JPH092780A - ジャッキアップ付ジブ式走行クレーン - Google Patents

ジャッキアップ付ジブ式走行クレーン

Info

Publication number
JPH092780A
JPH092780A JP14913895A JP14913895A JPH092780A JP H092780 A JPH092780 A JP H092780A JP 14913895 A JP14913895 A JP 14913895A JP 14913895 A JP14913895 A JP 14913895A JP H092780 A JPH092780 A JP H092780A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
jib
jack
girder
crane
frame
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP14913895A
Other languages
English (en)
Inventor
Toshio Kojima
寿夫 小島
Shuji Hoshino
修二 星野
Toshitaka Ono
俊孝 大野
Takeo Hashizume
武男 橋爪
Haruhisa Yamagishi
晴久 山岸
Shigeru Okano
茂 岡野
Masayoshi Tanaka
正吉 田中
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
IHI Corp
IHI Transport Machinery Co Ltd
Original Assignee
IHI Corp
Ishikawajima Transport Machinery Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by IHI Corp, Ishikawajima Transport Machinery Co Ltd filed Critical IHI Corp
Priority to JP14913895A priority Critical patent/JPH092780A/ja
Publication of JPH092780A publication Critical patent/JPH092780A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Jib Cranes (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【目的】 ジブの長さの短いジブクレーンを少い台数使
用しながら広い作業範囲をカバーできるジャッキアップ
付ジブ式走行クレーンを提供する。また作業環境を良く
する仮設屋根を提供する。 【構成】 柱に副って昇降する1対のジャッキアップ装
置内をガーダで連結し、該ガーダ上を走行するジブクレ
ーンを設ける。また該ガーダに開閉可能な仮設屋根を取
り付ける。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、建物の建築などのため
荷物の揚げ降ろしを行うと共に自身で柱を継ぎ足しつつ
その柱に副って昇降するジャッキアップ付ジブクレーン
に係り、特にジブクレーンがガーダに副って走行するジ
ャッキアップ付ジブ式走行クレーンに関する。
【0002】
【従来の技術】従来建物などの建築のため各種のクライ
ミングクレーンが使用される。クライミングクレーンに
は水平ジブ式クライミングクレーンと起伏ジブ式クライ
ミングクレーンがある。狭い場所にも隣接して設置でき
ることや後部旋回半径が小さいことなどから起伏ジブ式
クライミングクレーンが広く使用されている。クライミ
ング方式には基礎または鉄骨フレーム上に架台を据付
け、上部のクレーンがマストを継ぎ足しながら上昇する
定置クライミング方式と、架台を構築物の床に預けなが
ら架台、マスト等のクレーン全体が上昇するフロアクラ
イミング方式がある。さらに仕口を有する建物の主柱に
副って上昇するクライミングクレーン(特開平5─71
166)もある。
【0003】以下定置クライミング方式の起伏ジブ式ク
ライミングクレーンについて説明する。図17はかかる
起伏ジブ式クライミングクレーンの正面図である。図に
おいてaはマスト、bはジブ、cは旋回フレーム、dは
旋回装置、eは巻上装置、fは起伏装置、gは架台、h
はフック、iは運転室、jはガイサポート、Rは最大半
径である。マストの継ぎ足しはフックhによってマスト
aを構成する部材を吊り上げ、ジブbをほぼ垂直に立て
て、マストa上に乗せて接合することにより行う。
【0004】旋回フレームcの上昇方法につき以下説明
する。図18は昇降用のジャッキアップ装置の正面図で
ある。図において、aはマスト、cは旋回フレーム、k
は上部昇降フレーム、uは下部昇降フレーム、mは上部
カンヌキ、m1 は上部カンヌキシリンダ、nは下部カン
ヌキ、n1 は下部カンヌキシリンダ、pは昇降シリン
ダ、qはガイドマスト、rは油圧パワーユニット、sは
制御盤、tはジャッキアップ装置全体である。図に示す
ように旋回フレームcはガイドマストqを介して上部昇
降フレームkと旋回可能に、かつ上下方向の距離が一定
に連結されている。上部昇降フレームkと下部昇降フレ
ームlは昇降シリンダpを介し連結されている。
【0005】次に上昇のやり方を説明する。先ず図のよ
うに上部カンヌキmを上部カンヌキシリンダm1 により
マストaから抜き退避の位置にする。また下部カンヌキ
nはマストに挿入した位置にしておく。次に昇降シリン
ダpを伸長させて上部昇降フレームkを上昇させる。上
昇させた状態で上部カンヌキmを上部カンヌキシリンダ
1 によりマストaに挿入する。その状態で下部カンヌ
キnを下部カンヌキシリンダn1 によりマストから抜
き、退避の位置とする。次に昇降シリンダpを縮めて下
部昇降フレームuを上昇させる。上昇が完了したら下部
カンヌキnを下部カンヌキシリンダn1 によりマストa
に挿入して、上昇が完了する。
【0006】かかる起伏ジブ式クライミングクレーンを
用いて建物を建設するときは、最大半径Rの円(作業
円)内に建物の水平投影面が入るだけでなく建物の外壁
を施行するために建物の外壁の外側に更に3m程度の余
裕を持たなければならない。クライミングクレーンの台
数と最大半径Rはかかる観点から決定される。
【0007】一方建物の建設時の作業環境を良くし全天
候で作業するため、建設中の建物の上に屋根をかけた
り、屋根および屋根から垂下される側壁を有する覆いを
かけることが提案されている。例えば特開平5─311
883には建設中の建物を覆う屋根と屋根から垂下され
る側壁を有する構造物が示されている。該構造物は構造
物内に設けたレール上を走行する天井走行クレーンを有
している。該構造物は建物の外側の主柱を利用してジャ
ッキアップ装置により上昇するようになっている。
【0008】
【発明が解決しようとする課題】以上述べた従来のクラ
イミングクレーンは、水平方向には設置位置が固定され
ているので、大きな建物については最大半径を大きくす
るか設置台数を増やすかせねばならない。クライミング
クレーンの能力は最大半径Rと吊上荷重により決るので
最大半径Rを大きくするためにはクレーンの能力を大き
くせねばならず、高価になる。またクレーンの台数を増
やすことも同様に高価になる。さらに従来の起伏ジブ式
クライミングクレーンで、旋回フレームcへのジブbの
枢着部は、マストの継ぎ足しを行うため、図17に示す
ように旋回フレームの起伏装置f寄りに設けねばならな
い。従ってジブを旋回フレームのフックh寄りに枢着し
た場合に比べてジブの長さが大巾に長くなる。
【0009】また特開平5─311883に示されるよ
うな全天候型の覆いは装置が大規模であり、従って高価
となる。
【0010】本発明は、上記問題点に鑑み案出されたも
ので、ジブの長さが短く能力の小さなクレーンで広い作
業面をカバーできるジャッキアップ付ジブ式走行クレー
ンを提供することを目的とするものであり、さらに建設
中の建物を覆う簡易な屋根を有するジャッキアップ付ジ
ブ式走行クレーンを提供することを目的とする。
【0011】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
本願の内、請求項1の発明のジャッキアップ付ジブ式走
行クレーンは、建設中の建造物の柱または建設中の建造
物に副って立設された独立の柱を抱くように設けられ、
該柱に副って昇降する1対のジャッキアップ装置と、該
ジャッキアップ装置間を両端に設けたピンにより連結す
るガーダと、該ガーダ上に設けられたレールと、該レー
ル上を走行するトロリと、トロリ上に設けられたジブク
レーンからなることを特徴とする。
【0012】また請求項2の発明のジャッキアップ付ジ
ブ式走行クレーンは、建設中の建造物を覆うように、上
記ガーダに取りつけられた仮設屋根を有し、該仮設屋根
はガーダに副って移動して開閉可能となっている。
【0013】
【作用】1対のジャッキアップ装置間をガーダで連結
し、ガーダ上をジブクレーンが走行するようにしたので
クレーンのジブの長さが短くても広い範囲の吊り上げ作
業をカバーすることができる。従ってクレーンの能力が
小さくてもよい。またガーダから開閉可能の仮設屋根を
張り出すようにしたので、該屋根はガーダと共に昇降
し、屋根用の昇降装置は不要となる。
【0014】
【実施例】以下本発明の一実施例について図面を参照し
つつ説明する。図1は本発明のジャッキアップ付ジブ式
走行クレーンを建設中の建物の主柱に取り付けた状態を
示す正面図である。図において1は建物の主柱8を抱く
ように設けられ柱8に副って昇降するジャッキアップ装
置、2はガーダ、3はガーダの両端に設けられガーダ2
とジャッキアップ装置1を連結するピン、4はガーダ2
上に設けられたレール、5はレール4を走行するトロ
リ、6はトロリ5上に旋回可能に設けられたジブクレー
ンである。ジブクレーン6はトロリ5に固定された台5
aに旋回可能に設けられた旋回フレーム6aを有してい
る。旋回フレーム6aは旋回装置6eにより駆動され
る。旋回フレーム6aの端部6cにはピンを介してジブ
6bが起伏可能に取りつけられている。ジブ6b先端に
は吊りワイヤを介してフック6dが吊持されている。尚
6fは巻上装置、6gは起伏装置である。
【0015】7は建築中の建物であり主柱8と梁10と
を有している。主柱8と梁10は主柱に設けられた仕口
(または連結材)9を介して接続される。ジャッキアッ
プ装置は後に述べるように仕口9を利用して昇降する
が、その際梁10は昇降に邪魔なのでジャッキアップ装
置の昇降する領域には梁10は設けない。
【0016】次にジャッキアップ装置1について説明す
る。図2はジャッキアップ装置1の正面図である。図中
1aは主フレーム、1bは頂部昇降フレーム、1cは昇
降用シリンダ、1dはシリンダブラケット、1e,1f
はガイドローラ、1gは作業用カンヌキ、1hは昇降用
カンヌキである。主フレーム1aは柱8を抱く箱状に形
成されており、主フレーム1aに設けられたガイドロー
ラ1eを介して柱8に係合し、昇降自在となっている。
頂部昇降フレーム1bは口字状に形成され、頂部昇降フ
レーム1bに設けられたガイドローラ1fを介して柱8
に係合し、昇降自在となっている。主フレーム1aと頂
部昇降フレーム1bとは2本の昇降シリンダ1cを介し
て連結されている。昇降シリンダ1cの下端が主フレー
ム1a下面から垂下して設けられたシリンダブラケット
1dにピン結合され、昇降シリンダ1cのピストンロッ
ド上端が頂部昇降フレーム1bにピン結合されている。
【0017】主フレーム1aの上面には前後2本の作業
用カンヌキ1gが抜き差し自在に設けられており、作業
用カンヌキ1gの下面が柱8の前後面に設けられた仕口
9の上面に当接することにより作業中のジャッキアップ
装置1を支持するようになっている。昇降フレーム1b
の上面には1本の昇降用カンヌキ1hが抜き差し自在に
設けられており、昇降用カンヌキ1hの下面が柱8の側
面に設けられたブラケット8a(図15参照)上面に当
接して昇降中のジャッキアップ装置1を支持する。図3
はジャッキアップ装置1の部分側面図である。図中1i
は主フレーム1aの上部から前後方向に張り出して設け
られた1対のブラケットでありガーダ2と連結する1対
のピン3を支持している。
【0018】図4はジャッキアップ付ジブ式走行クレー
ンの全体平面図である。図のようにガーダ2は前後2本
のビーム2a,2aよりなり、ビーム2aはピン3を介
してジャッキアップ装置1と連結されている。ガーダ2
上面にはレール4が設けられている。
【0019】次にトロリ5につき説明する。図5および
図6はそれぞれトロリ5の正面図および側面図である。
図において、5aはジブクレーン6の旋回フレーム6a
を支持する台、5bは台5aを支持するフレーム、5c
は走行車輪でフレーム5bの前後左右に4個設けられて
いる。フレーム5bは前後2本のビーム5e,5eとビ
ーム5e,5eを連結する左右2本のビーム5d,5d
を井桁状に組合わせて形成される。フレーム5bから前
後左右4本のブラケット5fが垂下して設けられ、ブラ
ケット5f下端からそれぞれ保持車輪5gが張り出して
設けられている。保持車輪5gはガーダ2のビーム2a
下面と当接しており、走行車輪5cと保持車輪5gと
で、ビーム2aを挟むことにより、ジブクレーン6の転
倒モーメントに対抗している。
【0020】5iはトロリ5の走行装置で、フレーム5
bに取りつけた駆動モータの先端のピニオンとガーダ2
上面に設けたラックとを噛合させて走行するようになっ
ている。6eはジブクレーン6を旋回させる旋回装置
で、トロリ5の台5aに取り付けられたモータ先端のピ
ニオンとジブクレーン6の旋回フレーム6aに設けた大
歯車とを噛合させ旋回させるようになっている。
【0021】次に請求項2記載の発明の仮設屋根につい
て説明する。図7はジャッキアップ付ジブ式走行クレー
ン14のガーダ2に取り付けられた仮設屋根を示す平面
図であり、図8は同じく仮設屋根の側面図である。図中
11は仮設屋根、12は片持式の仮設屋根、13は両持
式の仮設屋根、15はガーダ2の両ビーム2a,2a間
に設けた仮設屋根である。
【0022】図9は片持式の仮設屋根の側面図である。
図中2aはガーダ2のビーム、2bはビーム2aの側面
から張り出した複数のブラケット、2cはブラケット2
bにより支持され、断面円形で、ビーム2aに平行に設
けられた下部レール、2dは同じく上部レールである。
12aは垂直のロッドであり、ロッド12aの下端に
は、下部レール2cの上面および両側面と当接するガイ
ドローラ12cが、下部レール2cの長手方向にそれぞ
れ2個ずつ並んで設けられている。ロッド12aの上端
には上部レールの両側面を挟むように各1個のガイドロ
ーラ12dが設けられている。ロッド12aからはトラ
ス構造の骨12bが張り出している。骨12bはガーダ
2の長手方向に多数並んで配設されており、骨12b上
面には骨12bを連結してカンバス12kが張設されて
いる。
【0023】図10は図9のA−A矢視図である。図に
示すようにロッド12a間はX字状のリンク12gで連
結されている。X字状のリンク12gは中央が互いにピ
ンで連結され、下端は固定のピン12jでロッド12a
の下端と連結され、上端は平行リンク12hとピンで連
結されている。平行リンク12hはガイド12i内を昇
降自在となっている。かかるリンク装置により、ロッド
12aは一斉に接近またはは離隔するようになってい
る。片持屋根12の端部のロッド12aのガイドローラ
12fには走行装置が設けられている。図11は走行装
置12eの側面図である。走行装置12eは先端にピニ
オンを有するモータ12mと、側面にギヤを有するガイ
ドローラ12fとからなり、ギヤとピニオンが噛合して
いて、モータ12mを回転させることによりロッド12
aがレール2c,2dに副って走行する。
【0024】図12は両持屋根13の側面図である。図
中13aは両持屋根の骨である。骨13aはトラス構造
であり、山形に形成された胴部13bと、胴部13bの
両端に垂下して設けられた脚部13cとからなり、脚部
13c下端に片持屋根12のロッド12a下端に設けら
れているのと同様のガイドローラ13dを有している。
骨13a上面には骨13aを連結してカンバス13eが
張設されている。両持屋根13には片持屋根12のよう
な転倒モーメントが働かないので、下部レール2cのみ
でよく、片持屋根12に必要な上部レール2dは不要で
ある。これ以外には片持屋根と同様な構造なので説明は
省略する。
【0025】次に本発明のジャッキアップ付ジブ式走行
クレーンによる柱の継ぎ足しおよび昇降のやり方につい
て説明する。図13、図14、図15および図16はク
レーンの作業状態を示す正面図である。
【0026】図13は1本目の柱の継ぎ足しが完了し、
2本目の柱を吊り上げた状態を示している。図14は2
本目の柱の継ぎ足しが完了した状態を示している。図1
5および図16はクレーンの上昇のやり方を示すもので
あり、図15では主フレーム1aを固定した状態で頂部
昇降フレーム1bを上昇させ、昇降用カンヌキ1hを押
し込んで頂部昇降フレーム1bを固定した状態を示して
いる。尚8aは昇降用カンヌキ1hと係合するブラケッ
トを示している。図16は頂部昇降フレーム1bを固定
した状態で作業用カンヌキ1gを抜き昇降シリンダ1c
を作動して主フレーム1aを上昇させ、作業用カンヌキ
1gを再び押し込んで主フレーム1aを固定した状態を
示している。
【0027】尚本発明は上記実施例に限定されるもので
はなく、特許請求の範囲内で種々の変形が可能である。
例えばジャッキアップ装置1が昇降する柱は建物7の柱
8に限らず建物に副って立設された独立の柱またはマス
トでもよい。また仮設屋根は実施例では両持屋根の両側
に片持屋根を設けているが、ジャッキアップ付ジブ式走
行クレーンが1台の場合にはその両側に片持屋根を設け
るようにしてもよい。またクレーンを建物の両端に設け
る場合には両持屋根だけを設ければよい。
【0028】
【発明の効果】以上述べたように本願の第1発明のジャ
ッキアップ付ジブ式走行クレーンは1対のジャッキアッ
プ装置間を連結するガーダ上をジブクレーンが走行する
ようになっているので以下の効果がある。 (1)ジブの長さが短くても作業範囲が大きく取れる。 (2)ジブの長さを短くできるのでクレーンの能力が小
さくてよく安価になる。 (3)ジブを柱またはマスト継ぎ足しのため従来のクラ
イミングクレーンのように垂直に近く立てる必要がない
ので、安定した作業ができる。
【0029】また本願の第2発明のジャッキアップ付ジ
ブ式走行クレーンは開閉式の仮設屋根をガーダに取りつ
けたので、仮設屋根を独自に昇降させる装置が不要とな
り、建設作業環境の改善を容易かつ安価に行うことがで
きる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明のジャッキアップ付ジブ式走行クレーン
のー全体正面図である。
【図2】ジャッキアップ装置の正面図である。
【図3】ジャッキアップ装置の部分側面図である。
【図4】本発明のジャッキアップ付ジブ式走行クレーン
のジブクレーン部分を除く平面図である。
【図5】トロリの正面図である。
【図6】トロリの側面図である。
【図7】仮設屋根の平面図である。
【図8】仮設屋根の側面図である。
【図9】片持式仮設屋根の側面図である。
【図10】図9のA−A矢視図である。
【図11】仮設屋根の走行装置の側面図である。
【図12】両持式仮設屋根の側面図である。
【図13】本発明のジャッキアップ付ジブ式走行クレー
ンの作業状態を示す正面図である。
【図14】本発明のジャッキアップ付ジブ式走行クレー
ンの作業状態を示す正面図である。
【図15】本発明のジャッキアップ付ジブ式走行クレー
ンの作業状態を示す正面図である。
【図16】本発明のジャッキアップ付ジブ式走行クレー
ンの作業状態を示す正面図である。
【図17】従来の起伏ジブ式クライミングクレーンの正
面図である。
【図18】従来のクライミングクレーンのジャッキアッ
プ装置の正面図である。
【符号の説明】
1 ジャッキアップ装置 2 ガーダ 3 ピン 4 レール 5 トロリ 6 ジブクレーン 11 仮設屋根
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 星野 修二 東京都江東区豊洲3丁目1番15号 石川島 播磨重工業株式会社東二テクニカルセンタ ー内 (72)発明者 大野 俊孝 東京都江東区豊洲3丁目1番15号 石川島 播磨重工業株式会社東二テクニカルセンタ ー内 (72)発明者 橋爪 武男 東京都江東区豊洲3丁目1番15号 石川島 播磨重工業株式会社東二テクニカルセンタ ー内 (72)発明者 山岸 晴久 東京都江東区豊洲3丁目1番15号 石川島 播磨重工業株式会社東二テクニカルセンタ ー内 (72)発明者 岡野 茂 東京都中央区明石町6番4号 石川島運搬 機械株式会社内 (72)発明者 田中 正吉 東京都中央区明石町6番4号 石川島運搬 機械株式会社内

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 建設中の建造物の柱または建設中の建造
    物に副って立設された独立の柱を抱くように設けられ、
    該柱に副って昇降する1対のジャッキアップ装置と、該
    ジャッキアップ装置間を両端に設けたピンにより連結す
    るガーダと、該ガーダ上に設けられたレールと、該レー
    ル上を走行するトロリと、トロリ上に設けられたジブク
    レーンからなることを特徴とするジャッキアップ付ジブ
    式走行クレーン。
  2. 【請求項2】 建設中の建造物を覆うように、上記ガー
    ダに取りつけられた仮設屋根を有し、該仮設屋根はガー
    ダに副って移動して開閉可能となっている請求項1記載
    のジャッキアップ付ジブ式走行クレーン。
JP14913895A 1995-06-15 1995-06-15 ジャッキアップ付ジブ式走行クレーン Pending JPH092780A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14913895A JPH092780A (ja) 1995-06-15 1995-06-15 ジャッキアップ付ジブ式走行クレーン

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14913895A JPH092780A (ja) 1995-06-15 1995-06-15 ジャッキアップ付ジブ式走行クレーン

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH092780A true JPH092780A (ja) 1997-01-07

Family

ID=15468590

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP14913895A Pending JPH092780A (ja) 1995-06-15 1995-06-15 ジャッキアップ付ジブ式走行クレーン

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH092780A (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005280955A (ja) * 2004-03-30 2005-10-13 Shimizu Corp 走行式タワークレーンおよびそれを用いた搬送方法
EP2189574A1 (en) * 2008-11-19 2010-05-26 Geosea NV Jack-up offshore platform and its use for assembling and servicing a structure at sea
EP2463224A1 (en) * 2010-12-07 2012-06-13 Ravestein Container Pontoon b.v. System for facilitating work to be performed on part of an off shore structure and method for installing such a system
JP2015101875A (ja) * 2013-11-25 2015-06-04 株式会社大林組 ニューマチックケーソン用のテルハクレーン及びニューマチックケーソンの施工方法
CN105293315A (zh) * 2015-11-12 2016-02-03 山东恒堃机械有限公司 一种装配式建筑预制构件的吊装设备
WO2019223743A1 (zh) * 2018-05-20 2019-11-28 Wang Yubin 装配式建筑的施工装置及其施工法与盒子建筑

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005280955A (ja) * 2004-03-30 2005-10-13 Shimizu Corp 走行式タワークレーンおよびそれを用いた搬送方法
EP2189574A1 (en) * 2008-11-19 2010-05-26 Geosea NV Jack-up offshore platform and its use for assembling and servicing a structure at sea
EP2463224A1 (en) * 2010-12-07 2012-06-13 Ravestein Container Pontoon b.v. System for facilitating work to be performed on part of an off shore structure and method for installing such a system
JP2015101875A (ja) * 2013-11-25 2015-06-04 株式会社大林組 ニューマチックケーソン用のテルハクレーン及びニューマチックケーソンの施工方法
CN105293315A (zh) * 2015-11-12 2016-02-03 山东恒堃机械有限公司 一种装配式建筑预制构件的吊装设备
WO2019223743A1 (zh) * 2018-05-20 2019-11-28 Wang Yubin 装配式建筑的施工装置及其施工法与盒子建筑

Similar Documents

Publication Publication Date Title
WO1996036780A1 (fr) Ossature provisoire utilisee dans la construction d'un batiment
JPH092780A (ja) ジャッキアップ付ジブ式走行クレーン
JP3142819B2 (ja) 屋根架構の構築方法
CN112794249B (zh) 一种预制构件的运输车
JP3822084B2 (ja) 高層建物の建設揚重システム
JP2702052B2 (ja) 荷役設備における防風雨装置
JPH0319567Y2 (ja)
CN210086074U (zh) 一种用于建立多层立体结构的架梁机
JP3718783B2 (ja) 水平ジブクレーン及び走行水平ジブクレーン
JP3027925B2 (ja) 建設用仮設架構装置
JPH0328066Y2 (ja)
CN217732600U (zh) 一种可悬挑操作台
JPH0745778B2 (ja) リフト用蓮台の昇降方法と装置
JP3740215B2 (ja) 建築物の最上階に設置するジブクレーンの設置方法
JPH028098B2 (ja)
JP3027924B2 (ja) 建設用仮設架構装置
JP2704446B2 (ja) 仮設柱を用いたリフトアップ工法
JPH0262306A (ja) タワークレーンのクライミング工法
JPH026906B2 (ja)
JP2934567B2 (ja) 立体駐車場建設用作業ゴンドラ
JPH07471Y2 (ja) 水平屈曲式昇降クレ−ン
RU2066673C1 (ru) Передвижной подъемник
JP3263497B2 (ja) 全天候式塔状構造物架設装置
JPH07172769A (ja) クレーン
JP2717158B2 (ja) 建築物の施工方法