JP2017519926A - 取り付け簡単な蛇口構造 - Google Patents

取り付け簡単な蛇口構造 Download PDF

Info

Publication number
JP2017519926A
JP2017519926A JP2017517171A JP2017517171A JP2017519926A JP 2017519926 A JP2017519926 A JP 2017519926A JP 2017517171 A JP2017517171 A JP 2017517171A JP 2017517171 A JP2017517171 A JP 2017517171A JP 2017519926 A JP2017519926 A JP 2017519926A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
faucet
male screw
pipe
pipe joint
joint
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2017517171A
Other languages
English (en)
Other versions
JP6426282B2 (ja
Inventor
建華 徐
建華 徐
Original Assignee
建華 徐
建華 徐
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority claimed from CN201420304580.9U external-priority patent/CN204083566U/zh
Priority claimed from CN201520142112.0U external-priority patent/CN204493829U/zh
Application filed by 建華 徐, 建華 徐 filed Critical 建華 徐
Publication of JP2017519926A publication Critical patent/JP2017519926A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6426282B2 publication Critical patent/JP6426282B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E03WATER SUPPLY; SEWERAGE
    • E03CDOMESTIC PLUMBING INSTALLATIONS FOR FRESH WATER OR WASTE WATER; SINKS
    • E03C1/00Domestic plumbing installations for fresh water or waste water; Sinks
    • E03C1/02Plumbing installations for fresh water
    • E03C1/04Water-basin installations specially adapted to wash-basins or baths
    • E03C1/0403Connecting the supply lines to the tap body
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16KVALVES; TAPS; COCKS; ACTUATING-FLOATS; DEVICES FOR VENTING OR AERATING
    • F16K11/00Multiple-way valves, e.g. mixing valves; Pipe fittings incorporating such valves
    • F16K11/02Multiple-way valves, e.g. mixing valves; Pipe fittings incorporating such valves with all movable sealing faces moving as one unit
    • F16K11/08Multiple-way valves, e.g. mixing valves; Pipe fittings incorporating such valves with all movable sealing faces moving as one unit comprising only taps or cocks
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16KVALVES; TAPS; COCKS; ACTUATING-FLOATS; DEVICES FOR VENTING OR AERATING
    • F16K27/00Construction of housing; Use of materials therefor
    • F16K27/06Construction of housing; Use of materials therefor of taps or cocks
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16LPIPES; JOINTS OR FITTINGS FOR PIPES; SUPPORTS FOR PIPES, CABLES OR PROTECTIVE TUBING; MEANS FOR THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16L15/00Screw-threaded joints; Forms of screw-threads for such joints
    • F16L15/08Screw-threaded joints; Forms of screw-threads for such joints with supplementary elements

Landscapes

  • Engineering & Computer Science (AREA)
  • General Engineering & Computer Science (AREA)
  • Mechanical Engineering (AREA)
  • Health & Medical Sciences (AREA)
  • Life Sciences & Earth Sciences (AREA)
  • Hydrology & Water Resources (AREA)
  • Public Health (AREA)
  • Water Supply & Treatment (AREA)
  • Domestic Plumbing Installations (AREA)

Abstract

蛇口本体(10)と管接手(20)を備える取り付け簡単な蛇口構造において、蛇口本体(10)と管接手(20)とを連通させるための接続管(30)を更に備える取り付け簡単な蛇口構造。蛇口本体(10)と管接手(20)との間に接続管(30)が設けられており、蛇口構造を着脱する場合、専門者により専門的なツールを使用する必要がなく、コストが低く、操作しやすく、簡便である。洗面器に適用される場合、ブレードホースによって接続する必要はないとともに、蛇口を取り替える過程中、管接手(20)と接続管(30)を取り替える必要はなく、複数回使用することができる。蛇口を取り外す場合に直接蛇口本体(10)を回せばよく、蛇口を取り付ける場合に、蛇口の出水口の方向が正しく配置されるようになるまで、直接接続管(30)を回すように調節する。

Description

本発明は蛇口の技術分野に関し、より具体的には、取り付け簡単な蛇口構造に関する。
蛇口は、日常生活でよく見られる出水部材であり、管接手を介して給水管に接続されることで、給水管における水流が蛇口から流れ出すように制御されて使用される。又は、蛇口が閉められると、水流は流れ出さないようになる。蛇口は、例えば、洗面器、台所等の、家庭及び各種の他の場所に適用されている。
図1に示すように、管接手1’の一端部に雌螺子11’を有し、蛇口2’の端部に雄螺子21’が設けられており、雄螺子21’と雌螺子11’とを接続させることで、蛇口2’と管接手1’との接続が達成される。
従来技術において、蛇口と給水管との接続構造1は、着脱過程の中で下記の欠陥がある。
1)、着脱が面倒であり、操作が複雑である。現在、蛇口2’と管接手1’を取り付ける空間があまり大きくないので、着脱過程の中でも専門者により専門的なツールを利用する必要があり、操作空間があまり大きくないので、操作が面倒で複雑である問題がある。例えば、洗面ボール類の構造では、洗面ボールの下でブレードホース操作を行う必要がある。壁掛け式の冷熱両用蛇口に用いられる場合、2つの曲管によって接続する必要があり、2つの曲管の距離に一定の制限があるので、洗面ボール類の取り付けよりも難しくなる。
2)、蛇口2’を取り付ける場合、まず雄螺子21’の表面を防水用粘着テープで包む。防水用粘着テープが薄すぎると漏水してしまう一方、防水用粘着テープが厚すぎると雌螺子11’内にねじ込んで取り付けにくくなり、また、防水用粘着テープが露出すると美しくない。
3)、ブレードホースの使用寿命に制限がある。例えば、冷熱両用蛇口内でブレードホースを取り替える場合、完成した蛇口本体を解体する必要があり、最初に取り付ける場合よりも時間や工夫をかかる。
4)、蛇口2’を取り付ける場合、下記の問題もよくある。蛇口2’が管接手1’に接続されてからロッキングされた後で、常に蛇口2’の出水口を真下に向かう位置にすることが困難であり、歪みの現象があり、何とか出水口を真下に向かう位置にするために複数回調整する必要があり、操作が非常に複雑である。
5)、壁内における管接手については、スパナのようなツールによって管接手1’をロッキングする力が過大になると、給水管が壁内で折れる可能性がある。不適当に力を出し、又はツールが良くない場合、蛇口2’の表面を損傷することもある。
本発明は、取り付け簡単な蛇口構造を提供することを目的とし、従来技術の蛇口を取り付けにくく、取り付けコストが高く、複数回調整しなければならないという問題を解決することを旨とする。
上述した技術的問題を解決するために、本発明の技術的解決手段は、蛇口本体と管接手を備える取り付け簡単な蛇口構造において、前記蛇口本体と前記管接手とを連通させるための接続管を更に備える取り付け簡単な蛇口構造を提供する。
前記蛇口本体は第1の雌螺子が設けられる接続端を有し、前記管接手は内に第2の雌螺子が設けられる接手端を有し、前記接続管の両端にそれぞれ、前記第1の雌螺子に接続される第1の雄螺子と、前記第2の雌螺子に接続される第2の雄螺子とが設けられるようにしても良い。
前記接続管は直円筒状であり、前記第1の雄螺子のピッチと前記第2の雄螺子のピッチとは異なり、前記第2の雌螺子と前記接手端の口との間に間隔を有するようにしても良い。
前記接続管は大端部と小端部を有し、前記第1の雄螺子が前記大端部に設けられ、前記第2の雄螺子が前記小端部に設けられ、又は、前記第1の雄螺子が前記小端部に設けられ、前記第2の雄螺子が前記大端部に設けられるようにしても良い。
前記蛇口本体は第4の雄螺子が設けられる接続端を有し、前記接続管は、一方端に前記第4の雄螺子に接続される第3の雌螺子が設けられ、他方端に内へ環状ストリップが凸設され、前記管接手の外周の円周方向に環状階段が設けられ、前記環状ストリップが前記環状階段に係止されるようにしても良い。
前記蛇口本体の中に互いに独立した熱水流路及び冷水流路を有し、前記管接手の中に互いに独立した第1のチャンバーと第2のチャンバーを有し、前記第1のチャンバーが前記熱水流路に対応して設けられ、前記第2のチャンバーが前記冷水流路に対応して設けられるようにしても良い。
前記第2のチャンバーは、下から上まで拡口状となり、その上端の開口が円状であり、前記冷水流路は、上から下まで拡口状となり、その下端の開口が円状であり、前記第2のチャンバーの上端の開口に当接するようにしても良い。
前記蛇口本体の接続端の端面が前記管接手の接手端の端面と当接し、前記管接手の接手端の端面に封止環状溝が設けられ、前記封止環状溝内に封止リングが充填されるようにしても良い。
前記接続管内にフィルターが設けられるようにしても良い。
前記管接手の接手端内に前記蛇口本体の取り付けを補助するための補助部材が設けられ、前記補助部材は前記第2の雌螺子に組み合わせた第3の雄螺子を有し、前記補助部材が前記接続管の下に位置し、その底部に前記補助部材を回転するように連動させる補助ツールが挿入されるための挿通孔が設けられるようにしても良い。
本発明における蛇口構造によれば、蛇口本体と管接手との間に接続管が設けられており、蛇口構造を着脱する場合、専門者により専門的なツールを使用する必要がなく、コストが低く、操作しやすく、簡便である。洗面器に適用される場合、ブレードホースによって接続する必要はない。壁掛け式の冷熱両用シャワー蛇口に適用される場合、曲管によって接続する必要はないとともに、蛇口を取り替える過程中、管接手と接続管を取り替える必要もなく、複数回使用することができる。蛇口を取り外す場合に直接蛇口本体を回せばよく、蛇口を取り付ける場合に、蛇口の出水口の方向が正しく配置されるようになるまで、直接接続管を回すように調節する。
従来技術に係る蛇口構造を示す分解模式図である。 本発明の実施例1に係る取り付け簡単な蛇口構造を切断した分解模式図である。 本発明の実施例1に係る補助部材の構造模式図である。 本発明の実施例1に係る補助部材の下面図である。 本発明の実施例1における分配器の上面図である。 本発明の実施例1における分配器の断面図である。 本発明の実施例2に係る取り付け簡単な蛇口構造を切断した分解模式図である。 本発明の実施例3に係る取り付け簡単な蛇口構造を切断した分解模式図である。 本発明の実施例4に係る取り付け簡単な蛇口構造を切断した模式図である。 本発明の実施例5に係る取り付け簡単な蛇口構造を切断した模式図である。 本発明の実施例6に係る取り付け簡単な蛇口構造を切断した模式図である。 本発明の実施例7に係る取り付け簡単な蛇口構造を切断した模式図である。
本発明の目的、技術的解決手段及び利点をより明らかにするために、以下、図面及び実施例に合わせて本発明をより詳細に説明する。ここで説明される具体的な実施例は本発明を解釈するためのものに過ぎず、本発明を限定するためのものではないことを理解すべきである。
説明すべきなのは、素子が別の素子「に固定される」又は「に設けられる」と呼ばれる場合、別の素子に直接に位置されてもよいし、その同時に中間素子が存在してもよい。ある素子が別の素子「に接続される」と呼ばれる場合、別の部材に直接に接続されてもよいし、その同時に中間素子が存在してもよい。
更に説明すべきなのは、本実施例における「左」、「右」「上」、「下」等の方位用語は、単に互いに相対的な概念であり、又は製品の正常な使用状態を参照とするものであるが、制限的なものとされない。
本発明における蛇口構造によれば、蛇口本体と管接手との間に接続管が設けられ、蛇口構造を着脱する場合、専門者により専門的なツールを使用する必要がなく、コストが低く、操作しやすく、簡便である。洗面器に適用される場合、ブレードホースによって接続する必要はないとともに、蛇口を取り替える過程中、管接手と接続管を取り替える必要もなく、複数回使用することができる。蛇口を取り外す場合に直接蛇口本体を回せばよく、蛇口を取り付ける場合に、蛇口の出水口の方向が正しく配置されるようになるまで、直接接続管を回すように調節する。
以下、添付図面に合わせて本発明の実施例の具体的な達成について更に詳しく説明する。
実施例1
図2を参照すると、実施例1の提供する蛇口構造は、蛇口本体10と管接手20を備える蛇口構造において、蛇口本体10と管接手20とを連通させるための接続管30を更に備えるものである。蛇口本体10は、出水端11と、第1の雌螺子13が設けられる接続端12と、を有する。管接手20は、内に第2の雌螺子22が設けられる接手端21を有する。接続管30の両端にそれぞれ、第1の雌螺子13に接続される第1の雄螺子31と、第2の雌螺子22に接続される第2の雄螺子32とが設けられる。このように、2組の螺子の組み合わせによって、接続管30を介して蛇口本体10と管接手20とを接続させる。
本実施例において、接続管30は、両端の大きさが同一である直円筒状である。しかし、管接手20が既に固定された場合にも、蛇口本体10が360°でより良好に方向を選択するために、第1の雄螺子31のピッチと第2の雄螺子32のピッチとは異なる。図2から、第1の雄螺子31のピッチが第2の雄螺子32のピッチよりも大きいことが見られる。もちろん、第1の雄螺子31のピッチが第2の雄螺子32のピッチより小さくてもよい。
図2から、本実施例において、第2の雌螺子22と接手端21の口との間に間隔23を有することが見られる。つまり、この間隔23に螺子が設けられていない。蛇口本体10が接続管30を介して管接手20に接続される場合、蛇口本体10の回転角度が一定ではなく、こうして、接続管30の第2の雄螺子32と管接手20内の第2の雌螺子22との組み合わせの深さも同一ではない。第2の雄螺子32が第2の雌螺子22に完全にねじ込まれると、接続管30の第1の雄螺子31の一部が管接手20内に位置することもある。ここで螺子を設けられていない間隔23は、第1の雄螺子31を伸ばさせるためのものである。
本実施例において、蛇口本体10が接続管30を介して管接手20に接続されると、蛇口本体10の接続端12の端面が管接手20の接手端21の端面に当接し、管接手20の接手端21の端面に封止環状溝が設けられ、封止環状溝内に封止リング24が充填される。封止リング24を設けることで、蛇口本体10と管接手20との封止レベルを向上させ、通水後の当接表面の漏水現象を防止する。
好ましくは、本実施例において、接続管30内にフィルター33が設けられる。フィルター33は、水における不純物、異物を濾過し、水の清潔度を向上させると共に、蛇口本体10内のバルブの使用寿命を長くすることができる。
好ましくは、本実施例において、管接手20の接手端21内に、蛇口本体10の取り付けを補助するための補助部材25が設けられる。補助部材25は、第2の雌螺子22と組み合わせる第3の雄螺子251を有し、接続管30の下に位置する。図3、図4に合わせると、補助部材25は、中空のスリーブ状であり、外面に第3の雄螺子251が設けられ、その底部の中心に固定ブロック252が設けられる。固定ブロック252に、補助部材25を連動させる補助ツールが挿入されるための挿通孔253が設けられる。本実施例において、補助ツールは、専門ツールである必要がなく、挿通孔253内に挿入可能な如何なる棒状物品であってもよい。例えば、鉛筆、木製の棒、箸等によって、挿通孔253の中に挿入されて補助部材25を回すように連動させて第2の雌螺子22の中の異なる位置に位置させるようにしてもよい。
蛇口本体10を最初に取り付け又は取り替える場合、蛇口本体10の出水端11は洗面器に向かい合わなければならないが、実際的に取り付ける時、1回だけで蛇口本体10が所望の位置に取り付けられないことはよくあり、蛇口本体10の出水端11が洗面器に向かい合わない状況がよくある。本実施例において、最初に取り付ける又は取り替える前に前もって予備試験を行い、蛇口本体10の出水端11の位置を探し出して、蛇口本体10を洗面器に取り付けるために、補助部材25が設けられる。前期の予備試験が洗面器において行われないので、操作が便利であり、そして、この予備試験により、洗面器に正式に取り付けられる場合に1回だけで蛇口本体10を所定の位置に成功に取り付けることが保証される。
本実施例において、取り付ける場合に、更に図5、図6に示すジグである分配器40を利用する必要がある。分配器40の中心に、接続管30の第1の雄螺子31に組み合わせるねじ孔41を有する。その同時に、分配器40の上端面に、その円周に沿って、予備試験の時に位置合わせるための1〜10の数字標識が設けられる。
分配器40と補助部材25によって取り付ける場合、まず、補助部材25を第2の雌螺子22の底部にねじ込み、接続管30、蛇口本体10を順次に管接手20に取り付けて、管接手20の蛇口本体10上の出水端11に向かい合う箇所にマークする。その後、蛇口本体10を取り外して、分配器40をねじ孔41と第1の雄螺子31との組み合わせによって接続管30に取り付ける。分配器40が所定の位置に取り付けられると、分配器40の管接手20上のマークに向かい合う数字を記録する。その後、分配器40を緩め、例えば鉛筆のような補助ツールによって挿通孔253の中に挿入されて補助部材25を上へ移動するように連動させ、また分配器40を締め、分配器40上のある数字が管接手20上のマークに向かい合うようになり、つまり使用者の所望の出水端11の方向になるまで、補助部材25のねじ込み及び分配器40の締めを繰り返す。この場合、補助部材25が所定の位置に到達し、且つ補助部材25の位置限定作用により、接続管30における第2の雄螺子32が第2の雌螺子22に伸ばした深さが限定される。このように、管接手20、接続管30及び蛇口本体10を本に取り付ける場合、接続管30が限定されるので、蛇口本体10のねじ込みも限定され、このように取り付けられた蛇口本体10の出水端11が洗面器に向かい合うとなる。
実施例2
図7を参照すると、本発明の実施例2の提供する蛇口構造は実施例1と比べて、接続管30の構造が異なる点で異なっている。本実施例において、接続管30は、第1の雄螺子31が設けられる大端部34と、第2の雄螺子32が設けられる小端部35と、を有する。大端部34と小端部35との管径が異なり、区別できるので、第1の雄螺子31のピッチと第2の雄螺子32のピッチとは、同一でも異なってもよい。同様に、大端部34と小端部35との管径が異なり、大端部34が第2の雌螺子22の中に伸ばせないので、管接手20内で、第2の雌螺子22と接手端21の口との間に間隔23がなく、つまり、第2の雌螺子22が直接管接手20内を貫通する。
本実施例における他の構造が実施例1と同じであるので、ここで詳しく説明しない。
実施例3
図8を参照すると、本発明の実施例3の提供する蛇口構造も実施例1と比べて、接続管30の構造が異なる点で異なっている。本実施例において、接続管30は、第2の雄螺子32が設けられる大端部34と、第1の雄螺子31が設けられる小端部35と、を有する。同様に、大端部34と小端部35との管径が異なり、区別できるので、第1の雄螺子31のピッチと第2の雄螺子32のピッチとは、同一でも異なってもよい。同様に、本実施例において、管接手20内で、第2の雌螺子22と接手端21の口との間に間隔23がなく、つまり、第2の雌螺子22が直接管接手20内を貫通する。
本実施例における他の構造が実施例1と同じであるので、ここでも詳しく説明しない。
実施例4
図9を参照すると、本発明の実施例4の提供する蛇口構造は実施例1と比べて、蛇口本体10の構造が異なっており、それに対応して、管接手20の構造も異なっている。本実施例において、蛇口本体10に、互いに独立した熱水流路14及び冷水流路15を有する。管接手20に、互いに独立した第1のチャンバー26と第2のチャンバー27を有する。第1のチャンバー26が熱水流路14に対応して設けられ、第2のチャンバー27が冷水流路15に対応して設けられる。第2のチャンバー27は、下から上まで拡口状になり、上端の開口が円状である。同様に、冷水流路15は、上から下まで拡口状になり、下端の開口が円状であり、第2のチャンバー27の上端の開口に当接する。
本実施例において、管接手20における2つのチャンバーがそれぞれ蛇口本体10内の2つの流路に対応して連通されることで、水管における冷水及び熱水を蛇口本体10内に流れさせ、そして、ブレードホースによって接続する必要はなく、コストが大いに節約される。また、蛇口本体10を取り替える場合、専門的なツールを要求せず、直接洗面器の上で操作すればよく、且つ管接手20と接続管30を同時に要求せず、管接手20と接続管30が複数回使用されてもよい。
図9から、第1のチャンバー26と第2のチャンバー27は、何れも直筒段部28及び直筒段部28の底部に接続されるように位置する曲角段部29を含み、第2の雌螺子22が直筒段部28の底部まで延出することが見られる。このように、接続管30が管接手20で回転調整可能であることが保証される。
本実施例において、管接手20に2つの封止リング24が設けられる。この2つの封止リング24は、それぞれ漏水を避けるために、熱水流路14と第1のチャンバー26との当接箇所を封止し、及び冷水流路15と第2のチャンバー27との当接箇所を封止することに用いられる。
本実施例において、接続管30の構造が実施例1と同じであり、蛇口本体10を最初に取り付ける又は取り替える場合に同様に実施例1に記載の方法を採用し、簡単で、すばやく、ここで詳しく説明しない。
本実施例において、管接手20における第1のチャンバー26の下端と第2のチャンバー27の下端とは並列して設けられる。説明すべきなのは、実際的な取り付けの要求に応じて、管接手20における第1のチャンバー26の下端の開口及び第2のチャンバー27の下端の開口の方向を変えてもよい。例えば、図9に基づいて、第1のチャンバー26の上端と第1のチャンバー26の下端とが90°になり、つまり第1のチャンバー26が「L」形になるように、第1のチャンバー26の下端を左へ回転させて設ける。その同時に、第2のチャンバー27の上端と第2のチャンバー27の下端とが90°になり、つまり第2のチャンバー27が「L」になるように、第2のチャンバー27の下端を右へ回転させて設ける。このように、第1のチャンバー26の下端の開口と第2のチャンバー27の下端の開口とは、方向が反対である一方1つの直線にある。このような蛇口構造は、壁掛け式のシャワー蛇口に好適に使用される。
実施例5
図10を参照すると、本発明の実施例5の提供する蛇口構造は実施例4と比べて、接続管30の構造が異なっている。本実施例において、接続管30の構造が実施例2における接続管30の構造と同一であるので、ここで詳しく説明しない。本実施例における蛇口本体10の構造が実施例4と同じであるので、ここでも詳しく説明しない。
実施例6
図11を参照すると、本発明の実施例6の提供する蛇口構造は実施例4と比べて、接続管30の構造が異なっている。本実施例において、接続管30の構造が実施例3における接続管30の構造と同一であるので、ここで詳しく説明しない。本実施例における蛇口本体10の構造が実施例4と同じであるので、ここでも詳しく説明しない。
実施例7
図12を参照すると、本発明の実施例7の提供する蛇口構造は上記各実施例と比べて、接続管30の構造が異なっており、それに対応して、蛇口本体10及び管接手20の構造も対応して調整される。接続管30は、一方端が螺子を介して蛇口本体10に接続され、他方端が係止構造によって管接手20に接続される。具体的には、蛇口本体10は、第4の雄螺子(図示せず)が設けられる接続端12を有する。接続管30は、一方端に前記第4の雄螺子に接続される第3の雌螺子(図示せず)が設けられ、他方端に内へ環状ストリップ36が凸設される。管接手20の外周の円周方向に環状階段211が設けられる。環状ストリップ36が環状階段211に係止される。
本実施例において、管接手20と蛇口本体10と当接する端面にも、大きさの異なる2つの封止リング24が設けられる。2つの封止リング24の中には、小さい方が第2のチャンバー27と冷水流路15を封止することに用いられ、大きい方が管接手20の外縁に沿って設けられ、第1のチャンバー26と熱水流路14を封止すると共に、第2のチャンバー27及び冷水流路15に対して2回封止をする。このように、小さい方の封止リング24が僅かに漏水しても、蛇口が漏水することなく正常に使用できることが確保される。
本実施例に記載のような接続管30を利用すれば、蛇口本体を取り付ける又は取り替える場合、補助部材25及び分配器40を利用する必要がなくなり、直接接続管30をねじ込めればよい点で、上記各実施例と異なっている。
上記は本発明の好ましい実施例に過ぎず、本発明を制限するためのものではなく、本発明の精神及び原則においてなされたあらゆる変更、均等な置換、及び改良等は、本発明の保護範囲に含まれるはずである。
10-蛇口本体
11-出水端
12-接続端
13-第1の雌螺子
14-熱水流路
15-冷水流路
20-管接手
21-接手端
22-第2の雌螺子
23-間隔
24-封止リング
25-補助部材
251-第3の雄螺子
252-固定ブロック
253-挿通孔
26-第1のチャンバー
27-第2のチャンバー
28-直筒段部
29-曲角段部
30-接続管
31-第1の雄螺子
32-第2の雄螺子
33-フィルター
34-大端部
35-小端部
36-環状ストリップ
211-環状階段
40-分配器
41-ねじ孔

Claims (10)

  1. 蛇口本体と管接手を備える取り付け簡単な蛇口構造において、前記蛇口本体と前記管接手とを連通させるための接続管を更に備えることを特徴とする取り付け簡単な蛇口構造。
  2. 前記蛇口本体は第1の雌螺子が設けられる接続端を有し、前記管接手は内に第2の雌螺子が設けられる接手端を有し、前記接続管の両端にそれぞれ、前記第1の雌螺子に接続される第1の雄螺子と、前記第2の雌螺子に接続される第2の雄螺子とが設けられることを特徴とする請求項1に記載の取り付け簡単な蛇口構造。
  3. 前記接続管は直円筒状であり、前記第1の雄螺子のピッチと前記第2の雄螺子のピッチとは異なり、前記第2の雌螺子と前記接手端の口との間に間隔を有することを特徴とする請求項2に記載の取り付け簡単な蛇口構造。
  4. 前記接続管は大端部と小端部を有し、前記第1の雄螺子が前記大端部に設けられ、前記第2の雄螺子が前記小端部に設けられ、又は、前記第1の雄螺子が前記小端部に設けられ、前記第2の雄螺子が前記大端部に設けられることを特徴とする請求項2に記載の取り付け簡単な蛇口構造。
  5. 前記蛇口本体は第4の雄螺子が設けられる接続端を有し、前記接続管は、一方端に前記第4の雄螺子に接続される第3の雌螺子が設けられ、他方端に内へ環状ストリップが凸設され、前記管接手の外周の円周方向に環状階段が設けられ、前記環状ストリップが前記環状階段に係止されることを特徴とする請求項1に記載の取り付け簡単な蛇口構造。
  6. 前記蛇口本体の中に互いに独立した熱水流路及び冷水流路を有し、前記管接手の中に互いに独立した第1のチャンバーと第2のチャンバーを有し、前記第1のチャンバーが前記熱水流路に対応して設けられ、前記第2のチャンバーが前記冷水流路に対応して設けられることを特徴とする請求項2〜5の何れか1項に記載の取り付け簡単な蛇口構造。
  7. 前記第2のチャンバーは、下から上まで拡口状となり、その上端の開口が円状であり、前記冷水流路は、上から下まで拡口状となり、その下端の開口が円状であり、前記第2のチャンバーの上端の開口に当接することを特徴とする請求項6に記載の取り付け簡単な蛇口構造。
  8. 前記蛇口本体の接続端の端面が前記管接手の接手端の端面と当接し、前記管接手の接手端の端面に封止環状溝が設けられ、前記封止環状溝内に封止リングが充填されることを特徴とする請求項2〜5の何れか1項に記載の取り付け簡単な蛇口構造。
  9. 前記接続管内にフィルターが設けられることを特徴とする請求項2〜5の何れか1項に記載の取り付け簡単な蛇口構造。
  10. 前記管接手の接手端内に前記蛇口本体の取り付けを補助するための補助部材が設けられ、前記補助部材は前記第2の雌螺子に組み合わせた第3の雄螺子を有し、前記補助部材が前記接続管の下に位置し、その底部に前記補助部材を回転するように連動させる補助ツールが挿入されるための挿通孔が設けられることを特徴とする請求項2〜4の何れか1項に記載の取り付け簡単な蛇口構造。
JP2017517171A 2014-06-09 2015-06-08 取り付け簡単な蛇口構造 Active JP6426282B2 (ja)

Applications Claiming Priority (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
CN201420304580.9U CN204083566U (zh) 2014-06-09 2014-06-09 水龙头与给水管的连接结构
CN201420304580.9 2014-06-09
CN201520142112.0U CN204493829U (zh) 2015-03-12 2015-03-12 冷热两用水龙头结构
CN201520142112.0 2015-03-12
PCT/CN2015/080965 WO2015188730A1 (zh) 2014-06-09 2015-06-08 易安装的水龙头结构

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2017519926A true JP2017519926A (ja) 2017-07-20
JP6426282B2 JP6426282B2 (ja) 2018-11-21

Family

ID=54832905

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2017517171A Active JP6426282B2 (ja) 2014-06-09 2015-06-08 取り付け簡単な蛇口構造

Country Status (4)

Country Link
US (1) US10145091B2 (ja)
EP (1) EP3153749A4 (ja)
JP (1) JP6426282B2 (ja)
WO (1) WO2015188730A1 (ja)

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN107313483A (zh) * 2017-08-08 2017-11-03 广州海鸥卫浴用品股份有限公司 挂墙式单把双控面盆水龙头
CN107489803A (zh) * 2017-10-11 2017-12-19 麦玉珠 一种水龙头结构
CN109323059A (zh) * 2018-11-20 2019-02-12 南通爱慕希机械股份有限公司 一种机械设备的精密高压管接头
CN109404586A (zh) * 2018-12-31 2019-03-01 桂林电子科技大学 一种基于人机工程学改良的带气密及液密性螺纹的水龙头

Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS4948512U (ja) * 1972-08-03 1974-04-27
JP2001004029A (ja) * 1999-06-23 2001-01-09 Daiwa House Ind Co Ltd パッキン及び水栓漏水防止構造
US20080099089A1 (en) * 2006-10-26 2008-05-01 Tsai-Chen Yang Faucet with a water outlet controlled by a central pull stick
JP2009019754A (ja) * 2007-07-14 2009-01-29 Ck Metals Co Ltd 管継手及び管部材の連結構造
JP2010053592A (ja) * 2008-08-28 2010-03-11 Kakudai:Kk 単水栓

Family Cites Families (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US1607096A (en) * 1923-04-28 1926-11-16 Adolph Mueller Trustee Faucet connection
US3136570A (en) * 1960-08-12 1964-06-09 Sunnyview Invest Corp Adapter for nipple on bath tub spout
DE3501679C1 (de) * 1985-01-19 1986-06-05 Knebel & Röttger GmbH & Co, 5860 Iserlohn Auslaufarmatur
CN87206364U (zh) * 1987-04-11 1988-03-23 丁伟雄 反射式自动洗手器
DE4125570A1 (de) * 1990-08-21 1992-02-27 Grohe Armaturen Friedrich Rohranschluss fuer wasserarmaturen
US6368503B1 (en) * 1999-06-29 2002-04-09 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Filtered fluid dispensing system
JP2002323153A (ja) * 2001-04-25 2002-11-08 Inax Corp シリンダ式バルブの位置決構造
US6840267B1 (en) * 2003-06-27 2005-01-11 Nch Corporation Connection kit for a bath spout
CN200949702Y (zh) * 2006-05-12 2007-09-19 郭帅 多功能上下出水龙头
US7658202B2 (en) * 2007-05-08 2010-02-09 Kohler Co. Low-profile valve assembly
CN201359129Y (zh) * 2008-12-25 2009-12-09 董服义 一种球阀连接装置
DE102010054685A1 (de) * 2010-12-16 2012-06-21 GM Global Technology Operations LLC Heckseitiges Kraftfahrzeug-Bodenmodul
TWM427493U (en) * 2011-08-24 2012-04-21 ming-hong Chen Quick installation structure for water device
CN102434687A (zh) * 2011-12-10 2012-05-02 潍坊百乐卫浴制品有限公司 分档水龙头
DK177597B1 (en) * 2012-09-17 2013-11-11 Flowcon Internat Aps Detachable grip for adjusting a valve and unit comprising a detachable grip and valve
CN204083566U (zh) * 2014-06-09 2015-01-07 徐建华 水龙头与给水管的连接结构

Patent Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS4948512U (ja) * 1972-08-03 1974-04-27
JP2001004029A (ja) * 1999-06-23 2001-01-09 Daiwa House Ind Co Ltd パッキン及び水栓漏水防止構造
US20080099089A1 (en) * 2006-10-26 2008-05-01 Tsai-Chen Yang Faucet with a water outlet controlled by a central pull stick
JP2009019754A (ja) * 2007-07-14 2009-01-29 Ck Metals Co Ltd 管継手及び管部材の連結構造
JP2010053592A (ja) * 2008-08-28 2010-03-11 Kakudai:Kk 単水栓

Also Published As

Publication number Publication date
EP3153749A1 (en) 2017-04-12
WO2015188730A1 (zh) 2015-12-17
EP3153749A4 (en) 2018-02-14
US20170218603A1 (en) 2017-08-03
JP6426282B2 (ja) 2018-11-21
US10145091B2 (en) 2018-12-04

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8028357B2 (en) Method and associated apparatus for assembling and testing a plumbing system
JP2017519926A (ja) 取り付け簡単な蛇口構造
US8616229B2 (en) Water stop valve device with rough-in sleeve and method of assembling the same
CA2753509A1 (en) Device for concealing a plate associated with overflow plumbing
TWI558356B (zh) The installation structure of the basin
CN103097618A (zh) 改进的水龙头安装件
CN203671070U (zh) 一种水龙头与墙壁预埋管道接头之间的连接管
CN204112422U (zh) 水栓龙头及水栓的壁安装结构
JP5631518B1 (ja) 水栓蛇口
KR200464189Y1 (ko) 호스 연결용 핸드 밸브
JP5456932B1 (ja) 水栓蛇口及び水栓の壁取付構造
KR100478083B1 (ko) 보조공급수 연결용 튜브가 접속되는 수도꼭지 연결구
JP2002115283A (ja) 給水設備における壁付機器の施工構造及びこれに用いる継手管
TWM527050U (zh) 易安裝的水龍頭結構
KR200420699Y1 (ko) 밸브를 겸하는 배관 분기용 연결구
KR20150016662A (ko) 관붙이용 앵글밸브
JP2015161376A (ja) 止水栓の接続部に用いられる脱落防止機能付きパッキン
CN209482410U (zh) 一种便于安装的冷热延时龙头
KR200452986Y1 (ko) 퀵조인트형 앵글밸브
US20170067234A1 (en) Valve for purging a utilities pipe
KR200427150Y1 (ko) 관붙이 앵글밸브
JP6799763B2 (ja) サドル付分水栓交換器用アタッチメント
CN203868382U (zh) 一种水龙头阀芯座及水龙头软管
KR200330148Y1 (ko) 에이스 수전박스
CA2642379C (en) Method and associated apparatus for assembling and testing a plumbing system

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20171205

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20180109

A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20180403

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20181002

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20181024

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6426282

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250