JPH096173A - 定着装置 - Google Patents

定着装置

Info

Publication number
JPH096173A
JPH096173A JP14761895A JP14761895A JPH096173A JP H096173 A JPH096173 A JP H096173A JP 14761895 A JP14761895 A JP 14761895A JP 14761895 A JP14761895 A JP 14761895A JP H096173 A JPH096173 A JP H096173A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
roller
fixing
cleaning
foreign matter
oil
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP14761895A
Other languages
English (en)
Inventor
Satoshi Takanashi
聡 高梨
Original Assignee
Ricoh Co Ltd
株式会社リコー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Ricoh Co Ltd, 株式会社リコー filed Critical Ricoh Co Ltd
Priority to JP14761895A priority Critical patent/JPH096173A/ja
Publication of JPH096173A publication Critical patent/JPH096173A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】クリーニングローラで清掃した異物を清掃部材
で除去し、さらに清掃部材をすり抜けた異物のオイル塗
布ローラへの侵入を防いでオイル塗布ローラ、定着ロー
ラへと逆転写することを確実に防止することができる定
着装置を提供する。 【構成】定着装置はオイル塗布ローラ10を清掃するク
リーニングローラ11の外周面に付着した異物を除去す
るブレード12と、クリーニングローラ11の回転方向
にてブレード12の下流側に設けられ、そのブレード1
2をすり抜けた異物がオイル塗布ローラ10の接触部に
進入することを規制する耐熱性フィルム13とを設けて
いる。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【産業上の利用分野】本発明は、熱源によって加熱さ
れ、回転駆動される定着ローラと、該定着ローラに圧接
される加圧部材とを有し、未定着トナー像を担持した転
写材を前記定着ローラと加圧部材の間に通紙することに
より、未定着トナー像を転写材に定着する定着装置であ
って、前記定着ローラの外周面に接触してオイルを塗布
する回転可能なオイル塗布ローラと、該オイル塗布ロー
ラの外周面に接触して異物をクリーニングする回転可能
なクリーニングローラとを備えた定着装置に関する。

【0002】

【従来の技術】上記形式の定着装置は周知であり、プリ
ンタ、複写機、ファクシミリ等の粉体トナーを用いる画
像形成装置に付設されている。この種の熱ローラ式の定
着装置は、概ね定着ローラの熱でトナーを溶かして転写
材に融着しており、定着ローラの離型性が悪いと、一部
のトナーが定着ローラに付着し、そして再び転写材に転
写してしまうというオフセット現象が生じてしまう。か
かるオフセット現象を防止するため、定着ローラの表面
にシリコーンオイル等の離型剤を塗布することが行われ
ている。このシリコーンオイルの塗布する手段として
は、種々の方式のものが提案されており、ローラ内に設
けたオイルタンクから染み出る微量のオイルをフェルト
等を介して定着ローラの表面に塗布する方式も既に公知
である。

【0003】このオイル塗布ローラを用いた定着装置
は、微量のオイルを均一に塗布できる等の利点を有する
ものであるが、定着ローラに接して回転させる構成上、
定着ローラの表面に付着したトナー、紙粉等の異物がオ
イル塗布ローラに転写して蓄積されてしまう。そして、
オイル塗布ローラが汚れてくると、そのオイルを均一に
塗布する能力を低下させたり、異物が定着ローラに再転
写して転写材を汚してしまうという問題が発生した。

【0004】かかる問題を解消するため、オイル塗布ロ
ーラにクリーニングローラを当接させ、オイル塗布ロー
ラに転写した異物を清掃することが行われており、オイ
ル塗布ローラは付着した異物はさらにクリーニングロー
ラに転写されることで清掃される。

【0005】

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、オイル
塗布ローラをクリーニングローラで清掃するようにした
定着装置では、経時使用によりクリーニングローラ自体
が汚れてしまうことが避けられず、クリーニングローラ
が汚れると、その汚れがオイル塗布ローラ、さらには定
着ローラへと逆転写し、従来と同様に、オイル塗布ロー
ラの能力を低下させたり、異物で転写材を汚して画像品
質を劣化させたりしてしまうという問題があった。

【0006】この問題を解消するため、本発明者は未だ
公知ではないが、クリーニングローラの外周面に接して
異物を除去する清掃部材を設けることを提案している。
この場合の清掃部材としては異物を掻き落とすブレード
が有利であるが、その異物中に含まれるトナー分の多い
微粒子は清掃部材をすり抜けてオイル塗布ローラ側に溜
ってしまう。そして、微粒子がある程度溜ると固まりと
なり、オイル塗布ローラを介して定着ローラに再転写
し、最後に転写材に付着して画像品質を低下させる不具
合があった。

【0007】本発明は、上記した従来の問題を解消し、
クリーニングローラで清掃した異物を清掃部材で除去
し、さらに清掃部材をすり抜けた異物のオイル塗布ロー
ラへの侵入を防いでオイル塗布ローラ、定着ローラへと
逆転写することを確実に防止することができる定着装置
を提供することを目的としている。

【0008】

【課題を解決するための手段】この目的を達成するため
に本発明は、熱源によって加熱され、回転駆動される定
着ローラと、該定着ローラに圧接される加圧部材とを有
し、未定着トナー像を担持した転写材を前記定着ローラ
と加圧部材の間に通紙することにより、未定着トナー像
を転写材に定着する定着装置であって、前記定着ローラ
の外周面に接触してオイルを塗布する回転可能なオイル
塗布ローラと、該オイル塗布ローラの外周面に接触して
異物をクリーニングする回転可能なクリーニングローラ
とを備えた定着装置において、該クリーニングローラの
外周面に付着した異物を除去する清掃部材と、前記クリ
ーニングローラの回転方向にて該清掃部材の下流側に設
けられ、その清掃部材をすり抜けた異物が前記オイル塗
布ローラの接触部に進入することを規制する規制部材と
を設けたことを特徴としている。

【0009】なお、本発明は前記規制部材がブラシ状の
部材であると、効果的である。さらに、本発明は前記規
制部材が回転駆動されて前記クリーニングローラに接す
るローラ状の部材であると、効果的である。

【0010】

【実施例】以下、本発明の実施例を添付図面に従って説
明する。図1は、本発明に係る定着装置の一実施例を示
す側面図である。

【0011】図1において、定着装置は熱源としてのヒ
ーター3を内蔵した定着ローラ1と、該定着ローラ1に
圧接される加圧ローラ2とを有し、この定着ローラ1と
加圧ローラ2は、ともに軸受(図示せず)を介して回転
自在に装着され、そして定着ローラ1はギヤ等の駆動伝
達手段(図示せず)を介して回転駆動される。なお、定
着ローラ1の回りには該ローラに転写材Pが巻き付くこ
とを防ぐ分離爪4、温度検知手段としてのサーミスタ6
が設けられ、分離爪4はスプリング5の弾性力によって
定着ローラ1の表面に圧接されている。なお、符号7は
出口ガイド、8は排出ローラ対、そして9は入口ガイド
である。

【0012】上記定着装置には、定着ローラ1のほぼ全
幅に亘って接するオイル塗布ローラ10が設けられ、オ
イル塗布ローラ10は定着ローラ1の回転によって従動
回転される。このオイル塗布ローラ10としては、例え
ばランダムに孔を形成したアルミパイプの中にシリコー
ンオイルを充填させ、そのパイプの外側にフェルトを巻
いたローラ、あるいは内部貯留したオイルを微量ずつ染
み出せるゴアテックス(商品名)等の材質からなるロー
ラ等が有利に使用することができる。

【0013】オイル塗布ローラ10の外側面には、鉄の
芯金にフッ素ゴムをコーティングしたもの、あるいはス
テンレスの丸棒材等からなるクリーニングローラ11が
そのほぼ全幅に亘って常時当接するように設けられてい
る。このクリーニングローラ11は、オイル塗布ローラ
10の回転によって連れ回りされる。

【0014】このクリーニングローラ11には、そのほ
ぼ全幅に亘って常時当接する清掃部材としてのブレード
12が設けられ、クリーニングローラ11の表面に付着
したトナー、紙粉等の異物はこのブレード12によって
掻き落とされる。このブレード12としては、耐熱性の
フィルム、ステンレスの板材が有利に用いることができ
る。このブレード12は、紙粉等の比較的粒子の大きい
異物に対しては極めて有効であるが、トナー分の多い微
粒子の異物はブレード12とクリーニングローラ11の
間をすり抜けてしまうことが判明した。

【0015】そこで、本発明では図1及び図2に示すよ
うに、クリーニングローラ11の回転方向にてブレード
12の下流側に、すり抜けた微粒子の異物がオイル塗布
ローラ10とクリーニングローラ11との接触部に進入
することを規制する規制部材として耐熱性フィルム13
が設けられている。この場合、耐熱性フィルム13は自
己の弾性力でクリーニングローラ11に面接触するよう
に、押圧させてオイル塗付ユニット(図示せず)等に取
り付けている。

【0016】このように構成した定着装置は、ブレード
12をすり抜けた微粒子の異物がクリーニングローラ1
1の耐熱性フィルム13を接触させた位置でせき止めら
れる。従って、微粒子の異物がオイル塗布ローラ10側
に達することがなく、異物がオイル塗布ローラ10に溜
って固まりとなり、そしてオイル塗布ローラ10を介し
て定着ローラ1に再転写し、最後に転写材に付着して画
像品質を低下させてしまうという不具合を防止すること
ができる。

【0017】図3及び図4は、上記実施例の規制部材に
おけるそれぞれ別の変形例であり、図3では規制部材と
してのスポンジ14をクリーニングローラ11に圧接さ
せている。また、図4では規制部材としてのブラシ部材
15を圧接させている。

【0018】このように、規制部材としてスポンジ14
とブラシ部材15を用いた場合でも微粒子の異物をせき
止められ、異物がオイル塗付ローラ10に戻されること
が防止できる。なお、規制部材にブラシ部材15を用い
たとき、ブラシ部材15には耐熱性フィルム13やスポ
ンジ14に比べて微粒子の掻き落とし効果あり、さらに
クリーニングローラ11へのトルクも小さく低減できる
ので、より好都合である。

【0019】図5及び図6は、本発明の別の実施例を示
すび側面図及びその図のA方向から見た説明図であり、
本実施例では規制部材として回転駆動されるブラシロー
ラ20を設けている。このブラシローラ20は、その軸
21に歯車22が設けられ、この歯車22はモータ23
側の駆動歯車24と噛合っている。なお、モータ、歯車
等の駆動系はオイル塗付ユニット内に設けても良いし、
定着ユニットの後側板に設けることもできる。

【0020】このように構成した定着装置は、図示して
いない制御部により定着ローラの回転駆動と同期させて
ブラシローラ20を回転させ、ブラシローラ20が回転
すると、ブレード12をすり抜けた微粒子の異物がブラ
シローラ20によって掻き落とされ、異物がオイル塗付
ローラ10に達してしまうをより確実に防止することが
できる。このとき、ブラシローラ20はクリーニングロ
ーラ11の回転方向と逆方向であるカウンター方向に回
転させれば、順方向の回転に比べて掻き落とし効果が数
段向上し有利である。さらに、ブラシローラ20は上記
実施例のブラシ部材15に比べて接触させるブラシ部の
面積が実質上大きくなるので、その寿命も長くなる。

【0021】以上、本発明の好ましい実施例について説
明したが、本発明は上記実施例に限定されず、各種改変
できるものである。例えば、規制部材はトルクが大きく
ならないような工夫等を要すが、耐熱性のゴム板等でも
良い。

【0022】また、ブラシローラを回転させる実施例で
はブラシローラを定着ローラの駆動源に駆動連結して回
転駆動するようにしても良く、この場合駆動を定着ロー
ラと同期させることが容易である。

【0023】なお、本発明の定着装置は定着ローラに加
圧ベルト等の加圧部材を用いるものにも適用することが
できる。

【0024】

【発明の効果】請求項1の構成によれば、クリーニング
ローラの外周面に付着した異物を除去する清掃部材と、
前記クリーニングローラの回転方向にて該清掃部材の下
流側に設けられ、その清掃部材をすり抜けた異物が前記
オイル塗布ローラの接触部に進入することを規制する規
制部材とを設けたので、オイル塗布ローラを介して定着
ローラに再転写し、最後に転写材に付着して画像品質を
低下させることを確実に防止することができる。

【0025】請求項2の構成によれば、規制部材がブラ
シ状の部材であるので、微粒子の掻き落とし効果があ
り、さらにクリーニングローラへのトルクも小さく低減
される。

【0026】請求項3の構成によれば、規制部材が回転
駆動されてクリーニングローラに接するローラ状の部材
であるので、清掃部材をすり抜けた異物がローラ状の部
材で確実に掻き落とすことができる。しかも、規制部材
のクリーニングローラへの接触させる面積が実質上大き
くなるので、その寿命も長くなる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明に係る定着装置の一実施例を示す側面図
である。

【図2】その主要部を拡大した側面図である。

【図3】本発明に係る定着装置の変形例を示す主要部の
側面図である。

【図4】本発明に係る定着装置の別の変形例を示す主要
部の側面図である。

【図5】本発明に係る定着装置のさらに別の実施例を示
す主要部の側面図である。

【図6】図5のA方向から見た説明図である。

【符号の説明】

1 定着ローラ 2 加圧ローラ 10 オイル塗布ローラ 11 クリーニングローラ 12 ブレード 13 耐熱性フィルム 14 スポンジ 15 ブラシ部材 20 ブラシローラ 23 モータ

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 熱源によって加熱され、回転駆動される
    定着ローラと、該定着ローラに圧接される加圧部材とを
    有し、未定着トナー像を担持した転写材を前記定着ロー
    ラと加圧部材の間に通紙することにより、未定着トナー
    像を転写材に定着する定着装置であって、前記定着ロー
    ラの外周面に接触してオイルを塗布する回転可能なオイ
    ル塗布ローラと、該オイル塗布ローラの外周面に接触し
    て異物をクリーニングする回転可能なクリーニングロー
    ラとを備えた定着装置において、 該クリーニングローラの外周面に付着した異物を除去す
    る清掃部材と、前記クリーニングローラの回転方向にて
    該清掃部材の下流側に設けられ、その清掃部材をすり抜
    けた異物が前記オイル塗布ローラの接触部に進入するこ
    とを規制する規制部材とを設けたことを特徴とする定着
    装置。
  2. 【請求項2】 前記規制部材がブラシ状の部材であるこ
    とを特徴とする請求項1に記載の定着装置。
  3. 【請求項3】 請求項1または2に記載の定着装置にお
    いて、前記規制部材が回転駆動されて前記クリーニング
    ローラに接するローラ状の部材であることを特徴とする
    定着装置。
JP14761895A 1995-06-14 1995-06-14 定着装置 Pending JPH096173A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14761895A JPH096173A (ja) 1995-06-14 1995-06-14 定着装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14761895A JPH096173A (ja) 1995-06-14 1995-06-14 定着装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH096173A true JPH096173A (ja) 1997-01-10

Family

ID=15434403

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP14761895A Pending JPH096173A (ja) 1995-06-14 1995-06-14 定着装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH096173A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6219520B1 (en) 1998-07-22 2001-04-17 Ricoh Company, Ltd. Device for collecting and blocking impurities from applicator roller in image forming apparatus
JP2010175834A (ja) * 2009-01-29 2010-08-12 Kyocera Mita Corp 湿式画像形成装置及び画像形成方法

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6219520B1 (en) 1998-07-22 2001-04-17 Ricoh Company, Ltd. Device for collecting and blocking impurities from applicator roller in image forming apparatus
JP2010175834A (ja) * 2009-01-29 2010-08-12 Kyocera Mita Corp 湿式画像形成装置及び画像形成方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6168725B2 (ja) 像加熱装置
US5594540A (en) Fixing apparatus with a release oil applying member
US6175699B1 (en) Image fixing device with heater control
JP4933287B2 (ja) 画像形成装置用潤滑剤塗布装置及びこれを用いたプロセスカートリッジ並びに画像形成装置
US6978111B2 (en) Method and device for cleaning liquid development electrophotographic device
DE60124490T2 (de) Anordnung zur Wärmefixierung und diese Anordnung enthaltendes Bilderzeugungsgerät
JP5434184B2 (ja) 画像形成装置
US5099289A (en) Electrophotographic wet-type image fixing unit for use with copy paper and transparencies
US7587164B2 (en) Cleaning device, image carrier unit and image-forming apparatus
JP2009271176A (ja) 定着装置及び画像形成装置
JP4387374B2 (ja) 画像形成装置、画像形成装置の制御方法、プログラムおよびその記録媒体
JP4779817B2 (ja) 画像形成装置およびクリーニング装置
US6219520B1 (en) Device for collecting and blocking impurities from applicator roller in image forming apparatus
JP3515292B2 (ja) クリーニング装置及び該クリーニング装置を備えた画像形成装置
JP3318136B2 (ja) 定着装置
JP2004341257A (ja) 画像形成装置
US20100260523A1 (en) Image forming apparatus
JP2006317881A (ja) 定着装置及び画像形成装置
US20070059028A1 (en) Image forming apparatus
JPH08278707A (ja) 画像形成装置及び画像形成方法
CN102998954B (zh) 图像定影装置
JP4347895B2 (ja) 定着装置およびそれを備えてなる画像形成装置
JP2003302855A (ja) 定着装置及びその定着装置を有する画像形成装置
JP2003233282A (ja) クリーニング装置、画像形成装置及びプロセスカートリッジ
GB2033254A (en) Photocopier cleaning system