JP2003276859A - 給紙装置ならびにこれを備えた画像形成装置および画像読取装置 - Google Patents

給紙装置ならびにこれを備えた画像形成装置および画像読取装置

Info

Publication number
JP2003276859A
JP2003276859A JP2002082695A JP2002082695A JP2003276859A JP 2003276859 A JP2003276859 A JP 2003276859A JP 2002082695 A JP2002082695 A JP 2002082695A JP 2002082695 A JP2002082695 A JP 2002082695A JP 2003276859 A JP2003276859 A JP 2003276859A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
sheet
feeding
regulating
paper
rollers
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2002082695A
Other languages
English (en)
Inventor
Atsushi Agata
淳 阿形
Original Assignee
Canon Inc
キヤノン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Canon Inc, キヤノン株式会社 filed Critical Canon Inc
Priority to JP2002082695A priority Critical patent/JP2003276859A/ja
Publication of JP2003276859A publication Critical patent/JP2003276859A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 カールしたシートを安定的に給紙できるよう
にすることで、環境およびマテリアルに左右されないラ
チチュードの高い給紙ユニットを提供することを目的と
する。 【解決手段】 シート収容手段としての給紙カセットの
斜行を規制する両端のサイドガイドに揺動アームに保持
されたコロを付加する。また、コロに対抗してコロに搬
送力を与えるためのドライブシャフトを配設し、カール
によってコロが押し上げられるとコロに駆動が伝達され
るように構成される。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は複写機、プリンタ、
ファクシミリ等の画像形成装置に備えられるシート給送
装置に関する。
【0002】
【従来の技術】従来の技術を図7を用いて説明する。ま
ず、給紙カセット100内に回動自在に固定された中板
101上には転写紙Sが積載される。そして不図示の紙
面高さ検出装置の情報をもとに中板101の下部に回転
自在に固定されているリフタ板108が図中矢印方向に
回転し、給紙カセット内100の転写紙面高さを一定に
調節する。
【0003】本体からの駆動信号により、不図示のソレ
ノイドの作用によってピックアップローラ105が下降
し、不図示の駆動手段によりピックアップローラ105
は図中矢印方向に回転する。また、駆動をともにしてい
る。フィードローラ103、リタードローラ104も同
時に図中矢印方向に回転する。しかし、リタードローラ
104の軸上には不図示のトルクリミッタが設けられて
おり,転写紙搬送方向とは逆の駆動が入力されている。
これにより2枚以上転写紙Sが給紙されてもそれらを裁
き1枚ずつ搬送することを可能としている。そして、転
写紙Sは用紙ガイド106と107に案内されて画像形
成部に搬送される。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、給紙カ
セット内に放置された転写紙の吸湿、乾燥などにより転
写紙が変形する。たとえば図8に示すような転写紙Sの
カールが発生すると、転写紙Sと用紙ガイド107がd
部で接触することによる摩擦抵抗で給紙不良が発生した
り、転写紙が斜行して画像形成部に搬送されたり、転写
紙の角折れ等が発生していた。従来これらの給紙不良を
防止するためには、用紙ガイド106、107の空間を
できるだけ広く取ったり、シート端部にシート高さを矯
正するガイドを設けたり、特開平11−240637号
公報に示すような部材を転写紙上部より押圧し、転写紙
のゆがみを矯正していた。しかしながら、これらの方法
をとると、装置が大型化したり、構成が複雑になってし
まい故障やコストアップの原因になっていた。
【0005】本発明は以上の問題点に鑑みなされたもの
であって、シートのサイド規制部材に拍車コロを追加す
ることにより、メディアのサイズによらない搬送抵抗が
少ないカール規制手段を実現した。さらにコロに駆動を
与えてやることで厚紙などの腰の強い用紙の搬送も可能
となり、幅広いメディアに対応する給紙装置を提供する
ことができる。
【0006】
【課題を解決するための手段】複数のシートを収容する
ためのシート収容手段と、前記シート収容手段内のシー
トの搬送方向に対して略垂直方向の位置を規制する第1
のシート規制手段と、シートの高さ方向を規制する第2
のシート規制手段とを具備し、第1のシート規制手段と
第2のシート規制手段は第2のシート規制手段が揺動可
能に支持される接続手段によって連結されていることを
特徴とする給紙装置。前記第2のシート規制手段が拍車
によって構成されることを特徴とする給紙装置。前記第
2のシート規制手段が拍車によって構成され、前記拍車
に対抗して、前記拍車にシート搬送方向の駆動を与える
駆動伝達手段を有することを特徴とする請求項2記載の
給紙装置。
【0007】
【発明の実施の形態】(実施例1)図1は本発明の実施
例1に係るシート給送装置を備えた画像形成装置の断面
図を示す。
【0008】図1において、1は複写機本体であり、複
写機本体1の上部には固定して設けられた透明ガラス板
からなる原稿台2が設けられている。3は原稿圧着板で
あり、原稿台2の所定の位置に画像面を下向きにして載
置された原稿Oを押圧固定する。原稿台2の下側には原
稿Oを照明するランプ4と、照明した原稿Oの光像を感
光ドラム12に導くための反射ミラー5、6、7、8、
9、10及び結像レンズ11とからなる光学系が設けら
れている。なお、ランプ4及び反射ミラー4、5、6、
7は矢印a方向に所定の速度で移動して原稿Oを走査す
る。
【0009】画像形成部は、感光ドラム12と、感光ド
ラム12の表面に均一な帯電を施すための帯電機13
と、帯電器13により帯電された感光ドラム12の表面
に前記光学系から照射される光像により形成された静電
潜像を現像してシートSに転写すべきトナー像を形成す
るための現像器14と、感光ドラム12の表面に現像さ
れたトナー像をシートSに転写するための転写帯電器1
9と、感光ドラム12からトナー像が転写されたシート
Sを分離するための分離帯電器20と、トナー像を転写
した後、感光ドラム12に残留したトナーを除去するた
めのクリーナ26とを備えている。
【0010】画像形成部の下流側にはトナー像が転写さ
れたシートSを搬送するための搬送部21と、搬送部2
1により搬送されるシートS上の像を永久画像として定
着するための定着器22が設けられている。また、定着
器22で像が定着されたシートSを複写機本体1から排
出するための排出ローラ24が設けられており、さら
に、複写機本体1の外側には排出ローラ24で排出され
たシートSを受け取るための排出トレイ25が設けられ
ている。
【0011】次に図1に示す本発明の給送装置35、3
6のシート収容カセット32,33の斜視図および略断
面を示す図2〜図3を参照して詳細な説明を行う。
【0012】図2は給紙装置35に装着可能なシート収
容カセット32の斜視図である。まず、用紙を収容し、
画像形成装置本体1に終了するためのカセット桶40で
ある。次に中板を上昇させるための中板昇降板41本体
内に回転可能に固定されている。カセット桶40の内部
には、積載されたシートを所定の高さまで上昇させるた
めの中板42がカセット桶40に対して回転可能に固定
されている。また、シートのカセット桶内の位置を規制
するために、サイドガイド43、後端ガイド50がそれ
ぞれカセット桶に固定されている。また、サイドガイド
43は、給紙時における斜行を除去する働きをしてい
る。そして、コロ47が揺動アーム48に回転自在に取
り付けられている。更に揺動アーム48はサイドガイド
43に対して揺動可能に固定され、引っ張りバネ48を
用いてシート積載面方向に付勢されている。ここで、サ
イドガイド43の上面部は揺動アームのストッパーも兼
ね備えている。その結果、コロ47とシートSの間には
クリアランスCが保たれている。図3はサイドガイド4
3付近の詳細図である。
【0013】次に給紙装置35およびシート収容カセッ
ト32の略断面図を用いて動作の説明を行う。
【0014】シート収容カセット32が画像形成装置本
体1に装着されると、リフタ板41によって中板42と
ともにサイドガイド43および、後端ガイド50によっ
て位置を決められたシートSは、不図示の紙面高さセン
サによって所定の給紙高さまで上昇する。
【0015】そして、コピーのスタートボタンが押され
ると、不図示のソレノイドによって、ピックアップロー
ラ44がシートS上に降下し図中G方向へ回転すること
で、シートSの最上紙をフィードローラ45、リタード
ローラ46のローラ対に送り出す。
【0016】ここで、リタードローラ46は不図示のト
ルクリミッタにより駆動トルクを制限されて搬送方向と
は逆方向に駆動トルクが掛けられている。そのためにシ
ートが2枚以上重なって給紙されるダブルフィードを防
止している。
【0017】図4はサイドガイドおよび、コロ47、揺
動アーム48の詳細図である。
【0018】図5は図3の右視図であり、シートSがカ
ールした状態を示している。シートSのカールが成長し
クリアランスCを超えるとになるとシートSはコロ47
に当接する。この状態で給紙を開始すると、シートはコ
ロ47によってカールが規制される。そして、シートS
はコロ47を回転させながら画像形成装置1に搬送され
る。また、引っ張りバネ49によりコロ圧が設定されて
いる。
【0019】また、厚紙などのとても腰の強いシートが
カールした場合、図6に示すように揺動アーム47がバ
ネ49の付勢力に抗して図E方向に回転しする。そして
コロ47に対抗して配設されている、図中D方向に回転
しているドライブシャフト51に当接する。ドライブシ
ャフト51はピックアップローラ44と同期して回転し
ている。このためドライブシャフト51から駆動を受け
たコロ47は搬送方向図中F方向に回転し、シートSの
搬送補助機能を果たす。
【0020】
【発明の効果】以上説明したように、サイドガイド43
にコロ47を追加することで、シートのカールを矯正し
て給紙することができた。
【0021】また、カールの矯正をガイド板でなくコロ
47にすることで、シートSを矯正しながら搬送抵抗を
少なくすることが出来た。
【0022】また、サイドガイドにコロ47を追加する
ことで、部品点数を少なく抑えさまざまな用紙サイズの
カールを矯正する効果がある。
【0023】また、コロ47とシートSにクリアランス
Cをあけることで、カールの発生していない場合はコロ
47が搬送負荷にならない。
【0024】更に腰の強いカールであってもドライブシ
ャフト51から駆動を受けることで、シートSがコロ4
7との間に挟まりシートSの不給紙によるジャムを回避
することが出来た。
【0025】本実施例においてはコロ47、揺動アーム
48はサイドガイド43に固定されていたが、カセット
の着脱に対応してコロがシート積載位置より退避する退
避機構を付加してもよい。
【0026】また、コロ47の転がりをよくするため
に、コロ47の周囲にOリングやゴムローラ等の摩擦部
材を追加してもよい。
【0027】さらにコロ47の内径にベアリングを追加
してもよい。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明を実施した画像形成装置の略断面図であ
る。
【図2】本発明を実施したシート収納カセットの斜視図
である。
【図3】本発明を実施した給紙装置の略断面図である。
【図4】本発明を実施したサイドガイドの詳細図であ
る。
【図5】図3の右視図である。
【図6】図3の動作図である。
【図7】従来の給紙ユニットの略断面図である。
【図8】従来の給紙ユニットの略断面図である。
【符号の説明】
40 カセット桶 41 中板昇降板 42 中板 43 サイドガイド 44 ピックアップローラ 45 フィードローラ 46 リタードローラ 47 コロ 48 揺動アーム 49 バネ 50 後端ガイド 51 ドライブシャフト

Claims (7)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 複数のシートを収容するためのシート収
    容手段と、 前記シート収容手段内のシートの搬送方向に対して略垂
    直方向の位置を規制する第1のシート規制手段と、 シートの高さ方向を規制する第2のシート規制手段とを
    具備し、 第1のシート規制手段と第2のシート規制手段は第2の
    シート規制手段が揺動可能に支持される接続手段によっ
    て連結されていることを特徴とする給紙装置。
  2. 【請求項2】 前記第2のシート規制手段が拍車によっ
    て構成されることを特徴とする請求項1に記載の給紙装
    置。
  3. 【請求項3】 前記第1と第2のシート規制手段を連結
    する接続手段が弾性部材によって構成されることを特徴
    とする請求項1乃至2記載の給紙装置。
  4. 【請求項4】 前記第2のシート規制手段は前記シート
    収容手段に積載されたシートに対し所定のクリアランス
    をとった位置に配置されていることを特徴とする請求項
    1乃至3記載の給紙装置。
  5. 【請求項5】 前記第2のシート規制手段が拍車によっ
    て構成され、 前記拍車に対抗して、前記拍車にシート搬送方向の駆動
    を与える駆動伝達手段を有することを特徴とする請求項
    2記載の給紙装置。
  6. 【請求項6】 請求項1乃至5に記載のうちいずれか1
    項の給紙装置の給紙装置およびシート搬送装置と前記給
    紙装置によって給送されたシートに画像を形成する画像
    形成部と、を有したことを特徴とする画像形成装置。
  7. 【請求項7】 請求項1乃至5に記載のうちいずれか1
    項の給紙装置およびシート搬送装置と前記給紙装置によ
    って給送されたシートの画像を読み取る画像読み取り部
    と、を有したことを特徴とする画読み取り装置。
JP2002082695A 2002-03-25 2002-03-25 給紙装置ならびにこれを備えた画像形成装置および画像読取装置 Withdrawn JP2003276859A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002082695A JP2003276859A (ja) 2002-03-25 2002-03-25 給紙装置ならびにこれを備えた画像形成装置および画像読取装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002082695A JP2003276859A (ja) 2002-03-25 2002-03-25 給紙装置ならびにこれを備えた画像形成装置および画像読取装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003276859A true JP2003276859A (ja) 2003-10-02

Family

ID=29230788

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002082695A Withdrawn JP2003276859A (ja) 2002-03-25 2002-03-25 給紙装置ならびにこれを備えた画像形成装置および画像読取装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2003276859A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9611111B2 (en) 2015-07-17 2017-04-04 Fuji Xerox Co., Ltd. Sheet feeding device and image forming apparatus
US9630792B2 (en) * 2015-07-02 2017-04-25 Kabushiki Kaisha Toshiba Image forming apparatus

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9630792B2 (en) * 2015-07-02 2017-04-25 Kabushiki Kaisha Toshiba Image forming apparatus
US10029872B2 (en) 2015-07-02 2018-07-24 Kabushiki Kaisha Toshiba Image forming apparatus
US9611111B2 (en) 2015-07-17 2017-04-04 Fuji Xerox Co., Ltd. Sheet feeding device and image forming apparatus

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4480355B2 (ja) シート給送装置,画像形成装置
JP3208193B2 (ja) 画像形成装置のシート給送方法とそのシート給送方法を実施するシート給送装置
JP3278341B2 (ja) ロ−ラ支持装置、シ−ト材給送装置及び原稿読取装置並びに画像記録装置
JP5590739B2 (ja) 記録媒体排出装置及びそれを備えた画像形成装置
JP2008280121A (ja) シート給送装置、画像読取装置及び画像形成装置
JP2000168980A (ja) シート給送装置及び画像形成装置
JP3056421B2 (ja) シート材給送装置及び画像形成装置
JP2012166912A (ja) 給紙装置、及びこれを用いた画像形成装置
US20100013144A1 (en) Paper feed apparatus
JP2003276859A (ja) 給紙装置ならびにこれを備えた画像形成装置および画像読取装置
JP2003118865A (ja) シート材給送装置及び画像処理装置
JP5802806B2 (ja) 記録媒体排出装置及びそれを備えた画像形成装置
JP2001080774A (ja) シート材給送装置及びシート材処理装置
JP2000233836A (ja) シート材給送装置及び該装置を具備する画像処理装置
JP3595741B2 (ja) シート供給装置及びこの装置を備えた画像読取装置及び画像形成装置
JP3793470B2 (ja) 給紙機構
JP3323729B2 (ja) 画像読取装置及び画像形成装置
JPH0769468A (ja) 1枚分離給紙機構、画像形成装置、及び原稿給送装置
JP2008063012A (ja) 給紙装置及び画像形成装置
JP3316398B2 (ja) シート給送装置
JP2839933B2 (ja) 紙葉搬送装置
JPH06329283A (ja) シート給送装置及び画像形成装置
JP2004067336A (ja) シート搬送装置およびそのシート搬送装置を備えた画像形成装置
JP2009018924A (ja) シート部材搬送装置とこれを用いた用紙供給装置及び原稿読取り装置
JP4585698B2 (ja) 画像形成装置

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20050607