JP2010243079A - 冷凍装置 - Google Patents

冷凍装置 Download PDF

Info

Publication number
JP2010243079A
JP2010243079A JP2009092902A JP2009092902A JP2010243079A JP 2010243079 A JP2010243079 A JP 2010243079A JP 2009092902 A JP2009092902 A JP 2009092902A JP 2009092902 A JP2009092902 A JP 2009092902A JP 2010243079 A JP2010243079 A JP 2010243079A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
solution
valve
heat exchanger
generator
refrigerant
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2009092902A
Other languages
English (en)
Other versions
JP5375283B2 (ja
Inventor
Mitsushi Kawai
満嗣 河合
Keisuke Tanimoto
啓介 谷本
Original Assignee
Daikin Ind Ltd
ダイキン工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Daikin Ind Ltd, ダイキン工業株式会社 filed Critical Daikin Ind Ltd
Priority to JP2009092902A priority Critical patent/JP5375283B2/ja
Publication of JP2010243079A publication Critical patent/JP2010243079A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5375283B2 publication Critical patent/JP5375283B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02ATECHNOLOGIES FOR ADAPTATION TO CLIMATE CHANGE
    • Y02A30/00Adapting or protecting infrastructure or their operation
    • Y02A30/27Relating to heating, ventilation or air conditioning [HVAC] technologies
    • Y02A30/274Relating to heating, ventilation or air conditioning [HVAC] technologies using waste energy, e.g. from internal combustion engine
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02BCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO BUILDINGS, e.g. HOUSING, HOUSE APPLIANCES OR RELATED END-USER APPLICATIONS
    • Y02B30/00Energy efficient heating, ventilation or air conditioning [HVAC]
    • Y02B30/62Absorption based systems
    • Y02B30/625Absorption based systems combined with heat or power generation [CHP], e.g. trigeneration

Abstract

【課題】 蒸気圧縮式冷凍機の排熱を有効に利用するとともに、吸収式冷凍機による冷熱変換で、蒸気圧縮式冷凍機の性能を大幅に改善する。
【解決手段】 蒸気圧縮式冷凍機Xと吸収式冷凍機Yとを組み合わせた冷凍装置において、冷房運転時における前記蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒を前記吸収式冷凍機Yの蒸発器Eで冷却、または過冷却する冷媒冷却方式を採用し、冷房運転時における前記蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒を放熱する際の熱量を前記吸収式冷凍機Yの加熱源として利用すべく、前記蒸気圧縮式冷凍機Xにおける圧縮後の冷媒を前記吸収式冷凍機Yの発生器Gの加熱器gに流入させるとともに、前記吸収式冷凍機Yにおける発生器Gにおいて吸収溶液と熱交換した後の蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒を、前記吸収式冷凍機Yにおける蒸発器Eの熱交換器eに流入させる構成としている。
【選択図】 図1

Description

本願発明は、冷凍装置に関し、さらに詳しくは蒸気圧縮式冷凍サイクルと吸収式冷凍サイクルとを組み合わせた冷凍装置に関するものである。
蒸気圧縮式冷凍機における性能を改善する一つの方法として、吸収式冷凍機を組み合わせることがあるが、ガスエンジンや他の排熱で吸収式冷凍機を駆動し、得られる冷熱を蒸気圧縮式冷凍機に取り込み、蒸気圧縮式冷凍機の性能を増加させることについては、従来から既に種々の方法が提案されてきている(例えば、特許文献1,2参照)。
特開2004−28374号公報 特開2006−17350号公報
しかしながら、蒸気圧縮式冷凍機の排熱を利用し、吸収式冷凍機を駆動することについては、蒸気圧縮式冷凍機の排熱量が少なく、また排熱温度も低いため、吸収式冷凍機を駆動させることが困難であり、たとえ駆動ができても、その得られる効果は非常に少ないことから、コスト的にも大きな課題があり、検討されることもほとんどなかった。
ところが、エネルギーコストの上昇や、自然冷媒を利用する空気調和機を開発するに際して、蒸気圧縮式冷凍機の性能改善が必要となり、蒸気圧縮式冷凍機自身の排熱を給湯や暖房ではなく、冷熱に変換して更に有効利用することが求められつつある。
本願発明は、上記の点に鑑みてなされたもので、蒸気圧縮式冷凍機の排熱を有効に利用するとともに、吸収式冷凍機による冷熱変換で、蒸気圧縮式冷凍機の性能を大幅に改善することを目的としている。
本願発明では、上記課題を解決するための第1の手段として、蒸気圧縮式冷凍機Xと吸収式冷凍機Yとを組み合わせた冷凍装置において、冷房運転時における前記蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒を前記吸収式冷凍機Yの蒸発器Eで冷却、または過冷却する冷媒冷却方式を採用し、冷房運転時における前記蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒を放熱する際の熱量を前記吸収式冷凍機Yの加熱源として利用すべく、前記蒸気圧縮式冷凍機Xにおける圧縮後の冷媒を前記吸収式冷凍機Yの発生器Gの加熱器gに流入させるが、部分負荷時など前記蒸気圧縮式冷凍機Xにおける圧縮機1の冷媒温度が低い場合には、前記蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒が前記発生器Gをバイパスするようにバイパス回路13を設け且つ該バイパス回路13に開閉弁14を付設するとともに、前記蒸気圧縮式冷凍機Xにおける前記バイパス回路13の入口冷媒温度が前記吸収式冷凍機Yにおける発生器Gの溶液温度を越えると、前記開閉弁14が閉作動するように構成し、前記吸収式冷凍機Yにおける発生器Gにおいて吸収溶液と前記蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒とが熱交換を行い、熱交換した後の蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒が、前記蒸気圧縮式冷凍機Xの熱源側熱交換器3に流入し、前記バイパス回路13の入口冷媒温度が前記吸収式冷凍機Yの発生器Gの溶液温度以下であれば、前記バイパス回路13の開閉弁14が開作動し、該バイパス回路13によって前記蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒を、前記蒸気圧縮式冷凍機Xにおける熱源側熱交換器3に流入させる構成としている。
上記のように構成したことにより、冷房運転時において、蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒を放熱する際の熱量を前記吸収式冷凍機Yの加熱源として利用できるところから、熱源側熱交換器3を小さくすることが可能となる。仮に、発生器Gをバイパスして蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒が直接熱源側熱交換器3に流入する場合でも蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒温度が低いことから熱源側熱交換器3を小さくしても問題がなく、低コスト化ができる。
また、本願発明では、上記のように構成したことにより、冷房運転時の部分負荷時など蒸気圧縮式冷凍機Xにおける圧縮機1の冷媒温度が低い場合は、前記蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒が吸収式冷凍機Yにおける発生器Gをバイパスするバイパス回路13の開閉弁14を開作動することによって、蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒が吸収式冷凍機Yの発生器Gをバイパスすることとなっているの、発生器Gに温度の低い蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒が流入して前記発生器Gの溶液温度を低下させるということもない。従って、蒸気圧縮式冷凍機Xの排熱を吸収式冷凍機Yの加熱源として有効に利用することができる。
本願発明では、さらに、上記課題を解決するための第2の手段として、上記第1の手段を備えた冷凍装置において、前記吸収式冷凍機Yにおける吸収器Aに入る吸収溶液を空冷熱交換器8にて過冷却し、前記吸収器Aにおいては冷媒蒸気を吸収するだけで、吸収熱は前記吸収溶液の顕熱で取り去る間接空冷方式としており、そのように構成した場合、吸収器Aで冷媒蒸気を吸収させながら吸収溶液を水冷もしくは空冷式で冷却する直接冷却方式に比較して、吸収器Aの構造の簡略化、小型化を図ることができる。
本願発明では、さらに、上記課題を解決するための第3の手段として、上記第1又は第2の手段を備えた冷凍装置において、前記蒸気圧縮式冷凍機Xに、暖房運転時に冷房運転時とは逆方向に冷媒を流通させるように冷媒流通方向を切り換える四路切換弁2を付設するとともに、暖房運転時には、前記蒸気圧縮式冷凍機Xにおける熱源側熱交換器3を機能させるように構成し且つ前記バイパス回路13の開閉弁14を開閉作動させるように構成しており、そのように構成した場合、前記熱源側熱交換器3の冷媒出口温度が低くなり過ぎた場合、前記バイパス回路13の開閉弁14を閉作動し、前記吸収式冷凍機Yの溶液ポンプPlと前記空冷熱交換器8および該空冷熱交換器8に付設された冷却ファン10とを運転することで、蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒が吸収式冷凍機Yの溶液より吸熱し、吸収式冷凍機Yの溶液は空冷熱交換器8において外気より吸熱することとなり、蒸気圧縮式冷凍機Xと吸収式冷凍機Yとを組み合わせた冷凍装置において、暖房運転を円滑に行うことができる。
本願発明では、さらに、上記課題を解決するための第4の手段として、上記第3の手段を備えた冷凍装置において、前記吸収器Aの出口から溶液ポンプPlを経て前記発生器Gに送られる希溶液と前記発生器Gからの濃溶液とを熱交換させる溶液熱交換器Haを付設し、該溶液熱交換器Haに至る配管16の途中に開閉弁17を介設するとともに、吸収溶液を過冷却させる前記空冷熱交換器8の出口から前記吸収器Aに至る溶液配管18と前記溶液熱交換器Haから前記発生器Gに至る希溶液配管19とを開閉弁20を介設した溶液配管21で接続し、冷房運転時には、前記溶液熱交換器Haに至る配管16の開閉弁17を開作動させ且つ前記溶液配管21の開閉弁20を閉作動させ、前記発生器Gの加熱器gをバイパスするバイパス回路13の開閉弁14を前記蒸気圧縮式冷凍機Xにおける前記バイパス回路13の入口冷媒温度が吸収式冷凍機Yの発生器Gの溶液温度を越えると閉作動させるが、暖房運転時には、前記溶液熱交換器Haに至る配管16の開閉弁17を閉作動させ、前記溶液配管21の開閉弁20を開作動させ、前記発生器Gの加熱器gをバイパスするバイパス回路13の開閉弁14を前記蒸気圧縮式冷凍機Xの熱源側熱交換器3の冷媒出口温度が低くなり過ぎた場合に閉作動させるようにしており、そのように構成した場合、前記吸収式冷凍機Yの溶液ポンプPlと前記空冷熱交換器8および冷却ファン10とを運転することで、蒸気圧縮式冷凍機Xにおける冷媒が吸収式冷凍機Yの発生器G内の溶液より吸熱し、吸収式冷凍機Yの溶液が空冷熱交換器8にて外気より吸熱することとなり、冷暖房運転(換言すれば、ヒートポンプ運転)が可能となる。
本願発明では、さらに、上記課題を解決するための第5の手段として、上記第3の手段を備えた冷凍装置において、前記吸収器Aの出口から溶液ポンプPlを経て前記発生器Gに送られる希溶液と前記発生器Gからの濃溶液とを熱交換させる溶液熱交換器Haを付設し、該溶液熱交換器Haに至る配管16の途中に開閉弁17を介設するとともに、吸収溶液を過冷却させる前記空冷熱交換器8の出口から前記吸収器Aに至る溶液配管18と前記溶液熱交換器Haから前記発生器Gに至る希溶液配管19とを開閉弁20を介設した溶液配管21で接続し、更に吸収溶液を過冷却させる前記空冷熱交換器8の出口から前記吸収器Aに至る溶液配管18と前記蒸発器Eの入口側の冷媒配管22とを開閉弁23を介設してなるバイパス配管24で連結し、冷房運転時には、前記バイパス配管24の開閉弁23および前記溶液配管18と発生器Gに至る希溶液配管19とを接続する溶液配管21に介設した開閉弁20を閉作動させ且つ前記溶液熱交換器Haに至る配管16の開閉弁17を開作動させ、前記発生器Gの加熱器gをバイパスするバイパス回路13の開閉弁14を前記蒸気圧縮式冷凍機Xにおける前記バイパス回路13の入口冷媒温度が吸収式冷凍機Yの発生器Gの溶液温度を越えると閉作動させるが、暖房運転時には、前記バイパス配管24の開閉弁23および前記溶液配管18より発生器Gに至る希溶液配管19に介設した開閉弁20を開作動させ、前記溶液熱交換器Haに至る配管16の開閉弁17を閉作動させ、前記発生器Gの加熱器gをバイパスするバイパス回路13の開閉弁14を前記蒸気圧縮式冷凍機Xの熱源側熱交換器3の冷媒出口温度が低くなり過ぎた場合に閉作動させるようにしており、そのように構成した場合、前記吸収式冷凍機Yの溶液ポンプPlと前記空冷熱交換器8および冷却ファン10とを運転することで、蒸気圧縮式冷凍機Xにおける冷媒が吸収式冷凍機Yの発生器G内の溶液より吸熱し、吸収式冷凍機Yの溶液が空冷熱交換器8にて外気より吸熱することとなり、冷暖房運転(換言すれば、ヒートポンプ運転)が可能となる。
本願発明では、さらに、上記課題を解決するための第6の手段として、上記第3の手段を備えた冷凍装置において、前記吸収器Aの出口から溶液ポンプPlを経て前記発生器Gに送られる希溶液と前記発生器Gからの濃溶液とを熱交換させる溶液熱交換器Haを付設し、該溶液熱交換器Haに至る配管16の途中に開閉弁17を介設するとともに、吸収溶液を過冷却させる前記空冷熱交換器8の出口から前記吸収器Aに至る溶液配管18と前記
溶液熱交換器Haから前記発生器Gに至る希溶液配管19とを開閉弁20を介設した溶液配管21で接続し、更に吸収溶液を過冷却させる前記空冷熱交換器8の出口から前記吸収器Aに至る溶液配管18から分岐して前記蒸発器Eの入口に至るバイパス配管25を設け且つ該バイパス配管25に開閉弁26を介設し、冷房運転時には、前記溶液配管18と発生器Gに至る希溶液配管19とを接続する溶液配管21に介設した開閉弁20および前記バイパス配管25の開閉弁26を閉作動させ且つ前記溶液熱交換器Haに至る配管16の開閉弁17を開作動させ、前記発生器Gの加熱器gをバイパスするバイパス回路13の開閉弁14を前記蒸気圧縮式冷凍機Xにおける前記バイパス回路13の入口冷媒温度が吸収式冷凍機Yの発生器Gの溶液温度を越えると閉作動させるが、暖房運転時には、前記溶液配管18と発生器Gに至る希溶液配管19とを接続する溶液配管21に介設した開閉弁20および前記バイパス配管25の開閉弁26を開作動させ、前記溶液熱交換器Haに至る配管16の開閉弁17を閉作動させ、前記発生器Gの加熱器gをバイパスするバイパス回路13の開閉弁14を前記蒸気圧縮式冷凍機Xの熱源側熱交換器3の冷媒出口温度が低くなり過ぎた場合に閉作動させるようにしており、そのように構成した場合、前記吸収式冷凍機Yの溶液ポンプPlと前記空冷熱交換器8および冷却ファン10とを運転することで、蒸気圧縮式冷凍機Xにおける冷媒が吸収式冷凍機Yの発生器G内の溶液より吸熱し、吸収式冷凍機Yの溶液が空冷熱交換器8にて外気より吸熱することとなり、冷暖房運転(換言すれば、ヒートポンプ運転)が可能となる。
本願発明では、さらに、上記課題を解決するための第7の手段として、上記第3の手段を備えた冷凍装置において、吸収溶液を過冷却させる前記空冷熱交換器8の出口から前記吸収器Aに至る溶液配管18と前記溶液熱交換器Haから前記発生器Gに至る希溶液配管19とを開閉弁20を介設した溶液配管21で接続し、更に吸収溶液を過冷却させる前記空冷熱交換器8の出口から前記吸収器Aに至る溶液配管18と前記蒸発器Eの入口側の冷媒配管22とを開閉弁23を介設してなるバイパス配管24で連結するとともに、前記吸吸収器Aの入口側の溶液配管18に開閉弁27を介設し、冷房運転時には、前記溶液配管21に介設した開閉弁20および前記バイパス配管24の開閉弁23を閉作動させ且つ前記溶液配管18の開閉弁27を開作動させ、前記溶液熱交換器Haに至る配管16の開閉弁17を開作動させ、前記発生器Gの加熱器gをバイパスするバイパス回路13の開閉弁14を前記蒸気圧縮式冷凍機Xにおける前記バイパス回路13の入口冷媒温度が吸収式冷凍機Yの発生器Gの溶液温度を越えると閉作動させるが、暖房運転時には、前記溶液配管21に介設した開閉弁20および前記バイパス配管24の開閉弁23を開作動させ且つ前記溶液配管18の開閉弁27を閉作動させ、前記溶液熱交換器Haに至る配管16の開閉弁17を閉作動させ、前記発生器Gの加熱器gをバイパスするバイパス回路13の開閉弁14を前記蒸気圧縮式冷凍機Xの熱源側熱交換器3の冷媒出口温度が低くなり過ぎた場合に閉作動させるようにしており、そのように構成した場合、前記吸収式冷凍機Yの溶液ポンプPlと前記空冷熱交換器8および冷却ファン10とを運転することで、蒸気圧縮式冷凍機Xにおける冷媒が吸収式冷凍機Yの発生器G内の溶液より吸熱し、吸収式冷凍機Yの溶液が空冷熱交換器8にて外気より吸熱することとなり、冷暖房運転(換言すれば、ヒートポンプ運転)が可能となる。
本願発明では、さらに、上記課題を解決するための第8の手段として、上記第7の手段を備えた冷凍装置において、前記蒸発器Eに溶液を流入させる場合の散布器は、冷媒用とは別に散布器が取り付けられているか、もしくは共用ができるようにすることもでき、そのように構成した場合、溶液がうまく蒸発器Eの伝熱面に散布されることとなる。
本願発明では、さらに、上記課題を解決するための第9の手段として、上記第1、第2、第3、第4、第5、第6、第7又は第8の手段を備えた冷凍装置において、前記蒸発器Eを、液冷媒が一過性でその伝熱面を流れ、未蒸発冷媒が前記吸収器A側へ移動し、吸収溶液に吸収されるように構成することもでき、そのように構成した場合、凝縮器Cからの液冷媒は、蒸発器Eの伝熱面を流下するが、未蒸発冷媒は、吸収器Aへ移動した後、吸収溶液に吸収されることとなり、蒸発器Eと吸収器Aとの構造が簡略化できる。
本願発明では、さらに、上記課題を解決するための第10の手段として、上記第1、第2、第3、第4、第5、第6、第7、第8又は第9の手段を備えた冷凍装置において、前記蒸気圧縮式冷凍機Xを複数台とし、それらの冷媒の排熱を各々回収し、一つの吸収式冷凍機Yの発生器Gで冷媒蒸気を発生させて駆動するように構成することもでき、そのように構成した場合、複数台の蒸気圧縮式冷凍機Xの排熱を有効に利用して1台の吸収式冷凍機Yを駆動させることができる。
本願発明では、さらに、上記課題を解決するための第11の手段として、上記第1、第2、第3、第4、第5、第6、第7、第8、第9又は第10の手段を備えた冷凍装置において、前記発生器Gの熱源として排熱を用いることもでき、そのように構成した場合、やや低温の排熱温水を有効に利用できる。
本願発明では、さらに、上記課題を解決するための第12の手段として、上記第11の手段を備えた冷凍装置において、前記排熱として太陽熱を用いることもでき、そのように構成した場合、冷凍装置の利用範囲を大幅に拡大することができる。
本願発明の第1の手段によれば、蒸気圧縮式冷凍機Xと吸収式冷凍機Yとを組み合わせた冷凍装置において、冷房運転時における前記蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒を前記吸収式冷凍機Yの蒸発器Eで冷却、または過冷却する冷媒冷却方式を採用し、冷房運転時における前記蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒を放熱する際の熱量を前記吸収式冷凍機Yの加熱源として利用すべく、前記蒸気圧縮式冷凍機Xにおける圧縮後の冷媒を前記吸収式冷凍機Yの発生器Gの加熱器gに流入させるが、部分負荷時など前記蒸気圧縮式冷凍機Xにおける圧縮機1の冷媒温度が低い場合には、前記蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒が前記発生器Gをバイパスするようにバイパス回路13を設け且つ該バイパス回路13に開閉弁14を付設するとともに、前記蒸気圧縮式冷凍機Xにおける前記バイパス回路13の入口冷媒温度が前記吸収式冷凍機Yにおける発生器Gの溶液温度を越えると、前記開閉弁14が閉作動するように構成し、前記吸収式冷凍機Yにおける発生器Gにおいて吸収溶液と前記蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒とが熱交換を行い、熱交換した後の蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒が、前記蒸気圧縮式冷凍機Xの熱源側熱交換器3に流入し、前記バイパス回路13の入口冷媒温度が前記吸収式冷凍機Yの発生器Gの溶液温度以下であれば、前記バイパス回路13の開閉弁14が開作動し、該バイパス回路13によって前記蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒を、前記蒸気圧縮式冷凍機Xにおける熱源側熱交換器3に流入させる構成として、蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒が熱源側熱交換器3にて放熱、冷却された後、吸収式冷凍機Yの蒸発器E内の熱交換器eに流入、冷却または過冷却させるようにしているので、冷房運転時において、吸収式冷凍機Yによる冷熱変換で、蒸気圧縮式冷凍機Xの性能を大幅に改善すると同時に蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒を放熱する際の熱量を前記吸収式冷凍機Yの加熱源として利用できるところから、熱源側熱交換器3を小さくすることが可能となるという効果がある。更に、蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒温度が吸収式冷凍機Yにおける発生器Gの溶液温度よりも低い場合には、バイパス回路13に設けた開閉弁14を開作動することによって、蒸気圧縮式冷凍機Xの発生器G内の溶液温度を低下させるということもなくなるところから、蒸気圧縮式冷凍機Xの排熱を吸収式冷凍機Yの加熱源として有効に利用することができるという効果もある。
本願発明の第2の手段におけるように、上記第1の手段を備えた冷凍装置において、前記吸収式冷凍機Yにおける吸収器Aに入る吸収溶液を空冷熱交換器8にて過冷却し、前記吸収器Aにおいては冷媒蒸気を吸収するだけで、吸収熱は前記吸収溶液の顕熱で取り去る間接空冷方式とすることもでき、そのように構成した場合、吸収器Aで冷媒蒸気を吸収させながら吸収溶液を水冷もしくは空冷式で冷却する直接冷却方式に比較して、吸収器Aの構造の簡略化、小型化を図ることができる。
本願発明の第3の手段におけるように、上記第1又は第2の手段を備えた冷凍装置において、前記蒸気圧縮式冷凍機Xに、暖房運転時に冷房運転時とは逆方向に冷媒を流通させるように冷媒流通方向を切り替える四路切換弁2を付設するとともに、暖房運転時には、前記熱源側熱交換器3を機能させるように構成する一方、前記バイパス回路13の開閉弁14を、前記熱源側熱交換器3の冷媒出口温度が低くなり過ぎた場合閉作動し、前記吸収式冷凍機Yの溶液ポンプPlと前記空冷熱交換器8および該空冷熱交換器8に付設された冷却ファン10とを運転することで、蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒が吸収式冷凍機Yの溶液より吸熱し、吸収式冷凍機Yの溶液は空冷熱交換器8において外気より吸熱することとなり、蒸気圧縮式冷凍機Xと吸収式冷凍機Yとを組み合わせた冷凍装置において、暖房運転を円滑に行うことができる。
本願発明の第4の手段におけるように、上記第3の手段を備えた冷凍装置において、前記吸収器Aの出口から溶液ポンプPlを経て前記発生器Gに送られる希溶液と前記発生器Gからの濃溶液とを熱交換させる溶液熱交換器Haを付設し、該溶液熱交換器Haに至る配管16の途中に開閉弁17を介設するとともに、吸収溶液を過冷却させる前記空冷熱交換器8の出口から前記吸収器Aに至る溶液配管18と前記溶液熱交換器Haから前記発生器Gに至る希溶液配管19とを開閉弁20を介設した溶液配管21で接続し、冷房運転時には、前記溶液熱交換器Haに至る配管16の開閉弁17を開作動させ且つ前記溶液配管21の開閉弁20を閉作動させ、前記発生器Gの加熱器gをバイパスするバイパス回路13の開閉弁14を前記蒸気圧縮式冷凍機Xにおける前記バイパス回路13の入口冷媒温度が吸収式冷凍機Yの発生器Gの溶液温度を越えると閉作動させるが、暖房運転時には、前記溶液熱交換器Haに至る配管16の開閉弁17を閉作動させ、前記溶液配管21の開閉弁20を前記蒸気圧縮式冷凍機Xの熱源側熱交換器3の冷媒出口温度が低くなり過ぎた場合に閉作動させ、前記吸収式冷凍機Yの溶液ポンプPlと前記空冷熱交換器8および該空冷熱交換器8に付設された冷却ファン10とを運転することで、蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒が吸収式冷凍機Yの溶液より吸熱し、吸収式冷凍機Yの溶液は空冷熱交換器8において外気より吸熱することとなり、冷暖房運転(換言すれば、ヒートポンプ運転)が可能となる。
本願発明の第5の手段におけるように、上記第3の手段を備えた冷凍装置において、前記吸収器Aの出口から溶液ポンプPlを経て前記発生器Gに送られる希溶液と前記発生器Gからの濃溶液とを熱交換させる溶液熱交換器Haを付設し、該溶液熱交換器Haに至る配管16の途中に開閉弁17を介設するとともに、溶液熱交換器Haから前記発生器Gに至る希溶液配管19とを開閉弁20を介設した溶液配管21で接続し、更に吸収溶液を過冷却させる前記空冷熱交換器8の出口から前記吸収器Aに至る溶液配管18と前記蒸発器Eの入口側の冷媒配管22とを開閉弁23を介設してなるバイパス配管24で連結し、冷房運転時には、前記バイパス配管24の開閉弁23および前記溶液配管18と発生器Gに至る希溶液配管19とを接続する溶液配管21に介設した開閉弁20を閉作動させ且つ前記溶液熱交換器Haに至る配管16の開閉弁17を開作動させ、前記発生器Gの加熱器gをバイパスするバイパス回路13の開閉弁14を前記蒸気圧縮式冷凍機Xにおける前記バイパス回路13の入口冷媒温度が吸収式冷凍機Yの発生器Gの溶液温度を越えると閉作動させるが、暖房運転時には、前記バイパス配管24の開閉弁23および前記溶液配管18より発生器Gに至る希溶液配管19に介設した開閉弁20を開作動させ、前記溶液熱交換器Haに至る配管16の開閉弁17を閉作動させ、前記発生器Gの加熱器gをバイパスするバイパス回路13の開閉弁14を前記蒸気圧縮式冷凍機Xの熱源側熱交換器3の冷媒出口温度が低くなり過ぎた場合に閉作動させるようにし、前記吸収式冷凍機Yの溶液ポンプPlと前記空冷熱交換器8および冷却ファン10とを運転することで、蒸気圧縮式冷凍機Xにおける冷媒が吸収式冷凍機Yの発生器G内の溶液より吸熱し、吸収式冷凍機Yの溶液が空冷熱交換器8にて外気より吸熱することとなり、冷暖房運転(換言すれば、ヒートポンプ運転)が可能となる。
本願発明の第6の手段におけるように、上記第3の手段を備えた冷凍装置において、前記吸収器Aの出口から溶液ポンプPlを経て前記発生器Gに送られる希溶液と前記発生器Gからの濃溶液とを熱交換させる溶液熱交換器Haを付設し、該溶液熱交換器Haに至る配管16の途中に開閉弁17を介設するとともに、吸収溶液を過冷却させる前記空冷熱交換器8の出口から前記吸収器Aに至る溶液配管18と前記溶液熱交換器Haから前記発生器Gに至る希溶液配管19とを開閉弁20を介設した溶液配管21で接続し、更に吸収溶液を過冷却させる前記空冷熱交換器8の出口から前記吸収器Aに至る溶液配管18から分岐して前記蒸発器Eの入口に至るバイパス配管25を設け且つ該バイパス配管25に開閉弁26を介設し、冷房運転時には、前記溶液配管18と発生器Gに至る希溶液配管19とを接続する溶液配管21に介設した開閉弁20および前記バイパス配管25の開閉弁26を閉作動させ且つ前記溶液熱交換器Haに至る配管16の開閉弁17を開作動させ、前記発生器Gの加熱器gをバイパスするバイパス回路13の開閉弁14を前記蒸気圧縮式冷凍機Xにおける前記バイパス回路13の入口冷媒温度が吸収式冷凍機Yの発生器Gの溶液温度を越えると閉作動させるが、暖房運転時には、前記溶液配管18と発生器Gに至る希溶液配管19とを接続する溶液配管21に介設した開閉弁20および前記バイパス配管25の開閉弁26を開作動させ、前記溶液熱交換器Haに至る配管16の開閉弁17を閉作動させ、前記発生器Gの加熱器gをバイパスするバイパス回路13の開閉弁14を前記蒸気圧縮式冷凍機Xの熱源側熱交換器3の冷媒出口温度が低くなり過ぎた場合に閉作動させるようにし、前記吸収式冷凍機Yの溶液ポンプPlと前記空冷熱交換器8および冷却ファン10とを運転することで、蒸気圧縮式冷凍機Xにおける冷媒が吸収式冷凍機Yの発生器G内の溶液より吸熱し、吸収式冷凍機Yの溶液が空冷熱交換器8にて外気より吸熱することとなり、冷暖房運転(換言すれば、ヒートポンプ運転)が可能となる。
本願発明の第7の手段におけるように、上記第3の手段を備えた冷凍装置において、吸収溶液を過冷却させる前記空冷熱交換器8の出口から前記吸収器Aに至る溶液配管18と前記溶液熱交換器Haから前記発生器Gに至る希溶液配管19とを開閉弁20を介設した溶液配管21で接続し、更に吸収溶液を過冷却させる前記空冷熱交換器8の出口から前記吸収器Aに至る溶液配管18と前記蒸発器Eの入口側の冷媒配管22とを開閉弁23を介設してなるバイパス配管24で連結するとともに、前記吸吸収器Aの入口側の溶液配管18に開閉弁27を介設し、冷房運転時には、前記溶液配管21に介設した開閉弁20および前記バイパス配管24の開閉弁23を閉作動させ且つ前記溶液配管18の開閉弁27を開作動させ、前記溶液熱交換器Haに至る配管16の開閉弁17を開作動させ、前記発生器Gの加熱器gをバイパスするバイパス回路13の開閉弁14を前記蒸気圧縮式冷凍機Xにおける前記バイパス回路13の入口冷媒温度が吸収式冷凍機Yの発生器Gの溶液温度を越えると閉作動させるが、暖房運転時には、前記溶液配管21に介設した開閉弁20および前記バイパス配管24の開閉弁23を開作動させ且つ前記溶液配管18の開閉弁27を閉作動させ、前記溶液熱交換器Haに至る配管16の開閉弁17を閉作動させ、前記発生器Gの加熱器gをバイパスするバイパス回路13の開閉弁14を前記蒸気圧縮式冷凍機Xの熱源側熱交換器3の冷媒出口温度が低くなり過ぎた場合に閉作動させるようにし、前記吸収式冷凍機Yの溶液ポンプPlと前記空冷熱交換器8および冷却ファン10とを運転することで、蒸気圧縮式冷凍機Xにおける冷媒が吸収式冷凍機Yの発生器G内の溶液より吸熱し、吸収式冷凍機Yの溶液が空冷熱交換器8にて外気より吸熱することとなり、冷暖房運転(換言すれば、ヒートポンプ運転)が可能となる。
本願発明の第8の手段におけるように、上記第7の手段を備えた冷凍装置において、前記蒸発器Eに溶液を流入させる場合の散布器は、冷媒用とは別に散布器が取り付けられているか、もしくは共用ができるようにすることもでき、そのように構成した場合、溶液がうまく蒸発器Eの伝熱面に散布されることとなる。
本願発明の第9の手段におけるように、上記第1、第2、第3、第4、第5、第6、第7又は第8の手段を備えた冷凍装置において、前記蒸発器Eを、液冷媒が一過性でその伝熱面を流れ、未蒸発冷媒が前記吸収器A側へ移動し、吸収溶液に吸収されるように構成することもでき、そのように構成した場合、凝縮器Cからの液冷媒は、蒸発器Eの伝熱面を流下するが、未蒸発冷媒は、吸収器Aへ移動した後、吸収溶液に吸収されることとなり、蒸発器Eと吸収器Aとの構造が簡略化できる。
本願発明の第10の手段におけるように、上記第1、第2、第3、第4、第5、第6、第7、第8又は第9の手段を備えた冷凍装置において、前記蒸気圧縮式冷凍機Xを複数台とし、それらの冷媒の排熱を各々回収し、一つの吸収式冷凍機Yの発生器Gで冷媒蒸気を発生させて駆動するように構成することもでき、そのように構成した場合、複数台の蒸気圧縮式冷凍機Xの排熱を有効に利用して1台の吸収式冷凍機Yを駆動させることができる。
本願発明の第11の手段におけるように、上記第1、第2、第3、第4、第5、第6、第7、第8、第9又は第10の手段を備えた冷凍装置において、前記発生器Gの熱源として排熱を用いることもでき、そのように構成した場合、やや低温の排熱温水を有効に利用できる。
本願発明の第12の手段におけるように、上記第11の手段を備えた冷凍装置において、前記排熱として太陽熱を用いることもでき、そのように構成した場合、冷凍装置の利用範囲を大幅に拡大することができる。
本願発明の第1の実施の形態にかかる冷凍装置における冷凍サイクルである。 本願発明の第2の実施の形態にかかる冷凍装置における冷凍サイクルである。 本願発明の第3の実施の形態にかかる冷凍装置における冷凍サイクルである。 本願発明の第4の実施の形態にかかる冷凍装置における冷凍サイクルである。 本願発明の第5の実施の形態にかかる冷凍装置における冷凍サイクルである。 本願発明の第6の実施の形態にかかる冷凍装置における冷凍サイクルである。 本願発明の第7の実施の形態にかかる冷凍装置における冷凍サイクルである。 本願発明の第8の実施の形態にかかる冷凍装置における冷凍サイクルである。
以下、添付の図面を参照して、本願発明の幾つかの好適な実施の形態について説明する。
第1の実施の形態
図1には、本願発明の第1の実施の形態にかかる冷凍装置における冷凍サイクルが示されている。
この冷凍サイクルは、例えばCO2を冷媒とする蒸気圧縮式冷凍機Xと吸収式冷凍機Yとを備えて構成されており、前記蒸気圧縮式冷凍機Xは、圧縮機1、四路切換弁2、空冷式の熱源側熱交換器3および二つの利用側熱交換器4,4を備えて構成される一方、前記吸収式冷凍機Yは、冷媒(例えば、水)を吸収する能力に優れた吸収液(例えば、LiBr)の水溶液(以下、単に吸収溶液という)の冷媒吸収能力を回復させるために該溶液を加熱媒体(例えば、排温水)で加熱して濃縮するための発生器Gと、該発生器Gにおいて溶液から分離した蒸気(冷媒)を導入してこれを冷却することによって液化させる空冷式の凝縮器Cと、該凝縮器Cによって液化された冷媒を導入して低圧下で蒸発(気化)させる蒸発器Eと、該蒸発器Eで発生した蒸気(冷媒)を吸収するために過冷却された溶液を散布する吸収器Aと、該吸収器Aで蒸気(冷媒)を吸収したことによって希釈された溶液(希溶液)を濃縮するために再び発生器Gへ送り込むための溶液ポンプPlと、前記吸収器Aに入る吸収溶液を過冷却する空冷熱交換器8とを備えて構成されている。符号5はアキュムレータ、6は熱源側熱交換器3に併設された冷却ファン、7Aは冷房用膨張機構、7Bは暖房用膨張機構、9は凝縮器Cに付設された冷却ファン、10は空冷熱交換器8に付設された冷却ファン、11Aは冷房用膨張機構7Aに併設された逆止弁、11Bは暖房用膨張機構7Bに併設された逆止弁、Haは吸収器Aから出た希溶液の一部(発生器Gへ供給される希溶液)と発生器Gから出た濃溶液とを熱交換する溶液熱交換器である。
上記蒸気圧縮式冷凍機Xにおいては、圧縮機1から吐出された冷媒(例えば、CO2)は、冷房運転時には、四路切換弁2、熱源側熱交換器3、膨張機構7A,7A、利用側熱交換器4,4、四路切換弁2およびアキュムレータ5を経て圧縮機1に還流し、暖房運転時には、四路切換弁2、利用側熱交換器4,4、膨張機構7B、熱源側熱交換器3、四路切換弁2およびアキュムレータ5を経て圧縮機1に還流することとなっており、その過程において、利用側熱交換器4,4において冷房作用および暖房作用が得られることとなっている。
一方、上記吸収式冷凍機Yは、凝縮器Cからの液冷媒が蒸発器Eの上部から伝熱面に散布される冷媒一過性方式の蒸発器Eが用いられており、前記蒸発器Eと一体の駆体Z内に収められた吸収器A内では、前記蒸発器Eで蒸発させた冷媒蒸気を単に吸収させるだけで、吸収熱は過冷却された溶液Lの顕熱で取り去る間接空冷(溶液分離冷却)方式の吸収式冷凍機とされている。
そして、本実施の形態にかかる冷凍装置においては、冷房運転時における前記蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒を前記吸収式冷凍機Yの蒸発器Eで冷却、または過冷却する冷媒冷却方式を採用し、冷房運転時における前記蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒を放熱する際の熱量を前記吸収式冷凍機Yの加熱源として利用すべく、前記蒸気圧縮式冷凍機Xにおける圧縮後の冷媒を前記吸収式冷凍機Yの発生器Gの加熱器gに流入させるが、部分負荷時など前記蒸気圧縮式冷凍機Xにおける圧縮機1の冷媒温度が低い場合には、前記蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒が前記発生器Gをバイパスするようにバイパス回路13を設け且つ該バイパス回路13に開閉弁14を付設している。前記蒸気圧縮式冷凍機Xにおける前記バイパス回路13の入口冷媒温度が前記吸収式冷凍機Yにおける発生器Gの溶液温度を越えると、前記開閉弁14が閉作動するようにし、前記吸収式冷凍機Yにおける発生器Gにおいて吸収溶液と前記蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒とが熱交換を行い、熱交換した後の蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒を蒸気圧縮式冷凍機Xの熱源側熱交換器3に流入し、前記バイパス回路13の入口冷媒温度が吸収式冷凍機Yの発生器Gの溶液温度以下であれば、バイパス回路13の開閉弁14を開作動し、バイパス回路13によって蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒が、該蒸気圧縮式冷凍機Xにおける熱源側熱交換器3に流入し、該熱源側熱交換器3から前記吸収式冷凍機Yにおける蒸発器Eの熱交換器eに流入させる構成としている。
上記のように構成したことにより、冷房運転時において、吸収式冷凍機Yによる冷熱変換で、蒸気圧縮式冷凍機Xの性能を大幅に改善すると同時に蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒を放熱する際の熱量を前記吸収式冷凍機Yの加熱源として利用できるところから、熱源側熱交換器3を小さくすることが可能となる。仮に、発生器Gをバイパスして蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒が直接熱源側熱交換器3に流入する場合でも蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒温度が低いことから熱源側熱交換器3を小さくしても問題がなく、低コスト化ができる。さらに、上記のように構成したことにより、冷房運転時の部分負荷時など蒸気圧縮式冷凍機Xにおける圧縮機1の冷媒温度が低い場合には、前記蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒が吸収式冷凍機Yにおける発生器Gをバイパスするバイパス回路13の開閉弁14を開作動することで、吸収式冷凍機Yの発生器Gに温度の低い蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒が流入して前記発生器Gの溶液温度を低下させるということもない。従って、バイパス回路13と開閉弁14とを付設するという簡単な構成で、冷房運転時において、蒸気圧縮式冷凍機Xの排熱を吸収式冷凍機Yの加熱源として有効に利用することができる。
本実施の形態においては、前記吸収式冷凍機Yにおける吸収器Aに入る吸収溶液を空冷,熱交換器8にて過冷却し、前記吸収器Aにおいては冷媒蒸気を吸収するだけで、吸収熱は前記吸収溶液の顕熱で取り去る間接空冷方式としており、そのように構成した場合、吸収器Aで冷媒蒸気を吸収させながら吸収溶液を水冷もしくは空冷式で冷却する直接冷却方式に比較して、吸収器Aの構造の簡略化、小型化を図ることができる。
第2の実施の形態
図2には、本願発明の第2の実施の形態にかかる冷凍装置における冷凍サイクルが示されている。
この場合、蒸気圧縮式冷凍機Xと吸収式冷凍機Yとを組み合わせた冷凍装置において、四路切換弁2の切換作動によって、暖房運転時には、蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒が冷房運転時と逆方向に流通するように切り換えられ、蒸気圧縮式冷凍機Xの熱源側熱交換器3を機能させるように構成する一方、バイパス回路13の開閉弁14は、前記蒸気圧縮式冷凍機Xの熱源側熱交換器3の冷媒出口温度が低くなり過ぎた場合に閉作動され、前記蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒が前記吸収式冷凍機Yの発生器G内の加熱器gに流入し、前記吸収式冷凍機Yの溶液ポンプPlと前記空冷熱交換器8および該空冷熱交換器8に付設された冷却ファン10とを運転することで、蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒が吸収式冷凍機Yの溶液より吸熱し、吸収式冷凍機Yの溶液は空冷熱交換器8において外気より吸熱することとなり、暖房運転を円滑に行うことができる。その他の構成および作用効果は、第1の実施の形態におけると同様なので説明を省略する。
第3の実施の形態
図3には、本願発明の第3の実施の形態にかかる冷凍装置における冷凍サイクルが示されている。
この場合、溶液熱交換器Haに至る配管16の途中に開閉弁17を介設するとともに、空冷熱交換器8の出口から吸収器Aに至る溶液配管18と前記溶液熱交換器Haから前記発生器Gに至る希溶液配管19とを開閉弁20を介設した溶液配管21で接続している。 そして、冷房運転時には、前記発生器Gをバイパスするバイパス回路13に介設した開閉弁14を、蒸気圧縮式冷凍機Xにおける前記バイパス回路13の入口冷媒温度が吸収式冷凍機Yの発生器Gの溶液温度を越えると閉作動し、前記溶液熱交換器Haに至る配管16の開閉弁17を開作動させ且つ前記溶液配管21の開閉弁20を閉作動させることとなっている。
一方、暖房運転時には、前記蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒が冷房運転時と逆方向に流通するように四路切換弁2を切換え、前記溶液熱交換器Haに至る配管16の開閉弁17を閉作動させ、前記溶液配管21の開閉弁20を開作動させ、前記発生器Gの加熱器gをバイパスするバイパス回路13の開閉弁14を前記蒸気圧縮式冷凍機Xの熱源側熱交換器3の冷媒出口温度が低くなり過ぎると閉作動させることとなっている。
このようにすると、開閉弁14,17,20の開閉作動により、暖房運転時において、前記吸収式冷凍機Yの溶液ポンプPlと前記空冷熱交換器8および該空冷熱交換器8に付設された冷却ファン10とを運転することで、蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒が前記蒸気圧縮式冷凍機Xの熱源側熱交換器3の冷媒出口温度が低くなり過ぎた場合に吸収式冷凍機Yの発生器G内の溶液より吸熱し、吸収式冷凍機Yの溶液が空冷熱交換器8において外気より吸熱することとなり、蒸気圧縮式冷凍機Xにおける冷暖房運転(換言すれば、ヒートポンプ運転)が可能となる。その他の構成および作用効果は、第1の実施の形態におけると同様なので説明を省略する。
第4の実施の形態
図4には、本願発明の第4の実施の形態にかかる冷凍装置における冷凍サイクルが示されている。
この場合、溶液熱交換器Haに至る配管16の途中に開閉弁17を介設するとともに、空冷熱交換器8の出口から吸収器Aに至る溶液配管18と蒸発器Eの入口側の冷媒配管22とを開閉弁23を介設してなるバイパス配管24で連結している。
そして、冷房運転時には、前記発生器Gの加熱器gをバイパスするバイパス回路13の開閉弁14を、蒸気圧縮式冷凍機Xにおける前記バイパス回路13の入口冷媒温度が吸収式冷凍機Yの発生器Gの溶液温度を越えると閉作動させ、前記バイパス配管24の開閉弁23を閉作動させ且つ前記溶液熱交換器Haに至る配管16の開閉弁17を開作動させるようにしている。
一方、暖房運転時には、前記蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒が冷房運転時と逆方向に流通するように四路切換弁2を切換え、前記バイパス配管24の開閉弁23を開作動させ、前記溶液熱交換器Haに至る配管16の開閉弁17を閉作動させ、前記発生器Gの加熱器gをバイパスするバイパス回路13の開閉弁14を前記蒸気圧縮式冷凍機Xの熱源側熱交換器3の冷媒出口温度が低くなり過ぎると閉作動させるようにしている。
このようにすると、開閉弁14,17,23の開閉作動により、暖房運転時において、前記吸収式冷凍機Yの溶液ポンプPlと前記空冷熱交換器8および該空冷熱交換器8に付設された冷却ファン10とを運転することで、蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒が前記蒸気圧縮式冷凍機Xの熱源側熱交換器3の冷媒出口温度が低くなり過ぎた場合に吸収式冷凍機Yの発生器G内の溶液より吸熱し、吸収式冷凍機Yの溶液が空冷熱交換器8において外気より吸熱することとなり、蒸気圧縮式冷凍機Xにおける冷暖房運転(換言すれば、ヒートポンプ運転)が可能となる。その他の構成および作用効果は、第1の実施の形態におけると同様なので説明を省略する。
第5の実施の形態
図5には、本願発明の第5の実施の形態にかかる冷凍装置における冷凍サイクルが示されている。
この場合、溶液熱交換器Haに至る配管16の途中に開閉弁17を介設するとともに、空冷熱交換器8の出口から吸収器Aに至る溶液配管18から分岐して蒸発器Eの入口に至るバイパス配管25を設け且つ該バイパス配管25に開閉弁26を介設している。
そして、冷房運転時には、前記発生器Gの加熱器gをバイパスするバイパス回路13の開閉弁14を、蒸気圧縮式冷凍機Xにおける前記バイパス回路13の入口冷媒温度が吸収式冷凍機Yの発生器Gの溶液温度を越えると閉作動させ、前記バイパス配管25の開閉弁26を閉作動させ且つ前記溶液熱交換器Haに至る配管16の開閉弁17を開作動させるようにしている。
一方、暖房運転時には、前記蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒が冷房運転時と逆方向に流通するように四路切換弁2を切換え、前記バイパス配管25の開閉弁26を開作動させ、前記溶液熱交換器Haに至る配管16の開閉弁17を閉作動させ、前記発生器Gの加熱器gをバイパスするバイパス回路13の開閉弁14を前記蒸気圧縮式冷凍機Xの熱源側熱交換器3の冷媒出口温度が低くなり過ぎると閉作動させるようにしている。
このようにすると、開閉弁14,17,26の開閉作動により、暖房運転時において、前記吸収式冷凍機Yの溶液ポンプPlと前記空冷熱交換器8および該空冷熱交換器8に付設された冷却ファン10とを運転することで、蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒が前記蒸気圧縮式冷凍機Xの熱源側熱交換器3の冷媒出口温度が低くなり過ぎた場合に吸収式冷凍機Yの発生器G内の溶液より吸熱し、吸収式冷凍機Yの溶液が空冷熱交換器8において外気より吸熱することとなり、蒸気圧縮式冷凍機Xにおける冷暖房運転(換言すれば、ヒートポンプ運転)が可能となる。
なお、この場合、蒸発器Eに溶液を流入させる場合の散布器は、冷媒用とは別に散布器が取り付けられているか、もしくは共用ができるようにすることもできる。このようにすると、溶液がうまく蒸発器Eの伝熱面に散布されることとなる。その他の構成および作用効果は、第1の実施の形態におけると同様なので説明を省略する。
第6の実施の形態
図6には、本願発明の第6の実施の形態にかかる冷凍装置における冷凍サイクルが示されている。
この場合、第4の実施の形態において、空冷熱交換器8の出口から吸収器Aに至る溶液配管18と蒸発器Eの入口側の冷媒配管22とを開閉弁23を介設してなるバイパス配管24で連結するとともに、吸収器Aの入口側の溶液配管18に開閉弁27を介設し、冷房運転時には、前記バイパス配管24の開閉弁23を閉作動させ且つ前記溶液配管18の開閉弁27を開作動させ、前記溶液配管21の開閉弁20を閉作動させ且つ前記溶液熱交換器Haに至る配管16の開閉弁17を開作動させ、前記発生器Gの加熱器gをバイパスするバイパス回路13の開閉弁14を蒸気圧縮式冷凍機Xにおける前記バイパス回路13の入口冷媒温度が吸収式冷凍機Yの発生器Gの溶液温度を越えると閉作動させるが、暖房運転時には、前記蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒が冷房運転時と逆方向に流通するように四路切換弁2を切換え、前記バイパス配管24の開閉弁23を開作動させ且つ前記溶液配管18の開閉弁27を閉作動させ、前記溶液配管21の開閉弁20を開作動させ且つ前記溶液熱交換器Haに至る配管16の開閉弁17を閉作動させ、前記発生器Gの加熱器gをバイパスするバイパス回路13の開閉弁14を前記蒸気圧縮式冷凍機Xの熱源側熱交換器3の冷媒出口温度が低くなり過ぎると閉作動させるように構成している。このようにすると、開閉弁14,17,20,23,27の開閉作動により、暖房運転時において、前記吸収式冷凍機Yの溶液ポンプPlと前記空冷熱交換器8および該空冷熱交換器8に付設された冷却ファン10とを運転することで、蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒が前記蒸気圧縮式冷凍機Xの熱源側熱交換器3の冷媒出口温度が低くなり過ぎた場合に吸収式冷凍機Yの発生器G内の溶液より吸熱し、吸収式冷凍機Yの溶液が空冷熱交換器8において外気より吸熱することとなり、蒸気圧縮式冷凍機Xにおける冷暖房運転(換言すれば、ヒートポンプ運転)が可能となる。その他の構成および作用効果は、第4の実施の形態におけると同様なので説明を省略する。
第7の実施の形態
図7には、本願発明の第7の実施の形態にかかる冷凍装置における冷凍サイクルが示されている。
この場合、2台の蒸気圧縮式冷凍機X,X′と1台の吸収式冷凍機Yとを組み合わせた構成とされている。つまり、2台の蒸気圧縮式冷凍機X,X′を1台の吸収式冷凍機Yに対して並列に接続し、冷房運転時における蒸気圧縮式冷凍機X,X′の吐出冷媒が吸収式冷凍機Yにおける発生器Gの加熱器gに供給される構成となっているのである。また、吸収式冷凍機Yにおける発生器Gの加熱器gをそれぞれバイパスするバイパス回路13,13′に開閉弁14,14′を介設している。そして、吸収式冷凍機Yにおいては、溶液熱交換器Haに至る配管16の途中に開閉弁17を介設するとともに、空冷熱交換器8の出口から吸収器Aに至る溶液配管18と蒸発器Eの入口側の冷媒配管22とを開閉弁23を介設してなるバイパス配管24で連結し且つ吸収器Aの入口側の溶液配管18に開閉弁26を介設している。
そして、冷房運転時には、前記バイパス配管24の開閉弁23を閉作動させ且つ前記溶液熱交換器Haに至る配管16の開閉弁17を開作動させ、前記吸収器Aの入口側の溶液配管18の開閉弁27を開作動させ、前記発生器Gの加熱器gをそれぞれバイパスするバイパス回路13,13′の開閉弁14,14′を蒸気圧縮式冷凍機X,X′における前記バイパス回路13,13′の入口冷媒温度が吸収式冷凍機Yの発生器Gの溶液温度を越えると閉作動させるようになっている。
一方、暖房運転時には、前記バイパス配管24の開閉弁23を開作動させ、前記溶液熱交換器Haに至る配管16の開閉弁17を閉作動させ、前記吸収器Aの入口側の溶液配管18の開閉弁27を閉作動させ、前記発生器Gの加熱器gをそれぞれバイパスするバイパス回路13,13′の開閉弁14,14′を前記蒸気圧縮式冷凍機X,X′の熱源側熱交換器3,3の冷媒出口温度が低くなり過ぎると閉作動させるようになっている。図示の場合、追加された蒸気圧縮式冷凍機X′における四路切換弁は図示省略されている。
上記のようにすると、2台の蒸気圧縮式冷凍機X,X′の排熱を有効に利用して1台の吸収式冷凍機Yを駆動させることができ、吸収式冷凍機Yによる冷熱変換で、蒸気圧縮式冷凍機Xの性能を大幅に改善することができる。また、蒸気圧縮式冷凍機Xにおける冷暖房運転(換言すれば、ヒートポンプ運転)が可能となり、冷凍装置の利用範囲を大幅に拡大することができる。
なお、第1ないし第7の実施の形態においても、複数台の蒸気圧縮式冷凍機の冷媒の排熱を各々回収し、一つの吸収式冷凍機の発生器で冷媒蒸気を発生させて駆動するように構成することもできる。このようにすると、複数台の蒸気圧縮式冷凍機の排熱を有効に利用して1台の吸収式冷凍機を駆動させることができる。
その他の構成および作用効果は、第1の実施の形態におけると同様なので説明を省略する。
第8の実施の形態
図8には、本願発明の第8の実施の形態にかかる冷凍装置における冷凍サイクルが示されている。
この場合は、第7の実施の形態で示されている吸収式冷凍機Yにおける発生器Gにおいては、複数台の蒸気圧縮式冷凍機Xの冷媒が供給される加熱器gとなっているが、第8の実施の形態では、これとは別に排熱(例えば、太陽熱)が供給される加熱器g′が追加配設されている。このようにすると、別の排熱温水を有効に利用でき、排熱として太陽熱を用いた場合等、冷凍装置の利用範囲を大幅に拡大することができる。その他の構成および作用効果は、第6の実施の形態におけると同様なので説明を省略する。
ところで、上記各実施の形態において、前記蒸発器Eを、液冷媒が一過性でその伝熱面を流れ、未蒸発冷媒が前記吸収器A側へ移動し、吸収溶液に吸収されるように構成することもできる。このようにすると、凝縮器Cからの液冷媒は、蒸発器Eの伝熱面を流下するが、未蒸発冷媒は、吸収器Aへ移動した後、吸収溶液に吸収されることとなり、蒸発器Eと吸収器Aとの構造が簡略化できる。
本願発明は、上記各実施の形態に限定されるものではなく、発明の要旨を逸脱しない範囲において適宜設計変更可能なことは勿論である。
2は四路切換弁
3は熱源側熱交換器
6は冷却ファン
8は空冷熱交換器
13はバイパス回路
14は開閉弁
16は配管
17は開閉弁
18は溶液配管
19は希溶液配管
20は開閉弁
21は溶液配管
22は冷媒配管
23は開閉弁
24,25はバイパス配管
26,27は開閉弁
Aは吸収器
Cは凝縮器
Eは蒸発器
Gは発生器
eは熱交換器
gは加熱器
Plは溶液ポンプ
Xは蒸気圧縮式冷凍機
Yは吸収式冷凍機

Claims (12)

  1. 蒸気圧縮式冷凍機(X)と吸収式冷凍機(Y)とを組み合わせた冷凍装置であって、冷房運転時における前記蒸気圧縮式冷凍機(X)の冷媒を前記吸収式冷凍機(Y)の蒸発器(E)で冷却、または過冷却する冷媒冷却方式を採用し、冷房運転時における前記蒸気圧縮式冷凍機(X)の冷媒を放熱する際の熱量を前記吸収式冷凍機(Y)の加熱源として利用すべく、前記蒸気圧縮式冷凍機(X)における圧縮後の冷媒を前記吸収式冷凍機(Y)の発生器(G)の加熱器(g)に流入させるが、冷媒が前記吸収式冷凍機(Y)の発生器(G)をバイパスするバイパス回路(13)を設け且つ該バイパス回路(13)に開閉弁(14)を付設し、前記バイパス回路(13)の入口冷媒温度が前記発生器(G)の溶液温度を越えると、前記開閉弁(14)が閉作動するとともに、前記発生器(G)において吸収溶液と熱交換した後の蒸気圧縮式冷凍機(X)の冷媒、もしくは前記バイパス回路(13)からの前記蒸気圧縮式冷凍機(X)の冷媒を、前記吸収式冷凍機(Y)における蒸発器(E)の熱交換器(e)に流入させる構成としたことを特徴とする冷凍装置。
  2. 前記吸収式冷凍機(Y)における吸収器(A)に入る吸収溶液を空冷熱交換器(8)にて過冷却し、前記吸収器(A)においては冷媒蒸気を吸収するだけで、吸収熱は前記吸収溶液の顕熱で取り去る間接空冷方式としたことを特徴とする請求項1記載の冷凍装置。
  3. 前記蒸気圧縮式冷凍機(X)に、暖房運転時に冷房運転時とは逆方向に冷媒を流通させるように冷媒流通方向を切り替える四路切換弁(2)を付設するとともに、暖房運転時には、前記熱源側熱交換器(3)を機能させるように構成する一方、前記バイパス回路(13)の開閉弁(14)を前記蒸気圧縮式冷凍機(X)の熱源側熱交換器(3)の冷媒出口温度が低くなり過ぎた場合に閉作動させ、前記蒸気圧縮式冷凍機(X)の冷媒が前記発生器(G)内の加熱器(g)にて、前記吸収式冷凍機(Y)の溶液ポンプ(Pl)と前記空冷熱交換器(8)および該空冷熱交換器(8)に併設された冷却ファン(10)とを運転することで、前記発生器(G)内の溶液より吸熱し、溶液は前記空冷熱交換器(8)にて外気より吸熱するように構成したことを特徴とする請求項1および2のいずれか一項記載の冷凍装置。
  4. 前記吸収器(A)の出口から溶液ポンプ(Pl)を経て前記発生器(G)に送られる希溶液と前記発生器(G)からの濃溶液とを熱交換させる溶液熱交換器(Ha)を付設し、該溶液熱交換器(Ha)に至る配管(16)の途中に開閉弁(17)を介設するとともに、吸収溶液を過冷却させる前記空冷熱交換器(8)の出口から前記吸収器(A)に至る溶液配管(18)と前記溶液熱交換器(Ha)から前記発生器(G)に至る希溶液配管(19)とを開閉弁(20)を介設した溶液配管(21)で接続し、冷房運転時には、前記溶液熱交換器(Ha)に至る配管(16)の開閉弁(17)を開作動させ且つ前記溶液配管(21)の開閉弁(20)を閉作動させ、前記発生器(G)の加熱器(g)をバイパスするバイパス回路(13)の開閉弁(14)を前記バイパス回路(13)の入口冷媒温度が前記発生器(G)の溶液温度を越えると閉作動させるが、暖房運転時には、前記溶液熱交換器(Ha)に至る配管(16)の開閉弁(17)を閉作動させ、前記溶液配管(21)の開閉弁(20)を開作動させ、前記発生器(G)の加熱器(g)をバイパスするバイパス回路(13)の開閉弁(14)を前記蒸気圧縮式冷凍機(X)の熱源側熱交換器(3)の冷媒出口温度が低くなり過ぎた場合に閉作動させ、前記蒸気圧縮式冷凍機(X)の冷媒が前記発生器(G)内の加熱器(g)にて、前記吸収式冷凍機(Y)の溶液ポンプ(Pl)と前記空冷熱交換器(8)および該空冷熱交換器(8)に併設された冷却ファン(10)とを運転することで、前記発生器(G)内の溶液より吸熱し、溶液は前記空冷熱交換器(8)にて外気より吸熱するように構成したことを特徴とする請求項3記載の冷凍装置。
  5. 前記吸収器(A)の出口から溶液ポンプ(Pl)を経て前記発生器(G)に送られる希溶液と前記発生器(G)からの濃溶液とを熱交換させる溶液熱交換器(Ha)を付設し、該溶液熱交換器(Ha)に至る配管(16)の途中に開閉弁(17)を介設するとともに、吸収溶液を過冷却させる前記空冷熱交換器(8)の出口から前記吸収器(A)に至る溶液配管(18)と前記蒸発器(E)の入口側の冷媒配管(22)とを開閉弁(23)を介設してなるバイパス配管(24)で連結し、冷房運転時には、前記バイパス配管(24)の開閉弁(23)を閉作動させ且つ前記溶液熱交換器(Ha)に至る配管(16)の開閉弁(17)を開作動させ、前記発生器(G)の加熱器(g)をバイパスするバイパス回路(13)の開閉弁(14)を前記バイパス回路(13)の入口冷媒温度が前記発生器(G)の溶液温度を越えると閉作動させるが、暖房運転時には、前記バイパス配管(24)の開閉弁(23)を開作動させ、前記溶液熱交換器(Ha)に至る配管(16)の開閉弁(17)を閉作動させ、前記発生器(G)の加熱器(g)をバイパスするバイパス回路(13)の開閉弁(14)を前記蒸気圧縮式冷凍機(X)の熱源側熱交換器(3)の冷媒出口温度が低くなり過ぎた場合に閉作動させ、前記蒸気圧縮式冷凍機(X)の冷媒が前記発生器(G)内の加熱器(g)にて、前記吸収式冷凍機(Y)の溶液ポンプ(Pl)と前記空冷熱交換器(8)および該空冷熱交換器(8)に併設された冷却ファン(10)とを運転することで、前記発生器(G)内の溶液より吸熱し、溶液は前記空冷熱交換器(8)にて外気より吸熱するように構成したことを特徴とする請求項3記載の冷凍装置。
  6. 前記吸収器(A)の出口から溶液ポンプ(Pl)を経て前記発生器(G)に送られる希溶液と前記発生器(G)からの濃溶液とを熱交換させる溶液熱交換器(Ha)を付設し、該溶液熱交換器(Ha)に至る配管(16)の途中に開閉弁(17)を介設するとともに、吸収溶液を過冷却させる前記空冷熱交換器(8)の出口から前記吸収器(A)に至る溶液配管(18)から分岐して前記蒸発器(E)の入口に至るバイパス配管(25)を設け且つ該バイパス配管(25)に開閉弁(26)を介設し、冷房運転時には、前記バイパス配管(25)の開閉弁(26)を閉作動させ且つ前記溶液熱交換器(Ha)に至る配管(16)の開閉弁(17)を開作動させ、前記発生器(G)の加熱器(g)をバイパスするバイパス回路(13)の開閉弁(14)を前記バイパス回路(13)の入口冷媒温度が前記発生器(G)の溶液温度を越えると閉作動させるが、暖房運転時には、前記バイパス配管(25)の開閉弁(26)を開作動させ、前記溶液熱交換器(Ha)に至る配管(16)の開閉弁(17)を閉作動させ、前記発生器(G)の加熱器(g)をバイパスするバイパス回路(13)の開閉弁(14)を前記蒸気圧縮式冷凍機(X)の熱源側熱交換器(3)の冷媒出口温度が低くなり過ぎた場合に閉作動させ、前記蒸気圧縮式冷凍機(X)の冷媒が前記発生器(G)内の加熱器(g)にて、前記吸収式冷凍機(Y)の溶液ポンプ(Pl)と前記空冷熱交換器(8)および該空冷熱交換器(8)に併設された冷却ファン(10)とを運転することで、前記発生器(G)内の溶液より吸熱し、溶液は前記空冷熱交換器(8)にて外気より吸熱するように構成したことを特徴とする請求項3記載の冷凍装置。
  7. 吸収溶液を過冷却させる前記空冷熱交換器(8)の出口から前記吸収器(A)に至る溶液配管(18)と前記蒸発器(E)の入口側の冷媒配管(22)とを開閉弁(23)を介設してなるバイパス配管(24)で連結するとともに、前記吸収器(A)の入口側の溶液配管(18)に開閉弁(27)を介設し、冷房運転時には、前記バイパス配管(24)の開閉弁(23)を閉作動させ且つ前記溶液配管(18)の開閉弁(27)を開作動させ、前記溶液配管(21)の開閉弁(20)を閉作動させ且つ前記溶液熱交換器(Ha)に至る配管(16)の開閉弁(17)を開作動させ、前記発生器(G)の加熱器(g)をバイパスするバイパス回路(13)の開閉弁(14)を前記バイパス回路(13)の入口冷媒温度が前記発生器(G)の溶液温度を越えると閉作動させるが、暖房運転時には、前記バイパス配管(24)の開閉弁(23)を開作動させ且つ前記溶液配管(18)の開閉弁(27)を閉作動させ、前記溶液配管(21)の開閉弁(20)を開作動させ且つ前記溶液熱交換器(Ha)に至る配管(16)の開閉弁(17)を閉作動させ、前記発生器(G)の加熱器(g)をバイパスするバイパス回路(13)の開閉弁(14)を開作動させ、前記蒸気圧縮式冷凍機(X)の冷媒が前記発生器(G)内の加熱器(g)にて、前記吸収式冷凍機(Y)の溶液ポンプ(Pl)と前記空冷熱交換器(8)および該空冷熱交換器(8)に併設された冷却ファン(10)とを運転することで、前記発生器(G)内の溶液より吸熱し、溶液は前記空冷熱交換器(8)にて外気より吸熱するように構成したことを特徴とする請求項4記載の冷凍装置。
  8. 前記蒸発器(E)に溶液を流入させる場合の散布器を、冷媒用とは別に散布器が取り付けられているか、もしくは共用ができるようにしたことを特徴とする請求項7記載の冷凍装置。
  9. 前記蒸発器(E)を、液冷媒が一過性でその伝熱面を流れ、未蒸発冷媒が前記吸収器(A)側へ移動し、吸収溶液に吸収されるように構成したことを特徴とする請求項1、2、3、4、5、6、7および8のいずれか一項記載の冷凍装置。
  10. 前記蒸気圧縮式冷凍機(X)を複数台とし、それらの冷媒の排熱を各々回収し、一つの吸収式冷凍機Yの発生器Gで冷媒蒸気を発生させて駆動するように構成したことを特徴とする請求項1、2、3、4、5、6、7、8および9のいずれか一項記載の冷凍装置。
  11. 前記発生器(G)の熱源として排熱を用いたことを特徴とする請求項1、2、3、4、5、6、7、8、9および10のいずれか一項記載の冷凍装置。
  12. 前記排熱として太陽熱を用いたことを特徴とする請求項11記載の冷凍装置。
JP2009092902A 2009-04-07 2009-04-07 冷凍装置 Expired - Fee Related JP5375283B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009092902A JP5375283B2 (ja) 2009-04-07 2009-04-07 冷凍装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009092902A JP5375283B2 (ja) 2009-04-07 2009-04-07 冷凍装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2010243079A true JP2010243079A (ja) 2010-10-28
JP5375283B2 JP5375283B2 (ja) 2013-12-25

Family

ID=43096262

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009092902A Expired - Fee Related JP5375283B2 (ja) 2009-04-07 2009-04-07 冷凍装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5375283B2 (ja)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101141360B1 (ko) * 2010-12-21 2012-05-14 엘지전자 주식회사 압축식 및 흡수식을 이용한 히트펌프 시스템
WO2013036012A2 (ko) * 2011-09-07 2013-03-14 Jin Ju-Hwan 복합 냉동기
CN104964477A (zh) * 2015-07-31 2015-10-07 上海缔森能源技术有限公司 一种多级板式蒸发吸收式制冷装置和方法
CN105485960A (zh) * 2016-01-08 2016-04-13 上海缔森能源技术有限公司 一种双蒸气压缩系统吸收式制冷方法及装置
CN105650938A (zh) * 2016-01-08 2016-06-08 上海缔森能源技术有限公司 一种全电力回用排放热的吸收式制冷方法和装置
CN106091547A (zh) * 2016-06-16 2016-11-09 中原工学院 双温冷藏车的太阳能喷射与压缩一体化制冷系统
US10006646B2 (en) 2015-04-30 2018-06-26 Samsung Electronics Co., Ltd. Outdoor unit of air conditioner and control device for the outdoor unit
CN109631416A (zh) * 2019-01-04 2019-04-16 重庆大学 水气两用平板型太阳能集热和辐射制冷综合利用装置

Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS58108372A (en) * 1981-12-22 1983-06-28 Matsushita Electric Ind Co Ltd Air-conditioning hot-water supply device
JPH0894202A (ja) * 1994-09-22 1996-04-12 Saburo Kubo 空気調和装置
JP2002349996A (ja) * 2001-05-29 2002-12-04 Ebara Corp 排熱回収式空気調和装置
JP2003004334A (ja) * 2001-06-25 2003-01-08 Ebara Corp 排熱回収式空気調和装置
JP2004028374A (ja) * 2002-06-21 2004-01-29 Ebara Corp 吸収式と圧縮式とを組合せた冷凍装置
JP2006017350A (ja) * 2004-06-04 2006-01-19 Sanyo Electric Co Ltd 冷凍装置
JP2009052811A (ja) * 2007-08-28 2009-03-12 Daikin Ind Ltd 排熱駆動型吸収式冷凍装置

Patent Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS58108372A (en) * 1981-12-22 1983-06-28 Matsushita Electric Ind Co Ltd Air-conditioning hot-water supply device
JPH0894202A (ja) * 1994-09-22 1996-04-12 Saburo Kubo 空気調和装置
JP2002349996A (ja) * 2001-05-29 2002-12-04 Ebara Corp 排熱回収式空気調和装置
JP2003004334A (ja) * 2001-06-25 2003-01-08 Ebara Corp 排熱回収式空気調和装置
JP2004028374A (ja) * 2002-06-21 2004-01-29 Ebara Corp 吸収式と圧縮式とを組合せた冷凍装置
JP2006017350A (ja) * 2004-06-04 2006-01-19 Sanyo Electric Co Ltd 冷凍装置
JP2009052811A (ja) * 2007-08-28 2009-03-12 Daikin Ind Ltd 排熱駆動型吸収式冷凍装置

Cited By (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101141360B1 (ko) * 2010-12-21 2012-05-14 엘지전자 주식회사 압축식 및 흡수식을 이용한 히트펌프 시스템
WO2013036012A2 (ko) * 2011-09-07 2013-03-14 Jin Ju-Hwan 복합 냉동기
WO2013036012A3 (ko) * 2011-09-07 2013-05-02 Jin Ju-Hwan 복합 냉동기
US10006646B2 (en) 2015-04-30 2018-06-26 Samsung Electronics Co., Ltd. Outdoor unit of air conditioner and control device for the outdoor unit
CN104964477A (zh) * 2015-07-31 2015-10-07 上海缔森能源技术有限公司 一种多级板式蒸发吸收式制冷装置和方法
CN105485960A (zh) * 2016-01-08 2016-04-13 上海缔森能源技术有限公司 一种双蒸气压缩系统吸收式制冷方法及装置
CN105650938A (zh) * 2016-01-08 2016-06-08 上海缔森能源技术有限公司 一种全电力回用排放热的吸收式制冷方法和装置
CN105650938B (zh) * 2016-01-08 2018-01-09 上海缔森能源技术有限公司 一种全电力回用排放热的吸收式制冷方法和装置
CN106091547A (zh) * 2016-06-16 2016-11-09 中原工学院 双温冷藏车的太阳能喷射与压缩一体化制冷系统
CN109631416A (zh) * 2019-01-04 2019-04-16 重庆大学 水气两用平板型太阳能集热和辐射制冷综合利用装置

Also Published As

Publication number Publication date
JP5375283B2 (ja) 2013-12-25

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5375283B2 (ja) 冷凍装置
JP2004257586A (ja) 二酸化炭素を冷媒として用いた冷凍装置
JPWO2006051617A1 (ja) Co2を冷媒としたヒートポンプ及びその運転方法
JP4717589B2 (ja) ハイブリッドヒートポンプシステム
JP5904628B2 (ja) デフロスト運転用の冷媒管を備えた冷凍サイクル
JP4086011B2 (ja) 冷凍装置
JP5240040B2 (ja) 冷凍装置
JP5375284B2 (ja) 冷凍装置
JP5434207B2 (ja) 冷凍装置
JPH0953864A (ja) エンジン式冷房装置
JP2007051788A (ja) 冷凍装置
JP5402186B2 (ja) 冷凍装置
JP5229076B2 (ja) 冷凍装置
JP5338270B2 (ja) 吸収式冷凍装置
JP5310224B2 (ja) 冷凍装置
JP2003121025A (ja) 複合冷暖房装置
JP2021508809A (ja) 空調機システム
JP5434206B2 (ja) 冷凍装置
JP2014129944A (ja) 冷凍装置
JP5402187B2 (ja) 冷凍装置
JP5233715B2 (ja) 吸収式冷凍装置
JP5233716B2 (ja) 吸収式冷凍装置
JP6613404B2 (ja) 冷凍システム
JP2004069276A (ja) 廃熱回収式冷却システム
JP2004028401A (ja) 車両用空調装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20111207

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20120104

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20130214

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130219

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130422

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20130827

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20130909

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees