JPH06101244A - 建物の逆打工法 - Google Patents

建物の逆打工法

Info

Publication number
JPH06101244A
JPH06101244A JP4251111A JP25111192A JPH06101244A JP H06101244 A JPH06101244 A JP H06101244A JP 4251111 A JP4251111 A JP 4251111A JP 25111192 A JP25111192 A JP 25111192A JP H06101244 A JPH06101244 A JP H06101244A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
floor
steel
studs
constructed
structural
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP4251111A
Other languages
English (en)
Inventor
Yasuji Nishida
保治 西田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Taisei Corp
Original Assignee
Taisei Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Taisei Corp filed Critical Taisei Corp
Priority to JP4251111A priority Critical patent/JPH06101244A/ja
Publication of JPH06101244A publication Critical patent/JPH06101244A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 (修正有) 【目的】 所定の間隔で立設し本設となる構真柱並びに
この構真柱の上部に形成される床(梁スラブ)の水平剛
性を高く保持できるようにした建物の逆打工法を提供す
ることである。 【構成】 予め山留の構築後、基礎杭1の打ち込みに平
行して、柱型部分にプレキャストコンクリートを巻いた
鉄骨構真柱3を前記基礎杭上に建て込み、前記鉄骨構真
柱間に渡って床部を構成する梁スラブを構築した後、前
記梁スラブと前記山留との間にジャッキ6を配置し、前
記ジャッキシリンダの伸長により逆打躯体(鉄骨構真柱
及び梁スラブ)の水平剛性を保持すると共に前記山留に
囲まれた工事空間に所定の根切りを施して下層階の床部
を構築する建物の逆打工法。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、建物の地下空間を構築
するための建物の逆打工法に関するものである。
【0002】
【従来技術】従来、地下に空間を構築する場合には、一
般に、所定の外周を溝条に所定深度掘削し、この溝条掘
削部分に鉄筋コンクリート構造の通称「山留」と呼ばれ
る壁体を構築した後、この山留で囲まれた内部を掘削す
るものである。山留には通称「腹起し」と呼ばれる鉄骨
の支持材を山留の内周に沿って環状に設置する。一方、
掘削した内部空間には所定の間隔で縦杭を立設し、その
縦杭と腹起しとの間を「切梁」と呼ばれる支持鋼材を夫
々配置・接合することによって山留支保工がなされてい
た。又、山留の上部と1階床をかわした上部レベルの高
さには内部での作業を支援するためのスペース(例えば
建設重機の作業スペースや資材の一時積み置きスペース
として用いる)として「桟橋」が設けられていた。しか
しながら、これらの腹起し、縦杭、切梁及び桟橋は原則
として仮設のものであるためにそれらの設置並びに撤去
作業の手間、費用が嵩む等の問題があった。
【0003】そしてこのような問題点を解決するため
に、「逆打工法」と呼ばれる山留支保工が採用されるに
到った。即ち、この逆打工法とは所定の間隔で予め打ち
込まれた基礎杭20上に、本設となる鉄骨構真柱22を
所定の間隔で建て込み、この鉄骨構真柱22の上部に本
設となる床(梁スラブ)23を形成し、本設した床23
(梁スラブ)部分が切梁及び桟橋を兼ねる構造としてい
るものである。しかしながら、上記の如く鉄骨構真柱2
2の基礎杭20への建て込み部分は鉄骨であって、相対
的に床(梁スラブ)23に比べて水平剛性が低かった。
このように、相対的に水平剛性の高い床部23上で重量
のある建設機械等が作業を行なった場合には、施工中、
鉄骨構真柱22において水平方向の変形が生じ易い状態
となっていた。(図4参照)
【0004】
【発明が解決しようとする課題】本発明は以上の如く課
題を解決するためになされたものであり、その目的は、
所定の間隔で立設し本設となる構真柱並びにこの構真柱
の上部に形成される床(梁スラブ)の水平剛性を高く保
持できるようにした建物の逆打工法を提供することであ
る。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明は前述したような
問題点を解決するために成されたものであり、その目的
は、予め山留の構築後、基礎杭の打ち込みに平行して、
柱型部分にプレキャストコンクリートを巻いた鉄骨構真
柱を前記基礎杭上に建て込み、前記鉄骨構真柱間に渡っ
て床部を構成する梁スラブを構築した後、前記梁スラブ
と前記山留との間にジャッキを配置し、前記ジャッキシ
リンダの伸縮により逆打躯体(鉄骨構真柱及び梁スラ
ブ)への水平加力を一定に保ち、水平剛性を保持すると
共に前記山留に囲まれた工事空間に所定の根切りを施し
て下層階の床部を構築することを特徴とする建物の逆打
工法によって達成される。
【0006】この工法によれば上記の如く、床部として
鉄骨構真柱間に渡って構成した梁スラブの上部と前記山
留との間に夫々ジャッキを配置し、ジャッキシリンダの
伸縮制御により前記梁スラブに対してプレロードしてお
くことで常に架構の水平剛性を高く保持することができ
るものである。
【0007】
【実施例】以下、図1乃至図3に基づいて本発明に係る
建物の逆打工法について説明する。図1は本工法におけ
る全体斜視図、図2は同・側断面図、図3は同・平面図
である。1は地下空間を構築する掘削場所に所定の間
隔、深度でもって打設された場所打ち基礎杭。
【0008】2は当該掘削予定スペースの外周に掘削さ
れた溝に、内部に芯材が配置されて打設された柱列山留
壁。2aは柱列山留壁2の頭部に設けた頭継ぎ材。3は
パネルゾーンを除いた柱型部分までプレキャストコンク
リート巻きされた本設のSRCとしての鉄骨構真柱であ
り、その下端は前記した基礎杭1に建て込まれてなる。
又、この鉄骨構真柱3に巻き付けられたプレキャストコ
ンクリートPCの先端は図に示す如く、基礎梁接合部近
傍で先鋭化されて処理されており、SRCの鉄骨構真柱
3のうち露出している部分(パネルゾーン)には接合時
に用いられるスタット(シャコネクター)Sが形成され
ている。即ち、このように先端付近の先鋭化処理や、ス
タットSは基礎梁接合部以降マットスラブ(二次根切り
によって露出される基礎杭1の上端のレベルで所定厚さ
でもって形成されるスラブ)下端までの鉄骨構真柱3に
対する接合を効果的に行う為の措置である。
【0009】4はGLと略同じ高さで各々の前記鉄骨構
真柱3間を掛け渡すように接合された本設鉄骨梁であ
る。5は前記本設鉄骨梁4の上部に形成される本設複合
床であり、この本設複合床5はスパンクリートと高強度
コンクリートにより構成されると共に本設の一階床を形
成するものである。
【0010】6は本設複合床5と柱列山留壁2との間に
夫々介在配置される裏込ジャッキであって、柱列山留壁
2この裏込ジャッキ6…のシリンダ伸縮を適宜調整する
ことによって本設架構の水平剛性を高めるものである。
以下、上記の構成に基づく本発明の施工手順を説明す
る。即ち、 地下空間を構築する掘削場所の外周に所定深度の溝
を掘削し、この溝に鉄骨(筋)コンクリートでもって柱
列山留壁2を打設すると共に所定の間隔、深度でもって
場所打ち基礎杭1…を打ち込む。 この場所打ち基礎杭1の打ち込みに平行して、柱型
部分にプレキャストコンクリート(PC)化された鉄骨
構真柱3を前記場所打ち基礎杭1…の上端に夫々建て込
む。 オープンカット法により一次根切りレベルL1まで
根切りを行なう。 建て込んだ各々の鉄骨構真柱3間に本設鉄骨梁4を
夫々掛け渡す。 鉄骨構真柱3間に掛け渡された本設鉄骨梁4上に本
設複合床5を形成する。 各本設鉄骨梁4…と柱列山留壁2の頭継ぎ材2aと
の間に裏込ジャッキ6…を夫々介在配置させる。そし
て、この裏込ジャッキ6…の加圧力を常に調整すること
によって各本設鉄骨梁4…並びにこの各本設鉄骨梁4…
によって支持される本設複合床5の水平剛性を保持しな
がら、前記複合床5を桟橋として使用し、L1以下の根
切りを行なう。 床付面となる場所打ち基礎杭1…の上端まで(図
中、床付けレベルL2まで)根切りを行なう。そしてこ
の根切りによって露出した鉄骨構真柱3の基礎梁部分に
対してコンクリートを打設する。
【0011】以上のように、各本設鉄骨梁4…と柱列山
留壁2との間に夫々配置した裏込ジャッキ6…の伸縮シ
リンダ(圧)を常に管理することで、架構の高い剛性を
保持することができる。
【0012】
【効果】本発明に係る建物の逆打工法は、予め山留の構
築後、基礎杭の打ち込みに平行して、柱型部分にプレキ
ャストコンクリートを巻いた鉄骨構真柱を前記基礎杭上
に建て込み、前記鉄骨構真柱間に渡って床部を構成する
梁スラブを構築した後、前記梁スラブと前記山留との間
に配置したジャッキシリンダの常時の伸縮により常に逆
打躯体(鉄骨構真柱及び梁スラブ)への水平加力を一定
に保ち水平剛性を高く保持することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明に係る建物の逆打工法を説明するための
全体斜視図である。
【図2】本発明に係る建物の逆打工法を説明するための
側断面図である。
【図3】本発明に係る建物の逆打工法を説明するための
平面図である。
【図4】従来例に係る逆打工法(逆打工法)を説明する
ための側断面図である。
【符号の説明】
1 場所打ち基礎杭 2 柱列山留壁 2a 頭継ぎ材 3 鉄骨構真柱 4 本設鉄骨梁 5 本設複合床 6 裏込ジャッキ L1 一次根切りレベル L2 床付けレベル S スタッド

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 予め山留の構築後、基礎杭の打ち込みに
    平行して、柱型部分にプレキャストコンクリートを巻い
    た鉄骨構真柱を前記基礎杭上に建て込み、前記鉄骨構真
    柱間に渡って床部を構成する梁スラブを構築した後、前
    記梁スラブと前記山留との間にジャッキを配置し、前記
    ジャッキシリンダの伸長により逆打躯体(鉄骨構真柱及
    び梁スラブ)の水平剛性を保持すると共に前記山留に囲
    まれた工事空間に所定の根切りを施して下層階の床部を
    構築することを特徴とする建物の逆打工法。
JP4251111A 1992-09-21 1992-09-21 建物の逆打工法 Pending JPH06101244A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4251111A JPH06101244A (ja) 1992-09-21 1992-09-21 建物の逆打工法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4251111A JPH06101244A (ja) 1992-09-21 1992-09-21 建物の逆打工法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH06101244A true JPH06101244A (ja) 1994-04-12

Family

ID=17217819

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP4251111A Pending JPH06101244A (ja) 1992-09-21 1992-09-21 建物の逆打工法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH06101244A (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008303587A (ja) * 2007-06-06 2008-12-18 Takenaka Komuten Co Ltd 免震建物の逆打ち工法
JP2009114662A (ja) * 2007-11-02 2009-05-28 Kajima Corp コンクリート一体型構真柱
US7753424B2 (en) * 2006-08-31 2010-07-13 Brose Fahrzeugteile Gmbh & Co Kg, Coburg Armrest arrangement for a motor vehicle door
JP2011127344A (ja) * 2009-12-18 2011-06-30 Sumitomo Mitsui Construction Co Ltd 柱と杭との接合構造
JP2013081919A (ja) * 2011-10-12 2013-05-09 Kajima Corp 屋根付き処理施設およびその建設方法
CN105862914A (zh) * 2016-04-18 2016-08-17 西南交通大学 一种隔断地面附加荷载对下部近接隧道影响的方法

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7753424B2 (en) * 2006-08-31 2010-07-13 Brose Fahrzeugteile Gmbh & Co Kg, Coburg Armrest arrangement for a motor vehicle door
JP2008303587A (ja) * 2007-06-06 2008-12-18 Takenaka Komuten Co Ltd 免震建物の逆打ち工法
JP2009114662A (ja) * 2007-11-02 2009-05-28 Kajima Corp コンクリート一体型構真柱
JP2011127344A (ja) * 2009-12-18 2011-06-30 Sumitomo Mitsui Construction Co Ltd 柱と杭との接合構造
JP2013081919A (ja) * 2011-10-12 2013-05-09 Kajima Corp 屋根付き処理施設およびその建設方法
CN105862914A (zh) * 2016-04-18 2016-08-17 西南交通大学 一种隔断地面附加荷载对下部近接隧道影响的方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4069509B2 (ja) 地下掘削空間外周部における逆打支柱の施工方法
JPH06101244A (ja) 建物の逆打工法
JP2700811B2 (ja) スーパーフレームを含む構造物の構築方法
JP4115095B2 (ja) 逆打ち工法
JPH07119549B2 (ja) 双設トンネル
JPH11172710A (ja) 鉄骨鉄筋コンクリート建築物の地下部分の施工方法
JP3166007B2 (ja) 地下構造物及びその建設方法
JP2005002671A (ja) アンダーピニング方法および高架橋
JPH05179647A (ja) 山留め壁の支保構造
JP2964295B2 (ja) 地下階の施工方法
JP7182485B2 (ja) 建物の構築方法
JP3109038B2 (ja) 地下躯体構造およびその施工方法
JPS63280153A (ja) 地下躯体の逆打ち工法
JPH11152762A (ja) 構造物およびその構築方法
JP3809340B2 (ja) 逆打ち工法
JP2572680B2 (ja) 逆打ち工法による地下構造
JP2023104993A (ja) 地下構造体の基礎の構築方法
JP4464556B2 (ja) 中間杭の受替え工法
JP3567387B2 (ja) 地下躯体の構築方法
JPS6217233A (ja) 構真柱
JPH076204B2 (ja) 地下構造物の構築方法
JPH06146308A (ja) 地下躯体の構築方法
JPH0718675A (ja) Sc杭及びその施工方法
JP2001098552A (ja) 地下掘削工事における近接建物の不同沈下防止工法
KR20220165042A (ko) 불균등지반에서의 탑다운 공법