JP2003202137A - 加湿器 - Google Patents

加湿器

Info

Publication number
JP2003202137A
JP2003202137A JP2002002166A JP2002002166A JP2003202137A JP 2003202137 A JP2003202137 A JP 2003202137A JP 2002002166 A JP2002002166 A JP 2002002166A JP 2002002166 A JP2002002166 A JP 2002002166A JP 2003202137 A JP2003202137 A JP 2003202137A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
water
water level
motor
display
brightness
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2002002166A
Other languages
English (en)
Inventor
Kazuharu Ishida
和春 石田
Toshihiko Hisada
敏彦 久田
Hiromitsu Itami
啓光 伊丹
Toshiaki Watanabe
利秋 渡辺
Original Assignee
Hitachi Hometec Ltd
株式会社日立ホームテック
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Hitachi Hometec Ltd, 株式会社日立ホームテック filed Critical Hitachi Hometec Ltd
Priority to JP2002002166A priority Critical patent/JP2003202137A/ja
Publication of JP2003202137A publication Critical patent/JP2003202137A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 加湿を停止させることなく、タイミングよく
給水を行なう。 【解決手段】 吸水性を有する気化フィルター1と、こ
の気化フィルター1に水を供給する給水部2と、気化フ
ィルター1に送風するファン3と、このファン3を駆動
するモーター4と、給水部2内の水を加熱するヒーター
5と、給水部2の水位を検知する水位検知装置6と、室
内の明るさを検知する明暗検知装置7と、運転状態の情
報を表示する表示部10と、加熱された蒸気が室内に排
出される吹出口14とを備えた加湿器において、水位検
知装置6で検知した水位が予め定めた水位のときにヒー
ター5の通電を遮断するとともに、表示部10に第一の
表示を行ない、かつ、明暗検知装置7で検知した明るさ
によって吹出口14から排出される蒸気の量を決定する
とともに、その蒸気の量を基にモーター4の通電時間を
決定する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、一般家庭において
使用される暖房器具の使用に伴う室内の乾燥を防止する
加湿器に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来の一般的な加湿器は、図4のフロー
チャート図に示すように、送風用のファンを回転させ、
水を加熱するヒーターをONして加湿運転を続けると、
給水部の水が徐々に減り、給水用タンクなどが空にな
り、給水部の水がなくなると、特にヒーターを備えたも
のなどでは、空焼きの状態となり、部品の寿命を著しく
縮めたりするため、給水部の水位よりも低くなると、水
位を検知する水位検知装置が動作し、ファンを停止し、
ヒーターをOFFして加湿運転を停止し、給水を促す表
示をするものが一般に知られている。
【0003】また、特開平5ー296505号公報に示
すように、2点の水位を検知することにより、水位の高
低において、異なる表示をするものも知られている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上述し
た従来の加湿器において、前者に示すものは、給水部の
水位が一定の水位よりも低くなると、急に運転が停止
し、それと同時に給水を促す表示をするため、使用者が
給水部の水位を随時確認して、給水部の水位が一定の水
位よりも低くなる前に給水を行なわない限り、加湿運転
が必ず一度は停止してしまい、加湿運転の停止に気がつ
かずに長時間停止したままだと、部屋が乾燥するといっ
た問題点があった。
【0005】また、後者に示すように、水位の高低を検
知して異なる表示を行なうものは、確かに水位が第一の
水位より低くなっても急に運転が停止することはなく、
給水注意を促す表示を行ない、さらに第二の水位より低
くなったときに運転を停止させて給水を促す表示を行な
うことにより、使用者に給水注意を促しつつも加湿運転
が行なわれるので時間的な余裕が得られるものの、水位
を検知する装置を複数個設けなければならないのでコス
トアップになってしまい、また、給水注意モードに移行
してもヒーターやファンの運転制御は通常モードと同じ
なので、給水部の水位が第二の水位よりも低くなると、
急に運転が停止するため、使用者が給水注意を促す表示
に気付かなければ、上述した従来の問題点の解決には至
らない。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明は、上記の課題を
解決するためになされたものであり、吸水性を有する気
化フィルターと、この気化フィルターに水を供給する給
水部と、気化フィルターに送風するファンと、このファ
ンを駆動するモーターと、給水部内の水を加熱するヒー
ターと、給水部の水位を検知する水位検知装置と、室内
の明るさを検知する明暗検知装置と、運転状態の情報を
表示する表示部と、加熱された蒸気が室内に排出される
吹出口とを備えた加湿器において、水位検知装置で検知
した水位が予め定めた水位のときにヒーターの通電を遮
断するとともに、表示部に第一の表示を行ない、かつ、
明暗検知装置で検知した明るさによって吹出口から排出
される蒸気の量を決定するとともに、その蒸気の量を基
にモーターの通電時間を決定する制御を行なう制御装置
を設けたものである。
【0007】また、モーターの通電時間を運転が行なわ
れる残時間として表示部に表示するものである。
【0008】また、モーターの通電時間が経過したとき
にモーターの通電を遮断させるものである。
【0009】また、モーターの通電が遮断されたときに
表示部に第二の表示を行なうものである。
【0010】
【発明の実施の形態】以下、本発明の一実施例を図1、
図2、図3に従って説明する。
【0011】図1は本発明の一実施例を示す加湿器の断
面構造図である。図2は本発明の一実施例を示す加湿器
のフローチャート図である。図3は本発明の一実施例を
示す加湿器の表示部を示す説明図である。
【0012】これらの図において、1は吸水性を有する
気化フィルターで、ポリエステル繊維等を重ね合わせて
所定の形状に形成されている。
【0013】2は給水部であり、水路13を介して一側
に給水タンク12を設置し、他側に気化フィルター1の
下部を浸漬し、両者の間に加熱皿18を形成しており、
加湿運転を行なって水路13の水が減り、その水位が下
がると、給水用タンク12から自動的に水が加熱皿18
及び気化フィルター1側に供給されるようになってい
る。
【0014】3はファンであり、気化フィルター1の上
方に設置されている。4はこのファン3を駆動するモー
ターである。
【0015】5はヒーターで、加熱皿18の外側底部に
設置され、この加熱皿18内の水を加熱して蒸気を発生
させるものである。
【0016】6は給水部2の水位を検知する水位検知装
置であり、フロート15と、このフロート15に固定さ
れた磁石16及びフロート15の案内部内に設置された
リードスイッチ17により構成されている。
【0017】7は室内の明るさを検知する明暗検知装置
であり、ここでは赤外線センサーを使用して本体ケース
20の表面に露出するように設けてある。
【0018】10は加湿器の運転状態を表示する表示部
であり、例えば、現在湿度や設定湿度、給水に関する情
報などを表示するものであり、使用者が見やすいように
本体ケース20の一部に設けられている。
【0019】11は本体ケース20の空間部に設置され
た制御装置で、水位検知装置6で検知した水位が予め定
めた水位のときに、ヒーター5の通電を遮断するととも
に表示部10に第一の表示を行ない、かつ、明暗検知装
置7で検知した明るさによってモーター4の回転速度を
決定するとともに、その回転速度を基にモーター4の通
電時間を継続的に算出する制御を行なうものである。
【0020】14は吹出口であり、気化フィルター1と
ファン3およびモーター4の上部に位置した本体ケース
20の上面に開口している。
【0021】19はガイドであり、加熱皿18の上部に
設置され、加熱された蒸気を矢印のように吹出口14と
気化フィルター1側に誘導するものである。
【0022】次に、このように構成した加湿器の動作を
説明する。
【0023】給水用タンク12に給水後、本体ケース2
0内の所定の位置に設置すると、水路13を通して給水
部2に水が供給され、気化フィルター1は水を吸い上げ
る。
【0024】給水部2の水位が基準の水位より低いとき
は、給水用タンク12が空であり、給水用タンク12を
本体ケース20から外して給水を行なう。
【0025】次に、モーター4に通電してファン3を駆
動し、このファン3により気化フィルター1に風を通
し、気化フィルター1を通過する空気を加湿し、加湿し
た風を吹出口14から吹き出し、室内を加湿する。
【0026】一方、給水部2の水位を検知する水位検知
装置6はフロート15と、フロート15に固定された磁
石16と、フロート15の案内部内に設置されたリード
スイッチ17により構成されているので、水位が上下す
るとフロート15が上下に動き、磁石16による磁界が
変化することでリードスイッチ17が動作し、予め定め
られた水位より低いか高いかを検知する。
【0027】また、給水用タンク12から気化フィルタ
ー1までの水路13の途中にヒーター5によって加熱さ
れる加熱皿18が設置されているので、加熱皿18内の
水も加熱され、その一部は蒸気となってガイド19を通
って、吹出口14から外に吹き出し、一部は気化フィル
ター1に供給される。
【0028】この詳細を図2のフローチャート図によっ
て説明すると、スタートして運転を開始すると、ファン
3が回転し、ヒーター5がONして加湿を開始し、加熱
皿18および給水部2の水位が下がり始める。このとき
表示部10には、図3(A)の運転中が表示される。
【0029】この状態で、水位検知装置6は常に水位を
検知しており、加湿が進行するとリードスイッチ17に
より水位が基準以下となったことを検知する。給水部2
の水位が基準の水位よりも低くなると、制御装置11は
ヒーター5の通電を遮断するとともに、表示部10に第
一の表示として図3(B)のように「給水」を表示し、
さらに、明暗検知装置7で検知された明るさによってモ
ーター4の回転速度を決定する。モーター4の回転速度
については、例えば、明るさが明るいと判断されたとき
は回転速度を第一の速度に決定し、明るさが暗いと判断
されたときは第一の速度よりも遅い第二の速度に決定す
る。つまり、明るいときは室内で人が活動しているか、
もしくは昼間であると判断して、多めの加湿を行ない、
暗いときには室内で人が就寝しているか、もしくは夜間
であると判断して、少なめの加湿を行なう。
【0030】また、制御装置11は決定したモーター4
の回転速度から給水用タンク12内の水がなくなるまで
の時間を継続的に算出し、この時間をモーター4の通電
時間として運転を継続する。
【0031】また、表示部10に第一の表示の一部とし
て図3(C)のようにモーター4の通電時間を運転の残
時間として継続的に表示する。
【0032】また、モーター4の通電時間が経過したと
き、つまり、表示部10に表示した残時間が0となった
ときには、モーター4の通電を遮断する。
【0033】また、モーター4の通電が遮断されたとき
には、表示部10に第二の表示として図3(D)のよう
に「給水」の点滅表示をする。
【0034】ここで、蒸気の実施例では吹出口14から
排出される蒸気の量をモーター4の回転速度を変化させ
て調節しているが、他の手段として、モーター4を断続
的に通電させて単位時間当たりの蒸気の量を調節しても
よく、また、モーター4の回転速度は変化させずに吹出
口14の開口面積を機械的に変化させて蒸気の量を調節
してもよい。
【0035】
【発明の効果】以上、前述したように本発明によれば、
給水部の水位が基準の水位よりも低くなるとヒーターの
通電を遮断するとともに、表示部に第一の表示として
「給水」を表示して給水を促すとともに、室内の明るさ
によって吹出口から排出される蒸気の量を決定し、その
蒸気の量を基にモーターの通電時間を継続的に算出する
ようにしたので、加湿運転を急に停止することがなく、
また、室内で人が活動しているか、もしくは昼間の場合
は多めの加湿を行ない、室内に人が就寝しているか、も
しくは夜間の場合は少なめの加湿を行なうので、使用者
が給水を行なうのにゆとりがあり、またその間も快適な
加湿が行なわれる。
【0036】また、モーターの通電時間を加湿運転の残
時間として表示部に表示することにより、残りの加湿時
間を正確に報知することができる。
【0037】また、モーターの通電時間が経過したとき
にはモーターの通電を遮断するので、安全性が向上す
る。
【0038】さらに、モーターの通電が遮断されると、
表示部に第二の表示として「給水」を点滅表示させるこ
とにより、使用者に対してさらに丁寧な給水を促す報知
がなされ、信頼性が向上する。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施例を示す加湿器の断面構造図で
ある。
【図2】本発明の一実施例を示す加湿器のフローチャー
ト図である。
【図3】本発明の一実施例を示す加湿器の表示部を示す
説明図である。
【図4】従来の加湿器のフローチャート図である。
【符号の説明】
1 気化フィルター 2 給水部 3 ファン 4 モーター 5 ヒーター 6 水位検知装置 7 明暗検知装置 10 表示部 11 制御装置 12 給水用タンク 13 水路 14 吹出口 18 加熱皿 19 ガイド 20 本体ケース
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 渡辺 利秋 千葉県柏市新十余二3番地1 株式会社日 立ホームテック内 Fターム(参考) 3L055 BA02 CA04 DA01 DA09 DA10

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 吸水性を有する気化フィルター(1)
    と、この気化フィルター(1)に水を供給する給水部
    (2)と、気化フィルター(1)に送風するファン
    (3)と、このファン(3)を駆動するモーター(4)
    と、給水部(2)内の水を加熱するヒーター(5)と、
    給水部(2)の水位を検知する水位検知装置(6)と、
    室内の明るさを検知する明暗検知装置(7)と、運転状
    態の情報を表示する表示部(10)と、加熱された蒸気
    が室内に排出される吹出口(14)とを備えた加湿器に
    おいて、前記水位検知装置(6)で検知した水位が予め
    定めた水位のときに、前記ヒーター(5)の通電を遮断
    するとともに、前記表示部(10)に第一の表示を行な
    い、かつ、前記明暗検知装置(7)で検知した明るさに
    よって前記吹出口14から排出される蒸気の量を決定す
    るとともに、その蒸気の量を基にモーター(4)の通電
    時間を決定する制御を行なう制御装置(11)を設けた
    ことを特徴とした加湿器。
  2. 【請求項2】 前記モーター(4)の通電時間を加湿が
    行なわれる残時間として表示部(10)に表示すること
    を特徴とした請求項1記載の加湿器。
  3. 【請求項3】 前記モーター(4)の通電時間が経過し
    たときにモーター(4)の通電を遮断させることを特徴
    とした請求項1および請求項2記載の加湿器。
  4. 【請求項4】 前記モーター(4)の通電が遮断された
    ときに前記表示部(10)に第二の表示を行なうことを
    特徴とした請求項3記載の加湿器。
JP2002002166A 2002-01-09 2002-01-09 加湿器 Pending JP2003202137A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002002166A JP2003202137A (ja) 2002-01-09 2002-01-09 加湿器

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002002166A JP2003202137A (ja) 2002-01-09 2002-01-09 加湿器

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003202137A true JP2003202137A (ja) 2003-07-18

Family

ID=27642107

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002002166A Pending JP2003202137A (ja) 2002-01-09 2002-01-09 加湿器

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2003202137A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008064377A (ja) * 2006-09-07 2008-03-21 Matsushita Electric Ind Co Ltd 加湿装置の給水タンク用残水表示方法
CN103453609A (zh) * 2012-05-28 2013-12-18 珠海格力电器股份有限公司 电极加湿器的控制方法、装置和电极加湿器
WO2019029032A1 (zh) * 2017-08-07 2019-02-14 江门市西点电器科技有限公司 一种加湿器
WO2019037377A1 (zh) * 2017-08-21 2019-02-28 深圳前海帕拓逊网络技术有限公司 一种具有断电保护功能的加湿器

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008064377A (ja) * 2006-09-07 2008-03-21 Matsushita Electric Ind Co Ltd 加湿装置の給水タンク用残水表示方法
CN103453609A (zh) * 2012-05-28 2013-12-18 珠海格力电器股份有限公司 电极加湿器的控制方法、装置和电极加湿器
CN103453609B (zh) * 2012-05-28 2016-03-02 珠海格力电器股份有限公司 电极加湿器的控制方法、装置和电极加湿器
WO2019029032A1 (zh) * 2017-08-07 2019-02-14 江门市西点电器科技有限公司 一种加湿器
WO2019037377A1 (zh) * 2017-08-21 2019-02-28 深圳前海帕拓逊网络技术有限公司 一种具有断电保护功能的加湿器

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4592308B2 (ja) 加熱式加湿器
JP4476795B2 (ja) 加湿器
JP2003202137A (ja) 加湿器
JP2012122665A (ja) 加湿器
JP2010002068A (ja) 空気清浄機
JP5102714B2 (ja) 加湿器
JP6059606B2 (ja) 送風装置
JP2010185597A (ja) 除湿機
KR102007303B1 (ko) 공기조화기 및 그 제어방법
JP2018071819A (ja) 加湿装置
JP2003194371A (ja) 加湿器
JP2000074470A (ja) 加湿器
JP2017116164A (ja) 加湿装置
JP6105899B2 (ja) 加湿装置
JP2006162231A (ja) 脱衣所空調機
JP2002106921A (ja) 加湿装置
JP2006010135A (ja) 加湿器
JP2017053576A (ja) 加湿機能付温風暖房機
JP2002147799A (ja) 加湿器
JP4140177B2 (ja) 気化式加湿機の制御装置
JP6720119B2 (ja) 暖房装置および空調装置
JP2000046384A (ja) 加湿器
KR0182754B1 (ko) 야간 가습기의 전력제어 방법
KR20190106230A (ko) 공기조화기 및 그 제어방법
KR20020021599A (ko) 가습기