JPH05148899A - 複合構造建物の構築法 - Google Patents

複合構造建物の構築法

Info

Publication number
JPH05148899A
JPH05148899A JP3335484A JP33548491A JPH05148899A JP H05148899 A JPH05148899 A JP H05148899A JP 3335484 A JP3335484 A JP 3335484A JP 33548491 A JP33548491 A JP 33548491A JP H05148899 A JPH05148899 A JP H05148899A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
pillar
column
pca
joint block
reinforced concrete
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP3335484A
Other languages
English (en)
Inventor
Norie Yukimura
憲衛 幸村
Osamu Yoda
修 依田
Masataka Otsu
雅敬 大津
Shunzo Saito
駿三 斉藤
Keiji Katayama
圭二 片山
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Tokyu Construction Co Ltd
Original Assignee
Tokyu Construction Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Tokyu Construction Co Ltd filed Critical Tokyu Construction Co Ltd
Priority to JP3335484A priority Critical patent/JPH05148899A/ja
Publication of JPH05148899A publication Critical patent/JPH05148899A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
    • Y02E60/00Enabling technologies; Technologies with a potential or indirect contribution to GHG emissions mitigation
    • Y02E60/10Energy storage using batteries

Abstract

(57)【要約】 【目的】 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁との接合が簡単
で、応力伝達機構もスムーズにでき、2階分を同時に施
工して工期の短縮を図ることもでき、更に、高品質で安
全に施工することができる複合構造建物の構築法を提供
する。 【構成】 構築すべき鉄筋コンクリート柱の一部として
使用する埋殺し柱PCa部材1を柱の中心に建て込ん
で、その上部に仕口ブロック2を取り付け、該仕口ブロ
ック2のブラケット2aに鉄骨梁3を接合し、埋殺し柱
PCa部材1の周囲および鉄骨梁3上に敷き込んだ半P
Ca床板上に鉄骨コンクリートを一体的に打設する。4
は柱鉄筋である。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、特に鉄筋コンクリート
(RC)造の柱と鉄骨(S)造の梁を用いた複合構造建
物の構築法に関する。
【0002】
【従来の技術】近年、この種の複合構造の建物が開発さ
れているが、柱鉄筋と鉄骨梁とを不安定な組み付け状態
で施工していたり、また梁の鉄骨下のコンクリートを打
設できるように、柱中央部に貫通穴をあけたり、梁の一
部をカットしたりしていた。更に、鉄筋コンクリート造
の柱と鉄骨造の梁の応力伝達機構が不十分であった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】本発明は、上記従来の
問題点を解決するためになされたもので、その目的とす
るところは、鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁との接合が簡
単で、応力伝達機構もスムーズにでき、2階分を同時に
施工して工期の短縮を図ることもでき、更に、高品質で
安全に施工することができる複合構造建物の構築法を提
供することにある。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明の複合構造建物の
構築法は、構築すべき鉄筋コンクリート柱の一部として
使用する埋殺し柱PCa部材を柱の中心に建て込んで、
その上部に仕口ブロックを取り付け、該仕口ブロックの
ブラケットに鉄骨梁を接合し、上記埋殺し柱PCa部材
の周囲および鉄骨梁上に敷き込んだ半PCa床板上に鉄
骨コンクリートを一体的に打設することを特徴とする。
【0005】
【実施例】以下、本発明の実施例について図面を参照し
ながら説明する。図1において、1は埋殺し柱PCa部
材であって、柱の中心位置に建て込む。該埋殺し柱PC
a部材1は、図2に拡大して示すように、梁下までの高
さを有する鉄筋コンクリート(RC)造の角柱部材であ
って、その外周面には後打ち柱コンクリートとの一体化
を図るためにコッター1aが形成されている。柱上部の
中心には太径鉄筋1bが定着されていて、上方に延びて
いる。
【0006】また図2において、1cは後述する柱と梁
の仕口ブロックを上記太径鉄筋1bに固定するための固
定具、1dはベースプレート、1eはブレース用プレー
トである。尚、上記埋殺し柱PCa部材1は、上記角柱
に限らず、円柱あるいは多角柱等のいずれの断面形状で
あってもよく、また、その内部に配筋した鉄筋に代えて
筒状のメッシュ筋等で補強してもよい。
【0007】次に、図3に示すように、上記埋殺し柱P
Ca部材1上部の太径鉄筋1bに仕口ブロック2を取り
付ける。該仕口ブロック2は、図4および図5に拡大し
て示すように、基本的にはH型鋼を十字クロス状に加工
して構成し、四方にブラケット2aを張り出している。
尚、このブラケット2aは、柱と梁の接合態様に応じて
T字状、L字状等にしてもよい。仕口ブロック2の中心
部には、上記太径鉄筋1bを挿入するための取付穴2b
が形成されている。該取付穴1bはパイプ等により補強
する。2cはアンカーボルトであって、上階の埋殺し柱
PCa部材1のベースプレート1dを固定するようにな
っている。2dはせん断補強筋である。
【0008】上記仕口ブロック2の取り付けが完了した
ら、図6に示すように、その間に鉄骨梁3を吊り込ん
で、図7のようにH型鋼梁のウエブ部およびフランジ部
を各々添え板3aを介して、ボルト締め等で剛接合す
る。
【0009】続いて、図7あるいは図8に示すように、
上記埋殺し柱PCa部材1の周囲に柱鉄筋4を配筋す
る。配筋作業が完了すると、その周囲に柱型枠5を組み
付ける。また、上記鉄骨梁3上には半PCa床板6を敷
き込む。(図8参照)
【0010】柱型枠5の組み付け及び半PCa床板6の
敷き込みが完了したら、図9に示すように、コンクリー
トCを上記柱型枠5内および半PCa板床6上に一体的
に打設する。
【0011】コンクリートCの打設が済んだら、再び図
1に示すように、上階に埋殺し柱PCa部材1を建て込
んで、上階の各構築作業を繰り返す。
【0012】上記実施例は、1階ずつの積み上げ方式に
よる複合構造建物の構築法について説明したが、次に、
2階分を同時に施工する方法について説明する。
【0013】図10において、N階の埋殺し柱PCa部
材1および鉄骨梁3の建て込み等が完了し、また埋殺し
柱PCa部材1の周囲に柱鉄筋4を配筋した状態で、下
階(N−1階)の柱型枠5内およびN階の半PCa床板
6上にコンクリートCを一体的に打設する。
【0014】次に、図11に示すように、上階(N+
1)に半PCa床板6を敷き込んだり、図12に示すよ
うに、上記柱鉄筋4の周囲に柱型枠5をセットする。
【0015】上記作業と同時に、図12に示すように、
上階(N+1)に埋殺し柱PCa部材1を建て込むと共
に、図13に示すように、該埋殺し柱PCa部材1上に
鉄骨梁3を建て込む。尚、本実施例では、仕口ブロック
2と鉄骨梁3とを予め地上で組み付けてから、吊り込ん
で建て込むようにしているが、上記第1の実施例のよう
に、まず、仕口ブロック2を埋殺し柱PCa部材1に組
み付けた後に、鉄骨梁3を吊り込んで組み付けるように
してもよい。
【0016】上記鉄骨梁3の組み付けが完了すると、図
14に示すように、N+1階の柱鉄筋4の組立を行な
い、N階の柱型枠5内およびN+1階の半PCa床板6
上にコンクリートCを一体的に打設して、上記作業を繰
り返す。
【0017】
【発明の効果】
1)埋殺し柱PCa部材により鉄骨梁を支持せしめるよ
うにしたので、柱の配筋工事や型枠工事と同時に或いは
先行させて上階の工事を進め、施工能率を向上せしめて
工期の短縮を図ることができるだけでなく、柱と梁との
接合が簡単となり、応力伝達機構もスムーズにできる。 2)品質の向上と作業の安全を図ることができる。 3)1階ずつ積み上げる積層工法か、2階分を同時に施
工する工法の、いずれも採用することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の構築法の施工説明図である。
【図2】埋殺し柱PCa部材の構造説明図である。
【図3】施工説明図である。
【図4】仕口ブロックの側面図である。
【図5】仕口ブロックの平面図である。
【図6】施工説明図である。
【図7】施工説明図である。
【図8】施工説明図である。
【図9】施工説明図である。
【図10】第2の実施例の施工説明図である。
【図11】施工説明図である。
【図12】施工説明図である。
【図13】施工説明図である。
【図14】施工説明図である。
【符号の説明】
1 埋殺し柱PCa部材 1a コッター 1b 太径鉄筋 1c 固定具 1d ベースプレート 1e ブレース用プレート 2 仕口ブロック 2a ブラケット 2b 取付穴 2c アンカーボルト 2d せん断補強筋 3 鉄骨梁 4 柱鉄筋 5 柱型枠 6 半PCa床板 C コンクリート

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 構築すべき鉄筋コンクリート柱の一部と
    して使用する埋殺し柱PCa部材を柱の中心に建て込ん
    で、その上部に仕口ブロックを取り付け、該仕口ブロッ
    クのブラケットに鉄骨梁を接合し、上記埋殺し柱PCa
    部材の周囲および鉄骨梁上に敷き込んだ半PCa床板上
    に鉄骨コンクリートを一体的に打設することを特徴とす
    る複合構造建物の構築法。
JP3335484A 1991-11-26 1991-11-26 複合構造建物の構築法 Pending JPH05148899A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3335484A JPH05148899A (ja) 1991-11-26 1991-11-26 複合構造建物の構築法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3335484A JPH05148899A (ja) 1991-11-26 1991-11-26 複合構造建物の構築法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH05148899A true JPH05148899A (ja) 1993-06-15

Family

ID=18289092

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP3335484A Pending JPH05148899A (ja) 1991-11-26 1991-11-26 複合構造建物の構築法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH05148899A (ja)

Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS58199957A (ja) * 1982-05-13 1983-11-21 株式会社長谷工コーポレーション 複合鉄筋コンクリート構造建物の施工法
JPS6311499B2 (ja) * 1983-11-18 1988-03-14 Hasegawa Komuten Kk
JPH02136444A (ja) * 1988-11-15 1990-05-25 Fujita Corp プレキヤスト鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁とによる複合構造の構築方法
JPH02252830A (ja) * 1989-03-28 1990-10-11 Taisei Corp 先組十字型梁工法
JPH03161657A (ja) * 1989-11-18 1991-07-11 Tokyu Constr Co Ltd スラブ半PCa板架設用仮設支柱
JPH03187436A (ja) * 1989-12-14 1991-08-15 Tokyu Constr Co Ltd 鉄筋コンクリート造建物の構築用柱支持部材

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS58199957A (ja) * 1982-05-13 1983-11-21 株式会社長谷工コーポレーション 複合鉄筋コンクリート構造建物の施工法
JPS6311499B2 (ja) * 1983-11-18 1988-03-14 Hasegawa Komuten Kk
JPH02136444A (ja) * 1988-11-15 1990-05-25 Fujita Corp プレキヤスト鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁とによる複合構造の構築方法
JPH02252830A (ja) * 1989-03-28 1990-10-11 Taisei Corp 先組十字型梁工法
JPH03161657A (ja) * 1989-11-18 1991-07-11 Tokyu Constr Co Ltd スラブ半PCa板架設用仮設支柱
JPH03187436A (ja) * 1989-12-14 1991-08-15 Tokyu Constr Co Ltd 鉄筋コンクリート造建物の構築用柱支持部材

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH102018A (ja) 建物ユニットとユニット建物とその構築方法
JPH09209451A (ja) 上下柱と梁の接合構造および接合方法
JPH05148899A (ja) 複合構造建物の構築法
JP2759361B2 (ja) 鉄筋コンクリート造建物の構築用柱支持部材
JPH05148900A (ja) 建物の複合構造
JP2004052389A (ja) パネルゾーンの施工方法及びプレキャスト梁
JPH06193133A (ja) 鉄筋コンクリート造を主体とした建物の混合構造
JP2001254495A (ja) 建物用内部階段およびその建造方法
JP3350108B2 (ja) 階段の構築方法
JP2759360B2 (ja) 鉄筋コンクリート造建物の構築工法
JPH06306931A (ja) 鉄骨鉄筋コンクリート造躯体の構築方法
JP3401311B2 (ja) 単位パネルによる建物の建築工法
JPH04140366A (ja) Rc造におけるプレハブ鉄筋と半pc大梁の先行建方工法
JP2558889Y2 (ja) ガレージ
JP2907047B2 (ja) 複合架構の構築方法
JP2904043B2 (ja) 複合架構の構築方法
JP2554535B2 (ja) 鉄骨梁・鉄筋コンクリート柱複合構法
JPH05112983A (ja) 鉄筋コンクリート建物の構築法
JP3138982B2 (ja) 混合構造の建築物およびその構築法
JPH032435A (ja) 柱と鉄骨鉄筋コンクリート梁との接合工法
JP2544914Y2 (ja) プレキャストコンクリート製柱梁間接合構造
JPS6141857Y2 (ja)
JPH1181694A (ja) 構造物の耐震補強工法
JPH0558112B2 (ja)
JPH08100463A (ja) コンクリート構造物の施工法