JP2009078397A - プリンター装置 - Google Patents

プリンター装置 Download PDF

Info

Publication number
JP2009078397A
JP2009078397A JP2007248092A JP2007248092A JP2009078397A JP 2009078397 A JP2009078397 A JP 2009078397A JP 2007248092 A JP2007248092 A JP 2007248092A JP 2007248092 A JP2007248092 A JP 2007248092A JP 2009078397 A JP2009078397 A JP 2009078397A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
cleaning
roller
unit
printer
sheet
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2007248092A
Other languages
English (en)
Inventor
Akihiko Kobayashi
Koji Yoshikawa
浩司 吉川
彰彦 小林
Original Assignee
Mimaki Engineering Co Ltd
株式会社ミマキエンジニアリング
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mimaki Engineering Co Ltd, 株式会社ミマキエンジニアリング filed Critical Mimaki Engineering Co Ltd
Priority to JP2007248092A priority Critical patent/JP2009078397A/ja
Publication of JP2009078397A publication Critical patent/JP2009078397A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】洗浄装置のメンテナンス作業性を向上させたプリンター装置を提供することを目的とする。
【解決手段】
本発明に係るプリンター装置1は、シート状の印刷媒体8を載置し複数のローラー間に掛け回されて連続回転する無端リング状の搬送用ベルト14を備えた搬送部50と、印刷媒体が載置された搬送用ベルトを下面側から支持するプラテン12と、プラテンの上方においてプラテンと対向して設けられて印刷媒体が載置された搬送用ベルトを挟むとともに、プラテンの上方を幅方向に設けられた印刷ヘッド11とを有している。搬送用ベルトの上方において印刷ヘッドが所望の印刷を行うとともに、搬送用ベルトの下方において搬送用ベルトを洗浄する洗浄部20が洗浄位置に位置して搬送用ベルトを洗浄するように構成され、洗浄部を洗浄位置からプリンター装置の外方向に移動させメンテナンス位置に位置させるスライド駆動部30を有している。
【選択図】図4

Description

本発明は、シート状の印刷媒体にインクを吐出することで印刷を行うプリンター装置に関し、さらに詳細には印刷媒体搬送用の搬送装置を洗浄する洗浄装置に関する。
紙または布等のシート状の印刷媒体に対して、インクを吐出することにより所望の印刷を行うプリンター装置においては、印刷領域(印刷ヘッドからインクが吐出される領域)に印刷媒体を搬送するための搬送装置が設けられている。この搬送装置としては、例えばシート状の搬送用ベルトの表面に接着剤を塗布することにより印刷媒体を貼付して搬送を行うベルト式搬送装置がある。このベルト式搬送装置を用いることにより、印刷媒体に不均一なテンションがかかることがないため歪みおよびシワの発生を防止できるとともに、接着剤によって印刷媒体と搬送用ベルトとが貼付されているため、搬送用ベルトに対して印刷媒体を固定することができる。
そして印刷時には、搬送用ベルト上に貼付された印刷媒体に対して、印刷ヘッドが印刷媒体の上方からインクを吐出する。このとき、印刷媒体の材質等によっては、吐出されたインクが印刷媒体を透過して搬送用ベルトに達して搬送用ベルトに付着することがある。
次回印刷媒体が貼付される前にこの搬送用ベルトの汚れを洗浄しておかないと、次回貼付される印刷媒体を汚して不良発生の原因となる。そのため、この搬送用ベルトの汚れを洗浄するための洗浄装置が設置されている。この洗浄装置としては、特許文献1に示すようなローラー状の洗浄スポンジを用いて搬送用ベルトの表面を洗浄する洗浄部、搬送用ベルトに付着した水分を除去する脱水部および搬送用ベルトの表面を乾燥させる乾燥部等を有して構成されているものが存在する。
図6に、従来の洗浄装置500を備えたプリンター装置700の模式図を示す。説明の便宜上、図6に示す矢印方向を上下前後方向と定義し、図6はプリンター装置700の一部分(搬送用ベルト600および洗浄装置500の部分)の側断面図を示している。プリンター装置700は、シート状の印刷媒体610が、複数のガイドに掛け回されて輪状かつ回転自在となった搬送用ベルト600によって、後方から前方へと順次搬送される構成となっている。そして、プラテン630上において、印刷ヘッド620からインクが吐出されることにより所望の印刷が行われるように構成されている。
輪状の搬送用ベルト600の下方に位置した洗浄装置500は、洗浄水吐出パイプ510、洗浄ブラシ520、洗浄水トレイ530、ワイパーブレード540および吸水ローラー550の各部材が、印刷媒体610の幅方向に延びているとともに、固定板560に対して固定されている。洗浄水トレイ530内に溜まったインクおよび洗浄水は、洗浄水タンク570に落下して洗浄水タンク570内に溜まり、適宜洗浄水タンク570内から外部に排出される。また、印刷時には、輪状の搬送用ベルト600が反時計回りに回転することにより、印刷媒体610が搬送されるとともに、洗浄装置500が搬送用ベルト600の表面を順次洗浄する構成となっている。
特開2003−205658号公報
図6に示すプリンター装置700は、図示しない印刷媒体送り出し装置が洗浄装置500の後方を覆うように設置されているとともに、図示しない印刷媒体巻き取り装置が洗浄装置500の前方を覆うように設置されている。そのため、洗浄装置500のメンテナンスを行う場合は、印刷媒体送り出し装置または印刷媒体巻き取り装置を取り外した上で、搬送用ベルト600の下方に位置した洗浄装置500に対して、作業者が作業を行っていた。そのため、作業者は限られた狭小な作業スペースで作業を行わなければならず、決して作業性が良い構成ではなかった。
以上のような課題に鑑みて、本発明では洗浄装置のメンテナンス作業性を向上させたプリンター装置を提供することを目的とする。
前記課題を解決するために本発明に係るプリンター装置は、所定幅を有したシート状の印刷媒体を載置し複数のローラー間に掛け回されて連続回転する無端リング状のシート材を備えた媒体搬送手段と、幅方向に延びて前記印刷媒体が載置された前記シート材を下面側から支持する支持部材と、前記支持部材の上方において前記支持部材と対向して設けられて前記印刷媒体が載置された前記シート材を挟むとともに、前記支持部材の上方を幅方向に往復移動自在に設けられ印刷インクを吐出する印刷ヘッドとを有している。そして、前記媒体搬送手段が前記印刷媒体を前記支持部材と前記印刷ヘッドとの間に位置させ、前記印刷ヘッドを幅方向に往復移動させながら前記印刷インクを吐出して前記印刷媒体に所望の印刷を行うように構成されている。このとき、前記無端リング状のシート材上部の上方において前記印刷ヘッドが前記印刷媒体に所望の印刷を行うとともに、前記無端リング状のシート材下部の下方において前記シート材を洗浄する洗浄装置が洗浄位置に位置して前記シート材を洗浄するように構成され、さらに、前記洗浄装置を前記洗浄位置から前記プリンター装置の外方向に移動させメンテナンス位置に位置させる移動手段を有している。
上記構成のプリンター装置において、前記媒体搬送手段における前記複数のローラーは、互いに略水平に配置された第1ローラー、第2ローラーおよび前記第1ローラー、前記第2ローラーの下方に配置された第3ローラーを備えて構成されるとともに、前記洗浄装置は、液体受皿、洗浄液噴射部、洗浄液用トレイ、洗浄ローラー、拭き取りワイパーおよび吸水ローラーを備えて構成されている。このとき、前記洗浄装置が前記洗浄位置に位置した状態において、前記液体受皿および前記洗浄液噴射部は前記第1ローラーと前記第3ローラーとの間に掛け回された前記シート材の下方に位置し、前記洗浄液用トレイおよび前記洗浄ローラーは前記第3ローラーの下方に位置し、前記拭き取りワイパーおよび前記吸水ローラーは前記第2ローラーと前記第3ローラーとの間に掛け回された前記シート材の下方に位置している。そして前記移動手段は、前記洗浄装置を第1ローラー側から第2ローラー側へと引き出し方向に移動させて前記メンテナンス位置に位置させる構成が好ましい。
また、上記構成のプリンター装置において、前記液体受皿および前記洗浄液噴射部は前記第3ローラーよりも下方に位置している。そして、前記移動手段が前記洗浄装置を前記メンテナンス位置に位置させる際に、前記液体受皿および前記洗浄液噴射部が引き出し方向に移動するとともに前記第3ローラーの下方を通過可能に構成されていることが好ましい。
また、上記構成のプリンター装置において、前記移動手段は、前記洗浄装置の幅方向の両端部近傍において引き出し向に延びるとともに引き出し方向に往復移動自在となった無端リング状に形成された一対の移動部材を備えて構成されている。そして、前記洗浄装置は、幅方向の両端部近傍が前記一対の移動部材に連結されて引き出し方向に往復移動する構成が好ましい。上記構成のプリンター装置において、前記移動手段は、前記一対の移動部材を引き出し方向に往復移動させる駆動部を備えている構成が好ましい。
本発明に関するプリンター装置によれば、無端リング状のシート材下部の下方においてシート材を洗浄する洗浄装置を、洗浄位置からプリンター装置の外方向に移動させ、メンテナンス位置に位置させる移動手段を有して構成されている。よって、メンテナンス作業者は、洗浄装置を複数のローラーおよびシート材とは離れたメンテナンス位置に移動させることにより、洗浄装置の上方に作業スペースを確保することができる。そして、メンテナンス作業は、この作業スペースを利用することにより複数のローラーおよびシート材に邪魔されることなくメンテナンス作業を行うことが可能となり、洗浄装置のメンテナンス作業性を向上させることができる。
媒体搬送手段における複数のローラーは、互いに略水平に配置された第1ローラー、第2ローラーおよび第1ローラー、第2ローラーの下方に配置された第3ローラーを備えて構成されるとともに、洗浄装置は、液体受皿、洗浄液吐出部、洗浄液用トレイ、洗浄ローラー、拭き取りワイパーおよび吸水ローラーを備えて構成されている。この構成から、連続回転するシート材が、洗浄装置の各構成部材の位置を通過することで順次洗浄され、常に洗浄されたシート材に印刷媒体を載置可能となる。よって、シート材が印刷媒体を汚すことがなく、印刷品質を確保することができる。
液体受皿および洗浄液吐出部は第3ローラーよりも下方に位置して構成されている。よって、移動手段が洗浄装置を引き出し方向に移動させてメンテナンス位置に位置させる際に、液体受皿および前記洗浄液吐出部が第3ローラーと干渉せず、第3ローラー部分に掛け回されたシート材を傷付けることがない。よって、媒体搬送手段による印刷媒体の搬送精度を維持することが可能となる。
移動手段は、洗浄装置の幅方向の両端部近傍において引き出し向に延びるとともに、引き出し方向に往復移動自在となった無端リング状に形成された一対の移動部材を備えて構成されている。そして、洗浄装置は、幅方向の両端部近傍が一対の移動部材に連結されている。この構成より、一対の移動部によって洗浄装置を引き出し方向に平行移動させることができるとともに、確実にメンテナンス位置に位置させることができる。また移動手段は、一対の移動部材を引き出し方向に往復移動させる駆動部を備えている。この構成より、駆動部を駆動させて洗浄装置をメンテナンス位置に移動させることができるので、メンテナンス作業者の負担を軽減することが可能となる。
以下、本発明に係るプリンター装置1の好ましい実施の形態について図1から図5を参照して説明する。説明の便宜上、図1に示す矢印方向を上下左右前後方向と定義し、この方向は図2から図5に示す方向と一致している。プリンター装置1は、図1に示すように略直方体の外形を持つとともに外周部がカバーで覆われており、右端部の操作部2および左右中央付近に形成された作業部3を主体に構成されている。操作部2には、プリンター装置1の稼働状況等を表示する表示パネル(図示せず)、およびプリンター装置1の操作を行う操作ボタン(図示せず)等が設けられており、さらに操作部2の内部には、プリンター装置1の動作を制御する制御装置(図示せず)等が設置されている。作業部3は、印刷媒体8の左右幅と略同一の左右幅で左右に延びて形成されており、図2の側断面図に示すように、後部に形成された送り出し装置80、前後中央部の印刷部10および前部に形成された巻き取り装置90から構成されている。
送り出し装置80は、印刷が施されていないシート状の印刷媒体8が巻かれた供給部81および複数のガイドローラー82から構成されている。供給部81が時計方向に回転させられることにより、供給部81から印刷媒体8が順次送り出され、複数のガイドローラー82を通過することによってシワが取り除かれた状態で印刷部10に搬送される。巻き取り装置90は、印刷部10において印刷された印刷媒体8を乾燥させる乾燥部91、乾燥部91において乾燥させられた印刷媒体8を巻き取る巻き取り部92、および複数のガイドローラー93から構成されている。
なお、送り出し装置80および巻取り装置90の各構成部材は、図1に示す作業部3の左右幅(印刷媒体8の左右幅)と略同一の左右幅で左右に延びて形成されている。また、送り出し装置80および巻取り装置90は、図示しない外枠によって外周部を囲まれるように形成されており、各装置80、90の各構成部材は上記外枠によって所定位置に保持されている。さらに、送り出し装置80および巻取り装置90は、印刷部10に対して外枠とともに脱着自在となっている。
印刷部10は、図3に示すように搬送部50、洗浄部20、スライド駆動部30および外枠40を主体に構成されている。
搬送部50は、4つのガイドローラー13a、13b、13c、13d、搬送用ベルト14、印刷ヘッド11およびプラテン12から構成されている。また、4つのガイドローラー13a、13b、13c、13dは、外枠40によって回転自在に支持されており、4つのガイドローラー13a、13b、13c、13dのうちで、例えばガイドローラー13aには、駆動用モーター(図示せず)が連結されている。ガイドローラー13aと13cとは略同一高さに支持され、ガイドローラー13bは、後述する印刷ヘッド11およびプラテン12の下方に支持されている。ガイドローラー13cと13dとは、印刷媒体8および搬送用ベルト14を上下に挟持するように設置されている。
プラテン12は、ガイドローラー13aと13cとの中間近傍に配置されるとともに、略水平に張持された搬送用ベルト14を下方から支持するように配置されている。印刷ヘッド11は、プラテン12の上方においてプラテン12と上下に対向するように配置され、プラテン12の上方を左右方向に往復自在となっている。さらに、印刷ヘッド11は、その下面に複数のノズル(図示せず)を有しており、そのノズルから下方に向けて印刷インクを吐出する構成となっている。搬送用ベルト14は、例えば樹脂材料を用いて左右に延びたシート状に形成されており、弾性を有するとともに変形自在となっている。また搬送用ベルト14は、3つのガイドローラー13a、13bおよび13cに掛け回されて張持されており、ガイドローラー13aに連結された駆動用モーターが駆動してガイドローラー13aを反時計回りに回転させることにより、搬送用ベルト14は張持された状態で反時計回りに回転する構成となっている(図3を参照)。
洗浄部20は、灯油受皿21、洗浄水吐出パイプ22、洗浄ブラシ23、洗浄水トレイ24、ワイパーブレード25、吸水ローラー26および固定板27を主体に構成されている。洗浄部20は、印刷媒体8に対して印刷が行われている間図3に示すように、ガイドローラー13bと洗浄ブラシ23とが搬送用ベルト14を上下に挟持して、洗浄ブラシ23の左方に灯油受皿21および洗浄水吐出パイプ22、洗浄ブラシ23の右方にワイパーブレード25、吸水ローラー26が位置している。また印刷時において、搬送用ベルト14の作業表面(印刷媒体8と接する面)には、印刷媒体8がずれて移動しないように固定するための地張り剤が、例えば吸水ローラー26とガイドローラー13cとの間で塗布される。また、印刷が施されて印刷媒体8が搬送用ベルト14の作業表面から離れた後、例えばガイドローラー13aの近傍において、上記地張り剤を剥がすための灯油が搬送用ベルト14の作業表面に塗布されるように構成されている。
灯油受皿21は、搬送用ベルト14の作業表面から垂れ落ちる上記灯油を受け止めるための受皿で、受皿の内部には灯油を浸み込ませるための浸透布が敷き詰められている。また、灯油受皿21は、左右2つに分割されて形成されているとともに各受皿の左右側方の側面には取っ手(図示せず)が設けられている。作業者は、取っ手を左右側方に引くことにより灯油受皿21をプリンター装置1の外部に取り出して、浸透布を交換可能となっている。洗浄水噴射パイプ22は、左右に延びるとともに搬送用ベルト14の作業表面と対向する部分にノズル(図示せず)が設けられており、ノズルより搬送用ベルト14の作業表面に対して洗浄水を噴射する。洗浄ブラシ23は、その外周部がブラシとなっており、固定板27に固定された保持部材(図示せず)によって回転自在に支持されるとともに駆動用モーター(図示せず)と連結されている。また、ガイドローラー13bの部分において、搬送用ベルト14と洗浄ブラシ23の外周部とが当接している。
洗浄水トレイ24は、洗浄ブラシ23の下方に設置されており、洗浄ブラシ23が搬送用ベルト14の作業表面をブラッシングすることにより、搬送用ベルト14の作業表面から垂れ落ちた洗浄水を捕集するためのトレイである。なお、洗浄水トレイ24の底面には排水用穴(図示せず)が2箇所設けられている。ワイパーブレード25は、例えば弾性変形可能なゴム材料を用いて板状に形成されたワイパーであり、その上先端部が搬送用ベルト14の作業表面に対して所定の押圧力で当接している。吸水ローラー26は、例えば樹脂材料を用いてスポンジ状に形成されており、上記ワイパーブレード25と同様に、吸水ローラー26の上先端部が搬送用ベルト14の作業表面に対して所定の押圧力で当接している。固定板27は、前後左右に延びた板状に形成されるとともに、図5に示すように左右に延びて開口した排水用長穴27aが形成されている。
上述の灯油受皿21、洗浄水吐出パイプ22、洗浄水トレイ24、ワイパーブレード25および吸水ローラー26は、固定板27に載置されて固定されている。また、上記固定された状態において、灯油受皿21、洗浄水吐出パイプ22および洗浄水トレイ24の各上端部は、ガイドローラー13bよりも下方に位置している。さらに、洗浄部20の上記各構成部材は、前方から順に灯油受皿21、洗浄水吐出パイプ22、洗浄ブラシ23、ワイパーブレード25、吸水ローラー26となるように設置されている。なお、洗浄水トレイ24の排水用穴は、排水用長穴27aと上下に連通しており、洗浄水トレイ24内の洗浄水が、排水用穴および排水用長穴27aを通過して洗浄部20の下方に設置された洗浄水タンク41に流下する。
スライド駆動部30は、モーター部31、駆動軸32L、32R、駆動輪33a、従動輪33b、スライド用ベルト34L、34Rを主体に構成されるとともに、このスライド駆動部30は外枠40によって支持されている。モーター部31は、その内部に回転駆動力を発生可能なベルト駆動用モーター(図示せず)および複数の変速ギア(図示せず)を有して構成されており、左右一対のスライド用ベルト34L、34Rの左右内側に設置されている。駆動軸32L、32Rは、モーター部31の左右両側に配設されたモーター部31の出力軸であって、モーター部31の左右側面から左右方向へと延びて配設されている。駆動輪33aは、駆動軸32Lの左端部および駆動軸32Rの右端部にそれぞれ固定されており、駆動軸32L、32Rの回転駆動力をそれぞれスライド用ベルト34L、34Rに伝達可能となっている。
従動輪33bは、駆動輪33aと略同一高さで且つスライド用ベルト34L、34Rの後端部内側に配設されており、スライド用ベルト34L、34Rの(回転)移動に伴って回転するとともに、スライド用ベルト34L、34Rの張り具体を一定に保つ機能を有している。スライド用ベルト34L、34Rは、例えばゴム材料により形成され駆動輪33aおよび従動輪33bに掛け回されており、スライド用ベルト34L、34Rの上部34LU、34RUは略水平となっている。また、上部34LU、34RUには、固定板27の左端部、右端部が載置されて固定されている。
外枠40は、図5に示すように印刷部10の外周部を形成するとともに、印刷部10を構成する各構成部材を所定位置に保持または支持している。ここで、印刷部10の左右幅は、図1に示す作業部3の左右幅と略同一となっており、また搬送部50および洗浄部20の各構成部材の左右幅は、印刷媒体8の左右幅と略同一といる。
以上ここまでは、プリンター装置1の各構成部材について説明したが、以下において印刷媒体8に印刷を行う際の各構成部材の作動について説明する。
図2に示すように、時計回りに回転する供給部81から供給された印刷媒体8は、複数のガイドローラーを通過して印刷部10に搬送される。印刷部10においては、駆動モーターが駆動することによりガイドローラー13aが回転して、搬送用ベルト14が反時計回りに回転している。そして、ガイドローラー13cと13dとが、印刷媒体8を搬送用ベルト14に押し付けることにより、地張り剤が塗布された搬送用ベルト14の作業表面に印刷媒体8を貼付する。搬送用ベルト14の作業表面に貼付された印刷媒体8は、搬送用ベルト14の移動に伴って前方に搬送され、印刷ヘッド11とプラテン12との間に移動する。印刷ヘッド11とプラテン12との間に位置した印刷媒体8に対して、印刷ヘッド11が左右方向に往復移動しながらその下面に設けられたノズルから、下方に向けて印刷インクを吐出することによって所望の印刷が施される。
そして、印刷が施された印刷媒体8は、ガイドローラー13a付近まで搬送用ベルト14に貼付された状態で搬送された後、搬送用ベルト14から分離して巻取り装置90に送られる。巻取り装置90において、印刷が施された印刷媒体8は、ガイドローラー93を通過して乾燥部91に搬送されることにより、印刷媒体8に吐出された印刷インクを十分に乾燥させる構成となっている。そして、印刷インクが十分に乾燥させられた印刷媒体8は、時計回りに回転する巻き取り部92においてロール状に巻き取られる。このように、供給部81から順次供給された印刷媒体8が、搬送用ベルト14によって印刷ヘッド11の下方に位置させられて所望の印刷が施された後、巻き取り部92において順次巻き取られることで、プリンター装置1の一連の印刷が完了する構成となっている。
また上記印刷時には、洗浄部20は図3に示すように、ガイドローラー13aと13bとの間およびガイドローラー13bと13cの間に位置する搬送用ベルト14に対向するように位置している。印刷時、印刷媒体8を作業表面に貼付して反時計回りに回転する搬送用ベルト14に対して、洗浄部20の各構成部材は、以下のように作用することで搬送用ベルト14の作業表面を洗浄する。説明の便宜上、搬送用ベルト14の作業表面においける任意の一部分に注目して説明すると、ガイドローラー13aの近傍に位置すると灯油が塗布される。そして、ガイドローラー13aと13bとの間において、搬送用ベルト14の作業表面から下方に垂れ落ちる灯油を灯油受皿21が受け止めるとともに、受皿内部の浸透布に灯油を浸み込ませる。次に、洗浄水噴射パイプ22により洗浄水が噴射されることにより、洗浄ブラシ23のブラッシングによって印刷インクを洗浄しやすくする。
ガイドローラー13bの位置に移動すると、回転する洗浄ブラシ23の外周部によってブラッシングされ、搬送用ベルト14の作業表面に付着した印刷インク洗浄される。そして、ワイパーブレード25との当接部分において、搬送用ベルト14の作業表面に付着した水分がワイピングされて除去される。次に、吸水ローラー26は、搬送用ベルト14の作業表面に付着した細かな水分を吸水して除去することで、地張り剤を塗布可能な状態とする。このようにして搬送用ベルト14の作業表面を洗浄することにより、地張り剤の塗布および印刷媒体8の貼付が確実に行われるとともに、印刷媒体8に印刷インク等の汚れが付着することを防止する構成となっている。
以上ここまでは、印刷媒体8に印刷を行う際の各構成部材の作動について説明したが、以下において洗浄部20のメンテナンスを行う際の手順について説明する。特に、洗浄部20を構成する洗浄ブラシ23、ワイパーブレード25および吸水ローラー26は、常に搬送用ベルト14と当接しているため、長期間プリンター装置1を稼動させることによりその洗浄性能が徐々に低下するため、適宜部品交換を行う必要ある。
まず、図2において、印刷時に印刷部10と連結された送り出し装置80および巻取り装置90のうち、送り出し装置80を印刷部10から切り離して後方に移動させる。そして、図3に示すように、洗浄部20が搬送用ベルト14の作業表面を洗浄可能な位置にある状態において、ベルト駆動用モーターを駆動させて駆動軸32L、32Rに回転駆動力を伝達することで、駆動輪33aを図3に示すように時計回りに回転させる。このとき、スライド用ベルト34L、34Rは駆動輪33aおよび従動輪33bに掛け回されているために、スライド用ベルト34L、34Rの上部34LU、34RUは、矢印Bの方向(後方)に同期して移動する。
そして、上部34LU、34RUが同期して後方に移動することにより、上部34LU、34RUに固定された固定板27、および固定板27を含む洗浄部20を後方に平行移動させて図4に示す場所に位置させる。図4に示す場所に位置した固定板27の左右前後位置を示したものが、図5中に示した2点破線27Bである。このとき、灯油受皿21、洗浄水吐出パイプ22および洗浄水トレイ24の各上端部は、ガイドローラー13bよりも下方に位置しているために、洗浄部20はガイドローラー13bと上下に干渉することなく後方に平行移動可能である。
図4に示す後方に移動した洗浄部20において、洗浄部20の構成部材のうち最も前方に配置された灯油受皿21が、搬送部50の下端部に位置したガイドローラー13bよりも後方に位置している。そのため、洗浄部20を後方へ移動させることにより、図4に2点破線で示す上下に広がった作業空間Aを作り出すことができる。そして、メンテナンス作業者は、例えば印刷部10の後方に立つとともに作業空間Aに手を伸ばすことで、洗浄部20の各構成部材のメンテナンスを容易に且つ効率良く行うことができる。さらにこのとき、洗浄部20のメンテナンスばかりではなく、例えば搬送部50およびスライド駆動部30に対してメンテナンスを行う場合も、容易に且つ効率良く行うことができる。なお、メンテナンスが終了すると、ベルト駆動用モーターを上記の場合とは反対方向に回転させて上部34LU、34RUを前方に移動させ、洗浄部20を前方に移動させて図3に示す場所に戻す。その後、再び送り出し装置80を印刷部10に連結させることで、プリンター装置1が印刷可能な状態となる。
ここで本発明に係るプリンター装置1の効果について簡単にまとめると、前後に往復移動可能なスライド駆動部30によって、搬送部50の下方に位置する洗浄部20が一体となって前後に往復移動する構成となっている。この構成より、メンテナンス作業時においては、スライド駆動部30を駆動させて洗浄部20を後方に移動させることにより作業空間Aを作り出すことが可能となっている。そのため、メンテナンス作業者はこの作業空間Aを利用して、洗浄部20の各構成部材の状態を上方から確認しながら、洗浄部20の各構成部材のメンテナンスを容易に且つ効率良く行うことができる。さらにこのとき、メンテナンス作業者は無理な姿勢を強いられることがないため、作業者の安全も確保される。
上述の実施例において、スライド用ベルト34L、34Rはゴム材料により形成されたベルトにより構成されているが、この構成に限定されず、例えば金属製のチェーンでも良く、さらには固定板27を前後方向に移動可能に構成されていれば良い。
上述の実施例において、スライド用ベルト34L、34Rはベルト駆動用モーターを駆動させることにより、固定板27を前後方向に移動させる構成となっているが、この構成に限定されず、ベルト駆動用モーターを用いることなく作業者自身が固定板27を前後方向にスライド移動させる構成でも良い。
本発明に係るプリンター装置を示した斜視図である。 図1のII−II部分を示した側断面図である。 図2の印刷部を詳細に示した側断面図である。 メンテナンス時の印刷部を示した側断面図である。 図3のV−V部分を示した断面図である。 従来のプリンター装置の印刷部を示した側断面図である。
符号の説明
1 プリンター装置
8 印刷媒体
11 印刷ヘッド
12 プラテン(支持部材)
13a ガイドローラー(第1ローラー)
13b ガイドローラー(第2ローラー)
13c ガイドローラー(第3ローラー)
14 搬送用ベルト(シート材)
20 洗浄部(洗浄装置)
21 灯油受皿(液体受皿)
22 洗浄水噴射パイプ(洗浄液噴射部)
23 洗浄ブラシ(洗浄ローラー)
24 洗浄水トレイ(洗浄液用トレイ)
25 ワイパーブレード(拭き取りワイパー)
26 吸水ローラー
30 スライド駆動部(移動手段)
31 モーター部(駆動部)
34L、34R スライド用ベルト(一対の移動部材)
50 搬送部(媒体搬送手段)

Claims (5)

  1. 所定幅を有したシート状の印刷媒体を載置し複数のローラー間に掛け回されて連続回転する無端リング状のシート材を備えた媒体搬送手段と、
    幅方向に延びて前記印刷媒体が載置された前記シート材を下面側から支持する支持部材と、
    前記支持部材の上方において前記支持部材と対向して設けられて前記印刷媒体が載置された前記シート材を挟むとともに、前記支持部材の上方を幅方向に往復移動自在に設けられ印刷インクを吐出する印刷ヘッドとを有し、
    前記媒体搬送手段が前記印刷媒体を前記支持部材と前記印刷ヘッドとの間に位置させ、前記印刷ヘッドを幅方向に往復移動させながら前記印刷インクを吐出して前記印刷媒体に所望の印刷を行うプリンター装置において、
    前記無端リング状のシート材上部の上方において前記印刷ヘッドが前記印刷媒体に所望の印刷を行うとともに、前記無端リング状のシート材下部の下方において前記シート材を洗浄する洗浄装置が洗浄位置に位置して前記シート材を洗浄するように構成され、
    前記洗浄装置を前記洗浄位置から前記プリンター装置の外方向に移動させメンテナンス位置に位置させる移動手段を有していることを特徴とするプリンター装置。
  2. 前記媒体搬送手段における前記複数のローラーは、互いに略水平に配置された第1ローラー、第2ローラーおよび前記第1ローラー、前記第2ローラーの下方に配置された第3ローラーを備えて構成され、
    前記洗浄装置は、液体受皿、洗浄液噴射部、洗浄液用トレイ、洗浄ローラー、拭き取りワイパーおよび吸水ローラーを備えて構成され、
    前記洗浄装置が前記洗浄位置に位置した状態において、前記液体受皿および前記洗浄液噴射部は前記第1ローラーと前記第3ローラーとの間に掛け回された前記シート材の下方に位置し、前記洗浄液用トレイおよび前記洗浄ローラーは前記第3ローラーの下方に位置し、前記拭き取りワイパーおよび前記吸水ローラーは前記第2ローラーと前記第3ローラーとの間に掛け回された前記シート材の下方に位置しており、
    前記移動手段は、前記洗浄装置を第1ローラー側から前記第2ローラー側へと引き出し方向に移動させて前記メンテナンス位置に位置させることを特徴とする請求項1に記載のプリンター装置。
  3. 前記液体受皿および前記洗浄液噴射部は前記第3ローラーよりも下方に位置し、
    前記移動手段が前記洗浄装置を前記メンテナンス位置に位置させる際に、前記液体受皿および前記洗浄液噴射部が引き出し方向に移動するとともに前記第3ローラーの下方を通過可能に構成されていることを特徴とする請求項2に記載のプリンター装置。
  4. 前記移動手段は、前記洗浄装置の幅方向の両端部近傍において引き出し向に延びるとともに引き出し方向に往復移動自在となった無端リング状に形成された一対の移動部材を備えて構成されており、
    前記洗浄装置は、幅方向の両端部近傍が前記一対の移動部材に連結されて引き出し方向に往復移動することを特徴とする請求項1から3に記載のプリンター装置。
  5. 前記移動手段は、前記一対の移動部材を引き出し方向に往復移動させる駆動部を備えていることを特徴とする請求項4に記載のプリンター装置。
JP2007248092A 2007-09-25 2007-09-25 プリンター装置 Pending JP2009078397A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007248092A JP2009078397A (ja) 2007-09-25 2007-09-25 プリンター装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007248092A JP2009078397A (ja) 2007-09-25 2007-09-25 プリンター装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2009078397A true JP2009078397A (ja) 2009-04-16

Family

ID=40653533

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007248092A Pending JP2009078397A (ja) 2007-09-25 2007-09-25 プリンター装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2009078397A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20180099512A1 (en) * 2016-10-07 2018-04-12 Mimaki Engineering Co., Ltd. Recording apparatus

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005319650A (ja) * 2004-05-07 2005-11-17 Seiko Epson Corp 液滴吐出装置及びカートリッジ
JP2006224583A (ja) * 2005-02-21 2006-08-31 Konica Minolta Holdings Inc 搬送部材の粘着力回復方法、搬送装置及び画像記録装置

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005319650A (ja) * 2004-05-07 2005-11-17 Seiko Epson Corp 液滴吐出装置及びカートリッジ
JP2006224583A (ja) * 2005-02-21 2006-08-31 Konica Minolta Holdings Inc 搬送部材の粘着力回復方法、搬送装置及び画像記録装置

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20180099512A1 (en) * 2016-10-07 2018-04-12 Mimaki Engineering Co., Ltd. Recording apparatus
US10525736B2 (en) * 2016-10-07 2020-01-07 Mimaki Engineering Co., Ltd. Recording apparatus

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6382767B1 (en) Method and device for cleaning a print head of an ink jet printer
EP1405725B1 (en) Maintenance method for an ink-jet printhead
JP5096108B2 (ja) 液体吐出装置及び画像形成装置
US7178915B2 (en) Ink-jet recording apparatus
US8528717B2 (en) Printing apparatus
EP1160091B1 (en) Dual-web transport belt cleaning apparatus and method
US7828410B2 (en) Ink-jet recording apparatus
US8240809B2 (en) Ink-jet recording apparatus
US20200254764A1 (en) Liquid ejecting apparatus
US9975344B2 (en) Wiping device and ejecting device
CN106029386B (zh) 打印头擦拭
JP2008080770A (ja) 液体噴射装置
JP4055622B2 (ja) 布帛印刷装置及びそれに用いるプラテン
CN102273330B (zh) 网版印刷设备及方法
US8746142B2 (en) Stencil wiper spot cleaner assembly and related method
KR101371060B1 (ko) 프린터·플로터 장치
US8047646B2 (en) Printing apparatus with movable head device for ejecting ink
JP4293034B2 (ja) ベルト式搬送装置及び画像記録装置
US20040001116A1 (en) Method for cleaning a nozzle plate
JP2009279911A (ja) 液体吐出装置及び液体吐出装置の制御方法
US6511152B2 (en) Inkjet printer with cleaning means
JP6111479B2 (ja) インクジェット記録装置
US6695429B2 (en) Fluid assisted printhead blotter for an inkjet printer service station
US20090056567A1 (en) Printing apparatus
US8205736B2 (en) Printing apparatus

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20100730

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20111109

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20111111

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20120302