JP4239987B2 - ネットワークシステム、デバイス、およびプログラム - Google Patents

ネットワークシステム、デバイス、およびプログラム Download PDF

Info

Publication number
JP4239987B2
JP4239987B2 JP2005049457A JP2005049457A JP4239987B2 JP 4239987 B2 JP4239987 B2 JP 4239987B2 JP 2005049457 A JP2005049457 A JP 2005049457A JP 2005049457 A JP2005049457 A JP 2005049457A JP 4239987 B2 JP4239987 B2 JP 4239987B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
master
network
rank
functioning
characteristic information
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2005049457A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2006235989A (ja
Inventor
敦司 児島
Original Assignee
ブラザー工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by ブラザー工業株式会社 filed Critical ブラザー工業株式会社
Priority to JP2005049457A priority Critical patent/JP4239987B2/ja
Publication of JP2006235989A publication Critical patent/JP2006235989A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4239987B2 publication Critical patent/JP4239987B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Classifications

    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F15/00Digital computers in general; Data processing equipment in general
    • G06F15/16Combinations of two or more digital computers each having at least an arithmetic unit, a program unit and a register, e.g. for a simultaneous processing of several programs

Description

本発明は、ネットワークシステムと、そのネットワークシステムを構成するためのデバイス、および、そのデバイスの機能を実現するためのプログラムに関する。
従来、複数のデバイス(例えば、ネットワークプリンタ等)をネットワークに接続してなるネットワークシステムにおいて、新たなデバイスをネットワークに接続する際、利用者が既にネットワークに参加しているデバイスを指定し、そのデバイスから新たなデバイスへ情報を伝送することにより、新たなデバイスが情報を取得する技術が提案されている(例えば、特許文献1参照)。
特開平11−249839号公報
しかし、上記従来技術では、新たなデバイスをネットワークに接続するたびに、利用者が情報の伝送元となるデバイスを指定していたため、利用者にとっては面倒な手間がかかるという欠点があった。
一方、あらかじめ1台のデバイスをマスターデバイスと決めておき、新たなデバイスをネットワークに接続する際には、マスターデバイスから新たなデバイスへ情報を伝送する仕組みを採用すれば、新たなデバイスをネットワークに接続するたびに利用者が情報の伝送元となるデバイスを指定しなくても、マスターデバイスから新たなデバイスへ情報を伝送できるものと考えられる。
しかし、あらかじめ1台のデバイスをマスターデバイスと決めておく方法では、マスターデバイスの稼働停止中に新たなデバイスがネットワークに接続された場合、ネットワーク上に情報の伝送元となるデバイスが存在しない状態となり、所期の情報伝送を実施できなくなるという欠点があった。
さらに、マスターデバイスの稼働停止時に、ネットワーク上に存在する複数のデバイス中から動的に新たなマスターデバイスが決まる仕組みを採用すれば、ネットワーク上に情報の伝送元となるデバイスが存在しない状態を解消できる可能性はある。
しかし、ネットワーク上に存在する複数のデバイスの中には、マスターデバイスとしての適性が高いものや低いものが混在するので、場合によっては、マスターデバイスとしての適性が低いデバイスであるにもかかわらず、新たなマスターデバイスとなってしまうことがあり、この場合、マスターデバイスとしての適性が高いデバイスの性能が有効利用されなくなるという欠点があった。
なお、以上の説明においては、マスターデバイスが情報の伝送元となり、他のデバイスが情報の伝送先となる事例を挙げて説明したが、ネットワーク上に存在する複数のデバイスの中から1台のマスターデバイスを選定する仕組みは、上記事例とは異なるシステムでも採用し得る。具体例を挙げれば、例えば、マスターデバイスが他のデバイスから情報を収集するシステムの場合であれば、マスターデバイスが情報の伝送先となり、他のデバイスが情報の伝送元となる。また、これらマスターデバイスと他のデバイスとの間の情報伝送に限らず、複数のデバイスの中から1台のマスターデバイスを選定したい場合はあり得る。
本発明は、上記問題を解決するためになされたものであり、その目的は、ネットワーク上に存在する複数のデバイスの中から1台のマスターデバイスを動的に選定可能で、しかも、マスターデバイスの選定時点で、マスターデバイスとしての適性が最も高いデバイスがマスターデバイスに選定されるネットワークシステムと、そのネットワークシステムを構成するためのデバイス、および、そのデバイスの機能を実現するためのプログラムを提供することにある。
以下、本発明の特徴的構成について説明する。
まず、請求項1に記載のネットワークシステムは、複数のデバイスがネットワークに接続され、前記デバイスには、システム内における順位が付与されて、前記順位が最上位となるデバイスがマスターデバイスとして機能するとともに、前記順位が最上位となるデバイス以外のデバイスが一般デバイスとして機能しており、前記デバイスは、自身より順位がひとつだけ高い上位デバイスとの通信を行うために必要となる上位デバイス通信用情報を記憶する上位デバイス通信用情報記憶手段と、前記一般デバイスとして機能した際、前記上位デバイス通信用情報記憶手段に記憶された上位デバイス通信用情報に基づいて、前記上位デバイスとの通信を行うことにより、前記上位デバイスがシステム内に存在することを確認する上位デバイス確認手段と、前記上位デバイスがシステム内に存在することを、前記上位デバイス確認手段によって確認できない場合に、前記マスターデバイスとして機能するデバイスがシステム内に存在することを確認するマスターデバイス確認手段と、前記マスターデバイスとして機能するデバイスがシステム内に存在することを、前記マスターデバイス確認手段によって確認できない場合に、自身の順位を判定する順位判定手段と、前記順位判定手段によって、自身の順位が最上位であると判定した場合に、自身を前記マスターデバイスとして機能させる制御を行う第1の制御手段とを備えたことを特徴とする。
このように構成されたネットワークシステムにおいては、デバイスが、一般デバイスとして機能した際には、マスターデバイス確認手段によって、マスターデバイスとして機能するデバイス(以下、単にマスターデバイスともいう。)がシステム内に存在することを確認する。そして、マスターデバイスがシステム内に存在することを確認できない場合、一般デバイスとして機能するデバイス(以下、単に一般デバイスともいう。)は、順位判定手段によって自身の順位を判定し、自身の順位が最上位であると判定した場合、第1の制御手段によって、自身をマスターデバイスとして機能させる制御を行う。その結果、システム内に存在するいくつかの一般デバイスのうち、マスターデバイスの不在に伴って新たに順位が最上位となったデバイスが、新たなマスターデバイスとして稼働を開始することになる。
したがって、このネットワークシステムによれば、ネットワーク上に存在する複数のデバイスの中から1台のマスターデバイスを動的に選定することができ、システム内にマスターデバイスが不在となるのを防止することができる。しかも、元のマスターデバイスの不在に伴って新たに順位が最上位となったデバイスが、新たなマスターデバイスとなるので、マスターデバイスとしての適性に応じた順位を付与しておくことにより、マスターデバイスとしての適性が最も高いデバイスを、マスターデバイスに選定することができる。
また、上記ネットワークシステムでは、各デバイスが、自身よりひとつ順位の高いデバイスを指定した通信を行うことで、上位デバイスの存在を確認し、その結果、自身よりひとつだけ順位の高いデバイスの存在が確認できない場合にのみ、マスターデバイスの存在を確認する。
したがって、他のデバイスの存在を確認するために、ネットワーク上の全デバイスを対象にした同報通信を実施するシステムなどに比べ、マスターデバイスや他の一般デバイスにかかる通信負荷を軽減することができる。また、自身よりひとつ順位の高いデバイスを指定した通信を行った上で、そのようなデバイスの存在が確認できない場合にのみ、マスターデバイスの存在を確認するので、全ての一般デバイスが常にマスターデバイスの存在を確認するようなシステムに比べ、マスターデバイスにかかる負荷が少なくて済む。
なお、本発明において、ネットワークに接続されるデバイスとしては、プリンタ、FAX、あるいはプリンタ機能やFAX機能を備えた複合機などの印刷系デバイス、スキャナ、ネットワークカメラなどの画像入力系デバイス、ファクシミリなどの画像通信系デバイス、ネットワークルータ、ネットワークポイントなどの通信経路系デバイス、ネットワークストレージなどの情報サーバ系デバイスなど、様々なデバイスを考えることができる。
また、マスターデバイスとしての機能は、他のデバイスへの情報提供、他のデバイスからの情報収集、他のデバイスに対する動作制御など、様々な機能を考えることができる。
次に、以上説明した請求項1に記載のネットワークシステムにおいて採用すると望ましい構成について説明する。
まず、請求項2に記載の通り、請求項1に記載のネットワークシステムにおいて、前記デバイスは、前記マスターデバイスとして機能するデバイスとの通信を行うために必要となるマスターデバイス通信用情報を記憶するマスターデバイス通信用情報記憶手段を備えており、前記マスターデバイス確認手段は、前記マスターデバイス通信用情報記憶手段に記憶されたマスターデバイス通信用情報に基づいて、前記マスターデバイスとして機能するデバイスとの通信を行うことにより、前記マスターデバイスとして機能するデバイスがシステム内に存在することを確認する手段であると望ましい。
このように構成されたネットワークシステムであれば、マスターデバイス確認手段は、マスターデバイスとして機能するデバイスとの通信を行うために必要となるマスターデバイス通信用情報(例えば、マスターデバイスのノード名、あるいはネットワークアドレスなど、ネットワーク上でマスターデバイスとの通信を実現するために必要な情報)に基づき、マスターデバイスを指定した通信を行うことで、マスターデバイスの存在を確認することができるので、例えば、ネットワーク上の全デバイスを対象にした通信を実施する場合に比べ、一般デバイスにかかる通信負荷を軽減することができる。
また、請求項3に記載の通り、請求項2に記載のネットワークシステムにおいて、前記デバイスは、前記マスターデバイスとして機能した際、前記一般デバイスとして機能するデバイスに前記マスターデバイス通信用情報を提供するマスターデバイス通信用情報提供手段を備えていてもよい。
このように構成されたネットワークシステムであれば、一般デバイスは、マスターデバイスから提供されるマスターデバイス通信用情報を取得することができるので、例えば、一般デバイスとして機能するデバイスが自らマスターデバイスを探し出すようなものに比べ、より簡単かつ確実にマスターデバイス通信用情報を取得することができる。
ただし、一般デバイスとして機能するデバイスが自らマスターデバイスを探し出すことも不可能ではなく、例えば、請求項2に記載のネットワークシステムにおいて、一般デバイスが、複数のデバイスに対して同報通信(ブロードキャストまたはマルチキャスト;以下略)を行い、複数のデバイスから同報通信の返答を受信し、受信した同報通信の返答から、マスターデバイス通信用情報(例えば、マスターデバイスのネットワークアドレス)を抽出する、といった手法を採用することもできる。
また、この同報通信を利用して、マスターデバイスの存在を確認することもでき、具体的には、請求項1に記載のネットワークシステムにおいて、一般デバイスが、複数のデバイスに対して同報通信を行い、複数のデバイスから同報通信の返答を受信し、受信した同報通信の返答から、マスターデバイスの存在を確認すればよい。この場合、マスターデバイスの存在を確認するには、マスターデバイス通信用情報(例えば、マスターデバイスのネットワークアドレス)を得られなくてもよく、例えば、マスターデバイスから到来する情報にのみセットされるフラグが含まれているだけでもよい。
また、請求項4に記載の通り、請求項1〜請求項3のいずれかに記載のネットワークシステムにおいて、前記デバイスは、前記マスターデバイスとして機能した際、前記一般デバイスとして機能するデバイスに前記上位デバイス通信用情報を提供する上位デバイス通信用情報提供手段を備えていても望ましい。
このように構成されたネットワークシステムであれば、一般デバイスは、自身よりひとつ順位が高い上位デバイスから提供される上位デバイス通信用情報を取得することができるので、例えば、一般デバイスとして機能するデバイスが自ら上位デバイスを探し出すようなものに比べ、より簡単かつ確実に上位デバイス通信用情報を取得することができる。
なお、この他、請求項1〜請求項3のいずれかに記載のネットワークシステムにおいて、一般デバイスとして機能した際、複数のデバイスに同報通信を行い、複数のデバイスから同報通信の返答を受信し、受信した同報通信の返答から、各デバイスが、自身よりひとつ順位が高いデバイスの存在を確認するようにしてもよい。
さらに、請求項5に記載の通り、請求項1〜請求項4のいずれかに記載のネットワークシステムにおいて、複数のデバイスで共用される共用データが、マスターデバイスから一般デバイスへ提供されるように構成されている場合、前記デバイスは、前記第1の制御手段によって、前記一般デバイスとして機能する状態から前記マスターデバイスとして機能する状態へ移行する制御がなされた場合に、前記共用データを作成する共用データ作成手段を備えていると望ましい。
このように構成されたネットワークシステムであれば、共用データを提供するマスターデバイスが稼働を停止した際にも、新たに自身の順位がもっとも高いと判断したデバイスが、新たなマスターデバイスとして機能するに当たって、共用データを作成しなおすので、共用データがなくなった状態を解消できる。
また、請求項6に記載の通り、請求項5に記載のネットワークシステムにおいて、前記デバイスは、前記一般デバイスとして機能した際、前記マスターデバイスとして機能するデバイスから取得した共用データを記憶する共用データ記憶手段を備えており、前記共用データ作成手段は、前記共用データ記憶手段に記憶された前記共用データに基づいて、前記共用データを作成する手段であると、さらに望ましい。
このようなネットワークシステムであれば、過去にマスターデバイスから提供された共用データを基にして、新たな共用データを作成しなおすので、以前に利用できた共用データの内容を引き継ぐことができる可能性を高めることができる。
また、請求項7に記載の通り、請求項1〜請求項6のいずれかに記載のネットワークシステムにおいて、前記デバイスは、前記マスターデバイスとして機能した際、システム内のデバイスの特性を示す特性情報に基づいて、システム内における各デバイスの順位を決定する順位決定手段と、前記順位決定手段によって順位を決定したデバイスの中に、自身より順位の高いデバイスが存在する場合に、そのデバイスにマスターデバイスとして機能すべきことを通知するマスター交代通知手段と、前記一般デバイスとして機能した際、前記マスターデバイスとして機能するデバイスから、マスターデバイスとして機能すべきことが通知されたら、自身を前記マスターデバイスとして機能させる制御を行う第2の制御手段とを備えていても望ましい。
このようなネットワークシステムにおいて、マスターデバイスでは、順位決定手段が、システム内のデバイスの特性を示す特性情報に基づいて、システム内における各デバイスの順位を決定し、順位を決定したデバイスの中に、マスターデバイスより順位の高いデバイスが存在する場合、マスター交代通知手段が、マスターデバイスより順位の高いデバイスに、マスターデバイスとして機能すべきことを通知する。また、一般デバイスでは、マスターデバイスから、新たなマスターデバイスとして機能すべきことが通知されたら、第2の制御手段が、新たなマスターデバイスとして機能すべきことが通知された一般デバイスを、新たなマスターデバイスとして機能させる制御を行う。
したがって、マスターデバイスの管理の下で、デバイスの特性から決定される順位に従い、最も順位の高いデバイスが自身の順位を認識し、新たなマスターデバイスとして稼働を開始するので、常に最上位のデバイスがマスターデバイスとして機能できる。
また、請求項8に記載の通り、請求項7に記載のネットワークシステムにおいて、前記順位決定手段は、所定の期間が経過する毎に、システム内のデバイスから前記特性情報を取得して、前記順位を決定する処理を繰り返す手段であると望ましい。
このようなネットワークシステムであれば、ネットワークに参加するデバイスの増減があった場合に、その増減があったこと自体をマスターデバイスが認識できなくても、所定の期間が経過したことをもって、システム内のデバイスから特性情報を取得して順位を決定するので、その時点で、デバイスの増減を反映した順位を決定しなおすことができる。
また、請求項9に記載の通り、請求項7または請求項8に記載のネットワークシステムにおいて、前記デバイスは、前記マスターデバイスとして機能した際、システム内のデバイスから前記特性情報を取得する特性情報取得手段と、前記一般デバイスとして機能した際、前記マスターデバイスとして機能するデバイスへ前記特性情報を提供する特性情報提供手段とを備えていても望ましい。
このようなネットワークシステムであれば、一般デバイスからマスターデバイスへ特性情報が伝達されるので、マスターデバイスが自ら各一般デバイスの特性を調査するようなシステムに比べ、複数のデバイスの特性情報を確実に得ることができる。また、使用者がマスターデバイスへ各デバイスの特性情報をそれぞれ入力する手間を省くことができる。
また、請求項10に記載の通り、請求項9に記載のネットワークシステムにおいて、前記特性情報提供手段は、前記デバイスが新たにネットワークに参加して、前記一般デバイスとして機能した際に、前記マスターデバイスとして機能するデバイスへ前記特性情報を提供する手段であり、前記順位決定手段は、前記マスターデバイスとして機能した際、前記特性情報取得手段によって、システム内のデバイスから前記特性情報を取得したら、取得した前記特性情報に基づいて、システム内における各デバイスの順位を決定する手段であると好ましい。
このように構成されたネットワークシステムによれば、新たなデバイスがネットワークに参加した場合に、そのデバイスの特性情報が直ちにマスターデバイスに提供され、マスターデバイスは、デバイスの順位を決定しなおすので、新たなデバイスを適切な順位に組み込むことができ、また、場合によっては、マスターデバイスの交代を行うこともできる。
また、請求項11に記載の通り、請求項7請求項10のいずれかに記載のネットワークシステムにおいて、前記複数のデバイスで共用される共用データが、前記マスターデバイスから前記一般デバイスへ提供されるように構成されている場合、前記デバイスは、前記順位決定手段によって順位を決定したデバイスの中に、自身より順位の高いデバイスが存在する場合に、そのデバイスに前記共用データを転送する共用データ転送手段を備えていると好ましい。
このようなネットワークシステムであれば、マスターデバイスの交代が起こる場合に、元のマスターデバイスから新たなマスターデバイスへ共用データが転送されるので、新たなマスターデバイスは、確実に元のマスターデバイスと同じ共用データを各デバイスに提供できるようになる。
さらに、請求項12に記載の通り、請求項1〜請求項6のいずれかに記載のネットワークシステムにおいて、前記デバイスは、前記マスターデバイスとして機能した際、システム内のデバイスの特性を示す特性情報に基づいて、システム内における各デバイスの順位を決定する順位決定手段と、前記順位決定手段によって前記順位を決定した場合に、前記順位を各デバイスに通知する順位通知手段と、前記マスターデバイスとして機能している状態で、自身以外のデバイスから前記順位の通知を受けた場合に、自身を前記一般デバイスとして機能させる制御を行う第3の制御手段とを備えていても好ましい。
このように構成されたネットワークシステムによれば、マスターデバイスとして機能した際、順位決定手段は、システム内のデバイスの特性を示す特性情報に基づいて、システム内における各デバイスの順位を決定し、順位通知手段は、決定した順位を各デバイスに通知する。ここで、通常であれば、マスターデバイスとして機能するデバイスは、システム内にひとつしか存在しないので、原則として、マスターデバイスとして機能している状態では、自身以外のデバイスから順位の通知を受けることはない。ただし、例外的ながら、何らかの事情(例えば、判定タイミングの時差や情報伝達の障害など)により、複数のデバイスそれぞれにおいて、自身の順位が最も高いとの判断がなされる可能性もあり、この場合、マスターデバイスとして機能している状態であるにもかかわらず、自身以外のデバイスから順位の通知を受けることがある。しかし、この場合は、第3の制御手段が、自身を一般デバイスとして機能させる制御を行うので、誤ってマスターデバイスとなったデバイスは、自身が最も順位の高いデバイスでないと認識し、マスターデバイスが複数になった状態を解消することができる。
また、請求項13に記載の通り、請求項12に記載のネットワークシステムにおいて、前記順位決定手段は、所定の期間が経過する毎に、システム内のデバイスから前記特性情報を取得して、前記順位を決定する処理を繰り返す手段であると望ましい。
このようなネットワークシステムであれば、ネットワークに参加するデバイスの増減があった場合に、その増減があったこと自体をマスターデバイスが認識できなくても、所定の期間が経過したことをもって、システム内のデバイスから特性情報を取得して順位を決定するので、その時点で、デバイスの増減を反映した順位を決定しなおすことができる。
また、請求項14に記載の通り、請求項12または請求項13に記載のネットワークシステムにおいて、前記デバイスは、前記マスターデバイスとして機能した際、システム内のデバイスから前記特性情報を取得する特性情報取得手段と、前記一般デバイスとして機能した際、前記マスターデバイスとして機能するデバイスへ前記特性情報を提供する特性情報提供手段とを備えていても望ましい。
このようなネットワークシステムであれば、一般デバイスからマスターデバイスへ特性情報が伝達されるので、マスターデバイスが自ら各一般デバイスの特性を調査するようなシステムに比べ、複数のデバイスの特性情報を確実に得ることができる。また、使用者がマスターデバイスへ各デバイスの特性情報をそれぞれ入力する手間を省くことができる。
また、請求項15に記載の通り、請求項14に記載のネットワークシステムにおいて、前記特性情報提供手段は、前記デバイスが新たにネットワークに参加して、前記一般デバイスとして機能した際に、前記マスターデバイスとして機能するデバイスへ前記特性情報を提供する手段であり、前記順位決定手段は、前記マスターデバイスとして機能した際、前記特性情報取得手段によって、システム内のデバイスから前記特性情報を取得したら、取得した前記特性情報に基づいて、システム内における各デバイスの順位を決定する手段であると好ましい。
このように構成されたネットワークシステムによれば、新たなデバイスがネットワークに参加した場合に、そのデバイスの特性情報が直ちにマスターデバイスに提供され、マスターデバイスは、デバイスの順位を決定しなおすので、新たなデバイスを適切な順位に組み込むことができ、また、場合によっては、マスターデバイスの交代を行うこともできる。
また、請求項16に記載の通り、請求項12請求項15のいずれかに記載のネットワークシステムにおいて、前記複数のデバイスで共用される共用データが、前記マスターデバイスから前記一般デバイスへ提供されるように構成されている場合、前記デバイスは、前記順位決定手段によって順位を決定したデバイスの中に、自身より順位の高いデバイスが存在する場合に、そのデバイスに前記共用データを転送する共用データ転送手段を備えていると好ましい。
このようなネットワークシステムであれば、マスターデバイスの交代が起こる場合に、元のマスターデバイスから新たなマスターデバイスへ共用データが転送されるので、新たなマスターデバイスは、確実に元のマスターデバイスと同じ共用データを各デバイスに提供できるようになる。
さて、以上説明した請求項7請求項16のいずれかに記載のネットワークシステムにおいては、請求項17に記載の通り、前記特性情報は、前記デバイスの記憶容量を反映した情報とされていると好ましい。
より具体的には、例えば、ハードディスクや不揮発性メモリを備えるデバイスであれば、その記憶容量の大きさを示す情報であると好ましい。
このようなネットワークシステムであれば、デバイスの記憶容量が反映された順位がデバイスに付与されるので、他の条件が同じ場合、記憶容量の大きいデバイスほど順位が高くなり、マスターデバイスになりやすくなる。したがって、マスターデバイスが、各種情報を保存して他のデバイスに提供する機能を有する場合に好適である。
また、請求項18に記載の通り、請求項7請求項17のいずれかに記載のネットワークシステムにおいて、前記特性情報は、前記デバイスの処理性能を反映した情報とされていると好ましい。
より具体的には、例えば、CPU性能、RAM容量、RAM速度、ネットワーク側との通信速度を示す情報であると好ましい。また、新たな製品ほど性能が向上するデバイスの場合、製品出荷日を示す情報であってもよい。
このようなネットワークシステムであれば、デバイスの処理性能が反映された順位がデバイスに付与されるので、他の条件が同じ場合、処理性能の高いデバイスほど順位が高くなり、マスターデバイスになりやすくなる。したがって、マスターデバイスが、各種情報を迅速に他のデバイスに提供したい場合、マスターデバイスが各種演算を実施する場合、マスターデバイスにおける入出力が多い場合等に好適である。
また、請求項19に記載の通り、請求項7請求項18のいずれかに記載のネットワークシステムにおいて、前記特性情報は、前記デバイスの連続運転性を反映した情報とされていると好ましい。
ここで、デバイスの連続運転性とは、デバイスの電源が落とされる可能性を意味し、例えば、主電源スイッチを持たないものと持つものとでは、前者の連続運転性が高いものとして扱われる。また、一般にFAX機能や電話機能を持つ機器は、常時稼働して着信を待ち受けているのに対し、単機能のプリンタ等は、必要時に電源を投入するだけの場合も多々あるので、FAX機能や電話機能を持つものと持たないものとでは、前者の連続運転性が高いものとして扱われる。
このようなネットワークシステムであれば、デバイスの連続運転性が反映された順位がデバイスに付与されるので、他の条件が同じ場合、連続運転性の高いデバイスほど順位が高くなり、マスターデバイスになりやすくなる。したがって、マスターデバイスの稼働がしばしば停止することに起因して、マスターデバイスの交代頻度が高くなるといった問題が起きにくくなり、その結果、そのようなマスターデバイスの交代に伴う負荷が各デバイスにかかりにくくなる。
加えて、請求項20に記載の通り、請求項1〜請求項19のいずれかに記載のネットワークシステムにおいて、前記複数のデバイスで共用される共用データが、前記マスターデバイスから前記一般デバイスへ提供されるように構成されている場合、前記デバイスは、アドレスデータの示す送信先へデータを送信する機能を備えた通信機器であり、前記共用データは、前記アドレスデータを含んでなるアドレス帳データであると好ましい。
このようなネットワークシステムによれば、複数のデバイスは、共用データとして提供されるアドレス帳データに基づいて、アドレスデータの示す送信先へデータを送信することができるので、複数のデバイスのどれからでも、同じアドレスに対して通信することができるようになる。
次に、請求項21に記載のネットワークシステムは、請求項1〜請求項20のいずれかに記載のネットワークシステムにおいて、前記デバイスは、前記マスターデバイスとして機能した際、システム内のデバイスの特性を示す特性情報に基づいて、システム内における各デバイスの順位を決定する順位決定手段と、前記順位決定手段によって順位を決定したデバイスの中に、自身より順位の高いデバイスが存在する場合に、そのデバイスにマスターデバイスとして機能すべきことを通知するマスター交代通知手段と、前記一般デバイスとして機能した際、前記マスターデバイスとして機能するデバイスから、マスターデバイスとして機能すべきことが通知されたら、自身を前記マスターデバイスとして機能させる制御を行う第2の制御手段とを備えたことを特徴とする。
このようなネットワークシステムにおいて、マスターデバイスでは、順位決定手段が、システム内のデバイスの特性を示す特性情報に基づいて、システム内における各デバイスの順位を決定し、順位を決定したデバイスの中に、マスターデバイスより順位の高いデバイスが存在する場合、マスター交代通知手段が、マスターデバイスより順位の高いデバイスに、マスターデバイスとして機能すべきことを通知する。また、一般デバイスでは、マスターデバイスから、新たなマスターデバイスとして機能すべきことが通知されたら、第2の制御手段が、新たなマスターデバイスとして機能すべきことが通知された一般デバイスを、新たなマスターデバイスとして機能させる制御を行う。
したがって、このネットワークシステムによれば、ネットワーク上に存在する複数のデバイスの中から1台のマスターデバイスを動的に選定することができ、システム内にマスターデバイスが不在となるのを防止することができる。しかも、マスターデバイスの管理の下で、デバイスの特性から決定される順位に従い、最も順位の高いデバイスが自身の順位を認識し、新たなマスターデバイスとして稼働を開始するので、マスターデバイスとしての適性に応じた順位を付与しておくことにより、マスターデバイスとしての適性が最も高いデバイスを、マスターデバイスに選定することができる。
次に、以上説明した請求項21に記載のネットワークシステムにおいて採用すると望ましい構成について説明する。
まず、請求項22に記載の通り、請求項21に記載のネットワークシステムにおいて、前記順位決定手段は、所定の期間が経過する毎に、システム内のデバイスから前記特性情報を取得して、前記順位を決定する処理を繰り返す手段であると望ましい。
このようなネットワークシステムであれば、ネットワークに参加するデバイスの増減があった場合に、その増減があったこと自体をマスターデバイスが認識できなくても、所定の期間が経過したことをもって、システム内のデバイスから特性情報を取得して順位を決定するので、その時点で、デバイスの増減を反映した順位を決定しなおすことができる。
また、請求項23に記載の通り、請求項21または請求項22に記載のネットワークシステムにおいて、前記デバイスは、前記マスターデバイスとして機能した際、システム内のデバイスから前記特性情報を取得する特性情報取得手段と、前記一般デバイスとして機能した際、前記マスターデバイスとして機能するデバイスへ前記特性情報を提供する特性情報提供手段とを備えていても望ましい。
このようなネットワークシステムであれば、一般デバイスからマスターデバイスへ特性情報が伝達されるので、マスターデバイスが自ら各一般デバイスの特性を調査するようなシステムに比べ、複数のデバイスの特性情報を確実に得ることができる。また、使用者がマスターデバイスへ各デバイスの特性情報をそれぞれ入力する手間を省くことができる。
また、請求項24に記載の通り、請求項23に記載のネットワークシステムにおいて、前記特性情報提供手段は、前記デバイスが新たにネットワークに参加して、前記一般デバイスとして機能した際に、前記マスターデバイスとして機能するデバイスへ前記特性情報を提供する手段であり、前記順位決定手段は、前記マスターデバイスとして機能した際、前記特性情報取得手段によって、システム内のデバイスから前記特性情報を取得したら、取得した前記特性情報に基づいて、システム内における各デバイスの順位を決定する手段であると好ましい。
このように構成されたネットワークシステムによれば、新たなデバイスがネットワークに参加した場合に、そのデバイスの特性情報が直ちにマスターデバイスに提供され、マスターデバイスは、デバイスの順位を決定しなおすので、新たなデバイスを適切な順位に組み込むことができ、また、場合によっては、マスターデバイスの交代を行うこともできる。
また、請求項25に記載の通り、請求項21請求項24のいずれかに記載のネットワークシステムにおいて、前記複数のデバイスで共用される共用データが、前記マスターデバイスから前記一般デバイスへ提供されるように構成されている場合、前記デバイスは、前記順位決定手段によって順位を決定したデバイスの中に、自身より順位の高いデバイスが存在する場合に、そのデバイスに前記共用データを転送する共用データ転送手段を備えていると好ましい。
このようなネットワークシステムであれば、マスターデバイスの交代が起こる場合に、元のマスターデバイスから新たなマスターデバイスへ共用データが転送されるので、新たなマスターデバイスは、確実に元のマスターデバイスと同じ共用データを各デバイスに提供できるようになる。
また、請求項26に記載の通り、請求項21請求項25のいずれかに記載のネットワークシステムにおいて、前記複数のデバイスで共用される共用データが、前記マスターデバイスから前記一般デバイスへ提供されるように構成されている場合、前記デバイスは、前記一般デバイスとして機能する状態から前記マスターデバイスとして機能する状態へ移行する制御がなされた場合に、その直前まで前記マスターデバイスとして機能していたデバイスから前記共用データを取得する共用データ取得手段を備えていてもよい。
このようなネットワークシステムであれば、マスターデバイスの交代が起こる場合に、新たなマスターデバイスは直前までマスターデバイスとして機能していたデバイスから共用データを取得するので、新たなマスターデバイスは、確実に元のマスターデバイスと同じ共用データを各デバイスに提供できるようになる。
ちなみに、上記共用データ取得手段とは別の手段を備えるシステムを考えることもできる。例えば、請求項21請求項26のいずれかに記載のネットワークシステムにおいて、前記複数のデバイスで共用される共用データが、前記マスターデバイスから前記一般デバイスへ提供されるように構成されている場合、前記デバイスは、前記一般デバイスとして機能する状態から前記マスターデバイスとして機能する状態へ移行する制御がなされた場合に、前記一般デバイスとして機能していたデバイスから前記共用データを取得する手段を備えていてもよい。このようなネットワークシステムの場合、マスターデバイスの交代が起こる場合に、新たなマスターデバイスは一般デバイスとして機能していたデバイスから共用データを取得するので、元のマスターデバイスが稼働を停止した場合でも、新たなマスターデバイスは、一般デバイスから取得した共用データを各デバイスに提供できるようになる。
なお、以上説明した請求項21請求項26のいずれかに記載のネットワークシステムにおいても、請求項27に記載の通り、前記特性情報は、前記デバイスの記憶容量を反映した情報とされていると好ましい。
より具体的には、例えば、ハードディスクや不揮発性メモリを備えるデバイスであれば、その記憶容量の大きさを示す情報であると好ましい。
このようなネットワークシステムであれば、デバイスの記憶容量が反映された順位がデバイスに付与されるので、他の条件が同じ場合、記憶容量の大きいデバイスほど順位が高くなり、マスターデバイスになりやすくなる。したがって、マスターデバイスが、各種情報を保存して他のデバイスに提供する機能を有する場合に好適である。
また、請求項28に記載の通り、請求項21請求項27のいずれかに記載のネットワークシステムにおいて、前記特性情報は、前記デバイスの処理性能を反映した情報とされていると好ましい。
より具体的には、例えば、CPU性能、RAM容量、RAM速度、ネットワーク側との通信速度を示す情報であると好ましい。また、新たな製品ほど性能が向上するデバイスの場合、製品出荷日を示す情報であってもよい。
このようなネットワークシステムであれば、デバイスの処理性能が反映された順位がデバイスに付与されるので、他の条件が同じ場合、処理性能の高いデバイスほど順位が高くなり、マスターデバイスになりやすくなる。したがって、マスターデバイスが、各種情報を迅速に他のデバイスに提供したい場合、マスターデバイスが各種演算を実施する場合、マスターデバイスにおける入出力が多い場合等に好適である。
また、請求項29に記載の通り、請求項21請求項28のいずれかに記載のネットワークシステムにおいて、前記特性情報は、前記デバイスの連続運転性を反映した情報とされていると好ましい。
ここで、デバイスの連続運転性とは、デバイスの電源が落とされる可能性を意味し、例えば、主電源スイッチを持たないものと持つものとでは、前者の連続運転性が高いものとして扱われる。また、一般にFAX機能や電話機能を持つ機器は、常時稼働して着信を待ち受けているのに対し、単機能のプリンタ等は、必要時に電源を投入するだけの場合も多々あるので、FAX機能や電話機能を持つものと持たないものとでは、前者の連続運転性が高いものとして扱われる。
このようなネットワークシステムであれば、デバイスの連続運転性が反映された順位がデバイスに付与されるので、他の条件が同じ場合、連続運転性の高いデバイスほど順位が高くなり、マスターデバイスになりやすくなる。したがって、マスターデバイスの稼働がしばしば停止することに起因して、マスターデバイスの交代頻度が高くなるといった問題が起きにくくなり、その結果、そのようなマスターデバイスの交代に伴う負荷が各デバイスにかかりにくくなる。
加えて、請求項30に記載の通り、請求項21請求項29のいずれかに記載のネットワークシステムにおいて、前記複数のデバイスで共用される共用データが、前記マスターデバイスから前記一般デバイスへ提供されるように構成されている場合、前記デバイスは、アドレスデータの示す送信先へデータを送信する機能を備えた通信機器であり、前記共用データは、前記アドレスデータを含んでなるアドレス帳データであると好ましい。
このようなネットワークシステムによれば、複数のデバイスは、共用データとして提供されるアドレス帳データに基づいて、アドレスデータの示す送信先へデータを送信することができるので、複数のデバイスのどれからでも、同じアドレスに対して通信することができるようになる。
次に、請求項31に記載のネットワークシステムは、請求項1〜請求項30のいずれかに記載のネットワークシステムにおいて、前記デバイスは、前記マスターデバイスとして機能した際、システム内のデバイスの特性を示す特性情報に基づいて、システム内における各デバイスの順位を決定する順位決定手段と、前記順位決定手段によって前記順位を決定した場合に、前記順位を各デバイスに通知する順位通知手段と、前記マスターデバイスとして機能している状態で、自身以外のデバイスから前記順位の通知を受けた場合に、自身を前記一般デバイスとして機能させる制御を行う第3の制御手段とを備えたことを特徴とするネットワークシステム。
このように構成されたネットワークシステムによれば、マスターデバイスとして機能した際、順位決定手段は、システム内のデバイスの特性を示す特性情報に基づいて、システム内における各デバイスの順位を決定し、順位通知手段は、決定した順位を各デバイスに通知する。ここで、通常であれば、マスターデバイスとして機能するデバイスは、システム内にひとつしか存在しないので、原則として、マスターデバイスとして機能している状態では、自身以外のデバイスから順位の通知を受けることはない。ただし、例外的ながら、何らかの事情(例えば、判定タイミングの時差や情報伝達の障害など)により、複数のデバイスそれぞれにおいて、自身の順位が最も高いとの判断がなされる可能性もあり、この場合、マスターデバイスとして機能している状態であるにもかかわらず、自身以外のデバイスから順位の通知を受けることがある。しかし、この場合は、第3の制御手段が、自身を一般デバイスとして機能させる制御を行うので、誤ってマスターデバイスとなったデバイスは、自身が最も順位の高いデバイスでないと認識し、マスターデバイスが複数になった状態を解消することができる。
したがって、このネットワークシステムによれば、ネットワーク上に存在する複数のデバイスの中から1台のマスターデバイスを動的に選定することができ、システム内にマスターデバイスが不在となるのを防止することができる。しかも、誤って複数のデバイスがマスターデバイスとして機能する状態に移行しようとする状況になっても、自身以外のデバイスから順位の通知を受けた時点で、マスターデバイスとして機能する状態に移行するのを中止するので、マスターデバイスが複数になることも阻止できる。
次に、以上説明した請求項31に記載のネットワークシステムにおいて採用すると望ましい構成について説明する。
まず、請求項32に記載の通り、請求項31に記載のネットワークシステムにおいて、前記順位決定手段は、所定の期間が経過する毎に、システム内のデバイスから前記特性情報を取得して、前記順位を決定する処理を繰り返す手段であると望ましい。
このようなネットワークシステムであれば、ネットワークに参加するデバイスの増減があった場合に、その増減があったこと自体をマスターデバイスが認識できなくても、所定の期間が経過したことをもって、システム内のデバイスから特性情報を取得して順位を決定するので、その時点で、デバイスの増減を反映した順位を決定しなおすことができる。
また、請求項33に記載の通り、請求項31または請求項32に記載のネットワークシステムにおいて、前記デバイスは、前記マスターデバイスとして機能した際、システム内のデバイスから前記特性情報を取得する特性情報取得手段と、前記一般デバイスとして機能した際、前記マスターデバイスとして機能するデバイスへ前記特性情報を提供する特性情報提供手段とを備えていても望ましい。
このようなネットワークシステムであれば、一般デバイスからマスターデバイスへ特性情報が伝達されるので、マスターデバイスが自ら各一般デバイスの特性を調査するようなシステムに比べ、複数のデバイスの特性情報を確実に得ることができる。また、使用者がマスターデバイスへ各デバイスの特性情報をそれぞれ入力する手間を省くことができる。
また、請求項34に記載の通り、請求項33に記載のネットワークシステムにおいて、前記特性情報提供手段は、前記デバイスが新たにネットワークに参加して、前記一般デバイスとして機能した際に、前記マスターデバイスとして機能するデバイスへ前記特性情報を提供する手段であり、前記順位決定手段は、前記マスターデバイスとして機能した際、前記特性情報取得手段によって、システム内のデバイスから前記特性情報を取得したら、取得した前記特性情報に基づいて、システム内における各デバイスの順位を決定する手段であると好ましい。
このように構成されたネットワークシステムによれば、新たなデバイスがネットワークに参加した場合に、そのデバイスの特性情報が直ちにマスターデバイスに提供され、マスターデバイスは、デバイスの順位を決定しなおすので、新たなデバイスを適切な順位に組み込むことができ、また、場合によっては、マスターデバイスの交代を行うこともできる。
また、請求項35に記載の通り、請求項31請求項34のいずれかに記載のネットワークシステムにおいて、前記複数のデバイスで共用される共用データが、前記マスターデバイスから前記一般デバイスへ提供されるように構成されている場合、前記デバイスは、前記順位決定手段によって順位を決定したデバイスの中に、自身より順位の高いデバイスが存在する場合に、そのデバイスに前記共用データを転送する共用データ転送手段を備えていると好ましい。
このようなネットワークシステムであれば、マスターデバイスの交代が起こる場合に、元のマスターデバイスから新たなマスターデバイスへ共用データが転送されるので、新たなマスターデバイスは、確実に元のマスターデバイスと同じ共用データを各デバイスに提供できるようになる。
また、請求項36に記載の通り、請求項31請求項35のいずれかに記載のネットワークシステムにおいて、前記複数のデバイスで共用される共用データが、前記マスターデバイスから前記一般デバイスへ提供されるように構成されている場合、前記デバイスは、前記一般デバイスとして機能する状態から前記マスターデバイスとして機能する状態へ移行する制御がなされた場合に、その直前まで前記マスターデバイスとして機能していたデバイスから前記共用データを取得する共用データ取得手段を備えていてもよい。
このようなネットワークシステムであれば、マスターデバイスの交代が起こる場合に、新たなマスターデバイスは直前までマスターデバイスとして機能していたデバイスから共用データを取得するので、新たなマスターデバイスは、確実に元のマスターデバイスと同じ共用データを各デバイスに提供できるようになる。
ちなみに、上記共用データ取得手段とは別の手段を備えるシステムを考えることもできる。例えば、請求項31請求項36のいずれかに記載のネットワークシステムにおいて、前記複数のデバイスで共用される共用データが、前記マスターデバイスから前記一般デバイスへ提供されるように構成されている場合、前記デバイスは、前記一般デバイスとして機能する状態から前記マスターデバイスとして機能する状態へ移行する制御がなされた場合に、前記一般デバイスとして機能していたデバイスから前記共用データを取得する手段を備えていてもよい。このようなネットワークシステムの場合、マスターデバイスの交代が起こる場合に、新たなマスターデバイスは一般デバイスとして機能していたデバイスから共用データを取得するので、元のマスターデバイスが稼働を停止した場合でも、新たなマスターデバイスは、一般デバイスから取得した共用データを各デバイスに提供できるようになる。
なお、以上説明した請求項31請求項36のいずれかに記載のネットワークシステムにおいても、請求項37に記載の通り、前記特性情報は、前記デバイスの記憶容量を反映した情報とされていると好ましい。
より具体的には、例えば、ハードディスクや不揮発性メモリを備えるデバイスであれば、その記憶容量の大きさを示す情報であると好ましい。
このようなネットワークシステムであれば、デバイスの記憶容量が反映された順位がデバイスに付与されるので、他の条件が同じ場合、記憶容量の大きいデバイスほど順位が高くなり、マスターデバイスになりやすくなる。したがって、マスターデバイスが、各種情報を保存して他のデバイスに提供する機能を有する場合に好適である。
また、請求項38に記載の通り、請求項31請求項37のいずれかに記載のネットワークシステムにおいて、前記特性情報は、前記デバイスの処理性能を反映した情報とされていると好ましい。
より具体的には、例えば、CPU性能、RAM容量、RAM速度、ネットワーク側との通信速度を示す情報であると好ましい。また、新たな製品ほど性能が向上するデバイスの場合、製品出荷日を示す情報であってもよい。
このようなネットワークシステムであれば、デバイスの処理性能が反映された順位がデバイスに付与されるので、他の条件が同じ場合、処理性能の高いデバイスほど順位が高くなり、マスターデバイスになりやすくなる。したがって、マスターデバイスが、各種情報を迅速に他のデバイスに提供したい場合、マスターデバイスが各種演算を実施する場合、マスターデバイスにおける入出力が多い場合等に好適である。
また、請求項39に記載の通り、請求項31請求項38のいずれかに記載のネットワークシステムにおいて、前記特性情報は、前記デバイスの連続運転性を反映した情報とされていると好ましい。
ここで、デバイスの連続運転性とは、デバイスの電源が落とされる可能性を意味し、例えば、主電源スイッチを持たないものと持つものとでは、前者の連続運転性が高いものとして扱われる。また、一般にFAX機能や電話機能を持つ機器は、常時稼働して着信を待ち受けているのに対し、単機能のプリンタ等は、必要時に電源を投入するだけの場合も多々あるので、FAX機能や電話機能を持つものと持たないものとでは、前者の連続運転性が高いものとして扱われる。
このようなネットワークシステムであれば、デバイスの連続運転性が反映された順位がデバイスに付与されるので、他の条件が同じ場合、連続運転性の高いデバイスほど順位が高くなり、マスターデバイスになりやすくなる。したがって、マスターデバイスの稼働がしばしば停止することに起因して、マスターデバイスの交代頻度が高くなるといった問題が起きにくくなり、その結果、そのようなマスターデバイスの交代に伴う負荷が各デバイスにかかりにくくなる。
加えて、請求項40に記載の通り、請求項31請求項39のいずれかに記載のネットワークシステムにおいて、前記複数のデバイスで共用される共用データが、前記マスターデバイスから前記一般デバイスへ提供されるように構成されている場合、前記デバイスは、アドレスデータの示す送信先へデータを送信する機能を備えた通信機器であり、前記共用データは、前記アドレスデータを含んでなるアドレス帳データであると好ましい。
このようなネットワークシステムによれば、複数のデバイスは、共用データとして提供されるアドレス帳データに基づいて、アドレスデータの示す送信先へデータを送信することができるので、複数のデバイスのどれからでも、同じアドレスに対して通信することができるようになる。
次に、以上説明したネットワークシステムを構成するノードとして用いられるデバイスについて説明する。
請求項41に記載のデバイスは、複数のデバイスがネットワークに接続され、前記デバイスには、システム内における順位が付与されて、前記順位が最上位となるデバイスがマスターデバイスとして機能するとともに、前記順位が最上位となるデバイス以外のデバイスが一般デバイスとして機能するネットワークシステムにおいて、前記ネットワークシステムを構成するノードとして用いられるデバイスであって、自身より順位がひとつだけ高い上位デバイスとの通信を行うために必要となる上位デバイス通信用情報を記憶する上位デバイス通信用情報記憶手段と、前記一般デバイスとして機能した際、前記上位デバイス通信用情報記憶手段に記憶された上位デバイス通信用情報に基づいて、前記上位デバイスとの通信を行うことにより、前記上位デバイスがシステム内に存在することを確認する上位デバイス確認手段と、前記上位デバイスがシステム内に存在することを、前記上位デバイス確認手段によって確認できない場合に、前記マスターデバイスとして機能するデバイスがシステム内に存在することを確認するマスターデバイス確認手段と、前記マスターデバイスとして機能するデバイスがシステム内に存在することを、前記マスターデバイス確認手段によって確認できない場合に、自身の順位を判定する順位判定手段と、前記順位判定手段によって、自身の順位が最上位であると判定した場合に、自身を前記マスターデバイスとして機能させる制御を行う第1の制御手段とを備えたことを特徴とする。
このように構成されたデバイスは、先に説明した請求項1に記載のネットワークシステムを構成するデバイスが備えていた各手段を備えている。したがって、このデバイスを利用すれば、請求項1に記載のネットワークシステムを構成することができる。
なお、このデバイスは、上述の通り、先に説明した請求項1に記載のネットワークシステムにおけるデバイスと同等な装置となるので、このデバイスにおいても、請求項1記載のネットワークシステムを構成するデバイスが備え得る望ましい構成(請求項2〜請求項40に記載の各手段)を備えることができるのはもちろんである。
次に、以上説明したデバイスの機能を実現するためのプログラムについて説明する。
請求項42に記載のプログラムは、複数のデバイスがネットワークに接続され、前記デバイスには、システム内における順位が付与されて、前記順位が最上位となるデバイスがマスターデバイスとして機能するとともに、前記順位が最上位となるデバイス以外のデバイスが一般デバイスとして機能するネットワークシステムにおいて、前記ネットワークシステムを構成するノードとして用いられるデバイスに、前記一般デバイスとして機能した際、「自身より順位がひとつだけ高い上位デバイスとの通信を行うために必要となる上位デバイス通信用情報を記憶する上位デバイス通信用情報記憶手段」に記憶された上位デバイス通信用情報に基づいて、前記上位デバイスとの通信を行うことにより、前記上位デバイスがシステム内に存在することを確認する上位デバイス確認手順と、前記上位デバイスがシステム内に存在することを、前記上位デバイス確認手順において確認できない場合に、前記マスターデバイスとして機能するデバイスがシステム内に存在することを確認するマスターデバイス確認手順と、前記マスターデバイスとして機能するデバイスがシステム内に存在することを、前記マスターデバイス確認手順において確認できない場合に、自身の順位を判定する順位判定手順と、前記順位判定手順において、自身の順位が最上位であると判定した場合に、自身を前記マスターデバイスとして機能させる制御を行う第1の制御手順とを実行させることを特徴とする。
このように構成されたプログラムに従った処理をデバイスに実行させれば、デバイスは、先に説明した請求項1に記載のネットワークシステムを構成するデバイスが備えていた各手段を備えたデバイスとして機能する。したがって、このデバイスを利用すれば、請求項1に記載のネットワークシステムを構成することができる。
なお、このプログラムに従った処理をデバイスに実行させれば、デバイスは、上述の通り、先に説明した請求項1に記載のネットワークシステムにおけるデバイスと同等な装置となるので、さらに、請求項1記載のネットワークシステムを構成するデバイスが備え得る望ましい構成(請求項2〜請求項40に記載の各手段)を実現する手順を、デバイスに実行させるプログラムとして構成してもよいのはもちろんである。
次に、本発明の実施形態について一例を挙げて説明する。
[システム全体の構成]
図1は、本発明の一実施形態として例示するネットワークシステムの概略構成図である。
このネットワークシステムは、パーソナルコンピュータ(以下、PCと略称する)1と、複数の画像処理装置3,3,5,5とを備えてなり、これらの機器がLAN(Local Area Network)7に接続されて、相互に通信可能となっている。
PC1は、CPU101、ROM102、RAM103、操作部105、表示部106、ハードディスク装置107(HDD107)、LAN I/F108等を備えている。CPU101は、ROM102およびRAM103に記憶されたプログラムに従って、PC1各部に対する制御および演算を実行する装置である。ROM102は、PC1の電源スイッチを切っても記憶内容を保持している記憶装置で、BIOS(Basic Input Output System)など、PC1を制御するために最小限必要なプログラムやデータを記憶している。RAM103は、HDD107から読み込まれるOSや各種アプリケーションプログラムを記憶可能な装置で、CPU101による演算に伴って発生する各種データもRAM103に記憶される。操作部105は、キーボードや各種ポインティングデバイス(例えば、マウス)等によって構成される。表示部106は、カラー画像を表示可能な液晶ディスプレイ等によって構成されている。HDD107は、OS、各種アプリケーションプログラム、および各種データファイルを記憶する装置である。LAN I/F108は、LAN7側との通信制御を行う装置である。また、これらのハードウェアを制御するため、PC1には、OS(Operating System)が搭載されている。PC1に搭載されるOSの具体例としては、例えば、Windows(登録商標)、Linux(登録商標)、MacOS(登録商標)などを挙げることができる。なお、これらのOSによって提供される各種機能は公知なので、ここでの詳細な説明は省略するが、以下の説明においては、PC1が、Windows(登録商標)によって提供される各種機能を有するとの前提で説明を続ける。
画像処理装置3は、MFP(Multi-Function Product)と呼ばれる複合機で、スキャナ機能、プリンタ機能、コピー機能、ファクシミリ機能、電話機能、電子メール送受信機能などを兼ね備えている。この画像処理装置3は、CPU301、ROM302、RAM303、不揮発性RAM304、操作キー305、表示パネル306、ハードディスク装置307(HDD307)、LAN I/F308、印刷部311、読み取り部312、モデム313等を備えている。CPU301は、ROM302に記憶されたプログラムに従って、画像処理装置3各部に対する制御および演算を実行する装置である。ROM302は、画像処理装置3を制御するために必要なプログラムやデータを記憶している。RAM303は、主にCPU301による演算に伴って発生する各種データを記憶する装置で、不揮発性RAM304やHDD307よりもアクセス速度が速いことから、画像処理装置3の稼働時には、不揮発性RAM304やHDD307に記憶されたデータの一部をRAM303に転送して利用することもある。不揮発性RAM304は、画像処理装置3の電源スイッチを切ったときにも、内蔵する電池によって記憶内容を保持するように構成された記憶装置である。本実施形態において、この不揮発性RAM304には、後から詳述するアドレス帳データ321,521やバックアップデータ(図示略)が記憶される。操作キー305は、利用者が画像処理装置3に各種指令を与えるために操作する入力装置である。表示パネル306は、液晶ディスプレイによって構成されている。HDD307は、各種データを記憶する装置で、本実施形態においては、主に読み取り部312で読み取った画像データが一時的に蓄積される。LAN I/F308は、LAN7側との通信制御を行う装置である。印刷部311は、シート状の媒体(例えば記録用紙)に対して画像データの表す画像を記録(印刷)する装置で、プリンタ機能による画像の印刷、ファクシミリ機能による受信画像の印刷、コピー機能によるコピー画像の印刷等を行う際に作動する。読み取り部312は、自動原稿送り装置(図示略)にセットされた原稿またはフラットベッドのコンタクトガラス上に置かれた原稿から画像を読み取り、その画像を表す画像データを生成するもので、スキャナ機能による画像の読み取り、ファクシミリ機能による送信画像の読み取り等を行う際に作動する。モデム313は、公衆回線を介してファクシミリ画像の送受信を行ったり音声通信を行うために必要な装置である。
画像処理装置5は、DCP(Digital Copier Peripheral)と呼ばれる複合機で、スキャナ機能、プリンタ機能、コピー機能、電子メール送受信機能などを兼ね備えているが、上記画像処理装置3とは異なり、ファクシミリ機能および電話機能を備えていない。この画像処理装置5は、CPU501、ROM502、RAM503、不揮発性RAM504、操作キー505、表示パネル506、ハードディスク装置507(HDD507)、LAN I/F508、印刷部511、読み取り部512等を備えている。これらの構成は、画像処理装置3が備える構成とほぼ同様のものばかりなので、詳細な説明については省略する。なお、画像処理装置5は、ファクシミリ機能および電話機能を備えていないため、画像処理装置3が備えていたモデム313に相当する構成は備えていない。
なお、図1においては、便宜的に全部で4台の画像処理装置3,3,5,5を図示してあるが、さらに多くの画像処理装置(デバイス)がLAN7に接続されていてもよい。
[システムの動作および機能の概要]
以上のように構成されたネットワークシステムにおいて、ネットワーク上のデバイス(本実施形態では、画像処理装置3,3,5,5)は、それぞれが後述する処理を実行することにより、いずれか1台がマスターデバイスとして機能し、マスターデバイス以外のデバイスが一般デバイスとして機能する。どのデバイスがマスターデバイスとして機能するかは、後述する処理の中で決定されるが、概略を説明すると、本システムにおいては、各デバイスにシステム内における順位が付与され、この順位が高いデバイスほど優先的にマスターデバイスとして機能する状態に移行する仕組みとなっている。以下、この順位のことを優先度ともいう。
マスターデバイスとして機能したデバイスの役割は、(1)システム内に存在する一般デバイスを管理下に置き、システム内のすべてのデバイスが共用する共用データを各一般デバイスに提供すること、(2)この共用データの更新がなされる毎に更新前の共用データのバックアップを作成するとともに、過去に実施された共用データの更新毎に作成された複数のバックアップデータを管理し、誤って共用データが更新されたような場合に、共用データの復元を図ることができるようにすること、(3)システム内のデバイスの優先度(順位)を管理し、システム内のデバイスが増減した場合には、全てのデバイスを対象に優先度の見直しを行うこと、(4)さらには、優先度を見直した結果、マスターデバイスより優先度の高いデバイスが存在した場合は、そのデバイスとマスターデバイスとしての立場の交代を図ることなど、多岐にわたる。
また、本実施形態において、システム内のすべてのデバイスが共用する共用データは、図2に示すようなアドレス帳データである。このアドレス帳データには、ID、電話番号、FAX番号、およびメールアドレスを1組として、複数組のデータが登録されるようになっている。最新のアドレス帳データは、デバイスがネットワークに参加した際に、マスターデバイスから提供され、その最新のアドレス帳データを取得したデバイスは、最新のアドレス帳データをマスターデータとして自機内の不揮発性RAM304,504に保存する。また、いずれかのデバイスにおいて、アドレス帳データの更新がなされた場合は、後述する処理により、まずマスターデバイスにおいてアドレス帳データが更新され、マスターデバイスにおいて更新された最新のアドレス帳データが、ネットワーク内の各デバイスに提供される。これらの結果、ネットワーク内のデバイスは、常に最新且つ同一内容のアドレス帳データを記憶する状態となる。
さらに、アドレス帳データの更新がなされる際には、後述する処理により、更新前のマスターデータ(=アドレス帳データ)のコピーが、バックアップデータとして保存される。バックアップデータは、マスターデータの更新がなされる毎に、それぞれ別ファイルに保存され、マスターデータの更新がなされるたびに蓄積されてゆく。ただし、単に蓄積するだけでは、バックアップデータの占める記憶容量が無制限に増大してしまうので、本実施形態では、あらかじめ定められた記憶容量の範囲内でバックアップデータを蓄積し、その記憶容量を超える場合は、最も古いバックアップデータを削除することで、所定の記憶容量を超過しないように処理されている。なお、バックアップデータが無制限に増えるのを防止する方法は任意であり、記憶容量の上限を制限する他にも、過去何回分のバックアップデータを保存するかをあらかじめ定めておくといった方法でも構わない。
また、複数回の更新に対応して作成される複数のバックアップデータは、後述する処理により、あらかじめ定められた記憶容量の範囲内で、マスターデバイスに蓄積されるとともに、一般デバイスの優先度に従って優先度の高い一般デバイスほど新しいバックアップデータを記憶するように、複数の一般デバイスそれぞれが1つずつバックアップデータを記憶する。具体的な例を挙げれば、全デバイスが4台あって、そのうち、マスターデバイスが1台、一般デバイスが3台の場合、アドレス帳データの更新がなされると、その更新前の内容を持つバックアップデータ#1が作成される。このバックアップデータ#1は、マスターデバイスに記憶されるとともに、優先度の最も高い(=優先度2位の)一般デバイス(注:優先度1位はマスターデバイス)にも送信され、優先度の最も高い(=優先度2位の)一般デバイスに記憶される。そして、さらにアドレス帳データの更新がなされると、既に存在するバックアップデータ#1はバックアップデータ#2とされ、更新前のアドレス帳データのコピーがバックアップデータ#1とされる。このバックアップデータ#1、#2は、双方ともマスターデバイスに記憶される。また、優先度の最も高い(=優先度2位の)一般デバイス(注:優先度1位はマスターデバイス)が既に記憶しているバックアップデータ#1は、次に優先度の高い(=優先度3位の)デバイスに送信されてバックアップデータ#2として保存され、優先度の最も高い(=優先度2位の)一般デバイスには、マスターデバイスから新たなバックアップデータ#1が送信されて、元のバックアップデータ#1に対して上書き保存される。以後、アドレス帳データの更新がなされる毎に、マスターデバイスにおいては別ファイルとして複数のバックアップデータが蓄積され、一般デバイスにおいては、優先度の高い側から、それぞれが1つのバックアップデータを記憶しゆくことになる。このようなバックアップ方法を実現するための具体的な処理については、後から詳しく説明する。
なお、画像処理装置3においては、ファクシミリ機能、電話機能、電子メール送信機能を利用する際に、自機内のアドレス帳データを参照して送信先ないし発呼先を選ぶことができる。また、画像処理装置5の場合、ファクシミリ機能、電話機能は備えていないが、電子メール送信機能を利用する際に、自機内のアドレス帳データを参照して送信先を選ぶことができる。電子メール送信機能は、スキャナ機能を利用して読み取った画像データを電子メール形式のデータに変換し、電子メールとして送信先へ伝送することができる機能である。画像処理装置3,5では、この電子メール送信機能と対になる電信メール受信機能を備えているので、電子メールを受信して、電子メール中に含まれている画像データを印刷機能により印刷出力することもできる。
[デバイスが稼働を開始したときに関連する処理]
以下、このようなネットワークシステムを実現するためにネットワーク上の各デバイス(本実施形態では、画像処理装置3,3,5,5)が実行する処理について説明する。なお、以下の説明においては、特に必要がない限り、画像処理装置3と画像処理装置5とを特に区別することなくデバイスと称する。
まず、デバイスの電源がONにされたときの処理について、図3に基づいて説明する。
デバイスの電源がONにされると、デバイスは、まず、ブロードキャストにてマスター適性値を送信する(S105)。マスター適性値は、先に説明したデバイスの優先度を決定するために利用される値で、本実施形態では、(不揮発性RAM容量)×(連続運転性指標:FAX機能があるデバイスは2、FAX機能が無いデバイスは1)という演算によって求まる値が、マスター適性値として送信される。すなわち、不揮発性RAM容量が大きいほどマスター適性値は大きい値となり、また、FAX機能があるデバイスはマスター適性値が大きい値となる。後述する処理では、このマスター適性値が大きいほど優先度が高いと判断され、その結果、最もマスター適性値の大きいデバイスがマスターデバイスとして機能する状態になる。このようにして優先度を決めるのは、不揮発性RAM容量が大きいほど、バックアップデータを保存する能力が高いので、マスターデバイスとして適していると考えられ、また、FAX機能があるデバイスは電源を落とさない可能性が高く、ネットワーク内で常時アドレス帳データの提供を行ったりデバイスの増減を監視したりすることができる可能性が高いので、マスターデバイスとして適していると考えられるためである。
さて、S105の処理により、マスター適性値を送信したら、続いてマスターデバイスから返事があるか否かを判断し(S110)、返事がない場合は(S110:NO)、所定時間(例えば1秒)が経過するまでウエイトし(S115)、その後、タイムアウトか否かを判断して(S120)、タイムアウトでなければ(S120:NO)、S110の処理へと戻る。このS110〜S120の処理は、マスターデバイスから返事があるか、タイムアウトになるまで繰り返される。
このS110〜S120の繰り返し処理の中で、タイムアウトとなった場合は(S120:YES)、ネットワーク上に返事を返すべきマスターデバイスが存在しないことを意味するので、デバイスは、自身がマスターデバイスとして機能すべきと認識し、管理情報の作成を実行する(S125)。なお、S125の処理の詳細については後述する。
S125の処理を終えたら、デバイスは、自身が持つアドレス帳データを共用データであると認識し(S127)、この処理を終える。なお、認識方法は、共用データ用の記憶領域にアドレス帳データをコピーしたり整形したりすることによって共用データであると認識するといった方法でもよいし、そもそもアドレス帳データそのものを共用データとして提供するようにプログラミングしてもよい。
一方、S110〜S120の繰り返し処理の中で、マスターデバイスから返事があった場合は(S110:YES)、優先度変更パケット受信処理を実行して(S130)、この処理を終える。なお、S130の処理の詳細については後述する。
次に、上記S105の処理で送信されるマスター適性値のパケットをデバイスが受信した際、その受信イベントに対応する割り込みルーチン(=イベントハンドラ;以下、イベントハンドラと称する。)として実行されるマスター適性値パケット受信処理について、図4に基づいて説明する。
マスター適性値パケットをデバイスが受信したことに伴って、デバイスがこの処理を開始すると、デバイスは、まず、自機動作パラメータは「マスター」か否かを判断する(S205)。自機動作パラメータは、デバイスがマスターデバイスとして機能する状態にあるか一般デバイスとして機能する状態にあるかを示すフラグで、自機動作パラメータが「マスター」でない場合は(S205:NO)、そのまま処理を終了する。すなわち、このマスター適性値パケット受信処理では、デバイスが一般デバイスとして機能する状態にある場合、実質的な処理を実行しない。
一方、自機動作パラメータが「マスター」である場合(S205:YES)、そのデバイスはマスターデバイスとして機能する状態にあるので、デバイスは、管理情報と比較して優先度を解析する(S210)。管理情報は、マスターデバイスとして機能するデバイスが後述する処理によって作成し、自機内の記憶領域(例えば、HDD307,507)に記憶している情報である。この管理情報には、図5に例示するように、ID、優先度、IPアドレス、マスター適性値を1組として、複数組のデータが登録されるようになっている。S210の処理では、受信したマスター適性値を、管理情報内に記録されたマスター適性値と比較することにより、マスター適性値を送信したデバイスが、現在のマスターデバイスより優先度の高いデバイス(=マスター適性値の大きいデバイス)であるか否かを解析する。
そして、S210の処理によって解析した結果、相手(=マスター適性値を送信したデバイス)がマスターになるべきであれば(S215:YES)、デバイス(=現在のマスターデバイス)は、相手にマスターになるように通知し(S220)、この処理を終了する。一方、S210の処理によって解析した結果、自身(=現在のマスターデバイス)が引き続きマスターデバイスとして機能すべきであれば(S215:NO)、管理情報の作成を実行して(S225)、この処理を終える。なお、S225の処理は、S125の処理と同等な処理であるが、詳細についてはこの後に説明する。
次に、上記S125、およびS225の処理に相当する管理情報の作成処理について、図6に基づいて説明する。
この処理を開始すると、デバイスは、ブロードキャストで、全デバイスにマスター適性値を返信するように指示し(S305)、所定時間(例えば、5秒間)ウエイトして(S310)、その間に他のデバイスからの返信を受信する。そして、受信したマスター適性値パケットおよび自身のマスター適性値に基づいて、先に説明した管理情報(図5参照)を作成し(S315)、その管理情報を参照して自分のマスター適性値が一番高いか否かを判断する(S320)。なお、S305の処理によるブロードキャストに対する応答がなかった場合、管理情報には自身しか登録されていないので、当然、自身のマスター適性値が一番高いと判断される。
ここで、自分(=現在のマスターデバイス)のマスター適性値が一番高くはない場合(S320:NO)、一番マスター適性値の高いデバイスにマスターになるように通知して(S330)、この処理を終了する。なお、S330の処理を実行したことに伴って、通知を受けたデバイスでは、後述する優先度変更パケット受信処理(図7参照)が実行されることになる。
一方、自分(=現在のマスターデバイス)のマスター適性値が一番高い場合は(S320:YES)、管理下デバイス(=管理情報に登録されたデバイス)に、(1)優先度指定情報、(2)監視用のデバイスのアドレス情報、(3)マスターのアドレス情報、以上3つの情報を含んだパケットを送信する(S340)。なお、S340の処理によって送信されたパケットを受信したデバイス(=管理情報に登録されたデバイス)では、後述する優先度変更パケット受信処理(図7参照)が実行され、マスターデバイス(この処理を実行するデバイス)に対して返事が返されることになる。
そこで、S340の処理を終えた後、デバイスは、全ての管理下デバイスから返事があったか否かを判断し(S350)、全デバイスからの返事が得られていない場合は(S350:NO)、所定時間(例えば1秒間)ウエイトし(S355)、その後、タイムアウトか否かを判断して(S360)、タイムアウトでなければ(S360:NO)、S350の処理へと戻る。このS350〜S360の処理は、全てのデバイスから返事があるかタイムアウトになるまで繰り返される。
このS350〜S360の繰り返し処理の中で、タイムアウトとなった場合は(S360:YES)、ネットワーク上に返事を返すべきデバイスが存在しないことを意味するので、デバイスは、既に管理情報の内容が有効ではないものと認識し、S315の処理へと戻って、あらためてS315以降の処理をやりなおす。
一方、S350〜S360の繰り返し処理の中で、全てのデバイスから返事があった場合(S350:YES)、デバイスは、自機動作パラメータに「マスター」であることを示すフラグをセットし(S365)、この処理を終える。
次に、上記S220またはS330の処理による通知(=マスターとして機能すべき旨の通知)を受信した場合、もしくは上記S340の処理による優先度指定情報を受信した場合に、その受信イベントに対応するイベントハンドラとして実行される優先度変更パケット受信処理について、図7に基づいて説明する。
この処理を開始すると、デバイスは、まずマスターに変更すべき旨の通知であるか否かを判断する(S405)。
ここで、S405の処理による判断の結果、マスターに変更するとの判断がなされた場合(S405:YES)、引き続いて、管理情報作成中か否かを判断し(S410)、既に管理情報作成中であれば(S410:YES)、この処理を開始する以前に、既にデバイス自身がマスターとして機能すべきことを認識していたことになるので、そのままイベントハンドラの処理を終了する。また、管理情報作成中でなかった場合は(S410:NO)、その時点でデバイス自身がマスターとして機能すべきことを認識するので、その時点で既にマスターデバイスとして機能しているデバイスから、アドレス帳データのマスターデータを取得する(S415)。
より詳しくは、S415の処理では、まず、その時点でマスターデバイスとして機能しているデバイスに対してマスターデータ取得要求が送信され、このマスターデータ取得要求をマスターデバイスが受信すると、その受信イベントに対応するイベントハンドラとして、マスターデバイスでは図8に示すマスターデータ取得要求受信処理が実行される。このマスターデータ取得要求受信処理を実行することにより、マスターデバイスは、要求元のデバイスに対してマスターデータを返信する(S505)。そして、このS505の処理によって返信されたマスターデータが、S415の処理において取得されることになる。
こうしてS415の処理によってマスターデータを取得したら、続いて、デバイスは、管理情報の作成を実行して(S420)、この処理を終える。なお、S420の処理は、既に説明したS305〜S365の処理に相当する処理なので、ここでの説明は省略する。
一方、S405の処理による判断の結果、マスターに変更するとの判断がなされなかった場合(S405:NO)、デバイスは、(2)監視用のデバイスのアドレス情報、(3)マスターのアドレス情報を不揮発性RAM304,504に記憶する(S425)。そして、引き続いて、デバイスは、管理情報作成中か否かを判断する(S430)。このとき、既に管理情報作成中であれば(S430:YES)、マスターとして機能すべきデバイスではないにもかかわらず、この処理を開始する以前に、既にデバイス自身がマスターとして機能すべきと誤認していたことになるので、管理情報作成処理を中断し、作成中であった管理情報を削除する(S435)。これにより、優先度変更パケットを送信するデバイス(=既にマスターデバイスとして機能しているデバイス)が他に存在するにもかかわらず、この処理を実行しているデバイスがマスターデバイスとして機能し始めるのを防止する。なお、管理情報作成中でなければ(S430:NO)、デバイスがマスターとして機能しようとしている訳ではないことになるので、S435の処理をスキップする。
そして、デバイスは、自機動作パラメータを、指示のあった優先度に変更し(S440)、マスターからの指示通りの優先度となった旨の返事をマスターに返して(S445)、この処理を終了する。なお、このS445の処理によってマスターデバイスに返される返事が、上記S350〜S360の繰り返し処理の中でマスターデバイスに受け取られる返事となる。
[デバイスが稼働中に周期的に実行する処理]
次に、各デバイスが概ね一定期間が経過する毎に周期的に繰り返す処理(周期ハンドラ)について、図9に基づいて説明する。
この処理を開始すると、デバイスは、まず、自機動作パラメータは「マスター」であるか否かを判断し(S605)、自機動作パラメータが「マスター」である場合(S605:YES)、管理下のデバイスに監視パケットを送信する(S610)。
ここで、この監視パケットを各デバイス(=一般デバイス)が受信すると、その受信イベントに対応するイベントハンドラとして、各デバイスでは図10に示す動作確認パケット受信処理が実行され、各デバイスは、マスターデバイスに対して動作している旨を返信する(S705)。
そこで、デバイス(=マスターデバイス)は、監視パケットを送信したデバイス全てから返事があったか否かを確認し(S615)、全て返事があった場合は(S615:YES)、管理下のデバイス(=管理情報に登録された一般デバイス)全てが以前と同様に稼働しているものと認識し、この処理を終える。
また、少なくともひとつのデバイスから返事が無かった場合は(S615:NO)、管理下のデバイス(=管理情報に登録された一般デバイス)全てが以前と同様に稼働している訳ではないものと認識し、管理情報の作成を実行することにより(S620)、管理情報を作りなおす。なお、S620の処理は、既に説明したS305〜S365の処理に相当するので、ここでの詳細な説明は省略する。
こうして管理情報を作りなおしたら、S610の処理へと戻ることにより、あらためてS610以降の処理を実行し、新たに管理下に置かれたデバイス(=作りなおした管理情報に登録された一般デバイス)全てが稼働しているかどうかを確認する。
さて、S605の処理において、自機動作パラメータが「マスター」でなかった場合(S605:NO)、デバイス(=一般デバイス)は、自分より一つ上の優先度のデバイス(=上位デバイス)に監視パケットを送信する(S630)。
ここで、この監視パケットを各デバイス(=上位デバイス)が受信すると、その受信イベントに対応するイベントハンドラとして、各デバイスでは既に説明した図10に示す動作確認パケット受信処理が実行され、各デバイスは、自分より一つ下の優先度のデバイスに対して動作している旨を返信する(S705)。
そこで、デバイス(=上位デバイスに監視パケットを送信したデバイス)は、上位デバイスから返事があったか否かを確認し(S635)、返事があった場合は(S635:YES)、上位デバイスが以前と同様に稼働しているものと認識し、そのままこの処理を終える。
一方、上位デバイスから返事が無かった場合は(S635:NO)、上位デバイスが稼働を停止したものと認識し、対象デバイスが不在であることをマスターに通知する(S640)。
ここで、この通知を受信したデバイスでは、その受信イベントに対応するイベントハンドラとして、図11に示す監視対象デバイス不在通知受信処理が実行される。より詳しくは、監視対象デバイス不在通知受信処理を実行すると、デバイスは、まず自機動作パラメータは「マスター」であるか否かを判断し(S805)、自機動作パラメータが「マスター」である場合(S805:YES)、管理情報の作成を実行することにより(S810)、管理情報を作りなおす。S810の処理は、既に説明したS305〜S365の処理に相当するので、ここでの詳細な説明は省略する。S810の処理が実行されると、その時点で管理情報が作りなおされるので、稼働を停止した疑いのあった上位デバイスとマスターデバイスとが通信不能であれば、その上位デバイスは管理情報内から削除されることになる。なお、S805の処理において、自機動作パラメータが「マスター」でなかった場合は(S805:NO)、デバイス(=一般デバイス)は、S810の処理をスキップして、そのままこの処理を終える。すなわち、この監視対象デバイス不在通知受信処理では、デバイスが一般デバイスとして機能する状態にある場合、実質的な処理を実行しない。
さて、以上のような監視対象デバイス不在通知受信処理が、マスターデバイスにおいてなされ、その中で管理情報の作成(=S810)が行われると、S305〜S365の処理(図6参照)が行われることになり、S330またはS340の処理により、マスターデバイスから何らかの返事が返される。
S640の処理による通知を行ったデバイスでは、所定時間(例えば1秒間)ウエイトし(S645)、その後、マスターデバイスから返事があったか否かを判断し(S650)、返事がない場合は(S650:NO)、タイムアウトか否かを判断して(S655)、タイムアウトでなければ(S655:NO)、S645の処理へと戻る。このS645〜S655の処理は、マスターデバイスから返事があるか、タイムアウトになるまで繰り返される。
このS645〜S655の繰り返し処理の中で、マスターデバイスから返事があった場合は(S650:YES)、そのままこの処理を終える。
一方、タイムアウトとなった場合は(S655:YES)、ネットワーク上に返事を返すべきマスターデバイスが存在しないことを意味するので、デバイスは、自身がマスターデバイスとして機能すべきと認識し、管理情報の作成を実行して(S660)、この処理を終える。なお、S660の処理は、既に説明したS305〜S365の処理に相当するので、ここでの詳細な説明は省略する。なお、この場合、元のマスターデバイスからマスターデータを取得することができないので、デバイス自身が取得していたマスターデータのコピーデータ、あるいは、他のデバイスが取得していたマスターデータのコピーデータを基に、マスターデータを作成し直すことになる。
以上説明した各処理が、ネットワーク上の複数のデバイス(本実施形態では、画像処理装置3,3,5,5)において実行されることにより、それら複数のデバイスの中の1台がマスターデバイスとして機能することになり、他のデバイスを管理下に置いて、管理下のデバイスにアドレス帳データ(システム内の全デバイスで共用する共用データ)を提供することになる。また、マスターデバイスは、管理下にある全デバイスの優先度を管理し、より優先度の高い(=マスター適性値の大きい)デバイスが新たにネットワークに参加した場合は、マスターデバイスの交代がなされることになる。
[アドレス帳の更新に関連する処理]
次に、利用者がアドレス帳を更新する操作を行った際に実行される処理について、図12に基づいて説明する。利用者は、マスターデバイスまたは一般デバイスの操作キー305,505を操作して、更新したいデータを入力することができ、その入力内容が確定すると、デバイスは、図12に示す処理を開始する。
この処理を開始すると、デバイスは、まず、自機動作パラメータは「マスター」か否かを判断する(S1005)。自機動作パラメータが「マスター」である場合(S1005:YES)、デバイスはマスターデバイスとして機能している状態にあり、その場合、アドレス帳データのマスターデータの原本が自機内に保存されているので、その原本を更新すべく、アドレス帳更新処理を実行する(S1010)。なお、S1010の処理の詳細については後述する。そして、S1010の処理を終えたら、この処理を終了する。
一方、自機動作パラメータが「マスター」でない場合(S1005:NO)、デバイスは一般デバイスとして機能している状態にあり、その場合、アドレス帳データのマスターデータのコピーが自機内に保存されており、アドレス帳データのマスターデータの原本は自機内に保存されていないので、その原本を更新すべく、更新データをマスターに送信し(S1020)、この処理を終える。
S1020の処理が実行されるのに伴い、更新データがマスターデバイスに送信されると、この更新データを受信したマスターデバイスでは、その受信イベントに対応するイベントハンドラとして、図13に示す処理が実行され、マスターデバイスは、アドレス帳更新処理を実行する(S1105)。このS1105の処理は、上記S1010の処理と同等な処理であり、この後詳しく説明する。そして、S1105の処理を終えたら、この処理を終える。
つまり、マスターデバイスにおいて利用者がアドレス帳を更新する操作を行った場合は、マスターデバイスにおいてS1010の処理が実行され、一般デバイスにおいて利用者がアドレス帳を更新する操作を行った場合は、マスターデバイスにおいてS1105の処理が実行され、その結果、いずれの場合とも、マスターデバイスにおいてアドレス帳更新処理が実行されることになる。
次に、上記S1010およびS1105の処理に相当するアドレス帳更新処理について、図14に基づいて説明する。
アドレス帳更新処理を開始すると、デバイス(=マスターデバイス)は、まず、自機マスターデータをバックアップにコピーする(S1205)。ここでいうバックアップは、更新前のマスターデータ(=アドレス帳データ)のコピーであり、本実施形態では、不揮発性RAM304,504に保存される。
S1205の処理を終えたら、デバイスは、アドレス帳マスターデータを更新する(S1210)。これにより、マスターデータは、最新の更新情報が反映されたものとなる。
続いて、デバイスは、管理下デバイスにマスターデータ更新指示を送信する(S1215)。
ここで、S1215の処理が実行されるのに伴い、マスターデータ更新指示が各デバイスに送信されると、この指示を受信したデバイスでは、その受信イベントに対応するイベントハンドラとして、図15に示す処理が実行される。より詳しくは、マスターデータ更新指示受信処理を実行すると、デバイスは、まず自機動作パラメータは「マスター」であるか否かを判断し(S1305)、自機動作パラメータが「マスター」でない場合(S1305:NO)、デバイス(=一般デバイス)は、マスターデバイスからマスターデータを取得して、自機内のマスターデータ(=マスターデバイスが保存している原本のコピー)を、取得したマスターデータで更新し(S1310)、この処理を終える。また、S1305の処理において、自機動作パラメータが「マスター」であった場合は(S1305:YES)、デバイス(=マスターデバイス)は、S1310の処理をスキップして、そのままこの処理を終える。すなわち、このマスターデータ更新指示処理では、デバイスがマスターデバイスとして機能する状態にある場合、実質的な処理を実行しない。
さて一方、S1215の処理を実行したデバイス(=マスターデバイス)は、S1215の処理に引き続いて、管理下デバイスに対するバックアップ指示処理を実行する(S1220)。このS1220の処理は、詳しくは図16に示すような処理となる。すなわち、管理下デバイスに対するバックアップ指示処理を実行すると、デバイスは、まず、カウンタ変数nにN+1(ただし、Nは管理デバイス数)をセットする(S1505)。具体的な例を挙げれば、全デバイスが4台あって、そのうち、マスターデバイスが1台、一般デバイスが3台の場合、マスターデバイスが管理下に置いているデバイスの数(すなわち、管理デバイス数N)は、N=3(=一般デバイスの総数)であり、このとき、N+1=3+1=4なので、カウンタ変数nには、n=4がセットされることになる。つまり、管理デバイス数Nに対し、マスターデバイスの台数1を加算することで、マスターデバイスと一般デバイスを含む全デバイスの台数を求め、その値をカウンタ変数nにセットすることになる。
続いて、デバイス(=マスターデバイス)は、以下に説明するS1515〜S1530の処理をN回繰り返す(S1510)。
この繰り返し処理の中では、まず、優先順位nのデバイスにバックアップ命令を送信する(S1515)。
ここで、このバックアップ命令を受信したデバイスでは、その受信イベントに対応するイベントハンドラとして、図17に示すバックアップ命令受信時処理が実行される。より詳しくは、バックアップ命令を受信したデバイスは、自機動作パラメータは「マスター」であるか否かを判断し(S1605)、自機動作パラメータが「マスター」でない場合(S1605:NO)、監視対象デバイス(=自身より優先度が1つ高いデバイス)からバックアップデータを取得する(S1610)。
より詳しくは、S1610の処理では、監視対象デバイスに対してバックアップデータ取得要求が送信され、このバックアップデータ取得要求を監視対象デバイスが受信すると、その受信イベントに対応するイベントハンドラとして、監視対象デバイスでは図18に示すバックアップデータ取得要求受信処理が実行される。このバックアップデータ取得要求受信処理を実行することにより、監視対象デバイスは、要求元のデバイスに対して自機内のバックアップデータを返信する(S1705)。そして、このS1705の処理によって返信されたバックアップデータが、S1610の処理において取得されることになる。
こうしてS1610の処理によってバックアップデータを取得したら、続いて、デバイスは、取得したバックアップデータを自機内のバックアップ領域に上書き保存する(S1615)。そして、マスターデバイスに対してバックアップ終了を返信し(S1620)、この処理を終える。なお、S1605の処理において、自機動作パラメータが「マスター」であった場合は(S1605:YES)、デバイス(=マスターデバイス)は、S1605〜S1620の処理をスキップして、そのままこの処理を終える。すなわち、このバックアップ命令受信時処理では、デバイスがマスターデバイスとして機能する状態にある場合、実質的な処理を実行しない。
以上のようにして、優先順位nのデバイスがS1605〜S1620の処理を実行すると、S1620の処理により、バックアップ終了を通知する返信がマスターデバイスに返されるので、S1515の処理を終えたマスターデバイスは、引き続いて、所定時間(例えば1秒間)ウエイトし(S1520)、その後、優先順位nのデバイスから返事があったか否かを判断し(S1525)、返事がない場合は(S1525:NO)、S1520の処理へと戻る。このS1520〜S1525の処理は、優先順位nのデバイスから返事があるまで繰り返される。
このS1520〜S1525の繰り返し処理の中で、マスターデバイスから返事があった場合は(S1525:YES)、カウンタ変数nから1を減算する(S1530)。
そして、以上説明したS1515〜S1530の処理をN回繰り返したら、この処理を終了する。
以上説明したS1505〜S1530の処理において、優先順位nのデバイスは、カウンタ変数nによって示される順位のデバイスであり、カウンタ変数nは、初期値はシステム内の全デバイスの台数となり、S1530の処理により、繰り返し処理の中で1ずつ減算されている。従って、具体的な例を挙げれば、全デバイスが4台あって、そのうち、マスターデバイスが1台、一般デバイスが3台の場合、カウンタ変数nは繰り返し処理の中で4,3,2と減算されるので、S1515の処理では、最初に優先順位4位のデバイスにバックアップ命令を送信し、以降は繰り返し処理の中で、優先順位3位、2位のデバイスに順にバックアップ命令を送信することになる。つまり、優先順位が最下位のデバイスから1つずつ順位を上げながら順にバックアップ命令を送信している。このような処理の結果、一般デバイスには、バックアップデータが1つずつ保存されることになり、しかも、新しいバックアップデータほど優先順位の高い一般デバイスに保存されることになる。
[シャットダウン関連処理]
次に、ネットワークに参加しているデバイスがネットワークとの接続を断つ場合(例えば電源スイッチをOFFにする場合)に実行される処理について、図19に基づいて説明する。
この処理を開始すると、デバイスは、まず、自機動作パラメータは「マスター」であるか否かを判断し(S2005)、自機動作パラメータが「マスター」である場合(S2005:YES)、シャットダウン処理を実行する(S2010)。このS2010の処理は、詳しくは図20に示すような処理になる。
このシャットダウン処理を開始すると、デバイスは、まず、後述するS2120〜S2135の処理を繰り返すべき回数Nを算出する(S2105)。具体的には、「マスターデバイスおよび一般デバイスを含むデバイスの総数」から「シャットダウン要求元の優先順位」を減算し、その値を繰り返し回数Nとする。具体例を挙げれば、全デバイスが4台(マスターデバイスが1台、一般デバイスが3台)ある場合に、優先順位2位のデバイス(=最上位の一般デバイス)からシャットダウン要求があった場合、繰り返し回数Nは、N=4−2=2と算出される。また、自身がマスターデバイス(=優先度1位のデバイス)の場合、繰り返し回数Nは、N=4−1=3と算出される。こうして算出される繰り返し回数Nは、ちょうどシャットダウン要求を行ったデバイスよりも優先度が低いデバイスの総数に相当する値となる。そして、デバイスは、カウンタ変数nに、マスターデバイスと一般デバイスを含む全デバイスの台数をセットする(S2110)。
続いて、デバイスは、以下に説明するS2120〜S2135の処理をN回繰り返す(S2115)。
この繰り返し処理の中では、まず、優先順位nのデバイスにバックアップ命令を送信する(S2120)。このバックアップ命令を受信したデバイスでは、その受信イベントに対応するイベントハンドラとして、図17に示すバックアップ命令受信時処理が実行されるが、このバックアップ命令受信時処理については既に説明したので、ここでの説明は省略する。
優先順位nのデバイスがバックアップを完了すると、バックアップ終了を通知する返信がマスターデバイスに返されるので、S2120の処理を終えたマスターデバイスは、引き続いて、所定時間(例えば1秒間)ウエイトし(S2125)、その後、優先順位nのデバイスから返事があったか否かを判断し(S2130)、返事がない場合は(S2130:NO)、S2125の処理へと戻る。このS2125〜S2130の処理は、優先順位nのデバイスから返事があるまで繰り返される。
このS2125〜S2130の繰り返し処理の中で、マスターデバイスから返事があった場合は(S2130:YES)、カウンタ変数nから1を減算する(S2135)。
そして、以上説明したS2120〜S2135の処理をN回繰り返したら、この処理を終了する。
以上説明したS2105〜S2135の処理において、優先順位nのデバイスは、カウンタ変数nによって示される順位のデバイスであり、カウンタ変数nは、初期値はシステム内の全デバイスの台数となり、S2135の処理により、繰り返し処理の中で1ずつ減算されている。ただし、繰り返し回数Nは、シャットダウン要求を行ったデバイスよりも優先度が低いデバイスの総数に相当する。従って、カウンタ変数nは、最下位の優先順位相当の値から、「シャットダウン要求を行ったデバイスよりも1つ下の優先順位相当の値まで、1ずつ減算されることになる。S2105〜S2135の処理では、このような優先順位を持つデバイスにバックアップ命令が送信されるので、要するに、「シャットダウン要求を行ったデバイスよりも優先順位が低いデバイスすべて」に対し、バックアップ命令が送信されることになる。なお、このようなバックアップデータの移動については、後からタイミングチャートを参照して、さらに詳述する。
以上のようにして、S2105〜S2135の処理を終えると、図19に示したS2010の処理を終えたことになるので、続いて、デバイスは、優先度2位のデバイス(=最上位の一般デバイス)に対し、マスターになるように指示する優先度変更パケットを送信し(S2015)、この処理を終了する。なお、S2015の処理を実行したことに伴って、通知を受けたデバイスでは、先に説明した優先度変更パケット受信処理(図7参照)が実行されることになる。
さて一方、上記S2005の処理において、自機動作パラメータが「マスター」でなかった場合は(S2005:NO)、デバイスは、マスターにシャットダウン要求を通知する(S2020)。
ここで、このシャットダウン要求をマスターデバイスが受信すると、その受信イベントに対応するイベントハンドラとして、マスターデバイスでは、図21に示すシャットダウン処理要求受信処理が実行され、マスターデバイスは、シャットダウン処理を実行する(S2205)。このS2205の処理は、既に説明したS2105〜S2135の処理に相当する処理なので、ここでの説明は省略する。そして、S2205の処理を終えたら、シャットダウン要求元にシャットダウン許可を送信し(S2210)、この処理を終える。
S2020の処理による通知を行ったデバイスでは、所定時間(例えば1秒間)ウエイトし(S2025)、その後、マスターデバイスから返事があったか否かを判断し(S2030)、返事がない場合は(S2030:NO)、タイムアウトか否かを判断して(S2035)、タイムアウトでなければ(S2035:NO)、S2025の処理へと戻る。このS2025〜S2035の処理は、マスターデバイスから返事があるか、タイムアウトになるまで繰り返される。このS2025〜S2035の繰り返し処理の中で、マスターデバイスから返事があった場合(S2030:YES)、もしくはタイムアウトとなった場合は(S2035:YES)、この処理を終える。なお、以上説明したS2005〜S2035の処理を終えたことによって、デバイスは、ネットワークとの接続を断つことができる状態となる。以降は、連動して直ちに電源スイッチをOFFにする制御を行ってもよいし、単に電源スイッチをOFFにできる状態となったことを報知してもよい。
[バックアップデータの復帰に関連する処理]
次に、先に説明したバックアップデータを利用して、更新されたアドレス帳データを更新前の状態に戻す際に、PC1において実行される処理について、図22に基づいて説明する。この処理は、PC1において利用者が所定の操作(例えば、プログラム起動用のアイコンやメニュー項目をポインティングデバイスを使ってクリックする操作など)を行うと実行される。
この処理を開始すると、PC1は、アプリケーションを起動して(S2405)、図23(a)に示すアドレス帳マスターデータ管理ウィンドウ151を表示部106に表示して、マスターのIPアドレス入力待ちになる(S2410)。ここで、利用者は、アドレス帳マスターデータ管理ウィンドウ151中にあるマスターデバイスIPアドレス入力欄153に、マスターデバイスのIPアドレスを入力することができ、また、同ウィンドウ内にあるOKボタン155、Cancelボタン157を押下する(ポインティングデバイスを使ってクリックする)ことができる。
利用者が入力操作を行うとS2410の処理を抜け、続いて、PC1は、OKボタン155が押下されたか否かを判断する(S2415)。ここで、OKボタン155が押下されていなければ(S2415:NO)、Cancelボタン157の押下または図示しないその他の操作を受けたものと判断し、この処理を終了する。
一方、OKボタン155が押下されていれば(S2415)、マスターからバックアップデータリストを取得して表示する(S2420)。より具体的には、PC1は、図23(b)に示すアドレス帳データ選択ウィンドウ161を表示部106に表示する。このアドレス帳データ選択ウィンドウ161中にあるリスト表示欄163には、選択可能なバックアップデータの一覧が、そのバックアップ日時とともに表示される。
アドレス帳データ選択ウィンドウ161を表示部106に表示したら、PC1は、バックアップデータの選択入力待ちになる(S2425)。ここで、利用者は、アドレス帳データ選択ウィンドウ161中にあるリスト表示欄163に表示されたバックアップデータを1つ選択することができ、また、同ウィンドウ内にあるOKボタン165、Cancelボタン167を押下することができる。
利用者が入力操作を行うとS2425の処理を抜け、続いて、PC1は、OKボタン165が押下されたか否かを判断する(S2430)。ここで、OKボタン165が押下されていなければ(S2430:NO)、Cancelボタン167の押下または図示しないその他の操作を受けたものと判断し、この処理を終了する。
一方、OKボタン165が押下されていれば(S2430)、マスターにデータ復帰要求を送信し(S2435)、この処理を終了する。その結果、PC1からマスターデバイスへデータ復帰要求が送信され、マスターデバイスにおいて、データ復帰要求に対応する処理が実行されることになる。
次に、S2435の処理で送信されるデータ復帰要求をデバイスが受信した際、その受信イベントに対応するイベントハンドラとして実行される処理について、図24に基づいて説明する。
この処理を開始すると、デバイスは、まず、自機動作パラメータは「マスター」であるか否かを判断し(S2605)、自機動作パラメータが「マスター」でない場合は(S2605:NO)、そのままこの処理を終える。すなわち、デバイスが一般デバイスとして機能する状態にある場合、実質的な処理を実行しない。
一方、自機動作パラメータが「マスター」である場合は(S2605:YES)、利用者の指定したバックアップデータが自機内にあるか否かを判断する(S2610)。すなわち、先に説明した通り、本実施形態において、バックアップデータとしては、マスターデバイスの記憶領域に蓄積された複数のバックアップデータと、複数の一般デバイスの記憶領域に各デバイスとも1つずつ記憶された複数のバックアップデータが存在し、最新のバックアップデータが作成される際には、同一のバックアップデータがマスターデバイスの記憶領域と優先度の最も高いデバイスの記憶領域とに保存されるが、デバイスの電源断や記憶容量の都合等に起因して、バックアップデータが自機内にしかない場合、他機内にしかない場合、どちらの場合にもなり得る。
そこで、S2610の処理において、バックアップデータが自機内にあると判断した場合は(S2610:YES)、自機内の記憶領域からバックアップデータを取得し(S2615)、バックアップデータが自機内にないと判断した場合は(S2610:NO)、バックアップデータの所在を調べて、管理下デバイスからバックアップデータを取得する(S2620)。
こうして自機または他機からバックアップデータを取得したら、取得したバックアップデータを更新用データとして格納し(S2630)、その更新用データに基づいてアドレス帳更新処理を実行し(S2640)、この処理を終了する。なお、S2640の処理は、既に説明したS1205〜S1220の処理に相当する処理なので、ここでの説明は省略する。
[ネットワークシステムの挙動についての具体例1]
次に、以上説明した各処理により、ネットワークシステムがどのような挙動を示すのかについて、いくつかの具体的な事例を挙げて説明する。なお、以下に説明する各具体例においては、説明が煩雑になるのを避けるため、本発明でいうデバイスに相当する機器をデバイス1,2,3,4と称するが、これらデバイス1,2,3,4は、上述した実施形態における画像処理装置3,3,5,5に相当する機器である。
まず、具体例1について説明する。
図25は、1台のデバイス1がネットワークシステムに接続されてマスターデバイスとして機能し、その後、もう1台のデバイス2がネットワークシステムに接続された場合に、どのように優先度が決まり、どのようにマスターデータが提供されるのかを示したタイミングチャートである。
なお、この具体例1では、デバイス1は、不揮発性RAM容量64、連続運転性指標:1(FAX機能無し)なので、マスター適性値は64であり、デバイス2は、不揮発性RAM容量32、連続運転性指標:1(FAX機能無し)なので、マスター適性値は32である。
まず、デバイス1の電源がONになると、デバイス1は、ブロードキャストにてマスター適性値を送信する。これに対し、ネットワーク側から返事がないため、デバイス1は、マスターデバイスとして機能する。
その後、もう1台のデバイス2の電源がONになると、デバイス2は、ブロードキャストにてマスター適性値を送信する。これを受けて、デバイス1は、マスター適性値を比較する。ここで、デバイス1のマスター適性値は64であり、デバイス2のマスター適性値は32なので、デバイス1は自分のマスター適性値が高いと判断する。
その結果、デバイス1からデバイス2へ「私がマスターです。マスター適性値は私の方が高いです。2ndになってください。」との通知がなされ、さらにマスターデータ(アドレス帳データ)のコピーがなされ、デバイス2は優先度2のデバイスとなり、デバイス2からデバイス1へ「2ndになりました」との返事が返され、デバイス1は、管理情報に2ndを追加する。
[ネットワークシステムの挙動についての具体例2]
次に、具体例2について説明する。
図26も、1台のデバイス1がネットワークシステムに接続されてマスターデバイスとして機能し、その後、もう1台のデバイス2がネットワークシステムに接続された場合に、どのように優先度が決まり、どのようにマスターデータが提供されるのかを示したタイミングチャートである。
ただし、この具体例2では、具体例とは異なり、デバイス1は、不揮発性RAM容量64、連続運転性指標:1(FAX機能無し)なので、マスター適性値は64であり、デバイス2は、不揮発性RAM容量128、連続運転性指標:2(FAX機能あり)なので、マスター適性値は256である。つまり、後からネットワークに参加するデバイス2の方が、よりマスター適性値が高い。
この場合、まず、デバイス1の電源がONになると、デバイス1は、ブロードキャストにてマスター適性値を送信する。これに対し、ネットワーク側から返事がないため、デバイス1は、マスターデバイスとして機能する。
その後、もう1台のデバイス2の電源がONになると、デバイス2は、ブロードキャストにてマスター適性値を送信する。これを受けて、デバイス1は、マスター適性値を比較する。ここで、デバイス1のマスター適性値は64であり、デバイス2のマスター適性値は256なので、デバイス1は相手のマスター適性値が高いと判断する。
その結果、デバイス1からデバイス2へ「私がマスターです。マスター適性値はあなたの方が高いです。マスターになってください」との通知がなされ、さらにマスターデータ(アドレス帳データ)のコピーがなされ、デバイス2はマスターデバイス(=優先度1のデバイス)となる。
その後、デバイス2からデバイス1へ「私がマスターになりました。あなたは2ndになってください。」との返事が返され、デバイス1は2ndになり、デバイス1からデバイス2へ「2ndになりました。」との通知がなされ、デバイス2は、管理情報に2ndを追加する。
このように、優先度の高いデバイスが後からネットワークに参加すると、優先度に従ってマスターデバイスの交代が発生する。
[ネットワークシステムの挙動についての具体例3]
次に、具体例3について説明する。
図27は、2台のデバイス1,2がネットワーク上で既に稼働し、そこへ新たなデバイス3が接続された場合のタイミングチャートである。
なお、この具体例3では、デバイス1は、不揮発性RAM容量32、連続運転性指標:1(FAX機能無し)なので、マスター適性値は32であり、デバイス2は、不揮発性RAM容量128、連続運転性指標:2(FAX機能あり)なので、マスター適性値は256であり、デバイス3は、不揮発性RAM容量64、連続運転性指標:2(FAX機能あり)なので、マスター適性値は128である。
デバイス3の電源がONになると、デバイス3は、ブロードキャストにてマスター適性値を送信する。これを受けて、デバイス2は、マスター適性値を比較、デバイス1,2,3のマスター適性値は、それぞれ32,256,128なので、デバイス2は自分のマスター適性値が一番高いと判断し、同時にデバイス3の優先度が2、デバイス1の優先度が3となることも判断する。
その結果、デバイス2からデバイス3へ「2ndになってください。」との通知がなされ、デバイス2からデバイス1へ「3rdになってください。」との通知がなされる。また、デバイス2からデバイス3へは、マスターデータ(アドレス帳データ)のコピーがなされる。
デバイス1,3はそれぞれ優先度3,2のデバイスとなり、デバイス3からデバイス2へは「2ndになりました。」との返事が返され、デバイス1からデバイス2へは「3rdになりました。」との返事が返され、これを受けてデバイス1は、管理情報を更新する。
このように、一般デバイス間でも、優先度の高いデバイスが後からネットワークに参加すると、優先度に従って一般デバイスの順位の交代が発生する。
[ネットワークシステムの挙動についての具体例4]
次に、具体例4について説明する。
図28も、2台のデバイス1,2がネットワーク上で既に稼働し、そこへ新たなデバイス3が接続された場合のタイミングチャートである。
なお、この具体例4では、デバイス1は、不揮発性RAM容量32、連続運転性指標:1(FAX機能無し)なので、マスター適性値は32であり、デバイス2は、不揮発性RAM容量64、連続運転性指標:2(FAX機能あり)なので、マスター適性値は128であり、デバイス3は、不揮発性RAM容量128、連続運転性指標:2(FAX機能あり)なので、マスター適性値は256である。
デバイス3の電源がONになると、デバイス3は、ブロードキャストにてマスター適性値を送信する。これを受けて、デバイス2は、マスター適性値を比較、デバイス1,2,3のマスター適性値は、それぞれ32,128,256なので、デバイス2はデバイス3のマスター適性値が一番高いと判断する。
その結果、デバイス2からデバイス3へ「マスターになってください。」との通知がなされ、デバイス2からデバイス3へは、マスターデータ(アドレス帳データ)と管理情報のコピーがなされる。
その後、デバイス3からデバイス2へ「私がマスターになりました。あなたは2ndになってください。」との通知がなされ、デバイス3からデバイス1へ「あなたは3rdになってください。」との通知がなされる。これを受けて、デバイス2は2ndになり、デバイス2からデバイス3へ「2ndになりました。」との返事が返される。また、デバイス1は3rdになり、デバイス1からデバイス3へ「3rdになりました。」との返事が返される。その結果、デバイス3は、管理情報を更新する。
このように、複数のデバイスが存在する状況下で、最も優先度の高いデバイスが新たにネットワークに参加した場合、マスターデバイスの交代が発生し、さらに、マスターデバイスの交代後に、一般デバイス間でも、優先度に従って一般デバイスの順位の見直しが行われる。
[ネットワークシステムの挙動についての具体例5]
次に、具体例5について説明する。
図29は、3台のデバイス1,2,3がネットワーク上で稼働している状況下で、マスターデバイス2が突然電源を落とされた場合のタイミングチャートである。
なお、この具体例5では、デバイス1は、不揮発性RAM容量64、連続運転性指標:1(FAX機能無し)なので、マスター適性値は128であり、デバイス2は、不揮発性RAM容量128、連続運転性指標:2(FAX機能あり)なので、マスター適性値は256であり、デバイス3は、不揮発性RAM容量32、連続運転性指標:2(FAX機能あり)なので、マスター適性値は64である。
全てのデバイス1,2,3が稼働している場合、優先度が最も高い一般デバイス1は、デバイス2を通信対象にして定期的にポーリングすることで、デバイス1からデバイス2へ「正常に動作していますか?」との問い合わせを行い、デバイス2からデバイス1へ「問題ありません。」との返事が返されたことをもって、マスターデバイスの存在を監視している。
ここで、マスターデバイス2の電源が突然OFFにされた場合、デバイス1からデバイス2への問い合わせに対し、デバイス2からデバイス1への返事が返らなくなるので、タイムアウトを検知した時点で、デバイス1はマスターとして機能し、ブロードキャストにて全デバイスに対し、「マスターになりました。適性値を送って下さい。」との要求を送信する。
この要求を受けたデバイス3は、デバイス1にマスター適性値を通知し、通知されたマスター適性値に基づいて、デバイス1は管理情報を作成する。そして、作成した管理情報中の順位に従って、デバイス1は、デバイス3に対して「2ndになってください。」との通知を行い、これを受けて、デバイス3は2ndになり、デバイス3からデバイス1へ「2ndになりました。」との返事が返される。
このようにマスターデバイスが突然不在となった場合には、優先順位が1つ下となるデバイスがマスターの不在を検知し、新たにマスターとして機能する状態に移行するので、マスターが不在となっている期間をごく僅かな期間とすることができる。
[ネットワークシステムの挙動についての具体例6]
次に、具体例6について説明する。
図30は、4台のデバイス1,2,3,4がネットワーク上で稼働している状況下で、優先度2,3のデバイス2,3が突然電源を落とされた場合のタイミングチャートである。
なお、この具体例6では、デバイス1,2,3,4のマスター適性値は、順に512,256,64,32である。
全てのデバイス1,2,3,4が稼働している場合、優先度が最も高い一般デバイス1は、全ての一般デバイス2,3,4を通信対象にして定期的にポーリングすることで、デバイス1からデバイス2,3,4へ順次「正常に動作していますか?」との問い合わせを行い、デバイス2,3,4からデバイス1へはそれぞれ「問題ありません。」との返事が返されたことをもって、一般デバイスの存在を監視している。
ここで、2台のデバイス2,3の電源が突然OFFにされた場合、デバイス1からデバイス2,3への問い合わせに対し、デバイス2,3からデバイス1への返事が返らなくなるので、タイムアウトを検知した時点で、デバイス1はデバイス2,3が不在となったことを認識し、管理情報を更新する。そして、作成した管理情報中の順位に従って、デバイス1は、デバイス4に対して「2ndになってください。」との通知を行い、これを受けて、デバイス4は2ndになり、デバイス4からデバイス1へ「2ndになりました。」との返事が返される。
このように複数の一般デバイスが突然不在となった場合には、管理情報が更新されて優先度の見直しが図られる。
[ネットワークシステムの挙動についての具体例7]
次に、具体例7について説明する。
図31は、4台のデバイス1,2,3,4がネットワーク上で稼働している状況下で、デバイス3においてアドレス帳データの変更が行われた場合のタイミングチャートである。
なお、この具体例7では、デバイス1,2,3,4のマスター適性値は、順に512,256,64,32である。
デバイス3においてアドレス帳データの変更が行われると、デバイス3からマスターデバイス1へデータ更新要求が送信される。これを受けて、マスターデバイス1では、アドレス帳データの更新が行われるが、マスターは容量の許す限り、自機にバックアップを持つようになっており、図示した例では、最大3つのバックアップデータファイルを自機内に保存することができる。そこで、マスターデバイス1は、最も古いバックアップ3を削除し、元のバックアップ2を新バックアップ3、元のバックアップ1を新バックアップ1、元のマスターデータを新バックアップ1とし、更新後のマスターデータを新マスターとする。
こうしてマスターデータの更新を終えたら、マスターデバイス1は全デバイス2,3,4に対し「データ更新がありました。新マスターをコピーして下さい。」との通知を送信し、全デバイス2,3,4に対し、新マスターの提供を行う。
また、デバイス1は、最下位のデバイスから順に1台ずつ指令を送信し、「優先度が自身より1つ高いデバイスが持っているバックアップを、自機にコピーすること」を指令する。この指令を順に受けるデバイス2,3,4は、まず最下位のデバイス4が1つ上のデバイス3から元のバックアップ3を受け取り、それを新バックアップ4として自機内で元のバックアップ4に上書きに保存し、バックアップ完了をデバイス1に通知する。次に、デバイス3が1つ上のデバイス2から元のバックアップ2を受け取り、それを新バックアップ3として自機内で元のバックアップ3に上書き保存し、バックアップ完了をデバイス1に通知する。次に、デバイス2が1つ上のデバイス1から元のバックアップ1(=新バックアップ2)を受け取り、それを新バックアップ2として自機内で元のバックアップ2に上書き保存し、バックアップ完了をデバイス1に通知する。
以上の処理により、アドレス帳データの更新処理とバックアップデータの保存処理が完了することになる。
[ネットワークシステムの挙動についての具体例8]
次に、具体例8について説明する。
図32は、4台のデバイス1,2,3,4がネットワーク上で稼働している状況下で、デバイス2からデバイス1へシャットダウン要求が行われた場合のタイミングチャートである。
なお、この具体例8では、デバイス1,2,3,4のマスター適性値は、順に512,256,64,32である。
デバイス2においてシャットダウン要求があると、デバイス2からデバイス1へ「シャットダウンします。」との通知が送信される。これを受けたマスターデバイス1では、「2ndがいなくなるから4thに3rdのバックアップをコピーしなければ。」と認識し、デバイス1は、最下位のデバイスからシャットダウン要求のあったデバイスより1つ順位の低いデバイスまで、この順序で1台ずつ指令を送信し、「優先度が自身より1つ高いデバイスが持っているバックアップを、自機にコピーすること」を指令する。この指令を順に受けるデバイス3,4は、まず最下位のデバイス4が1つ上のデバイス3から元のバックアップ3を受け取り、それを新バックアップ4として自機内で元のバックアップ4に上書きに保存し、バックアップ完了をデバイス1に通知する。次に、デバイス3が1つ上のデバイス2から元のバックアップ2を受け取り、それを新バックアップ3として自機内で元のバックアップ3に上書き保存し、バックアップ完了をデバイス1に通知する。
以上の処理により、デバイス4より優先度の高いデバイス3が持っていたバックアップ3はデバイス4へと引き渡され、デバイス3より優先度の高いデバイス2が持っていたバックアップ2はデバイス3へと引き渡される。したがって、より最新のバックアップをシャットダウンするデバイスから稼働中のデバイスへ引き継ぐことができる。
[ネットワークシステムの挙動についての具体例9]
次に、具体例9について説明する。
図33は、4台のデバイス1,2,3,4がネットワーク上で稼働している状況下で、マスターデータをバックアップ3相当の内容に戻す旨の操作がなされた場合のタイミングチャートである。
なお、この具体例8では、デバイス1,2,3,4のマスター適性値は、順に512,256,64,32である。
PCでの操作により、PCからデバイス1に対し、マスターデータをバックアップ3相当の内容に戻す旨の指令が送信されると、マスターデバイス1は、自機内にバックアップ3が保存されていないため、バックアップ3を持っているデバイス3にデータ要求を通知する。この要求に応じて、デバイス3からマスターデバイス1へバックアップ3が送信される。
これを受けて、マスターデバイス1では、最も古いバックアップ2を削除し、元のバックアップ1を新バックアップ2、元のマスターデータを新バックアップ1とし、デバイス3から受け取ったバックアップ3を新マスターとする。
こうしてマスターデータの更新を終えたら、マスターデバイス1は全デバイス2,3,4に対し「データ更新がありました。新マスターをコピーして下さい。」との通知を送信し、全デバイス2,3,4に対し、新マスターの提供を行う。
また、デバイス1は、最下位のデバイスから順に1台ずつ指令を送信し、「優先度が自身より1つ高いデバイスが持っているバックアップを、自機にコピーすること」を指令する。この指令を順に受けるデバイス2,3,4は、まず最下位のデバイス4が1つ上のデバイス3から元のバックアップ3を受け取り、それを新バックアップ4として自機内で元のバックアップ4に上書きに保存し、バックアップ完了をデバイス1に通知する。次に、デバイス3が1つ上のデバイス2から元のバックアップ2を受け取り、それを新バックアップ3として自機内で元のバックアップ3に上書き保存し、バックアップ完了をデバイス1に通知する。次に、デバイス2が1つ上のデバイス1から元のバックアップ1(=新バックアップ2)を受け取り、それを新バックアップ2として自機内で元のバックアップ2に上書き保存し、バックアップ完了をデバイス1に通知する。
以上の処理により、アドレス帳データの更新処理とバックアップデータの保存処理が完了することになる。
[ネットワークシステムの挙動についての具体例10]
次に、具体例10について説明する。
図34は、4台のデバイス1,2,3,4がネットワーク上で稼働している状況下で、マスターデバイス1が稼働を停止した場合に、バックアップデータがどのようにやり取りされるかを示したタイミングチャートである。
なお、この具体例8では、デバイス1,2,3,4のマスター適性値は、順に512,256,64,32である。
マスターデバイス1が稼働を停止すると、優先度が1つ下のデバイス2は、マスター不在を検知し、マスターに昇格する。このとき、デバイス2は、マスターデータとバックアップ2を自機内に持っているので、バックアップ2を新バックアップ1とする。そして、デバイス2は、自身より下位のデバイス3,4が持っているバックアップ3,4についても提供を求め、それに応じてデバイス3,4からバックアップ3,4が送信されてきたら、それぞれバックアップ3を新バックアップ2、バックアップ4を新バックアップ3として自機内に保存する。
その結果、自機内にマスターデータとバックアップ2しか持っていなかったデバイス2も、マスターに昇格するに当たって、3つの新バックアップ1,2,3を持つことができる。
[ネットワークシステムの挙動についての具体例11]
次に、具体例11について説明する。
図35は、4台のデバイス1,2,3,4がネットワーク上で稼働している状況下で、一般デバイス3が稼働を停止した場合に、バックアップデータがどのようにやり取りされるかを示したタイミングチャートである。
なお、この具体例8では、デバイス1,2,3,4のマスター適性値は、順に512,256,64,32である。
デバイス3が稼働を停止すると、マスターデバイス1は、デバイス3が不在であることを検知する。このとき、マスターデバイス1は、デバイス3が持っていたバックアップ3を自機内に持っており、このバックアップ3は、デバイス4が持っているバックアップ4よりも新しいバックアップなので、デバイス4に対し、デバイス1から渡すバックアップ3で、デバイス4が持っているバックアップ4を上書きするように指令する。
これを受けて、デバイス4は、デバイス1からバックアップ3を受け取り、自機内のバックアップ4を上書きし、上書きが完了したら、その旨をデバイス1に通知する。
このような処理を行うことにより、一般デバイスに分散して記憶させてあるバックアップを、より最新のバックアップが保存されるように管理することができる。
[本発明と上記実施形態との対応関係]
以上説明した本発明の実施形態において、画像処理装置3,3,5,5、デバイス1,2,3,4は、いずれも本発明でいうデバイスに相当する機器である。また、LAN7が、本発明でいうネットワークに相当する。
また、各画像処理装置3,3,5,5が備えるCPU301,501が中心になって上述した各処理を実行することにより、本発明を構成する各手段が機能することになる。
具体的には、上記S105の処理が本発明でいう特性情報提供手段によって実行される処理、上記S127の処理が本発明でいう共用データ作成手段によって実行される処理、上記S220の処理が本発明でいうマスター交代通知手段によって実行される処理に、それぞれ該当する。
また、上記マスター適性値パケット受信処理(図4参照)が本発明でいう特性情報取得手段によって実行される処理、上記S305〜S315の処理が本発明でいう順位決定手段によって実行される処理、上記S330の処理が本発明でいうマスター交代通知手段によって実行される処理に、それぞれ該当する。
また、上記S340の処理が、本発明でいうマスターデバイス通信用情報提供手段、上位デバイス通信用情報提供手段、および順位通知手段によって実行される処理に該当し、上記S415の処理が本発明でいう共用データ取得手段によって実行される処理、上記S505の処理が本発明でいう共用データ転送手段によって実行される処理に、それぞれ該当する。
また、上記S405〜S420の処理が、本発明でいう第2の制御手段によって実行される処理に該当し、上記S425の処理により各情報を記憶することになる不揮発性RAM304,504が、本発明でいうマスターデバイス通信用情報記憶手段、上位デバイス通信用情報記憶手段に該当する。
また、上記S425〜S445の処理が本発明でいう第3の制御手段によって実行される処理、上記S630〜S635の処理が本発明でいう上位デバイス確認手段によって実行される処理に、それぞれ該当する。
さらに、上記S640〜S655の処理が本発明でいうマスターデバイス確認手段によって実行される処理に該当し、上記S305〜S320の処理が本発明でいう順位判定手段によって実行される処理に該当し、上記S340〜S365の処理が本発明でいう第1の制御手段によって実行される処理に該当する。
加えて、上記S1310の処理によって更新されるマスターデータを記憶する手段(不揮発性RAM304,504)が、本発明でいう共用データ記憶手段に該当する。
[変形例等]
以上、本発明の実施形態について説明したが、本発明は上記の具体的な一実施形態に限定されず、この他にも種々の形態で実施することができる。
例えば、上記実施形態では、マスターデバイスが一般デバイスに提供する共用データとして、アドレス帳データを例示したが、ネットワーク上の複数のデバイスで共通に使用するようなデータであれば、本発明を適用することができる。より具体的な例を挙げれば、複数のデバイスにおいて共通に設定したいデバイスの設定データ、複数のデバイスを同一の管理者が管理している場合における管理者名、管理者メールアドレス、管理者に通知すべきコンディション情報、システム内で共通の設定値を用いるのが一般的なメールサーバアドレスやネームサーバアドレスなどを、マスターデバイスから一般デバイスに提供することで、複数の一般デバイスそれぞれにおいて逐一面倒な入力操作等を行わなくてもよいようになる。
また、上記実施形態では、マスター適性値として、不揮発性メモリ容量と連続運転性指標とを乗算した値を用いていたが、これは、マスターデバイスに求められる性能に応じて任意に変更することができる。既に上記実施形態で示したものも含めて、より具体的な例を挙げれば、以下のパラメーターのいずれか一つ以上を使用して適性値を求めると好ましい。
(a)NV−RAM容量(単位:Kbyte):これは、不揮発性メモリ搭載量は高いほどバックアップに適しているからである。
(b)HDD容量(単位:Kbyte):これも容量が大きいほどバックアップに適しているからである。
(c)連続運転性指標(単位:Fax機能あり=1、Fax機能なし=2):これは、電源OFFの可能性が低いほどマスターとして適しているからである。
(d)CPU クロック数(単位:MHz):これは、処理速度が速いほどマスターとして適しているからである。
(e)RAM容量(単位:Mbyte):これは、各種演算の処理速度が速いほどマスターとして適しているからである。
(f)ネットワークI/Fの速度(単位:bps):これは、デバイス間で大量のデータをやり取りするに当たり、ネットワークI/Fの速度がボトルネックになる可能性もあるからである。
(g)製品出荷日(単位:年):これは、同機能・同価格帯の製品であれば、新しい製品の方が一般的に性能が良いからである。
これらのパラメータ(a)〜(g)は、重要視する項目によって重み付けを変えたり、適宜乗算や加算を組み合わせることにより、マスター適性値の算出に利用することができる。いくつか例を挙げれば、例えば、上記実施形態では、マスター適性値(p)=(a)×(c)とする例を示したが、ハードディスクにもバックアップを作成する場合は、適性値(p)=((a)+(b))×(c)としてもよい。また、RAM容量も加味するのであれば、適性値(p)=((a)+(e)÷2)×(c)としたり、適性値(p)=((a)+(e)−2000)×(c)としてもよい。
ネットワークシステムの全体構成、および、各機器の内部構成を示すブロック図である。 アドレス帳データを示す説明図である。 デバイスの電源がONにされたときの処理のフローチャートである。 マスター適性値パケット受信処理のフローチャートである。 管理情報を示す説明図である。 管理情報の作成処理のフローチャートである。 優先度変更パケット受信処理のフローチャートである。 マスターデータ取得要求受信処理のフローチャートである。 デバイスが周期的に繰り返す処理のフローチャートである。 動作確認パケット受信処理のフローチャートである。 監視対象デバイス不在通知受信処理のフローチャートである。 アドレス帳を更新する操作を行った際に実行される処理のフローチャートである。 アドレス帳更新データを受信する処理のフローチャートである。 アドレス帳更新処理のフローチャートである。 マスターデータ更新指示受信処理のフローチャートである。 管理下デバイスに対するバックアップ指示処理のフローチャートである。 バックアップ命令受信時処理のフローチャートである。 バックアップデータ取得要求受信処理のフローチャートである。 シャットダウン処理を開始する場合の処理を示すフローチャートである。 シャットダウン処理のフローチャートである。 シャットダウン処理要求受信処理のフローチャートである。 バックアップ復帰操作時に実行される処理のフローチャートである。 アドレス帳マスターデータ管理ウィンドウおよびアドレス帳データ選択ウィンドウを示す説明図である。 データ復帰要求時に実行される処理のフローチャートである。 ネットワークシステムの挙動についての具体例1を示すタイミングチャートである。 ネットワークシステムの挙動についての具体例2を示すタイミングチャートである。 ネットワークシステムの挙動についての具体例3を示すタイミングチャートである。 ネットワークシステムの挙動についての具体例4を示すタイミングチャートである。 ネットワークシステムの挙動についての具体例5を示すタイミングチャートである。 ネットワークシステムの挙動についての具体例6を示すタイミングチャートである。 ネットワークシステムの挙動についての具体例7を示すタイミングチャートである。 ネットワークシステムの挙動についての具体例8を示すタイミングチャートである。 ネットワークシステムの挙動についての具体例9を示すタイミングチャートである。 ネットワークシステムの挙動についての具体例10を示すタイミングチャートである。 ネットワークシステムの挙動についての具体例11を示すタイミングチャートである。
符号の説明
1・・・PC、3,5・・・画像処理装置、101,301,501・・・CPU、102,302,502・・・ROM、103,303,503・・・RAM、304,504・・・不揮発性RAM、105・・・操作部、305,505・・・操作キー、106・・・表示部、306,506・・・表示パネル、107,307,507・・・ハードディスク装置、108,308,508・・・LAN I/F、311,511・・・印刷部、312,512・・・読み取り部、313・・・モデム。

Claims (42)

  1. 複数のデバイスがネットワークに接続され、前記デバイスには、システム内における順位が付与されて、前記順位が最上位となるデバイスがマスターデバイスとして機能するとともに、前記順位が最上位となるデバイス以外のデバイスが一般デバイスとして機能しており、
    前記デバイスは、
    自身より順位がひとつだけ高い上位デバイスとの通信を行うために必要となる上位デバイス通信用情報を記憶する上位デバイス通信用情報記憶手段と、
    前記一般デバイスとして機能した際、前記上位デバイス通信用情報記憶手段に記憶された上位デバイス通信用情報に基づいて、前記上位デバイスとの通信を行うことにより、前記上位デバイスがシステム内に存在することを確認する上位デバイス確認手段と、
    前記上位デバイスがシステム内に存在することを、前記上位デバイス確認手段によって確認できない場合に、前記マスターデバイスとして機能するデバイスがシステム内に存在することを確認するマスターデバイス確認手段と、
    前記マスターデバイスとして機能するデバイスがシステム内に存在することを、前記マスターデバイス確認手段によって確認できない場合に、自身の順位を判定する順位判定手段と、
    前記順位判定手段によって、自身の順位が最上位であると判定した場合に、自身を前記マスターデバイスとして機能させる制御を行う第1の制御手段と
    を備えたことを特徴とするネットワークシステム。
  2. 前記デバイスは、
    前記マスターデバイスとして機能するデバイスとの通信を行うために必要となるマスターデバイス通信用情報を記憶するマスターデバイス通信用情報記憶手段を備えており、
    前記マスターデバイス確認手段は、前記マスターデバイス通信用情報記憶手段に記憶されたマスターデバイス通信用情報に基づいて、前記マスターデバイスとして機能するデバイスとの通信を行うことにより、前記マスターデバイスとして機能するデバイスがシステム内に存在することを確認する手段である
    ことを特徴とする請求項1に記載のネットワークシステム。
  3. 前記デバイスは、
    前記マスターデバイスとして機能した際、前記一般デバイスとして機能するデバイスに前記マスターデバイス通信用情報を提供するマスターデバイス通信用情報提供手段
    を備えたことを特徴とする請求項2に記載のネットワークシステム。
  4. 前記デバイスは、
    前記マスターデバイスとして機能した際、前記一般デバイスとして機能するデバイスに前記上位デバイス通信用情報を提供する上位デバイス通信用情報提供手段
    を備えたことを特徴とする請求項1〜請求項3のいずれかに記載のネットワークシステム。
  5. 前記複数のデバイスで共用される共用データが、前記マスターデバイスから前記一般デバイスへ提供されるように構成されており、
    前記デバイスは、
    前記第1の制御手段によって、前記一般デバイスとして機能する状態から前記マスターデバイスとして機能する状態へ移行する制御がなされた場合に、前記共用データを作成する共用データ作成手段
    を備えたことを特徴とする請求項1〜請求項4のいずれかに記載のネットワークシステム。
  6. 前記デバイスは、
    前記一般デバイスとして機能した際、前記マスターデバイスとして機能するデバイスから取得した共用データを記憶する共用データ記憶手段を備えており、
    前記共用データ作成手段は、前記共用データ記憶手段に記憶された前記共用データに基づいて、前記共用データを作成する手段である
    ことを特徴とする請求項5に記載のネットワークシステム。
  7. 前記デバイスは、
    前記マスターデバイスとして機能した際、システム内のデバイスの特性を示す特性情報に基づいて、システム内における各デバイスの順位を決定する順位決定手段と、
    前記順位決定手段によって順位を決定したデバイスの中に、自身より順位の高いデバイスが存在する場合に、そのデバイスにマスターデバイスとして機能すべきことを通知するマスター交代通知手段と、
    前記一般デバイスとして機能した際、前記マスターデバイスとして機能するデバイスから、マスターデバイスとして機能すべきことが通知されたら、自身を前記マスターデバイスとして機能させる制御を行う第2の制御手段と
    を備えたことを特徴とする請求項1〜請求項6のいずれかに記載のネットワークシステム。
  8. 前記順位決定手段は、所定の期間が経過する毎に、システム内のデバイスから前記特性情報を取得して、前記順位を決定する処理を繰り返す手段である
    ことを特徴とする請求項7に記載のネットワークシステム。
  9. 前記デバイスは、
    前記マスターデバイスとして機能した際、システム内のデバイスから前記特性情報を取得する特性情報取得手段と、
    前記一般デバイスとして機能した際、前記マスターデバイスとして機能するデバイスへ前記特性情報を提供する特性情報提供手段と
    を備えたことを特徴とする請求項7または請求項8に記載のネットワークシステム。
  10. 前記特性情報提供手段は、前記デバイスが新たにネットワークに参加して、前記一般デバイスとして機能した際に、前記マスターデバイスとして機能するデバイスへ前記特性情報を提供する手段であり、
    前記順位決定手段は、前記マスターデバイスとして機能した際、前記特性情報取得手段によって、システム内のデバイスから前記特性情報を取得したら、取得した前記特性情報に基づいて、システム内における各デバイスの順位を決定する手段である
    ことを特徴とする請求項9に記載のネットワークシステム。
  11. 前記複数のデバイスで共用される共用データが、前記マスターデバイスから前記一般デバイスへ提供されるように構成されており、
    前記デバイスは、
    前記順位決定手段によって順位を決定したデバイスの中に、自身より順位の高いデバイスが存在する場合に、そのデバイスに前記共用データを転送する共用データ転送手段
    を備えたことを特徴とする請求項7請求項10のいずれかに記載のネットワークシステム。
  12. 前記デバイスは、
    前記マスターデバイスとして機能した際、システム内のデバイスの特性を示す特性情報に基づいて、システム内における各デバイスの順位を決定する順位決定手段と、
    前記順位決定手段によって前記順位を決定した場合に、前記順位を各デバイスに通知する順位通知手段と、
    前記マスターデバイスとして機能している状態で、自身以外のデバイスから前記順位の通知を受けた場合に、自身を前記一般デバイスとして機能させる制御を行う第3の制御手段と
    を備えたことを特徴とする請求項1〜請求項6のいずれかに記載のネットワークシステム。
  13. 前記順位決定手段は、所定の期間が経過する毎に、システム内のデバイスから前記特性情報を取得して、前記順位を決定する処理を繰り返す手段である
    ことを特徴とする請求項12に記載のネットワークシステム。
  14. 前記デバイスは、
    前記マスターデバイスとして機能した際、システム内のデバイスから前記特性情報を取得する特性情報取得手段と、
    前記一般デバイスとして機能した際、前記マスターデバイスとして機能するデバイスへ前記特性情報を提供する特性情報提供手段と
    を備えたことを特徴とする請求項12または請求項13に記載のネットワークシステム。
  15. 前記特性情報提供手段は、前記デバイスが新たにネットワークに参加して、前記一般デバイスとして機能した際に、前記マスターデバイスとして機能するデバイスへ前記特性情報を提供する手段であり、
    前記順位決定手段は、前記マスターデバイスとして機能した際、前記特性情報取得手段によって、システム内のデバイスから前記特性情報を取得したら、取得した前記特性情報に基づいて、システム内における各デバイスの順位を決定する手段である
    ことを特徴とする請求項14に記載のネットワークシステム。
  16. 前記複数のデバイスで共用される共用データが、前記マスターデバイスから前記一般デバイスへ提供されるように構成されており、
    前記デバイスは、
    前記順位決定手段によって順位を決定したデバイスの中に、自身より順位の高いデバイスが存在する場合に、そのデバイスに前記共用データを転送する共用データ転送手段
    を備えたことを特徴とする請求項12請求項15のいずれかに記載のネットワークシステム。
  17. 前記特性情報は、前記デバイスの記憶容量を反映した情報とされている
    ことを特徴とする請求項7請求項16のいずれかに記載のネットワークシステム。
  18. 前記特性情報は、前記デバイスの処理性能を反映した情報とされている
    ことを特徴とする請求項7請求項17のいずれかに記載のネットワークシステム。
  19. 前記特性情報は、前記デバイスの連続運転性を反映した情報とされている
    ことを特徴とする請求項7請求項18のいずれかに記載のネットワークシステム。
  20. 前記複数のデバイスで共用される共用データが、前記マスターデバイスから前記一般デバイスへ提供されるように構成されており、
    前記デバイスは、アドレスデータの示す送信先へデータを送信する機能を備えた通信機器であり、
    前記共用データは、前記アドレスデータを含んでなるアドレス帳データである
    ことを特徴とする請求項1〜請求項19のいずれかに記載のネットワークシステム。
  21. 前記デバイスは、
    前記マスターデバイスとして機能した際、システム内のデバイスの特性を示す特性情報に基づいて、システム内における各デバイスの順位を決定する順位決定手段と、
    前記順位決定手段によって順位を決定したデバイスの中に、自身より順位の高いデバイスが存在する場合に、そのデバイスにマスターデバイスとして機能すべきことを通知するマスター交代通知手段と、
    前記一般デバイスとして機能した際、前記マスターデバイスとして機能するデバイスから、マスターデバイスとして機能すべきことが通知されたら、自身を前記マスターデバイスとして機能させる制御を行う第2の制御手段と
    を備えたことを特徴とする請求項1〜請求項20のいずれかに記載のネットワークシステム。
  22. 前記順位決定手段は、所定の期間が経過する毎に、システム内のデバイスから前記特性情報を取得して、前記順位を決定する処理を繰り返す手段である
    ことを特徴とする請求項21に記載のネットワークシステム。
  23. 前記デバイスは、
    前記マスターデバイスとして機能した際、システム内のデバイスから前記特性情報を取得する特性情報取得手段と、
    前記一般デバイスとして機能した際、前記マスターデバイスとして機能するデバイスへ前記特性情報を提供する特性情報提供手段と
    を備えたことを特徴とする請求項21または請求項22に記載のネットワークシステム。
  24. 前記特性情報提供手段は、前記デバイスが新たにネットワークに参加して、前記一般デバイスとして機能した際に、前記マスターデバイスとして機能するデバイスへ前記特性情報を提供する手段であり、
    前記順位決定手段は、前記マスターデバイスとして機能した際、前記特性情報取得手段によって、システム内のデバイスから前記特性情報を取得したら、取得した前記特性情報に基づいて、システム内における各デバイスの順位を決定する手段である
    ことを特徴とする請求項23に記載のネットワークシステム。
  25. 前記複数のデバイスで共用される共用データが、前記マスターデバイスから前記一般デバイスへ提供されるように構成されており、
    前記デバイスは、
    前記順位決定手段によって順位を決定したデバイスの中に、自身より順位の高いデバイスが存在する場合に、そのデバイスに前記共用データを転送する共用データ転送手段
    を備えたことを特徴とする請求項21請求項24のいずれかに記載のネットワークシステム。
  26. 前記複数のデバイスで共用される共用データが、前記マスターデバイスから前記一般デバイスへ提供されるように構成されており、
    前記デバイスは、
    前記一般デバイスとして機能する状態から前記マスターデバイスとして機能する状態へ移行する制御がなされた場合に、その直前まで前記マスターデバイスとして機能していたデバイスから前記共用データを取得する共用データ取得手段
    を備えたことを特徴とする請求項21請求項25のいずれかに記載のネットワークシステム。
  27. 前記特性情報は、前記デバイスの記憶容量を反映した情報とされている
    ことを特徴とする請求項21請求項26のいずれかに記載のネットワークシステム。
  28. 前記特性情報は、前記デバイスの処理性能を反映した情報とされている
    ことを特徴とする請求項21請求項27のいずれかに記載のネットワークシステム。
  29. 前記特性情報は、前記デバイスの連続運転性を反映した情報とされている
    ことを特徴とする請求項21請求項28のいずれかに記載のネットワークシステム。
  30. 前記複数のデバイスで共用される共用データが、前記マスターデバイスから前記一般デバイスへ提供されるように構成されており、
    前記デバイスは、アドレスデータの示す送信先へデータを送信する機能を備えた通信機器であり、
    前記共用データは、前記アドレスデータを含んでなるアドレス帳データである
    ことを特徴とする請求項21請求項29のいずれかに記載のネットワークシステム。
  31. 前記デバイスは、
    前記マスターデバイスとして機能した際、システム内のデバイスの特性を示す特性情報に基づいて、システム内における各デバイスの順位を決定する順位決定手段と、
    前記順位決定手段によって前記順位を決定した場合に、前記順位を各デバイスに通知する順位通知手段と、
    前記マスターデバイスとして機能している状態で、自身以外のデバイスから前記順位の通知を受けた場合に、自身を前記一般デバイスとして機能させる制御を行う第3の制御手段と
    を備えたことを特徴とする請求項1〜請求項30のいずれかに記載のネットワークシステム。
  32. 前記順位決定手段は、所定の期間が経過する毎に、システム内のデバイスから前記特性情報を取得して、前記順位を決定する処理を繰り返す手段である
    ことを特徴とする請求項31に記載のネットワークシステム。
  33. 前記デバイスは、
    前記マスターデバイスとして機能した際、システム内のデバイスから前記特性情報を取得する特性情報取得手段と、
    前記一般デバイスとして機能した際、前記マスターデバイスとして機能するデバイスへ前記特性情報を提供する特性情報提供手段と
    を備えたことを特徴とする請求項31または請求項32に記載のネットワークシステム。
  34. 前記特性情報提供手段は、前記デバイスが新たにネットワークに参加して、前記一般デバイスとして機能した際に、前記マスターデバイスとして機能するデバイスへ前記特性情報を提供する手段であり、
    前記順位決定手段は、前記マスターデバイスとして機能した際、前記特性情報取得手段によって、システム内のデバイスから前記特性情報を取得したら、取得した前記特性情報に基づいて、システム内における各デバイスの順位を決定する手段である
    ことを特徴とする請求項33に記載のネットワークシステム。
  35. 前記複数のデバイスで共用される共用データが、前記マスターデバイスから前記一般デバイスへ提供されるように構成されており、
    前記デバイスは、
    前記順位決定手段によって順位を決定したデバイスの中に、自身より順位の高いデバイスが存在する場合に、そのデバイスに前記共用データを転送する共用データ転送手段
    を備えたことを特徴とする請求項31請求項34のいずれかに記載のネットワークシステム。
  36. 前記複数のデバイスで共用される共用データが、前記マスターデバイスから前記一般デバイスへ提供されるように構成されており、
    前記デバイスは、
    前記一般デバイスとして機能する状態から前記マスターデバイスとして機能する状態へ移行する制御がなされた場合に、その直前まで前記マスターデバイスとして機能していたデバイスから前記共用データを取得する共用データ取得手段
    を備えたことを特徴とする請求項31請求項35のいずれかに記載のネットワークシステム。
  37. 前記特性情報は、前記デバイスの記憶容量を反映した情報とされている
    ことを特徴とする請求項31請求項36のいずれかに記載のネットワークシステム。
  38. 前記特性情報は、前記デバイスの処理性能を反映した情報とされている
    ことを特徴とする請求項31請求項37のいずれかに記載のネットワークシステム。
  39. 前記特性情報は、前記デバイスの連続運転性を反映した情報とされている
    ことを特徴とする請求項31請求項38のいずれかに記載のネットワークシステム。
  40. 前記複数のデバイスで共用される共用データが、前記マスターデバイスから前記一般デバイスへ提供されるように構成されており、
    前記デバイスは、アドレスデータの示す送信先へデータを送信する機能を備えた通信機器であり、
    前記共用データは、前記アドレスデータを含んでなるアドレス帳データである
    ことを特徴とする請求項31請求項39のいずれかに記載のネットワークシステム。
  41. 複数のデバイスがネットワークに接続され、前記デバイスには、システム内における順位が付与されて、前記順位が最上位となるデバイスがマスターデバイスとして機能するとともに、前記順位が最上位となるデバイス以外のデバイスが一般デバイスとして機能するネットワークシステムにおいて、前記ネットワークシステムを構成するノードとして用いられるデバイスであって、
    自身より順位がひとつだけ高い上位デバイスとの通信を行うために必要となる上位デバイス通信用情報を記憶する上位デバイス通信用情報記憶手段と、
    前記一般デバイスとして機能した際、前記上位デバイス通信用情報記憶手段に記憶された上位デバイス通信用情報に基づいて、前記上位デバイスとの通信を行うことにより、前記上位デバイスがシステム内に存在することを確認する上位デバイス確認手段と、
    前記上位デバイスがシステム内に存在することを、前記上位デバイス確認手段によって確認できない場合に、前記マスターデバイスとして機能するデバイスがシステム内に存在することを確認するマスターデバイス確認手段と、
    前記マスターデバイスとして機能するデバイスがシステム内に存在することを、前記マスターデバイス確認手段によって確認できない場合に、自身の順位を判定する順位判定手段と、
    前記順位判定手段によって、自身の順位が最上位であると判定した場合に、自身を前記マスターデバイスとして機能させる制御を行う第1の制御手段と
    を備えたことを特徴とするデバイス。
  42. 複数のデバイスがネットワークに接続され、前記デバイスには、システム内における順位が付与されて、前記順位が最上位となるデバイスがマスターデバイスとして機能するとともに、前記順位が最上位となるデバイス以外のデバイスが一般デバイスとして機能するネットワークシステムにおいて、前記ネットワークシステムを構成するノードとして用いられるデバイスに、
    前記一般デバイスとして機能した際、「自身より順位がひとつだけ高い上位デバイスとの通信を行うために必要となる上位デバイス通信用情報を記憶する上位デバイス通信用情報記憶手段」に記憶された上位デバイス通信用情報に基づいて、前記上位デバイスとの通信を行うことにより、前記上位デバイスがシステム内に存在することを確認する上位デバイス確認手順と、
    前記上位デバイスがシステム内に存在することを、前記上位デバイス確認手順において確認できない場合に、前記マスターデバイスとして機能するデバイスがシステム内に存在することを確認するマスターデバイス確認手順と、
    前記マスターデバイスとして機能するデバイスがシステム内に存在することを、前記マスターデバイス確認手順において確認できない場合に、自身の順位を判定する順位判定手順と、
    前記順位判定手順において、自身の順位が最上位であると判定した場合に、自身を前記マスターデバイスとして機能させる制御を行う第1の制御手順
    実行させることを特徴とするプログラム。
JP2005049457A 2005-02-24 2005-02-24 ネットワークシステム、デバイス、およびプログラム Expired - Fee Related JP4239987B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005049457A JP4239987B2 (ja) 2005-02-24 2005-02-24 ネットワークシステム、デバイス、およびプログラム

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005049457A JP4239987B2 (ja) 2005-02-24 2005-02-24 ネットワークシステム、デバイス、およびプログラム
US11/359,361 US7673008B2 (en) 2005-02-24 2006-02-23 Network system and device

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2006235989A JP2006235989A (ja) 2006-09-07
JP4239987B2 true JP4239987B2 (ja) 2009-03-18

Family

ID=36914094

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005049457A Expired - Fee Related JP4239987B2 (ja) 2005-02-24 2005-02-24 ネットワークシステム、デバイス、およびプログラム

Country Status (2)

Country Link
US (1) US7673008B2 (ja)
JP (1) JP4239987B2 (ja)

Families Citing this family (37)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4107312B2 (ja) * 2005-07-04 2008-06-25 ブラザー工業株式会社 通信システム、及び通信端末
WO2007102693A1 (en) 2006-03-06 2007-09-13 Lg Electronics Inc. Data transfer controlling method, content transfer controlling method, content processing information acquisition method and content transfer system
US8429300B2 (en) 2006-03-06 2013-04-23 Lg Electronics Inc. Data transferring method
US20090133129A1 (en) * 2006-03-06 2009-05-21 Lg Electronics Inc. Data transferring method
JP4921000B2 (ja) * 2006-03-15 2012-04-18 キヤノン株式会社 画像処理装置、画像処理装置の制御方法、及びプログラム
JP4449931B2 (ja) * 2006-03-30 2010-04-14 ブラザー工業株式会社 管理装置、および管理システム
JP4838655B2 (ja) * 2006-07-28 2011-12-14 キヤノン株式会社 文書作成支援装置及び文書作成支援方法
KR20080022476A (ko) 2006-09-06 2008-03-11 엘지전자 주식회사 논컴플라이언트 컨텐츠 처리 방법 및 디알엠 상호 호환시스템
KR101038166B1 (ko) 2007-01-05 2011-05-31 엘지전자 주식회사 리소스 전송 방법 및 정보 제공 방법
US8274978B2 (en) * 2007-01-17 2012-09-25 Panasonic Corporation Systems and methods for reducing multicast traffic over a network
JP4305520B2 (ja) * 2007-02-09 2009-07-29 コニカミノルタビジネステクノロジーズ株式会社 データ管理装置、データ管理方法およびデータ管理プログラム
WO2008100120A1 (en) 2007-02-16 2008-08-21 Lg Electronics Inc. Method for managing domain using multi domain manager and domain system
US7660267B2 (en) * 2008-01-16 2010-02-09 Alcatel-Lucent Usa Inc. Homing of user nodes to network nodes in a communication system
US8949187B1 (en) * 2008-05-30 2015-02-03 Symantec Corporation Systems and methods for creating and managing backups based on health information
KR20100050888A (ko) * 2008-11-06 2010-05-14 삼성전자주식회사 우선순위를 결정하는 방법 및 그 방법을 수행하는 장치
US8180734B1 (en) * 2009-02-24 2012-05-15 Symantec Corporation Prioritization of backup tasks in a global de-duplication backup system
JP2010219629A (ja) 2009-03-13 2010-09-30 Renesas Electronics Corp データ処理デバイス及びデータ処理方法
JP5705415B2 (ja) 2009-04-06 2015-04-22 ソニー株式会社 無線通信装置、通信システム、通信方法及びプログラム
JP5434230B2 (ja) * 2009-04-22 2014-03-05 ソニー株式会社 無線通信装置、無線通信システム、無線通信方法及びプログラム
JP2010282610A (ja) * 2009-05-07 2010-12-16 Canon Inc ネットワークシステム及びその管理方法
JP2011035724A (ja) * 2009-08-03 2011-02-17 Canon Inc 情報処理装置、データ処理方法およびプログラム
JP5636835B2 (ja) * 2010-09-14 2014-12-10 株式会社リコー 画像形成装置、情報管理システムおよびプログラム
JP5948345B2 (ja) 2011-01-11 2016-07-06 エイ10 ネットワークス インコーポレイテッドA10 Networks, Inc. 仮想アプリケーションデリバリシャーシシステム
US9154577B2 (en) 2011-06-06 2015-10-06 A10 Networks, Inc. Sychronization of configuration file of virtual application distribution chassis
US10271293B2 (en) 2011-11-18 2019-04-23 Apple Inc. Group formation within a synchronized hierarchy of peer-to-peer devices
US9516615B2 (en) 2011-11-18 2016-12-06 Apple Inc. Selection of synchronization stations in a peer-to-peer network environment
US9473574B2 (en) 2011-11-18 2016-10-18 Apple Inc. Synchronization of devices in a peer-to-peer network environment
US20130278412A1 (en) * 2012-04-20 2013-10-24 Detcon, Inc. Networked system and methods for detection of hazardous conditions
JP5832376B2 (ja) * 2012-05-30 2015-12-16 株式会社沖データ 情報処理装置及び情報処理方法
JP2014099933A (ja) * 2014-02-26 2014-05-29 Sony Corp 無線通信装置、通信システム、通信方法及びプログラム
US9961130B2 (en) 2014-04-24 2018-05-01 A10 Networks, Inc. Distributed high availability processing methods for service sessions
US10742559B2 (en) 2014-04-24 2020-08-11 A10 Networks, Inc. Eliminating data traffic redirection in scalable clusters
JP6367630B2 (ja) * 2014-07-17 2018-08-01 Necネットワーク・センサ株式会社 冗長系システム、冗長機器及びその切替方法
JP2016001919A (ja) * 2015-08-26 2016-01-07 ソニー株式会社 無線通信装置
JP6436066B2 (ja) * 2015-11-18 2018-12-12 京セラドキュメントソリューションズ株式会社 画像形成装置および同期プログラム
US10318288B2 (en) 2016-01-13 2019-06-11 A10 Networks, Inc. System and method to process a chain of network applications
JP2018142129A (ja) * 2017-02-27 2018-09-13 富士通株式会社 情報処理システム、情報処理方法、及び情報処理装置

Family Cites Families (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH11161441A (ja) 1997-11-27 1999-06-18 Fuji Xerox Co Ltd プリンタ
JPH11249839A (ja) 1998-02-26 1999-09-17 Fuji Xerox Co Ltd 印刷装置
JP3887130B2 (ja) 1999-07-30 2007-02-28 株式会社東芝 高可用性計算機システム及び同システムにおけるデータバックアップ方法
GB0004919D0 (en) * 2000-03-02 2000-04-19 Koninkl Philips Electronics Nv Ad-hoc radio communication system
US7039694B2 (en) * 2000-05-02 2006-05-02 Sun Microsystems, Inc. Cluster membership monitor
KR100620289B1 (ko) * 2000-07-25 2006-09-07 삼성전자주식회사 마스터 이탈시 사설 간이 네트워크 운영 방법
US7016372B2 (en) * 2001-02-28 2006-03-21 Telefonaktiebolaget Lm Ericsson (Publ) Dynamic bandwidth allocation in AD hoc wireless piconets
JP2002259189A (ja) 2001-03-05 2002-09-13 A I Soft Inc データ同期機能を有する情報処理装置及びデータ同期方法
US7319664B2 (en) * 2002-01-10 2008-01-15 Accton Technology Corporation Redundant link management switch for use in a stack of switches and method thereof
US7392299B2 (en) * 2002-07-25 2008-06-24 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Configuration setting system for network system
JP3775360B2 (ja) 2002-07-25 2006-05-17 ブラザー工業株式会社 設定システム、電子機器、及びプログラム
JP3848235B2 (ja) 2002-10-04 2006-11-22 ソニー インターナショナル (ヨーロッパ) ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツング 通信処理装置、通信処理システム、および方法、並びにコンピュータ・プログラム
JP3743419B2 (ja) 2002-11-18 2006-02-08 ブラザー工業株式会社 設定システム、電子機器、及びプログラム
JP4134916B2 (ja) * 2003-02-14 2008-08-20 松下電器産業株式会社 ネットワーク接続装置、およびネットワーク接続切替方法
JP4393510B2 (ja) * 2003-06-02 2010-01-06 パナソニック株式会社 マスタ/スレーブ交換を実行する機器及び方法並びにプログラム
JP2005044155A (ja) 2003-07-23 2005-02-17 I-O Data Device Inc マルチメディア情報機器及びそのファイル管理プログラム並びにマルチメディア情報機器ネットワークシステム及びそのシステムにおけるファイル管理方法
US20060221856A1 (en) * 2005-03-29 2006-10-05 Nokia Corporation System and method for managing master-slave relationships within a network

Also Published As

Publication number Publication date
US20060190521A1 (en) 2006-08-24
JP2006235989A (ja) 2006-09-07
US7673008B2 (en) 2010-03-02

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4128516B2 (ja) 画像形成装置、プログラム更新方法
US7209249B2 (en) Method of and apparatus for image formation, and computer product
JP4185920B2 (ja) 印刷制御方法および印刷設定管理システムおよびソフトウエア配布サーバ
US8402477B2 (en) Network system, information processing apparatus, and information processing method
US8023137B2 (en) Image forming system, image forming apparatus, user interface device, extended user interface compatibility confirming method, document scanning method and setting value managing method
US8405846B2 (en) System and method for maintaining a device job history
US6937354B2 (en) Multi-function unit, server and network system having multi-function unit
US7143157B2 (en) Managing the network impact of a digital transmitter
US6959437B2 (en) System and method for installing printer driver software
JP5032361B2 (ja) ジョブテンプレート自動生成装置、及びジョブテンプレート自動生成方法
US8018616B2 (en) Device information management system
JP3679349B2 (ja) 画像形成装置、画像形成方法、画像形成プログラムおよびアプリケーションプログラム
US7912943B2 (en) Network device, network system, and its power saving control method
US7177034B2 (en) Print managing apparatus and print managing method
JP3790900B2 (ja) 印刷システム、印刷装置、印刷方法、印刷装置の制御方法、およびコンピュータプログラム
US8103794B2 (en) Backup and recovery system and method
US8797573B2 (en) Image forming apparatus, print data processing method thereof, and recording medium
JP4037064B2 (ja) 画像処理装置、画像処理方法およびその方法をコンピュータに実行させるプログラム
US8305603B2 (en) Job processing apparatus coordinating update of software used in job execution and control method thereof
JP4196969B2 (ja) 画像処理装置、画像処理装置におけるソフトウェアの更新方法、およびソフトウェア更新プログラム
US20020171864A1 (en) Methods and apparatus for printing around a job in a printer queue
US8305606B2 (en) Job management system, apparatus, and method for distributing print job information list in RSS format
US20050050013A1 (en) System and method for policy-driven device queries
US20130083363A1 (en) Fault tolerant printing system
US20080114734A1 (en) Information processing method and system

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20080630

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20080902

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20081030

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20081202

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20081215

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120109

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120109

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130109

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140109

Year of fee payment: 5

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees