる。
【0010】
【実施例】以下図面に基づいて本発明の実施例の詳細に
ついて説明する。図1〜図7は本発明の実施例に係り、
図1は分級装置の全体縦断面図、図2は分散板の平面
図、図3は本発明の分級装置を使用した2段粉砕システ
ムの系統図、図4はテスト機(分散板直径300mm)
における原料供給量と分級性能の相関を示すグラフ(ス
リット隙間が6mmの場合と12mmの場合)、図5は
スケールアップ・テスト機(分散板直径1000mm)
における原料供給量と分級性能の相関を示すグラフ(分
散板回転数が41rpmと35rpmの場合)、図6は
スケールアップ・テスト機(分散板直径600mm)に
おける供給量と分級性能の相関を示すグラフ、図7は分
散板直径(ロータ径)と処理量の相関を示すグラフであ
る。なお、図8は従来の竪型粉砕機の全体縦断面図であ
る。
【0011】本発明の分級装置100は、図1に示すよ
うに、複数個の柱脚100bによって立設された鋼板製
の竪型円筒形状のケーシング100aの内部に、ケーシ
ング100aの垂直中心軸と同芯状に水平円板で形成さ
れた分散板102が竪軸回りに回転自在に配設される。
分散板102は、分散板の下方に設置された可変速の電
動機110および減速機112を介して任意の回転数で
回転駆動される。
【0012】分散板102の中心上方のケーシング10
0aには、分級すべき粉砕産物を分散板102へ落下供
給する供給管100cが設けられる。分散板102の中
心上面には円錐形の分散突起102aが固設され、落下
供給される粉砕産物を周囲に均等に分配する。分散板1
02の外周寄りには、一定のスリット間隙を有する不連
続同心円弧状のスリット102bが単列もしくは同心円
状複数列配列して穿設される。図2の実施例では、同一
直径で不連続同心の4本の円弧で形成されたスリット1
02bが、同心円状に2列配置されている。スリット1
02bの間隙(横幅)は、6mm〜15mmの範囲の中
から、後述するテスト結果を考慮して適正に選定する。
【0013】スリット102bの下方には、スリット1
02bを通過した精粉を貯溜する、両側壁とこれを繋ぐ
水平な底板とで形成され断面が上方に開いたコの字状で
円環状の精粉槽104が固設され、一方、分散板102
の外周下方にも、精粉槽104と同様に、分散板外周を
オーバフローして落下する粗粉を貯溜する、両側壁とこ
れを繋ぐ水平な底板とで形成され断面が上方に開いたコ
の字状で円環状の精粉槽106が固設される。そして、
精粉槽104の内部には、精粉槽104の底板に堆積し
た精粉を底板の円周1箇所に接続された精粉導管104
bへ掻き寄せるスクレーパ104aが分散板102より
垂設される。同様に、粗粉槽106の内部にも、粗粉槽
106の底板に堆積した粗粉を底板の円周1箇所に接続
された粗粉導管106bへ掻き寄せるスクレーパ106
aが分散板102より垂設される。なお、図1のスリッ
ト102bの直下には、スリット102bに粉砕原料が
閉塞したときに、閉塞した粉砕原料を除去清掃するため
に、圧縮空気を下方から上方へ吹き付ける移動式の清掃
用ノズル114および圧縮空気配管116が配設され
る。そして、運転中はスリット102bからの精粉の落
下の邪魔にならないように、スリット位置より退避させ
ておく。
【0014】以上のように構成された本発明の分級装置
100では、分散板102を任意の一定回転数で回転駆
動しつつ供給管100cより、分級原料として竪型粉砕
機70の粉砕産物を分散板102の中央上面に落下供給
させ、回転する分散板102で粉砕産物は遠心力により
外周側に滑動して移送され、その途中に微粉は分散板1
02に設けたスリット102bより落下し、粗粒はこの
スリット102bを通過して分散板102の外周より溢
流して落下し、それぞれ、精粉槽104と粗粉槽106
へ堆積され、スクレーパ104a、スクレーパ106a
によって掃過されて精粉導管104b、粗粉導管106
bを経由して系外へ移送される。このように、本発明の
分級装置100は、分散板102の回転駆動以外には、
従来に竪型粉砕機頂部に設置の回転式セパレータのよう
に、エアスエプト方式でないので気流発生の動力が不要
であり、ランニングコストも安価である。
【0015】図3は、粉砕原料をクリンカとした場合
の、本発明の分級装置100を組み込んだ2段粉砕シス
テムのフローチャートを示したもので、原料ホッパ50
に貯蔵された粉砕原料をコンスタント・フィードウエア
60で切出し、分級装置を付設しない竪型粉砕機70で
粉砕し、粉砕産物をバケットエレベータ80で移送し、
分配器90を経由して分級装置100へ供給して分級す
る。分級後の精粉はチューブミル200へ送って2次粉
砕し最終製品とするとともに、分級装置100で分級さ
れた粗粉は、竪型粉砕機70へ戻して再粉砕する。
【0016】図3におけるマテリアル・バランスは、た
とえば、経路では、240t/h、経路では400
t/h、分級装置100後の経路では160t/hで
あり、経路では経路と同じ240t/hが、チュー
ブミル200へ供給され、生産量となる。通常の運転で
は、経路には、粉砕産物は流さず(0t/h)、不測
の緊急事態の際に、分級装置100への送り量を絞る
か、供給を止めて経路に流す。
【0017】このような図3のシステムでは、パイロッ
トテストを行なった結果、粉砕全量400t/hに対し
て、竪型粉砕機100の処理量は240t/hであるか
ら、循環量は160t/hであり、循環量の処理量に対
する比率は160/240=0.67となる。チューブ
ミル200へ入る直前の粉砕産物の粒度分布は、5mm
残分が5%以下、1.2mm残分が25%以下であり、
従来の2段粉砕システムにおけるチューブミル供給直前
の粒度分布(5mm残分が5%〜10%、1.2mm残
分が25%〜40%)よりも微粉となり、チューブミル
負荷が軽減される。
【0018】図4は、スリット間隙が6mmの場合と、
12mmの場合におけるテスト機(分散板直径300m
m)における原料供給量と分級性能の相関を示すグラフ
を示す。この結果より、下記の知見が得られる。 (1)分散板の回転数は、微粉回収率、微粉粒度に大き
く影響し、回転数を低下すると、微粉回収率は増加、微
粉粒度は粗大化の傾向にある。 (2)供給量は、微粉回収率、微粉粒度に大きく影響
し、供給量を増加すると微粉回収率は減少、微粉粒度は
粗大化の傾向にある。 (3)スリット隙間は、回転数、供給量との相互作用に
より微粉回収率および微粉粒度に影響を与える傾向にあ
る。
【0019】次に、図5について説明する。図5は、ス
ケールアップ・テスト機(分散板直径1000mm)に
おける原料供給量と分級性能の相関を示すグラフ(分散
板回転数が41rpmと35rpmの場合)であり、こ
の結果より得られた知見は、下記どおりである。 (1)スリット隙間を15mmにすると、図4の300
mm直径分散板によるテスト機モデル実験結果との相似
則が得られた。 すなわち、供給量Q∝πD・v・h∝Dk (ただし、k
=1.5) ここで、D:分散板直径、v:分散板周速、h:原料層
厚 (2)力積一定の回転数を採用すると、微粉回収率が高
くなる傾向にある。
【0020】図6は、図5と同様に、スケールアップ・
テスト機(分散板直径600mm)における供給量と分
級性能の相関を示すグラフであり、表1は、図6のテス
ト結果を示したものである。この結果より得られた知見
は、下記どおりである。 (1)スリット隙間を15mmにすると、図5で得られ
た前述の分級性能の相似則が確認できた。 (2)回転数を調整すると、15t/h・(Dj )(た
だし、j=2.3)の運転が達成できた。ただし、微粉
回収率は60%程度であった。
【0021】
【表1】
【0022】図5や図6のテスト結果より、図7の分散
板直径(ロータ径)と処理量の相関を示すグラフが得ら
れ、本発明の分級装置100の設計資料が得られた。
【0023】このようにして、従来、分級装置無しの2
段粉砕システムにおいて、生じていた課題、すなわち、
二次粉砕終了後の製品に過粉砕された精粉が必要以上に
混入され、所望粒度の精粉の収率が悪くなる、あるい
は、微粉から粗粉までの粒径分布の広いチューブミルの
操業は、粉砕作用が過負荷となってチューブミル振動の
発生の原因となったり、粉砕量を低下させ、ミル電力原
単位を増大させる、さらに、竪型粉砕機に比べて、チュ
ーブミルの負荷が大きくなり、この対策としてチューブ
ミルの仕様をグレードアップすると、設備費が増大する
等の問題点を、本発明の分級装置100を2段粉砕シス
テムに採用することによって、解消できることになる。
【0024】
【発明の効果】以上説明したように、本発明において
は、下記のような優れた効果を発揮できる。 (1)分級装置の構造が簡単で設備費が安価であり、か
つ、ノー・エアスエプト方式であるので、ランニング・
コストも安価である。 (2)所望粒度の精粉収率が向上する。 (3)チューブミルへ供給する粉砕原料より粗粉を除去
することにより、チューブミル負荷を軽減し、効率的な
2段粉砕を実施して生産性を向上する。 (4)粉砕能力が増加するとともに、ミル電力原単位が
低減できる。 (5)同一粉砕能力に対して、チューブミル仕様を小型
化し、設備費を低減することができる。 (6)原料の粉砕性に応じて分級機の回転数を変化させ
ることにより、粒度調整できるから、竪型粉砕機の循環
量を調整できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施例に係る分級装置の全体縦断面図
である。
【図2】本発明の実施例に係る分級装置の分散板の平面
図である。
【図3】本発明の実施例に係る分級装置を使用した2段
粉砕システムの系統図である。
【図4】本発明の実施例に係るテスト機(分散板直径3
00mm)における原料供給量と分級性能の相関を示す
グラフである。
【図5】本発明の実施例に係るスケールアップ・テスト
機(分散板直径1000mm)における原料供給量と分
級性能の相関を示すグラフ(分散板回転数が41rpm
と35rpmの場合)である。
【図6】本発明の実施例に係るスケールアップ・テスト
機(分散板直径600mm)における供給量と分級性能
の相関を示すグラフである。
【図7】本発明の実施例に係る分散板直径(ロータ径)
と処理量の相関を示すグラフである。
【図8】従来の竪型粉砕機の全体縦断面図である。
【符号の説明】
1 竪型粉砕機 2 減速機 3A 回転テーブル 3S ダムリング 4 粉砕ローラ 4a 回転軸 5 アーム 6 軸(回転軸) 7 アーム 13 セパレータ 13A 分級羽根 14 環状空間通路 15 ケーシング 17 原料投入シュート 20 熱風ダクト 50 原料ホッパ 60 コンスタント・フィードウエア 70 竪型粉砕機 80 バケットエレベータ 90 分配器 100 分級装置 100a ケーシング 100b 柱脚 100c 供給管 102 分散板 102a 分散突起 102b スリット 104 精粉槽 104a スクレーパ 104b 精粉導管 106 粗粉槽 106a スクレーパ 106b 粗粉導管 110 電動機 112 減速機 114 清掃用ノズル 116 圧縮空気配管 200 チューブミル
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 藤田 活秀 山口県宇部市大字小串字沖の山1980番地 宇部興産株式会社宇部機械・エンジニアリ ング事業本部内

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 竪型粉砕機とチューブミルで原料を粉砕
    する2段粉砕システムにおいて使用され、該竪型粉砕機
    と該チューブミルとの間に配設されるとともに、該竪型
    粉砕機の粉砕産物を粗粉と精粉に分級する2段粉砕用の
    分級装置であって、 竪型円筒形状のケーシング内に竪軸回りに任意の回転数
    で回転自在な水平円板状の分散板を備え、該分散板に中
    心直上に粉砕産物原料を供給する原料投入口を設けると
    ともに、 該分散板途中に不連続同心円弧で形成されたスリットを
    単列もしくは同心円状複数列に穿設するとともに、該ス
    リットを通過した粉砕産物の精粉を導いて該ケーシング
    外へ案内する精粉導管と該分散板外周より逸脱して排出
    される粉砕産物の粗粉を集めて該ケーシング外へ案内す
    る粗粉導管とを備え、 該分散板の回転駆動用の電動機ならびに該電動機の制御
    装置を備えてなる2段粉砕用の分級装置。
  2. 【請求項2】 スリットの下部および分散板外周下部
    に、それぞれ、落下する精粉および粗粉が堆積貯溜する
    ための両側壁と該両側壁を繋ぐ底板とで形成された円環
    状の精粉槽および粗粉槽を配設し、かつ、該精粉槽なら
    びに該粗粉槽の円周下部一箇所にそれぞれ精粉導管およ
    び粗粉導管を接続し、 かつ、該精粉槽および粗粉槽の底板上面を掃過して落下
    堆積した精粉または粗粉を該精粉導管または該粗粉導管
    まで横移動させるスクレーパをそれぞれ該分散板下部に
    垂設した請求項1記載の2段粉砕用の分級装置。
JP1852997A 1997-01-31 1997-01-31 2段粉砕用の分級装置 Pending JPH10216638A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1852997A JPH10216638A (ja) 1997-01-31 1997-01-31 2段粉砕用の分級装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1852997A JPH10216638A (ja) 1997-01-31 1997-01-31 2段粉砕用の分級装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH10216638A true JPH10216638A (ja) 1998-08-18

Family

ID=11974165

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1852997A Pending JPH10216638A (ja) 1997-01-31 1997-01-31 2段粉砕用の分級装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH10216638A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN1305572C (zh) * 2004-04-21 2007-03-21 王赟 碾磨装置
JP2010069393A (ja) * 2008-09-17 2010-04-02 Nittetsu Mining Co Ltd 気流分級装置
CN105170233A (zh) * 2015-08-14 2015-12-23 无锡乐华自动化科技有限公司 自动化石磨磨面装置
CN113926578A (zh) * 2021-08-31 2022-01-14 窦全杰 一种用于新能源汽车制造的废料回收装置

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN1305572C (zh) * 2004-04-21 2007-03-21 王赟 碾磨装置
JP2010069393A (ja) * 2008-09-17 2010-04-02 Nittetsu Mining Co Ltd 気流分級装置
JP4753387B2 (ja) * 2008-09-17 2011-08-24 日鉄鉱業株式会社 気流分級装置
CN105170233A (zh) * 2015-08-14 2015-12-23 无锡乐华自动化科技有限公司 自动化石磨磨面装置
CN113926578A (zh) * 2021-08-31 2022-01-14 窦全杰 一种用于新能源汽车制造的废料回收装置
CN113926578B (zh) * 2021-08-31 2023-11-17 常州厚德再生资源科技有限公司 一种用于新能源汽车制造的废料回收装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN1122730A (zh) 用于粉碎颗粒大小不同的物质的方法和设备
JP2004188368A (ja) 粉砕方法
JP4288651B2 (ja) 骨材製造用粉砕システム
US5769332A (en) Efficient production of landplaster by collecting and classsifying gypsum fines
WO2003066220A1 (en) Milling method
JPH10216638A (ja) 2段粉砕用の分級装置
JP2004351286A (ja) 粉砕方法
JP3216677B2 (ja) 粉砕設備
JP2000271503A (ja) 竪型粉砕機の運転方法
JP2823099B2 (ja) 微粉砕設備
JP2795363B2 (ja) 粉砕設備
JP2009028660A (ja) 竪型粉砕機の運転方法
JP3832095B2 (ja) 粉砕装置
JP3562213B2 (ja) 竪型粉砕機
JP2904371B2 (ja) 粉砕設備
JPH07256130A (ja) 竪型粉砕機
JPH0788389A (ja) 粉砕設備
JP2792577B2 (ja) 竪型粉砕機
JP2001224973A (ja) 砕砂製造用竪型粉砕機
JPH07313897A (ja) 粉砕設備
JPH05253504A (ja) 竪型粉砕機
JP2792578B2 (ja) 竪型粉砕機
JP3216678B2 (ja) 粉砕設備
JP2858684B2 (ja) 粉砕設備
JP2570708Y2 (ja) 竪型粉砕機