JPH0442503B2 - - Google Patents

Info

Publication number
JPH0442503B2
JPH0442503B2 JP31779388A JP31779388A JPH0442503B2 JP H0442503 B2 JPH0442503 B2 JP H0442503B2 JP 31779388 A JP31779388 A JP 31779388A JP 31779388 A JP31779388 A JP 31779388A JP H0442503 B2 JPH0442503 B2 JP H0442503B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
foundation pile
drilling
hole
foundation
excavation hole
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired
Application number
JP31779388A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH02164913A (ja
Inventor
Akio Shiseki
Hiroyuki Kawasaki
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Toda Corp
Tone KK
Original Assignee
Toda Corp
Tone KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toda Corp, Tone KK filed Critical Toda Corp
Priority to JP31779388A priority Critical patent/JPH02164913A/ja
Publication of JPH02164913A publication Critical patent/JPH02164913A/ja
Publication of JPH0442503B2 publication Critical patent/JPH0442503B2/ja
Granted legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】 〔産業上の利用分野〕 本発明は横壁付き基礎杭施工法に係り、特に地
震時に発生する地盤の液状化現象を防止すると共
に、基礎杭と連続地中壁を同時に施工する横壁付
き基礎杭施工法に関する。
〔従来の技術〕
最近、ウオータフロント域を中心とした埋め立
て地での建設工事が盛んになつているが、このよ
うな埋め立て地はその性質上、緩い滞水性砂質地
盤が大部分を占め、地震時に液状化現象の発生が
予想されている。液状化現象が発生すると、建設
された構造物は杭の水平抵抗が損なわれ、大きな
被害を招く危険がある。従来、このような地域に
構造物を建設する場合、予め振動機で砂層を締め
固めたり、サンドコンパクシヨンパイル工法等に
よる地盤の改良工事を行つてから基礎杭工事を行
つている。
また、液状化現象は格子状に形成された地中連
続壁などの遮水壁により液状化対象地盤をある一
定の区画で締め切ることにより防止可能であるこ
とが一般に知られている。そこで、例えば矩形状
の溝孔を連続的に掘削し、コンクリートにより格
子状の連続壁を形成した後、基礎杭工事を行つて
いた。或いは基礎杭を施工してから、連続壁用の
溝孔を掘削し格子状の連続壁を形成していた。従
来、この種の対策工事は基礎杭の施工工事とは別
個に行われている。
〔発明が解決しようとする問題点〕
しかしながら、前記のように液状化現象の事前
対策工事と基礎杭の施工工事とが別個に行われて
いるため、全体として基礎工事に要する期間が長
期にわたるという問題がある。また、別個に工事
を行わねばならないため、工費がかさむという欠
点がある。
本発明はこのような事情に鑑みてなされたもの
で、遮水壁による液状化現象の防止工事と、構造
物の基礎杭の施工工事を同時に行うことで、工期
を短縮すると共に工費を削減することのできる横
壁付き基礎杭施工法を提供することを目的とす
る。
〔問題点を解決するための手段〕
本発明は前記目的を達成するために、外周の薄
壁状の連続地中壁用掘削孔を掘削するための切削
刃を有し水平な回転軸に取り付けられた左右一対
のデイスクカツタと、前記薄壁状の連続地中壁用
掘削孔と連続する基礎杭用掘削孔を掘削するため
のセンタビツトとを備えた掘削装置を使用して、 前記基礎杭用掘削孔と該基礎杭用掘削孔から両
側に延出する薄壁状の地中壁用掘削孔とを同時に
掘削することを繰り返し複数の掘削孔を形成し、
前記基礎杭用掘削孔相互間を連続地中壁用掘削孔
によつて連結することを特徴としている。
そして、前記基礎杭用掘削孔に鉄筋篭を、前記
連続地中壁用掘削孔に壁式鉄筋コンクリート壁材
を挿入し、前記基礎杭用掘削孔と前記連続地中壁
用掘削孔にコンクリートを打設して基礎杭相互間
を連結する。或いは、前記基礎杭用掘削孔と前記
連続地中壁用掘削孔に、基礎杭用鉄筋と連続地中
壁用鉄筋とを一体として組み込み、前記基礎杭用
掘削孔と前記連続地中壁用掘削孔に同時にコンク
リートを打設する。
〔作用〕
本発明によれば、地震時に液状化現象が予想さ
れる軟弱地盤の基礎工事で基礎杭用掘削孔と、基
礎杭用掘削孔より両側に延出する薄壁状の連続地
中壁用掘削孔とを同時に掘削する。このため、基
礎杭用掘削孔と連続地中壁用掘削孔とを別個に掘
削する必要がないので、掘削に要する工期及び工
費を節減することができる。そして、基礎杭用掘
削孔に鉄筋篭を、また連続地中壁用掘削孔に壁式
鉄筋コンクリート壁材を挿入した後コンクリート
を打設する。或いは、基礎杭用鉄筋と連続地中壁
用鉄筋とを一体として掘削孔に組み込み、基礎杭
用掘削孔と連続地中壁用掘削孔にコンクリートを
打設する。従つて、基礎杭と連続地中壁を同時に
構築することができる。
これにより、基礎杭間が連続地中壁で格子状に
連結され、地震時の地盤の液状化現象を防止する
と共に、地盤の改良工事及び基礎杭工事を同時に
行うことができ、工費の節減、掘削に要する工期
の短縮が可能となる。また、地震時に基礎杭に加
わる水平力は連続地中壁によつて、各基礎杭に略
同一に分散され耐震性が向上する。
〔実施例〕
以下、添付図面に従つて本発明に係る横壁付き
基礎杭施工法の好ましい実施例を詳説する。
第1図は本発明に係る横壁付き基礎杭施工法を
行う場合の説明図である。地表にはクローラクレ
ーン100が配設され、クローラクレーン100
にはワイヤロープ102によつて掘削孔103内
に掘削装置104が吊り下げられている。掘削装
置104にはモータ20に電力を供給するケーブ
ル110の一端が取り付けられ、ガイドローラ1
08を介して他端はケーブルリール106に取り
付けられ、ケーブルの繰り出し、巻き取りを行つ
ている。更に、サクシヨンポンプ112、マツド
スクリーン114、泥水タンク116、サンドポ
ンプ118、コンテナ120が地上に配置されて
いる。掘削装置104とサクシヨンポンプ112
及びマツドスクリーン114とは、パイプ又はホ
ース等の輸送管122で連結されている。また、
サンドポンプ118には、一端が掘削孔に開口し
ている供給ホース126の他端が取り付けられて
いる。これにより掘削された土砂は、サクシヨン
ポンプ112によつて掘削孔103内の泥水と共
に吸い上げられ、輸送管122を経て地上に送ら
れる。この泥水と土砂は、マツドスクリーン11
4を通過することにより、泥水と土砂に分離され
る。分離された土砂はコンテナ120に乗せら
れ、分離された泥水はタンク116を経てサンド
ポンプ118により、供給ホース126から掘削
孔103に供給される。
第2図aは本発明に使用される掘削装置104
の要部を示す正面図、第2図bは掘削装置104
による掘削孔を示す平面図である。第2図aに示
される掘削装置104は主に一対のデイスクカツ
タ10及び12、左右のケーシング14,16
と、センタケーシング18、回転駆動源20、リ
バース管22、センタビツト24より構成されて
いる。
デイスクカツタ10はその外周に複数の切削刃
28が配設されると共に、ケーシング14Aとそ
の後方のケーシング14B(図示せず)によつて
両側より挟持される形で軸支されている。同様に
デイスクカツタ12も外周に複数の切削刃28が
配設され、ケーシング16A及びその後方の16
B(図示せず)により軸支される。デイスクカツ
タ10及び12は第2図の矢印A及びBに示され
るように、互いに逆方向に回転し回転トルクを相
殺する。
また、ケーシング14A,14B,16A,1
6Bの掘進方向の先端にはそれぞれサイドビツト
30,30…が配設されている。サイドビツト3
0の最外径はケーシング14A,14B,16
A,16Bの外周よりも大きくなつている。ケー
シング14A,14B,16A,16Bにそれぞ
れ配設されたサイドビツト30,30…は、第2
図の矢印C及びDのように、それぞれ逆方向に回
転し各々回転トルクを相殺する。
センタケーシング18とケーシング14A,1
4B,16A,16Bとは連結フレーム32によ
つて連結固定され、連結フレーム32の中央部に
はリバース管22が取り付けられ掘削時に発生す
るスライムを排出する。更に、連結フレーム32
はワイヤロープ102を介してクレーン100に
吊り下げられている。そして、センタビツト24
には内側センタビツト24A及び外側センタビツ
ト24Bが配設され、掘削時は前記と同様、第2
図の矢印E及びFのように逆方向に回転し回転ト
ルクを相殺している。
また、ケーシング14,16の上端には電動機
或いは油圧モータ等の回転駆動源20が配設さ
れ、図示しない動力伝達機構を介してデイスクカ
ツタ10,12、内側センタビツト24A、外側
センタビツト24B、サイドビツト30,30…
を回転駆動し、第2図bに示される形の掘削孔1
03を掘削する。
前記の掘削装置104を使用して、本発明に係
る横壁付き基礎杭施工法を行う場合の第1実施例
は以下の通りである。第3図は掘削装置104で
掘削する場合の掘削孔側面の略断面図、第4図は
掘削孔103の平面図である。先ず、回転駆動源
20により、デイスクカツタ10,12、内側セ
ンタビツト24A、外側センタビツト24B、サ
イドビツト30,30…を回転駆動しながら、掘
削装置104を自重で掘削方向へ押圧しながら掘
削し、第4図の掘削孔103を形成する。これに
より、基礎杭用掘削孔103Aと、基礎杭用掘削
孔103Aの両側に薄壁状の連続地中壁用掘削孔
103Bとが同時に掘削される。以下、この掘削
孔103を連続的に掘削する。
また、掘削孔を交差させる場合は、基礎杭用掘
削孔103Aを中心にして第5図aの破線に示す
ように掘削装置104を回転させ掘削孔103に
対して垂直とした後、再び掘削を行い第5図bの
示される新たな掘削孔103を形成する。更に、
掘削を行い、第6図に示されるように格子状に掘
削孔103,103…を掘削する。次に、掘削さ
れた基礎杭用掘削孔103Aに場所打ち鉄筋篭3
1を挿入し、基礎杭用掘削孔103の相互間にお
ける連続地中壁用掘削孔103Bに壁式鉄筋コン
クリート壁材34を挿入し、コンクリートを打設
して連続地中壁を形成し基礎杭間を連結する(第
7図)。従つて、液状化現象を防止する地盤の締
め切り工事と基礎杭の施工工事を1度で行えるの
で、工期及び工費が節減される。また、地震によ
る水平力は基礎杭同士を連結することによつて各
基礎杭に略同一に分散され、耐震性の高い構造物
の建設が可能である。
次に、本発明に係る横壁付き基礎杭施工法の第
2実施例を説明する。掘削孔103を掘削装置1
04を使用して掘削するのは前記と同様であるた
め、説明を省略する。
第8図は掘削孔103,103…に組み込まれ
る鉄筋篭36の平面図である。鉄筋篭36は基礎
杭の一部となる基礎杭用鉄筋36Aと連続地中壁
用鉄筋36Bとが一体に形成されている。鉄筋篭
36を掘削孔103へ組み込んだ後、基礎杭用掘
削孔103Aと連続地中壁用掘削孔103Bとに
同時にコンクリートを打設し、基礎杭と連続地中
壁とを同時に構築する。このように、基礎杭の施
工工事と、液状化現象の対策工事である連続地中
壁の施工工事を別個に行う必要がなく、工期を短
縮することができる利点がある。また、1度の工
事ですむので工費が削減されると共に、基礎杭と
連続地中壁は一体化されているため耐震強度の向
上に寄与する。
尚、第9図は本発明に係る連続地中壁の施工方
法によつて建設した構造物38の基礎構造の断面
図である。第9図に示すように連続地中壁40
は、地盤の液状化層42の下部不透水層に到達す
るように構築してもよい。
〔発明の効果〕
以上説明したように本発明に係る横壁付き基礎
杭施工によれば、基礎杭用掘削孔と連続地中壁用
掘削孔とを同時に掘削可能な掘削装置を使用する
と共に基礎杭と連続地中壁を同時に構築すること
により、掘削に要する工期の短縮及び工費の節減
に寄与する。また、基礎杭相互間を連続地中壁に
よつて連結しているので、地震時に基礎杭に作用
する水平力は各基礎杭に略同一に配分され、信頼
性、耐震性の高い基礎工事を行うことが可能であ
る。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明に係る横壁付き基礎杭施工法を
行う場合の説明図、第2図aは本発明に係る横壁
付き基礎杭施工法に使用する掘削装置の要部を示
す正面図、第2図bは第2図aの掘削装置による
掘削孔を示す平面図、第3図は掘削孔側面の略断
面図、第4図は掘削孔の平面図、第5図a及び第
5図bは掘削を行う場合の説明図、第6図は本発
明に係る横壁付き基礎杭施工法の説明図、第7図
は基礎杭と連続地中壁の連結図、第8図は本発明
に係る横壁付き基礎杭施工法に使用される鉄筋篭
の平面図、第9図は本発明に係る横壁付き基礎杭
施工法により建設した構造物の基礎構造の断面図
である。 10,12……デイスクカツタ、24……セン
タビツト、31……場所打ち鉄筋篭、34……壁
式鉄筋コンクリート壁材、36……鉄筋篭、36
A……基礎杭用鉄筋、36B……連続地中壁用鉄
筋、40……連続地中壁、103……掘削孔、1
03A……基礎杭用掘削孔、103B……連続地
中壁用掘削孔、104……掘削装置。

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 1 外周の薄壁状の連続地中壁用掘削孔を掘削す
    るための切削刃を有し水平な回転軸に取り付けら
    れた左右一対のデイスクカツタと、前記薄壁状の
    連続地中壁用掘削孔と連続する基礎杭用掘削孔を
    掘削するためのセンタビツトとを備えた掘削装置
    を使用して、 前記基礎杭用掘削孔と該基礎杭用掘削孔から両
    側に延出する薄壁状の地中壁用掘削孔とを同時に
    掘削することを繰り返し複数の掘削孔を形成し、
    前記基礎杭用掘削孔相互間を連続地中壁用掘削孔
    によつて連結することを特徴とする横壁付き基礎
    杭施工法。 2 前記基礎杭用掘削孔に鉄筋篭を挿入すると共
    に、前記基礎杭用掘削孔間の前記連続地中壁用掘
    削孔に壁式鉄筋コンクリート壁材を挿入し、前記
    基礎杭用掘削孔にコンクリートを打設することを
    特徴とする請求項1記載の横壁付き基礎杭施工
    法。 3 前記基礎杭用掘削孔と前記連続地中壁用掘削
    孔に、基礎杭用鉄筋と連続地中壁用鉄筋とを一体
    として組み込み、前記基礎杭用掘削孔と前記連続
    地中壁用掘削孔にコンクリートを打設することを
    特徴とする請求項1記載の横壁付き基礎杭施工
    法。
JP31779388A 1988-12-16 1988-12-16 横壁付き基礎杭施工法 Granted JPH02164913A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP31779388A JPH02164913A (ja) 1988-12-16 1988-12-16 横壁付き基礎杭施工法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP31779388A JPH02164913A (ja) 1988-12-16 1988-12-16 横壁付き基礎杭施工法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH02164913A JPH02164913A (ja) 1990-06-25
JPH0442503B2 true JPH0442503B2 (ja) 1992-07-13

Family

ID=18092105

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP31779388A Granted JPH02164913A (ja) 1988-12-16 1988-12-16 横壁付き基礎杭施工法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH02164913A (ja)

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4935717B2 (ja) * 2008-03-06 2012-05-23 株式会社大林組 地下コンクリート構造
JP4877251B2 (ja) * 2008-03-06 2012-02-15 株式会社大林組 地下コンクリート構造、地下コンクリート構造の構築方法
JP4877252B2 (ja) * 2008-03-06 2012-02-15 株式会社大林組 壁杭構造、壁杭構造の構築方法
CN103981859B (zh) * 2014-06-05 2017-02-01 北京住总集团有限责任公司 重负荷下地下连续墙导墙与地面的节点构造的施工方法
CN108286261A (zh) * 2018-01-25 2018-07-17 江苏省建筑工程集团有限公司 桩基施工方法

Also Published As

Publication number Publication date
JPH02164913A (ja) 1990-06-25

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH0442503B2 (ja)
JP3452084B2 (ja) 掘削装置
JP3426556B2 (ja) 地盤改良装置及び地盤改良工法
JPH08209686A (ja) 場所打杭の杭頭処理具及び杭頭処理工法
JP2001288746A (ja) 既存杭破砕撤去方法及びその装置
JPH09217575A (ja) 掘削工法及び掘削装置
JP3052195B2 (ja) 大口径竪孔の削孔方法および装置
JPS5827366B2 (ja) 頭部補強杭造成用装置
JPH0657762A (ja) 深礎の築造方法
JPS60119816A (ja) 連続杭造成方法
JP3896003B2 (ja) 立坑の連結方法および連結構造
GB2270329A (en) Forming a hole in the ground
JP2586919B2 (ja) 連続掘削孔の施工方法および地中掘削用装置
JPH083460Y2 (ja) 土留壁
JP2693028B2 (ja) 管路中間部人孔の施工法
JP2812041B2 (ja) 地中連続壁の構築工法及びその工法に使用される掘削機
JPH10102966A (ja) 場所打コンクリート杭孔の掘削装置
JP2823953B2 (ja) 現場打ち杭の芯材
JP2950415B1 (ja) 縦溝掘削機
JP4024400B2 (ja) 限定領域に於ける立坑構築方法
JPS6332929B2 (ja)
JPH03180614A (ja) 地下構造物用土留壁の構築工法
JPH0826547B2 (ja) 溝孔掘削機
JPH11141261A (ja) アースドリル装置と底盤の掘削工法
JPH0324928B2 (ja)