JP5110130B2 - 車載電子制御ユニット用筺体 - Google Patents

車載電子制御ユニット用筺体 Download PDF

Info

Publication number
JP5110130B2
JP5110130B2 JP2010167719A JP2010167719A JP5110130B2 JP 5110130 B2 JP5110130 B2 JP 5110130B2 JP 2010167719 A JP2010167719 A JP 2010167719A JP 2010167719 A JP2010167719 A JP 2010167719A JP 5110130 B2 JP5110130 B2 JP 5110130B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
vehicle
cover
case
stay
housing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2010167719A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2012028661A (ja
Inventor
一夫 野本
Original Assignee
株式会社デンソー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社デンソー filed Critical 株式会社デンソー
Priority to JP2010167719A priority Critical patent/JP5110130B2/ja
Publication of JP2012028661A publication Critical patent/JP2012028661A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5110130B2 publication Critical patent/JP5110130B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H05ELECTRIC TECHNIQUES NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • H05KPRINTED CIRCUITS; CASINGS OR CONSTRUCTIONAL DETAILS OF ELECTRIC APPARATUS; MANUFACTURE OF ASSEMBLAGES OF ELECTRICAL COMPONENTS
    • H05K5/00Casings, cabinets or drawers for electric apparatus
    • H05K5/0026Casings, cabinets or drawers for electric apparatus provided with connectors and printed circuit boards [PCB], e.g. automotive electronic control units
    • H05K5/0078Casings, cabinets or drawers for electric apparatus provided with connectors and printed circuit boards [PCB], e.g. automotive electronic control units specially adapted for acceleration sensors, e.g. crash sensors, airbag sensors
    • HELECTRICITY
    • H05ELECTRIC TECHNIQUES NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • H05KPRINTED CIRCUITS; CASINGS OR CONSTRUCTIONAL DETAILS OF ELECTRIC APPARATUS; MANUFACTURE OF ASSEMBLAGES OF ELECTRICAL COMPONENTS
    • H05K5/00Casings, cabinets or drawers for electric apparatus
    • H05K5/0026Casings, cabinets or drawers for electric apparatus provided with connectors and printed circuit boards [PCB], e.g. automotive electronic control units
    • H05K5/0073Casings, cabinets or drawers for electric apparatus provided with connectors and printed circuit boards [PCB], e.g. automotive electronic control units having specific features for mounting the housing on an external structure

Description

本発明は、車両衝突時に乗員を保護するエアバッグ等の乗員保護装置に用いられる電子制御ユニットである箱型の車載電子制御ユニット用筺体に関し、特に、車両衝突時に筺体内に配設される制御回路基板上の電子部品を保護することが可能な車載電子制御ユニット用筺体に関する。

従来、エアバッグ用のECU(電子制御ユニット)はアルミダイキャストの箱型の筺体に収容されている。この構成として例えば図1(a)に示すECU筺体1がある。このECU筺体1は、(b)に示す下方が開口した箱型のアルミダイキャストケース2と、アルミダイキャストケース2の開口からケース内に挿入されて固定される(c)に示す制御回路基板(単に、基板とも称す)3と、アルミダイキャストケース2の開口部分に固定されて当該開口を蓋する(d)に示す鉄製の鉄板カバー4とから成る。このECU筺体1においては、制御回路基板3に実装された図示せぬ加速度センサが車両の衝突を検知した際に、図示せぬエアバッグを開放する制御などが行われる。この種のものとして特許文献1に記載の電子装置用筺体が有る。

特開2008−41718号公報

ところで、上述したECU筺体1においては、アルミダイキャストケース2の重量が大きく製造コストも高いため、ケース2の樹脂化が検討されている。しかし、単にケース2を樹脂化すると車両衝突時の衝撃が樹脂の弾性により吸収されてしまい、その衝撃を検知する加速度センサまでの衝撃伝達性が損なわれてしまう。また、従来はアルミダイキャストケース2を介してアースをとっていたが、樹脂ケースは非導電性であるためアースがとれなくなってしまう。そこで、鉄板カバー4に同鉄板による複数のステーを形成し、各ステーを車両に固定すると、衝撃伝達性とアースの問題は解決される。しかし、鉄板カバー4が複数のステーで車両に固定されているため、車両衝突時の衝撃により鉄板カバー4が変形し、これに伴って基板3が破損する懸念がある。

基板3には衝突前後の速度や加速度等のデータを記録するレコーダである図示せぬEDR(Event Data Recorder)が実装されており、衝突後に事故原因を追究する上で重要なデータが記録されている。近年、このような事故データの重要性がますます高まっているが、衝突により基板3が破損すると基板上の電子部品も破壊され、EDRからデータを読み出せなくなるという問題が生じる。

本発明は、このような事情に鑑みてなされたものであり、車両衝突の衝撃を受けても基板上のEDR等の電子部品が破損しないように保護することができる車載電子制御ユニット用筺体を提供することを目的とする。

上記目的を達成するためになされた請求項1に記載の発明は、下方が開口した箱型を成す樹脂製のケースと、このケースに収容され、電子部品が実装された基板と、この基板を前記ケースとの間に挟設すると共に当該ケースの開口を蓋する金属製のカバーと、このカバー又は前記ケースを車両に固定する複数のステーとを有する車載電子制御ユニット用筺体において、前記複数のステーは、前記ケースに形成される樹脂製の第1ステーと、前記カバーに形成される金属製の第2ステーとを有し、前記第1ステーは前記カバーの車両前方側に形成されると共に、前記第2ステーは前記ケースの車両後方側に形成されることを特徴とする。

この構成によれば、車載電子制御ユニット用筺体(筺体)が第1ステー及び第2ステーで車両に固定されるが、車両が走行中に衝突した場合、この衝突による衝撃が筺体に伝達される。しかし、第1ステーはケースと同様に樹脂製であるため、衝撃力が内部の基板に悪影響を及ぼす程大きい場合には、第1ステーが分断されることで基板に過大な応力が印加されることを抑制することができる

また、第2ステーはカバーと同様に金属製であるため、加速度センサへの衝撃力伝達性を確保することができるので、より正確な衝突判定が可能となる。更に、金属製の第2ステーを介して基板のアースも確保することができるため、ノイズの低減が可能となる。

さらに、この構成によれば、車両が前方に衝突した場合には、その衝撃力は車両前方から伝達されるが、ケースの車両前方側に第1ステーを形成することで、最初に伝達された衝撃力により第1ステーが分断されるため、基板へ過大な応力が印加されることを抑制することができる。

請求項に記載の発明は、前記第2ステーは、前記カバーの車両最後方側に少なくとも1つ形成されていることを特徴とする。

この構成によれば、第2ステーがカバーの車両最後方側に1つ形成されている際に車両が衝突した場合、この衝突時の衝撃が車両の前方から後方側に向かって伝達する。この際、まず、第1ステーが破損してケースが外れた後、当該衝撃が後方側の第2ステーに伝達される。第2ステーは金属製で1つのみで尚且つ車両に固定されているので、この固定部分を中心としてカバーが回転方向に移動する。この移動によって衝撃が吸収されるので、カバーが変形することは略無く、これによって、カバーに支持された基板も変形せず、基板上の電子部品が保護される。

第2ステーがカバーの車両最後方側に2つ形成されている場合は、衝突時の衝撃でカバーが回転方向に移動しないが、前方側の第1ステーの破損によって既に衝撃が吸収されているので、後方側2箇所の第2ステーで固定されたカバーの前方側が浮き上がり、この浮き上がりによって衝撃が吸収される。従って、カバーが変形することは略無く、これによって、カバーに支持された基板も変形せず、基板上の電子部品が保護される。

請求項に記載の発明は、前記第2ステーは、前記カバーの車両最後方側であって車両前後方向に対して平行に2つ形成されている。

この構成によれば、車両衝突時の衝撃でカバーは回転方向に移動しないが、前方側の第1ステーの破損によって既に衝撃が吸収されているので、後方側2箇所の第2ステーで固定されたカバーの前方側が浮き上がり、この浮き上がりによって衝撃が吸収される。従って、カバーが変形することは略無く、これによって、カバーに支持された基板も変形せず、基板上の電子部品が保護される。

請求項に記載の発明は、前記電子部品は、車両衝突前後の車両情報を記録するレコーダであることを特徴とする。

この構成によれば、車両衝突時にレコーダが保護されるので、衝突後にレコーダに記憶された車両衝突前後の車両情報を読み出して解析等に役立てることができる。

請求項に記載の発明は、前記車両情報は、車両の速度、加速度のうち少なくとも一方を含むことを特徴とする。

この構成によれば、車両情報が、車両の速度、加速度のうち少なくとも一方を含むので、車両衝突前後の速度や加速度を読み出して、より適正な衝突の解析に役立てることができる。

従来の車載電子制御ユニット用筺体の構成を示す斜視図である。 本発明の実施形態に係る車載電子制御ユニット筺体の外観構成を示し、(a)は電子制御ユニット(ECU)筺体の斜視図、(b)は筺体ケースの斜視図、(c)は制御回路基板の斜視図、(d)は筺体カバーの斜視図である。 筺体ケースを開口側から見た斜視図である。 ECU回路のブロック図である。 ECU筺体を筺体カバー側から見た平面図である。 (a)筺体ケースを開口側から見た平面図、(b)筺体カバーの平面図、(c)ECU筺体を筺体カバー側から見た平面図である。

以下、本発明の実施形態を、図面を参照して説明する。但し、本明細書中の全図において相互に対応する部分には同一符号を付し、重複部分においては後述での説明を適時省略する。

図2は、本発明の実施形態に係る車載電子制御ユニット用筺体の外観構成を示し、(a)はECU筺体11の斜視図、(b)は筺体ケース12の斜視図、(c)は制御回路基板13の斜視図、(d)は筺体カバー14の斜視図である。

図2に示すECU筺体11は、矢印Y1で示す一側面及び下方側が開口した箱型で樹脂製の筺体ケース12と、筺体ケース12の開口からケース内に挿入されて固定される制御回路基板13と、筺体ケース12の開口部分に固定されて当該開口を蓋する鉄板製の筺体カバー14とから構成されている。

筺体ケース12は、開口側から内部を透視した図3に示すように、互いに対向する2つの内側面に概略円柱状の基板取付部12aが2つずつ配設され、各基板取付部12aの端面にネジ穴12bが設けられている。また、各基板取付部12aが配設された一側面の前後方向の中央部分の縁には、側面からケース外側へ水平方向に突き出た1つのケースステー12c1が配設され、他側面の前方側の縁には1つのケースステー12c2{図2(a)及び(b)参照}が配設されている。つまり、ケースステー(第1ステー)12c1,12c2は筺体ケース12本体から両側に突き出た樹脂製のステーである。

制御回路基板13には、筺体ケース12の各基板取付部12aのネジ穴12bに対応する位置に図2(c)に示すように図示せぬネジを挿通する貫通口13aが開口され、筺体ケース12の矢印Y1で示す側面開口部分に嵌め込まれるコネクタ13bが配設されている。

また、制御回路基板13には、図4に示すECU回路21が構成されており、これは、車両の加速度を検出する加速度センサ22と、データを記憶するEDR装置23と、これら加速度センサ22及びEDR装置23が接続されたマイコン24と、図示せぬエアバッグや外部の加速度センサ等が接続される外部IF(インターフェイス)25と、マイコン24に接続されたエアバッグ駆動回路26とを備えて構成されている。

外部IF25は、コネクタ16に組み合わされている。マイコン24は、外部IF25に接続された図示せぬ加速度センサや、加速度センサ22で検出された加速度に応じて車両の衝突と判定した場合、この判定結果をエアバッグ駆動回路26へ伝え、エアバッグ駆動回路26が図示せぬエアバッグを開放する制御などを行う。更に、マイコン24は、EDR装置23に車両衝突時の前後の車両速度を含む車両情報を時系列データとして記憶する制御を行う。なお、図4ではEDR装置23がマイコン24に外部接続されている構成としているが、EDR装置23がマイコン24に内蔵された構成であっても良い。

筺体カバー14は、図2(d)に示すように制御回路基板13の各貫通口13aに対応する位置にネジを挿通する貫通口14aが開口され、更に、筺体ケース12と組み合わせた際に当該筺体ケース12の1つのケースステー12c2が配設された側の側面後方の縁から図2(a)に示すようにケース外側へ水平に突き出る鉄板製(金属製)の1つのカバーステー(第2ステー)14cが筺体カバー14と一体に配設されている。

このような筺体カバー14、制御回路基板13及び筺体カバー14を組み立てる場合、筺体ケース12の各基板取付部12aのネジ穴12bに制御回路基板13の各貫通口13aを合わせると共に、筺体ケース12の後方側の側面開口部分にコネクタ13bを嵌め込む。この制御回路基板13の各貫通口13aに筺体カバー14の各貫通口14aを合わせて蓋を行い、各貫通口14aから各々ネジを挿通して筺体ケース12の各基板取付部12aのネジ穴12bに螺合して全体を一体に固定する。これによって図2(a)示すECU筺体11が完成する。この完成したECU筺体11は、図5に示すようにECU筺体11の側面から水平に突き出たケースステー12c1,12c2及びカバーステー14cを図示せぬ車両ボディにネジ固定することにより車両に固定される。

このようにECU筺体11が固定された車両が走行中に衝突した場合、この衝突による衝撃がECU筺体11に伝達し、加速度センサ22で検知され、これに応じてマイコン24がエアバッグ駆動回路26に指令を出し、エアバッグ駆動回路26がエアバッグを開放する制御を行う。更に、マイコン24によってEDR装置23に車両衝突時の前後の車両速度を含む車両情報が時系列データとして記憶される。

また、その衝撃は車両ボディに固定されたECU筺体11の前方側から伝達する。従って、まず、衝撃が最前方のケースステー12c2に伝達し、次にケースステー12c1に伝達するので、ケースステー12c1,12c2が前方側から破損して筺体ケース12が外れ、更に、当該衝撃が後方側のカバーステー14cに伝達される。このカバーステー14cは鉄板製で1つのみであり、カバーステー14cの1つのネジ穴を介して車両ボディにネジ固定されているので、カバーステー14cが破損することは無い。このため、カバーステー14cのネジ止め部分を中心として筺体カバー14が回転方向に移動する。この移動によって衝撃が吸収されるので、筺体カバー14が変形したり破損したりすることは殆どない。従って、筺体カバー14に固定された制御回路基板13が変形したり破損したりすることが無いので、制御回路基板13上のECU回路21を構成する電子部品が保護される。

このような本実施形態のECU筺体11は、下方が開口した箱型を成す樹脂製の筺体ケース12と、この筺体ケース12に収容され、電子部品が実装された制御回路基板13と、この制御回路基板13を筺体ケース12との間に挟設すると共に当該筺体ケース12の開口を蓋する金属製の筺体カバー14と、この筺体カバー14又は筺体ケース12を車両に固定する複数のステーとを有する。

本実施形態の特徴は、複数のステーが、筺体ケース12に形成される樹脂製のケースステー12cと、筺体カバー14に形成される金属製のカバーステー14cとから成る点にある。

この構成によって、ECU筺体11がケースステー12c及びカバーステー14cで車両に固定されるが、車両が走行中に衝突した場合、この衝突による衝撃が筺体に伝達される。この伝達された衝撃力によってケースステー12cが破損して筺体ケース12が外れるが、カバーステー14cは金属製なので破損しにくい。このため、ケースステー12cの破損により衝撃が吸収され、この吸収によりカバーステー14cで車両に固定された筺体カバー14への衝撃が抑制され、筺体カバー14の変形が抑制される。これによって筺体カバー14に支持された制御回路基板13も保護されるので、制御回路基板13上の電子部品が破損しないように保全される。

また、カバーステー14cは、筺体カバー14の車両最後方側に少なくとも1つ以上形成されている。

この構成によって、カバーステー14cが筺体カバー14の車両最後方側に1つ形成されている際に車両が衝突した場合、この衝突時の衝撃が車両の前方から後方側に向かって伝達する。この際、まず、ケースステー12cが破損して筺体ケース12が外れた後、当該衝撃が後方側のカバーステー14cに伝達される。カバーステー14cは金属製で1つのみで尚且つ車両に固定されているので、この固定部分を中心として筺体カバー14が回転方向に移動する。この移動によって衝撃が吸収されるので、筺体カバー14が変形することは略無く、これによって、筺体カバー14に支持された制御回路基板13も変形せず、制御回路基板13上の電子部品が保護される。

一方、カバーステー14cが筺体カバー14の車両最後方側に2つ形成されている場合を想定する。これは、図6(a)に示すように、筺体ケース12−1の車両前方側の左右に対向状態に水平に突き出てケースステー12c1,12c2が形成され、更に図6(b)に示すように、筺体カバー14−1の車両後方側の左右に対向状態に水平に突き出てケースステー14c1,14c2が形成されており、これら筺体ケース12−1と筺体カバー1−1とが図6(c)に示すように一体に組み合わされてECU筺体11―1が構成されている場合である。

この構成の場合、車両衝突時の衝撃で筺体カバー14−1が回転方向に移動しないが、前方側のケースステー12c1,12c2の破損によって既に衝撃が吸収されているので、後方側2箇所のカバーステー14c1,14c2で固定された筺体カバー14−1の前方側が浮き上がり、この浮き上がりによって衝撃が吸収される。従って、筺体カバー14−1が変形することは略無く、これによって、筺体カバー14−1に支持された制御回路基板13も変形せず、制御回路基板13上の電子部品が保護される。

このように保護される電子部品の内のEDR装置23も保護されるので、衝突後にEDR装置23に記憶された車両衝突前後の少なくとも速度や加速度を含むデータ(本発明の車両情報)を読み出して解析等に役立てることができる。

11,11−1 ECU筺体
12,12−1 筺体ケース
12a 基板取付部
12b ネジ穴
12c1,12c2 ケースステー
13,13−1 制御回路基板
13a 貫通口
13b コネクタ
14,14−1 筺体カバー
14a 貫通口
14c,14c1,14c2 カバーステー
21 ECU回路
22 加速度センサ
23 EDR装置
24 マイコン
25 外部IF
26 エアバッグ駆動回路

Claims (5)

  1. 下方が開口した箱型を成す樹脂製のケースと、このケースに収容され、電子部品が実装された基板と、この基板を前記ケースとの間に挟設すると共に当該ケースの開口を蓋する金属製のカバーと、このカバー又は前記ケースを車両に固定する複数のステーとを有する車載電子制御ユニット用筺体において、
    前記複数のステーは、前記ケースに形成される樹脂製の第1ステーと、前記カバーに形成される金属製の第2ステーとを有し、
    前記第1ステーは前記カバーの車両前方側に形成されると共に、前記第2ステーは前記ケースの車両後方側に形成されることを特徴とする車載電子制御ユニット用筺体。
  2. 前記第2ステーは、前記カバーの車両最後方側に少なくとも1つ形成されていることを特徴とする請求項に記載の車載電子制御ユニット用筺体。
  3. 前記第2ステーは、前記カバーの車両最後方側であって車両前後方向に対して平行に2つ形成されていることを特徴とする請求項に記載の車載電子制御ユニット用筺体。
  4. 前記電子部品は、車両衝突前後の車両情報を記録するレコーダであることを特徴とする請求項1〜の何れかに記載の車載電子制御ユニット用筺体。
  5. 前記車両情報は、車両の速度、加速度のうち少なくとも一方を含むことを特徴とする請求項の何れかに記載の車載電子制御ユニット用筺体。
JP2010167719A 2010-07-27 2010-07-27 車載電子制御ユニット用筺体 Expired - Fee Related JP5110130B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010167719A JP5110130B2 (ja) 2010-07-27 2010-07-27 車載電子制御ユニット用筺体

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010167719A JP5110130B2 (ja) 2010-07-27 2010-07-27 車載電子制御ユニット用筺体
US13/136,195 US8830686B2 (en) 2010-07-27 2011-07-26 In-vehicle electronic control unit housing

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2012028661A JP2012028661A (ja) 2012-02-09
JP5110130B2 true JP5110130B2 (ja) 2012-12-26

Family

ID=45526541

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010167719A Expired - Fee Related JP5110130B2 (ja) 2010-07-27 2010-07-27 車載電子制御ユニット用筺体

Country Status (2)

Country Link
US (1) US8830686B2 (ja)
JP (1) JP5110130B2 (ja)

Families Citing this family (22)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8387457B2 (en) * 2011-01-11 2013-03-05 Delphi Technologies, Inc. Collision sensor housing and module
EP2711221B1 (en) * 2011-05-20 2016-07-27 Toyota Jidosha Kabushiki Kaisha Vehicular instrument mounting structure
EP2820929A4 (en) * 2012-03-01 2015-09-30 Autoliv Dev An electronic unit with a pcb and two housing parts
JP5797601B2 (ja) * 2012-04-27 2015-10-21 オートリブ ディベロップメント エービー 車載回路基板収容筐体
JP5841898B2 (ja) * 2012-05-29 2016-01-13 日立オートモティブシステムズ株式会社 車載用電子装置およびそれを搭載した車両
JP5781982B2 (ja) * 2012-06-22 2015-09-24 オートリブ ディベロップメント エービー 車載回路基板収容筐体および車載用電子制御装置
JP6023524B2 (ja) * 2012-09-14 2016-11-09 日立オートモティブシステムズ株式会社 電子制御装置
JP2014086436A (ja) * 2012-10-19 2014-05-12 Autoliv Development Ab 車載回路基板収容筐体
JP5994609B2 (ja) * 2012-11-30 2016-09-21 矢崎総業株式会社 電気接続箱
JP5958761B2 (ja) * 2012-11-30 2016-08-02 株式会社デンソー 車両用電子制御ユニット
KR101704955B1 (ko) * 2013-02-20 2017-02-08 도요타 지도샤(주) 전기 자동차
JP6012547B2 (ja) * 2013-05-31 2016-10-25 本田技研工業株式会社 乗員保護装置制御ユニット収納用のケース
JP6094548B2 (ja) * 2014-08-29 2017-03-15 株式会社デンソー 電子装置収容筐体
US9440595B2 (en) 2014-12-18 2016-09-13 Toyota Motor Engineering & Manufacturing North America, Inc. Instrument panel substrate with pin positioning pattern for correct placement of multiple ECU attachments
DE102015202212A1 (de) * 2015-02-09 2016-08-11 Continental Automotive Gmbh Zweiteiliges Gehäuse zur Aufnahme einer elektronischen Baugruppe
US9293870B1 (en) * 2015-03-10 2016-03-22 Continental Automotive Systems, Inc. Electronic control module having a cover allowing for inspection of right angle press-fit pins
WO2016189523A1 (en) * 2015-05-28 2016-12-01 Daniel Cohen Tamper resistant case
US20170210307A1 (en) * 2016-01-22 2017-07-27 Toyota Motor Engineering & Manufacturing North America, Inc. Attachment for electrical components
US9894786B2 (en) * 2016-03-14 2018-02-13 Continental Automotive Gmbh Sheet metal housing for an electronic controlling unit
US10150440B2 (en) * 2016-05-19 2018-12-11 Ford Global Technologies, Llc Restraints control module attachment assembly
US10144360B2 (en) 2016-05-19 2018-12-04 Ford Global Technologies, Llc Restraints control module attachment assembly
JP2019192861A (ja) * 2018-04-27 2019-10-31 アイシン精機株式会社 コネクタ付きプリント基板の筐体構造

Family Cites Families (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002308021A (ja) 2001-04-12 2002-10-23 Fujitsu Ten Ltd 車載用電子機器
JP3498141B2 (ja) * 2001-07-12 2004-02-16 株式会社デバイス・ナノテク・リサーチ・インスティチュート 光パルス評価方法、光パルス評価装置、及び光通信システム
JP3748253B2 (ja) * 2002-11-14 2006-02-22 三菱電機株式会社 車載電子機器の筐体構造
JP2005117887A (ja) 2003-09-19 2005-04-28 Auto Network Gijutsu Kenkyusho:Kk 車載用回路ユニットの取付構造及び車載用回路ユニット
JP2005155827A (ja) * 2003-11-27 2005-06-16 Fujitsu Ten Ltd 固定構造
JP4217669B2 (ja) 2004-08-04 2009-02-04 トヨタ自動車株式会社 高圧用電気接続箱
JP2006093404A (ja) * 2004-09-24 2006-04-06 Sumitomo Wiring Syst Ltd 電気接続箱
JP4692432B2 (ja) 2006-08-01 2011-06-01 株式会社デンソー 電子装置用筐体
JP4697311B2 (ja) * 2009-01-20 2011-06-08 株式会社デンソー 車載電子制御ユニット用筺体

Also Published As

Publication number Publication date
JP2012028661A (ja) 2012-02-09
US20120026703A1 (en) 2012-02-02
US8830686B2 (en) 2014-09-09

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4375451B2 (ja) 車両用衝突検知装置
JP3673223B2 (ja) 携帯用情報機器
JP5685187B2 (ja) 車両衝突センサを収納するための方法及び装置
EP2099654B1 (en) Electric vehicle motion sensor
JP4466690B2 (ja) 衝突検出装置
US7510404B2 (en) Fixing structure and control device using that fixing structure
US20110000729A1 (en) Floor structure for a motor vehicle
KR100669287B1 (ko) 차량용 하드디스크 드라이브 방진 장치 및 그 조립방법
US7819004B2 (en) Vehicle sensor
US8387457B2 (en) Collision sensor housing and module
TW438690B (en) Instrument panel
JP4497182B2 (ja) 衝突検出装置
JP2013252828A (ja) バッテリパックの車載構造
JP2007253933A (ja) 蓄電パックの車載構造
EP2468617A1 (en) Motor driven vehicle
JP2015536855A (ja) 自動車用の圧力および加速度に基づく歩行者衝突センサアセンブリ
US20070046044A1 (en) Collision object discrimination apparatus for vehicle
JP5382494B2 (ja) キャニスタの取付構造
US9126633B2 (en) Reinforcement unit for engine-room encapsulation
JP2009035251A (ja) 自動車内の安全装置のための作動装置
WO2014007403A1 (en) Vehicle body front portion structure
JP4736609B2 (ja) 自動車のフェンダーパネル取付構造
JP5962435B2 (ja) 歩行者衝突検出装置を備えた車両用バンパ
US20040130081A1 (en) Piezoelectric material to damp vibrations of an instrument panel and/or a steering column
JP5144111B2 (ja) 電池ユニットおよびこの電池ユニットを備えた車両

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20111213

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20120604

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120607

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120709

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20120911

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20120924

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20151019

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20151019

Year of fee payment: 3

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees