JP6701362B2 - Stsマルチトロリーポータルガントリーコンテナクレーン - Google Patents

Stsマルチトロリーポータルガントリーコンテナクレーン Download PDF

Info

Publication number
JP6701362B2
JP6701362B2 JP2018541485A JP2018541485A JP6701362B2 JP 6701362 B2 JP6701362 B2 JP 6701362B2 JP 2018541485 A JP2018541485 A JP 2018541485A JP 2018541485 A JP2018541485 A JP 2018541485A JP 6701362 B2 JP6701362 B2 JP 6701362B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
girder
gantry crane
portal gantry
trolley
container
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2018541485A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2018533537A (ja
Inventor
ウラジミール・ネヴシマル−ヴァイデンホッファー
Original Assignee
ウラジミール・ネヴシマル−ヴァイデンホッファー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by ウラジミール・ネヴシマル−ヴァイデンホッファー filed Critical ウラジミール・ネヴシマル−ヴァイデンホッファー
Priority to PCT/EP2015/074849 priority Critical patent/WO2017071736A1/en
Publication of JP2018533537A publication Critical patent/JP2018533537A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6701362B2 publication Critical patent/JP6701362B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B66HOISTING; LIFTING; HAULING
    • B66CCRANES; LOAD-ENGAGING ELEMENTS OR DEVICES FOR CRANES, CAPSTANS, WINCHES, OR TACKLES
    • B66C13/00Other constructional features or details
    • B66C13/04Auxiliary devices for controlling movements of suspended loads, or preventing cable slack
    • B66C13/08Auxiliary devices for controlling movements of suspended loads, or preventing cable slack for depositing loads in desired attitudes or positions
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B66HOISTING; LIFTING; HAULING
    • B66CCRANES; LOAD-ENGAGING ELEMENTS OR DEVICES FOR CRANES, CAPSTANS, WINCHES, OR TACKLES
    • B66C19/00Cranes comprising trolleys or crabs running on fixed or movable bridges or gantries
    • B66C19/002Container cranes
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B66HOISTING; LIFTING; HAULING
    • B66CCRANES; LOAD-ENGAGING ELEMENTS OR DEVICES FOR CRANES, CAPSTANS, WINCHES, OR TACKLES
    • B66C19/00Cranes comprising trolleys or crabs running on fixed or movable bridges or gantries
    • B66C19/007Cranes comprising trolleys or crabs running on fixed or movable bridges or gantries for containers
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B66HOISTING; LIFTING; HAULING
    • B66CCRANES; LOAD-ENGAGING ELEMENTS OR DEVICES FOR CRANES, CAPSTANS, WINCHES, OR TACKLES
    • B66C13/00Other constructional features or details
    • B66C13/18Control systems or devices
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B66HOISTING; LIFTING; HAULING
    • B66CCRANES; LOAD-ENGAGING ELEMENTS OR DEVICES FOR CRANES, CAPSTANS, WINCHES, OR TACKLES
    • B66C19/00Cranes comprising trolleys or crabs running on fixed or movable bridges or gantries
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B66HOISTING; LIFTING; HAULING
    • B66CCRANES; LOAD-ENGAGING ELEMENTS OR DEVICES FOR CRANES, CAPSTANS, WINCHES, OR TACKLES
    • B66C5/00Base supporting structures with legs
    • B66C5/02Fixed or travelling bridges or gantries, i.e. elongated structures of inverted L or of inverted U shape or tripods
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B66HOISTING; LIFTING; HAULING
    • B66CCRANES; LOAD-ENGAGING ELEMENTS OR DEVICES FOR CRANES, CAPSTANS, WINCHES, OR TACKLES
    • B66C2700/00Cranes
    • B66C2700/01General aspects of mobile cranes, overhead travelling cranes, gantry cranes, loading bridges, cranes for building ships on slipways, cranes for foundries or cranes for public works
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B66HOISTING; LIFTING; HAULING
    • B66CCRANES; LOAD-ENGAGING ELEMENTS OR DEVICES FOR CRANES, CAPSTANS, WINCHES, OR TACKLES
    • B66C2700/00Cranes
    • B66C2700/03Cranes with arms or jibs; Multiple cranes
    • B66C2700/0321Travelling cranes
    • B66C2700/0328Cranes on rails or on rail vehicles

Description

本発明は、船舶からコンテナを積み降ろすためのポータルガントリークレーンに関する。
コンテナクレーンは、コンテナターミナルのコンテナ船を積み降ろすために世界中で広く使われている。
ターミナルを経済的に最適な状態で機能させるためには、クレーンの利用度が高いことが不可欠である。
従来のコンテナターミナルでは、船舶は岸壁に沿ってドッキングされ、従来の船と陸間(STS)のコンテナクレーンが船舶を片側から積み降ろすために使用されている。
従来の岸壁クレーンは、特許文献1の図2に示されている。
そのようなクレーンは、典型的には、バースに沿った2つの平行なトラック上を移動するカウンターウェイトによってバランスがとれた上部構造を備える。ビームは、岸壁の上、かつ上部構造の後にカンチレバー式に伸びている。タイがメインビームを上部構造の頂点に接続する。このような従来のクレーンは、パナマックス、ポストパナマックス、スーパーポストパナマックスクレーンとも呼ばれる。
これらのクレーンは、トロリがビーム上を移動する時間により、望ましいほど速く船を積み降ろすことができない。これらのクレーンでは、岸壁から最も遠いコンテナを扱うためにトロリは船の全幅に渡って移動する必要がある。
移動時間を可能な限り短く保つために、トロリは高速で運転されるため、高い騒音と摩耗が生じ、メンテナンスの頻度と費用が増加する結果となる。
トロリは比較的長いロープによって牽引され、長い巻き上げロープと相まって、ロープの長さと弾性に起因する望ましくない揺れを増加させる。
これらのクレーンはまた、強い風の中で動作する能力を制限する空力性能が比較的悪いという欠点を有する。
クレーンの全重量は、カンチレバーの結果として、不均等な方法で岸壁によって支持されており、これは費用のかかる基礎作業を必要とする。
長年にわたり、コンテナ船の建設の傾向はそれらを絶えず成長させ、現在、13,000TEU超、最大20,000TEUものコンテナを運搬することができる超大型コンテナ船(ULCV)が建設されている。これらの非常に高価な船は、積み降ろし作業のためにできるだけ短く港にとどまることが重要である。
積み降ろし作業を容易にするために、以前から、掘り込み型バース(indented berth)のような両面バースの使用が提案されている。
非特許文献1では、ダブルトロリクレーンなどのコンテナターミナルにもたらされるさまざまな変更について調査しているが、2つのトロリにおける1つの難点は、負荷制御とマイクロモーションの制御であることを指摘している。例えば、一方のトロリがガントリー方向に動く必要がある場合、他方のトロリを妨げてはならない。
この刊行物はまた、掘り込み型バースによって、バースの両側から同時に積み降ろし作業を行うことができることを開示している。両側の岸壁に4本のクレーンを持つ掘り込み型バースの例を示しているが、オーバーラップするブームが干渉問題を引き起こし、コンテナターミナルの操作が著しく複雑になることを指摘している。
最後に、この刊行物は2つのトロリを備えたブリッジクレーンの使用を考察しているが、さまざまな理由で良くないと結論づけている。
2001年2月にPortk and Terminal Conferenceで同様の提案がBeckett Rankineによってなされたが、これは大型コンテナ船にサービスを提供するためにドックを横断する2つのトロリのポータルクレーンを概略的にしか開示していない。
特許文献2には、岸壁側のコンテナの積み降ろしシステムが開示されており、船舶の隙間のための昇降を可能にする垂直柱上に支持された中間部分と、コンテナを船から持ち上げるための一対のリフト手段とを有するコンテナクレーンを備える。クレーンは、安定のために4組の脚を備えており、非常に高価で扱いにくいものである。
特許文献3は、少なくとも2つのトロリトラックが互いに重なり合って配置された複数のトロリコンテナクレーンを開示しており、その上のトロリは、走行ホイール、駆動装置およびリフト装置を有する。クレーンは、各トラック上に前後に配置された複数のトロリを含むことができる。
他の複数のトロリクレーンは、特許文献4、特許文献5、および特許文献6に開示されている。
米国特許出願公開第2003/0108405号明細書 欧州特許出願公開第2743217号明細書 米国特許出願公開第2006/0182526号明細書 独国特許出願公開第4307254号明細書 欧州特許出願公開第0167235号明細書 国際公開第00/48937号パンフレット
1997年 Liftech 刊行物「Super Productive Cranes」
したがって、現代のコンテナ船、特にULCVの港内時間を短縮することを可能にする高度なクレーンの必要性が存在する。
本発明は、新規のポータルガントリークレーンにより、この必要性を満たすことを目的とする。
このポータルガントリークレーンは、
− 並んで走行する2本の平行なメインガーダと、
− 2組のトロリであって、各組は対応するガーダで作動し、各トロリはホイストを担持する、2組のトロリと、
を備える。
本発明によるクレーンは、既存のコンテナクレーンに比べて多くの利点を提供し、妥当なコストでコンテナターミナルの生産性を大幅に改善することを可能にする。
好ましい実施形態では、2本の平行なメインガーダが中央平面のそれぞれの側面に並んで走行し、ポータルガントリークレーンがそれぞれ、前記中央平面に配置された2本の脚を備える。
本発明によるポータルガントリークレーンは、掘り込み型バースなどの両面バースを含むコンテナターミナルに有利に使用され、ガーダがバースを横切って広がる。
コンテナを運搬するために使用されるトロリは、バース内に受け入れられたコンテナ船を積み降ろすために、互いに独立して操作することができる。
本発明は、船舶の両側から積み降ろす能力を提供し、積み下ろし速度、したがって生産性を劇的に増加させ、船の入港時間を減少させる。クレーンのトロリは、船の2つのベイで同時に作動することができる。
さらなる利点は、従来のSTSクレーンを使用するインフラストラクチャと比較して、船あたりのクレーン数が減少することである。したがって、クレーンの初期投資を減らすことができる。
船あたりのクレーンの数が少なく、トロリの移動速度が遅いため、メンテナンス費用も削減できる。
本発明によるクレーンは、クレーンの重量が各岸壁上で実質的に半分に分割され、カウンターウェイトを必要としないため、走行路にかかる負荷がより少なくなる。これにより、基礎工事のコストが削減され、地震が発生する場所において構造物の優れた動作が得られる。
本発明によるクレーンは、特にガーダおよび脚の優れた幾何学的形状により、強風下での操作を可能にする優れた空力性能を提供する。
また、本発明は、2つの隣接するクレーンが使用される場合には、最大4つのトロリが並んで作動するため、重い荷物においても優れた性能を有する。
本発明は、従来のSTSクレーンと比較して、より短い巻き上げロープおよび低減された加速/減速により、揺動の制御を容易にする。
トロリは、船の幅の半分だけ移動することが好ましく、従来のSTSクレーンと比較して生産性を損なうことなく、トロリ速度を減少させることができる。これにより、運転中のメンテナンスコストや騒音レベルが低減される。従来のSTSクレーンでは避けられない、ブームとブリッジ間のガーダレールジョイントがないため、騒音がさらに低減される。
トロリは、好ましくは自走式である。
クレーンのすべてのトロリは、特に同じ高さで移動する。
ガーダ間の間隔は、ULCVの列間隔に基づくことができ、26〜30m(中心から中心まで測定)に固定することができる。 異なるガーダ上を移動するトロリは、同時に、それぞれが岸壁から船にまたはその逆にコンテナを運ぶことができる。
好ましくは、各ホイストは、対応するガーダの中心線に対して横方向に、特に両方向に移動可能である。このようにして、クレーンは、船の長手方向のフックの移動を可能にすることによって、コンテナの列間隔の差を等しくすることができる。ホイストのガーダに対する横方向の動きの振幅は、各方向、各トロリにおいて0.5m以上、好ましくは1m以上であってもよい。
脚は、好ましくは箱形であり、ガーダまでのエレベータおよび階段を収容することができる。
ガーダは、好ましくは一方の脚に堅固に接続され、他方の脚にピン接続される。
両脚とガーダは、優れた空力形状係数を提供するように設計されている。
脚部は伸縮しないことが好ましい。
ガーダは、好ましくは一定の高さを有する。換言すれば、ガーダの高さは調整できないことが好ましい。
クレーンは、好ましくは、2本の脚のみを備える。クレーンは、好ましくは、2つのガーダのみを備える。クレーンは、4つのトロリのみを備えてもよい。
クレーンは、好ましくは、主スパンを越えて延びるカンチレバーを備える。トロリがカンチレバーに移ることができるようにガーダを吊り下げるのが有利である。これにより、岸壁のコンテナの取り扱いが容易になる場合がある。
好ましくは、ガーダは水平ブレースによって相互接続される。
ガーダは、好ましくは深さを変えることができる。ガーダの質量を減らし、疲労特性を向上させるために、プリストレスを与えられることが好ましい。トロリは、ガーダの上端の下にあるトラックを移動することが好都合である。これにより巻き上げロープの長さが短くすることができる。
クレーンは、好ましくは、各脚に連結され、ガーダを担持する懸架クロスビームを備える。これらのクロスビームは、その質量を減らし、疲労特性を向上させるために、好ましくはプレストレスを与えられる。
ガーダは、好ましくは、トロリが走行するトラックを担持する横方向延長部またはブラケットを備える。
さらなる態様によれば、本発明は、
− 両側バース、好ましくは掘り込み型バースと、
− バースを横切る、本発明による少なくとも1つのポータルガントリークレーンと、
を備えるコンテナターミナルに関する。
好ましくは、ガントリークレーンは、バースの各側に沿って延びるトラック上を走行する。
コンテナターミナルは、有利には、前記トラックに沿って移動する、本発明による複数のポータルガントリークレーン、好ましくは3〜4本のクレーンを備える。
本発明の別の態様は、上で定義した本発明によるコンテナターミナルの両側バースに収容されたコンテナ船から積み降ろす方法であって、方法は、
− 各トロリが実質的に船の中央の第1の位置と船の対応する側の第2の位置との間を移動するように、トロリをガーダに沿って移動させるステップ
を備える。
各トロリは独立して操作可能である。
重い揚重作業の場合、2つのポータルガントリークレーンを互いに隣接して配置することができ、前記クレーンの4つの隣接するトロリがユニットとして同時に動作する。もう1つの方法は、2つのトロリを1つのガーダでタンデムに操作することである。
この方法は、トロリの中心に対してホイストを横方向に移動させて、船のコンテナの位置に調整することを含む。
本発明の例示的な実施形態を添付の図面を参照して説明する。
本発明によるコンテナターミナルの概略的な断面図である。 図1のポータルガントリークレーンの立面図である。 図2のクレーンの上面図である。 図2のIV−IVに沿った断面図である。 トロリが明瞭な図2のV−Vに沿った断面図である。 トロリが明瞭な図2のVI−VIに沿った断面図である。 トロリのホイストの横方向変位を示す。 隣接するクレーンに属するトロリのタンデムでの動作を示す。 同じガーダに沿って走行するトロリのタンデムでの動作を示す。 ガーダの断面図である。 変形実施形態の図10と同様の図である。
図1は、本発明によるコンテナターミナル1を示している。このターミナル1は、対向する左岸壁3と右岸壁4の間に延在する掘り込み型バース2を備える。バース2は、図示のように超大型コンテナ船ULCVを受け入れるように構成されることが好ましい。このような船は、通常13,000TEU以上を運搬する。
バース2は、船舶から降ろされた又は積載されるのを待っているコンテナの輸送および貯蔵のための道路及び/又は鉄道及び種々の設備(図示せず)を含むことができる。
2つのトラック5は、本発明に従って作られた少なくとも1つのポータルガントリークレーン10の移動のために、各側でバース2に沿って延びている。好ましくは、複数のクレーン10がトラック5上に存在する。クレーン10は、4台まで設置できる。
各クレーン10は、図3に示すように、2つの平行な水平メインガーダ11を備える。2つの平行な水平メインガーダ11は、ブレース12によって共に接続され、図示のように、端部ビーム13、端部ビーム13より小さな断面の横方向中間ビーム14、および中間ビーム14よりも小さな断面の斜めビーム15を含むことができる。
ブレース12は、好ましくは、ガーダの上のラインに従う。ビーム14,15は、空力的に優れた管状のものが好ましい。ブレース12は、ガーダ11の安定性と空力性能を向上させる。
ガーダ11は、固定脚20およびシヤー脚(shear leg)21によってそれぞれ支持されている吊りビーム17および18から吊り下げられている。
ガーダ11は、好ましくは、質量を減少させ、疲労寿命を改善するためにプレストレスをかけられる。
ガーダ11は、中央平面Mに対して対称に配置されている。
クレーン10は、主スパンを越えて延びるカンチレバー22および23を備える。
ツインブレース24は、固定脚20をカンチレバー22に接続して、トロリの走行方向における構造を安定させる。
各ガーダ11は、図1および図10に示すように、2つのトロリ40のためのトラック30を画定する。
トラック30は、ガーダ11の下部の横方向延長部32上に延びている。トラック30は水平である。トラックは、トロリと荷物の質量を支える。
各横方向延長部32は、ハンドレール35を担持する。
ガーダ11の本体37は、トラック30の間を延びている。
水平トラック30は、ガーダ11の上端11aから非ゼロ距離hを延在している。
ガーダ11は、その長さの大部分に沿って一定の深さkを示し、好ましくは、その深さは、端部から距離dのところで、端部に向かって減少し始める。
脚20,21は、図4に示すような箱形のものであり、エレベータシャフトおよびトロリにアクセスする歩道43までのエレベータシャフトの周りの階段を収容する。
脚20,21は、好ましくは、ベース支持ビーム48に接続されており、ストラット49は、この接続の一体部分である。ベース支持ビーム48は、岸壁トラック5上を移動するボギー50上の平衡装置47,52を介して載置される。
各トロリ40は、自走式であり、ホイスト機構を備えた機械室55を備える。駆動機構はトラックの上にある。
機械室55は、トラック30に係合するホイールを保持する2つのフレーム57によってガーダ11の下に懸架されている。
ホイストのロープ58は、コンテナCに取り付けるように構成されたスプレッダ60を担持する。
好ましくは、図7に示すように、ロープ58付きホイストは、サイドシフト機構65により、機械室55の下でT方向に横方向移動することができる。このような機構は、ガーダ11の長手方向軸Xに垂直の横方向に移動可能なトラックを備えていてもよく、このトラックはホイストを担持している。
ホイストの横方向移動の振幅は、例えば、各方向に少なくとも0.5mである。
各ガーダ11上に2つのガーダ11および一対のトロリ40が存在することにより、船の両側からの迅速な積み降ろしが可能となり、大型船舶との間で多数のコンテナを移送することによって全体性能が段階的に変化することが可能となると同時に、従来のSTSクレーンの船幅制限をなくすことができる。
本発明は、現在の最良のシステムと比較して、積み降ろし生産性を二倍以上に高めることを可能にし、さらに、船舶サイズの増大に伴い、効率/生産性が向上する。
クレーン10はまた、重い揚重作業において動作することができる。
同じガーダ11の2つのトロリ40は、図9に示すようにタンデムで運転され、巻上能力を倍増する。
図8に示される変形実施形態では、2つのクレーン10が互いに隣接して配置され、隣接するガーダ11のトロリ40がタンデムで運転され共通の負荷Lを運ぶため、単一のトロリと比較して巻上能力が4倍となる。
ハンドレールや機械室のシートなどのクレーンの2次構造は、複合材料製であることが好ましく、クレーンの軽量化に寄与し、耐腐食性を向上させる。このシートは、好ましくは、エネルギーを節約するために半透明材料で作られる。
本発明は、開示された実施形態に限定されない。例えば、ガーダ11の形状に様々な変更を加えることができる。
図11は、トロリが走行するトラック30が、ガーダ本体37の両側に延びるブラケット75によって画定される変形実施形態を示す。
トロリ40は、遠隔操作室から遠隔操作することができる。変形例では、トロリ40の機械室55から吊り下げられたキャビンは、クレーン運転者を収容するように構成されている。1つのトロリ40は、クレーン全体の移動を制御するマスタートロリであってもよい。
このシステムは好ましくは全自動である。
1 コンテナターミナル
2 両側バース
3 左岸壁
4 右岸壁
5 岸壁トラック
10 ポータルガントリークレーン
11 水平メインガーダ
12 水平ブレース
13 端部ビーム
14 横方向中間ビーム
15 斜めビーム
17,18 懸架クロスビーム
20,21 脚
22,23 カンチレバー
32 横方向延長部
35 ハンドレール
37 本体
40 トロリ
43 歩道
47,52 平衡装置
48 ベース支持ビーム
49 ストラット
50 ボギー
55 機械室
57 フレーム
58 ロープ
60 スプレッダ
65 サイドシフト機構
75 ブラケット

Claims (15)

  1. コンテナ船からコンテナ(C)を積み降ろしするためのポータルガントリークレーン(10)であって、
    中央平面(M)の各側に並んで走行する2つの平行なメインガーダ(11)と、
    前記中央平面(M)にそれぞれ配置された2つの脚(20,21)と、
    2組のトロリ(40)であって、各組のトロリは、対応するガーダ(11)で動作し、各トロリは、ホイストを担持し、ホイストのロープ(58)は、コンテナ(C)に取り付けるよう構成されたスプレッダ(60)を担持し、各ホイストが、対応するガーダの中心線に対して両側に横方向に移動可能である、2組のトロリ(40)と、
    各脚(20,21)に連結されかつ前記メインガーダ(11)を担持する懸架クロスビーム(17,18)と、
    備える、ポータルガントリークレーン。
  2. 前記脚(20,21)は、箱形である、請求項1に記載のポータルガントリークレーン。
  3. 前記ガーダ(11)は、一方の脚(20)に堅固に接続され、他方の脚(21)にピン接続される、請求項1または2に記載のポータルガントリークレーン。
  4. 主スパンを越えて延在するカンチレバー(22,23)を備え、前記トロリ(40)がカンチレバーに移ることができるように前記ガーダ(11)が吊り下げられている、請求項1〜3のいずれか一項に記載のポータルガントリークレーン。
  5. 前記ガーダ(11)が水平ブレース(12)によって相互接続されている、請求項1〜4のいずれか一項に記載のポータルガントリークレーン。
  6. 前記ガーダ(11)は、深さ(k)が変化し、トラック(30)を走行する前記トロリが前記ガーダの上端(11a)より下に位置する、請求項1〜のいずれか一項に記載のポータルガントリークレーン。
  7. 前記懸架クロスビーム(17,18)は予荷重が付与されている、請求項1〜6のいずれか一項に記載のポータルガントリークレーン。
  8. 前記ガーダ(11)は、前記トロリが走行するトラック(30)を担持する横方向延長部(32)またはブラケット(75)を備える、請求項1〜のいずれか一項に記載のポータルガントリークレーン。
  9. 前記トロリは自走式である、請求項1〜のいずれか一項に記載のポータルガントリークレーン。
  10. 前記メインガーダ(11)にはプレストレスがかけられている、請求項1〜のいずれか一項に記載のポータルガントリークレーン。
  11. コンテナターミナル(1)であって、
    両側バース(2)、好ましくは掘り込み型バースと、
    前記バースを横切る方向に広がる、請求項1〜10のいずれか一項に記載の少なくとも1つのポータルガントリークレーン(10)と、
    を備える、コンテナターミナル(1)。
  12. 前記ガントリークレーンが前記バースの各側に沿って延在するトラック(5)を走行する、請求項11に記載のコンテナターミナル。
  13. 前記トラックに沿って走行する複数のポータルガントリークレーン、好ましくは、3〜4のクレーン(10)を備える、請求項12に記載のコンテナターミナル。
  14. 請求項11〜13のいずれか一項に記載の前記コンテナターミナルの前記両側バースに収容されたコンテナ船の積み降ろし方法であって、
    各トロリが前記船の略中央の第1の位置と、前記船の対応する側の第2の位置との間を移動するように、前記トロリ(40)を前記ガーダ(11)に沿って移動するステップを備える、方法。
  15. 2つのポータルガントリークレーン(10)が互いに隣接して配置され、重い楊重作業において、前記クレーン(10)の4つの隣接するトロリ(40)がユニットとして同時に動作される、請求項14に記載の方法。
JP2018541485A 2015-10-27 2015-10-27 Stsマルチトロリーポータルガントリーコンテナクレーン Active JP6701362B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
PCT/EP2015/074849 WO2017071736A1 (en) 2015-10-27 2015-10-27 Sts multi-trolley portal gantry container crane

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2018533537A JP2018533537A (ja) 2018-11-15
JP6701362B2 true JP6701362B2 (ja) 2020-05-27

Family

ID=54356336

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2018541485A Active JP6701362B2 (ja) 2015-10-27 2015-10-27 Stsマルチトロリーポータルガントリーコンテナクレーン

Country Status (10)

Country Link
US (1) US10745250B2 (ja)
EP (1) EP3368463B1 (ja)
JP (1) JP6701362B2 (ja)
KR (1) KR102257222B1 (ja)
CN (1) CN108349712B (ja)
ES (1) ES2880470T3 (ja)
MA (1) MA43095B1 (ja)
MY (1) MY180746A (ja)
SG (1) SG11201803177SA (ja)
WO (1) WO2017071736A1 (ja)

Families Citing this family (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
GB2576381A (en) 2018-08-03 2020-02-19 Beckett Rankine Ltd Vehicle for hatch cover storage
JP2020066500A (ja) * 2018-10-24 2020-04-30 住友重機械搬送システム株式会社 荷役装置
CN109319702B (zh) * 2018-11-27 2020-08-14 绍兴市柯桥区欧祥机械有限公司 一种通过变径抵消水平作用力的防软腿升降车
KR102010563B1 (ko) * 2018-12-12 2019-08-13 정사교 갠트리 크레인
WO2020156560A1 (zh) * 2019-02-02 2020-08-06 广东博智林机器人有限公司 爬吊装置及其控制方法、行吊系统及其故障处理方法和控制方法
CN110077964A (zh) * 2019-04-02 2019-08-02 广东博智林机器人有限公司 一种单横梁多车体行吊系统及其运行控制方法
CN113548579A (zh) * 2021-09-23 2021-10-26 纽科伦(新乡)起重机有限公司 一种可折叠门式起重机

Family Cites Families (36)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US2743217A (en) * 1951-03-10 1956-04-24 Allied Chem & Dye Corp Distillation process
US2929258A (en) * 1957-09-18 1960-03-22 Harold J Mackway Joystick control mechanism
NL132484C (ja) * 1963-03-18 1900-01-01
US4139180A (en) 1976-03-18 1979-02-13 Mitsui Engineering & Shipbuilding Co., Ltd. Apparatus for breaking up large construction
JPS5598081A (en) * 1979-01-23 1980-07-25 Mitsui Miike Machinery Co Ltd Road travelling type portal crane
DE2911938B2 (de) 1979-03-27 1981-07-16 Mannesmann Demag Ag, 4100 Duisburg Krananlage zum Umschlag von Stückgut
US4358020A (en) * 1980-12-31 1982-11-09 J. I. Case Company Apparatus for aligning trolleys
JPS6223859Y2 (ja) * 1981-06-17 1987-06-18
JPS60159789U (ja) * 1984-04-03 1985-10-24
DK184585A (da) 1984-05-09 1985-11-10 Flyda Mordaunt Ltd Apparat til haandtering af containere
DE3432284A1 (de) * 1984-09-01 1986-03-13 Clemens-A. Dipl.-Ing. 5600 Wuppertal Verbeek Schienen-transportsystem mit im abstand von der lagerebene angeordnetem verfahrwagen
JPS6250190U (ja) * 1985-09-13 1987-03-28
JP2548478Y2 (ja) * 1989-06-23 1997-09-24 日本ホイスト株式会社 橋形クレーン
DE4123931A1 (de) * 1991-07-19 1993-01-21 Orenstein & Koppel Ag Bordkran in portalbauweise
US5456560A (en) * 1993-01-26 1995-10-10 Virginia International Terminals, Inc. Method and apparatus for moving containers between a ship and a dock
DE4307254A1 (de) 1993-03-08 1994-09-15 Tax Ingenieurgesellschaft Mbh Lastenverladekran
US5603598A (en) * 1994-04-11 1997-02-18 Paceco Corp. Guide chute for cargo container handling cranes
JPH08217378A (ja) * 1995-02-08 1996-08-27 Mitsubishi Electric Corp クレーンの制御装置
KR0134235B1 (ko) * 1995-09-06 1998-04-21 한만엽 수평 순환식 갠트리 크레인
US6601717B1 (en) * 1996-12-09 2003-08-05 Jon Khachaturian Powered lifting apparatus using multiple booms
US6524050B1 (en) 1998-03-10 2003-02-25 Acta Maritime Development Corporation Container transfer terminal system and method
KR100306296B1 (ko) 1999-02-20 2001-09-24 한만엽 순환식 트롤리를 갖는 갠트리크레인
US6652211B2 (en) 2001-12-11 2003-11-25 Paceco Corp. Buffer straddle crane for cargo container handling operations
US6602036B2 (en) * 2001-12-11 2003-08-05 Toru Takehara Buffer bridge crane for cargo container handling operations
JP4187445B2 (ja) * 2002-02-25 2008-11-26 高砂熱学工業株式会社 クレーン
DE10313769B4 (de) 2003-03-22 2005-10-06 Noell Crane Systems Gmbh Mehrkatzcontainerkran
DE102005006206B4 (de) * 2005-02-11 2007-08-16 Gottwald Port Technology Gmbh Sturmsicherung für Krane
US7546929B2 (en) * 2005-10-31 2009-06-16 Marine Travelift, Inc. Powered auxiliary hoist mechanism for a gantry crane
JP2007269425A (ja) * 2006-03-30 2007-10-18 Mitsui Eng & Shipbuild Co Ltd コンテナクレーン
JP2008156015A (ja) * 2006-12-21 2008-07-10 Murata Mach Ltd 移動クレーン
FR2929258B1 (fr) * 2008-03-25 2010-05-07 Weidenhoffer Vladimir Nevsimal Portique geant
ITMO20080088A1 (it) * 2008-03-27 2009-09-28 Luciano Fantuzzi Gru da banchina portuale per il sollevamento e la movimentazione di carichi, particolarmente container
DE102008061199B3 (de) * 2008-12-09 2010-08-05 Gottwald Port Technology Gmbh Brücken- oder Portalkran für den Umschlag von normierten Ladungsträgern, insbesondere für den Umschlag von ISO-Containern im Hafenbereich
WO2014092643A1 (en) 2012-12-14 2014-06-19 Cda Projects Pte Ltd Co. Loading and unloading system for containers at quayside
CN204342298U (zh) * 2014-12-01 2015-05-20 河南机电高等专科学校 一种双轨门式起重机
CN204324739U (zh) * 2014-12-07 2015-05-13 曹东 Xj型手动门式起重机

Also Published As

Publication number Publication date
MA43095B1 (fr) 2021-07-29
US10745250B2 (en) 2020-08-18
WO2017071736A1 (en) 2017-05-04
ES2880470T3 (es) 2021-11-24
SG11201803177SA (en) 2018-05-30
MY180746A (en) 2020-12-08
EP3368463B1 (en) 2021-06-09
CN108349712B (zh) 2020-08-18
US20180312375A1 (en) 2018-11-01
MA43095A (fr) 2021-05-12
JP2018533537A (ja) 2018-11-15
CN108349712A (zh) 2018-07-31
KR102257222B1 (ko) 2021-05-27
KR20180084821A (ko) 2018-07-25
EP3368463A1 (en) 2018-09-05

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6701362B2 (ja) Stsマルチトロリーポータルガントリーコンテナクレーン
US5478181A (en) Method and apparatus for moving containers between a ship and a dock
KR20150034278A (ko) 오버헤드 크레인 및 적어도 두 개의 오버헤드 크레인의 어셈블리
CN101476287B (zh) 轮胎式门吊搬运大型箱梁的施工方法
CN101323415A (zh) 穿越式双小车桥架型起重机
CN102602712A (zh) 一种钢箱梁节段滚装装船的方法
CN101559905A (zh) 一种缆载吊机
CN109653105A (zh) 箱梁桥悬臂施工挂篮主桁系统及其使用方法
CN108360385A (zh) 一种钢箱梁吊装限位缓冲施工方法
CN205973518U (zh) 轨道龙门吊车
KR200382118Y1 (ko) 틸팅 기능을 가지는 유압동조 대차 그룹을 이용한 초대형중량물 이동장치
CA2101966C (en) Boom extension for gantry cranes
CN103086276B (zh) 一种吊装高层井塔型建筑物内桥式起重机的施工方法
CN107399676B (zh) 一种双梁桥式起重机
CN202220047U (zh) 双超悬臂大基距电磁门式起重机
CN103174093A (zh) 一种支架区钢箱梁的安装装置及其安装方法
CN112605627A (zh) 一种船舶一体化隔振抗冲装置进舱输送系统
CN207986537U (zh) 大吨位钢梁装卸船悬臂吊机
CN110593132A (zh) 一种架桥机悬臂式承重结构
CN207608243U (zh) 一种稳定安全的建筑塔吊
JP2002332613A (ja) 橋梁撤去作業機
CN211006367U (zh) 一种架桥机悬臂式承重结构
KR101160273B1 (ko) 교량공사용 스트래들 캐리어
CN207142680U (zh) 一种双梁桥式起重机
CN101391727A (zh) 吊车

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20180627

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20181024

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20190611

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20190701

A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20191001

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20200406

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20200501

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6701362

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150