JP2552864B2 - 地下室等の壁パネル - Google Patents

地下室等の壁パネル

Info

Publication number
JP2552864B2
JP2552864B2 JP62136501A JP13650187A JP2552864B2 JP 2552864 B2 JP2552864 B2 JP 2552864B2 JP 62136501 A JP62136501 A JP 62136501A JP 13650187 A JP13650187 A JP 13650187A JP 2552864 B2 JP2552864 B2 JP 2552864B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
wall
concrete
panel
anchor
wall panel
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP62136501A
Other languages
English (en)
Other versions
JPS63300124A (en
Inventor
三郎 野田
隆 河戸
達雄 金田
克己 井原
優三 鈴木
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Sekisui House Ltd
Original Assignee
Sekisui House Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sekisui House Ltd filed Critical Sekisui House Ltd
Priority to JP62136501A priority Critical patent/JP2552864B2/ja
Publication of JPS63300124A publication Critical patent/JPS63300124A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2552864B2 publication Critical patent/JP2552864B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】 産業上の利用分野 この発明は、主として地下室工法に使用される壁パネ
ルに関するものである。
従来の技術 従来における地下室の施工は、地下室空間となるべき
部分の地盤を掘削し、しかる後この地下室空間内に型枠
を設置してコンクリートを打設し、壁体を構築する方法
が一般に行なわれている。この場合、掘削した地盤の周
囲が崩れる危険を防止するため、この周囲の壁面をある
所定角度で以て傾斜状に掘削することが必要とされてい
る。しかし、このようにすると、それだけ広い敷地が必
要となるため、このような地下室周囲の壁を傾斜させて
掘削することに代えて、いわゆる山留めを施す方法があ
るが、この場合には、山留めを施工しなければならず、
それだけ施工上の手間を要し、かつ、材料費も高くなる
欠点がある。
このような欠点を解消する方法として、従来PC板(プ
レキャストコンクリート板)を用いて、上記のように地
下室空間を予め掘削しないで、地下室壁となる部分のみ
の溝を掘削し、この溝内へ前記PC板を挿し込んで地下室
の壁を構築し、その後、その壁によって囲まれる地盤を
掘削して礎版コンクリートを打設する方法が考えられて
いる(例えば、特公昭60−24249号公報参照)。
発明が解決しようとする問題点 このように、地下室の壁となるPC板を予め設置して、
しかる後これによって囲まれる地盤を掘削することで、
前記PC板の壁体が山留めとなるため、このような山留め
を特別施工する必要がないという利点があるが、従来の
工法においては、予め構築された壁と後から設置される
礎版コンクリートとが相互に連結されてなく、そのた
め、例えば壁と礎版コンクリートとが不同に沈下して、
亀裂を生じ水が侵入するといった不都合を生ずる。
この発明は、このような従来の欠点を解消して、礎版
コンクリートと壁体とを連結するアンカーを備えた地下
室等の壁パネルの構造を提供するものである。
問題点を解決するための手段 上記の目的を達成するために、この発明では、壁パネ
ル(14)を設置して、しかる後この壁パネル(14)によ
って囲まれる底部部分に礎版コンクリート(43)を打設
する建築工法用の壁パネルであって、この壁パネル(1
4)の下端における室内側の側面に、前記礎版コンクリ
ート(43)内に埋設されるアンカー(40)をその壁パネ
ル(14)へ連結するための連結穴(27)が形成してある
ことを特徴とする。
作用 上記本発明によれば、予め設置される地下室の壁パネ
ルの下端に、礎版コンクリート内に埋設されるアンカー
を連結するための連結穴が形成してあり、そのため、礎
版コンクリート打設前にその連結穴へアンカーを連結さ
せて、その礎版コンクリート(43)を壁側へ一体に連結
させることができる。
実 施 例 第4図〜第7図は、この発明の壁パネルとなるパネル
体の製造方法を示している。
まず、第4図で示すように、長方形の枠体(1)内
に、公知のセルフレベリング剤(2)を流し込んで硬化
させ、水平でかつ平滑な作業台(3)を作成する。すな
わち、セルフレベリング剤(2)を用いることにより、
自ずと平滑で水平な作業表面が得られることになる。
そして、この作業台(3)上へ、第5図のように、型
枠コンクリートブロック(4)(4)…を各型枠コンク
リートブロック(4)(4)…間の目地のうち、一方の
目地(5)(5)は直線状に通るが、他方の目地(6)
(6)はそのように通らない破れ目地状となるいわゆる
破れ目地に並べて配置する。型枠コンクリートブロック
(4)は、第7図でも示すように、一対のフェースシェ
ル(7)(7)を、同じく一対の連結部(8)(8)
で、両者間に空間を生ずるように一体に連結したもので
ある。
そして、上記のように、型枠コンクリートブロック
(4)(4)…を、作業台(3)上に所定のパネル形状
となるように配設した後、第7図で示すように、前記破
れた目地(6)と同方向に、両端に雄螺子(9)(9)
を備えた緊結用の鋼棒(10)を貫通して挿し込み、その
両端雄螺子部(9)(9)にナット(11)(11)を螺合
して緊結するものである。その際、鋼棒(10)挿し込み
方向の両端の型枠コンクリートブロック(4)(4)端
面に、プレート(12)(12)を当てがい、前記の鋼棒
(10)をこのプレート(12)(12)へ挿通して、その外
側からナット(11)(11)を締め付ける。このような鋼
棒(10)の締め付けは、左右方向の適宜個所に複数個行
なう。上記のようにして、1つのパネル体(13)を製作
した後、更に、そのパネル体(13)の上部に、第6図の
如く型枠コンクリートブロック(4)(4)…を同様に
並べて二枚目のパネル体(13)を製作し、順次、製作さ
れたパネル体(13)上に型枠コンクリートブロック
(4)(4)を並べながらパネル体(13)を積層状に製
作する。
このようにして、製作されたパネル体(13)(13)を
現場へ搬入して設置するものであるが、その際、鋼棒
(10)によって各型枠コンクリートブロック(4)
(4)…が略一体に緊結されているため、そのまま一体
のパネルとして搬入及び吊上げが可能である。この場
合、前述したように、各型枠コンクリートブロック
(4)(4)…を破れ目地形状に配設していることか
ら、その破れた目地(6)方向へ鋼棒(10)を挿し込ん
で緊結すれば、この鋼棒(10)と直角な方向からも緊結
する必要がない。即ち、芋目地に型枠コンクリートブロ
ック(4)(4)…を配置した場合には、十字状に各型
枠コンクリートブロック(4)(4)…を緊結する必要
があるが、そのような必要がない。
上記、第4図及び第7図までの段階で製作されるパネ
ル体(13)は、1つの壁方向の長さを基本的な単位に分
割したユニットであって、現場で設置する場合には、こ
れを第1図のように、1つの壁方向の全長と一致するよ
うな大きさに連結した通しパネル(14)とする。その連
結方法を説明すると、まず、壁体の上端部側に位置する
型枠コンクリートブロック(4)(4)…には、予め壁
厚方向の穴(15)(15)が、フェースシェル(7)に開
けられており、この穴(15)(15)へ、締め付け金具
(16)の螺子棒(17)を挿通する。そして、この螺子棒
(17)端部の両側において、上下二段の鋼管その他の連
結棒(18)(18)を、各パネル体(13)(13)に跨がっ
て配設し、螺子棒(17)の両端に取付けられた押さえ具
(19)(19)を、この連結棒(18)へ当接するととも
に、その外側に取付けたナット(20)(20)を締め付け
て、各パネル体(13)(13)の上端部を相互に一体に連
結する。なお、壁外側の連結棒(18)(18)…のうち、
第1図における上部側の連結棒(18)は、パネル体(1
3)の端部より外方に突出させてあるが、これは、その
ように連結させたパネル体(13)と直角な方向のパネル
体とを連結するためのものであって、この場合、相手方
のパネル体側には、その下側の連結棒(18)を突出させ
て、相互に緊結する等して連結するようになっている。
更に、パネル体(13)の下端から適当な高さの型枠コ
ンクリートブロック(4)(4)…には、後で述べる礎
版コンクリートの高さ位置に合わせて第2図で示すよう
なアンカー連結穴(27)が、壁方向に適当な間隔をおい
て形成されている。(36)は、このパネル体(13)内に
おいて打設されたコンクリート内へ埋設される異径棒鋼
の壁側アンカーであり、その上端が水平方向にL形に折
り曲げられて先端部に雄螺子(37)が形成されている。
そして、この雄螺子(37)部分に長ナット(38)が螺合
されるとともに、前記連結穴(27)へ外方より挿し込ん
だ閉栓ボルト(39)の先端が、同じく長ナット(38)へ
螺子込まれ、これによって、壁側アンカー(36)がパネ
ル体(13)内に支持されている。即ち、溝(31)内へパ
ネル体(13)を設置する段階で、このように、壁側のア
ンカー(36)を閉栓ボルト(39)へ取付けておくもので
ある。
次に、第9図及び第11図へ戻って、パネル体(13)の
下端に位置する型枠コンクリートブロック(4)(4)
…には、前記プレート(12)の下側において、各パネル
体(13)(13)に跨がって、H形鋼からなる壁脚繋ぎ
(21)を、そのウエブの一方の側の溝(22)部分を、前
記パネル体(13)の下端へ嵌合させるようにして配置す
る。その際、第10図で示すように、壁脚繋ぎ(21)には
ボルト穴(23)が予め形成されており、このボルト穴
(23)へ、前記プレート(12)より突出する鋼棒(10)
端部を突出させるとともに、1または複数枚の座金(2
4)を介して、この鋼棒(10)へもう1つのナット(2
5)を螺じ込んで、この壁脚繋ぎ(21)を取付ける。ま
た、壁脚繋ぎ(21)には、その要所要所に、第10図のよ
うな大径のコンクリート流出穴(26)が予め形成してあ
る。
次に、上記パネル体(13)の設置とコンクリートの打
設方法を説明すると、まずパネル体(13)(13)の現場
での連結と並行して若しくはその前後に、第11図のよう
に、地下室の壁に沿って溝(31)を掘削する。そして、
前記のようにして連結された通しパネル(14)を、第8
図の如く、ビーム(30)等を介して吊上げ、第12図のよ
うに、この溝(31)内へ設置する。このようにして、各
周囲の壁を形成するようパネル体(13)(13)を設置し
て、そのコーナー部で相互に連結するとともに、各パネ
ル体(13)の中空部(29)内へ必要な配筋を施した後、
第13図のように、その中空部(29)内へコンクリートを
打設する。このとき、打設されたコンクリートは、前記
壁脚繋ぎ(21)のコンクリート流出穴(26)より溝(3
1)の底部へ流出する。この流出されたコンクリートが
壁脚繋ぎ(21)を覆うとともに、更に、パネル体(13)
下端の両側を被覆する一定高さまで、その高さを管理し
ながらコンクリートを打設する。このようにして、打設
したコンクリートが硬化した状態では、第14図でも示す
ように、形成された壁体(32)の下端に、鋼材である壁
脚繋ぎ(21)によって補強されたコンクリートの根搦み
(33)が形成される。しかる後、第14図のように、壁体
(32)の上端部に、コンクリートの壁梁(34)を施工し
て一体化させる。この壁梁(34)の施工は、現場でのコ
ンクリートの打設による湿式工法によるか或いは予め成
形されたPC材を使用する。その後、第15図のように、構
築された壁体(32)(32)両側の溝(31)内空間を埋め
戻す。
次いで、第16図のように、前記壁体(32)によって囲
まれる地下室空間部分の地盤内へ掘削機(35)を乗り入
れて、この部分を掘削して地下室空間を形成する。その
際、掘削した土の一部を壁体(32)外側の盛土として使
用し、その他は排出する。
上記のように、地下室空間部分の地盤を掘削すると、
壁側アンカー(36)を支持していた閉栓ボルト(39)が
露出するから、まず、このボルト(39)を取外し、これ
に代えて、第1図及び第3図のような異径棒鋼の礎版側
アンカー(40)を、その先端に形成した雄螺子部(41)
より連結穴(27)へ挿し込むとともに、その雄螺子部
(41)を前記壁内のコンクリートに埋設された長ナット
(38)へ螺合して取付け、壁側より突出させる。同時
に、第17図の如く掘削された底部に敷石(42)を施工し
た後、配筋を行って礎版コンクリート(43)を打設し、
コンクリートの打設作業を完了する。
発明の効果 以上のように、この発明によれば、礎版コンクリート
の打設前に設置される壁パネルに、礎版コンクリート内
に埋設されるアンカーを連結させるための連結穴が形成
されているため、これら連結穴を用いてかかるアンカー
を容易に設置することができるとともに、そのアンカー
によって、壁と礎版コンクリートとが一体に連結される
ため、壁とコンクリート側が不同沈下する等といった不
都合が解消されるという効果が得られる。
【図面の簡単な説明】
第1図は、礎版コンクリートへ埋設されるアンカーの取
付け状態を示す要部縦断面図、第2図は、パネルを設置
する前の状態において、このパネル内のアンカーの取付
け状態を示す要部の縦断面図、第3図は、各アンカーと
長ナットの分解斜視図、第4図は、この発明のパネルを
製作するための作業台の斜視図、第5図は、型枠コンク
リートブロックの配置途中の状態を示す斜視図、第6図
は、作業台上で製作されたパネルの斜視図、第7図は、
同じくパネルの縦断面図、第8図は、各パネル体を現場
で連結して通しパネルとした状態の斜視図、第9図は、
同じく通しパネルの要部縦断面図、第10図は、壁足繋ぎ
の端部の斜視図、第11図から第17図は、現場での溝の掘
削から底部コンクリート打設迄の作業工程を示す縦断面
図である。 (13)……パネル体、(14)……通しパネル、 (27)……連結穴、(36)……壁側アンカー、 (40)……礎版コンクリート側アンカー、 (43)……礎版コンクリート。
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 井原 克己 大阪市北区中之島6丁目2番27号 積水 ハウス株式会社内 (72)発明者 鈴木 優三 大阪市北区中之島6丁目2番27号 積水 ハウス株式会社内 (56)参考文献 特開 昭60−59235(JP,A) 特開 昭63−293227(JP,A) 特公 昭60−24249(JP,B2)

Claims (2)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】壁パネルを設置して、しかる後この壁パネ
    ルによって囲まれる底部部分に礎版コンクリートを打設
    する建築工法用の壁パネルであって、この壁パネルの下
    端における室内側の側面に、前記礎版コンクリート内に
    埋設されるアンカーをその壁パネルへ連結するための連
    結穴が形成してあることを特徴とする地下室等の壁パネ
    ル。
  2. 【請求項2】壁パネルが、コンクリート打設用の中空部
    を備えた捨て型枠パネルであり、このパネル内に、前記
    礎版コンクリート内に埋設されるアンカーと連結される
    アンカーを配置した特許請求の範囲第1項記載の地下室
    等の壁パネル。
JP62136501A 1987-05-29 1987-05-29 地下室等の壁パネル Expired - Lifetime JP2552864B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP62136501A JP2552864B2 (ja) 1987-05-29 1987-05-29 地下室等の壁パネル

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP62136501A JP2552864B2 (ja) 1987-05-29 1987-05-29 地下室等の壁パネル

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS63300124A JPS63300124A (en) 1988-12-07
JP2552864B2 true JP2552864B2 (ja) 1996-11-13

Family

ID=15176640

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP62136501A Expired - Lifetime JP2552864B2 (ja) 1987-05-29 1987-05-29 地下室等の壁パネル

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2552864B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101204763B1 (ko) 2012-08-01 2012-11-26 대한이.이엔.씨(주) 프리캐스트 콘크리트 부재와 현장타설 콘크리트가 결합된 공동구용 합벽 구조물

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0430024A (en) * 1990-05-25 1992-02-03 Sekisui House Ltd Basement made of precast concrete
US7313891B2 (en) 2005-04-20 2008-01-01 Showers Robert J Wall finishing system

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101204763B1 (ko) 2012-08-01 2012-11-26 대한이.이엔.씨(주) 프리캐스트 콘크리트 부재와 현장타설 콘크리트가 결합된 공동구용 합벽 구조물

Also Published As

Publication number Publication date
JPS63300124A (en) 1988-12-07

Similar Documents

Publication Publication Date Title
RU2082853C1 (ru) Способ возведения фундамента
US10829924B2 (en) Composite wall and methods of constructing a composite wall
JP2552864B2 (ja) 地下室等の壁パネル
JP3026131B2 (ja) 擁壁構造とその施工方法
JP3185129B2 (ja) 柱一体型柱脚固定基礎構造並びにその施工方法
JPH11310928A (ja) 既存構造物の免震補強工法
JP2552860B2 (ja) 地下室工法
JP2003105777A (ja) 基礎工法
JP2583058B2 (ja) 地下室工法
JP5280150B2 (ja) 山留擁壁及び山留擁壁形成方法
JPH09111776A (ja) 地下室とその構築方法
JP2000144769A (ja) 宅地等造成のための山止め工事工法
KR20030043185A (ko) 성토지반 보호용 옹벽시공방법
JP3234820B2 (ja) 宅地等造成のための擁壁工事工法及び擁壁構造
JP2552863B2 (ja) 地下室工法
JP2515227B2 (ja) 現場打ちコンクリ―ト布基礎とプレキャストコンクリ―ト壁版との取付け方法
JPH0750422Y2 (ja) コンクリ−ト擁壁
KR960002378B1 (ko) 비탈면 보호구조물의 시공방법
JPH10306457A (ja) 基礎ブロック
JP3114141B2 (ja) 地下室
JP2613574B2 (ja) パネル体
JP2776620B2 (ja) 建築物の基礎構造
JPH11350500A (ja) 建物の基礎構造及び基礎工事方法
JP2512254B2 (ja) 人工地盤の構造及び住居の構造
JP3602170B2 (ja) プレキャストコンクリート連結部材