JP3020439U - タラップ - Google Patents

タラップ

Info

Publication number
JP3020439U
JP3020439U JP1995008177U JP817795U JP3020439U JP 3020439 U JP3020439 U JP 3020439U JP 1995008177 U JP1995008177 U JP 1995008177U JP 817795 U JP817795 U JP 817795U JP 3020439 U JP3020439 U JP 3020439U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
sleeve
bite
tip
nut
bolt
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP1995008177U
Other languages
English (en)
Inventor
延夫 海野
Original Assignee
延夫 海野
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 延夫 海野 filed Critical 延夫 海野
Priority to JP1995008177U priority Critical patent/JP3020439U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3020439U publication Critical patent/JP3020439U/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 コンクリート壁面に取付けられる門形タラッ
プの両脚部にアンカーを有するものにおいて、そのアン
カーの長さを任意に選択し得るものを提供すること。 【解決手段】 門形のタラップ本体2の両脚の端面にネ
ジ穴1を形成する。そのネジ穴1に螺着固定されるアン
カー用ボルト5を有し、その先端部に膨大部3を設け
る。そしてスリット12を有する咬着用スリーブ6および
ナット7をボルト5に取付る。

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【考案の属する技術分野】
本考案は、コンクリート壁面に後付け工事により取付けられる昇降用タラップ に関する。
【0002】
【従来の技術】
門形タラップの両脚部先端にアンカーボルトを形成し、そのアンカーボルトを コンクリート壁面の穿設孔に挿入して、その孔内に咬着する構造のタラップが知 られている。例えば、本考案者の発明、考案に係る特公昭63−25366号, 特開平2−25699号,実開平5−26217号等のタラップ構造が存在した 。 これらのタラップは、門形に曲折した丸棒材の脚部に雄ネジを形成し、そこに ナット及びすり割を設けた拡開用スリーブを挿通すると共に、雄ネジ先端に内ネ ジ付きテーパ膨大部を螺着固定したものである。そして、その両脚先端部をコン クリート壁面の孔に挿通し、ナットを締め付けることにより相対的にスリーブを 前方に移動させ、その先端部を拡開して孔内面に咬着させるものである。
【0003】
【考案が解決しようとする課題】
タラップに加わる重量は各種用途によって異なると共に、壁面の構成によって タラップ保持力が異なる。そのため、各種壁面において想定するタラップ保持力 を確保する必要から、壁面に穿設される孔の深さは異なったものとなることが多 い。その場合、門形タラップ先端部の外ネジの長さが孔に応じて異なったものと ならざるを得ない。すると、壁面から露出するタラップの門形部分が同一でも、 夫々異なったアンカー部分をタラップに形成する必要があった。 そのためタラップは多品種で少量生産となり、量産性を阻害し、高価なタラッ プとならざるを得なかった。 そこで本考案は、一部を取り替えるのみで各種現場に対応できる量産性の高い 製造容易で安価な構造のタラップを提供することを目的とし、その目的達成のた めに次の構成をとる。
【0004】
【課題を解決するための手段】
本考案のタラップは、棒材が門形に曲折され、その両脚の端面にアンカーボル ト螺着用のネジ穴1が形成されてなるタラップ本体2と、 先端外周にその直径が膨大したスリーブ拡開用膨大部3が一体形成され、後端 部側に外ネジ4が形成され、その後端部が前記本体2の前記ネジ穴1に螺着固定 されるアンカー用ボルト5と、 先端部にその端から軸線に平行な1以上のスリット12が形成され、前記ボルト 5の軸部に被嵌される筒状の咬着用スリーブ6と、 前記咬着用スリーブ6と前記本体2との間に位置して前記外ネジ4に螺着され るスリーブ移動用のナット7と、 を具備し、前記ナット7が螺回されて前記咬着用スリーブ6を前記膨大部3側 に相対移動することより、その咬着用スリーブ6の先端部が前記膨大部3に圧接 し、その咬着用スリーブ6の外直径が拡大するように構成されたものである。
【0005】 次に本考案の好ましい実施態様は、前記咬着用スリーブ6と前記ナット7との 間に補助スリーブ16が介装されたものである。 また他の実施例は、補助スリーブ16の先端に拡開用テーパ部17が形成され、一 対の前記咬着用スリーブ6が夫々そのスリット側を前記スリーブ拡開用膨大部3 および前記拡開用テーパ部17に当接するように互いに逆向きに配置されたもので ある。 さらに、本考案の他の実施例は、前記咬着用スリーブ6が金属板のプレス成形 体からなるものである。
【0006】
【考案の実施の形態】
次に、図面に基づいて本考案の実施の形態を説明する。 図1は本考案の第1実施例を示す分解斜視図であり、図2はその要部を壁面10 の孔11に挿通した状態における一部縦断面図であり、図4は同使用状態における 他の実施例の立面図である。また、図5は本考案の第3実施例における使用状態 を示す一部断面図、図6は同第4実施例の要部を示し、孔11に挿通した状態を示 す。図7は同使用状態における一部縦断面図である。図8は同第5実施例におけ る要部を示し、図9は同使用状態における一部断面図である。図10は咬着用ス リーブ6を金属板からプレス成形により製作する説明図である。 本考案の第1実施例におけるタラップは、図1に示す如く、棒材が門形に曲折 されたタラップ本体2を有し、その両脚端面にアンカーボルト螺着用のネジ穴1 が形成されている。このタラップ本体2は旋盤等により直線状の棒材の両端にネ ジ穴1を形成しておき、その両端部をベンダー等で折り曲げることにより形成で きる。このネジ穴1には、アンカー用のボルト5の外ネジ4が螺着固定される。
【0007】 アンカー用のボルト5は、先端に膨大部3を有しその後面に外テーパ14aが形 成されている。このボルト5には咬着用スリーブ6及びワッシャ8が挿通される と共に、ナット7が螺着される。咬着用スリーブ6はボルト5の軸部外直径より も僅かに大なる内径を有し、その先端部に複数のスリット12が形成されている。 また、ナット7にはその後面に保護筒9がカシメ又は接着等の手段により取付け られている。保護筒9の内径は、タラップ本体2の外径よりも僅かに大である。 この保護筒9はボルト5のネジ部が壁面近傍に露出しないように、その部分に 被嵌されるものである。 このような各部品からなるタラップ18は、次のようにして組み立てられる。 先ず、ボルト5に咬着用スリーブ6とワッシャ8とを順に挿通すると共に、ボ ルト5の後端部にナット7を螺着締結する。次いで、外ネジ4の後端部をネジ穴 1に螺着固定する。このとき、外ネジ4とネジ穴1との間に接着剤を介装するか 或いは、タラップ本体18の脚部の先端部外周を変形させることによりボルト5の 軸部とタラップ本体2の脚部とを一体化することができる。また、ネジ穴1及び ボルト5の軸部にそれらの軸線に直交して互いに整合する孔を穿設し、そこにピ ンを埋設し、両者を一体化することもできる。
【0008】 このように組立てられたタラップ18は、壁面10の孔11に図2の如く挿通される 。そして、ナット7を脚部の前方側に締結することにより、相対的にボルト5を 後方に引き寄せ、咬着用スリーブ6先端部を拡開して図3又は図4の如く咬着用 スリーブ6を壁面10の孔内に咬着させる。このタラップ18は、タラップ本体2の 両脚部に固定された一対のアンカー用のボルトによりコンクリート壁面に取付ら れる。このようなタラップ18は、壁面に複数段上下に並列させることができる。 また、昇降壁面の長さの上下の間隔に一対の本タラップを配置させ、それらの間 を梯子状材で連結してもよい。あるいは、一対のタラップ本体2を昇降壁面の長 さに略等しくし、夫々重力方向に長手方向を位置して並列し、両タラップ間を多 数の金属製バー材で連結してもよい。
【0009】 次に、図5は本考案の第2実施例であり前記第1実施例と異なる点は、咬着用 スリーブ6とナット7との間に補助スリーブ16が配置されている。それと共に咬 着用スリーブ6が軸直角断面C字状に形成され、その軸方向両端内周縁がテーパ に拡開されている。さらに、補助スリーブ16先端部自身にも拡開用テーパ部17が 形成されているものである。そして、ナット7を締結することにより咬着用スリ ーブ6外周が均等に周方向に拡開し、孔内面に咬着するものである。 次に、図6は本考案の第3実施例であり、この実施例では咬着用スリーブ6が 椀形に形成され、その外周にスリット12が複数設けられていると共に、その底面 に孔が穿設されたものである。このような咬着用スリーブ6は図10(a)に示 すように、切断された金属板をプレス成形により僅かに絞り加工して、図10( b)の如く曲折し且つその底面に孔を穿設すれば完成することができる。それに より咬着用スリーブ6の製作が容易で且つ量産することが可能となる。このよう にしてなる咬着用スリーブ6は、孔11内面に図7の如く咬着される。
【0010】 次に、図8は本考案の第4実施例であり、この実施例では前記図6の咬着用ス リーブ6の一対が互いに逆向きに且つ、スリット12側が夫々膨大部3及び補助ス リーブ16のテーパ側に向けられて配置されている。そしてナット7を締結するこ とにより、図9の如く一対の咬着用スリーブ6が夫々孔11の壁面に咬着される。 この咬着状態において一対の咬着用スリーブ6は孔11の長手方向の異なった位置 の内面に夫々咬着されるので、タラップの保持力は2倍になる。
【0011】
【考案の効果】
本考案のタラップは、ボルト5とタラップ本体2とが別部品で構成され、それ らが結合されるようにしたから、長尺なタラップ本体2の端部を単純な加工とす ることができ、全体として量産性が高く安価にタラップを提供できる。 しかも、ボルト5とタラップ本体2とを別部品としているため、ボルト5のみ を取り替えることにより、コンクリート壁面に穿設される各種深さの孔に適合し たアンカー用ボルトのタラップを容易に提供することができ、この点からも量産 性のあるタラップとなる。 次に請求項2記載の考案は、咬着用スリーブ6とナット7との間に補助スリー ブ16が介装されたものである。従って、各種長さのボルト5に対して咬着用スリ ーブ6の長さを同一とし、補助スリーブ16のみを取り替えることにより、深さの 異なるコンクリート穿設孔に対応できるタラップを提供できる。
【0012】 次に請求項3記載の考案は、一対の咬着用スリーブ6が夫々そのスリット側を 膨大部3および拡開用テーパ部17に当接するように互いに逆向きに配置されたも のであるから、壁面の穿設孔内で軸方向に離間した2ヶ所において夫々のスリッ ト12が拡開してコンクリート内面に咬着される。そのため、咬着力の大きな信頼 性の高いタラップとなり得る。 また、咬着力を大きくすることができるからコンクリート穿設孔の内直径を小 さくすることも可能となり、それによりタラップ取付けのための穿孔作業の容易 なものを提供できる。即ち、コンクリート壁面に穿孔すべき孔径を小さくし、穿 孔作業を軽減できる。 次に請求項4記載のタラップは、咬着用スリーブ6が金属板のプレス成形体か らなるものであるので、その製作が容易で量産性が高いものとなる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本考案の第1実施例を示す分解斜視図。
【図2】同要部を壁面10の孔11に挿通した状態における
一部縦断面図。
【図3】同要部が壁面10の孔11に咬着した状態における
一部縦断面図。
【図4】同使用状態における他の実施例の立面図。
【図5】本考案の第3実施例における使用状態を示す一
部断面図。
【図6】同第4実施例の要部であって孔11に挿通した状
態を示す。
【図7】同実施例の咬着状態における一部縦断面図。
【図8】同第5実施例における要部を示す。
【図9】同実施例の咬着状態における一部断面図。
【図10】咬着用スリーブ6を金属板からプレス形成に
より製作する説明図。
【符号の説明】
1 ネジ穴 2 タラップ本体 3 膨大部 4 外ネジ 5 ボルト 6 咬着用スリーブ 7 ナット 8 ワッシャ 9 保護筒 10 壁面 11 孔 12 スリット 14a 外テーパ 14b 内テーパ 15 縮小部 16 補助スリーブ 17 拡開用テーパ部 18 タラップ

Claims (4)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】 棒材が門形に曲折され、その両脚の端面
    にアンカーボルト螺着用のネジ穴1が形成されてなるタ
    ラップ本体2と、 先端外周にその直径が膨大したスリーブ拡開用膨大部3
    が一体形成され、後端部側に外ネジ4が形成され、その
    後端部が前記本体2の前記ネジ穴1に螺着固定されるア
    ンカー用ボルト5と、 先端部にその端から軸線に平行な1以上のスリット12が
    形成され、前記ボルト5の軸部に被嵌される筒状の咬着
    用スリーブ6と、 前記咬着用スリーブ6と前記本体2との間に位置して前
    記外ネジ4に螺着されるスリーブ移動用のナット7と、 を具備し、前記ナット7が螺回されて前記咬着用スリー
    ブ6を前記膨大部3側に相対移動することより、その咬
    着用スリーブ6の先端部が前記膨大部3に圧接し、その
    咬着用スリーブ6の外直径が拡大するように構成された
    タラップ。
  2. 【請求項2】 請求項1において、前記咬着用スリーブ
    6と前記ナット7との間に補助スリーブ16が介装された
    タラップ。
  3. 【請求項3】 請求項2において、補助スリーブ16の先
    端に拡開用テーパ部17が形成され、一対の前記咬着用ス
    リーブ6が夫々そのスリット側を前記スリーブ拡開用膨
    大部3および前記拡開用テーパ部17に当接するように互
    いに逆向きに配置されたタラップ。
  4. 【請求項4】 請求項2または請求項3において、前記
    咬着用スリーブ6が金属板のプレス成形体からなるタラ
    ップ。
JP1995008177U 1995-07-12 1995-07-12 タラップ Expired - Lifetime JP3020439U (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1995008177U JP3020439U (ja) 1995-07-12 1995-07-12 タラップ

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1995008177U JP3020439U (ja) 1995-07-12 1995-07-12 タラップ

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP3020439U true JP3020439U (ja) 1996-01-23

Family

ID=43155815

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1995008177U Expired - Lifetime JP3020439U (ja) 1995-07-12 1995-07-12 タラップ

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3020439U (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2013514502A (ja) * 2009-12-16 2013-04-25 フィッシャーヴェルケ ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツング ウント コンパニー コマンディートゲゼルシャフト 固定エレメント
KR101422536B1 (ko) 2013-12-30 2014-07-24 김규만 맨홀용 사다리 및 제조방법

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2013514502A (ja) * 2009-12-16 2013-04-25 フィッシャーヴェルケ ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツング ウント コンパニー コマンディートゲゼルシャフト 固定エレメント
KR101422536B1 (ko) 2013-12-30 2014-07-24 김규만 맨홀용 사다리 및 제조방법

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US3414304A (en) Apparatus for fastening a discontinuous body to another structure and the resulting joint
EP0473581A1 (en) PLOW.
JP2005133796A (ja) パイプ継手
US3498652A (en) Clamping device
US5667328A (en) Attachment member
US4666354A (en) Moulded fixing devices
JP3020439U (ja) タラップ
JPH06101284A (ja) 締結構造およびそれに使用するナット
US3398627A (en) Anchor bolts
JP2004011876A (ja) ブラインドナット
JPH0643315Y2 (ja) 鋼棒の接続具
JP2007187278A (ja) スリーブナット
JP4178047B2 (ja) 鉄筋の端部定着装置
JP4153083B2 (ja) 雌ネジ付き部材とその製造方法
RU2334580C2 (ru) Способ образования расширяющейся монтажной втулки и указанная втулка
US20080131229A1 (en) Method of forming an expansion mounting sleeve and the product thereof
RU2244175C2 (ru) Дюбель электромонтажный
JP2574665Y2 (ja) 片側締めファスナ−
JP2008190557A5 (ja)
KR0116938Y1 (ko) 건물용 난간 고정구
JP3020404U (ja) 衣服等のハンガー装置の固定構造
JP4422138B2 (ja) 拡開アンカー
JP2543990Y2 (ja) チューブの取付構造
JPH0797813A (ja) アンカー引張材のグリップ圧着方法
KR200253858Y1 (ko) 가스배관의 고정을 위한 피형밴드