JP6001632B2 - 遊技機 - Google Patents

遊技機 Download PDF

Info

Publication number
JP6001632B2
JP6001632B2 JP2014259047A JP2014259047A JP6001632B2 JP 6001632 B2 JP6001632 B2 JP 6001632B2 JP 2014259047 A JP2014259047 A JP 2014259047A JP 2014259047 A JP2014259047 A JP 2014259047A JP 6001632 B2 JP6001632 B2 JP 6001632B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
effect
state
game
button
symbol
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2014259047A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2016116759A (ja
Inventor
直幸 渡辺
直幸 渡辺
Original Assignee
京楽産業.株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 京楽産業.株式会社 filed Critical 京楽産業.株式会社
Priority to JP2014259047A priority Critical patent/JP6001632B2/ja
Publication of JP2016116759A publication Critical patent/JP2016116759A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6001632B2 publication Critical patent/JP6001632B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Description

本発明は遊技機に関し、特に操作手段(演出ボタン等)への操作に係る演出に関する。
従来、パチンコ遊技機において、遊技球が流下可能な遊技領域に始動口と開閉式の大入賞口を設けた機種では、遊技球が始動口に入賞すると始動条件の成立により大当り判定が行われて、特別図柄が変動した後、その大当り判定の結果を示す判定図柄が停止するように表示される。「大当り」と判定されると、大当り図柄が停止表示されて、通常は閉塞している大入賞口を開放する特別遊技が行われ、そこで、多数の遊技球を大入賞口に入賞させて、相当数の遊技球を獲得することができる。
遊技演出では、画像表示器に表示される画像(動画)、及びその画像に合わせてスピーカから出力される音声等により、特別図柄が変動表示されているときに、大当り判定の結果に基づいた変動演出が行われ、更に、演出ボタンの操作に係る演出として、特定の変動演出が行われているときには、操作有効期間が設定され、その操作有効期間において、遊技者に演出ボタンの操作を促す操作演出が行われ(例えば、演出ボタンが画像表示器に表示され)、そこで演出ボタンが操作されると、大当り判定の結果を示唆する示唆演出が行われる(例えば、カットイン演出が画像表示器に表示される)(特許文献1参照)。
尚、特許文献2には、演出ボタンを通常操作位置と突出操作位置とに亙って進退させることができ、遊技者が演出ボタンを通常操作位置及び突出操作位置を含む任意の位置から押下位置へ操作することができる演出ボタン装置が開示されている。
特開2013−059642号公報 特開2013−116169号公報
遊技機の演出ボタンの操作に係る演出として、単に、操作有効期間において、遊技者に演出ボタンの操作を促す操作演出を行い、そこで演出ボタンが操作されると、大当り判定の結果を示唆する示唆演出を行うだけでは、つまり、「大当り」と判定されたことを期待させる演出は、操作演出(操作有効期間)が開始される前からは行われないので、演出性が乏しい、或いは、演出効果を高めるのが難しいという問題がある。
本発明の目的は、操作手段(演出ボタン等)への操作に係る演出効果を高めることができる遊技機を提供することである。
発明(遊技機(1))は、遊技者が操作可能な操作手段(30)と、始動条件の成立により遊技者に有利な特別遊技を行うか否かの判定を行う判定手段(43(43a))と、前記判定の結果に基づいて、所定の演出手段(80)に演出を行わせる演出制御手段(70(75))とを備え、前記演出制御手段(70(75))は、前記操作手段(30)を第1の状態または第2の状態に変化させることが可能な変化手段(75a)と、遊技者に前記操作手段(30)への操作を促す操作演出を行わせる操作演出制御手段(75b)と、前記操作演出が行われているときに前記操作手段(30)への操作が行われると、前記判定の結果を示唆する結果示唆演出を行わせる結果示唆演出制御手段(75c)と、前記操作演出が行われる前に、当該操作演出が行われることを示唆する操作示唆演出を行わせることが可能な操作示唆演出制御手段(75d)とを有し、前記変化手段(75a)は、前記判定において前記特別遊技を行うと判定されたとき、前記特別遊技を行わないと判定されたときよりも高確率で、前記操作演出が行われる際に前記操作手段(30)を前記第2の状態に変化させ、前記操作示唆演出制御手段(75d)は、最終段階に向けて段階的に進行可能な段階演出を行わせることが可能であり、前記段階演出において、最終段階まで進行させるときと、最終段階よりも前の段階まで進行させるときとがあり、前記操作演出が行われる際に前記操作手段(30)が前記第2の状態に変化されるとき、前記操作手段(30)が前記第2の状態に変化されないときよりも高確率で、前記段階演出において最終段階まで進行させることを特徴とする。
第2の発明は、第1の発明において、前記変化手段(75a) は、前記操作手段(30)を第3の状態に変化させることが可能であり、前記段階演出において最終段階よりも前の段階に進行されているとき、前記操作手段(30)を前記第3の状態に変化させることを特徴とする。
本発明の遊技機によれば、操作手段への操作に係る演出効果を高めることができる。
本発明の実施例に係るパチンコ遊技機の正面図である。 パチンコ遊技機の制御系のブロック図である。 演出ボタンが通常操作位置にある状態の皿ユニットの斜視図である。 演出ボタンが突出操作位置にある状態の皿ユニットの斜視図である。 演出ボタンが押下位置にある状態の皿ユニットの斜視図である。 演出ボタン装置の斜視図である。 演出ボタン装置の演出ボタンと収容筒の分解斜視図である。 演出ボタン装置の演出ボタンと収容筒等を省略した主要部の斜視図である。 演出ボタン装置の進退機構の斜視図である。 演出ボタン装置の環状部材と係合ピンの平面図である。 パチンコ遊技機の機能ブロック図である。 大当り判定テーブルを示す図表である。 図柄判定テーブルを示す図表である。 特別遊技中の大入賞口の開放パターンと特別遊技終了後の遊技状態等を示す図表である。 第2始動口作動テーブルを示す図表である。 当り図柄の選択率と補助遊技中の第2始動口開放パターンを示す図表である。 複数の遊技状態とそれらの設定内容を示す図表である。 通常/潜確遊技状態用の変動パターン決定テーブルを示す図表である。 時短/確変遊技状態用の変動パターン決定テーブルを示す図表である。 コマンドの出力を示すタイムチャートである。 (a)が複数種類の図柄変動演出、(b)が複数種類の特別遊技演出、(c)が複数種類のエンディング演出を夫々示す図表である。 図柄変動演出を示す図である。 図柄変動演出の具体例を示す図である。 図23相当図である。 演出ボタンの第1〜第3の状態を示す図である。 演出ボタンを第3の状態における進退動作を示す図である。 第1,第2のボタン演出を示すタイムチャートである。 演出ボタンの第2の状態への変化割合を示す図表である。 操作演出画像を示す図である。 結果示唆演出画像を示す図である。 結果示唆演出画像の選択割合を示す図表である。 画像表示器の段階演出画像の表示部を示す図である。 段階演出画像を示す図である。 段階演出表示シナオリを示すタイムチャートである。 段階演出表示シナオリの選択割合を示す図表である。 演出ボタンの発光色を示す図表である。 段階演出発光シナオリを示す図表である。 段階演出発光シナオリの選択割合を示す図表である。 第3のボタン演出を示すタイムチャートである。 演出図柄の停止図柄列を示す図である。 変更形態に係る演出ボタンを示す図である。 変更形態に係る演出ボタンの状態を示す図表である。 変更形態に係る段階演出画像を示す図である。 変更形態に係るボタン演出を示すタイムチャートである。
以下、発明を実施するための形態について実施例に基づいて説明する。
図1に示すように、パチンコ遊技機1には、遊技場の島構造に取り付けられる外枠2に開閉枠3(内枠3)が開閉自在に装着され、開閉枠3に開閉扉4が開閉自在に装着されている。開閉扉4に窓4aが形成され、その窓4aに透明板4bが装着されている。開閉枠3の左端部に開閉扉4の左端部が鉛直軸心回りに回動自在に支持され、開閉扉4の右端部に、開閉扉4を開閉枠3に施錠するキーシリンダ4cが装着されている。開閉枠3に遊技盤5が装着され、この遊技盤5と透明板4bとの間に遊技球が流下可能な遊技領域5aが形成され、この遊技領域5aが開閉扉4により開閉される。
開閉扉4には、窓4aの下側に遊技球を貯留する上皿6aと下皿6bを有する皿ユニット6が装着され、この皿ユニット6に遊技者が操作可能な演出ボタン30(操作手段30)を有する演出ボタン装置7が設けられ、皿ユニット6の右下側に発射ハンドル8が装着されている。発射ハンドル8が回動操作されると、上皿6aから発射位置に導入された遊技球が発射され、上皿6aに複数の遊技球が貯留されている場合には、複数の遊技球が約0.6 秒間隔で連続発射される。発射された遊技球はガイドレール9aで案内され、遊技領域5aの上部に導入される。
図1、図2に示すように、遊技領域5aには、多数の障害釘10、第1始動口11、開閉式の第2始動口12aを有する始動口装置12、1対のゲート13、開閉式の大入賞口14aを有する大入賞口装置14、複数の一般入賞口15が、夫々遊技球が通過(入球・入賞)可能に図示の配置で設けられている。第1始動口11、1対のゲート13、複数の一般入賞口15には、夫々、そこに入賞した遊技球を検出する第1始動口SW11a、1対のゲートSW13a、複数の一般入賞口SW15aが付設されている。
始動口装置12は、第2始動口12a、第2始動口12aを開閉する開閉部材12b、第2始動口12aに入賞した遊技球を検出する第2始動口SW12c、開閉部材12bを開閉駆動する第2始動口SOL12d(「SOL」はソレノイドアクチュエータを意味する)を有し、第2始動口12aは、開閉部材12b及び第2始動口SOL12dによって、通常は遊技球が入賞し難い(入賞不可能な)閉状態となり、この閉状態と遊技球が入賞し易い開状態とに作動し得る。
大入賞口装置14は、大入賞口14a、大入賞口14aを開閉する開閉部材14b、大入賞口14aに入賞した遊技球を検出する大入賞口SW14c、開閉部材14bを開閉駆動する大入賞口SOL14dを有し、大入賞口14aは、開閉部材14b及び大入賞口SOL14dによって、通常は遊技球が入賞し難い(入賞不可能な)閉状態となり、この閉状態と遊技球が入賞し易い開状態とに作動し得る。
遊技球が入賞口11,12a,14a,15の何れかに入賞した場合、遊技球1個の入賞につき入賞口11,12a,14a,15毎に設定された数(数個〜10数個)の遊技球が賞球として上皿6aに払い出され、上皿6aが遊技球で満杯になっている場合には下皿6bに払い出される。遊技球が始動口11,12aの何れかに入賞した場合に大当り抽選が行われ、その大当り抽選に当選した場合、大入賞口14aを開放する大当り遊技が発生し、遊技球がゲート13を通過した場合に当り抽選が行われ、その当り抽選に当選した場合、第2始動口12aを開放する補助遊技が発生する。
遊技領域5aに発射された遊技球は、入賞口11,12a,14a,15の何れかに入賞すると、そこから遊技領域5a外へ排出されて回収され、また、入賞口11,12a,14a,15の何れにも入賞しないと、最終的に、遊技領域5aの下端部に設けた排出口9bから遊技領域5a外へ排出されて回収される。
遊技盤5にはセンタ役物16が取付けられ、このセンタ役物16に画像表示器17及び可動役物18が装備されている。画像表示器17は、その画面をパチンコ遊技機1の前側からセンタ役物16の内側を通して視認可能に配置され、この画像表示器17には主に遊技演出が表示され、可動役物18は、画像表示器17に表示される所定の遊技演出の一環として作動する。
遊技盤5の左下部に遊技表示盤19が設けられ、この遊技表示盤19は、第1特別図柄表示器19a、第2特別図柄表示器19b、普通図柄表示器19c、第1特別図柄保留ランプ19d、第2特別図柄保留ランプ19e、普通図柄保留ランプ19fを備えている。
第1特別図柄表示器19aには第1特別図柄が変動可能に表示され、第1特別図柄保留ランプ19dには第1特別図柄保留数が表示され、その第1特別図柄保留数は4未満の場合に第1始動口10に遊技球が入賞する毎に1加算される。第2特別図柄表示器19bには第2特別図柄が変動可能に表示され、第2特別図柄保留ランプ19eには第2特別図柄保留数が表示され、その第2特別図柄保留数は4未満の場合に第2始動口12aに遊技球が入賞する毎に1加算される。
第1,第2特別図柄が変動停止状態で、第1特別図柄保留数が1以上の場合、第2特別図柄保留数が0の場合には、第1特別図柄保留数が1減算されて第1特別図柄が変動開始され、その後の停止図柄で大当り抽選の結果が表示される。第1,第2特別図柄が変動停止状態で、第2特別図柄保留数が1以上の場合、第1特別図柄保留数に関わらず、第2特別図柄保留数が1減算されて第2特別図柄が変動開始され、その後の停止図柄で大当り抽選の結果が表示される。
普通図柄表示器19cには普通図柄が変動可能に表示され、普通図柄保留ランプ19fには普通図柄保留数が表示され、その普通図柄保留数は4未満の場合にゲート13に遊技球が入賞する毎に1加算される。普通図柄が変動停止状態で、普通図柄保留数が1以上の場合、普通図柄保留数が1減算されて普通図柄が変動開始され、その後の停止図柄で当り抽選の結果が表示される。
パチンコ遊技機1の制御系について説明する。
図2に示すように、パチンコ遊技機1の遊技に係る制御を実行する制御装置20は、遊技制御基板21、払出制御基板22、演出制御基板23、画像制御基板24、ランプ制御基板25を備え、これら制御基板21〜25に夫々CPUとROMとRAMを含むコンピュータを備えて構成され、演出制御基板23は更にRTC(「RTC」はリアルタイムクロックを意味する)を備えている。
遊技制御基板21のコンピュータは、第1,第2始動口SW11a,12c、1対のゲートSW13a、大入賞口SW14c、複数の一般入賞口SW15aからの信号、払出制御基板22からの制御情報(信号)を受けて、第2始動口SOL12d、大入賞口SOL14d、図柄表示器19a〜19c、図柄保留ランプ19d〜19fを制御し、払出制御基板22、演出制御基板23に制御情報を出力する。
払出制御基板22のコンピュータは、払出球検出SW26b、球有り検出SW26c、満タン検出SW26dからの信号、遊技制御基板21からの制御情報を受けて、払出モータ26aを制御し、遊技制御基板21に制御情報を出力する。演出制御基板23のコンピュータは、演出ボタン装置7(SW7a〜7c)からの信号、遊技制御基板21、画像制御基板24、ランプ制御基板25からの制御情報を受けて、演出ボタン装置7(LED34a、電動モータ36a)を制御し、画像制御基板24、ランプ制御基板25に制御情報を出力する。
画像制御基板24のコンピュータは、演出制御基板23からの制御情報を受けて、画像表示器17、スピーカ27を制御し、演出制御基板23に制御情報を出力する。ランプ制御基板25のコンピュータは、可動役物18(SW)からの信号、演出制御基板23からの制御情報を受けて、可動役物18(電動モータ)、枠ランプ28a、盤ランプ28bを制御し、演出制御基板23に制御情報を出力する。尚、ランプ制御基板25のコンピュータが、演出ボタン装置7(LED34a、電動モータ36a)を制御してもよい。
演出ボタン装置7について説明する。
演出ボタン装置7は、演出ボタン30を、図3に示す通常操作位置と、通常操作位置よりも上方へ進出する図4に示す突出操作位置と、通常操作位置よりも下方へ退入する図5に示す押下位置とに亙って進退可能に、且つ遊技者が演出ボタン30を通常操作位置及び突出操作位置を含む任意の位置から押下位置へ押下操作可能に構成され、演出ボタン30が通常操作位置、突出操作位置、及び押下位置にあることを夫々検出する通常操作位置SW7a、突出操作位置SW7b、及び押下位置SW7c(図2)を有する。
図3〜図10に示すように、演出ボタン装置7は、演出ボタン30と、演出ボタン30を進退自在に支持するボタンベース31と、演出ボタン30を進出方向へ付勢する1対のコイルバネ32と、演出ボタン30を通常操作位置と突出操作位置とに亙って自動的に進退させるボタン進退機構33とを備え、ボタンベース31、1対のコイルバネ32、及びボタン進退機構33は、皿ユニット6の内部に設けられている。
演出ボタン30は上壁と周壁を有する下端開放状に形成され、その下端部に環状部材30a(図10)が取り付けられている。皿ユニット6の上面壁にボタン孔6cが形成され、演出ボタン30は、皿ユニット6の内部からボタン孔6cを挿通してその上方外部へ露出し、ボタン孔6cよりも少し上方へ突出して通常操作位置になり、ボタン孔6cよりも大きく上方へ突出して突出操作位置になり、演出ボタン30の上端とボタン孔6cの上端とが略同じ高さ位置になって押下位置になる。
ボタンベース31は、皿ユニット6の所定の取付部(図示略)に固定された基台31aと、基台31aに載置固定されて演出ボタン30を収容する収容筒31bとを有する。基台31aに1対のガイドロッド31cが取り付けられ、これら1対のガイドロッド31cは、基台31aから演出ボタン30の進出方向へ延びて演出ボタン30の環状部材30aを挿通し、演出ボタン30をその姿勢を維持して進退自在に且つ回動不能にガイドする。
1対のコイルバネ32は、夫々、1対のガイドロッド31cに外装され、圧縮状態で、演出ボタン30の環状部材30aと基台31aとの間に装着されている。1対のガイドロッド31cの先端部に係止板31dが取り付けられ、コイルバネ32の付勢力により演出ボタン30の環状部材30aが係止板31dに係止された状態で、演出ボタン30が突出操作位置になる。
係止板31dは演出ボタン30の内側に配置され、その係止板31dの上面にLED基板34が取り付けられ、LED基板34の上面にカラー色で発光可能なLED34aが実装されている。LED34aは演出ボタン30にその内側から光を照射し、演出ボタン30は、そのLED34aからの光を外部へ透過して発光する。
図8〜図10に示すように、ボタン進退機構33は、基台31aに回動自在に支持された軸状部材35と、軸状部材35を回動させる回動駆動機構36と、軸状部材35の回動を演出ボタン30の進退に変換する動作変換機構37とを備え、演出ボタン30を進退させている途中でも、遊技者による演出ボタン30の押下操作が可能に、更に操作を止めると、演出ボタン30を途中から進退させることが可能に構成されている。
軸状部材35は、基台31aから演出ボタン30の進出方向へ延び、その進出方向と平行な軸心回りに回動自在に設けられ、演出ボタン30の環状部材30aは、その中心を軸状部材35の軸心と一致させて、軸状部材35に外装されている。回動駆動機構36は、基台31aに装着された電動モータ36a、及び電動モータ36aの駆動力を軸状部材35に伝達するギヤ列36bを有する。
動作変換機構37は、演出ボタン30の環状部材30aにその中心側へ突出するように設けられた1対の係合ピン40と、軸状部材35の外周部に設けられた1対の螺旋ガイド部41とを備えている。軸状部材35の外周部には、更に、1対のストレート段部42と1対の平滑ガイド部43が設けられ、1対の係合ピン40、1対の螺旋ガイド部41、1対のストレート段部42、及び1対の平滑ガイド部43は、夫々、軸状部材35の軸心に対して対称構造になっている。
ここで、軸状部材35の外周部には、1対の凸部35aが軸心対象に形成され、各凸部35aの周方向一端部に螺旋ガイド部41が、周方向他端部にストレート段部42が、下端部に平滑ガイド部43が形成されている。1対の係合ピン40は、軸状部材35の外周部のうち1対の凸部35a以外の凹部35b内へ突出し、コイルバネ32の付勢力により、1対の螺旋ガイド部41、1対の平滑ガイド部43に夫々係合可能である。
1対の係合ピン40が1対の平滑ガイド部43に係合した状態で、演出ボタン30が通常操作位置になり、この状態から、軸状部材35が図9の矢印I方向へ回動されると、1対の係合ピン40が1対の螺旋ガイド部41に係合し、この状態で、軸状部材35が図9の矢印I方向へ回動されると、演出ボタン30が突出操作位置になるまでは軸状部材35の回動角に応じた距離進出し、軸状部材35が図9の矢印II方向に回動されると、演出ボタン30が通常操作位置になるまでは軸状部材35の回動量に応じた距離退入する。
1対の係合ピン40が1対の螺旋ガイド部41の上端近傍に係合すると、演出ボタン30の環状部材30aが係止板31dに係止され、演出ボタン30が突出操作位置になる。1対の係合ピン40が1対の螺旋ガイド部41に係合した状態で、電動モータ36aの駆動方向及び駆動速度、つまり軸状部材35の回動方向及び回動速度を制御して、演出ボタン30の通常操作位置と突出操作位置間における進退動作を自由に行うことができる。
一方、1対の係合ピン40が1対の平滑ガイド部43に係合した状態、つまり演出ボタン30が通常操作位置にある状態から、軸状部材35が図9の矢印II方向へ回動されると、1対の係合ピン40が1対の平滑ガイド部43から係合解除して、コイルバネ32の付勢力により、1対の係合ピン40が1対のストレート段部42に沿って進出移動し、つまり演出ボタン30が通常操作位置から突出操作位置へ一気に進出する。
次に、図11に示すように、遊技制御基板21の主にコンピュータにより構成される図示の各手段40〜46,52〜55,60,61について説明する。
乱数更新手段40は、特別遊技を行うか否かを判定する為の大当り乱数と、特別遊技を行う場合に大当り図柄を判定する為の大当り図柄乱数と、特別遊技を行わない場合にリーチ状態にするか否かを判定する為のリーチ乱数と、特別図柄の変動パターン(変動時間)を判定する為の変動パターン乱数とを、夫々設定範囲内で微小時間毎に順次更新する。
図柄情報取得手段41は、遊技球が第1始動口11に入賞したときに第1特別図柄保留数が4未満の場合に、乱数更新手段40により更新された大当り乱数、大当り図柄乱数、リーチ乱数、及び変動パターン乱数を1組の第1特別図柄情報として取得し、遊技球が第2始動口12aに入賞したときに第2特別図柄保留数が4未満の場合に、乱数更新手段40により更新された大当り乱数、大当り図柄乱数、リーチ乱数、及び変動パターン乱数を1組の第2特別図柄情報として取得する。
図柄情報取得手段41により取得された特別図柄情報が特別図柄情報記憶手段42に記憶(保留)され、特別図柄情報記憶手段42に記憶されている第1特別図柄情報の数が第1特別図柄保留数となり、特別図柄情報記憶手段42に記憶されている第2特別図柄情報の数が第2特別図柄保留数となる。
第1,第2特別図柄が変動停止状態で、第1,第2特別図柄保留数の少なくとも一方が1以上の場合、特別図柄を変動開始させる始動条件が成立して、この始動条件の成立毎に、特別図柄情報記憶手段42に記憶されている特別図柄情報が、順次1ずつ特別図柄情報判定手段43による判定に供して、特別図柄情報記憶手段42から消去(保留消化)される。ここで、複数の特別図柄情報が保留されている場合、それら複数の特別図柄情報は、図柄情報取得手段41により取得された順番で前記判定に供して保留消化され、但し、第1,第2特別図柄情報の両方が保留されている場合には、第2特別図柄情報が第1特別図柄情報よりも優先して前記判定に供して保留消化される。
特別図柄情報判定手段43において、大当り判定手段43aは、前記始動条件の成立により保留消化された当該特別図柄情報の大当り乱数に基づいて、遊技者に有利な特別遊技(大当り遊技、小当り遊技)を行うか否かを判定し、図柄判定手段43bは、大当り判定手段43aより大当り遊技を行うと判定された場合、当該特別図柄情報の大当り図柄乱数に基づいて、停止表示させる大当り図柄を判定(選択)して、当該大当り遊技中の大入賞口14aの開放パターン、つまり有利度合いの異なる複数の大当り遊技の何れを行うかを決定すると共に、当該大当り遊技終了後の遊技状態を決定する。
大当り判定手段43aは、具体的に、図12に示す大当り判定テーブルを用いて、「通常遊技状態」又は「時短遊技状態」が設定されている場合には、約1/320 の割合(低確率)で、また、「潜確遊技状態」又は「確変遊技状態」が設定されている場合には、約10/320の割合(高確率)で、当該特別図柄情報の大当り乱数が大当り特定値と一致すると、大入賞口14aを開放する特別遊技である大当り遊技を行うと判定する。また、設定されている遊技状態に関わらず、約3/320 の割合で、当該特別図柄情報の大当り乱数が小当り特定値と一致すると、特別遊技の一種である小当り遊技を行うと判定する。
図柄判定手段43bは、具体的に、大当り判定手段43aにより大当り遊技を行うと判定された場合、複数の大当り図柄(図13に示す大当り図柄A〜D,a〜c)の何れかを選択し、小当り遊技を行うと判定された場合、小当り図柄を選択し、特別遊技(大当り遊技、小当り遊技)を行わないと判定された場合、ハズレ図柄を選択する。大当り図柄の選択について、当該特別図柄情報が第1特別図柄情報である場合は、図13に示す第1図柄選択テーブルにより規定される選択率で図柄選択を行い、当該特別図柄情報が第2特別図柄情報である場合は、図13に示す第2図柄選択テーブルにより規定される選択率で図柄選択を行う。
特別図柄情報判定手段43において、リーチ判定手段43cは、大当り判定手段43aにより大当り遊技を行うと判定された場合、基本的に大当りになることを期待させるリーチ状態にするが、大当り判定手段43aにより大当り遊技を行わないと判定された場合、当該特別図柄情報のリーチ乱数に基づいて、リーチ状態にするか否かを判定する。
特別図柄情報判定手段43において、変動パターン判定手段43dは、大当り判定手段43a、図柄判定手段43bによる判定結果に基づいて選択された図柄(大当り図柄A〜D,a〜c、小当り図柄、ハズレ図柄の何れか)、リーチ判定手段43cによる判定結果(リーチ状態にするか否か)、変動パターン乱数等に基づいて、特別図柄の変動パターン(変動時間)を判定(決定)する。変動パターン判定手段43dが特別図柄の変動パターンを決定する具体的な処理については後で説明する。
特別図柄表示制御手段44は、第1特別図柄情報が保留消化されたことを契機に第1特別図柄の変動表示を開始させ、第2特別図柄情報が保留消化されたことを契機に第2特別図柄の変動表示を開始させ、変動パターン判定手段43dにより決定された変動パターンで特別図柄を変動表示させて、つまり当該変動パターンで規定される変動時間、特別図柄を変動表示させた後に、大当り判定手段43a、図柄判定手段43bによる判定結果を示す判定図柄を停止表示させる。
大当り判定手段43aにより大当り遊技を行うと判定された場合には、図柄判定手段43bにより選択された大当り図柄A〜D,a〜cの何れかを停止表示させ、小当り遊技を行うと判定された場合には、小当り図柄を停止表示させ、特別遊技(大当り遊技、小当り遊技)を行わないと判定された場合には、ハズレ図柄を停止表示させる。
特別遊技実行手段45は、大当り判定手段43aにより特別遊技(大当り遊技、小当り遊技)を行うと判定された場合、特別図柄表示制御手段44により当該判定結果を示す判定図柄、つまり図柄判定手段43bにより選択された判定図柄(大当り図柄A〜D,a〜c、小当り図柄の何れか)が停止表示された後、その判定図柄に応じた開放パターンで大入賞口14aを開放する遊技者に有利な特別遊技(大当り遊技、小当り遊技)を行う。
図14に示すように、大当り遊技中の大入賞口14aの開放パターンは、大当り図柄の種類に応じて、16R長期開放、8R長期開放、8R短期開放(「R」はラウンドを意味する)の何れに設定され、小当り遊技中の大入賞口14aの開放パターンは、大当り図柄C,D,b,cに対応する開放パターンと同様に、8R短期開放に設定される。
具体的に、16R長期開放では、大入賞口14aが16Rに亙って開閉され、各ラウンドは、大入賞口14aを開放して開始後、大入賞口14aに遊技球が例えば10個入賞する、或いは例えば30秒経過するR終了条件が成立すると、大入賞口14aを閉塞して終了する。8R長期開放では、大入賞口14aが8Rに亙って開閉され、各ラウンドは開始後、16R長期開放と同様のR終了条件が成立すると終了する。8R短期開放では、大入賞口14aが8Rに亙って開閉され、各ラウンドは開始後、大入賞口14aに遊技球が例えば10個入賞する、或いは例えば0.1 秒経過するR終了条件が成立すると終了する。
事前判定手段46は、特別図柄情報記憶手段42に記憶されている特別図柄情報(即ち、後に特別図柄情報判定手段43による判定に供される特別図柄情報)に基づいて、具体的には、図柄情報取得手段41により特別図柄情報が取得された際、その特別図柄情報に対して、特別図柄情報判定手段43(大当り判定手段43a、図柄判定手段43b、リーチ判定手段43c、変動パターン判定手段43d)による判定と同等の判定(即ち、特別遊技を行うか否かの判定、大当り図柄A〜D,a〜c、小当り図柄、ハズレ図柄の決定、リーチ状態にするか否かの判定、特別図柄の変動パターンの決定)を事前に行う。
一方、乱数更新手段40は、補助遊技を行うか否かを判定する為の当り乱数と、補助遊技を行う場合に当り図柄を判定する為の当り図柄乱数とを、夫々設定範囲内で微小時間毎に順次更新する。図柄情報取得手段41は、遊技球がゲート13を通過したときに普通図柄保留数が4未満の場合に、乱数更新手段40により更新された当り乱数、及び当り図柄乱数を1組の普通図柄情報として取得する。図柄情報取得手段41により取得された普通図柄情報が普通図柄情報記憶手段52に記憶(保留)され、普通図柄情報記憶手段52に記憶されている普通図柄情報の数が普通図柄保留数となる。
普通図柄が変動停止状態で、普通図柄保留数が1以上の場合、普通図柄を変動開始させる始動条件が成立して、この始動条件の成立毎に、普通図柄情報記憶手段52に記憶されている普通図柄情報が、順次1ずつ普通図柄情報判定手段53による判定に供して、普通図柄情報記憶手段52から消去(保留消化)される。ここで、複数の普通図柄情報が保留されている場合、それら複数の普通図柄情報は、図柄情報取得手段41により取得された順番で前記判定に供して保留消化される。
普通図柄情報判定手段53において、当り判定手段53aが、前記始動条件の成立により保留消化された当該普通図柄情報の当り乱数に基づいて、遊技者に有利な補助遊技を行うか否かを判定し、補助遊技を行うと判定した場合、図柄判定手段53bが、当該普通図柄情報の当り図柄乱数に基づいて、停止表示させる当り図柄を判定(選択)して、当該補助遊技中の第2始動口12aの開放パターン、つまり有利度合いの異なる複数の補助遊技の何れを行うかを決定する。
具体的に、当り判定手段53aは、図15に示すように、「通常遊技状態」又は「潜確遊技状態」(「低作動モード」)が設定されている場合には、1/10の割合で、また、「時短遊技状態」又は「確変遊技状態」(「高作動モード」)が設定されている場合には、10/10 の割合で、補助遊技を行うと判定し、補助遊技を行うと判定すると、図柄判定手段53bは、図16に示すように、複数の当り図柄(当り図柄a,b)の何れかを図示の選択率により選択し、補助遊技を行わないと判定すると、ハズレ図柄を選択する。
普通図柄表示制御手段54は、普通図柄情報が保留消化されたことを契機に普通図柄の変動表示を開始させ、「通常遊技状態」又は「潜確遊技状態」(「低作動モード」)が設定されている場合には、12秒間、「時短遊技状態」又は「確変遊技状態」(「高作動モード」)が設定されている場合には、0.5 秒間、普通図柄を変動表示させた後、普通図柄判定情報手段43による判定結果を示す判定図柄を停止表示させる。
補助遊技実行手段55は、当り判定手段53aにより補助遊技を行うと判定された場合、普通図柄表示制御手段54により当該判定結果を示す判定図柄、つまり図柄判定手段53bにより選択された判定図柄(当り図柄a,bの何れか)が停止表示された後、その判定図柄に応じた開放パターンで第2始動口12aを開放する遊技者に有利な補助遊技を行う。具体的に、図15、図16に示すように、補助遊技中の第2始動口12aの開放パターンは、当り図柄の種類及び遊技状態(作動モード)に応じて図示のように設定される。
遊技状態制御手段60は、複数の遊技状態(図17に示す「通常遊技状態」「時短遊技状態」「潜確遊技状態」「確変遊技状態」)の何れかを択一的に設定し、その遊技状態で遊技を制御する。尚、電源投入時には前回の電源遮断時に設定されていた遊技状態を継続的に設定し、電源投入時に所謂RAMクリアが実行された場合には「通常遊技状態」を設定する。
図17に示すように、「通常遊技状態」又は「時短遊技状態」が設定された場合、大当り判定手段43aにより大当り遊技を行うと判定される大当り確率が低確率(図12に示す約1/320 )に設定され、「潜確遊技状態」又は「確変遊技状態」が設定された場合、大当り確率が高確率(図12に示す約10/320)に設定され、また、「通常遊技状態」又は「潜確遊技状態」が設定された場合、第2始動口作動モードとして、第2始動口12aを開状態に作動させ難い低作動モードに設定され、「時短遊技状態」又は「確変遊技状態」が設定された場合、第2始動口12aを開状態に作動させ易い高作動モードが設定される。
遊技状態制御手段60は、特別遊技実行手段45により大当り遊技が行われた場合、その大当り遊技終了後の遊技状態を図14に示すように設定変更する。大当り図柄A,Bの何れかが停止表示されて、所謂「確変大当り」になった場合、また、大当り図柄Cが停止表示されて、所謂「突確大当り」になった場合、当該大当り遊技終了後に「確変遊技状態」を設定し、その後、特別図柄が変動表示された回数(特別図柄変動回数)が10000 回を超えると、「確変遊技状態」から「通常遊技状態」へ設定変更する。
大当り図柄Dが停止表示されて、所謂「突潜大当り」になった場合、当該大当り遊技終了後に「潜確遊技状態」を設定し、その後、特別図柄変動回数が10000 回を超えると、「潜確遊技状態」から「通常遊技状態」へ設定変更する。但し、「通常遊技状態」以外の遊技状態(「潜確遊技状態」又は「時短遊技状態」又は「確変遊技状態」)からは「突確大当り」となり、当該大当り遊技終了後に「確変遊技状態」を設定し、その後、特別図柄変動回数が10000 回を超えると、「確変遊技状態」から「通常遊技状態」へ設定変更する。
大当り図柄aが停止表示されて、所謂「時短大当り」になった場合、また、大当り図柄bが停止表示されて、所謂「突時大当り」になった場合、当該大当り遊技終了後に「時短遊技状態」を設定し、その後、特別図柄変動回数が20回又は40回又は60回を超えると、「時短遊技状態」から「通常遊技状態」へ設定変更する。
大当り図柄cが停止表示されて、所謂「突通大当り」になった場合、当該大当り遊技終了後に「通常遊技状態」を設定する。小当り図柄が停止表示されて、所謂「小当り」になった場合、当該小当り遊技終了後に当該小当り遊技開始前の遊技状態を設定する(即ち、遊技状態を設定変更しない)。
ここで、前記の変動パターン判定手段43dが特別図柄の変動パターンを決定する具体的な処理について説明する。特別図柄の変動パターンを決定するために、複数の変動パターン決定テーブルが存在し、変動パターン判定手段43dは、現在の遊技状態に対応する変動パターン決定テーブルを用いて、大当り判定手段43a、図柄判定手段43bによる判定結果(判定図柄)、リーチ乱数(リーチ判定手段43cによる判定結果)、変動パターン乱数、及び第1,第2特別図柄保留数等に基づいて変動パターンを決定する。
「通常遊技状態」又は「潜確遊技状態」が設定されている場合には、図18に示す通常/潜確遊技状態用の変動パターン決定テーブルを用いて、また、「時短遊技状態」又は「確変遊技状態」が設定されている場合には、図19に示す時短/確変遊技状態用の変動パターン決定テーブルを用いて、変動パターンを決定する。
図18に示す通常/潜確遊技状態用の変動パターン決定テーブルを用いた場合、第1特別図柄の変動パターンについては、大当りとなる場合、その判定図柄(大当り図柄)、変動パターン乱数に応じて、変動パターン1〜5(変動時間;20,30,40,50,20秒)の何れかを決定し、小当りとなる場合、変動パターン6(変動時間;20秒)を決定し、ハズレとなる場合、リーチ乱数、保留数(第1特別図柄保留数)、変動パターン乱数に応じて、変動パターン7〜11(変動時間;10,5,20,30,40 秒)の何れかを決定する。
第2特別図柄の変動パターンについては、大当りとなる場合、その判定図柄(大当り図柄)、変動パターン乱数に応じて、変動パターン2〜5(変動時間;30,40,50,20 秒)の何れかを決定し、小当りとなる場合、変動パターン6(変動時間;20秒)を決定し、ハズレとなる場合、リーチ乱数、変動パターン乱数に応じて、変動パターン8〜11(変動時間;5,20,30,40秒)の何れかを決定する。
図19に示す時短/確変遊技状態用の変動パターン決定テーブルを用いた場合、第1特別図柄の変動パターンについては、大当りとなる場合、その判定図柄(大当り図柄)、変動パターン乱数に応じて、変動パターン2〜4(変動時間;30,40,50秒)の何れかを決定し、小当りとなる場合、変動パターン12(変動時間;30秒)を決定し、ハズレとなる場合、変動パターン13(変動時間;25秒)を決定する。
第2特別図柄の変動パターンについては、大当りとなる場合、その判定図柄(大当り図柄)、変動パターン乱数に応じて、変動パターン2〜4(変動時間;30,40,50秒)の何れかを決定し、小当りとなる場合、変動パターン12(変動時間;30秒)を決定し、ハズレとなる場合、保留数(第2特別図柄保留数)、変動パターン乱数に応じて、変動パターン14〜16(変動時間;22,2,16 秒)の何れかを決定する。
遊技情報出力手段61は、遊技演出を行うために必要な複数の遊技情報を、夫々所定のタイミングでコマンドにより演出制御基板23へ出力する。例えば、図20(1)に示すように、第1又は第2特別図柄情報の取得毎に、特別図柄情報の取得時に事前判定手段46により行われた事前判定の結果(判定図柄、変動パターン)の情報を含む第1又は第2特別図柄保留数増加コマンドを出力する。
また、図20(2)に示すように、第1又は第2特別図柄の変動毎に、特別図柄の変動開始時に特別図柄情報判定手段43により行われた当該判定の結果(判定図柄、変動パターン)の情報を含む第1又は第2特別図柄変動開始コマンドを出力し、特別図柄の変動停止時に特別図柄変動停止コマンドを出力する。また、図20(3)に示すように、特別遊技毎に、特別遊技の開始時に、その特別遊技の種類(大当り図柄又は小当り図柄)の情報を含むオープニングコマンドを出力し、特別遊技の終盤(最終Rの終了時)に、その特別遊技の終了後に設定される遊技状態の情報を含むエンディングコマンドを出力する。
次に、図11に示すように、演出制御基板23、画像制御基板24、ランプ制御基板25のコンピュータにより構成される図示の各手段70〜75について説明する。
演出制御手段70は、図柄変動演出制御手段71、特別遊技演出制御手段72、保留図柄演出制御手段73、先読み演出制御手段74、ボタン演出制御手段75を備え、遊技情報出力手段61により出力された遊技情報(特別図柄情報判定手段43、事前判定手段46による判定結果等)に基づいて、演出手段80(演出ボタン装置7、画像表示器17、可動役物18、スピーカ27、枠ランプ28a、盤ランプ28b)に演出を行わせる。
図柄変動演出制御手段71は、画像表示器17に表示される画像(動画)、及びその画像に合わせてスピーカ27から出力される音声等により、特別図柄表示制御手段44により特別図柄が変動表示されているときに、当該特別図柄の変動開始時に受けた第1又は第2特別図柄変動開始コマンド、即ち特別図柄情報判定手段43による判定結果に基づいて、当該特別図柄の変動パターン(変動パターン判定手段43dにより決定された変動パターン)に対応する図柄変動演出を、複数の図柄変動演出(図21(a)に示す図柄変動演出1,2,3・・・n)の中から選択して行わせる。
図22に示すように、図柄変動演出では、基本的に、画像表示器17に、(1)3組の演出図柄列17aが変動開始した後、先ず、(2)左側の演出図柄17a-1として「X」が変動停止し、次に、(3)右側の演出図柄17a-2として「Y」が変動停止し、最後に、(4)中央の演出図柄17a-3として「Z」が変動停止するように表示され、これら3つの停止図柄列「XZY」が、大当り判定手段43a、図柄判定手段43bによる判定結果を示す組み合わせ表示態様になる。
具体的には、図23に示すように、(1)3組の演出図柄列17aが変動開始した後、(2)左側の演出図柄「7」が変動停止し、(3)右側の演出図柄「1」が変動停止し、これら演出図柄「7」「1」が揃わない非リーチ状態になり、その後、(4)中央の演出図柄「6」が変動停止して、ハズレとなる。
或いは、(2)左側の演出図柄「7」が変動停止し、(5)右側の演出図柄「7」が変動停止し、これら演出図柄「7」「7」が揃うリーチ状態になった後、発展演出に移行しないノーマルリーチ演出が行われ、その後、(6)中央の演出図柄「6」が変動停止して、ハズレとなり、(7)中央の演出図柄「7」が変動停止して、大当りとなり、(8)中央の演出図柄「★」が変動停止して、大当り又は小当りとなる。
或いは、(5)右側の演出図柄「7」が変動停止し、リーチ状態になった後、(9)演出図柄「7」「7」が画面隅側へ移動し縮小表示され、(10)発展演出であるSPリーチ演出が行われる。そのSPリーチ演出において大当り期待度が異なる複数の演出動画の何れかが画像表示器17に表示され、その後、SPリーチ演出の終了を以て、(11)中央の演出図柄「6」が変動停止して、ハズレとなり、(12)中央の演出図柄「7」が変動停止して、大当りとなり、(13)中央の演出図柄「★」が変動停止して、大当り又は小当りとなる。尚、「SP」はスペシャルを意味し、SPリーチ演出は、基本的に、ノーマルリーチ演出よりも大当り期待度が高い演出である。
或いは、図24に示すように、(1)3組の演出図柄列17aが変動開始した後、(2)左側の演出図柄「7」が変動停止し、(3)右側の演出図柄「7」が変動停止し、リーチ状態になった後、(7)演出図柄「7」「7」が画面隅側へ移動し縮小表示され、(8)発展演出であるSP・SPリーチ演出が行われる。尚、SP・SPリーチ演出は、基本的に、SPリーチ演出よりも大当り期待度が高い演出である。
或いは、(3)右側の演出図柄「7」が変動停止し、リーチ状態になった後、(4)演出図柄「7」「7」が画面隅側へ移動し縮小表示され、先ず、(5)SPリーチ演出が行われる。そして、SPリーチ演出の終了を以て、(6)中央の演出図柄「6」が変動停止した後、再始動し、(7)演出図柄「7」「7」が画面隅側へ移動し縮小表示され、(8)SP・SPリーチ演出が行われる。そのSP・SPリーチ演出において大当り期待度が異なる複数の演出動画の何れかが画像表示器17に表示され、その後、SP・SPリーチ演出の終了を以て、(9)中央の演出図柄「6」が変動停止して、ハズレとなり、(10)中央の演出図柄「7」が変動停止して、大当りとなり、(11)中央の演出図柄「★」が変動停止して、大当り又は小当りとなる。
特別遊技演出制御手段61は、画像表示器17に表示される画像(動画)、及びその画像に合わせてスピーカ27から出力される音声等により、特別遊技実行手段45により特別遊技が行われているときに、当該特別遊技の開始時に受けたオープニングコマンドに基づいて、図21(b)に示す複数の特別遊技演出(特別遊技演出1,2,3・・・n)の中から選択した特別遊技演出を行わせ、特別遊技演出の終盤に受けたエンディングコマンドに基づいて、図21(c)に示す複数のエンディング演出(エンディング演出1,2,3・・・n)の中から選択したエンディング演出を行わせる。
保留図柄演出制御手段72は、特別図柄情報の取得時に受けた第1又は第2特別図柄保留数増加コマンド、及び特別図柄の変動開始時に受けた第1又は第2特別図柄変動開始コマンドに基づいて、特別図柄情報記憶手段42に第1特別図柄情報が記憶されている場合、その第1特別図柄保留数と相当数の第1保留図柄を画像表示器17に表示させ、特別図柄情報記憶手段42に第2特別図柄情報が記憶されている場合、その第2特別図柄保留数と相当数の第2保留図柄を画像表示器14に表示させる。
先読み演出制御手段73は、特別図柄情報の取得時に受けた第1又は第2特別図柄保留数増加コマンド、即ち事前判定手段46による判定結果に基づいて、先読み演出を行うか否かを判定し、先読み演出を行うと判定した場合に、その先読み演出の対象とされた特別図柄情報に対して、その特別図柄情報が消化される前から、大当り期待度を高め得る先読み演出を行わせる。
例えば、図柄変動演出制御手段71が、特別図柄の複数回の変動にわたって、先読み演出を行わない際に表示する背景画像とは異なる先読み背景画像を表示させたり、保留演出制御手段72が、先読み演出を行わない際に表示する保留図柄とは異なるデザイン(例えば色、形)の先読み保留図柄を表示させたりして、保留されている特別図柄情報に基づいて大当りになることを遊技者に期待させる先読み演出を行わせる。
ボタン演出制御手段75は、変化手段75a、操作演出制御手段75b、結果示唆演出75c、操作示唆演出制御手段75dを有し、特別図柄情報判定手段43による判定結果に基づいて、演出ボタン装置7、及び画像表示器17(更にはスピーカ27)に、演出ボタン30への操作に係るボタン演出(後述の演出ボタン30の状態変化、操作演出、結果示唆演出、操作示唆演出)を行わせることが可能である。
変化手段75aは、演出ボタン装置7のSW7a〜7cからの信号に基づいて電動モータ36aを制御し、演出ボタン30を通常操作位置に位置(停止)させる第1の状態(図25(1))、又は突出操作位置に位置させる第2の状態(図25(2))、又は通常操作位置と突出操作位置の間で進退させる第3の状態(図25(3))に変化させること(第1〜第3の状態のうちの1の状態から他の1の状態へ変化させること)が可能である。
第3の状態では、演出ボタン30の通常操作位置からの進退を適当な速度で繰り返し行う動作態様で行われ、その動作態様として、図26に示すように、演出ボタン30の進出量を異ならせた第1〜第3動作態様(第1<第2<第3動作態様の順に進出量が大きくなる) の何れかの動作態様が採用される。
操作演出制御手段75bは、遊技者に演出ボタン30への操作を促す操作演出を行わせ、結果示唆演出制御手段75cは、操作演出制御手段75bにより操作演出が行われているときに演出ボタン30への操作が行われる(演出ボタン30が操作される)と、特別図柄情報判定手段43による判定結果を示唆する結果示唆演出を行わせ、操作示唆演出制御手段75dは、操作演出制御手段75bにより操作演出が行われる前に、当該操作演出が行われることを示唆する操作示唆演出を行わせることが可能である。
次に、ボタン演出制御手段75により行われる一連のボタン演出(演出ボタン30の状態変化、操作演出、結果示唆演出、操作示唆演出)について具体的に説明する。
先ず、図27に示すように、図柄変動演出制御手段71により特定の図柄変動演出(例えば、特定の図柄変動演出のSPリーチ演出やSP・SPリーチ演出)が行われているとき、その特定の図柄変動演出に応じた操作有効期間が設定されて、第1のボタン演出(図27(1))と第2のボタン演出(図27(2))の何れかのボタン演出が行われる。
尚、第2のボタン演出は、特別図柄情報判定手段43により特別遊技を行うと判定されたときには、特別遊技を行わないと判定されたときよりも高確率で行われ、また、特別遊技を行うと判定され場合に、16R長期開放の特別遊技が行われるときには、8R長期開放や8R短期開放の特別遊技が行われるときよりも高確率で行われる。
図27(1)に示すように、第1のボタン演出では、後述の操作示唆演出が行われることなく、操作有効期間の開始時に操作演出が開始され、図28(1)に示すように、演出ボタン30は、操作有効期間の開始時、例えば演出抽選処理により、特定図柄情報判定手段43による判定において特別遊技(大当り遊技)を行うと判定されたときには60%の割合で、また、特別遊技を行わないと判定されたときには20%の割合で、通常操作位置から突出操作位置へ進出して第2の状態(図25(2))に変化され、第2の状態に変化されない場合には継続して通常操作位置に保持された第1の状態(図25(1))になる。
このように、変化手段75aが、特別図柄情報判定手段43による判定において特別遊技を行うと判定されたとき、特別遊技を行わないと判定されたときよりも高確率で、操作演出が行われる際に演出ボタン30を第2の状態に変化させる。
尚、図28(2)に示すように、演出ボタン30は、操作有効期間の開始時、特別図柄情報判定手段43による判定において特別遊技を行うと判定された場合、16R長期開放の特別遊技が行われるときには40%の割合で、また、8R長期開放の特別遊技が行われるときには15%の割合で、また、8R短期開放の特別遊技が行われるときには5 %の割合で、通常操作位置から突出操作位置へ進出する第2の状態に変化されてもよい。
操作演出は、図29に示す操作演出画像I,IIの何れかの操作演出画像を画像表示器17に表示して行われ、この操作演出画像において、例えば、演出ボタン30の操作指示となる「演出ボタン」「矢印」「押せ」と、操作有効期間の経過を示す「ゲージ」が表示される。操作有効期間の開始時に演出ボタン30が通常操作位置に保持された第1の状態になる場合には、通常操作位置の「演出ボタン」を表示する操作演出画像Iが表示され、操作有効期間の開始時に演出ボタン30が突出操作位置に進出して第2の状態になる場合には、突出操作位置の「演出ボタン」を表示する操作演出画像IIが表示される。
図27(1)に示すように、次に、操作有効期間において、操作演出が行われているときに、演出ボタン30が押下位置へ操作される(つまり、押下位置SW7cがONになる)と、その演出ボタン30の操作時に操作演出が終了され、或いは、演出ボタン30が押下位置へ操作されないと、操作有効期間の終了時に操作演出が終了される。
操作有効期間において、演出ボタン30が押下位置へ操作されると、前記のように、その演出ボタン30の操作時に操作演出が終了されるが、その直後から結果示唆演出が開始され、その後、当該特定図柄変動演出が終了するまでの間に、結果示唆演出の開始時から一定期間経過すると結果示唆演出が終了される。
尚、操作有効期間において、演出ボタン30が突出操作位置に進出して第2の状態になっているときに、遊技者が演出ボタン30を押下位置へ操作してから、操作解除する(演出ボタン30から手を離す)と、演出ボタン30が通常操作位置に復帰して第1の状態になり、また、演出ボタン30を押下位置へ操作しないで、操作有効期間が終了すると、演出ボタン30は自動的に通常操作位置に退入して第1の状態に変化される。
結果示唆演出は、図30に示す結果示唆演出画像I〜III の何れかの結果示唆演出画像を画像表示器17に表示して行われる。図31に示すように、例えば演出抽選処理により、特別図柄情報判定手段43による判定において特別遊技(大当り遊技)を行うと判定されたときには、10%の割合で結果示唆演出画像Iが選択表示され、30%の割合で結果示唆演出画像IIが選択表示され、60%の割合で結果示唆演出画像III が選択表示され、特別図柄情報判定手段43による判定において特別遊技を行わないと判定されたときには、50%の割合で結果示唆演出画像Iが選択表示され、40%の割合で結果示唆演出画像IIが選択表示され、10%の割合で結果示唆演出画像III が選択表示される。
この結果示唆演出は、図22〜図24に示す3つの演出図柄が全て変動停止するまでに、所謂カットイン演出として行われ、つまり、この結果示唆演出の終了後、演出図柄の停止図柄列「XZY」が特別図柄情報判定手段43による判定結果を示す組み合わせ表示態様で停止表示されるが、結果示唆演出画像Iが表示された場合よりも結果示唆演出画像IIが表示された方が、また、結果示唆演出画像IIが表示された場合よりも結果示唆演出画像III が表示された方が、大当り期待度が高くなる。
図27(2)に示すように、第2のボタン演出では、更に、操作有効期間の開始前に、操作前兆期間が設定され、その操作前兆期間において、操作示唆演出が行われ、演出ボタン30が第3の状態(図25(3)、図26)に変化され、その後、図27(1)に示す第1のボタン演出と基本的に同じ演出が行われる。
先ず、操作示唆演出は、図32に示すように、画像表示器17のうち図柄変動演出(SPリーチ演出又はSP・SPリーチ演出)の表示の邪魔にならない特定表示部17bに、図33に示す第1〜第4段階演出画像の(第1<第2<第3<第4段階演出画像の順にレベルが高くなる)の何れかの段階演出画像を表示して行われる。
図33に示すように、第1〜第4段階演出画像では、夫々、その段階演出画像が示すレベル(「Lv.1」〜「Lv.Max」)が表示される。更に、第1〜第3段階演出画像では、演出ボタン30が進退する動画が表示され、第4段階演出画像では、演出ボタン30が突出操作位置に停止する(第2の状態になる)画像が表示される。第1〜第3段階演出画像において演出ボタン30が進退する動画は、前記の演出ボタン30の第1〜第3動作態様に対応させて、通常操作位置からの進退を適当な速度で繰り返し行い、第1<第2<第3段階演出画像の順に演出ボタン30の進出量が大きくなる動画になる。
更に、操作示唆演出は、第1段階演出画像から第4段階演出画像に向けてよりレベルが高い段階演出画像の表示に切り換えて進行可能な段階演出により行われ、その段階演出は、図34に示す段階演出表示シナリオ1〜4の何れかのシナリオで行われる。
図34(1)に示すように、段階演出表示シナリオ1では、操作前兆期間の開始時から終了時までLv.1の第1段階演出画像が表示され、図34(2)に示すように、段階演出表示シナリオ2では、操作前兆期間の開始時からLv.1の第1段階演出画像が表示され、その後、第1のタイミングから操作前兆期間の終了時までLv.2の第2段階演出画像が表示される。
図34(3)に示すように、段階演出表示シナリオ3では、操作前兆期間の開始時からLv.1の第1段階演出画像が表示され、その後、第1のタイミングからLv.2の第2段階演出画像が表示され、その後第2のタイミングから操作前兆期間の終了時までLv.3の第3段階演出画像が表示される。図34(4)に示すように、段階演出表示シナリオ4では、操作前兆期間の開始時からLv.1の第1段階演出画像が表示され、その後、第1のタイミングからLv.2の第2段階演出画像が表示され、その後第2のタイミングからLv.3の第3段階演出画像が表示され、その後第3のタイミングから操作前兆期間の終了時までLv.Maxの第4段階演出画像が表示される。
この段階演出において、第1〜第3段階演出画像が表示されているとき、演出ボタン30が第3の状態に変化され、具体的に、演出ボタン30は、図33(1)に示すLv.1の第1段階演出画像が表示されているときには、図26(1)に示す第1動作態様で進退され、図33(2)に示すLv.2の第2段階演出画像が表示されているときには、図26(2)に示す第2動作態様で進退され、図33(3)に示すLv.3の第3段階演出画像が表示されているときには、図26(3)に示す第3動作態様で進退される。また、段階演出において、図33(4)に示すLv.Maxの第4段階演出画像が表示されているとき、演出ボタン30が突出操作位置へ進出停止する第2の状態に変化される。
図27(2)に示すように、第2のボタン演出では、その後、操作有効期間の開始時、第1のボタン演出と同様に、図28に示す割合で、第3の状態から突出操作位置へ進出して第2の状態(図25(2))に変化され、但し、操作前兆期間において既に第2の状態に変化されているときには継続して第2の状態に変化され、第2の状態に変化されない場合には通常操作位置に退入して第1の状態(図25(1))に変化される。
更に、第2のボタン演出では、操作有効期間において、第1のボタン演出と同様に、操作演出が、図29に示す操作演出画像I,IIの何れかの操作演出画像を画像表示器17に表示して行われ、演出ボタン30が押下位置へ操作されると、結果示唆演出が、図31に示す割合で、図30に示す結果示唆演出画像I〜III の何れかの結果示唆演出画像を画像表示器17に表示して行われる。
特定図柄変動演出の開始時(操作前兆期間の開始時まで)に、操作有効期間の開始時に演出ボタン30が第2の状態に変化されるか否かが決定されており、段階演出画像を表示する操作示唆演出は、例えば演出抽選処理により、図35(1)に示すように、操作有効期間の開始時に演出ボタン30が第1の状態に変化されるときには、80%の割合で操作示唆演出シナリオ1により、10%の割合で操作示唆演出シナリオ2により、10%の割合で操作示唆演出シナリオ3により行われ(操作示唆演出シナリオ4により行われない)、操作有効期間の開始時に演出ボタン30が第2の状態に変化されるときには、5 %の割合で操作示唆演出シナリオ1により、10%の割合で操作示唆演出シナリオ2により、15%の割合で操作示唆演出シナリオ3により、70%の割合で操作示唆演出シナリオ4により行われる。
或いは、段階演出画像を表示する操作示唆演出は、例えば演出抽選処理により、図35(2)に示すように、特別図柄情報判定手段43による判定において特別遊技(大当り遊技)を行うと判定されたときには、10%の割合で操作示唆演出シナリオ1により、20%の割合で操作示唆演出シナリオ2により、30%の割合で操作示唆演出シナリオ3により、50%の割合で操作示唆演出シナリオ4により行われ、特別図柄情報判定手段43による判定において特別遊技を行わないと判定されたときには、70%の割合で操作示唆演出シナリオ1により、20%の割合で操作示唆演出シナリオ2により、8 %の割合で操作示唆演出シナリオ3により、2 %の割合で操作示唆演出シナリオ4により行われる。
ここで、操作示唆演出は、更に、図36に示すように、演出ボタン装置7のLED34aを、即ち演出ボタン30を、白、青、緑、赤(白<青<緑<赤の順にレベルが高くなる)の何れかの色で発光させて行われ、更に、白から赤に向けてよりレベルが高い色の発光に切り換えて進行可能な段階演出により行われる。
演出ボタン30を発光させる操作示唆演出は、図37に示すように、演出ボタン30を白に発光させる段階演出発光シナリオ1、白→青の順に発光させる段階演出発光シナリオ2、白→青→緑の順に発光させる段階演出発光シナリオ3、白→青→緑→赤の順に発光させる段階演出発光シナリオ4の何れかのシナリオにより行われ、具体的に、演出ボタン30の発光色は、第1段階演出画像(図33(1))の表示中は白色に、第2段階演出画像(図33(2))の表示中は青色に、第3段階演出画像(図33(3))の表示中は緑色に、第4段階演出画像(図33(4))の表示中には赤色になるシナリオで行われる。
或いは、当該特定図柄変動演出の開始時(操作前兆期間の開始時まで) に、操作有効期間の開始時に演出ボタン30が第2の状態に変化されるか否かが決定されており、演出ボタン30を発光させる操作示唆演出は、例えば前記の段階演出表示シナリオを決定する処理とは独立に行われる演出抽選処理により、図38(1)に示すように、操作有効期間の開始時に演出ボタン30が第1の状態に変化されるときには、40%の割合で段階演出発光シナリオ1により、30%の割合で段階演出発光シナリオ2により、20%の割合で段階演出発光シナリオ3により、10%の割合で段階演出発光シナリオ4により行われ、操作有効期間の開始時に演出ボタン30が第2の状態に変化されるときには、10%の割合で段階演出発光シナリオ1により、20%の割合で段階演出発光シナリオ2により、30%の割合で段階演出発光シナリオ3により、40%の割合で段階演出発光シナリオ4により行われる。
或いは、演出ボタン30を発光させる操作示唆演出は、例えば前記の段階演出表示シナリオを決定する処理とは独立に行われる演出抽選処理により、図38(2)に示すように、特定図柄情報判定手段43による判定において特別遊技(大当り遊技)を行うと判定されたときには、2 %の割合で段階演出発光シナリオ1により、8 %の割合で段階演出発光シナリオ2により、30%の割合で段階演出発光シナリオ3により、60%の割合で段階演出発光シナリオ4により行われ、特別遊技を行わないと判定されたときには、60%の割合で段階演出発光シナリオ1により、30%の割合で段階演出発光シナリオ2により、8 %の割合で段階演出発光シナリオ3により、2 %の割合で段階演出発光シナリオ4により行われる。
このように、操作示唆演出制御手段75cは、最終段階に向けて段階的に進行可能な段階演出(段階演出画像の表示、演出ボタン30の進退、発光)を行わせることが可能であり、操作演出制御手段75bにより操作演出が行われる際に変化手段75aにより演出ボタン30が第2の状態に変化されるとき、演出ボタン30が第2の状態に変化されないときよりも高確率で、段階演出において最終段階(第4段階演出画像の表示、演出ボタン30の赤色発光)まで進行させ、また、変化手段75aは、段階演出において最終段階よりも前の段階に進行されているとき、演出ボタン30を第3の状態に変化させる。
尚、変化手段75aは、段階演出において最終段階まで進行されているとき、例えば、Lv.Maxの第4段階演出画像が画像表示器17に表示されているときにも、演出ボタン30を第3の状態に変化させる(つまり進退させる)ようにしてもよい。
ここで、図39に示すように、更に、図柄変動演出制御手段71により特定の図柄変動演出(例えば、特定の図柄変動演出のSPリーチ演出やSP・SPリーチ演出)が行われているとき、その特定の図柄変動演出に応じた操作有効期間(第1操作有効期間)、及びその操作有効期間の終了後の第2操作有効期間が設定されて、第3のボタン演出が行われ得る。
この第3のボタン演出は、特別図柄情報判定手段43により特別遊技を行うと判定されたときや、特別遊技を行うと判定された場合に16R長期開放の特別遊技が行われるときには所定の確率で行われるが、特別遊技を行わないと判定されたときや、特別遊技を行うと判定されても16R長期開放の特別遊技が行われないときには、行われない。
第3のボタン演出では、第1又は第2ボタン演出と基本的に同じ演出が行われた後、第2操作有効期間において、再び、遊技者に演出ボタン30への操作を促す第2操作演出が行われ、この第2操作演出が行われているときに演出ボタン30が操作されと、或いは、演出ボタン30への操作が行われないで第2操作有効期間が終了すると、特別図柄情報判定手段43による判定結果を示唆する第2結果示唆演出が行われる。
ここで、第2操作有効期間の開始前、操作有効期間において操作演出が行われているときに演出ボタン30が操作されると、或いは、演出ボタン30が操作されないで操作有効期間が終了すると、結果示唆演出が行われるが、その結果示唆演出において、又は結果示唆演出の終了後、画像表示器17に、演出図柄の停止図柄列「XZY」がハズレとなる組み合わせ表示態様(例えば、図40(1)に示す「767」)で仮停止するように表示される。
結果示唆演出が行われると、その後、第2操作有効期間の開始時まで、演出ボタン30は通常操作位置に保持されて第1の状態(図25(1))になり、また、第2操作演出が行われる前に、当該第2操作演出が行われることを示唆する操作示唆演出は行われない。次に、第2操作有効期間の開始時に第2操作演出が開始されるが、そこで、演出ボタン30は、通常操作位置から突出操作位置へ進出して第2の状態(図25(2))に変化される。
第2操作演出は、図29(2)に示す操作演出画像IIを画像表示器17に表示して行われ、第2操作演出が行われているときに演出ボタン30が押下操作されると、或いは、演出ボタン30への操作が行われないで第2操作有効期間が終了すると、第2操作演出が終了されるとともに、第2結果示唆演出として、画像表示器17に、演出図柄の停止図柄列「XZY」が大当りとなる組み合わせ表示態様(例えば、図40(2)に示す「777」)で仮停止し、その後、同組み合わせ表示態様で本停止するように表示される。
以上説明したパチンコ遊技機1の作用・効果について説明する。
遊技者は、発射ハンドル8を操作して、「通常遊技状態」又は「潜確遊技状態」が設定されているときには、遊技球がセンタ役物16の左側を落下するように遊技球を発射させる所謂「左打ち」により遊技を行い、「時短遊技状態」又は「確変遊技状態」が設定されているとき、或いは特別遊技が行われているときには、遊技球がセンタ役物16の右側を落下するように遊技球を発射させる所謂「右打ち」により遊技を行う。「左打ち」により第1,第2始動口11,12aと左側のゲート13を狙うことができ、「右打ち」により第2始動口12aと右側のゲート13と大入賞口14aを狙うことができる。
第1特別図柄保留数が4未満のときに、遊技球が第1始動口11に入賞すると、第1特別図柄判定情報が取得され特別図柄情報記憶手段42に記憶されて、第1特別図柄保留数が1増加し、第2特別図柄図保留数が4未満のときに、遊技球が第2始動口12aに入賞すると、第2特別図柄判定情報が取得され特別図柄情報記憶手段42に記憶されて、第2特別図柄保留数が1増加し、普通図柄保留数が4未満のときに、遊技球がゲート13を通過すると、普通図柄判定情報が取得され普通図柄情報記憶手段52に記憶されて、普通図柄保留数が1増加する。
普通図柄情報記憶手段52に記憶された普通図柄判定情報は、普通図柄の変動開始毎に順次消化(消去)されて、普通図柄保留数が1減少し、当り抽選が行われる。すると、普通図柄表示器19cに普通図柄が変動表示され、その当り抽選で当選すると、当り図柄が停止表示されて、第2始動口12aが開放する補助遊技が発生する。
「通常遊技状態」又は「潜確遊技状態」では、「右打ち」を行っても第1始動口11への遊技球の入賞を殆ど期待できないうえ、第2始動口作動モードとして低作動モードが設定され、第2始動口12aへの遊技球の入賞も殆ど期待できないため、「左打ち」により所有の遊技球の数を減らしながら遊技を行い、「時短遊技状態」又は「確変遊技状態」では、第2始動口作動モードとして高作動モードが設定され、「右打ち」を行って第2始動口12aへの比較的多くの遊技球の入賞を期待できるため、「右打ち」により所有の遊技球の数を略維持して遊技を行うことができる。
特別図柄情報記憶手段42に記憶された特別図柄判定情報は、特別図柄の変動開始毎に順次消化(消去)され、その際、特別図柄情報記憶手段42に複数の特別図柄情報が記憶されている場合には、それら複数の特別図柄情報は取得(記憶)された順番で消去されて、更に、第1,第2特別図柄情報の両方が保留されている場合には、第2特別図柄情報が第1特別図柄情報よりも優先して消化されて、第1,第2特別図柄保留数の何れかが1減少し、大当り抽選が行われる。すると、第1,第2特別図柄表示器19a,19bcの何れかに特別図柄が変動表示され、その大当り抽選で当選すると、大当り図柄が停止表示されて、大入賞口14aが開放する大当り遊技が発生する。
大当り遊技では、変動停止した大当り図柄の種類によって、大入賞口14aが16R長期開放、8R長期開放、8R短期開放の何れかがで開放され、「右打ち」により、16R長期開放では、例えば約2000個の遊技球を獲得でき、8R長期開放では、例えば約1000個の遊技球を獲得でき、8R短期開放では、遊技球を実質獲得できない。また、変動停止した大当り図柄の種類によって、大当り遊技終了後の遊技状態として、「通常遊技状態」「時短遊技状態」「潜確遊技状態」「確変遊技状態」の何れかが設定される。
次に、遊技演出について、画像表示器17に表示される画像(動画)、及びその画像に合わせてスピーカ27から出力される音声、更にはボタン演出装置7、可動役物18、ランプ28,28bによって、特別図柄が変動表示されているときには、大当り抽選の結果に基づいた図柄変動演出が行われ、特別遊技が行われているときには、その特別遊技を盛り上げる特別遊技演出が行われるので、遊技性並びに遊技興趣が高められる。
更に、演出ボタン30の操作に係る演出として、特定図柄変動演出が行われているときに、操作有効期間が設定され、その操作有効期間において、遊技者に演出ボタン30への操作を促す操作演出が行われ、そこで演出ボタン30が操作されると、大当り抽選の結果を示唆する結果示唆演出が行われるが、ここで、従来のパチンコ遊技機のように、単に、操作有効期間において操作演出を行い、そこで演出ボタン30が操作されると結果示唆演出を行うだけでは、つまり、大当り抽選で当選したことを期待させる演出が、操作演出(操作有効期間)が開始される前から行われないのでは、演出性が乏しい、或いは、演出効果を高めるのが難しいという問題が生じる。
そこで、本発明のパチンコ遊技機1によれば、演出ボタン装置7を設けて、演出ボタン30を通常操作位置に保持する第1の状態と、通常操作位置から突出操作位置へ進出させた第2の状態とに変化させることを可能にし、特定図柄変動演出が行われているときに、大当り抽選で当選したときに落選したときよりも高確率で、操作演出が行われる際に、演出ボタン30を第2の状態に変化させるようにした。
更に、特定図柄変動演出が行われているときに、操作演出が行われる前に、操作前兆期間において、当該操作演出が行われることを示唆する操作示唆演出を行わせることを可能にし、その操作示唆演出にいて、最終段階に向けて段階的に進行可能な段階演出を行わせることを可能にし、操作演出が行われる際に演出ボタン30が第2の状態に変化するとき、演出ボタン30が第2の状態に変化しない(第1の状態になる)ときよりも高確率で、段階演出において最終段階まで進行させるようにした。
しかも、演出ボタン30を通常操作位置と突出操作位置の間で進退させる第3の状態に変化させることを可能にし、段階演出において最終段階よりも前の段階に進行されているとき、演出ボタン30を第3の状態に変化させるようにした。
つまり、操作演出が行われる際に演出ボタン30が第2の状態に変化した場合、第2の状態に変化しなかった場合よりも、大当り期待度が高くなるので、遊技者は、操作演出が行われる際に演出ボタン30が第2の状態に変化することを期待して遊技を行うことができるが、操作演出が行われる前に行われる操作示唆演出において、操作演出が行われる際に演出ボタン30が第2の状態に変化するか否かを示唆する段階演出を行わせることができるので、つまりは、大当りを期待させる演出を行わせるので、演出ボタン30への操作に係る演出効果を高めることが可能になる。
次に、前記実施例を部分的に変更した変更形態について説明する。
(1)図27に示す第1,第2のボタン演出において、前記実施例では、演出ボタン30が操作されると結果示唆演出としてカットイン演出が行われ、その後、演出図柄の停止図柄列「XZY」が特別図柄情報判定手段43による判定結果を示す組み合わせ表示態様で停止表示されるが、演出ボタン30が操作されると、その直後から前記判定結果を示す組み合わせ表示態様で停止表示(先ず仮停止させてから本停止させるように表示)する結果示唆演出を行わせてもよい。
(2)演出ボタン30の第3の状態において、前記実施例では、演出ボタン30が進退する状態になるが、演出ボタン30を通常操作位置と異なる進出位置へ進出させ停止させた状態にしてもよい。例えば、図26に示す第1〜第3動作態様では、夫々、演出ボタン30を進退させるのではなく実線で示す位置に進出させ停止させる。同様に、図33に示す第1〜第3段階演出画像では、夫々、演出ボタン30を進退させるように表示するのではなく実線で示す位置に進出させ停止させるように表示する。
(3)演出ボタン30は、その進退に関わらず、演出ボタン30のLED34aを消灯させて第1の状態とし、LED34aを所定色で高速点滅させて第2の状態とし、前記実施例同様、図36に示すように、LED34aを白、青、緑、赤の何れかの色で点灯させて第3の状態とし、変化手段75aが、これら第1〜第3の状態のうちの1の状態から他の1の状態へ変化させることを可能にする。
操作示唆演出制御手段75cは、前記実施例同様、図37、図38に示すように、最終段階に向けて段階的に進行可能な段階演出(演出ボタン30の発光)を行わせることを可能にし、操作演出制御手段75bにより操作演出が行われる際に変化手段75aにより演出ボタン30が第2の状態に変化されるとき、演出ボタン30が第2の状態に変化されないときよりも高確率で、段階演出において最終段階(第4段階演出画像の表示、演出ボタン30の赤色発光)まで進行させ、また、変化手段75aは、段階演出において最終段階よりも前の段階に進行されているとき、演出ボタン30を第3の状態に変化させる。
演出ボタン30を通常操作位置と突出操作位置とに亙って自動的に進退させるものでなくても、段階演出を含む操作示唆演出を行うことが可能になり、つまり、操作位置と押下位置とに亙って進退可能な既存の演出ボタンであって、カラーLEDが内蔵された演出ボタンに本発明を適用可能になる。
(4)演出ボタン装置7の代わりに図41に示す演出ボタン装置7Aを採用してもよい。この演出ボタン装置7Aは、演出ボタン30Aを、図41(1)に示す操作位置と図41(2)に示す押下位置とに亙って進退可能に、且つ操作位置と押下位置を含む任意の位置で回転可能に構成されている。
演出ボタン30Aは通常は操作位置に付勢され保持されており、遊技者は演出ボタン30Aを操作位置から押下位置へ押下操作可能であり、また、演出ボタン30Aは図示略の回転駆動機構により回転駆動され、回転駆動機構(電動モータ)は、演出制御基板23のコンピュータ(ランプ制御基板25のコンピュータ)により制御される。
変化手段75aは、回転駆動機構を制御し、図42に示すように、演出ボタン30Aを回転停止させる第1の状態、又は演出ボタン30Aを高速回転させる第2の状態、演出ボタン30Aを低速回転させる第3の状態に変化させること(第1〜第3の状態のうちの1の状態から他の1の状態へ変化させること)が可能である。
変化手段75aは、特別図柄情報判定手段43による判定において特別遊技を行うと判定されたとき、特別遊技を行わないと判定されたときよりも高確率で、操作演出が行われる際(操作有効期間の開始時)に演出ボタン30Aを第2の状態に変化させる。演出ボタン30Aが第2の状態に変化される割合は、前記実施例同様、図28に示す通りであり、第2の状態に変化されない場合には第1の状態になる。
操作演出制御手段75bは、遊技者に演出ボタン30Aへの操作を促す操作演出を、操作有効期間の開始時から、演出ボタン30Aが操作されるまで、或いは、演出ボタン30Aが操作されないと操作有効期間の終了時まで、図29(1)に示す操作演出画像Iを画像表示器18に表示して行わせる。
結果示唆演出制御手段75cは、操作演出制御手段75bにより操作演出が行われているときに演出ボタン30Aが操作されると、特別図柄情報判定手段43による判定結果を示唆する結果示唆演出を、図30に示す結果示唆演出画像I〜III の何れかを画像表示器18に表示して行わせる。表示させる結果示唆演出画像I〜III の何れかを選択する割合は、前記実施例同様、図31に示す通りである。
操作示唆演出制御手段75dは、操作演出制御手段75bにより操作演出が行われる前に(操作前兆期間において)、当該操作演出が行われることを示唆する操作示唆演出を、図43に示す第1〜第4段階演出画像の何れかの段階演出画像を画像表示器17に表示して行わせることが可能であり、第1〜第4段階演出画像には、夫々、「Lv.1」〜「Lv.Max」と、演出ボタン30Aが回転する画像が表示される。
更に、操作示唆演出は、第1段階演出画像から第4段階演出画像に向けてよりレベルが高い段階演出画像の表示に切り換えて進行可能な段階演出により行われ、その段階演出は、前記実施例同様、図34に示す段階演出表示シナリオ1〜4の何れかのシナリオで行われ、使用する段階演出表示シナリオ1〜4の何れかを選択する割合は、前記実施例同様、図35に示す通りである。
このように、操作示唆演出制御手段75cは、最終段階に向けて段階的に進行可能な段階演出(段階演出画像の表示)を行わせることが可能であり、操作演出制御手段75bにより操作演出が行われる際に変化手段75aにより演出ボタン30Aが第2の状態に変化されるとき、演出ボタン30Aが第2の状態に変化されないときよりも高確率で、段階演出において最終段階(第4段階演出画像の表示)まで進行させ、また、変化手段75aは、段階演出において最終段階よりも前の段階に進行されているとき、演出ボタン30Aを第3の状態に変化させる。
尚、演出ボタン装置7Aは、演出ボタン30Aのボタン本体(遊技者が触ることができる部分)を回転させるが、演出ボタン30Aのボタン本体の内部(遊技者が触ることができない部分)に回転可能な回転ギミックを設け、この回転ギミックを、ボタン本体の進退方向と平行、又は直交する軸心回りに回転させるようにしてもよい。
(5)画像表示器17による表示により、段階演出を含む操作示唆演出を行わなくてもよい。この場合の操作示唆演出は、前記の変更形態(3)で示したように、最終段階に向けて段階的に進行可能な段階演出を演出ボタン30を発光させて行うことが一例となる。
(6)更に、演出ボタン30を発光させなくても、演出ボタン30以外の演出役物を用いて、段階演出を含む操作示唆演出を行わせてもよい。例えば、図示省略するが、演出ボタン30の近くに、発光可能な1又は複数のLEDを有する電飾役物を設け、前記の演出ボタン30のLED34aを発光させるのと同じように、この電飾役物を発光させて、段階演出を含む操作示唆演出を行わせることが可能になる。
(7)また、演出ボタン装置7の代わりに、図示省略するが、演出ボタンを、既存の演出ボタンと同様に操作位置と押下位置とに亙って進退可能に、且つ内蔵されたバイブレータにより振動可能に構成された演出ボタン装置を設け、このバイブレータによって、演出ボタンの状態変化、操作示唆演出を行わせることもできる。
例えば、変化手段75aは、バイブレータを制御し、演出ボタンを振動させない第1の状態、又は演出ボタンを高速振動させる第2の状態、演出ボタンを低速振動させる第3の状態に変化させること(第1〜第3の状態のうちの1の状態から他の1の状態へ変化させること)を可能にし、操作示唆演出では演出ボタンを低速振動させる第3の状態に変化させることができる。
そして、変化手段75aは、特別図柄情報判定手段44による判定において特別遊技を行うと判定されたとき、特別遊技を行わないと判定されたときよりも高確率で、操作演出が行われる際に演出ボタンを高速振動させる第2の状態に変化させることができる。
(8)前記実施例やその変更形態では、変化手段75aは、操作演出が行われる際、演出ボタンを第2の状態に変化させる場合(突出操作位置へ進出させる、高速点滅にて発光させる、高速回転させる、高速振動させる、等の場合)、その第2の状態への変化を操作有効期間において演出ボタンが操作される前(操作有効期間の開始時)から行うようにしているが、そこで行わないようにして、操作有効期間において演出ボタンが操作されると、演出ボタンを第2の状態に変化させるようにしてもよい。
具体的には、図44に示すように、先ず、操作有効期間の開始時までに、操作示唆演出が行われないで、演出ボタンが第1の状態にある場合(通常操作位置にある、発光していない、回転していない、振動していない、等の場合)、操作有効期間の開始時からも継続して第1の状態にあるようにし、また、操作示唆演出が行われて、演出ボタンが第3の状態にある場合(進退している、常時点灯にて発光している、低速回転している、低速振動している、等の場合)、操作有効期間の開始時から第1の状態に変化される、或いは操作有効期間の開始時からも継続して第3の状態にあるようにする。尚、演出ボタンが操作有効期間の開始時まで第1の状態にある場合、操作有効期間の開始時から第3の状態に変化されるようにしてもよい。
そして、操作有効期間において、その操作有効期間の開始時から操作演出が行われ、次に、演出ボタンが押下操作されと、その押下操作時から、前記同様に結果示唆演出が行われると共に、演出ボタンが第1又は第3の状態から第2の状態に変化され、その後、結果示唆演出の終了時に、演出ボタンが第2の状態から第1の状態へ変化される。但し、演出ボタンが第2の状態に変化されている期間については、結果示唆演出が行われている期間と同じにする必要性はなく、結果示唆演出が終了するまでに、演出ボタンが第2の状態から第1の状態へ変化されるようにしてもよい。
尚、操作有効期間において、演出ボタンが操作されないで操作有効期間が終了した場合、その操作有効期間の終了時に、演出ボタンが第1又は第3の状態から第2の状態に変化されないで、第3の状態にある場合には第1の状態に変化される。但し、演出ボタンが操作されないで操作有効期間が終了した(特に、その操作有効期間の終了時から結果示唆演出が行われる)場合、その操作有効期間の終了時から、演出ボタンが第1又は第3の状態から第2の状態に変化され、その後、第1の状態に変化されるようにしてもよい。
尚、操作有効期間において、演出ボタンが押下操作される(結果示唆演出が行われる)前から第2の状態に変化されている場合、演出ボタンが押下操作された後も、所定期間(結果示唆演出が終了時又はその前まで)、演出ボタンが第2の状態にあり、その後、第1の状態に変化されるようにしてもよい。
その他、本発明の趣旨を逸脱しない範囲において、前記開示事項以外の種々の構成を付加して実施可能である。また、パチンコ遊技機に限らず、遊技球を用いて遊技を行う種々の遊技機に、更には、スロットマシン等の遊技機に、本発明を適用することができる。
1 パチンコ遊技機
30,30A 演出ボタン
43 特別図柄情報判定手段
43a 大当り判定手段
70 演出制御手段
75 ボタン演出制御手段
75a 変化手段
75b 操作演出制御手段
75c 結果示唆演出制御手段
75d 操作示唆演出制御手段
80 演出手段

Claims (2)

  1. 遊技者が操作可能な操作手段と、
    始動条件の成立により遊技者に有利な特別遊技を行うか否かの判定を行う判定手段と、
    前記判定の結果に基づいて、所定の演出手段に演出を行わせる演出制御手段とを備え、
    前記演出制御手段は、
    前記操作手段を第1の状態または第2の状態に変化させることが可能な変化手段と、
    遊技者に前記操作手段への操作を促す操作演出を行わせる操作演出制御手段と、
    前記操作演出が行われているときに前記操作手段への操作が行われると、前記判定の結果を示唆する結果示唆演出を行わせる結果示唆演出制御手段と、
    前記操作演出が行われる前に、当該操作演出が行われることを示唆する操作示唆演出を行わせることが可能な操作示唆演出制御手段とを有し、
    前記変化手段は、
    前記判定において前記特別遊技を行うと判定されたとき、前記特別遊技を行わないと判定されたときよりも高確率で、前記操作演出が行われる際に前記操作手段を前記第2の状態に変化させ、
    前記操作示唆演出制御手段は、
    最終段階に向けて段階的に進行可能な段階演出を行わせることが可能であり、前記段階演出において、最終段階まで進行させるときと、最終段階よりも前の段階まで進行させるときとがあり、
    前記操作演出が行われる際に前記操作手段が前記第2の状態に変化されるとき、前記操作手段が前記第2の状態に変化されないときよりも高確率で、前記段階演出において最終段階まで進行させることを特徴とする遊技機。
  2. 前記変化手段は、
    前記操作手段を第3の状態に変化させることが可能であり、
    前記段階演出において最終段階よりも前の段階に進行されているとき、前記操作手段を前記第3の状態に変化させることを特徴とする請求項1に記載の遊技機。
JP2014259047A 2014-12-22 2014-12-22 遊技機 Active JP6001632B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014259047A JP6001632B2 (ja) 2014-12-22 2014-12-22 遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014259047A JP6001632B2 (ja) 2014-12-22 2014-12-22 遊技機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2016116759A JP2016116759A (ja) 2016-06-30
JP6001632B2 true JP6001632B2 (ja) 2016-10-05

Family

ID=56243317

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014259047A Active JP6001632B2 (ja) 2014-12-22 2014-12-22 遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6001632B2 (ja)

Families Citing this family (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6423830B2 (ja) * 2016-08-05 2018-11-14 京楽産業.株式会社 遊技機
JP6423829B2 (ja) * 2016-08-05 2018-11-14 京楽産業.株式会社 遊技機
JP6423831B2 (ja) * 2016-08-05 2018-11-14 京楽産業.株式会社 遊技機
JP2018047131A (ja) * 2016-09-23 2018-03-29 京楽産業.株式会社 遊技機
JP6465500B2 (ja) * 2016-12-20 2019-02-06 株式会社大一商会 遊技機
JP6281171B1 (ja) * 2017-02-28 2018-02-21 株式会社サンセイアールアンドディ 遊技機
JP2018158065A (ja) * 2017-03-24 2018-10-11 京楽産業.株式会社 遊技機
JP2018027430A (ja) * 2017-11-28 2018-02-22 株式会社サンセイアールアンドディ 遊技機
JP2020108533A (ja) * 2019-01-04 2020-07-16 株式会社大一商会 遊技機

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5367799B2 (ja) * 2011-10-25 2013-12-11 京楽産業.株式会社 遊技機
JP5450581B2 (ja) * 2011-12-27 2014-03-26 株式会社三共 遊技機
JP5400998B1 (ja) * 2012-11-14 2014-01-29 株式会社藤商事 遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
JP2016116759A (ja) 2016-06-30

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5918064B2 (ja) 遊技機
JP5897511B2 (ja) 遊技機
JP5080168B2 (ja) 弾球遊技機
JP5178767B2 (ja) 可変入賞口装置および遊技機
JP2014195562A (ja) 弾球遊技機
JP4674800B2 (ja) 弾球遊技機
JP5489287B2 (ja) 弾球遊技機
JP2006334189A (ja) 遊技機及びその制御方法
JP5172374B2 (ja) 遊技機
JP6085123B2 (ja) 遊技機
JP2007252533A (ja) 遊技機
JP2007222347A (ja) 弾球遊技機
JP5782014B2 (ja) 遊技機
JP4873524B2 (ja) 弾球遊技機
JP2008200202A (ja) 遊技機
JP5320591B2 (ja) パチンコ遊技機
JP5559659B2 (ja) ぱちんこ遊技機
JP5442060B2 (ja) 遊技機
JP2007050073A (ja) 遊技機
JP4854446B2 (ja) 遊技機用表示装置
JP2007267944A (ja) 遊技機
JP6336726B2 (ja) 遊技機
JP2013009843A (ja) 遊技機
JP2010124886A (ja) 遊技機
JP2011030603A (ja) ぱちんこ遊技機、演出方法および演出プログラム

Legal Events

Date Code Title Description
TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20160823

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20160901

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6001632

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250