JP3378619B2 - エヤージェット精紡機用のドラフト装置 - Google Patents

エヤージェット精紡機用のドラフト装置

Info

Publication number
JP3378619B2
JP3378619B2 JP22425493A JP22425493A JP3378619B2 JP 3378619 B2 JP3378619 B2 JP 3378619B2 JP 22425493 A JP22425493 A JP 22425493A JP 22425493 A JP22425493 A JP 22425493A JP 3378619 B2 JP3378619 B2 JP 3378619B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
pair
roller
spinning machine
draft
radially outer
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP22425493A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH06158441A (ja
Inventor
シュタルダー ヘルベルト
エガーリ ヴェルナー
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Maschinenfabrik Rieter AG
Original Assignee
Maschinenfabrik Rieter AG
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Maschinenfabrik Rieter AG filed Critical Maschinenfabrik Rieter AG
Publication of JPH06158441A publication Critical patent/JPH06158441A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3378619B2 publication Critical patent/JP3378619B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • DTEXTILES; PAPER
    • D01NATURAL OR MAN-MADE THREADS OR FIBRES; SPINNING
    • D01HSPINNING OR TWISTING
    • D01H5/00Drafting machines or arrangements ; Threading of roving into drafting machine
    • D01H5/18Drafting machines or arrangements without fallers or like pinned bars
    • D01H5/70Constructional features of drafting elements
    • D01H5/74Rollers or roller bearings
    • D01H5/78Rollers or roller bearings with flutes or other integral surface characteristics

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、引き込みローラ対と、
引き込みローラ対に続く、有利にはエプロン対を支持す
る中央ローラ対と、中央ローラ対に続くデリベリローラ
対とを有していて、このデリベリローラ対が引き込みロ
ーラ対に供給される有利には撚のないスライバを前ドラ
フト及び主ドラフト後渦流空気で作業する紡糸ノズル内
に供給するようになっており、この場合、駆動される下
側のローラが金属からかつ駆動されない上側のローラが
エラストマー材料、例えばゴムから形成されている形式
の、エアージェット精紡機用のドラフト装置に関する。
【0002】
【従来の技術】ドラフト装置の金属製の下側ローラの周
面に溝を設けることは既に公知であり(ヨーロッパ特許
第0359277号明細書)、この溝の半径方向で外側
の面は周方向で見て、これらの間に位置する凹所よりも
短く形成されている。
【0003】エアージェット精紡機において高い糸強度
を得るために、下側のデリベリローラとして滑らかな表
面を備えた金属ローラが使用される。エアージェット精
紡機の場合ドラフト装置内で撚りのないスライバがドラ
フトされる、即ち、ローラ対内で必要な締め付け力は明
らかにリング精紡機の場合よりも僅かである。この理由
からも滑らかな金属ローラが許容される。
【0004】しかしながら滑らかな下側のデリベリロー
ラの欠点は、その表面が比較的迅速に摩耗し、これによ
って糸ムラが生じ、糸質が次第に低下しかつ糸切れ数が
増大するということにある。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】本発明の課題は、完全
に滑らかな表面を有する下側の金属製のデリベリローラ
の利点を維持して、きょう雑物、ハネデュ、アビバージ
等による表面の汚染が減少されかつこれによって糸ムラ
及び糸質が改善されかつ糸切れ数が減少されるように、
冒頭に述べた形式のドラフト装置を改良することにあ
る。
【0006】
【課題を解決するための手段】前記課題は、下側のデリ
ベリローラがローラ軸線に対して少なくともほぼ平行に
延びる溝を有していて、この溝の半径方向で外側の面が
ローラ軸線に対して同心的に円筒状に、滑らかに形成さ
れていてかつ周方向で前記面の間に位置する凹所よりも
長く形成されていることによって解決された。
【0007】
【発明の効果】本発明の思想は、周方向で溝の半径方向
で外側の面を比較的長く構成することによって、完全に
滑らかな表面を備えた金属ローラにある程度まで近づけ
るということにある。
【0008】このようにして滑らかなデリベリローラ表
面の利点が得られると共に、糸質が著しく改善されかつ
糸切れ数が著しく減少されるように、汚染の危険を著し
く減少させることができる。
【0009】リング精紡機における使用により、本発明
によるドラフト装置によって従来のローラに比して、締
め付け力に関して十分でかつローラ表面のクリーン性に
関して改善された結果が得られ、これによって糸質を改
善された糸を製造できることが明らかとなった。つまり
本発明によるドラフト装置は、エアージェット精紡機の
場合にもリング精紡機の場合にも有利に使用できる。
【0010】有利な構成はその他の請求項に記載されて
いる。
【0011】特に有利には、デリベリローラの周面に設
けられる半径方向で外側の面もしくは凹所の配分、即ち
数は、公知の溝に比して20%乃至30%増大され、こ
れによって隣接する半径方向で外側の面の周方向間隔は
公知の溝に比してほぼ20%乃至30%減少される。つ
まり溝は全体として細く形成されている。
【0012】
【実施例】第1図によれば有利には撚のないスライバ1
9はドラフト装置の引き込みローラ対11,12に供給
される。スライバ19は別のローラ対13,14に供給
され、このローラ対を巡って、供給されたスライバを継
続搬送するエプロン対15,16が巻き掛けられてい
る。
【0013】ローラ対11,12と13,14との間で
はスライバ19のドラフトが行われる。これに次いで前
ドラフトされたスライバは主ドラフトを行うデリベリロ
ーラ対17,18に達しかつ強くドラフトされたスライ
バはエヤージェット精紡機の紡糸ノズル内に挿入され、
この紡糸ノズルにおいて渦流空気28内で糸27が形成
されかつ矢印方向で引き出されて巻取られる。
【0014】上側のローラ12,14,18は64乃至
70のショア硬さを有するゴムから形成される。
【0015】下側のローラ11,13,17は表面を硬
質クロムメッキされた鋼から形成されている。表面はブ
ラッシング処理しかつ研磨することができる。
【0016】第2図及び第3図によれば、下側のデリベ
リローラ17は溝22を備えていて、この溝は半径方向
で外側の部分円筒状の面23とこの面の間に位置する、
部分円筒状の底部26を有する凹所24と、半径方向平
面内に位置する側面25とから形成されている。本発明
によれば半径方向で外側の面は周方向で凹所よりも長く
形成されている。
【0017】第3図の第1実施例では、デリベリローラ
17の直径が27mmの場合、半径方向で外側の面23
の周方向長さは1.35mmである。凹所24の周方向
長さは1.07mmであり、従ってデリベリローラ17
の周面において2.42mm長さの35個の連続した外
側の面23と凹所24とが得られる。
【0018】凹所の深さは0.4mmである。側面は半
径方向平面内に位置しているが、半径方向で内側から外
側に向けて20度までの角度を成して拡大されていても
よい。
【0019】第4図の実施例では、半径方向で外側の部
分円筒状の面23の周方向長さは1.43mmでありか
つ凹所24の周方向長さは0.54mmであるので、区
分長さは1.97mmでありかつローラ27の周面で4
3個の連続した半径方向で外側の面23と凹所24とが
得られる。
【0020】更に第5図の実施例では、半径方向で外側
の部分円筒状の面23の長さは0.9mmであり、凹所
24の周方向長さは0.54mmであり、これによって
1.44mmの区分長さが得られかつ下側のデリベリロ
ーラの周面において59個の連続した半径方向で外側の
面23と凹所24とが得られる。
【0021】本発明の措置によって、100%の木綿を
紡糸する場合ですら、運転特性を損なうことなしにエヤ
ージェット精紡機において糸強度を変えずに改善された
糸質を得ることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】紡糸ノズルを接続された本発明によるドラフト
装置の概略的な側面図。
【図2】本発明のドラフト装置において使用される下側
のデリベリローラの平面図。
【図3】第2図のデリベリローラの拡大軸方向断面図。
【図4】別の実施例の第3図に相応する断面図。
【図5】別の実施例の第3図及び第4図に相応する断面
図。
【符号の説明】
11,12 引き込みローラ 13,14 中央ローラ 15,16 エプロン対 17,18 デリベリローラ 19 スライバ 20 紡糸ノズル 21 ローラ軸線 22 溝 23 面 24 凹所 25 側面 26 底部 28 渦流空気
フロントページの続き (56)参考文献 特開 平2−80627(JP,A) 実開 昭61−64167(JP,U) 実公 昭47−20255(JP,Y1) 特許94157(JP,C2) (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) D01H 5/78

Claims (4)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 エヤージェット精紡機用のドラフト装置
    であって、引き込みローラ対(11,12)と、引き込
    みローラ対に続く、有利にはエプロン対(15、16)
    を支持する中央ローラ対(13,14)と、中央ローラ
    対に続くデリベリローラ対(17,18)とを有してい
    て、このデリベリローラ対が引き込みローラ対(11,
    12)に供給される有利には撚のないスライバ(19)
    を前ドラフト及び主ドラフト後渦流空気で作業する紡糸
    ノズル(20)内に供給するようになっており、この場
    合、駆動される下側のローラ(11,13,17)が金
    属からかつ駆動されない上側のローラ(12,14,1
    8)がエラストマー材料、例えばゴムから形成されてい
    る形式のものにおいて、下側のデリベリローラ(17)
    がローラ軸線に対して少なくともほぼ平行に延びる溝
    (22)を有していて、この溝の半径方向で外側の面
    (23)がローラ軸線(21)に対して同心的に円筒状
    に、滑らかに形成されていてかつ周方向で前記面(2
    3)の間に位置する凹所(24)よりも長く形成されて
    いることを特徴とする、エヤージェット精紡機用のドラ
    フト装置。
  2. 【請求項2】 全ての半径方向で外側の面(23)が周
    方向で同じ長さで形成されている、請求項1記載のドラ
    フト装置。
  3. 【請求項3】 全ての凹所(24)が周方向で同じ長さ
    で形成されている、請求項1又は2記載のドラフト装
    置。
  4. 【請求項4】 半径方向で外側の面(23)の周方向長
    さが、この面の間に位置する凹所(24)の周方向長さ
    の1倍乃至3倍である、請求項1から3までのいずれか
    1項記載のドラフト装置。
JP22425493A 1992-09-10 1993-09-09 エヤージェット精紡機用のドラフト装置 Expired - Fee Related JP3378619B2 (ja)

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
DE4230316A DE4230316C2 (de) 1992-09-10 1992-09-10 Streckwerk für Luftdüsenspinnmaschinen
DE4230316.8 1992-09-10

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH06158441A JPH06158441A (ja) 1994-06-07
JP3378619B2 true JP3378619B2 (ja) 2003-02-17

Family

ID=6467693

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP22425493A Expired - Fee Related JP3378619B2 (ja) 1992-09-10 1993-09-09 エヤージェット精紡機用のドラフト装置

Country Status (4)

Country Link
JP (1) JP3378619B2 (ja)
CN (1) CN1084910A (ja)
DE (1) DE4230316C2 (ja)
IT (1) IT1272563B (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2010061533A1 (ja) * 2008-11-28 2010-06-03 村田機械株式会社 紡績機

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CH693036A5 (de) * 1998-04-29 2003-01-31 Rieter Ag Maschf Spinnmaschine mit Verdichtungseinrichtung.
DE19955230A1 (de) * 1999-11-17 2001-05-23 Rieter Ag Maschf Spinnmaschine mit Verdichtungseinrichtung
JP4179227B2 (ja) * 2004-05-28 2008-11-12 株式会社豊田自動織機 紡機における繊維束集束装置
KR102041181B1 (ko) * 2016-10-26 2019-12-02 주식회사 경방 에어제트방적 효과사

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE838416C (de) * 1950-09-21 1952-05-08 Wuerttbg Spindelfabrik G M B H Riffelwalze fuer Streckwerke von Spinnmaschinen u. dgl. und Verfahren zu ihrer Herstellung
JPH0280627A (ja) * 1988-09-16 1990-03-20 Toyota Autom Loom Works Ltd 紡機のドラフト装置用筋ローラ

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2010061533A1 (ja) * 2008-11-28 2010-06-03 村田機械株式会社 紡績機

Also Published As

Publication number Publication date
DE4230316C2 (de) 1997-10-23
ITMI931892A1 (it) 1995-03-03
IT1272563B (it) 1997-06-23
DE4230316A1 (de) 1994-03-17
JPH06158441A (ja) 1994-06-07
CN1084910A (zh) 1994-04-06
ITMI931892A0 (it) 1993-09-03

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3657314B2 (ja) 紡績法および紡績機
JP3942662B2 (ja) 紡績機械
JP3111399B2 (ja) リング精紡装置用牽伸装置
KR100589880B1 (ko) 방사기에서의 섬유다발 집속장치
US5423177A (en) Apparatus for open-end spinning
JP3378619B2 (ja) エヤージェット精紡機用のドラフト装置
JP2012219427A (ja) 粗糸を製造するための粗紡機
GB2115019A (en) False twisting air nozzle
US4434611A (en) Pneumatic twisting spinning apparatus
US5390485A (en) Pneumatic type spinning apparatus for reducing waste
US5761773A (en) Textile machine fleece funnel
US4480435A (en) False-twist nozzle
US6886322B2 (en) Yarn withdrawal nozzle
US20060277722A1 (en) Exchangeable slip-on reinforcement for a press roller base body on spinning machine drawing frames
US6076346A (en) Twisting apparatus
JP4285825B2 (ja) ドラフト装置を有する紡績機
JP3536808B2 (ja) 紡績装置
CN208136407U (zh) 一种紧密纺双齿罗拉
CN117535835A (zh) 一种曲面罗拉牵伸机构
JP4301629B2 (ja) 圧縮装置を有する紡績機械
JP2517614Y2 (ja) フロントローラー
JPS6197425A (ja) 超リング精紡機
EP1143051A1 (en) Hollow guide shaft member in a vortex Spinning apparatus and method of its application
JPH07113166B2 (ja) 紡績装置
US4417369A (en) Control roll for staple fibers

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20071206

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081206

Year of fee payment: 6

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees