JP2012046296A - エレベータ巻き上げ機取り付け方法 - Google Patents

エレベータ巻き上げ機取り付け方法 Download PDF

Info

Publication number
JP2012046296A
JP2012046296A JP2010189036A JP2010189036A JP2012046296A JP 2012046296 A JP2012046296 A JP 2012046296A JP 2010189036 A JP2010189036 A JP 2010189036A JP 2010189036 A JP2010189036 A JP 2010189036A JP 2012046296 A JP2012046296 A JP 2012046296A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
hoisting machine
lifting
hoist
machine
support
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2010189036A
Other languages
English (en)
Inventor
Naohiro Takamura
尚宏 高村
Original Assignee
Toshiba Elevator Co Ltd
東芝エレベータ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toshiba Elevator Co Ltd, 東芝エレベータ株式会社 filed Critical Toshiba Elevator Co Ltd
Priority to JP2010189036A priority Critical patent/JP2012046296A/ja
Publication of JP2012046296A publication Critical patent/JP2012046296A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】エレベータの昇降路内の上部に巻き上げ機を取り付ける方法において、巻き上げ機の水平方向移動を不要として、作業の省力化を図る。
【解決手段】レール頂部付近に揚重機を設置する揚重機設置ステップS3と、レールに巻き上げ機支持梁固定具を取り付けるステップS4と、揚重台をレールに対して上下方向に摺動可能に嵌合するステップS7と、揚重台の上に巻き上げ機を載置するステップS8と、揚重機により巻き上げ機が2本の巻き上げ機支持梁の間を上方へ通り抜けるように揚重台および巻き上げ機を揚重するステップS9と、巻き上げ機支持梁が巻き上げ機の脚部の下方になるように巻き上げ機支持梁を水平に移動するステップS11と、揚重機により揚重台および巻き上げ機を下降させて巻き上げ機を2本の巻き上げ機支持梁の上に載置して固定するステップS12と、を有する。
【選択図】図4

Description

この発明の実施形態は、エレベータの昇降路内の上部に巻き上げ機を取り付ける方法に関する。
エレベータの巻き上げ機を昇降路内の天井付近に取り付ける方法として、昇降路の頂部に揚重機を設置して、揚重の案内にレールを用いて、巻き上げ機をマシンベッドごと揚重する方法が知られている。また、別の方法として、レール支持部材に揚重機を設置して、巻き上げ機を、一旦、目的の高さまで揚重した後に所定の位置に水平移動させる方法も知られている。
特開2007−210708号公報 国際公開WO2002/079067号 特開2000−34072号公報
従来の巻き上げ機取り付け方法では、揚重機が巻き上げ機の真上に位置する場合は、揚重機の位置以上に揚重することができず、また、揚重機をレールの外側に設置する場合は、レール支持部材と揚重機器(ワイヤなど)との当たりを考慮する必要があり、実際の使用に制限がかかる可能性がある。また、レール支持部材に揚重機を設置する方法では、レールと建物との間の距離によりレール支持部材の大きさが変わるので、常に同じ用品を使用することができない。また、本来レール支持部材は水平方向の荷重を支えるものであるので、レール支持部材で鉛直方向の荷重を支えるようにする場合は、そのような荷重を考慮してレール支持部材の設計をやり直す必要があり、部品が大型化する可能性があった。
この発明の実施形態は、上記課題を解決するためのものであって、エレベータの昇降路内の上部に巻き上げ機を取り付ける方法において、巻き上げ機の水平方向移動を不要として、作業の省力化を図ることを目的とする。
上記目的を達成するために、本発明の実施形態に係るエレベータ巻き上げ機取り付け方法は、鉛直方向に延びて乗りかごまたは釣合いおもりの昇降をガイドする2本のレールをエレベータの昇降路内に設置するレール設置ステップと、前記エレベータの昇降路内に吊り元を設置する吊り元設置ステップと、前記吊り元に揚重機を設置する揚重機設置ステップと、前記揚重機を設置する位置よりも下方位置で、前記レールそれぞれに巻き上げ機支持梁固定具を取り付ける固定具取り付けステップと、前記巻き上げ機支持梁固定具にかけ渡すように2本の巻き上げ機支持梁を、互いに間隔をあけて載置する巻き上げ機支持梁載置ステップと、前記揚重機設置ステップの後に、前記揚重機の一端を揚重台に取り付ける揚重機・揚重台取り付けステップと、前記巻き上げ機支持梁固定具よりも下方位置で、揚重台を前記レールに対して上下方向に摺動可能に嵌合する揚重台嵌合ステップと、前記揚重台の上に巻き上げ機を載置する巻き上げ機載置ステップと、前記揚重機により、前記巻き上げ機の少なくとも脚部および当該巻き上げ機の脚部より上方の部分が前記2本の巻き上げ機支持梁の間を上方へ通り抜けるように前記揚重台および巻き上げ機を揚重し、前記巻き上げ機の少なくとも脚部が前記巻き上げ機支持梁よりも上方になるまで揚重する揚重ステップと、前記揚重ステップの後に、前記2本の巻き上げ機支持梁が前記巻き上げ機の脚部の下方位置になるように前記2本の巻き上げ機支持梁が互いに近づく方向に当該巻き上げ機支持梁を水平に移動する巻き上げ機支持梁移動ステップと、前記巻き上げ機支持梁移動ステップの後に、前記揚重機により、前記揚重台および前記巻き上げ機を下降させて、前記巻き上げ機の脚部を前記2本の巻き上げ機支持梁の上に載置して当該巻き上げ機の脚部を当該巻き上げ機支持梁に固定する固定ステップと、前記揚重台と揚重機と吊り元を取り外す取り外しステップと、を有することを特徴とする。
本発明に係るエレベータ巻き上げ機取り付け方法の一実施形態における揚重ステップの途中の状況を示す模式的立面図である。 図1の状態を示す平面図である。 図1の実施形態におけるエレベータ巻き上げ機取り付け作業完了後の状況を示す模式的立面図である。 本発明に係るエレベータ巻き上げ機取り付け方法の一実施形態における作業手順を示すフロー図である。
以下に、図面を参照しながら、本発明に係るエレベータ巻き上げ機取り付け方法の実施形態を説明する。図1は、本発明に係るエレベータ巻き上げ機取り付け方法の一実施形態における揚重ステップの途中の状況を示す模式的立面図である。図2は図1の状態を示す平面図である。図3は図1の実施形態におけるエレベータ巻き上げ機取り付け作業完了後の状況を示す模式的立面図である。図4は本発明に係るエレベータ巻き上げ機取り付け方法の一実施形態における作業手順を示すフロー図である。
この実施形態におけるエレベータ装置では、昇降路10内に、巻き上げ機13、および、図示しない乗りかご、釣合いおもりが配置される。乗りかごおよび釣合いおもりは、図示しないロープによって吊り下げられ、巻き上げ機13によってこのロープを巻き上げたり繰り出したりすることにより、昇降する。
乗りかごは、鉛直方向に延びる平行な2本の乗りかごレールにはさまれて上下方向にガイドされ、同様に、釣合いおもりは釣合いおもりレール15に挟まれて上下方向にガイドされる。
巻き上げ機13は、昇降路10内の天井近くに設置されるものであって、図示の例では、は釣合いおもりレール15に支持される。
つぎに、巻き上げ機13の取り付け手順を説明する。
はじめに、昇降路10内に、鉛直方向に延びる2本の釣合いおもりレール15を設置する(ステップS1)。このとき、図1および図3に示すように、釣合いおもりレール15を、レール支持部材26によって、昇降路10の側面を構成する建物壁17に支持する。
つぎに、釣合いおもりレール15の頂部に吊り元18を設置する(ステップS2)。ここで、吊り元18は、たとえば、釣合いおもりレール15の頂部に引っ掛けられるフックである。
つぎに、吊り元18に揚重機19を設置する(ステップS3)。ここで、揚重機19は、たとえばチェーンブロックである。
つぎに、2本の釣合いおもりレール15それぞれに、巻き上げ機支持梁固定具20を固定する(ステップS4)。巻き上げ機支持梁固定具20は、図2に示すように、2本の釣合いおもりレール15が対向する方向と垂直に水平に張り出している。
つぎに、2本の巻き上げ機支持梁22を、互いに間隔をあけて、それぞれが2個の巻き上げ機支持梁固定具20をまたぐように巻き上げ機支持梁固定具20の上に載置する(ステップS5)。
つぎに、各揚重機19の一端を揚重台21に取り付ける(ステップS6)。
つぎに、揚重台21を、2本の釣合いおもりレール15に沿って上下方向に摺動可能なように嵌合する(ステップS7)。
つぎに、巻き上げ機13を揚重台21の上に載せる(ステップS8)。ここで、巻き上げ13は、下方に突出したたとえば4個の脚部23を有し、揚重台21の上部の巻き上げ機載置部24を脚部23がまたぐように載置されて巻き上げ機13の荷重が揚重台21で支持されるものとする。
つぎに、図1に示すように、2台の揚重機19を操作して、巻き上げ機13と揚重台21を揚重する(ステップS9)。このとき、巻き上げ機13および揚重台21の上部の巻き上げ機載置部24は、2個の巻き上げ機支持梁固定具20にはさまれた幅の内側であり、かつ、2本の巻き上げ機支持梁22にはさまれた幅の内側であるので、巻き上げ機13および揚重台21は、2本の巻き上げ機支持梁22よりも上方位置まで揚重することができる。
つぎに、巻き上げ機13の脚部23および揚重台21の巻き上げ機載置部24が、2本の巻き上げ機支持梁22よりも少し上方位置まで揚重された位置で揚重を止める(ステップS10)。
つぎに、2本の巻き上げ機支持梁22を、互いの間隔が狭まる方向に水平に移動し、巻き上げ機支持梁22の上に巻き上げ機13の脚部の23を取り付けられる位置に位置決めして固定する(ステップS11)。このとき、脚部23が巻き上げ機載置部24をまたぐ位置にあるので、脚部23に干渉せずに巻き上げ機支持梁22を水平に移動することができる。
つぎに、揚重機19を巻き下げて、巻き上げ機13の脚部の23を巻き上げ機支持梁22の上に載置して固定する(ステップS12)。
つぎに、揚重台21、揚重機19および吊り元18を撤去する(ステップS13)。
以上説明した実施形態は単なる例示であって、本発明はこれに限定されるものではない。
たとえば、上記実施形態では巻き上げ機13を釣合いおもりレール15で支持するものとしたが、巻き上げ機13を乗りかごレールで支持することも可能である。
また、上記実施形態では巻き上げ機13の下部に脚部23が取り付けられているものとしたが、巻き上げ機13の側部または上部に脚部23が取り付けられている構成も可能である。この場合に、揚重機19によって巻き上げ機13および揚重台21を揚重するステップS9で、巻き上げ機13の脚部23および揚重台21の上部の巻き上げ機載置部24が、2個の巻き上げ機支持梁固定具20にはさまれた幅の内側であり、2本の巻き上げ機支持梁22にはさまれた幅の内側であればよい。これにより、巻き上げ機13の脚部23および揚重台21の上部の巻き上げ機載置部24を、2本の巻き上げ機支持梁22よりも上方位置まで揚重することができる。
10 昇降路
13 巻き上げ機
15 釣合いおもりレール
17 建物壁
18 吊り元
19 揚重機
20 巻き上げ機支持梁固定具
21 揚重台
22 巻き上げ機支持梁
23 脚部
24 巻き上げ機載置部
26 レール支持部材

Claims (3)

  1. 鉛直方向に延びて乗りかごまたは釣合いおもりの昇降をガイドする2本のレールをエレベータの昇降路内に設置するレール設置ステップと、
    前記エレベータの昇降路内に吊り元を設置する吊り元設置ステップと、
    前記吊り元に揚重機を設置する揚重機設置ステップと、
    前記揚重機を設置する位置よりも下方位置で、前記レールそれぞれに巻き上げ機支持梁固定具を取り付ける固定具取り付けステップと、
    前記巻き上げ機支持梁固定具にかけ渡すように2本の巻き上げ機支持梁を、互いに間隔をあけて載置する巻き上げ機支持梁載置ステップと、
    前記揚重機設置ステップの後に、前記揚重機の一端を揚重台に取り付ける揚重機・揚重台取り付けステップと、
    前記巻き上げ機支持梁固定具よりも下方位置で、揚重台を前記レールに対して上下方向に摺動可能に嵌合する揚重台嵌合ステップと、
    前記揚重台の上に巻き上げ機を載置する巻き上げ機載置ステップと、
    前記揚重機により、前記巻き上げ機の少なくとも脚部および当該巻き上げ機の脚部より上方の部分が前記2本の巻き上げ機支持梁の間を上方へ通り抜けるように前記揚重台および巻き上げ機を揚重し、前記巻き上げ機の少なくとも脚部が前記巻き上げ機支持梁よりも上方になるまで揚重する揚重ステップと、
    前記揚重ステップの後に、前記2本の巻き上げ機支持梁が前記巻き上げ機の脚部の下方位置になるように前記2本の巻き上げ機支持梁が互いに近づく方向に当該巻き上げ機支持梁を水平に移動する巻き上げ機支持梁移動ステップと、
    前記巻き上げ機支持梁移動ステップの後に、前記揚重機により、前記揚重台および前記巻き上げ機を下降させて、前記巻き上げ機の脚部を前記2本の巻き上げ機支持梁の上に載置して当該巻き上げ機の脚部を当該巻き上げ機支持梁に固定する固定ステップと、
    前記揚重台と揚重機と吊り元を取り外す取り外しステップと、
    を有することを特徴とするエレベータ巻き上げ機取り付け方法。
  2. 前記吊り元設置ステップは、前記2本のレールの頂部または頂部近傍それぞれに前記吊り元を設置するものであることを特徴とする請求項1に記載のエレベータ巻き上げ機取り付け方法。
  3. 前記揚重ステップは、前記巻き上げ機が載置される前記揚重台の上部の巻き上げ機載置部が前記巻き上げ機支持梁よりも上方になるまで前記揚重台および巻き上げ機を揚重すること、を特徴とする請求項1または請求項2に記載のエレベータ巻き上げ機取り付け方法。
JP2010189036A 2010-08-26 2010-08-26 エレベータ巻き上げ機取り付け方法 Withdrawn JP2012046296A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010189036A JP2012046296A (ja) 2010-08-26 2010-08-26 エレベータ巻き上げ機取り付け方法

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010189036A JP2012046296A (ja) 2010-08-26 2010-08-26 エレベータ巻き上げ機取り付け方法
CN201110149830.7A CN102381609B (zh) 2010-08-26 2011-06-03 电梯卷扬机安装方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2012046296A true JP2012046296A (ja) 2012-03-08

Family

ID=45821518

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010189036A Withdrawn JP2012046296A (ja) 2010-08-26 2010-08-26 エレベータ巻き上げ機取り付け方法

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP2012046296A (ja)
CN (1) CN102381609B (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN106276550A (zh) * 2015-06-01 2017-01-04 江苏京龙工程机械有限公司 两层单柱升降工作平台

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN111824901B (zh) * 2020-08-06 2022-02-18 深圳市建工中泰机电工程有限公司 一种电梯安装施工方法

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1245522B1 (de) * 2001-01-22 2004-07-28 Inventio Ag Verfahren zum Anbringen einer Antriebseinheit in einem Aufzugsschacht
JP4597595B2 (ja) * 2004-07-12 2010-12-15 東芝エレベータ株式会社 巻上機据付設備
JP4353872B2 (ja) * 2004-08-24 2009-10-28 東芝エレベータ株式会社 巻上機取付装置、および巻上機取付方法
CN101456512A (zh) * 2008-12-31 2009-06-17 苏州江南嘉捷电梯股份有限公司 无机房电梯曳引机安装方法
CN201381151Y (zh) * 2009-04-20 2010-01-13 康力电梯股份有限公司 一种无机房电梯曳引机安装梁

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN106276550A (zh) * 2015-06-01 2017-01-04 江苏京龙工程机械有限公司 两层单柱升降工作平台

Also Published As

Publication number Publication date
CN102381609A (zh) 2012-03-21
CN102381609B (zh) 2014-08-13

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CA2447396C (en) Elevator hoist machine installation apparatus
JP5264751B2 (ja) エレベータの揚重装置及びエレベータの揚重方法
JP4828084B2 (ja) 巻上機の据付方法
JP2009173386A (ja) エレベータの据付装置
JP2012046296A (ja) エレベータ巻き上げ機取り付け方法
JP2007210703A (ja) マシンルームレスエレベータの巻上機据付装置および据付工法
CN109153539B (zh) 电梯的曳引机安装方法
JP2011068458A (ja) エレベータのレール吊り装置
JP2013245033A (ja) 巻上機据付方法
JP2011132012A (ja) エレベータ巻き上げ機の据え付け方法
JP2015157676A (ja) エレベーター装置
JP2005067813A (ja) エレベータの巻上機の揚重治具及び揚重方法
JP2016074534A (ja) 巻上機揚重方法
JP6525328B2 (ja) エレベータ機器搬出入方法およびエレベータ機器搬出入装置
CN110709344A (zh) 电梯
JP4978218B2 (ja) エレベータの据付装置及び据付方法
JP2012236679A (ja) エレベータ機器の点検用作業台
JP2003292263A (ja) エレベータ機器の吊り上げ装置及び方法
JP6605411B2 (ja) 揚重ブラケット及び巻上機
JP5805280B1 (ja) 巻き上げ機揚重機及びエレベータの製造方法
JP5483722B2 (ja) エレベータ巻上機の据付方法
JP4989926B2 (ja) エレベーター用主ロープのロープ掛け方法
KR100500861B1 (ko) 권양기의 설치방법
JP4929045B2 (ja) 機械室レスエレベータのガイドレール据え付け工法
JP2008063873A (ja) 天井の搬送機構及び施工方法

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20131105