JPH0628593Y2 - 壁面装飾パネルユニット - Google Patents

壁面装飾パネルユニット

Info

Publication number
JPH0628593Y2
JPH0628593Y2 JP4147991U JP4147991U JPH0628593Y2 JP H0628593 Y2 JPH0628593 Y2 JP H0628593Y2 JP 4147991 U JP4147991 U JP 4147991U JP 4147991 U JP4147991 U JP 4147991U JP H0628593 Y2 JPH0628593 Y2 JP H0628593Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
panel
tile
locking
guide rail
locking projections
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP4147991U
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0596272U (ja
Inventor
幹夫 吉松
Original Assignee
幹夫 吉松
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 幹夫 吉松 filed Critical 幹夫 吉松
Priority to JP4147991U priority Critical patent/JPH0628593Y2/ja
Publication of JPH0596272U publication Critical patent/JPH0596272U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JPH0628593Y2 publication Critical patent/JPH0628593Y2/ja
Active legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】〔産業上の利用分野〕 本考案は壁面装飾パネルユニットに係り、特にタイル張
りの下地となるパネル本体とこれに装着するタイルとか
らなる壁面装飾パネルユニットに関するものである。 〔従来の技術〕 従来、建築物のタイル張り工事では、下地壁の付設およ
びタイルの張り付け等、専門業者によらなければならな
い複雑な施工工程を必要とし、そのため工期が長くなっ
たり、また工事費高騰の一因ともなっている。また、タ
イルを下地壁に張り付ける寸法を正確に割り出しつつ、
モルタルで張り付ける湿式工法などでは熟練を必要とす
る。さらに建物が古くなったり、地震等の震動が加わる
とタイルがはがれ、脱落して事故となるなどの欠点があ
った。 これに対し、タイル係合部としてのガイドレールを有す
る金属製パネルを別に構成しておき、これにタイルを装
着して装飾壁を構成する工法も知られている。しかし、
従来のこの種装飾壁は、ガイドレールとその両隣に谷を
有する凹凸状の金属製パネルを平面を出しながら取付
け、対象位置に確実に固定するのが困難であった。 さらにタイルを金属製パネルの所定位置に取付けるため
にガイドレールに沿ってスライドさせる必要があり、作
業性が悪いという欠点があった。また、従来のタイルの
係止構造によると、タイルの大きさが、金属製パネルに
設けるガイドレールの幅に限定され、ガイドレール幅よ
り大版のタイルを使用することができず、装飾壁として
変化に乏しいという欠点があった。 〔考案が解決しようとする課題〕 本考案が解決しようとする課題は、従来の金属製パネル
にタイルを取付ける装飾壁は、金属製パネルの取付けが
困難であるとともに、タイルの装着作業性が悪く、しか
も変化に富む装飾壁面の構成が困難であるという点であ
る。 〔課題を解決するための手段〕 本考案に係る壁面装飾パネルユニットは、パネル本体
と、このパネル本体に固定するタイルとからなり、パネ
ル本体には、所定の幅、厚さ、長さを有する一枚の金属
板をロールフォーミング等により折り曲げ成形して角山
状のガイドレールと谷を交互、且つ平行間隔に複数条形
成し、ガイドレールは金属板を直角に折り曲げた立上げ
部の上端を谷方向に張り出してその先端を折り返してな
るフランジと、左右のフランジ間に位置するガイドレー
ル頂面に形成した凹状のリブを有し、該凹状リブを止め
金具の貫通面とし、一方タイル裏面に、所定の間隔を離
して長手方向と直角の断面がほぼL字状の係止突片を複
数設け、各係止突片の鉤状部を互いに対向させ、これら
係止突片とタイル裏面との間に形成される係止溝をガイ
ドレールのフランジに係合自在に設け、複数の係止突片
の間隔は、この係止突片を係合すべき複数のフランジ間
に、その前面から傾斜させて落し込み可能な寸法に設
け、パネル本体に装着したタイル間に目地剤を充填して
なる構成を特徴とする。 〔実施例〕 以下本考案の実施例を第1図〜第6図を参照して説明す
る。1はタイル取付けの下地となるパネル本体である。
このパネル本体1は、所要の幅、厚さ、長さを有する1
枚の金属板を基材として、ロールフォーミングや押し出
し成型等により成形し、さらにこのパネル本体1にはガ
イドレール2としての角山と、谷3を交互に且つ平行等
間隔に、複数条形成する(第1図)。前記角山の形状
は、谷部底面より直角に立上げたうえ、上端を平らな頂
面とするのが一般的であるが、タイルの取付け形状また
はパネルに複合する断熱防音材との取り合わせ等によっ
て、鋭角または鈍角に立上げることも任意である。 さらに説明すると、図に示すガイドレール2としての角
山は、谷3の両端に直角の立上げ部5を設け、立上げ部
5の上端を谷側に水平に突出させ、さらに180度折り
返してフランジ2aを形成し、且つ左右のフランジ2a
の中間部に下方に凹んだリブ2bを形成して構成され
る。前記のリブ2bは、ガイドレール2の頂面の中央部
に位置し、このリブ2bは、ビスや釘等の止め位置とし
て用いられると同時に、補強リブとしてパネル強度を向
上させる機能を有する。 前記パネル本体1に装着するタイル10は、方形であ
る。このタイル10は大小任意の組合わせで使用できる
が、タイルの裏面側には、ガイドレール2に係合できる
係止溝12a,12bを有している。さらに説明する
と、タイル10の裏面側で、且つガイドレール2の頂面
フランジに対応させた位置に所定の間隔をおいて、且つ
鉤状部を互いに対向させるようにほぼL字形に曲げた長
尺の係止突片11a,11bを設け、この係止突片11
a,11bとタイル10の裏面との間に開口部が対向し
た係止溝12a,12bを設けている。 この係止溝12a,12bのうち、一方の係止溝12b
を深く、他方の係止溝12aを浅く設けてある。 パネル本体1にタイル10を装着する実施例を第3図を
参照して説明する。 パネル本体1を柱や胴縁、下地壁等の取付部に当てがい
仮配置したうえ、このパネル本体1を取付けるべき水平
壁又は垂直壁に合わせて釘やボルト、ビス等の止め金具
18を凹状のリブ2bの位置に打ちつけ、ガイドレール
2が真っ直ぐになるようにしてしっかりと固定する。こ
の場合、装飾目的面の大きさや形状に応じて、パネル本
体1を必要枚数継ぎ足しながら配置固定するが、山形に
盛り上がったガイドレール頂面の位置を止め金具18で
止めるため、パネルの一番高い部位が押さえられること
になり、谷部を含めパネル全体が均等に押えらる。これ
によりパネル本体1の水平や垂直がとり易く、しかも、
パネル本体1による壁面に凹凸のない下地造りが可能で
ある。 パネル本体1は、長手方向には長尺に加工することがで
きる。また、短尺のパネル本体1を何枚でも継ぎ合わせ
て使用する場合てあっても、規格を統一したパネルを用
いることにより、それぞれのパネルのガイドレール2の
通り心を整えることが容易なので、どんなに大きい壁面
でも、その集合体で一枚のパネルと同様に構成できる。
パネル本体1を、垂直壁面に施工する場合、下方から順
に上方に張り上げる状態に施工すると、各パネル間の取
り合い部(接続部)は、上方から重ねられるので水切り
がよい。また、たてジョイントは、パネル本体1の下地
に水切り板を入れ、水を外側に導き排水することで壁面
からの雨仕舞いは完璧となる。 このようにして下地造りの終了したパネル本体1にタイ
ル10を取付けるには、各タイル裏面の係止突片11
a,11bをガイドレール2のフランジ2aに係合させ
るものである。第2図に示すように実施例のタイル10
の2つの係合溝12a,12bは深さがやや異なってい
る。このタイル10を第3図示の垂直に配設したパネル
本体1に装着するには、タイル10を垂直に持ち上げる
ようにして、深い係止溝12bの奥までフランジ2aを
挿入させる。次に浅い係止溝12aを他方のフランジ2
aに係合させ、奥まで移動させる。これにより、第3図
示のように、ガイドレール2の2つのフランジ2a,2
aをタイル10の2つの係合溝12a,12bに抱持さ
せた状態で係合できる。また、パネル本体1に装着した
各タイル10の間は、目地剤20で押しつけるので一層
安定し、緊定のための止め金具や接着剤を用いなくて
も、タイル10のパネル本体1への固定装着が可能であ
る。 なお、一旦取付けられたタイル10は係止突片11a,
11bが、フランジ2aから外れない限り、決してパネ
ル本体1から脱落することはないが、さらに一層安定さ
せるためには、タイル裏面とガイドレール2の頂面とを
補助的に接着剤で点付けして固定することも可能であ
る。一方、壁面の補修などで装飾用のタイルを取外す場
合は、当該タイル10の上辺の目地剤20を除去した
後、タイル10を嵌合時と逆に、つまり係止溝12a,
12bから外れるよう上下方向に順にスライドさせ、係
止突片11a,11bをフランジ2aからはずして取外
すことができ、また再び装着する場合は、この反対の順
で簡単に施工できるので便利である。 第5図、第6図はパネル本体1の他の実施例である。第
5図のパネル本体1において、ガイドレール16のフラ
ンジ16a,16bのうち、一方のフランジ16bを谷
3側に傾斜させている。このように構成すると、タイル
10の一方の係止溝12bをフランジ16aに嵌合した
場合、この係止溝12bをパネル本体1の谷3側に押し
下げるように作用し、他方の係止溝11aは他方のフラ
ンジ16aを押し上げる状態になる。よって、タイル1
0の固定にガタつきがなく、パネル本体1にタイル10
を固定できるという効果がある。 第6図のパネル本体1において、ガイドレール17のフ
ランジ17a,17aのうち、一方のフランジ17aの
裏面を凸状にふくらませて、タイル10の係止溝12a
の溝幅より若干大きい突出部イを設けている。この突出
部イは、タイル裏面の係止溝12aをフランジ17aに
嵌合する場合、この突出部イで一方の係止溝12aを押
圧することで、フランジ17aと係止溝12aとの摩擦
接合力を増し、タイル10がパネル本体1にしっかりと
固定されるという効果がある。本考案に係るパネルユニ
ットは、ガイドレール2をどの方向に向けてタイル10
を取付けても、タイル10はパネル本体1から離脱する
おそれがなく、様々なデザインの装飾壁面を構成するこ
とができる。パネル本体1には事前にタイル10を装着
して壁面に取付けることもでき、施工工程の省力化にも
役立つ。本考案のパネルユニットは垂直壁面や間仕切り
壁、あるいは天井面や床面などの水平壁面にも利用でき
る。このパネルユニットによるタイル壁施工は、下地と
なるパネルの取付けさえできれば新設工事のみでなく、
改修工事や仮設工事にも簡単、確実に使用できる。 〔考案の効果〕 本考案に係る壁面装飾パネルユニットによると次の諸効
果がある。まず、タイル取付用のパネル本体は、一枚の
金属板による折り曲げ成形のため、防水性が完璧であ
る。また、ガイドレールは角山状とし、ガイドレール頂
面に凹状のリブを設けてあるので、このリブによりガイ
ドレールが補強される。しかも、リブを止め金具の貫通
面としているので、全体として凹凸状のパネル本体の凸
の部分が押さえられ、その力が凹み部にまで及び、谷部
などが浮き上がることがない。よって、パネル全体の平
面を出し易いという効果がある。さらに、止め金具の頭
部がガイドレール頂面から突出せず、この頭部にタイル
裏面がぶつかることもてくて施工上好都合である。さら
に、タイルの裏面側に係止突片を設けているので、この
係止突片をガイドレールの幅寸法に対応させて設けてお
けば、タイル自体の寸法は、ガイドレール幅に制限され
ず大版とすることも自在であり、大小種々のタイルを組
合わせて変化に富む装飾壁面を構成することが容易であ
る。さらに、タイル裏面の係止突片は、パネル本体の前
面からガイドレールのフランジに着脱自在に係合できる
寸法関係に構成してあるので、タイルのパネル本体への
着脱が容易で施工作業を迅速に行えると共に、出隅、入
隅部におけるタイルの取付けを無理なく行うことができ
る。
【図面の簡単な説明】 図は本考案の実施例を示し、第1図はパネル本体の斜視
図、第2図はタイルの側面図、第3図はタイルをパネル
本体に取付けた状態の断面図、第4図は正面図、第5
図,第6図はそれぞれパネル本体の他の実施例の側面説
明図である。 1…パネル本体 2…ガイドレール 2a…フランジ
2b…凹状のリブ 3…谷 5…立上げ部 10…タイ
ル 11a,11b…係止突片 12a,12b…係止溝 20…目地剤。

Claims (1)

  1. 【実用新案登録請求の範囲】 (1) パネル本体と、このパネル本体に固定するタイ
    ルとからなり、パネル本体には、所要の幅、厚さ、長さ
    を有する一枚の金属板をロールフォーミング等により折
    り曲げ成形して角山状のガイドレールと谷を交互、且つ
    平行間隔に複数条形成し、ガイドレールは、金属板を直
    角に折り曲げた立上げ部の上端を谷方向に張り出してそ
    の先端を折り返してなるフランジと、左右のフランジ間
    に位置するガイドレール頂面に形成した凹状のリブを有
    し、該凹状のリブを止め金具の貫通面とし、一方タイル
    の裏面側に、所定の間隔を離して長手方向と直角の断面
    がほぼL字状の係止突片を複数設け、各係止突片の鉤状
    部を互いに対向させ、これら係止突片とタイル裏面との
    間に形成される係止溝をガイドレールのフランジに係合
    自在に設け、複数の係止突片の間隔は、この係止突片を
    係合すべき複数のフランジ間に、その前面から落し込み
    可能な寸法に設け、パネル本体に装着したタイル間に目
    地剤を充填してなる構成を特徴とする壁面装飾パネルユ
    ニット。 (2) 前記係止突片により形成される係止溝の一方の
    係止溝を深く、他方の係止溝を浅く構成したことを特徴
    とする登録請求の範囲第1項記載の壁面装飾パネルユニ
    ット。
JP4147991U 1991-03-22 1991-03-22 壁面装飾パネルユニット Active JPH0628593Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4147991U JPH0628593Y2 (ja) 1991-03-22 1991-03-22 壁面装飾パネルユニット

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4147991U JPH0628593Y2 (ja) 1991-03-22 1991-03-22 壁面装飾パネルユニット

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0596272U JPH0596272U (ja) 1993-12-27
JPH0628593Y2 true JPH0628593Y2 (ja) 1994-08-03

Family

ID=12609488

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP4147991U Active JPH0628593Y2 (ja) 1991-03-22 1991-03-22 壁面装飾パネルユニット

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0628593Y2 (ja)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5801654B2 (ja) * 2011-08-31 2015-10-28 株式会社デイコム タイル剥落防止具
JP5714643B2 (ja) * 2013-04-30 2015-05-07 株式会社長谷川製作所 タイル状部材の固定レール

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0596272U (ja) 1993-12-27

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4809470A (en) Panel system and method
US4617770A (en) Nailerless roof edge, framing structure and building panel mounting assembly
JP2005256340A (ja) 屋外の床形成用デッキ
US3828499A (en) Corner assembly for exterior siding
US7246475B2 (en) Method and system for detachably fixing a planar component to a sub-surface
JPH0628593Y2 (ja) 壁面装飾パネルユニット
US5086602A (en) Insulation clip
US4631886A (en) Method and system for the facing of structures
JP2004278224A (ja) 壁面施工アセンブリ,化粧板,化粧板固定部材,目地部材および壁面施工方法
JPH068557B2 (ja) タイルブロツクを用いた建物の外装壁
JP4099685B2 (ja) パネル等の連結機構
GB2385103A (en) Double ended fastener
JP3169091B2 (ja) 縦目地構造
EP0489764B1 (en) Drywall construction
JP2889142B2 (ja) 改修用外壁材の固定方法
JP4099809B2 (ja) レンガ壁およびレンガ壁施工方法
JP2645250B2 (ja) 装飾パネル
JP3169092B2 (ja) 縦目地構造
JP2786412B2 (ja) コンクリート建築物の外装パネル被覆構造及び被覆施工方法
JP2683905B2 (ja) 壁面板と壁面下地との接合構造
JP3266239B2 (ja) レンガタイル用下地材及びその取り付け方法
JP2002256668A (ja) 庇化粧パネルなどの庇構成部品
JP3343640B2 (ja) 濡れ縁の取付構造
KR100946725B1 (ko) 조립식 벽체
JPH0762384B2 (ja) 外壁構造