JP2003010447A - 遊技機 - Google Patents

遊技機

Info

Publication number
JP2003010447A
JP2003010447A JP2001202341A JP2001202341A JP2003010447A JP 2003010447 A JP2003010447 A JP 2003010447A JP 2001202341 A JP2001202341 A JP 2001202341A JP 2001202341 A JP2001202341 A JP 2001202341A JP 2003010447 A JP2003010447 A JP 2003010447A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
variable display
identification information
display area
displayed
specific
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001202341A
Other languages
English (en)
Inventor
Sadao Ioki
定男 井置
Hideo Taguchi
英雄 田口
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Sophia Co Ltd
Original Assignee
Sophia Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sophia Co Ltd filed Critical Sophia Co Ltd
Priority to JP2001202341A priority Critical patent/JP2003010447A/ja
Publication of JP2003010447A publication Critical patent/JP2003010447A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 遊技の興趣を高めることが可能な遊技機を提
供する。 【解決手段】 複数種類の識別情報からなる一連の識別
情報を循環的に変動表示可能な変動表示領域を複数備え
る変動表示装置と、該変動表示装置の各変動表示領域に
表示される識別情報の表示結果が予め定められた特定の
組合せ態様となることに関連して、遊技者に有利な特別
遊技状態を発生させる制御を行う制御装置と、を備える
遊技機である。前記制御装置は、特定の変動表示領域に
て一連の識別情報を循環表示することに関連して、前記
特定の変動表示領域以外の変動表示領域に停止状態で表
示されている識別情報を、前記循環表示の周回数に対応
するコマ数分だけ変動させる表示制御を行う変動表示制
御手段を備える。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、変動表示装置の各
変動表示領域に表示される識別情報の表示結果が予め定
められた特定の組合せ態様となることに関連して、遊技
者に有利な特別遊技状態を発生可能な遊技機に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、複数の変動表示領域を有する変動
表示装置を備え、該変動表示装置の各変動表示領域にお
いて複数種類の識別情報(例えば、図柄、数字、記号な
ど)からなる一連の識別情報を順次変動表示して変動表
示遊技を行う遊技機として、例えば、パチンコ遊技機が
知られている。このような遊技機においては、各変動表
示領域における識別情報の表示結果が予め定められた特
定の組合せ態様(例えば、「7,7,7」等のゾロ目)
となることに関連して、遊技者に有利な特別遊技状態
(いわゆる大当たり状態などと呼ばれる、遊技媒体の大
量獲得が容易な状態)が発生する。また、上記のような
遊技機の中には、例えば、前記特別遊技状態が特定の条
件を満たした識別情報の組合せ態様(例えば、特定の識
別情報(確変図柄)が3個揃ったゾロ目等)で発生した
場合に、その特別遊技状態の終了後に、確率変動状態
(通常時と比べて特別遊技状態の発生し易い遊技状態)
が発生するものもある。
【0003】また、このような遊技機において、例え
ば、変動表示装置の各変動表示領域に識別情報が順次停
止される過程で、特定の組合せ態様が成立する可能性の
ある表示態様(例えば、「7,−,7」、−は変動表示
中)となった場合には、いわゆるリーチ状態と呼ばれる
遊技状態が発生する。このリーチ状態のときには、例え
ば、ランプ等の装飾を行ったり、キャラクタ等を出現さ
せたり、或いは未だ変動表示中の変動表示領域における
識別情報の変動表示速度を高速から低速に変換するなど
して、視覚的に遊技の興趣を高めるような演出が行われ
るようになっている。また、最近では、リーチ状態のと
きに、各変動表示領域の識別情報が揃った状態(特定の
組合せ態様を維持した状態)で変動されるいわゆる全回
転リーチが発生する遊技機もある。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記従
来の遊技機のように、リーチ状態のときなどに、キャラ
クタ等を出現させたり、特定の変動表示領域における識
別情報の変動表示速度を低速にしたり、或いは全回転リ
ーチを行ったりすることは、既に在り来たりのものであ
り、それらの演出だけでは、遊技が単調となって遊技者
は遊技に対する興趣を得難いという問題点があった。
【0005】この発明は、上記実状に鑑み成されたもの
で、遊技の興趣を高めることが可能な遊技機を提供する
ことを目的とする。
【0006】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するた
め、請求項1記載の発明は、複数種類の識別情報からな
る一連の識別情報を循環的に変動表示可能な変動表示領
域を複数備える変動表示装置と、該変動表示装置の各変
動表示領域に表示される識別情報の表示結果が予め定め
られた特定の組合せ態様となることに関連して、遊技者
に有利な特別遊技状態を発生させる制御を行う制御装置
と、を備える遊技機において、前記制御装置は、特定の
変動表示領域にて一連の識別情報を循環表示することに
関連して、前記特定の変動表示領域以外の変動表示領域
に停止状態で表示されている識別情報を、前記循環表示
の周回数に対応するコマ数分だけ変動させる表示制御を
行う変動表示制御手段を備える構成とした。
【0007】この請求項1記載の発明によれば、特定の
変動表示領域で一連の識別情報を循環表示することに関
連して、この特定の変動表示領域以外の変動表示領域に
停止状態で表示されている識別情報を、前記循環表示の
周回数に対応するコマ数分だけ変動させるようにしたの
で、これまでにない奇抜な変動表示の演出を遊技者に提
供することができる。従って、遊技者の遊技に対する興
趣を高めることができる。また、特定の組合せ態様が成
立する可能性のあるリーチ表示態様とならなかった場合
でも、変動表示制御手段による表示制御によって、リー
チ状態を発生させることが可能になるので、遊技者は全
変動表示領域における識別情報の表示結果が確定するま
でリーチ状態発生への期待感を持ち続けることができ
る。
【0008】ここで、遊技機には、パチンコ遊技機、ア
レンジボール遊技機、雀球遊技機などの弾球遊技機や、
パチスロ遊技機或いはスロットマシンなどが含まれる。
識別情報には、数字、文字、記号及びキャラクタ、並び
に色彩など、視覚により識別可能な識別図柄などが含ま
れる。変動表示装置は、液晶表示装置、CRT(陰極線
管)表示装置などの単体の装置であっても、また、これ
ら装置と多数の発光素子を配列した表示装置、回転ドラ
ムを使用したメカ式の表示装置などとの組合せでもよ
く、識別情報を変動表示可能な変動表示領域を含んでい
ればよい。特定の変動表示領域は、変動表示装置に備わ
る複数の変動表示領域の中のどの変動表示領域であって
もよく、その数は単数であっても複数であってもよい。
特別遊技状態とは、通常遊技時に比べて多数の遊技媒体
(遊技価値)を獲得し易い遊技状態をいい、この特別遊
技状態には、例えば、第1種のパチンコ遊技機における
大入賞口(特別変動入賞装置ともいう)の開放、第3種
のパチンコ遊技機における権利発生の状態、或いは電動
役物を複数備えた一般電役機における電動役物を連続し
て開放させる状態、スロットマシンでのボーナスゲーム
(ビッグボーナスゲーム、レギュラーボーナスゲーム)
などが含まれる。
【0009】請求項2記載の発明は、請求項1に記載の
遊技機において、前記変動表示制御手段は、前記特定の
変動表示領域にて前記循環表示を1周行う毎に、前記特
定の変動表示領域以外の変動表示領域に停止状態で表示
されている識別情報を所定方向に1コマ分ずつ変動させ
る表示制御を行う構成とした。
【0010】この請求項2記載の発明によれば、特定の
変動表示領域で循環表示を1周行う毎に、該特定の変動
表示領域以外の変動表示領域に停止状態で表示されてい
る識別情報を所定方向に1コマ分ずつ変動させるように
したので、循環表示が1周行われる毎に該識別情報が所
定方向に1コマ分ずつ変動される様子が遊技者にとって
分かりやすくなる。
【0011】ここで、所定方向としては、例えば、通常
時の変動表示方向と同じ方向、又はその逆方向などが挙
げられる。
【0012】請求項3記載の発明は、請求項1又は2に
記載の遊技機において、前記変動表示制御手段は、前記
特定の変動表示領域以外の変動表示領域において前記循
環表示の周回数に対応するコマ数分の変動表示を行う毎
に、前記特定の変動表示領域に循環表示する一連の識別
情報の全体数を減少させるような表示制御を行う構成と
した。
【0013】この請求項3記載の発明によれば、特定の
変動表示領域以外の変動表示領域において前記循環表示
の周回数に対応するコマ数分の変動表示が行われる毎
に、該特定の変動表示領域に循環表示される一連の識別
情報の全体数を減少させるようにしたので、前記循環表
示の周回数が増えるに従い、特定の変動表示領域に停止
表示される可能性のある識別情報が徐々に絞り込まれて
いくこととなる。従って、リーチ状態や特別遊技状態の
発生に対する遊技者の期待感を徐々に高めていくことが
可能となる。
【0014】請求項4記載の発明は、請求項3に記載の
遊技機において、前記変動表示制御手段は、前記特定の
変動表示領域に循環表示する一連の識別情報の全体数を
減少させる際に、前記特定の組合せ態様を成し得る識別
情報を残して前記全体数を減少させるようにした構成と
した。
【0015】この請求項4記載の発明によれば、特定の
組合せ態様を成し得る識別情報を残して、特定の変動表
示領域に循環表示する一連の識別情報の全体数を減少さ
せるようにしたので、該識別情報の全体数を減少させる
際においても、遊技者はリーチ状態や特別遊技状態の発
生への期待感を持ち続けることができる。
【0016】請求項5記載の発明は、請求項3に記載の
遊技機において、前記変動表示制御手段は、前記特定の
変動表示領域に循環表示する一連の識別情報の全体数を
減少させる際に、該減少させる識別情報を、通常時の変
動表示方向とは異なる方向に移動表示させて前記特定の
変動表示領域から消滅させるような表示制御を行う構成
とした。
【0017】この請求項5記載の発明によれば、特定の
変動表示領域に循環表示する一連の識別情報の全体数を
減少させる際に、該減少させる識別情報を、通常時の変
動表示方向とは異なる方向に移動表示させて該特定の変
動表示領域から消滅させるようにしたので、前記一連の
識別情報の全体数が減少していく様子が、遊技者にとっ
て分かりやすくなる。
【0018】請求項6記載の発明は、請求項1〜5の何
れかに記載の遊技機において、前記変動表示制御手段
は、リーチ状態のときに、特定の変動表示領域にて一連
の識別情報を循環表示することに関連して、前記特定の
変動表示領域以外の変動表示領域に停止状態で表示され
ている識別情報を、前記循環表示の周回数に対応するコ
マ数分だけ変動させる表示制御を行う構成とした。
【0019】この請求項6記載の発明によれば、特定の
変動表示領域にて一連の識別情報を循環表示することに
関連して、該特定の変動表示領域以外の変動表示領域に
停止状態で表示されている識別情報を、リーチ状態のと
きに、循環表示の周回数に対応するコマ数分だけ変動さ
せるようにしたので、リーチ状態のときの変動表示をこ
れまでにない斬新な変動表示とすることができる。ま
た、特別遊技状態の終了後に確率変動状態の発生しない
組合せ態様でリーチ状態が発生した場合においても、特
定の変動表示領域以外の変動表示領域に停止状態で表示
されている識別情報を前記循環表示の周回数に対応する
コマ数分だけ変動させる表示制御が行われることから、
遊技者は、確率変動状態が発生する組合せ態様のリーチ
状態に移行するかもしれないという期待感を得ることが
できる。
【0020】ここで、リーチ状態とは、例えば、変動表
示装置の各変動表示領域に識別情報が順次停止される過
程で、前記特定の組合せ態様の成立する可能性のあるリ
ーチ表示態様(例えば、「7,−,7」)となった場合
に発生する遊技状態のことである。確率変動状態とは、
通常時と比べて特別遊技状態の発生し易い遊技状態(つ
まり、通常時と比べて特定の組合せ態様が成立し易い遊
技状態)のことである。
【0021】請求項7記載の発明は、請求項6に記載の
遊技機において、前記特定の変動表示領域は、識別情報
が最後に停止表示される最終停止変動表示領域である構
成とした。
【0022】この請求項7記載の発明によれば、識別情
報を最後に停止表示する最終停止変動表示領域を特定の
変動表示領域としたので、リーチ状態のときに特別遊技
状態発生への期待感を徐々に高めていくことができる。
【0023】
【発明の実施の形態】以下、この発明の実施の形態につ
いて、図1〜図8の図面を参照しながら説明する。
【0024】[第1の実施の形態]図1は、本発明を適
用した第1の実施の形態の遊技機として例示するパチン
コ遊技機の遊技盤を示す正面図である。
【0025】この遊技盤1のガイドレール2で囲まれた
遊技領域1aには、普図始動ゲート6,6、特別図柄
(特図)表示装置4、普通図柄(普図)表示器7、普図
変動表示遊技の結果に関連して開閉部材9a,9aを開
閉させる特図始動口を兼ねた普通変動入賞装置9、特図
変動表示遊技の結果に関連して大入賞口5bを閉じた状
態から開放状態に変換するサイクル遊技を行う特別変動
入賞装置5、一般入賞口8,…、装飾LED12,…、
風車と呼ばれる打球方向変換部材14,14、多数の障
害釘(図示省略)などが配設されている。遊技領域1a
の最下端部中央にはアウト球を回収するためのアウト穴
13が設けられている。
【0026】特別図柄表示装置4は、例えば、液晶表示
装置(LCD:Liquid Crystal Display)からなる特図
の変動表示装置(表示装置)4aと、後述の遊技制御装
置20(図2)からの指令に基づき変動表示装置4aの
表示制御を行う表示制御装置40(図2)と、を備えて
構成されている。変動表示装置4aは、複数の変動表示
領域10a、10b、10c(図4)を有し、該変動表
示領域の各々に一連の識別情報(例えば、図柄、数字、
記号など)を順次変動表示させた後に停止させること
で、特図の変動表示遊技の表示が可能となっている。こ
の実施の形態では、「0」〜「9」の数字図柄によって
上記識別情報が構成されている。また、特別図柄表示装
置4の下部には、普通変動入賞装置9に遊技球が入賞し
て特図変動表示遊技が未処理となっている未処理回数
(特図始動記憶の記憶数)を点灯表示する特図始動記憶
表示器4b,…が設けられている。普図表示器7は、例
えば、7セグメント型のLEDなどによって構成され、
普通図柄(例えば、図柄、数字、記号などの識別情報)
の変動表示遊技が行われるようになっている。また、特
別変動入賞装置5の開閉扉5aの右側には、普図始動ゲ
ート6,6に遊技球が入賞して普図変動表示遊技が未処
理となっている未処理回数を表示する普図始動記憶表示
器6aが配設されている。
【0027】普通変動入賞装置9は左右一対の開閉部材
9a,9aを具備し、この開閉部材9a,9aは、常時
は遊技球が1個流入可能な程度の間隔で閉じた状態を保
持しているが、普図表示器7の変動表示遊技の結果が所
定の停止結果態様(例えば、「7」)となった場合に
は、普電ソレノイド6c(図2)の駆動により逆「ハ」
の字状に開いて普通変動入賞装置9に遊技球が流入し易
い状態(遊技者にとって有利な状態)に変化されるよう
になっている。この普通変動入賞装置9は、特図の始動
口も兼ね、その内部に特図始動センサ9b(図2)を備
えている。また、普図始動ゲート6,6内には、該普図
始動ゲート6,6を通過した遊技球を検出するための普
図始動センサ6b,6b(図2)が設けられている。
【0028】特別変動入賞装置5はアタッカー形式の開
閉扉5aによって開閉される大入賞口5bを備えてい
る。開閉扉5aは、大入賞口ソレノイド5e(図2)の
駆動により、その上端側が手前側に倒れる方向に回動し
て開放可能になっていて、変動表示装置4aの各変動表
示領域10a、10b、10cにおける識別情報の表示
結果が予め定められた特定の組合せ態様(例えば、
「7,7,7」などのゾロ目)となって大当たり(特別
遊技状態)等が発生した場合に、大入賞口5bが開放さ
れて、多数の遊技球を獲得し易い状態(遊技者にとって
有利な状態)に変換されるようになっている。この大入
賞口5bの内部には、該大入賞口5bに入った遊技球を
検出するためのカウントセンサ5c(図2)と、大入賞
口5bに入った遊技球のうち継続入賞領域に流入した遊
技球を検出するための継続センサ5d(図2)が配設さ
れている。また、各一般入賞口8,…の内部には、該入
賞口8,…に入った遊技球を検出するための入賞口セン
サ8a,…(図2)が配設されている。
【0029】図2は、このパチンコ遊技機に備わる遊技
制御装置20と表示制御装置40の主要制御ブロック図
である。
【0030】この実施の形態のパチンコ遊技機は、図2
に示すように、遊技の進行に関する制御を行う遊技制御
装置20、該遊技制御装置20からの指令(表示制御情
報)に基づいて変動表示装置4aの表示制御を行う表示
制御装置40を備える他、遊技制御装置20からの指令
に基づいて各種装飾ランプ・LED等の点灯・点滅制御
を行う装飾制御装置50、遊技制御装置20からの指令
に基づいてスピーカの出力制御を行う音制御装置60、
遊技制御装置20からの指令やカードユニット(図示省
略)からの指令に基づいて遊技球(賞球、貸球)の排出
制御を行う排出制御装置30を備えている。この実施の
形態では、遊技制御装置20と表示制御装置40とによ
り本発明に係る制御装置が構成されている。
【0031】遊技制御装置20は、内部にCPU(Cent
ral Processing Unit)21a、RAM(Random Access
Memory)21b及びROM(Read Only Memory)21
cを備えた遊技用マイクロコンピュータ21、入力I/
F23a、出力I/F23b、発振器22等により構成
されている。
【0032】CPU21aは、制御部、演算部を備え、
演算制御を行う他、特図や普図の変動表示遊技に関わる
各種乱数(例えば、特図の大当たり発生に関与する乱
数)なども生成している。RAM21bは、特図始動信
号としての特図始動センサ9bのオン信号の記憶(特図
始動記憶)の記憶領域を備える他、普図始動信号として
の普図始動センサ6b,6bのオン信号の記憶(普図始
動記憶)の記憶領域、CPU21aで生成される各種乱
数値の記憶領域、各種データを一時的に記憶する記憶領
域、並びに、CPU21aの作業領域を備えている。R
OM21cには、遊技上の制御プログラムや制御データ
が書き込まれている他、特図や普図の変動表示遊技に関
わる各種判定値(例えば、特図の大当たり発生を判定す
るための判定値)などが書き込まれている。
【0033】また、入力I/F23aには、図示しない
ローパスフィルタ及びバッファーゲートを介して、特図
始動センサ9b、普図始動センサ6b,6b、継続セン
サ5d、カウントセンサ5c、入賞口センサ8a,…な
どが接続され、それら各センサから出力される検出信号
が入力I/F23aを介してCPU21aに出力される
ようになっている。一方、出力I/F23bには、CP
U21aから出力される各種の制御信号が入力され、そ
れら制御信号は、出力I/F23bから、図示しない出
力ポート及びドライバーを介して、普図表示器7、大入
賞口ソレノイド5e、普電ソレノイド6c、排出制御装
置30、装飾制御装置50、表示制御装置40、音制御
装置60、盤用外部情報出力部81などに出力されてい
る。
【0034】表示制御装置40は、CPU(Central Pr
ocessing Unit)41、ROM(Read Only Memory)4
2、RAM(Random Access Memory)43及びDMAC
(Direct Memory Access Controller)44、発振器4
5、VDC(Video Digital Controller)46、フォン
トROM47、VDC46の電気信号(入力信号)を光
信号(出力信号)に変換させる際のγ補正を行うγ補正
回路48、インターフェイス49などを備えている。
【0035】CPU41は、その内部に制御部、演算
部、各種カウンタ、各種レジスタなどを備え、遊技制御
装置20とインターフェイス49を介して接続され、遊
技制御装置20の制御下、変動表示装置4aの制御を行
っている。その制御データは発振器45からのパルスに
同期させてVDC46に送られる。ROM42には、変
動表示装置4aの表示制御を行うための表示制御プログ
ラムや表示制御データ等が書き込まれている。RAM4
3は、各種データを一時的に記憶する記憶領域とCPU
41の作業領域などを備えている。DMAC44は、遊
技用マイクロコンピュータ21からの表示制御情報(指
令)に対し、CPU41とのアクセスなしで直接各メモ
リーやVDC46等の間で表示制御データのやり取りを
行っている。
【0036】フォントROM47には、変動表示遊技用
の識別情報の表示データ、背景画像の表示データ、キャ
ラクタ画像の表示データ、遊技内容を説明する文字の表
示データなどが書き込まれている。VDC46の内部に
は、図示は省略するが、スプライトRAM、パレットR
AM、V−RAM等が備えられていて、次のような画像
データ制御を行っている。即ち、VDC46は、CPU
41からの指令信号を受けて、フォントROM47から
識別情報や背景画像の表示データを取り出して編集す
る。そして、その指令信号に含まれる配色データに基づ
いて、その編集した画像データに対し配色の指定をパレ
ットRAMで行い、次いでスプライトRAMにて識別情
報やキャラクタ等の画像編集を行う。この編集された画
像データ信号はγ補正回路48で補正された後、V_S
YNCやH_SYNCと同期させて変動表示装置4aに
送信される。
【0037】この実施の形態に係るパチンコ遊技機は、
上記のように構成されていて、遊技制御装置20と表示
制御装置40とにより、例えば、次のような遊技制御が
行われる。
【0038】先ず、図3に示すように、当該パチンコ遊
技機に電源が投入されると、客待ちの状態(ステップS
0)となる。この客待ちの状態(ステップS0)では、
変動表示装置4aにおいて、例えば、客寄せ用のデモン
ストレーション表示等が行われる。
【0039】この状態で、遊技領域1a中に打ち込まれ
た遊技球が普通変動入賞装置9に入賞して特図始動セン
サ9bに検出されると、変動状態(ステップS1)に遷
移する。即ち、遊技制御装置20のCPU21aでは、
普通変動入賞装置9内部の特図始動センサ9bから出力
される検出信号に基づいて、RAM21bに記憶されて
いる特図に関する各種乱数値(所定周期で記憶更新され
ている)を抽出し、該抽出した乱数値と、予めROM2
1cに記憶されている特図に関する各種判定値との比較
により、特図の変動表示遊技の結果や該結果に至るまで
の演出内容(例えば、特別遊技状態を発生するか否か、
変動表示領域10a、10b、10cの各々に本停止さ
せる識別情報を何れとするか、識別情報の変動表示パタ
ーンを何れとするかなど)を決定すると共に、この決定
に基づいて、表示制御装置40に表示制御情報を出力す
る。
【0040】このとき出力される表示制御情報には、変
動表示領域10a、10b、10cの各々に本停止させ
る識別情報のデータ、変動パターンデータ等が含まれて
おり、変動パターンデータにより、識別情報の変動時間
とそれに対応する変動パターン(通常変動、リーチ有
り、リーチの種類、再抽選有り、予告有りなど)が指定
されるようになっている。加えて、この実施の形態で
は、本発明に係る特別変動(後述)の有無も指定される
ようになっている。
【0041】表示制御装置40は、遊技制御装置20か
ら上記表示制御情報を受け取ると、該表示制御情報に基
づいて画像データを編集し、この編集した画像データを
変動表示装置4aに送って、変動表示装置4aの変動表
示領域10a、10b、10cの各々に、一連の識別情
報を循環的に変動表示させた後に停止させる特図の変動
表示遊技の表示を行わせる。具体的には、表示制御情報
に含まれる変動パターンデータに基づいて、所定の変動
パターンで各変動表示領域10a、10b、10cの識
別情報を変動表示させ、所定時間経過後に、表示制御情
報で指定された識別情報を各変動表示領域10a、10
b、10cに仮停止させる。ここで、例えば、変動パタ
ーンデータにより特別変動有りの変動パターンが指定さ
れている場合には、上記変動表示の過程で、本発明に係
る特別変動を発生させる表示制御が行われる。特別変動
とは、何れかの変動表示領域(特定の変動表示領域)に
て一連の識別情報を循環表示することに関連して、その
他の変動表示領域(特定の変動表示領域以外の変動表示
領域)に停止(仮停止)状態で表示されている識別情報
を前記循環表示の周回数に対応するコマ数分だけ変動さ
せるような変動表示態様のことであり、この実施の形態
では、リーチ状態のときに発生するようになっている。
即ち、この実施の形態では、表示制御装置40と遊技制
御装置20とによって本発明に係る変動表示制御手段が
構成されている。
【0042】遊技制御装置20では、先に出力した表示
制御情報で指定した変動時間が経過したところで、変動
停止を指示する表示制御情報を表示制御装置40に出力
する。表示制御装置40では、その変動停止を指示する
表示制御情報に基づいて、変動表示領域10a、10
b、10cの各々で仮停止されている識別情報を本停止
させる表示制御を行う。ここで、仮停止とは、例えば、
短時間の停止、微動状態での停止、或いは予め定められ
た移動軌跡沿って反復して移動表示されている状態な
ど、未だ確定していない停止のことをいい、本停止と
は、その停止をもって確定となる停止のことをいう。
【0043】このとき、例えば、遊技制御装置20にお
いて、大当たり判定用乱数値とその判定値との比較によ
り、ハズレが決定されている場合には、各変動表示領域
10a、10b、10cにおける識別情報の表示結果が
ハズレの組合せ態様となって、当該変動表示遊技が終了
となる。その後、特図始動記憶が有る場合には、次の変
動表示遊技の変動状態(ステップS1)に遷移し、特図
始動記憶が無い場合には、客待ちの状態(ステップS
0)に遷移する。
【0044】一方、大当たり判定用乱数値とその判定値
との比較により、大当たりの発生が決定されている場合
には、各変動表示領域10a、10b、10cにおける
識別情報の表示結果が予め定められた特定の組合せ態様
(例えば、「1,1,1」、「4,4,4」、「7,
7,7」などのゾロ目)となって、大当たりと呼ばれる
特別遊技状態(ステップS2)に遷移する。
【0045】この大当たりは、特別変動入賞装置5の開
閉扉5aが所定時間(例えば、29.5秒間)開放して
閉じるサイクルを1ラウンドとし、各ラウンド中、遊技
球が大入賞口5b中の継続入賞領域の継続センサ5dに
検出されることを条件に所定ラウンド(例えば、15ラ
ウンド)まで継続される遊技である。但し、各ラウンド
中、大入賞口5bに遊技球が所定個数(例えば、10
個)入賞したときはその時点でそのラウンドを終了す
る。各ラウンド中、大入賞口5bへの入賞個数は、カウ
ントセンサ5cにより検出されてRAM21bに記憶さ
れ、所定個数に達すると開閉扉5aが閉じられてそのラ
ウンドの特別遊技が終了する。
【0046】この大当たり(ステップS2)が終了する
と、特図始動記憶が無い場合には、客待ちの状態(ステ
ップS0)に遷移し、特図始動記憶が有る場合には、次
の変動表示遊技の変動状態(ステップS1)に移行す
る。
【0047】なお、上記大当たりが、特定の条件を満た
した識別情報の組合せ態様(例えば、「7,7,7」な
ど、特定の識別情報(確変図柄)が3個揃ったゾロ目
等)で発生したときには、その大当たりの終了後、その
後に大当たりが所定回数(例えば、1回)発生するまで
大当たりの発生確率(特定の組合せ態様が成立する確
率)が通常確率(例えば、1/320)から高確率(例
えば、5/320)に変換される確率変動状態が発生す
る。また、この確率変動状態においては、普図の変動表
示遊技の変動表示時間が短縮(例えば、30秒から6秒
に短縮)される普図時短状態が発生される。この普図時
短状態によって、普図の変動表示遊技の単位時間当たり
の実行可能回数が増えて、その分、普図の当たり発生回
数も増加することになる。また、この普図時短状態中に
は、普図の当たりによる普通変動入賞装置9の開放パタ
ーンの変更制御を併せて行ってもよい。その開放パター
ンの変更制御としては、例えば、開閉部材9a,9aの
0.5秒の開放を1回から、3秒の開放を2回、或いは
5秒の開放を1回にするなどの変更制御がある。
【0048】次に、遊技制御装置20と表示制御装置4
0とにより行われる変動表示遊技の表示態様について説
明する。
【0049】変動表示遊技が開始されると、図4(a)
に示すように、変動表示装置4aの変動表示領域10
a、10b、10cの各々において、複数種類の識別情
報からなる一連の識別情報(以下、図柄列と略称す
る。)が循環的に変動表示される。この実施の形態で
は、通常時の図柄列A0が、図4に示すように、「0」
〜「9」の数字図柄によって構成され、その変動表示の
態様が、上から下へと向かう縦方向のスクロール表示と
なっている。
【0050】その後、変動表示領域10a、10b、1
0cの各々における識別情報が、例えば、変動表示領域
10a(左図柄)→変動表示領域10b(中図柄)→変
動表示領域10c(右図柄)の順に停止される過程で、
例えば、図4(b)に示すように、予め定められた特定
の組合わせ態様(例えば、「1(左図柄),1(中図
柄),1(右図柄)」などのゾロ目)となる可能性のあ
るリーチ表示態様(例えば、「1,1,−」、−は変動
表示中)となった場合には、リーチ状態が発生する。
【0051】このリーチ状態が発生すると、大当たり発
生の期待感を高めるために、例えば、表示画面4gにキ
ャラクタを新たに出現させるなどして、様々な演出表示
が行われる。加えて、この実施の形態では、本発明に係
る特別変動が行われる。即ち、リーチ状態が発生する
と、最後に識別情報が停止表示される最終停止変動表示
領域となる変動表示領域10c(特定の変動表示領域)
にて一連の識別情報(図柄列)が特定の識別情報を起点
として循環表示されると共に、該循環表示に関連して、
変動表示領域10a、10b(特定の変動表示領域以外
の変動表示領域)に停止状態で表示されている識別情報
が前記循環表示の周回数に対応するコマ数分だけ変動さ
れる。そして、この実施の形態では、その特別変動が行
われる毎に、変動表示領域10cに循環表示する識別情
報の全体数を減少させるような表示制御が行われる。
【0052】具体的には、リーチ状態が発生すると、先
ず、変動表示領域10cにて通常時の図柄列A0
(「0,1,2,3,4,5,6,7,8,9」)が特
定の識別情報(例えば、変動表示領域10a、10bに
仮停止されている識別情報の一つ前に配列される識別情
報、この例では「0」)を起点として循環表示される。
そして、図5(a)に示すように、起点となった識別情
報が1周して変動表示領域10cに再び現れると、その
識別情報の動きに合わせて、図5(b)に示すように、
それまで仮停止されていた変動表示領域10a、10b
の識別情報が通常時の変動表示方向(所定方向)にそれ
ぞれ1コマずつ変動される。その結果、変動表示領域1
0a、10bに停止状態で表示されている識別情報が、
図5(c)に示すように、「1,1,−」から「2,
2,−」に変換されて、リーチ表示態様が変化する。ま
た、これに伴い、変動表示領域10cに循環表示される
図柄列が、通常時の図柄列A0(「0,1,2,3,
4,5,6,7,8,9」)から前記起点となった識別
情報(「0」)を除いた図柄列A1(「1,2,3,
4,5,6,7,8,9」)に変換されて、変動表示領
域10cに循環表示される識別情報の全体数が「1」減
らされる。ここで、例えば、上記特別変動が継続される
場合には、上記と同様の表示制御が再び行われる。即
ち、図5(d)及び図5(e)に示すように、変動表示
領域10cにて図柄列A1が特定の識別情報(この例で
は「1」)を起点として循環表示され、その起点となる
識別情報が1周して変動表示領域10cに再び現れたと
ころで、その識別情報の動きに合わせて、図5(f)に
示すように、それまで仮停止されていた変動表示領域1
0a、10bの識別情報がそれぞれ1コマずつ変動され
る。その結果、変動表示領域10a、10bに停止状態
で表示されている識別情報が、図5(g)及び図5
(h)に示すように、「2,2,−」から「3,3,
−」に変換されて、リーチ表示態様が変化する。また、
これに伴い、変動表示領域10cに循環表示される図柄
列が、図柄列A1(「1,2,3,4,5,6,7,
8,9」)から当該特別変動の起点となった識別情報
(「1」)を除いた図柄列A2(「2,3,4,5,
6,7,8,9」)に変換されて、変動表示領域10c
に循環表示される識別情報の全体数がさらに「1」減ら
される。
【0053】こうして、リーチ状態のときに、上記特別
変動が繰り返し行われていき、その行われる毎に、リー
チ表示態様が変化していくと共に、変動表示領域10c
に循環表示される識別情報の全体数が減少していく。そ
の際に、予め定められた特定の組合せ態様を成し得る識
別情報を残して、変動表示領域10cに循環表示される
識別情報の全体数を減少させるようにした。
【0054】そして、このリーチ状態における変動表示
の結果、例えば、各変動表示領域10a、10b、10
cにおける識別情報の表示結果が予め定められた特定の
組合せ態様(例えば、「4,4,4」などのゾロ目)と
なった場合には、前述した大当たり(特別遊技状態)が
発生する。この大当たり発生に伴い、大入賞口5bが開
放されて、賞球の大量獲得の機会(所定の遊技価値)が
遊技者に対して付与される。一方、各変動表示領域10
a、10b、10cにおける識別情報の表示結果がハズ
レの組合せ態様(例えば、「4,4,3」など)となっ
た場合には、ハズレが確定となって当該変動表示遊技が
終了となる。
【0055】以上のように、この第1の実施の形態のパ
チンコ遊技機によれば、特定の変動表示領域(変動表示
領域10c)で一連の識別情報を循環表示することに関
連して、特定の変動表示領域以外の変動表示領域(変動
表示領域10a、10b)に停止状態で表示されている
識別情報を、前記循環表示の周回数に対応するコマ数分
だけ変動させるようにしたので、これまでにない奇抜な
変動表示の演出を遊技者に提供することができる。従っ
て、遊技者の遊技に対する興趣を高めることができる。
【0056】また、特定の変動表示領域(変動表示領域
10c)で循環表示を1周行う毎に、特定の変動表示領
域以外の変動表示領域(変動表示領域10a、10b)
に停止状態で表示されている識別情報を所定方向(通常
時の変動表示方向)に1コマ分ずつ変動させるようにし
たので、循環表示が1周行われる毎に該識別情報が所定
方向に1コマ分ずつ変動される様子が遊技者にとって分
かりやすくなる。
【0057】また、特定の変動表示領域以外の変動表示
領域(変動表示領域10a、10b)において前記循環
表示の周回数に対応するコマ数分の変動表示が行われる
毎に、特定の変動表示領域(変動表示領域10c)に循
環表示される一連の識別情報の全体数を減少させるよう
にしたので、前記循環表示の周回数が増えるに従い、特
定の変動表示領域に停止表示される可能性のある識別情
報が徐々に絞り込まれていくこととなる。従って、特別
遊技状態(大当たり)の発生に対する遊技者の期待感を
徐々に高めていくことが可能となる。
【0058】また、予め定められた特定の組合せ態様を
成し得る識別情報を残して、特定の変動表示領域(変動
表示領域10c)に循環表示する一連の識別情報の全体
数を減少させるようにしたので、該識別情報の全体数を
減少させる際においても、遊技者はリーチ状態や特別遊
技状態(大当たり)の発生への期待感を持ち続けること
ができる。
【0059】また、この実施の形態では、特定の変動表
示領域(変動表示領域10c)にて一連の識別情報を循
環表示することに関連して、該特定の変動表示領域以外
の変動表示領域に停止状態で表示されている識別情報
(変動表示領域10a、10b)を、リーチ状態のとき
に、循環表示の周回数に対応するコマ数分だけ変動させ
るようにした特別変動を行うようにしたので、リーチ状
態のときの変動表示をこれまでにない斬新な変動表示と
することができる。また、特別遊技状態の終了後に確率
変動状態の発生しない組合せ態様でリーチ状態が発生し
た場合においても、特定の変動表示領域以外の変動表示
領域(変動表示領域10a、10b)に停止状態で表示
されている識別情報を前記循環表示の周回数に対応する
コマ数分だけ変動させる表示制御が行われることから、
遊技者は、確率変動状態が発生する組合せ態様のリーチ
状態に移行するかもしれないという期待感を得ることが
できる。
【0060】また、識別情報を最後に停止表示する最終
停止変動表示領域を特定の変動表示領域(変動表示領域
10c)としたので、リーチ状態のときに特別遊技状態
(大当たり)発生への期待感を徐々に高めていくことが
できる。
【0061】なお、この実施の形態では、リーチ状態の
ときに特別変動を行うようにしたが、例えば、リーチ状
態が発生する前の通常時の変動表示中に特別変動を行う
ようにしてもよい。この場合には、リーチ表示態様とな
らなかったときでも、特別変動によって、リーチ状態を
発生させることが可能になるので、遊技者は変動表示遊
技の表示結果が確定するまでリーチ状態発生への期待感
を持ち続けることができる。
【0062】また、この実施の形態では、特別変動にお
いて、特定の識別情報を起点とした循環表示を1周行う
毎に、それまで仮停止されていた特定の変動表示領域以
外の変動表示領域(変動表示領域10a、10b)の識
別情報をそれぞれ1コマずつ変動させるようにしたが、
例えば、特定の識別情報を起点とした循環表示を2周以
上行って、それまで仮停止されていた特定の変動表示領
域以外の変動表示領域の識別情報をそれぞれ循環表示の
周回数に対応するコマ数(例えば、周回数が2周の場合
には、2コマ)分だけ一度にまとめて変動させるように
してもよい。この場合には、循環表示の周回数に対応す
る個数の識別情報を、特定の変動表示領域(変動表示領
域10c)に循環表示される図柄列からまとめて削除す
るようにする。
【0063】また、この実施の形態では、変動表示領域
10cを特定の変動表示領域とし、変動表示領域10a
と変動表示領域10bを特定の変動表示領域以外の変動
表示領域として特別変動を行うとしたが、例えば、変動
表示領域10bと変動表示領域10cを特定の変動表示
領域とし、変動表示領域10aを特定の変動表示領域以
外の変動表示領域として特別変動を行うといったように
してもよく、特定の変動表示領域の位置や数は限定され
るものではない。
【0064】[第2の実施の形態]第2の実施の形態の
パチンコ遊技機は、以下に説明する点の他は前記第1の
実施の形態と同様であるので、同様の構成要素について
は、同一の符号を付してその説明を省略する。
【0065】この第2の実施の形態では、特定の変動表
示領域に循環表示する一連の識別情報(図柄列)の全体
数を減少させる際に、変動表示装置の表示画面4gに所
定のキャラクタを出現させ、該キャラクタの動作に関連
させて、前記特定の変動表示領域に表示されている識別
情報を通常時の変動表示方向とは異なる方向に移動させ
て前記特定の変動表示領域から消滅させるような表示制
御を行う。
【0066】即ち、リーチ状態が発生すると、前述した
図4(b)に示すように、変動表示領域10c(特定の
変動表示領域)にて通常時の図柄列A0が特定の識別情
報(この例では「0」)を起点として循環表示される。
そして、図6(a)に示すように、起点となった識別情
報(「0」)が1周して変動表示領域10cに仮停止さ
れると、図6(b)に示すように、変動表示装置の表示
画面4gに「人」を模したキャラクタC1が出現する。
その後、図6(c)及び図7(a)に示すように、その
キャラクタC1が前記起点となった識別情報(「0」)
のすぐそばに移動して、その起点となった識別情報
(「0」)を押圧することにより、該識別情報を通常時
の変動表示方向とは異なる方向(横方向)に移動させて
表示画面4gから消滅させる。そして、図7(b)に示
すように、起点となった識別情報(「0」)が、キャラ
クタC1によって表示画面4gから完全に消滅したら、
図7(c)に示すように、それまで仮停止されていた変
動表示領域10a、10bの各識別情報が通常時の変動
表示方向(所定方向)にそれぞれ1コマずつ変動される
と共に、それら識別情報の動きに合わせて、前記起点と
なった識別情報(「0」)の次に配列される識別情報
(この例では「1」)が変動表示領域10cに出現し
て、該変動表示領域10cにおける識別情報の再変動が
開始される。その結果、変動表示領域10a、10b
(特定の変動表示領域以外の変動表示領域)に停止状態
で表示されている識別情報が、図8(a)に示すよう
に、「1,1,−」から「2,2,−」に変換されて、
リーチ表示態様が変化する。また、起点となった識別情
報(「0」)の消滅と同時に、変動表示領域10cに循
環表示される図柄列が、通常時の図柄列A0(「0,
1,2,3,4,5,6,7,8,9」)から前記起点
となった識別情報(「0」)を除いた図柄列A1
(「1,2,3,4,5,6,7,8,9」)に変換さ
れて、変動表示領域10cに循環表示される識別情報の
全体数が「1」減らされる。
【0067】こうして、リーチ状態のときに、上記特別
変動が繰り返し行われていき、その行われる毎に、リー
チ表示態様が変化していくと共に、変動表示領域10c
に循環表示される識別情報の全体数が減少していく。
【0068】そして、このリーチ状態における変動表示
の結果、例えば、各変動表示領域10a、10b、10
cにおける識別情報の表示結果が予め定められた特定の
組合せ態様となった場合には、前述した大当たり(特別
遊技状態)が発生する。一方、各変動表示領域10a、
10b、10cにおける識別情報の表示結果がハズレの
組合せ態様となった場合には、ハズレが確定となって当
該変動表示遊技が終了となる。
【0069】以上のように、この第2の実施の形態のパ
チンコ遊技機によれば、特定の変動表示領域(変動表示
領域10c)に循環表示する一連の識別情報(図柄列)
の全体数を減少させる際に、減少させる識別情報を、通
常時の変動表示方向とは異なる方向に移動表示させて特
定の変動表示領域から消滅させるようにしたので、前記
一連の識別情報の全体数が減少していく様子が、遊技者
にとって分かりやすくなる。
【0070】なお、この実施例において、起点となった
識別情報がキャラクタC1によって表示画面4gの外に
押し出されて消滅されることで、特定の変動表示領域
(変動表示領域10c)に循環表示する一連の識別情報
の全体数が減少されるようにしたが、例えば、起点とな
った識別情報を通常時の変動表示方向とは異なる方向に
自動的に移動させて表示画面4gから消滅させること
で、前記一連の識別情報の全体数が減少されるようにし
てもよい。
【0071】なお、本発明は、以上の各実施の形態のパ
チンコ遊技機に限られるものではなく、例えば、その他
のパチンコ遊技機、アレンジボール遊技機、雀球遊技
機、パチスロ遊技機、スロットマシン等の遊技機にも適
用可能である。また、今回開示された実施の形態はすべ
ての点で例示であって制限的なものではないと考えられ
るべきである。本発明の範囲は上記した説明ではなくて
特許請求の範囲によって示され、特許請求の範囲と均等
の意味及び範囲内でのすべての変更が含まれることが意
図される。
【0072】
【発明の効果】請求項1記載の発明によれば、これまで
にない奇抜な変動表示の演出を遊技者に提供することが
できる。従って、遊技者の遊技に対する興趣を高めるこ
とができる。また、特定の組合せ態様が成立する可能性
のあるリーチ表示態様とならなかった場合でも、変動表
示制御手段による表示制御によって、リーチ状態を発生
させることが可能になるので、遊技者は全変動表示領域
における識別情報の表示結果が確定するまでリーチ状態
発生への期待感を持ち続けることができる。
【0073】請求項2記載の発明によれば、循環表示が
1周行われる毎に該識別情報が所定方向に1コマ分ずつ
変動される様子が遊技者にとって分かりやすくなる。
【0074】請求項3記載の発明によれば、循環表示の
周回数が増えるに従い、特定の変動表示領域に停止表示
される可能性のある識別情報が徐々に絞り込まれていく
こととなる。従って、リーチ状態や特別遊技状態の発生
に対する遊技者の期待感を徐々に高めていくことが可能
となる。
【0075】請求項4記載の発明よれば、識別情報の全
体数を減少させる際においても、遊技者はリーチ状態や
特別遊技状態の発生への期待感を持ち続けることができ
る。
【0076】請求項5記載の発明よれば、一連の識別情
報の全体数が減少していく様子が、遊技者にとって分か
りやすくなる。
【0077】請求項6記載の発明によれば、リーチ状態
のときの変動表示をこれまでにない斬新な変動表示とす
ることができる。また、特別遊技状態の終了後に確率変
動状態の発生しない組合せ態様でリーチ状態が発生した
場合においても、特定の変動表示領域以外の変動表示領
域に停止状態で表示されている識別情報を前記循環表示
の周回数に対応するコマ数分だけ変動させる表示制御が
行われることから、遊技者は、確率変動状態が発生する
組合せ態様のリーチ状態に移行するかもしれないという
期待感を得ることができる。
【0078】請求項7記載の発明よれば、リーチ状態の
ときに特別遊技状態発生への期待感を徐々に高めていく
ことができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明に係る第1の実施の形態の遊技機として
例示するパチンコ遊技機の遊技盤を示す正面図である。
【図2】図1のパチンコ遊技機に備わる遊技制御装置と
表示制御装置の主要制御ブロック図である。
【図3】図1のパチンコ遊技機の遊技状態の遷移を示す
図である。
【図4】図1のパチンコ遊技機の変動表示装置に表示さ
れる変動表示例を説明する図である。
【図5】図4の変動表示例の続きを示す図である。
【図6】本発明を適用した第2の実施の形態のパチンコ
遊技機の変動表示装置に表示される変動表示例を説明す
る図である。
【図7】図6の変動表示例の続きを示す図である。
【図8】図6及び図7の変動表示例の続きを示す図であ
る。
【符号の説明】
4a 変動表示装置 10a、10b、10c 変動表示領域 20 遊技制御装置(制御装置、変動表示制御手段) 40 表示制御装置(制御装置、変動表示制御手段)

Claims (7)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】複数種類の識別情報からなる一連の識別情
    報を循環的に変動表示可能な変動表示領域を複数備える
    変動表示装置と、 該変動表示装置の各変動表示領域に表示される識別情報
    の表示結果が予め定められた特定の組合せ態様となるこ
    とに関連して、遊技者に有利な特別遊技状態を発生させ
    る制御を行う制御装置と、を備える遊技機において、 前記制御装置は、 特定の変動表示領域にて一連の識別情報を循環表示する
    ことに関連して、前記特定の変動表示領域以外の変動表
    示領域に停止状態で表示されている識別情報を、前記循
    環表示の周回数に対応するコマ数分だけ変動させる表示
    制御を行う変動表示制御手段を備えることを特徴とする
    遊技機。
  2. 【請求項2】前記変動表示制御手段は、 前記特定の変動表示領域にて前記循環表示を1周行う毎
    に、前記特定の変動表示領域以外の変動表示領域に停止
    状態で表示されている識別情報を所定方向に1コマ分ず
    つ変動させる表示制御を行うことを特徴とする請求項1
    記載の遊技機。
  3. 【請求項3】前記変動表示制御手段は、 前記特定の変動表示領域以外の変動表示領域において前
    記循環表示の周回数に対応するコマ数分の変動表示を行
    う毎に、前記特定の変動表示領域に循環表示する一連の
    識別情報の全体数を減少させるような表示制御を行うこ
    とを特徴とする請求項1又は2に記載の遊技機。
  4. 【請求項4】前記変動表示制御手段は、 前記特定の変動表示領域に循環表示する一連の識別情報
    の全体数を減少させる際に、前記特定の組合せ態様を成
    し得る識別情報を残して前記全体数を減少させるように
    したことを特徴とする請求項3記載の遊技機。
  5. 【請求項5】前記変動表示制御手段は、 前記特定の変動表示領域に循環表示する一連の識別情報
    の全体数を減少させる際に、該減少させる識別情報を、
    通常時の変動表示方向とは異なる方向に移動表示させて
    前記特定の変動表示領域から消滅させるような表示制御
    を行うことを特徴とする請求項3記載の遊技機。
  6. 【請求項6】前記変動表示制御手段は、 リーチ状態のときに、特定の変動表示領域にて一連の識
    別情報を循環表示することに関連して、前記特定の変動
    表示領域以外の変動表示領域に停止状態で表示されてい
    る識別情報を、前記循環表示の周回数に対応するコマ数
    分だけ変動させる表示制御を行うことを特徴とする請求
    項1〜5の何れかに記載の遊技機。
  7. 【請求項7】前記特定の変動表示領域は、 識別情報が最後に停止表示される最終停止変動表示領域
    であることを特徴とする請求項6記載の遊技機。
JP2001202341A 2001-07-03 2001-07-03 遊技機 Pending JP2003010447A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001202341A JP2003010447A (ja) 2001-07-03 2001-07-03 遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001202341A JP2003010447A (ja) 2001-07-03 2001-07-03 遊技機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003010447A true JP2003010447A (ja) 2003-01-14

Family

ID=19039160

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001202341A Pending JP2003010447A (ja) 2001-07-03 2001-07-03 遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2003010447A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004275740A (ja) * 2003-02-25 2004-10-07 Olympia:Kk 遊技機、プログラム及び記録媒体
JP2006187351A (ja) * 2004-12-28 2006-07-20 Samii Kk パチンコ遊技機

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004275740A (ja) * 2003-02-25 2004-10-07 Olympia:Kk 遊技機、プログラム及び記録媒体
JP2006187351A (ja) * 2004-12-28 2006-07-20 Samii Kk パチンコ遊技機
JP4743478B2 (ja) * 2004-12-28 2011-08-10 サミー株式会社 パチンコ遊技機

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4198924B2 (ja) 遊技機およびその制御方法
JPH09140878A (ja) 遊技機
JP4688937B2 (ja) 遊技機
JP3981306B2 (ja) 遊技機
JP2002346084A (ja) 遊技機
JP4084069B2 (ja) 遊技機
JP2004073571A (ja) 遊技機
JP3871926B2 (ja) 遊技機
JP2001025544A (ja) 遊技機
JP2003010449A (ja) 遊技機
JP2001224780A (ja) 遊技機
JP2002263294A (ja) 遊技機
JP4252230B2 (ja) 遊技機
JP4286472B2 (ja) 遊技機
JP2002331111A (ja) 遊技機
JP2000061077A (ja) 遊技機
JP3933924B2 (ja) 遊技機
JP2003010447A (ja) 遊技機
JP4287101B2 (ja) 遊技機
JP4271739B2 (ja) 遊技機
JP4000282B2 (ja) 遊技機
JP3940330B2 (ja) 遊技機
JP4097467B2 (ja) 遊技機
JP4688917B2 (ja) 遊技機
JP2001252415A (ja) 遊技機