JP6136233B2 - 車両のセンターピラー下部車体構造 - Google Patents

車両のセンターピラー下部車体構造 Download PDF

Info

Publication number
JP6136233B2
JP6136233B2 JP2012276805A JP2012276805A JP6136233B2 JP 6136233 B2 JP6136233 B2 JP 6136233B2 JP 2012276805 A JP2012276805 A JP 2012276805A JP 2012276805 A JP2012276805 A JP 2012276805A JP 6136233 B2 JP6136233 B2 JP 6136233B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
center pillar
inner panel
pillar inner
panel
vehicle
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2012276805A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2014118109A (ja
Inventor
拓也 平田
拓也 平田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Suzuki Motor Co Ltd
Original Assignee
Suzuki Motor Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Suzuki Motor Co Ltd filed Critical Suzuki Motor Co Ltd
Priority to JP2012276805A priority Critical patent/JP6136233B2/ja
Priority to CN201310556907.1A priority patent/CN103879456B/zh
Priority to DE102013225661.2A priority patent/DE102013225661B4/de
Publication of JP2014118109A publication Critical patent/JP2014118109A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6136233B2 publication Critical patent/JP6136233B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B62LAND VEHICLES FOR TRAVELLING OTHERWISE THAN ON RAILS
    • B62DMOTOR VEHICLES; TRAILERS
    • B62D25/00Superstructure or monocoque structure sub-units; Parts or details thereof not otherwise provided for
    • B62D25/02Side panels
    • B62D25/025Side sills thereof
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B62LAND VEHICLES FOR TRAVELLING OTHERWISE THAN ON RAILS
    • B62DMOTOR VEHICLES; TRAILERS
    • B62D25/00Superstructure or monocoque structure sub-units; Parts or details thereof not otherwise provided for
    • B62D25/04Door pillars ; windshield pillars

Description

本発明は、車両のセンターピラー下部車体構造に関する。
一般に4ドアの小型軽量車では、車体の左右の側面にフロントドアとリヤドアがそれぞれ設けられている。これらフロントドアとリヤドアは、車体側面の前後に形成されたドア開口部にセンターピラーを挟んで前後にそれぞれ設けられている。通常、フロントドアはフロントピラーにヒンジを介してドア開口部を開閉可能に支持され、リヤドアはセンターピラーにヒンジを介してドア開口部を開閉可能に支持されている。また、リヤドアにスライドドアを採用した車両では、車体側に設けられたガイドレールに、ドア側のガイドローラを介してスライドドアがドア開口部を開閉可能に支持されている。
前記車体の側面は、車体上部側のルーフパネルと車体下部側のサイドシル部との間に設けられたサイドボディによって構成され、このサイドボディにフロントドアとリヤドアが組付けられている。このサイドボディは、車体外側を構成するサイドボディアウタパネルと、車体室内側を構成する各インナパネルで閉じ断面を構成している。フロントドアとリヤドアの間を仕切るセンターピラーは、サイドボディアウタパネルのセンターピラー部とセンターピラーインナパネルとで閉じ断面を構成して形成されている。センターピラーインナパネルは上部側をルーフパネルの側部両側に配設されたルーフレールに接合され、下部側をサイドシル部に接合されている。
前記サイドボディアウタパネルのセンターピラー部とセンターピラーインナパネルとの間には、シートベルトリトラクタが内蔵されており、このセンターピラーインナパネルの下部側には、シートベルトを引き出すための開口部が形成されている。シートベルトリトラクタは、専用ブラケットに取り付けられており、この専用ブラケットがセンターピラーインナパネルに固定されている。また、ドア用ハーネスが専用ブラケットに固定されている。
一方、サイドシル部は、サイドボディアウタパネルのサイドシル部と、サイドシルインナパネルと、サイドシルストレングスとで閉じ断面が構成されている(特許文献1、2参照)。このサイドシル部では、側突時にサイドシル部が、衝撃を受けるとサイドシルストレングスも捩じれながら、所謂、山折れの状態で屈曲することがある。この側突時のサイドシルストレングスの山折れ対策と、エンジンマウントの振動でサイドシルストレングスの断面が潰れる対策から補強部材として、バルクヘッド(隔壁)がサイドシルストレングスの断面内に配置されている。
特開平5−286457号公報 特開平7−010034号公報
従来の構造では、側突時にサイドシル部が、衝撃を受けるとサイドシルストレングスも捩じれながら、山折れの状態で屈曲することがあり、このサイドシルストレングスの山折れに伴って、サイドシル部が車室内に侵入してくることがある。サイドシル部が車室内に侵入してくると、通常、センターピラーも回転を伴って車室内に侵入し、乗員に対する保護が不十分になることがある。そこで、側突時のサイドシルストレングスの山折れ対策から、バルクヘッドをサイドシルストレングスの断面内に配置する必要が生じるなど、部品点数の増大から荷重の増大とコストの増加を招くことになる。また、センターピラーインナパネルには、シートベルトを引き出すための開口部が形成されている。そこで、中間位置、所謂、ベルトラインの強度を確保するため、センターピラーインナパネルの剛性を上げるため、センターピラーインナパネルに高強度の材料を使用すると、シートベルトを引き出すための開口部を形成する作業が厄介である。さらに、サイドボディアウタパネルのセンターピラー部とセンターピラーインナパネルとの間に、シートベルトリトラクタを内蔵している。このため、シートベルトリトラクタを取り付けるための専用ブラケットを用いる必要があり、重量の増大およびコストの増加を招くことになる。
本発明は、上記課題を解決し、センターピラーの下部に脆弱部を設けて側突時に折れを誘発し、これによってセンターピラーのベルトライン部の折れを防ぐことができる車両のセンターピラー下部車体構造を提供することを目的とする。
本発明は、上記課題を解決するため、サイドボディアウタパネルのセンターピラー部とセンターピラーインナパネルとでセンターピラーを構成し、このセンタピラーの下部側にサイドシル部を形成した車両のセンターピラー下部車体構造において、前記センターピラーインナパネルを上部側センターピラーインナパネルと下部側センターピラーインナパネルの2分割に構成し、前記下部側センターピラーインナパネルの車体前後方向両側の上部フランジ部の上部同士を結ぶ線はシートベルトリトラクタの上端よりも上下方向に低く位置しており、前記上部側センターピラーインナパネルの下端からシートベルトリトラクタの上端には上下方向に一定の間隙をおいて設けられており、前記下部側センターピラーインナパネルを前記サイドシル部に締結するとともに該下部側センターピラーインナパネルと前記サイドボディアウタパネルのセンターピラー部との間にシートベルトリトラクタ設置箇所を設けたことにある。
また、本発明は、前記サイドボディアウタパネルのセンターピラー部の車体前後方向両側下端部を曲線形状に形成してサイドシル部に連続させ、この湾曲部に沿うように、前記下部側センターピラーインナパネルの車体前後方向両側のフランジ部を曲線形状に形成し、この下部側センターピラーインナパネルのフランジ部を前記サイドボディアウタパネルのセンターピラー部下端部湾曲部に接合したことにある。
さらに、本発明は、前記下部側センターピラーインナパネルのフランジ部の下部側に略四角形状のパネル部を設け、このパネル部の下部を前記サイドボディアウタパネルのサイドシル部の底部フランジ部に結合したことにある。
またさらに、本発明は、前記下部側センターピラーインナパネルの車体前後方向両側のフランジ部のそれぞれ上部側結合部と下部側結合部で囲まれた領域にシートベルトリトラクタを取り付ける結合点を設けたことにある。
また、本発明は、前記下部側センターピラーインナパネルの上端縁部に室内方向に突出する膨出部を設け、この膨出部とサイドボディアウタパネルのセンターピラー部で囲まれた領域にシートベルトリトラクタを収納したことにある。
第1の発明によれば、センターピラーインナパネルを上部側センターピラーインナパネルと下部側センターピラーインナパネルの2分割に構成し、前記下部側センターピラーインナパネルの車体前後方向両側の上部フランジ部の上部同士を結ぶ線はシートベルトリトラクタの上端よりも上下方向に低く位置しており、前記上部側センターピラーインナパネルの下端からシートベルトリトラクタの上端には上下方向に一定の間隙をおいて設けられており、前記下部側センターピラーインナパネルをサイドシル部に締結するとともに該下部側センターピラーインナパネルとサイドボディアウタパネルのセンターピラー部との間にシートベルトリトラクタ設置箇所を設けたので、上部側センターピラーインナパネルと下部側センターピラーインナパネルの間を脆弱部として折れを誘発する構成にしていることからセンターピラーのベルトライン部分での折れを防ぎ、搭乗者の障害値を下げることができるとともに軽量化とコストダウンができる。
第2の発明によれば、サイドボディアウタパネルのセンターピラー部の車体前後方向両側下端部を曲線形状に形成してサイドシル部に連続させ、この湾曲部に沿うように、下部側センターピラーインナパネルの車体前後方向両側のフランジ部を曲線形状に形成し、この下部側センターピラーインナパネルのフランジ部を前記サイドボディアウタパネルのセンターピラー部下端部湾曲部に接合したので、センターピラーからサイドシル部にかけての強度を向上し、サイドシル部の剛性を向上することができる。
第3の発明によれば、下部側センターピラーインナパネルのフランジ部の下部側に略四角形状のパネル部を設け、このパネル部の下部をサイドボディアウタパネルのサイドシル部の底部フランジ部に結合したので、サイドシル部の剛性を向上できることからサイドシルストレングスの山折れを防ぐことができる。
第4の発明によれば、下部側センターピラーインナパネルの車体前後方向両側のフランジ部のそれぞれ上部側結合部と下部側結合部で囲まれた領域にシートベルトリトラクタを取り付ける結合点を設けたので、専用ブラケットが不要で部品点数の削減を図ることができる。
第5の発明によれば、下部側センターピラーインナパネルの上端縁部に室内方向に突出する膨出部を設け、この膨出部とサイドボディアウタパネルのセンターピラー部で囲まれた領域にシートベルトリトラクタを収納したので、シートベルトリトラクタの収納スペースを容易に確保することができるとともに、シートベルトリトラクタの取付剛性を確保するとともに、その設置を容易に行うことができる。
本発明の車両のセンターピラー下部車体構造を適用した4ドアの小型軽量車の車体を示す斜視図である。 本発明の車両のセンターピラー下部車体構造を車室内側から見たシートベルトリトラクタの取付部の斜視図である。 本発明の車両のセンターピラー下部車体構造を車室内側から見たシートベルトリトラクタの取付部の正面図である。
以下、本発明の実施の形態を、図面を参照しながら詳細に説明する。
図1ないし図3において、4ドアの小型軽量車の車体1の側面には、車体上部側のルーフパネル2と車体下部側のサイドシル部3との間にサイドボディ4が設けられ、このサイドボディ4は、車体外側のサイドボディアウタパネル5と、車体内側の各インナパネルで閉じ断面を構成して組付けられている。前記左右のサイドボディ4には、前後にドア用開口部4A,4Bが設けられ、これらドア用開口部4A,4Bには、図示しないフロントドアとリヤドアが設けられている。前記左右のサイドボディ4のドア用開口部4A,4B相互間には、開口部を前後に仕切るセンターピラー6が設けられている。
このセンターピラー6は、前記サイドボディアウタパネル5のセンターピラー部51と、このセンターピラー部51と接合されるセンターピラーインナパネル7とで構成されている。前記サイドボディアウタパネル5のセンターピラー部51は、横断面略コ字形形状に形成されており、このコ字形断面内にシートベルトリトラクタ8が配置されている。前記センターピラーインナパネル7は、上部側センターピラーインナパネル71と下部側センターピラーインナパネル72とで上下に分割して構成されている。これら上部側センターピラーインナパネル71と下部側センターピラーインナパネル72は、上下方向に一定の間隙Kをおいて設けられており、上部側センターピラーインナパネル71と下部側センターピラーインナパネル72相互間にシートベルトリトラクタ8の取付部8Aが設けられている。上部側センターピラーインナパネル71は、剛性のある材質で成形されており、下部側センターピラーインナパネル72は、上部側センターピラーインナパネル71よりも剛性の低い材質で成形することができる。
前記上部側センターピラーインナパネル71は、上端部をルーフパネル2の車体前後方向両側に沿って室内側に設けられた図示しないルーフレールに接合され、下端部をシートベルトリトラクタ8の取付部8Aの上方位置まで配設されている。
また、この上部側センターピラーインナパネル71は、車体前後方向両側のフランジ部71aを前記サイドボディアウタパネル5のセンターピラー部51の前後のフランジ部51aに閉じ断面を形成するようにスポット溶接wにより接合されている。
一方、下部側センターピラーインナパネル72は、車体前後方向両側の上部フランジ部72aを前記サイドボディアウタパネル5のセンターピラー部51の前後のフランジ部51aにスポット溶接wにより接合されている。また、下部側センターピラーインナパネル72は、下部側72bをセンターピラー6の中間部の幅m1よりも太い幅m2で下方に垂下させ、略四角形状のパネル部分72cが前記サイドボディアウタパネル5のサイドシル部52に接合されたサイドシルストレングス9に重なるように延出されている。この四角形状のパネル部分72cは上下部72d,72eをサイドシルストレングス9の上下部側フランジ部9a,9bにスポット溶接wにより接合されている。このサイドシルストレングス9の車室内側には、サイドシルインナパネル10がスポット溶接wにより接合されて閉じ断面が形成されている。前記サイドボディアウタパネル5のサイドシル部52と、サイドシルストレングス9と、サイドシルインナパネル10が互いにスポット溶接wにより3枚で接合されてサイドシル部3が形成されている。
前記下部側センターピラーインナパネル72の上端縁部には、車室内側に膨出した膨出部72fが形成されており、前記サイドボディアウタパネル5のセンターピラー部51と、該膨出部72fとの間の空間部72gには、シートベルトリトラクタ8の取付部8Aが設けられている。前記シートベルトリトラクタ8は膨出部72fの壁面に設けられた取付穴72hにねじ72i等を介して1か所で取り付けられている。このシートベルトリトラクタ8を取り付ける結合点(ねじ72i位置)は、下部側センターピラーインナパネル72の車体前後方向両側の上部フランジ部72aの上部同士を結ぶ線L1と、下部同士を結ぶ線L2で囲まれた領域に設けられている。
上記構成によると、サイドボディアウタパネル5のサイドシル部52と、サイドシルストレングス9と、サイドシルインナパネル10が互いにスポット溶接wにより接合されてサイドシル部3が形成されている。そして、このサイドシル部3には、略四角形状のパネル部分72cが前記サイドボディアウタパネル5のサイドシル部52に接合されたサイドシルストレングス9に重なるように延出されているので、サイドシル部3を補強し、剛性を向上することができる。したがって、サイドシル部3の剛性を向上することができるので、従来使用していたサイドシル部を補強するバルクヘッドを廃止することができる。
また、センターピラーインナパネル7は、上部側センターピラーインナパネル71と下部側センターピラーインナパネル72とで上下に分割して構成されているので、この部分を脆弱部にすることができる。そして、側突に際しては、この上部側センターピラーインナパネル71と下部側センターピラーインナパネル72の間の脆弱部で折れを誘発することができる。このため、折れを発生させたくないベルトライン部での折れを防ぎ、室内乗員の障害値を低下させることができる。
センターピラーインナパネル7は、上部側センターピラーインナパネル71と下部側センターピラーインナパネル72とで上下に分割して構成されているので、シートベルトリトラクタ8からシートベルトを引き出す穴を開ける必要がないことから、作業能率の向上を図ることができる。また、下部側センターピラーインナパネル72には、上部側センターピラーインナパネル71よりも強度の低い素材を用いることができるので、絞りなどのプレス形状の自由度が向上するので、作成作業が容易となり、かつ経済的である。
下部側センターピラーインナパネル72に、シートベルトリトラクタ8を固定する座面を設けることができるので、シートベルトリトラクタ8を固定するブラケットが不要となる。また、下部側センターピラーインナパネル72には、ドア用ハーネスの固定穴を設けることができるので、ハーネス用のブラケットが不要となる。したがって、軽量化が図れると共に経済的である。下部側センターピラーインナパネル72には、エアバッグ(A/B)システムのセンサの固定も行うことができるので、多くの用途に用いることができる。
なお、本発明は、上記実施の形態のみに限定されるものではなく、例えば、上部側センターピラーインナパネル71と下部側センターピラーインナパネル72は、上下方向に一定の間隙Lを置いて配設されているが、この間隙Lは必要に応じて任意に設定することができる。また、下部側センターピラーインナパネル72は、略四角形状のパネル部分72cの大きさを変えることで、バルクヘッドとしての機能をより大きくすることができる。その他、本発明の技術的範囲を変更しない範囲内で適宜変更して実施し得ることは言うまでもない。
1 車体
2 ルーフパネル
3 サイドシル部
4 サイドボディ
5 サイドボディアウタパネル
6 センターピラー
7 センターピラーインナパネル
8 シートベルトリトラクタ
9 サイドシルストレングス
10 サイドシルインナパネル
51 サイドボディアウタパネルのセンターピラー部
71 上部側センターピラーインナパネル
72 下部側センターピラーインナパネル

Claims (5)

  1. サイドボディアウタパネルのセンターピラー部とセンターピラーインナパネルとでセンターピラーを構成し、このセンタピラーの下部側にサイドシル部を形成した車両のセンターピラー下部車体構造において、前記センターピラーインナパネルを上部側センターピラーインナパネルと下部側センターピラーインナパネルの2分割に構成し、前記下部側センターピラーインナパネルの車体前後方向両側の上部フランジ部の上部同士を結ぶ線はシートベルトリトラクタの上端よりも上下方向に低く位置しており、前記上部側センターピラーインナパネルの下端からシートベルトリトラクタの上端には上下方向に一定の間隙をおいて設けられており、前記下部側センターピラーインナパネルを前記サイドシル部に締結するとともに該下部側センターピラーインナパネルと前記サイドボディアウタパネルのセンターピラー部との間にシートベルトリトラクタ設置箇所を設けたことを特徴とする車両のセンターピラー下部車体構造。
  2. 前記サイドボディアウタパネルのセンターピラー部の車体前後方向両側下端部を曲線形状に形成してサイドシル部に連続させ、この湾曲部に沿うように、前記下部側センターピラーインナパネルの車体前後方向両側のフランジ部を曲線形状に形成し、この下部側センターピラーインナパネルのフランジ部を前記サイドボディアウタパネルのセンターピラー部下端部湾曲部に接合したことを特徴とする請求項1に記載の車両のセンターピラー下部車体構造。
  3. 前記下部側センターピラーインナパネルのフランジ部の下部側に略四角形状のパネル部を設け、このパネル部の下部を前記サイドボディアウタパネルのサイドシル部の底部フランジ部に結合したことを特徴とする請求項2に記載の車両のセンターピラー下部車体構造。
  4. 前記下部側センターピラーインナパネルの車体前後方向両側のフランジ部のそれぞれ上部側結合部と下部側結合部で囲まれた領域にシートベルトリトラクタを取り付ける結合点を設けたことを特徴とする請求項2または3に記載の車両のセンターピラー下部車体構造。
  5. 前記下部側センターピラーインナパネルの上端縁部に室内方向に突出する膨出部を設け、この膨出部とサイドボディアウタパネルのセンターピラー部で囲まれた領域にシートベルトリトラクタを収納したことを特徴とする請求項1ないし4のいずれか1項に記載の車両のセンターピラー下部車体構造。
JP2012276805A 2012-12-19 2012-12-19 車両のセンターピラー下部車体構造 Active JP6136233B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012276805A JP6136233B2 (ja) 2012-12-19 2012-12-19 車両のセンターピラー下部車体構造
CN201310556907.1A CN103879456B (zh) 2012-12-19 2013-11-11 车辆的中柱下部车体结构
DE102013225661.2A DE102013225661B4 (de) 2012-12-19 2013-12-11 Untere Struktur einer Mittelsäule eines Fahrzeugs

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012276805A JP6136233B2 (ja) 2012-12-19 2012-12-19 車両のセンターピラー下部車体構造

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2014118109A JP2014118109A (ja) 2014-06-30
JP6136233B2 true JP6136233B2 (ja) 2017-05-31

Family

ID=50878996

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2012276805A Active JP6136233B2 (ja) 2012-12-19 2012-12-19 車両のセンターピラー下部車体構造

Country Status (3)

Country Link
JP (1) JP6136233B2 (ja)
CN (1) CN103879456B (ja)
DE (1) DE102013225661B4 (ja)

Families Citing this family (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6344126B2 (ja) * 2014-08-05 2018-06-20 スズキ株式会社 センターピラー構造
DE102014111075A1 (de) * 2014-08-05 2016-02-11 Dr. Ing. H.C. F. Porsche Aktiengesellschaft Kraftfahrzeug mit einem einstellbaren Schweller
FR3030406B1 (fr) * 2014-12-17 2016-12-16 Renault Sa Fixation d'un enrouleur de ceinture de securite sur le pied milieu du vehicule, renforcee transversalement.
CN104691628B (zh) * 2015-01-19 2017-06-06 北京汽车股份有限公司 自动弹出式汽车b柱、控制系统及汽车
DE102016204333A1 (de) * 2016-03-16 2017-09-21 Bayerische Motoren Werke Aktiengesellschaft Kraftfahrzeug
US10399602B2 (en) * 2017-02-17 2019-09-03 Ford Global Technologies, Llc Vehicle body including reinforcement on rocker panel
JP6838523B2 (ja) * 2017-08-10 2021-03-03 トヨタ自動車株式会社 車両側部構造
JP6713497B2 (ja) * 2018-03-06 2020-06-24 株式会社豊田自動織機 車両用センタピラー
CN111923862A (zh) * 2020-07-13 2020-11-13 浙江零跑科技有限公司 汽车前排安全带卷收器安装支架

Family Cites Families (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5286457A (en) 1975-11-24 1977-07-18 Nylon Prod Corp Method of forming marble pattern on plastic material
JPH0447009Y2 (ja) * 1986-03-28 1992-11-06
JP2514658Y2 (ja) * 1989-07-18 1996-10-23 トヨタ自動車株式会社 センタピラー下部構造
JPH0370580U (ja) * 1989-11-15 1991-07-16
JP2982276B2 (ja) * 1990-10-17 1999-11-22 三菱自動車工業株式会社 センタピラー構造およびその製造方法
JP3142020B2 (ja) * 1992-04-06 2001-03-07 スズキ株式会社 自動車のセンターピラーとサイドシルの接続部構造
JP2607534Y2 (ja) * 1993-03-26 2001-11-12 富士重工業株式会社 車両のピラー補強構造
JPH0710034A (ja) * 1993-06-25 1995-01-13 Suzuki Motor Corp 自動車のセンターピラー構造
JP3287130B2 (ja) * 1993-10-06 2002-05-27 トヨタ自動車株式会社 シートベルトリトラクタ取付構造
JP3799728B2 (ja) * 1997-04-11 2006-07-19 日産自動車株式会社 自動車のベルトリトラクタ取付構造
DE10162741B4 (de) * 2001-12-20 2016-12-01 GM Global Technology Operations LLC (n. d. Ges. d. Staates Delaware) B-Säule eines Kraftfahrzeuges
JP3696554B2 (ja) * 2002-02-04 2005-09-21 本田技研工業株式会社 車両用リトラクタ取付構造
US7152914B2 (en) * 2005-03-21 2006-12-26 Gm Global Technology Operations, Inc. Vehicle center pillar structure
JP2008239026A (ja) * 2007-03-28 2008-10-09 Hino Motors Ltd ピラー下部構造
JP2008254595A (ja) * 2007-04-05 2008-10-23 Toyota Motor Corp 車体のピラー構造
JP5131065B2 (ja) * 2008-07-14 2013-01-30 トヨタ自動車株式会社 車両のピラー構造及びその製造方法。
JP2011218897A (ja) * 2010-04-06 2011-11-04 Toyota Motor Corp 車両用構造体

Also Published As

Publication number Publication date
DE102013225661A1 (de) 2014-06-26
DE102013225661B4 (de) 2019-08-29
CN103879456A (zh) 2014-06-25
JP2014118109A (ja) 2014-06-30
CN103879456B (zh) 2016-01-20

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6136233B2 (ja) 車両のセンターピラー下部車体構造
JP5760926B2 (ja) 車両用開閉体構造
JP5088570B2 (ja) 車両のセンターピラー構造
JP6090241B2 (ja) サンルーフ付き自動車の上部車体構造
US20110179719A1 (en) Back door structure of vehicle
US8511731B2 (en) Vehicle partition side member structure
US20020093219A1 (en) Reinforced door frame for a motor vehicle
JP4848911B2 (ja) 自動車の側部車体構造
JP2008238885A (ja) 自動車の後部車体構造
KR100412906B1 (ko) 자동차의 프런트필러패널어셈블리 구조
KR101856248B1 (ko) 측면충돌에 대한 보강부재를 구비한 2도어 또는 3도어 차량
JP2006199173A (ja) 車体構造
JP4535850B2 (ja) 自動車の車体側部における補強構造
JP5584264B2 (ja) 車両用ドア
JP4914586B2 (ja) 車両の側部車体構造
JP2008265693A (ja) 自動車の側部構造
JP6001324B2 (ja) 車両の車体構造
JP2006096348A5 (ja)
JP6609824B2 (ja) 車両の前部構造
JP3622266B2 (ja) 車体の後部構造
JP5516001B2 (ja) 車両の側部構造
JP4314991B2 (ja) 車体後部構造
JP5756650B2 (ja) 車両用ドアのドアミラー取付け構造
JP2008068755A (ja) 自動車用シートベルト装置の取付構造
JP5012381B2 (ja) 車体後部構造

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20151113

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20160609

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20160726

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20160923

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20161221

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20170220

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20170404

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20170417

R151 Written notification of patent or utility model registration

Ref document number: 6136233

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R151