JP6826260B1 - 粒子状薬物包装用の袋封止装置 - Google Patents

粒子状薬物包装用の袋封止装置 Download PDF

Info

Publication number
JP6826260B1
JP6826260B1 JP2020039668A JP2020039668A JP6826260B1 JP 6826260 B1 JP6826260 B1 JP 6826260B1 JP 2020039668 A JP2020039668 A JP 2020039668A JP 2020039668 A JP2020039668 A JP 2020039668A JP 6826260 B1 JP6826260 B1 JP 6826260B1
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
groove
block
space
fixedly installed
bag
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2020039668A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2021070528A (ja
Inventor
羅曄
Original Assignee
温州市倣浩電子科技有限公司
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 温州市倣浩電子科技有限公司 filed Critical 温州市倣浩電子科技有限公司
Application granted granted Critical
Publication of JP6826260B1 publication Critical patent/JP6826260B1/ja
Publication of JP2021070528A publication Critical patent/JP2021070528A/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65BMACHINES, APPARATUS OR DEVICES FOR, OR METHODS OF, PACKAGING ARTICLES OR MATERIALS; UNPACKING
    • B65B1/00Packaging fluent solid material, e.g. powders, granular or loose fibrous material, loose masses of small articles, in individual containers or receptacles, e.g. bags, sacks, boxes, cartons, cans, or jars
    • B65B1/30Devices or methods for controlling or determining the quantity or quality or the material fed or filled
    • B65B1/32Devices or methods for controlling or determining the quantity or quality or the material fed or filled by weighing
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65BMACHINES, APPARATUS OR DEVICES FOR, OR METHODS OF, PACKAGING ARTICLES OR MATERIALS; UNPACKING
    • B65B51/00Devices for, or methods of, sealing or securing package folds or closures; Devices for gathering or twisting wrappers, or necks of bags
    • B65B51/10Applying or generating heat or pressure or combinations thereof
    • B65B51/14Applying or generating heat or pressure or combinations thereof by reciprocating or oscillating members
    • B65B51/146Closing bags
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65BMACHINES, APPARATUS OR DEVICES FOR, OR METHODS OF, PACKAGING ARTICLES OR MATERIALS; UNPACKING
    • B65B51/00Devices for, or methods of, sealing or securing package folds or closures; Devices for gathering or twisting wrappers, or necks of bags
    • B65B51/10Applying or generating heat or pressure or combinations thereof
    • B65B51/26Devices specially adapted for producing transverse or longitudinal seams in webs or tubes

Landscapes

  • Engineering & Computer Science (AREA)
  • Mechanical Engineering (AREA)
  • Quality & Reliability (AREA)
  • Basic Packing Technique (AREA)
  • Containers And Plastic Fillers For Packaging (AREA)
  • Package Closures (AREA)

Abstract

【課題】本発明は粒子状薬物包装用の袋封止装置を開示した。【解決手段】ベースを含み、前記ベースの中には輸送装置が設置され、前記輸送装置は回転可能な輸送ベルトを含み、前記ベースの上端面には封止ブロックが固定的に設置され、前記封止ブロックの上端面には粒子状薬物送り込みホッパーが固定的に設置され、本願発明は定重量装置によって重量を固定して粒子状の薬物を包装でき、また包装袋の成型と封止が同期に行われ、装置全体の体積を縮小し、空間を省き、装置が作動する時にエネルギー消耗は低く且つ薬物包装の効率は高く、その他、サイド封止作業の行いと牽引装置の作動を同期にすることによって横方向封止作業と切断作業は同期に行われ、包装袋成型の時間を節約し、また、薬物包装時に自動且つ定重量で包装でき、包装精度が高い。【選択図】図1

Description

本願発明は薬物包装分野に関わり、具体的には粒子状薬物包装用の袋封止装置である。
従来、薬物を包装するのは粒子状の薬物を成型した包装袋に詰め、その後、包装袋にヒートシール処理を行って袋の開口を封止するのであり、包装袋の成型装置と薬物詰め装置と開口封止装置とが独立していることで装置のエネルギー消耗を増やし、また装置の間の工程協力で薬物包装の効率を下げ、その他、一定の重量で薬物を包装する時、重量を制御することは重量測り検知器によって行うのであり、装置のコストが高く、適用可能な範囲が狭い。本願発明は上記の問題を解決できる装置を開示する。
中国特許出願公開第107364592号明細書
技術上の問題:
従来、粒子状の薬物包装用の装置の各工程が独立であるため、装置が作動する時にエネルギー消耗が大きく、効率が低い。
上記の問題を解決するために、本願発明は粒子状薬物包装用の袋封止装置を設計した。本願発明の粒子状薬物包装用の袋封止装置は、ベースを含み、前記ベースの中には輸送装置が設置され、前記輸送装置は回転可能な輸送ベルトを含み、前記ベースの上端面には封止ブロックが固定的に設置され、前記封止ブロックの上端面には粒子状薬物送り込みホッパーが固定的に設置され、前記粒子状薬物送り込みホッパーの中には粒子状薬物が貯蔵され、前記粒子状薬物送り込みホッパーの下端には流動溝が連通するように形成され、前記流動溝の上側には塞ぎ装置が設置され、前記塞ぎ装置は止めブロックを含み、前記流動溝の下側には重量測り空間が連通するように設置され、前記重量測り空間の中には定重量装置が設置され、前記定重量装置は回転板と昇降ブロックを含み、前記回転板が前記昇降ブロックに回転可能に取り付けられ、前記昇降ブロックの下側には電磁ブロックが磁力によって吸引可能に取り付けられ、前記回転板に落ちた前記粒子状薬物が一定の重量に達した時、重力によって前記昇降ブロックを下降させ且つ前記昇降ブロックを前記電磁ブロックと磁力で吸引させ、この過程において、前記昇降ブロックは前記塞ぎ装置を触発して作動させることができ、そして前記止めブロックが前記流動溝の中に下降して前記粒子状薬物の入りを止め、前記電磁ブロックの下側には復帰装置が設置され、前記復帰装置が作動して前記昇降ブロックを前記電磁ブロックから離脱させて復帰させ、前記重量測り空間の下側には袋封止空間が通流管によって連通するように設置され、前記袋封止空間の中には封止装置が設置され、前記封止装置はシート式の包装袋を成型させて前記粒子状薬物を袋詰して封袋する。
有益なように、前記重量測り空間の右側には貯蔵空間が設置され、前記貯蔵空間の下側が前記袋封止空間と連通し、前記貯蔵空間の中には回転輪が回転可能に取り付けられ、前記包装袋が前記回転輪に巻きつけられ、前記包装袋が下方に引き動かされて前記通流管と前記封止装置の作用によって成型し、粒子状薬物を包装するために使用される。
有益なように、前記輸送装置は輸送溝を含み、前記輸送溝の中には左右対称の輸送軸が回転可能に取り付けられ、前記輸送軸には輸送輪が固定的に設置され、前記輸送輪が前記輸送ベルトによって伝動可能に連結され、前記輸送溝の上側には輸送空間が連通するように設置され、前記輸送ベルトの上端が前記輸送空間の中に位置すると包装された薬物を右方に輸送できる。
前記塞ぎ装置は回転溝を含み、前記回転溝の中には回転ロッドが回転可能に設置され、前記回転ロッドの右端と前記止めブロックとがヒンジで連結され、前記回転ロッドの下端面と前記回転溝との間には捻りバネが固定的に設置され、前記回転溝の左端壁の中にはプッシュ溝が連通するように形成され、前記プッシュ溝の中にはプッシュロッドがスライド可能に設置され、前記プッシュロッドの下端は斜面構造であり、前記プッシュ溝の下側には押し溝が連通するように形成され、前記押し溝の中には押しブロックがスライド可能に設置され、前記押しブロックの右端は斜面構造であり、前記押しブロックの中には上方に開口した当接溝が形成され、前記当接溝が前記プッシュ溝の下端と当接し、前記押しブロックの左端には押しバネが固定的に設置されており、前記輸送装置が作動する時、前記止めブロックの昇降を制御でき、そして前記流動溝の中の前記粒子状薬物の通流を制御する。
有益なように、前記定重量装置は昇降空間を含み、前記昇降ブロックが前記昇降空間の中にスライド可能に設置され、前記昇降ブロックの下端面は斜面で前記押しブロックと当接でき、前記回転板が回転軸によって前記昇降ブロックに回転可能に取り付けられ、前記回転板が前記重量測り空間の中に位置し、前記昇降ブロックの中にはセルフロック空間が設置され、前記回転軸の後端が前記セルフロック空間の中に伸びており、且つ前記回転軸の後端にはウォームホイールが固定的に設置され、前記ウォームホイールの下側にはウォームが噛み合うように連結され、前記ウォームの中心にはウォーム軸が固定的に設置され、前記ウォーム軸の左端には噛み合い歯車が固定的に設置され、前記昇降空間の後端壁には歯付きブロックが固定的に設置され、前記歯付きブロックの前端面には歯が付いて前記噛み合い歯車と噛み合え、前記電磁ブロックが前記昇降空間の下端壁に固定的に設置され、前記電磁ブロックの中には連通溝が形成され、前記連通溝の中には上端が前記昇降ブロックと固定的に連結された伸縮バネが設置されており、前記回転板に置かれた前記粒子状薬物が一定の重量に達した時、前記昇降ブロックは前記電磁ブロックと前記昇降ブロックとが磁気吸引力で連結されるまで下降し、磁気吸引過程に、前記噛み合い歯車が前記歯付きブロックと噛み合い、前記回転板が時計回り方向に回転して前記回転板にある前記粒子状薬物を落とす。
有益なように、前記昇降ブロックと前記電磁ブロックとが磁力によって吸引することで移動した距離は前記歯付きブロックの高さであり、前記昇降ブロックが前記粒子状薬物の重力によって前記歯付きブロックの上端に下降した時、前記噛み合い歯車が前記歯付きブロックと噛み合い、磁気吸引力によって前記昇降ブロックが引き続き下降する過程に前記回転板が回転する。
有益なように、前記復帰装置は復帰回転溝を含み、前記復帰回転溝が前記袋封止空間の左側に位置し、前記復帰回転溝の中には扇状歯車が復帰回転軸によって回転可能に取り付けられ、前記復帰回転溝の右側には復帰スライド溝が連通するように形成され、前記復帰スライド溝には復帰ブロックがスライド可能に設置され、前記復帰ブロックの左端面には歯が付いた構造で前記扇状歯車と噛み合い、前記復帰ブロックの上端が前記連通溝の中に伸びており、前記復帰ブロックの下端と前記復帰スライド溝との間には復帰バネが固定的に設置され、前記袋封止空間の右側には伝動空間が設置され、前記伝動空間の後端壁の中には伝動軸が回転可能に設置され、前記伝動軸と前記復帰回転軸とが伝動ベルトによって伝動可能に連結され、前記伝動軸の前端には第一傘歯車が固定的に設置され、前記第一傘歯車の下側には第二傘歯車が噛み合うように連結され、前記第二傘歯車の中心には歯車回転軸が固定的に設置され、前記歯車回転軸の下端には内ラチェットが固定的に設置され、前記内ラチェットの外周には外回転輪が一方向で噛み合うように連結され、前記扇状歯車が反時計回り方向に回転して前記復帰ブロックを駆動して前記連通溝の中に上昇させ、そして前記昇降ブロックが前記電磁ブロックから離脱し、さらに前記昇降ブロックが前記回転板を駆動して復帰させる。
有益なように、前記封止装置は前後対称の牽引輪を含み、前記包装袋の右端を左方に折りたたむことで前記包装袋の左右端が重ねられて前記牽引輪に位置し、前記牽引輪の中心には牽引回転軸が固定的に設置され、前記牽引回転軸の左端と前記袋封止空間の左側に設置された伝動装置とが伝動可能に連結され、前記袋封止空間の前後端壁の中には横方向封止スライド溝が連通するように形成され、前記横方向封止スライド溝が前記牽引輪の下側に位置し、前記横方向封止スライド溝の中にはヒートシールスライダがスライド可能に設置され、前記ヒートシールスライダにおいて対称中心に近接する一端面には押圧溝が上下対称に形成され、前記押圧溝の中にはヒートシールブロックがスライド可能に設置され、前記ヒートシールブロックにおいて前記包装袋から離れた一端には押圧バネが固定的に設置され、前記押圧溝の中間には伸縮溝が形成され、前記伸縮溝の中にはスライダがスライド可能に設置され、前記スライダにおいて対称中心に近接する一端には切断ブレードが取り付けられ、前記スライダのもう一端と前記伸縮バネとの間には圧力バネが固定的に設置され、前記スライダの上端には回しロッドがヒンジで連結され、前記横方向封止スライド溝の上端壁の中には凹溝が連通するように形成され、前記回しロッドの上端が前記凹溝の中に伸びており、前記ヒートシールスライダの右端にはラックが固定的に設置され、前記横方向封止スライド溝の間には移動空間が連通するように設置され、前記ラックの互いに近接する端が前記移動空間の中に伸びて回転歯車によって噛み合い、前記回転歯車の中心には上端が前記外回転輪と固定的に連結された動力軸が固定的に設置され、前記動力軸の下端が前記移動空間の下端壁に取り付けられた動力モーターに伝動可能に連結され、前記牽引輪が回転して前記包装袋にサイド封止処理を行い、前記ヒートシールブロックが対向的に移動して前記包装袋と当接した時、前記包装袋に横方向封止処理を行え、前記切断ブレードは前記包装袋を切断できる。
有益なように、前記牽引輪の外周と前記ヒートシールブロックにおいて対称中心に近接する端面には熱伝導ブロックがあり、前記熱伝導ブロックが外部電源と通電できるように連結され、前記熱伝導ブロックが通電発熱し、前記牽引輪が回転して前記包装袋にサイド封止処理を行い且つ前記包装袋を引き動かして下降させ、前記ヒートシールブロックが前記包装袋と当接して前記熱伝導ブロックによって前記包装袋に横方向封止処理を行う。
有益なように、前記伝動装置は前後対称の対向歯車を含み、前記牽引回転軸の左端と前記対向歯車とが固定的に連結され、前記対向歯車の左側には噛み合い空間が設置され、後側の前記牽引回転軸の左端が前記噛み合い空間の中に伸びており、且つ後側の前記牽引回転軸の左端には第三傘歯車が固定的に設置され、前記第三傘歯車の後端には第四傘歯車が噛み合うように連結され、前記第四傘歯車の中心には連結軸が固定的に設置され、前記連結軸の前端が前記噛み合い空間の前端壁に取り付けられた駆動モーターに伝動可能に連結され、前記噛み合い空間の後側にはベルト溝が形成され、前記連結軸と左側の前記輸送軸の後端がいずれも前記ベルト溝の中に伸びており、また前記連結軸と左側の前記輸送軸の後端とが連結ベルトによって伝動可能に連結され、前記駆動モーターが作動して前後の前記対向歯車を駆動して対向に回転させ、前記牽引輪が対向的に回転して前記包装袋をガイドして下降させる。
本願発明の効果は:本願発明は定重量装置によって重量を固定して粒子状の薬物を包装でき、また包装袋の成型と封止が同期に行われ、装置全体の体積を縮小し、空間を省き、装置が作動する時にエネルギー消耗は低く且つ薬物包装の効率は高く、その他、サイド封止作業の行いと牽引装置の作動を同期にすることによって横方向封止作業と切断作業は同期に行われ、包装袋成型の時間を節約し、また、薬物包装時に自動且つ定重量で包装でき、包装精度が高い。
下記に図1〜7をあわせて本発明について詳しく説明し、便利に説明するために、下記の方向を以下のように規定する:図1は本発明装置の正面図であり、本願に記載の各方向が、図1と同じ向きに装置を見た際の方向である。
図1は本願発明の粒子状薬物包装用の袋封止装置の全体構成概略図 図2は図1の「A」拡大の構成概略図 図3は図2の「B―B」方向の構成概略図 図4は図3の「C―C」方向の構成概略図 図5は図1の「D―D」方向の構成概略図 図6は図1の「E―E」方向の構成概略図 図7は図6の「F―F」方向の構成概略図
本願発明は粒子状薬物包装用の袋封止装置に関し、主に粒子状の薬物の包装作業に使用され、下記に本願発明図面を合わせて本願発明を詳しく説明する。
本願発明の粒子状薬物包装用の袋封止装置は、ベース10を含み、前記ベース10の中には輸送装置601が設置され、前記輸送装置601は回転可能な輸送ベルト14を含み、前記ベース10の上端面には封止ブロック16が固定的に設置され、前記封止ブロック16の上端面には粒子状薬物送り込みホッパー18が固定的に設置され、前記粒子状薬物送り込みホッパー18の中には粒子状薬物19が貯蔵され、前記粒子状薬物送り込みホッパー18の下端には流動溝20が連通するように形成され、前記流動溝20の上側には塞ぎ装置602が設置され、前記塞ぎ装置602は止めブロック22を含み、前記流動溝20の下側には重量測り空間31が連通するように設置され、前記重量測り空間31の中には定重量装置603が設置され、前記定重量装置603は回転板33と昇降ブロック35を含み、前記回転板33が前記昇降ブロック35に回転可能に取り付けられ、前記昇降ブロック35の下側には電磁ブロック37が磁力によって吸引可能に取り付けられ、前記回転板33に落ちた前記粒子状薬物19が一定の重量に達した時、重力によって前記昇降ブロック35を下降させ且つ前記昇降ブロック35を前記電磁ブロック37と磁力で吸引させ、この過程において、前記昇降ブロック35は前記塞ぎ装置602を触発して作動させることができ、そして前記止めブロック22が前記流動溝20の中に下降して前記粒子状薬物19の入りを止め、前記電磁ブロック37の下側には復帰装置604が設置され、前記復帰装置604が作動して前記昇降ブロック35を前記電磁ブロック37から離脱させて復帰させ、前記重量測り空間31の下側には袋封止空間52が通流管51によって連通するように設置され、前記袋封止空間52の中には封止装置605が設置され、前記封止装置605はシート式の包装袋55を成型させて前記粒子状薬物19を袋詰して封袋する。
有益なように、前記重量測り空間31の右側には貯蔵空間53が設置され、前記貯蔵空間53の下側が前記袋封止空間52と連通し、前記貯蔵空間53の中には回転輪54が回転可能に取り付けられ、前記包装袋55が前記回転輪54に巻きつけられ、前記包装袋55が下方に引き動かされて前記通流管51と前記封止装置605の作用によって成型し、粒子状薬物を包装するために使用される。
有益なように、前記輸送装置601は輸送溝11を含み、前記輸送溝11の中には左右対称の輸送軸12が回転可能に取り付けられ、前記輸送軸12には輸送輪13が固定的に設置され、前記輸送輪13が前記輸送ベルト14によって伝動可能に連結され、前記輸送溝11の上側には輸送空間15が連通するように設置され、前記輸送ベルト14の上端が前記輸送空間15の中に位置すると包装された薬物を右方に輸送できる。
前記塞ぎ装置602は回転溝21を含み、前記回転溝21の中には回転ロッド23が回転可能に設置され、前記回転ロッド23の右端と前記止めブロック22とがヒンジで連結され、前記回転ロッド23の下端面と前記回転溝21との間には捻りバネ24が固定的に設置され、前記回転溝21の左端壁の中にはプッシュ溝25が連通するように形成され、前記プッシュ溝25の中にはプッシュロッド26がスライド可能に設置され、前記プッシュロッド26の下端は斜面構造であり、前記プッシュ溝25の下側には押し溝27が連通するように形成され、前記押し溝27の中には押しブロック28がスライド可能に設置され、前記押しブロック28の右端は斜面構造であり、前記押しブロック28の中には上方に開口した当接溝29が形成され、前記当接溝29が前記プッシュ溝25の下端と当接し、前記押しブロック28の左端には押しバネ30が固定的に設置されており、前記輸送装置601が作動する時、前記止めブロック22の昇降を制御でき、そして前記流動溝20の中の前記粒子状薬物19の通流を制御する。
有益なように、前記定重量装置603は昇降空間32を含み、前記昇降ブロック35が前記昇降空間32の中にスライド可能に設置され、前記昇降ブロック35の下端面は斜面で前記押しブロック28と当接でき、前記回転板33が回転軸34によって前記昇降ブロック35に回転可能に取り付けられ、前記回転板33が前記重量測り空間31の中に位置し、前記昇降ブロック35の中にはセルフロック空間41が設置され、前記回転軸34の後端が前記セルフロック空間41の中に伸びており、且つ前記回転軸34の後端にはウォームホイール42が固定的に設置され、前記ウォームホイール42の下側にはウォーム43が噛み合うように連結され、前記ウォーム43の中心にはウォーム軸44が固定的に設置され、前記ウォーム軸44の左端には噛み合い歯車45が固定的に設置され、前記昇降空間32の後端壁には歯付きブロック40が固定的に設置され、前記歯付きブロック40の前端面には歯が付いて前記噛み合い歯車45と噛み合え、前記電磁ブロック37が前記昇降空間32の下端壁に固定的に設置され、前記電磁ブロック37の中には連通溝38が形成され、前記連通溝38の中には上端が前記昇降ブロック35と固定的に連結された伸縮バネ36が設置されており、前記回転板38に置かれた前記粒子状薬物19が一定の重量に達した時、前記昇降ブロック35は前記電磁ブロック37と前記昇降ブロック35とが磁気吸引力で連結されるまで下降し、磁気吸引過程に、前記噛み合い歯車45が前記歯付きブロック40と噛み合い、前記回転板33が時計回り方向に回転して前記回転板33にある前記粒子状薬物19を落とす。
有益なように、前記昇降ブロック35と前記電磁ブロック37とが磁力によって吸引することで移動した距離は前記歯付きブロック40の高さであり、前記昇降ブロック35が前記粒子状薬物19の重力によって前記歯付きブロック40の上端に下降した時、前記噛み合い歯車45が前記歯付きブロック40と噛み合い、磁気吸引力によって前記昇降ブロック35が引き続き下降する過程に前記回転板33が回転する。
有益なように、前記復帰装置604は復帰回転溝48を含み、前記復帰回転溝48が前記袋封止空間52の左側に位置し、前記復帰回転溝48の中には扇状歯車50が復帰回転軸49によって回転可能に取り付けられ、前記復帰回転溝48の右側には復帰スライド溝47が連通するように形成され、前記復帰スライド溝47には復帰ブロック39がスライド可能に設置され、前記復帰ブロック39の左端面には歯が付いた構造で前記扇状歯車50と噛み合い、前記復帰ブロック39の上端が前記連通溝38の中に伸びており、前記復帰ブロック39の下端と前記復帰スライド溝47との間には復帰バネ46が固定的に設置され、前記袋封止空間52の右側には伝動空間89が設置され、前記伝動空間89の後端壁の中には伝動軸87が回転可能に設置され、前記伝動軸87と前記復帰回転軸49とが伝動ベルト91によって伝動可能に連結され、前記伝動軸87の前端には第一傘歯車88が固定的に設置され、前記第一傘歯車88の下側には第二傘歯車86が噛み合うように連結され、前記第二傘歯車86の中心には歯車回転軸85が固定的に設置され、前記歯車回転軸85の下端には内ラチェット84が固定的に設置され、前記内ラチェット84の外周には外回転輪83が一方向で噛み合うように連結され、前記扇状歯車50が反時計回り方向に回転して前記復帰ブロック39を駆動して前記連通溝38の中に上昇させ、そして前記昇降ブロック35が前記電磁ブロック37から離脱し、さらに前記昇降ブロック35が前記回転板33を駆動して復帰させる。
有益なように、前記封止装置605は前後対称の牽引輪57を含み、前記包装袋55の右端を左方に折りたたむことで前記包装袋55の左右端が重ねられて前記牽引輪57に位置し、前記牽引輪57の中心には牽引回転軸56が固定的に設置され、前記牽引回転軸56の左端と前記袋封止空間52の左側に設置された伝動装置606とが伝動可能に連結され、前記袋封止空間52の前後端壁の中には横方向封止スライド溝66が連通するように形成され、前記横方向封止スライド溝66が前記牽引輪57の下側に位置し、前記横方向封止スライド溝66の中にはヒートシールスライダ67がスライド可能に設置され、前記ヒートシールスライダ67において対称中心に近接する一端面には押圧溝78が上下対称に形成され、前記押圧溝78の中にはヒートシールブロック72がスライド可能に設置され、前記ヒートシールブロック72において前記包装袋55から離れた一端には押圧バネ79が固定的に設置され、前記押圧溝78の中間には伸縮溝68が形成され、前記伸縮溝68の中にはスライダ70がスライド可能に設置され、前記スライダ70において対称中心に近接する一端には切断ブレード71が取り付けられ、前記スライダ70のもう一端と前記伸縮バネ68との間には圧力バネ69が固定的に設置され、前記スライダ70の上端には回しロッド80がヒンジで連結され、前記横方向封止スライド溝66の上端壁の中には凹溝82が連通するように形成され、前記回しロッド80の上端が前記凹溝82の中に伸びており、前記ヒートシールスライダ67の右端にはラック74が固定的に設置され、前記横方向封止スライド溝66の間には移動空間73が連通するように設置され、前記ラック74の互いに近接する端が前記移動空間73の中に伸びて回転歯車75によって噛み合い、前記回転歯車75の中心には上端が前記外回転輪83と固定的に連結された動力軸76が固定的に設置され、前記動力軸76の下端が前記移動空間73の下端壁に取り付けられた動力モーター98に伝動可能に連結され、前記牽引輪57が回転して前記包装袋55にサイド封止処理を行い、前記ヒートシールブロック72が対向的に移動して前記包装袋55と当接した時、前記包装袋55に横方向封止処理を行え、前記切断ブレード71は前記包装袋55を切断できる。
有益なように、前記牽引輪57の外周と前記ヒートシールブロック72において対称中心に近接する端面には熱伝導ブロック99があり、前記熱伝導ブロック99が外部電源と通電できるように連結され、前記熱伝導ブロック99が通電発熱し、前記牽引輪57が回転して前記包装袋55にサイド封止処理を行い且つ前記包装袋55を引き動かして下降させ、前記ヒートシールブロック72が前記包装袋55と当接して前記熱伝導ブロック99によって前記包装袋55に横方向封止処理を行う。
有益なように、前記伝動装置606は前後対称の対向歯車58を含み、前記牽引回転軸56の左端と前記対向歯車58とが固定的に連結され、前記対向歯車58の左側には噛み合い空間59が設置され、後側の前記牽引回転軸56の左端が前記噛み合い空間59の中に伸びており、且つ後側の前記牽引回転軸56の左端には第三傘歯車61が固定的に設置され、前記第三傘歯車61の後端には第四傘歯車62が噛み合うように連結され、前記第四傘歯車62の中心には連結軸63が固定的に設置され、前記連結軸63の前端が前記噛み合い空間59の前端壁に取り付けられた駆動モーター60に伝動可能に連結され、前記噛み合い空間59の後側にはベルト溝65が形成され、前記連結軸63と左側の前記輸送軸12の後端がいずれも前記ベルト溝65の中に伸びており、また前記連結軸63と左側の前記輸送軸12の後端とが連結ベルト64によって伝動可能に連結され、前記駆動モーター60が作動して前後の前記対向歯車58を駆動して対向に回転させ、前記牽引輪57が対向的に回転して前記包装袋55をガイドして下降させる。
下記に図面1〜7を合わせて本願発明の粒子状薬物包装用の袋封止装置の使用手順について詳しく説明する。
初めに、粒子状薬物19が粒子状薬物送り込みホッパー18の中に位置し、包装袋55の下端が牽引輪57の間に位置し、折り畳まれた後の包装袋55の左端が牽引輪57の間に位置し、昇降ブロック35の下端面が前記昇降空間32の下端壁と当接し、昇降ブロック35と電磁ブロック37とが磁気吸引力で連結され、押しブロック28が押し溝27の中に収縮され、止めブロック22の下端が流動溝20の中に伸びており、この時、押しバネ30と、捻りバネ24と、伸縮バネ36が圧縮した状態にあり、粒子状薬物19が流動溝20の中にロックされ、熱伝導ブロック99が通電して熱を伝導する。
駆動モーター60が作動して前後の対向歯車58を駆動して対向に回転させ、牽引輪57が相対的に回転して包装袋55をガイドして下方に移動させ、また包装袋55の左端にヒートシール処理を行い、連結ベルト64によって輸送軸12を駆動して回転させ、そして輸送ベルト14が右方に回転し、その後、動力モーター98が作動して回転歯車75を駆動して回転させ、この時、外回転輪83は内ラチェット84を駆動して回転させることができないことで、ラック74が対向的に回転してヒートシールスライダ67を駆動して対向に移動させ、そしてヒートシールブロック72が包装袋55と当接し、熱伝導ブロック99によって包装袋55の前後端面に横方向封止作業を行い、ヒートシールスライダ67が持続的に対向に移動することにつれ、ヒートシールブロック72が押圧溝78の中に収縮されるようになり、押圧バネ79が圧縮される最中にあり、回しロッド80が凹溝82の前端壁の阻止を受けて回転し、スライダ70が切断ブレード71を駆動して包装袋55の方向に移動させ、切断ブレード77によって包装袋55を切断し、この時、下側の包装袋55の上端がヒートシールされ、上側の包装袋55の下端がヒートシールされ、次に、動力モーター98が逆方向に回転作動することによってヒートシールスライダ67が互いに離れた方向へ横方向封止スライド溝66の中に移動し、動力モーター98が逆方向に回転作動して動力軸76を逆方向に回転させ、外回転輪83が回転して内ラチェット84を駆動して回転させ、そして第二傘歯車86が回転し、伝動ベルト91によって扇状歯車50が回転し、復帰ブロック39が上昇することによって昇降ブロック35が電磁ブロック37から離脱し、扇状歯車50が復帰回転軸49との噛み合いから離脱した時、復帰ブロック39が復帰バネ46の弾性力で下降復帰し、また昇降ブロック35が伸縮バネ36の弾性復帰力で上昇し、そして押しブロック28が押しバネ30の弾性復帰力で右方に移動し、プッシュロッド26が下降し、さらに回転ロッド23の回転によって止めブロック22が上昇し、流動溝20の粒子状薬物19が重量測り空間31の中に流れて回転板33に落ちる。
回転板33にある粒子状薬物19の量が設定された値に達した時、粒子状薬物19の重力によって昇降ブロック35が下降し、この時、噛み合い歯車45が歯付きブロック40と噛み合い、昇降ブロック35が下降して電磁ブロック37と磁気吸引力を生み出した時、磁気吸引力の作用によって昇降ブロック35が下降し、昇降ブロック35が押しブロック28を押し動かして左方に移動させ、そしてプッシュロッド26が上昇して回転ロッド23を駆動して時計回り方向に回転させ、止めブロック22の下端が流動溝20の中に伸び、粒子状薬物19を流動溝20に詰めて粒子状薬物19の動きを止め、昇降ブロック35が下降する時に噛み合い歯車45は回転して回転板33を駆動して回転させ、回転板33にある粒子状薬物19が通流管51によって包装袋55の中に落ちる。
動力モーター98は再び作動する時、ヒートシールスライダ67を対向的に移動させることができ、ヒートシールブロック72によって包装袋55に横方向封止処理と切断処理を行い、包装された薬物が輸送ベルト14に落ちて右方に送り出され、動力モーター98が逆方向に回転作動する時、再び扇状歯車50を駆動して回転させ、復帰ブロック39が上昇して昇降ブロック35を電磁ブロック37から離脱させ且つ昇降ブロック35を上昇させ、再び定重量の包装を行う。
本願発明の効果は:本願発明は定重量装置によって重量を固定して粒子状の薬物を包装でき、また包装袋の成型と封止が同期に行われ、装置全体の体積を縮小し、空間を省き、装置が作動する時にエネルギー消耗は低く且つ薬物包装の効率は高く、その他、サイド封止作業の行いと牽引装置の作動を同期にすることによって横方向封止作業と切断作業は同期に行われ、包装袋成型の時間を節約し、また、薬物包装時に自動且つ定重量で包装でき、包装精度が高い。
上記の方式によって、当業者は本願発明の範囲内で作動モードに基づいて様々な変わりを行うことができる。

Claims (10)

  1. ベースを含み、前記ベースの中には輸送装置が設置され、
    前記輸送装置は回転可能な輸送ベルトを含み、前記ベースの上端面には封止ブロックが固定的に設置され、前記封止ブロックの上端面には粒子状薬物送り込みホッパーが固定的に設置され、前記粒子状薬物送り込みホッパーの中には粒子状薬物が貯蔵され、前記粒子状薬物送り込みホッパーの下端には流動溝が連通するように形成され、前記流動溝の上側には塞ぎ装置が設置され、前記塞ぎ装置は止めブロックを含み、
    前記流動溝の下側には重量測り空間が連通するように設置され、前記重量測り空間の中には定重量装置が設置され、前記定重量装置は回転板と昇降ブロックを含み、前記回転板が前記昇降ブロックに回転可能に取り付けられ、前記昇降ブロックの下側には電磁ブロックが磁力によって吸引可能に取り付けられ、前記回転板に落ちた前記粒子状薬物が一定の重量に達した時、重力によって前記昇降ブロックを下降させ且つ前記昇降ブロックを前記電磁ブロックと磁力で吸引させ、この過程において、前記昇降ブロックは前記塞ぎ装置を触発して作動させることができ、そして前記止めブロックが前記流動溝の中に下降して前記粒子状薬物の入りを止め、前記電磁ブロックの下側には復帰装置が設置され、前記復帰装置が作動して前記昇降ブロックを前記電磁ブロックから離脱させて復帰させ、
    前記重量測り空間の下側には袋封止空間が通流管によって連通するように設置され、前記袋封止空間の中には封止装置が設置され、前記封止装置はシート式の包装袋を成型させて前記粒子状薬物を袋詰して封袋することを特徴とする粒子状薬物包装用の袋封止装置。
  2. 前記重量測り空間の右側には貯蔵空間が設置され、前記貯蔵空間の下側が前記袋封止空間と連通し、前記貯蔵空間の中には回転輪が回転可能に取り付けられ、前記包装袋が前記回転輪に巻きつけられていることを特徴とする請求項1に記載の粒子状薬物包装用の袋封止装置。
  3. 前記輸送装置は輸送溝を含み、
    前記輸送溝の中には左右対称の輸送軸が回転可能に取り付けられ、前記輸送軸には輸送輪が固定的に設置され、前記輸送輪が前記輸送ベルトによって伝動可能に連結され、前記輸送溝の上側には輸送空間が連通するように設置され、前記輸送ベルトの上端が前記輸送空間の中に位置すると包装された薬物を右方に輸送できることを特徴とする請求項1に記載の粒子状薬物包装用の袋封止装置。
  4. 前記塞ぎ装置は回転溝を含み、
    前記回転溝の中には回転ロッドが回転可能に設置され、前記回転ロッドの右端と前記止めブロックとがヒンジで連結され、前記回転ロッドの下端面と前記回転溝との間には捻りバネが固定的に設置され、前記回転溝の左端壁の中にはプッシュ溝が連通するように形成され、前記プッシュ溝の中にはプッシュロッドがスライド可能に設置され、前記プッシュロッドの下端は斜面構造であり、
    前記プッシュ溝の下側には押し溝が連通するように形成され、前記押し溝の中には押しブロックがスライド可能に設置され、前記押しブロックの右端は斜面構造であり、前記押しブロックの中には上方に開口した当接溝が形成され、前記当接溝が前記プッシュ溝の下端と当接し、前記押しブロックの左端には押しバネが固定的に設置されていることを特徴とする請求項1に記載の粒子状薬物包装用の袋封止装置。
  5. 前記定重量装置は昇降空間を含み、
    前記昇降ブロックが前記昇降空間の中にスライド可能に設置され、前記昇降ブロックの下端面は斜面で前記押しブロックと当接でき、前記回転板が回転軸によって前記昇降ブロックに回転可能に取り付けられ、前記回転板が前記重量測り空間の中に位置し、前記昇降ブロックの中にはセルフロック空間が設置され、前記回転軸の後端が前記セルフロック空間の中に伸びており、且つ前記回転軸の後端にはウォームホイールが固定的に設置され、前記ウォームホイールの下側にはウォームが噛み合うように連結され、前記ウォームの中心にはウォーム軸が固定的に設置され、前記ウォーム軸の左端には噛み合い歯車が固定的に設置され、
    前記昇降空間の後端壁には歯付きブロックが固定的に設置され、前記歯付きブロックの前端面には歯が付いて前記噛み合い歯車と噛み合え、前記電磁ブロックが前記昇降空間の下端壁に固定的に設置され、前記電磁ブロックの中には連通溝が形成され、前記連通溝の中には上端が前記昇降ブロックと固定的に連結された伸縮バネが設置されていることを特徴とする請求項1に記載の粒子状薬物包装用の袋封止装置。
  6. 前記昇降ブロックと前記電磁ブロックとが磁力によって吸引することで移動した距離は前記歯付きブロックの高さであることを特徴とする請求項5に記載の粒子状薬物包装用の袋封止装置。
  7. 前記復帰装置は復帰回転溝を含み、
    前記復帰回転溝が前記袋封止空間の左側に位置し、前記復帰回転溝の中には扇状歯車が復帰回転軸によって回転可能に取り付けられ、前記復帰回転溝の右側には復帰スライド溝が連通するように形成され、前記復帰スライド溝には復帰ブロックがスライド可能に設置され、前記復帰ブロックの左端面には歯が付いた構造で前記扇状歯車と噛み合い、前記復帰ブロックの上端が前記連通溝の中に伸びており、前記復帰ブロックの下端と前記復帰スライド溝との間には復帰バネが固定的に設置され、
    前記袋封止空間の右側には伝動空間が設置され、前記伝動空間の後端壁の中には伝動軸が回転可能に設置され、前記伝動軸と前記復帰回転軸とが伝動ベルトによって伝動可能に連結され、前記伝動軸の前端には第一傘歯車が固定的に設置され、前記第一傘歯車の下側には第二傘歯車が噛み合うように連結され、前記第二傘歯車の中心には歯車回転軸が固定的に設置され、前記歯車回転軸の下端には内ラチェットが固定的に設置され、前記内ラチェットの外周には外回転輪が一方向で噛み合うように連結されていることを特徴とする請求項1に記載の粒子状薬物包装用の袋封止装置。
  8. 前記封止装置は前後対称の牽引輪を含み、
    前記包装袋の右端を左方に折りたたむことで前記包装袋の左右端が重ねられて前記牽引輪に位置し、前記牽引輪の中心には牽引回転軸が固定的に設置され、前記牽引回転軸の左端と前記袋封止空間の左側に設置された伝動装置とが伝動可能に連結され、
    前記袋封止空間の前後端壁の中には横方向封止スライド溝が連通するように形成され、前記横方向封止スライド溝が前記牽引輪の下側に位置し、前記横方向封止スライド溝の中にはヒートシールスライダがスライド可能に設置され、前記ヒートシールスライダにおいて対称中心に近接する一端面には押圧溝が上下対称に形成され、前記押圧溝の中にはヒートシールブロックがスライド可能に設置され、前記ヒートシールブロックにおいて前記包装袋から離れた一端には押圧バネが固定的に設置され、前記押圧溝の中間には伸縮溝が形成され、前記伸縮溝の中にはスライダがスライド可能に設置され、前記スライダにおいて対称中心に近接する一端には切断ブレードが取り付けられ、前記スライダのもう一端と前記伸縮バネとの間には圧力バネが固定的に設置され、前記スライダの上端には回しロッドがヒンジで連結され、前記横方向封止スライド溝の上端壁の中には凹溝が連通するように形成され、前記回しロッドの上端が前記凹溝の中に伸びており、前記ヒートシールスライダの右端にはラックが固定的に設置され、
    前記横方向封止スライド溝の間には移動空間が連通するように設置され、前記ラックの互いに近接する端が前記移動空間の中に伸びて回転歯車によって噛み合い、前記回転歯車の中心には上端が前記外回転輪と固定的に連結された動力軸が固定的に設置され、前記動力軸の下端が前記移動空間の下端壁に取り付けられた動力モーターに伝動可能に連結されていることを特徴とする請求項1に記載の粒子状薬物包装用の袋封止装置。
  9. 前記牽引輪の外周と前記ヒートシールブロックにおいて対称中心に近接する端面には熱伝導ブロックがあり、前記熱伝導ブロックが外部電源と通電できるように連結されていることを特徴とする請求項8に記載の粒子状薬物包装用の袋封止装置。
  10. 前記伝動装置は前後対称の対向歯車を含み、
    前記牽引回転軸の左端と前記対向歯車とが固定的に連結され、前記対向歯車の左側には噛み合い空間が設置され、後側の前記牽引回転軸の左端が前記噛み合い空間の中に伸びており、且つ後側の前記牽引回転軸の左端には第三傘歯車が固定的に設置され、前記第三傘歯車の後端には第四傘歯車が噛み合うように連結され、前記第四傘歯車の中心には連結軸が固定的に設置され、前記連結軸の前端が前記噛み合い空間の前端壁に取り付けられた駆動モーターに伝動可能に連結され、
    前記噛み合い空間の後側にはベルト溝が形成され、前記連結軸と左側の前記輸送軸の後端がいずれも前記ベルト溝の中に伸びており、また前記連結軸と左側の前記輸送軸の後端とが連結ベルトによって伝動可能に連結されていることを特徴とする請求項1に記載の粒子状薬物包装用の袋封止装置。
JP2020039668A 2019-10-30 2020-03-09 粒子状薬物包装用の袋封止装置 Active JP6826260B1 (ja)

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
CN201911044774.3A CN110712776A (zh) 2019-10-30 2019-10-30 一种颗粒药物包装用封袋装置
CN201911044774.3 2019-10-30

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP6826260B1 true JP6826260B1 (ja) 2021-02-03
JP2021070528A JP2021070528A (ja) 2021-05-06

Family

ID=69213479

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2020039668A Active JP6826260B1 (ja) 2019-10-30 2020-03-09 粒子状薬物包装用の袋封止装置

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP6826260B1 (ja)
CN (1) CN110712776A (ja)

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN114313404A (zh) * 2022-01-26 2022-04-12 郭成抗 一种板装药物打包封口设备
CN114348314A (zh) * 2021-11-30 2022-04-15 南京龙德生物科技有限公司 一种冻干松皮质骨粉用定量打包装置及其使用方法
CN114408833A (zh) * 2022-01-17 2022-04-29 刘建华 一种瓶装保健药品封口装置
CN114620286A (zh) * 2022-03-28 2022-06-14 苏州芙恩特智能科技有限公司 一种真空成型后自动打包设备
CN114644152A (zh) * 2022-02-16 2022-06-21 湖南华尔特科技有限公司 一种食品包装用包装袋无死角封口设备
CN115008833A (zh) * 2022-06-25 2022-09-06 海宁市方圣包装材料有限公司 一种包装袋的成型设备
CN115231015A (zh) * 2022-08-22 2022-10-25 锦洋高新材料股份有限公司 一种有水氢氟酸自动化定量充装设备
CN115285449A (zh) * 2022-08-10 2022-11-04 山东瑞菲特食品有限公司 脱水蔬菜自动化包装封装系统
CN115339670A (zh) * 2022-09-02 2022-11-15 芜湖立创包装有限公司 一种可缓流进料的环保型液体物品装袋设备及其方法
CN116002152A (zh) * 2023-03-24 2023-04-25 雄县骏岚纸塑包装有限公司 一种环保型pe包装袋塑封装置
CN118098761A (zh) * 2024-04-18 2024-05-28 蓉中电气股份有限公司 一种高效冷却的变压器

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN111210219B (zh) * 2020-02-10 2020-12-08 江西舒乐佳家庭用品有限公司 一种基于数据识别的超市称重结算装置
CN112157156B (zh) * 2020-08-24 2022-07-29 九江职业技术学院 一种自动化冲压设备
CN112451373A (zh) * 2021-01-06 2021-03-09 南京北数游电子玩具有限公司 一种基于数据库的指纹识别家用出药设备
CN115092476A (zh) * 2022-08-23 2022-09-23 苏州富利华塑胶科技有限公司 一种pbt塑胶颗粒的自动装袋机

Cited By (18)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN114348314A (zh) * 2021-11-30 2022-04-15 南京龙德生物科技有限公司 一种冻干松皮质骨粉用定量打包装置及其使用方法
CN114408833B (zh) * 2022-01-17 2023-08-15 奥德美生物科技(中山)有限公司 一种瓶装保健药品封口装置
CN114408833A (zh) * 2022-01-17 2022-04-29 刘建华 一种瓶装保健药品封口装置
CN114313404A (zh) * 2022-01-26 2022-04-12 郭成抗 一种板装药物打包封口设备
CN114313404B (zh) * 2022-01-26 2023-10-17 河南省新四方制药有限公司 一种板装药物打包封口设备
CN114644152A (zh) * 2022-02-16 2022-06-21 湖南华尔特科技有限公司 一种食品包装用包装袋无死角封口设备
CN114644152B (zh) * 2022-02-16 2024-04-26 湖南华尔特科技有限公司 一种食品包装用包装袋无死角封口设备
CN114620286A (zh) * 2022-03-28 2022-06-14 苏州芙恩特智能科技有限公司 一种真空成型后自动打包设备
CN114620286B (zh) * 2022-03-28 2023-09-22 苏州芙恩特智能科技有限公司 一种真空成型后自动打包设备
CN115008833A (zh) * 2022-06-25 2022-09-06 海宁市方圣包装材料有限公司 一种包装袋的成型设备
CN115285449B (zh) * 2022-08-10 2024-05-31 山东瑞菲特食品有限公司 脱水蔬菜自动化包装封装系统
CN115285449A (zh) * 2022-08-10 2022-11-04 山东瑞菲特食品有限公司 脱水蔬菜自动化包装封装系统
CN115231015B (zh) * 2022-08-22 2023-06-23 锦洋高新材料股份有限公司 一种有水氢氟酸自动化定量充装设备
CN115231015A (zh) * 2022-08-22 2022-10-25 锦洋高新材料股份有限公司 一种有水氢氟酸自动化定量充装设备
CN115339670A (zh) * 2022-09-02 2022-11-15 芜湖立创包装有限公司 一种可缓流进料的环保型液体物品装袋设备及其方法
CN115339670B (zh) * 2022-09-02 2023-09-19 安徽立众新材料科技有限公司 一种可缓流进料的环保型液体物品装袋设备及其方法
CN116002152A (zh) * 2023-03-24 2023-04-25 雄县骏岚纸塑包装有限公司 一种环保型pe包装袋塑封装置
CN118098761A (zh) * 2024-04-18 2024-05-28 蓉中电气股份有限公司 一种高效冷却的变压器

Also Published As

Publication number Publication date
JP2021070528A (ja) 2021-05-06
CN110712776A (zh) 2020-01-21

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6826260B1 (ja) 粒子状薬物包装用の袋封止装置
CN102893810B (zh) 膜式自动装袋机
CN110920967B (zh) 一种食品精确定量包装生产线
CN209553668U (zh) 一种方便控制包装袋包装体积的链斗式包装机
CN209023169U (zh) 一体化高效立式定量包装机
CN115231059B (zh) 一种茶叶自动制袋包装一体机
CN209553667U (zh) 一种链斗式包装机
CN111392124A (zh) 大容量物料纯电动智能真空整形包装机
CN209553666U (zh) 一种能够实现连续封口的链斗式包装机
CN212638126U (zh) 大容量物料纯电动智能真空整形包装机
CN110723320B (zh) 一种中药药材填充设备
CN102756821A (zh) 一种真空封装装置
CN218559360U (zh) 一种用于自动装袋封口包装机
CN112337824A (zh) 一种用于膨化食品包装袋漏气的检测装置
CN208181549U (zh) 一种漏斗随动的包装机横封装置
CN110789780A (zh) 一种天然橡胶制造中压包装置
CN205906251U (zh) 一种便携式快递打包机
CN204078113U (zh) 全自动软包装整理装箱装袋机
CN114313450A (zh) 一种基于翻转封装的票据打包机
CN113120335A (zh) 一种尺寸可调包装袋封口装置
CN215044273U (zh) 一种包装纸袋的封口装置
CN113955169B (zh) 一种中医药科室用药粉定量出料装置
CN117228073B (zh) 一种火锅底料包装机
CN220974607U (zh) 一种包装设备
CN209366505U (zh) 一种垂直螺旋包装机落差定位装置

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20200625

A871 Explanation of circumstances concerning accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A871

Effective date: 20200729

A975 Report on accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971005

Effective date: 20200807

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20201027

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20201104

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20201117

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

Effective date: 20201204

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20201204

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20201207

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6826260

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150