JP2002328133A - 回転速度検出装置付き車輪用軸受 - Google Patents

回転速度検出装置付き車輪用軸受

Info

Publication number
JP2002328133A
JP2002328133A JP2001135007A JP2001135007A JP2002328133A JP 2002328133 A JP2002328133 A JP 2002328133A JP 2001135007 A JP2001135007 A JP 2001135007A JP 2001135007 A JP2001135007 A JP 2001135007A JP 2002328133 A JP2002328133 A JP 2002328133A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
seal
seal plate
bearing
plate
magnetic
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001135007A
Other languages
English (en)
Inventor
Hisashi Otsuki
寿志 大槻
Motoharu Niki
基晴 仁木
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
NTN Corp
Original Assignee
NTN Corp
NTN Toyo Bearing Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by NTN Corp, NTN Toyo Bearing Co Ltd filed Critical NTN Corp
Priority to JP2001135007A priority Critical patent/JP2002328133A/ja
Publication of JP2002328133A publication Critical patent/JP2002328133A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C33/00Parts of bearings; Special methods for making bearings or parts thereof
    • F16C33/72Sealings
    • F16C33/76Sealings of ball or roller bearings
    • F16C33/80Labyrinth sealings
    • F16C33/805Labyrinth sealings in addition to other sealings, e.g. dirt guards to protect sealings with sealing lips
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C33/00Parts of bearings; Special methods for making bearings or parts thereof
    • F16C33/72Sealings
    • F16C33/76Sealings of ball or roller bearings
    • F16C33/78Sealings of ball or roller bearings with a diaphragm, disc, or ring, with or without resilient members
    • F16C33/7869Sealings of ball or roller bearings with a diaphragm, disc, or ring, with or without resilient members mounted with a cylindrical portion to the inner surface of the outer race and having a radial portion extending inward
    • F16C33/7879Sealings of ball or roller bearings with a diaphragm, disc, or ring, with or without resilient members mounted with a cylindrical portion to the inner surface of the outer race and having a radial portion extending inward with a further sealing ring
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C41/00Other accessories, e.g. devices integrated in the bearing not relating to the bearing function as such
    • F16C41/007Encoders, e.g. parts with a plurality of alternating magnetic poles
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C19/00Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement
    • F16C19/02Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows
    • F16C19/14Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load
    • F16C19/18Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls
    • F16C19/181Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls with angular contact
    • F16C19/183Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls with angular contact with two rows at opposite angles
    • F16C19/184Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls with angular contact with two rows at opposite angles in O-arrangement
    • F16C19/185Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls with angular contact with two rows at opposite angles in O-arrangement with two raceways provided integrally on a part other than a race ring, e.g. a shaft or housing
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C2326/00Articles relating to transporting
    • F16C2326/01Parts of vehicles in general
    • F16C2326/02Wheel hubs or castors

Landscapes

  • Engineering & Computer Science (AREA)
  • General Engineering & Computer Science (AREA)
  • Mechanical Engineering (AREA)
  • Sealing Of Bearings (AREA)
  • Rolling Contact Bearings (AREA)
  • Regulating Braking Force (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【課題】 外輪回転の車輪用軸受に使用できて、車輪検
出装置を有しながら、部品点数、組立工数が少なくて済
み、またコンパクトな構成で優れた密封性能が得られる
ものとする。 【解決手段】 転動体3を介在させた内方部材1と外方
部材2との間の端部環状空間にシール装置5を設ける。
このシール装置5に磁気エンコーダ20を形成する。シ
ール装置5は、第1および第2の環状のシール板11,
12を有し、第1のシール板11は外方部材2に嵌合さ
れる。第1のシール板11の立板部11bに、磁性体粉
が混入された弾性部材14が加硫接着され、磁極が形成
されて磁気エンコーダ20を構成する。第2のシール板
12は、立板部11bに摺接するサイドリップ16aと
円筒部11aに摺接するラアジルリップ16c,16d
とを一体に有する。第2のシール板12の円筒部12a
と第1のシール板11の立板部11bの先端とは僅かな
径方向隙間を持って対峙し、ラビリンスシール17を形
成する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、自動車等におけ
る車輪用軸受に関し、特に回転速度検出装置付きの車輪
用軸受に関する。
【0002】
【従来の技術】アンチロックブレーキ装置(ABS)等
においては、制御のために車輪の回転速度を検出する必
要がある。このような車輪回転速度を検出するものとし
て、車輪用軸受に回転速度検出装置の磁気エンコーダを
設けたものがある。例えば、従来、図9に示すように転
動体103を介して転接する内方部材101および外方
部材102間にシール装置105を設けた車輪用軸受に
おいて、シール装置105に磁気エンコーダ106を一
体化させたものが提案されている(例えば、特開平6−
281018号)。シール装置105は、各々断面L字
状とされた第1,第2のシール板107,108を内方
部材101および外方部材102にそれぞれ嵌合させ、
第2のシール板108にシールリップ109を設けたも
のである。第1のシール板107はスリンガと呼ばれ
る。第1のシール板107は、強磁性体で形成され、か
つ磁性体粉の混入された弾性部材111が加硫接着され
る。弾性部材111は、円周方向に交互に磁極が形成さ
れ、この弾性部材111と第1のシール板107とで磁
気エンコーダ106が形成される。磁気エンコーダ10
6と、これに対面配置されてその磁極を検出する磁気セ
ンサ110とで、回転速度検出装置112が構成され
る。この車輪用軸受は、シール装置105に磁気エンコ
ーダ106を一体化させたものであるため、磁気エンコ
ーダ106を設けながら、部品の共用により、部品点
数、組立工数が削減され、また軸受がコンパクトな構成
となる。また、シール装置105は、各々断面L字状と
された第1,第2のシール板107,108を内方部材
101および外方部材102にそれぞれ嵌合させ、第2
のシール板108にシールリップ109を設けたもので
あるため、シール効果に優れている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかし、上記従来例
は、内方部材101が回転側部材となるものであり、外
方部材102が回転側となる車輪用軸受にそのまま適用
することができない。すなわち、位置固定の磁気センサ
110により、磁気エンコーダ106の回転を検出する
ためには、磁気エンコーダ106は回転側の部材に取付
ける必要がある。また、上記従来例は、磁気センサ11
0と磁気エンコーダ106との隙間に石等の異物が噛み
込んだ場合に、ゴム等からなる磁気エンコーダ106が
損傷する恐れがある。自動車の車輪用軸受は、タイヤハ
ウス内で外部にさらされているため、走行時に路面で跳
ねられた石や、泥水等を受けることが多く、塵埃や水に
対して厳しい使用環境下にある。
【0004】この発明の目的は、外輪回転の車輪用軸受
に使用できて、車輪検出装置を有しながら、部品点数、
組立工数が少なくて済み、またコンパクトな構成で優れ
た密封性能の得られる回転速度検出装置付き車輪用軸受
を提供することである。この発明の他の目的は、磁気エ
ンコーダの異物の噛み込みによる損傷を防止でき、磁気
エンコーダの耐久性の向上が図れるようにすることであ
る。
【0005】
【課題を解決するための手段】この発明における第1な
いし第4の発明の車輪用軸受は、内方部材および外方部
材と、これら内外の部材間に収容される複数の転動体
と、上記内外の部材間の端部環状空間を密封するシール
装置と、上記外方部材の端部に同軸上に嵌合され、上記
シール装置に磁性体粉が混入された弾性部材が固着され
て、円周方向に交互に磁極が形成された磁気エンコーダ
とを備えた回転速度検出装置付き車輪用軸受において、
上記シール装置は、上記内方部材および外方部材のうち
の互いに異なる部材に取付けられた第1および第2の環
状のシール板を有し、両シール板は、各々円筒部と立板
部とでなる断面L字状に形成されて互いに対向するもの
としたことを共通の構成とする。
【0006】この発明における第1の発明の車輪用軸受
は、上記共通の構成を有する車輪用軸受において、第1
のシール板は上記外方部材に嵌合され、立板部は軸受外
方側に配されると共に、この立板部に上記磁性体粉が混
入された弾性部材が固着されて、この弾性部材は周方向
に交互に磁極が形成され、第2のシール板は上記立板部
に摺接するサイドリップと円筒部に摺接するラアジルリ
ップとを一体に有し、この第2のシール板の円筒部と上
記第1のシール板の立板部の先端とを僅かな径方向隙間
を持って対峙させたことを特徴とする。この構成による
と、外方部材に嵌合した第1のシール板に、磁性体粉が
混入された弾性部材が固着されたものとし、磁気エンコ
ーダを構成したため、外方部材を回転側部材として使用
することにより、磁気エンコーダによる回転速度の検出
が行える。シール装置は、外方部材および内方部材にそ
れぞれ取付けられる第1および第2のシール板が断面L
字状に形成されて互いに対向するものとし、第2のシー
ル板が第1のシール板の立板部に摺接するサイドリップ
と円筒部に摺接するラアジルリップとを一体に有するも
のであるため、これらリップのシール作用によってダス
トや泥水等が軸受内に侵入すること、および軸受内部の
潤滑剤が外部に漏れることが防止される。第2のシール
板の円筒部と第1のシール板の立板部の先端とは僅かな
径方向隙間を持って対峙させているため、いわゆるラビ
リンスシールを構成し、外部からダストや雨水等が軸受
内に侵入することを防止する。このように、複数のシー
ルリップとラビリンスシールとで、高い密封性能が得ら
れ、しかもシール装置に磁気エンコーダを構成したた
め、シール装置と磁気エンコーダとで部品が共用される
ことにより、部品点数が削減され、組立工数も低減され
ると共に、シール装置および磁気エンコーダの組み合わ
せ体がコンパクト化され、車輪用軸受がコンパクト化さ
れる。
【0007】この発明における第1の発明において、上
記第1のシール板を外方部材の端部内径面に嵌合させる
と共に、その立板部に固着した弾性部材に対峙するよう
に非磁性体製の断面L字状の保護カバーを、上記外方部
材の端部外径面に嵌合させても良い。このように弾性部
材に対峙する保護カバーを設けた場合、磁気エンコーダ
の弾性部材に飛び石やダストが噛み込むことが防止さ
れ、弾性部材の損傷が防止される。そのため磁気エンコ
ーダの耐久性が向上する。保護カバーは断面L字状と
し、外方部材の端部外径面に嵌合させるため、保護カバ
ーの取付が容易である。磁気エンコーダは、保護カバー
を介して磁気センサで検出されることになるが、保護カ
バーは非磁性体であるため、保護カバーが検出の邪魔と
ならない。
【0008】この発明における第1の発明において、上
記第1のシール板を外方部材の端部外径面に嵌合させる
と共に、上記第2のシール板のラジアルリップを上記外
方部材の端部内径面に摺接させても良い。この構成の場
合、第2のシール板のラジアルリップが上記外方部材の
端部内径面に直接に摺接し、ラジアルリップと外方部材
内径面との間に第1のシール板の円筒部が介在しないた
め、内方部材と外方部材間の端部環状空間が同じ大きさ
である場合、この間に配置するラジアルリップ等のシー
ル手段の断面高さを大きく設定することができる。その
ため、より密封性の向上したシール設計が可能になる。
【0009】この発明における第2の発明の車輪用軸受
は、上記共通の構成を有する車輪用軸受において、第1
のシール板は上記内方部材に嵌合され、立板部は軸受外
方側に配され、第2のシール板は上記立板部に摺接する
サイドリップと円筒部に摺接するラアジルリップとを一
体に有し、この第2のシール板の円筒部と上記第1のシ
ール板の立板部の先端とを僅かな径方向隙間を持って対
峙させ、上記第2のシール板の円筒部を軸受外方側に延
長させ、この延長部に上記磁性体粉が混入された弾性部
材を固着させたことを特徴とする。この構成の場合、第
2のシール板の円筒部を軸受外方側に延長させ、この延
長部に磁性体粉が混入された弾性部材を固着させ、磁気
エンコーダを構成したため、内外の部材間の端部環状空
間が小さい場合にも、磁気エンコーダを有するシール装
置とすることができる。この構成の場合も、外方部材に
取付けられる第2のシール板に磁気エンコーダを構成す
るため、外方部材を回転側部材として使用することによ
り、磁気エンコーダによる回転速度の検出が行える。ま
た、シール装置に磁気エンコーダを設けたことによる部
品点数、組立工数の削減効果、およびコンパクト化の効
果が得られる。また、サイドリップおよびラアジルリッ
プの摺接と、第1のシール板の先端によるラビリンスシ
ールとで、高い密封性が得られる。
【0010】この発明における第3の発明の車輪用軸受
は、上記共通の構成を有する車輪用軸受において、第1
のシール板は上記内方部材に嵌合され、その立板部は軸
受外方側に配され、第2のシール板は上記立板部に摺接
するサイドリップと円筒部に摺接するラアジルリップと
を一体に有し、この第2のシール板の円筒部と上記第1
のシール板の立板部の先端とを僅かな径方向隙間を持っ
て対峙させ、上記第1のシール板の立板部に対峙するよ
うに非磁性体の断面L字状の保護カバーを上記外方部材
の端部外径面に嵌合させると共に、この保護カバーの上
記第1のシール板の立板部と対峙する立板部に上記弾性
部材を固着したものである。この構成の場合、保護カバ
ーを第1のシール板の立板部に対峙するように設け、保
護カバーの第1のシール板の立板部と対峙する立板部に
弾性部材を固着し、磁気エンコーダを構成するため、磁
気エンコーダの弾性部材と第1のシール板の立板部との
隙間を僅かな隙間とできる。そのため、磁気エンコーダ
の弾性部材に飛び石やダストが噛み込むことが防止さ
れ、弾性部材の損傷が防止される。そのため磁気エンコ
ーダの耐久性が向上する。保護カバーは断面L字状と
し、外方部材の端部外径面に嵌合させるため、保護カバ
ーの取付が容易である。磁気エンコーダは、外方部材に
取付けられる部材である保護カバーに構成するため、外
方部材を回転側部材として使用することにより、回転速
度の検出が行える。磁気エンコーダは、保護カバーを介
して磁気センサで検出されることになるが、保護カバー
は非磁性体であるため、保護カバーが検出の邪魔となら
ない。この構成の場合も、シール装置の構成部品となる
保護カバーに磁気エンコーダを構成するため、シール装
置と回転検出装置の部品の共有による部品点数、組立工
数の削減効果、およびコンパクト化の効果が得られる。
また、サイドリップおよびラアジルリップの摺接と、第
1のシール板の先端によるラビリンスシールとで、高い
密封性が得られる。
【0011】この発明における第4の発明の車輪用軸受
は、上記共通の構成を有する車輪用軸受において、第1
のシール板は非磁性体からなり、上記内方部材に嵌合さ
れ、その立板部は軸受外方側に配され、第2のシール板
は上記立板部に摺接するサイドリップと円筒部に摺接す
るラアジルリップとを一体に有し、上記外方部材の端部
外径面に磁性体製の環体を嵌合し、この環体の外径面に
上記弾性部材を固着すると共に、上記第1のシール板の
立板部を外径側に延長してその外径側延長部分を弾性部
材に対峙させるようにしたものである。この構成の場
合、外方部材の端部外径面に磁性体製の環体を嵌合し、
この環体の外径面に弾性部材を固着し、磁気エンコーダ
を構成したため、外方部材が回転することにより、磁気
エンコーダにより回転が検出される。磁気エンコーダは
第1のシール板の外径側延長部分で覆われており、この
外径側延長部分を介して検出されるが、第1のシール板
が非磁性体であるため、外径側延長部分が検出の邪魔と
ならない。また、第1のシール板の外径側延長部分が磁
気エンコーダの弾性部材の外周に対峙するため、磁気エ
ンコーダの弾性部材が飛び石やダスト等の噛み込みによ
り損傷することが防止される。そのため磁気エンコーダ
の耐久性が向上する。この構成の場合も、シール装置に
磁気エンコーダを設けたことによる部品点数、組立工数
の削減効果、およびコンパクト化の効果が得られる。ま
た、サイドリップおよびラアジルリップの摺接と、第1
のシール板の先端によるラビリンスシールとで、高い密
封性が得られる。
【0012】第4の発明において、上記環体の端部に外
径側に延びる鍔を設け、この鍔と上記第1のシール板の
外径側延長部分とを僅かな径方向隙間を持って対峙させ
て密封構造を形成しても良い。この構成の場合、環体の
鍔が第1のシール板の外径側延長部分と僅かな径方向隙
間を持って対峙することにより、ラビリンスシールが構
成される。そのため、塵埃の軸受内への侵入がより一層
確実に防止される。
【0013】
【発明の実施の形態】この発明の第1の実施形態を図1
〜図3と共に説明する。この実施形態は、この発明にお
ける第1の発明に対応する。この車輪用軸受は、内方部
材1および外方部材2と、これら内外の部材1,2間に
収容される複数の転動体3と、内外の部材1,2間の端
部環状空間を密封するシール装置5,13とを備える。
内方部材1および外方部材2は、転動体3の軌道面1
a,2aを有しており、各軌道面1a,2aは溝状に形
成されている。内方部材1および外方部材2は、各々転
動体3を介して互いに回転自在となった内周側の部材お
よび外周側の部材のことであり、軸受内輪および軸受外
輪の単独であっても、これら軸受内輪や軸受外輪と別の
部品とが組合わさった組立部材であっても良い。また、
内方部材1は、軸であっても良い。転動体3は、ボール
またはころからなり、この例ではボールが用いられてい
る。
【0014】この車輪用軸受は、複列の転がり軸受、詳
しくは複列のアンギュラ玉軸受とされ、内方部材1は、
一対の分割型の内輪1A,1Bからなる。内方部材1は
固定側部材となるものであり、固定の車軸(図示せず)
に嵌合状態に取付けられる。外方部材2は回転側部材と
なるものであり、一体のハブ輪兼用の軸受外輪からな
る。外方部材2は、一端の外周に車輪取付フランジ2b
を有し、この車輪取付フランジ2bに車輪(図示せず)
がボルト8で取付けられる。転動体3は各列毎に保持器
4で保持されている。
【0015】片側のシール装置5は、図2に示すよう
に、内方部材1と外方部材2に各々取付けられた第1お
よび第2の環状のシール板11,12を有する。これら
シール板11,12は、各々外方部材2の内径面および
内方部材1の外径面に圧入状態に嵌合させることで取付
けられている。両シール板11,12は、各々円筒部1
1a,12aと立板部11b,12bとでなる断面L字
状に形成され、互いに対向する。第1のシール板11
は、回転側の部材である外方部材2に嵌合され、スリン
ガとなる。第1のシール板11の立板部11bは、軸受
外方側に配される。
【0016】第1のシール板11の立板部11bには、
磁性体粉が混入された弾性部材14が加硫接着等により
固着される。この弾性部材14は、着磁により周方向に
交互に磁極N,S(図3)が形成されて、いわゆるゴム
磁石となり、多極の磁石となる。磁極N,Sは、ピッチ
円直径(PCD)において、所定のピッチpとなるよう
に形成されている。第1のシール板11は、強磁性体等
の磁性体で形成される。これら第1のシール板11と弾
性部材14とで、磁気エンコーダ20が構成される。弾
性部材14に対峙して、図2のように磁気センサ15を
配置することで、これら磁気エンコーダ20と磁気セン
サ15とで、回転速度検出装置21が構成される。磁気
センサ15には、ホール素子またはMR素子からなるも
のが用いられる。回転速度検出装置21は、例えばアン
チロックブレーキシステム(ABS)における車輪回転
速度の検出手段に用いられる。
【0017】第2のシール板12は、第1のシール板1
1の立板部11bに摺接するサイドリップ16aと円筒
部11aに摺接するラジアルリップ16c,16dとを
一体に有する。これらリップ16a,16c,16d
は、第2のシール板12に加硫接着等により固着された
弾性部材16の一部として設けられている。ラジアルリ
ップは複数設けられ、軸受内側のラジアルリップ16c
は先端が軸受内側へ延び、軸受外側のラジアルリップ1
6dは先端が軸受外側へ延びる。
【0018】第1のシール板11の立板部11bの先端
は、第2のシール板12の円筒部12aの外径面と僅か
な径方向隙間を持って対峙しており、この隙間でラビリ
ンスシール17が構成される。第1のシール板11の立
板部11bの先端は、弾性部材14の一部として設けら
れた先端覆い部14aで覆われ、また第2のシール板1
2の円筒部12aの先端にはゴム片16eが一体に加硫
接着等により固着されて、内方部材1の外径面に密接し
ている。ゴム片16eは、上記弾性部材16の一部で形
成される。上記ラビリンスシール17となる隙間は、詳
しくは、上記先端覆い部14aとゴム片16eの間で形
成される。
【0019】この構成の車輪用軸受によると、外方部材
1に取付けられた第1のシール板11に磁性体粉の混入
された弾性部材14が固着され、磁気エンコーダ20が
構成されているため、外方部材1が回転すると、弾性部
材14に対面する磁気センサ15で回転検出を行うこと
ができる。軸受内部のシールについては、第2のシール
板12に設けられた各シールリップ16a,16c,1
6dの摺接と、第2のシール板12の円筒部12aに第
1のシール板11の立板部11bの先端が僅かな隙間で
対峙することで構成されるラビリンスシール17とで得
られる。そのため、優れた密封性が得られる。第2のシ
ール板12の円筒部12aの先端には、ゴム片16eが
一体に固着されているが、このゴム片16eはパッキン
として作用し、内方部材1の外径面と第2のシール板1
2の円筒部12aとの嵌合面からダストや雨水等が軸受
内に侵入することを防止している。ゴム片16eと弾性
部材14の軸受外側の側面は、シール性の面で、互いに
同一平面であるか、または弾性部材14の側面の方がゴ
ム片16eの側面よりも軸受内側へ凹んでいる方が好ま
しい。
【0020】この車輪用軸受は、このように、第1のシ
ール板11が磁気エンコーダ20の構成部品とシール装
置5の構成部品を兼用するため、部品点数、組立工数が
少なくて済み、コンパクトな構成となる。また、軸受の
シールについては、上記のように各シールリップ16
a,16c,16dやラビリンスシール17により、優
れた密封性能が得られ、第2のシール板12のゴム片1
6eにより、さらに密封性が高められる。
【0021】図4〜図8は、それぞれこの発明の他の実
施形態を示す。各実施形態は、いずれも図1〜図3と共
に説明した第1の実施形態において、磁気エンコーダ付
きとするシール装置5の構成を変更したものであり、そ
の他の構成は第1の実施形態と同じである。また、これ
らの各実施形態において、シール装置5は、内方部材1
および外方部材2のうちの互いに異なる部材1,2に取
付けられた第1および第2の環状のシール板11,12
を有し、両シール板11,12が、各々円筒部11a,
12aと立板部11b,12bとでなる断面L字状に形
成されて互いに対向することにおいては、第1の実施形
態と同じである。
【0022】図4の実施形態は、第1の実施形態におい
て、第1のシール板11の立板部11bに加硫接着等に
より固着した弾性部材14に対峙するように、非磁性体
製の保護カバー18を、外方部材2の端部外径面に嵌合
させたものである。保護カバー18は、円筒部18aと
その一端から内径側に延びる立板部18bとでなる断面
L字状に形成され、円筒部18aで外方部材2の端部外
径面に嵌合している。立板部18bの内周側端部は、第
1のシール板11の立板部11bよりも内径側へ延び、
ラビリンスシール17となる隙間を略覆う位置まで延び
ている。この構成の場合、磁気エンコーダ20の弾性部
材14が保護カバー18で覆われるため、弾性部材14
に接して飛び石やダストが噛み込むことが防止され、弾
性部材14の損傷が防止される。磁気エンコーダ20
は、保護カバー18を介して磁気センサ15で検出され
ることになるが、保護カバー18は非磁性体であるた
め、磁極の検出の邪魔とならない。その他の構成,効果
は、第1の実施形態と同じである。
【0023】図5の実施形態は、第1の実施形態におい
て、第1のシール板11を外方部材2の端部外径面に嵌
合させると共に、第2のシール板12のラジアルリップ
16cを、外方部材2の端部内径面に摺接させたもので
ある。第2のシール板12には、ラジアルリップ16c
の他に、第1のシール板11の側面に摺接する複数のサ
イドリップ16a,16bを有している。これらのシー
ルリップ16a,16b,16dは、第2のシール板1
2に一体に加硫接着等により固着された弾性部材16の
一部で形成される。第1のシール板11の立板部11b
に、磁性体粉の混入された弾性部材14が設けられ、着
磁により磁気エンコーダ20を構成ことについては、第
1の実施形態と同じである。
【0024】この実施形態の場合、第2のシール板12
のラジアルリップ16cが外方部材2の端部内径面に直
接に摺接し、ラジアルリップ16cと外方部材2の内径
面との間に第1のシール板11の円筒部11aが介在し
ない。そのため、内方部材1と外方部材2間の端部環状
空間が同じ大きさである場合、この間に配置するラジア
ルリップ16cやサイドリップ16a,16bからなる
シール手段の断面高さを大きく設定することができる。
そのため、より密封性の向上したシール設計が可能にな
る。
【0025】なお、図5の実施形態において、図4の例
と同様に、弾性部材14に対峙する断面L字状の保護カ
バー(図示せず)を外方部材1の端部外径面に嵌合させ
ても良い。その場合、具体的には、第1のシール板11
の円筒部11aの外周に保護カバーの円筒部を嵌合させ
ることになる。また、図5の実施形態においては、磁性
体粉を混入した弾性部材14を第1のシール板11の立
板部11bに設け、アキシアルタイプの磁気エンコーダ
20を構成したが、磁性体粉を混入した弾性部材14
は、円筒部11aの外周に設け、ラジアルタイプの磁気
エンコーダとしても良い。
【0026】図6は、この発明における第2の発明に対
応する実施形態を示す。第1のシール板11は内方部材
1の外径面に嵌合し、その立板部11bは軸受外方側に
配される。第2のシール板12は、第1のシール板11
の立板部11bに摺接するサイドリップ16aと、円筒
部11aに摺接するラアジルリップ16c,16dとを
一体に有する。これらのシールリップ16a,16c,
16dは、第2のシール板12に一体に加硫接着等によ
り固着された弾性部材16に設けられたものである。第
2のシール板12の円筒部12aと第1のシール板11
の立板部11bの先端とは僅かな径方向隙間を持って対
峙させ、この隙間でラビリンスシール17を形成する。
第2のシール板12は、円筒部12aを軸受外方側に延
長させ、その延長部12cに磁性体粉の混入された弾性
部材14を加硫接着等により固着する。弾性部材14は
多極に着磁され、弾性部材14と第2のシール板12と
で磁気エンコーダ20を形成する。第2のシール板12
の延長部12cは、外径側へ延びる側板状延長部12c
aとこの側板状延長部12caから続く円筒状延長部1
2cbとでなる。弾性部材14は円筒状延長部12cb
に加硫接着等により固着され、磁気エンコーダ20はラ
ジアル型とされる。
【0027】この実施形態の場合、第2のシール板12
の円筒部12aを軸受外方側に延長させ、その延長部1
2cに磁性体粉の混入された弾性部材14を固着させ、
磁気エンコーダ20を構成したため、内外の部材1,2
間の端部環状空間が小さい場合にも、磁気エンコーダ2
0を有するシール装置5とすることができる。この構成
の場合も、外方部材2に取付けられる第2のシール板1
2に磁気エンコーダ20を構成するため、外方部材2を
回転側部材として使用することにより、磁気エンコーダ
20による回転速度の検出が行える。また、シール装置
5に磁気エンコーダ20を設けたことによる部品点数、
組立工数の削減効果、およびコンパクト化の効果が得ら
れる。また、サイドリップ16aおよびラアジルリップ
16c,16dの摺接と、第1のシール板11の先端に
よるラビリンスシール17とで、高い密封性が得られ
る。
【0028】なお、図6の実施形態では、第2のシール
板12の延長部12cとして円筒状延長部12cbを設
け、この円筒状延長部12cbに弾性部材14を固着し
てラジアル型の磁気エンコーダ20を構成したが、円筒
状延長部12cbを設けずに、側板状延長部12caに
弾性部材14を加硫接着等により固着し、アキシアル型
の磁気エンコーダを形成しても良い。
【0029】図7は、この発明における第3の発明に対
応する実施形態を示す。第1のシール板11は内方部材
1の外径面に嵌合され、その立板部11bは軸受外方側
に配される。第2のシール板12は、第1のシール板1
1の立板部11bに摺接するサイドリップ16aと円筒
部11aに摺接するラアジルリップ16c,16dとを
一体に有する。第2のシール板12の円筒部12aと第
1のシール板11の立板部11bの先端とは僅かな径方
向隙間を持って対峙させ、この隙間でラビリンスシール
17を構成する。第1のシール板11の立板部11bに
対峙するように非磁性体の断面L字状の保護カバー18
を、外方部材2の端部外径面に嵌合させ、この保護カバ
ー18の第1のシール板11の立板部11bと対峙する
立板部18bに、弾性部材14を加硫接着等により固着
する。この弾性部材14は、磁性体粉が混入されたもの
であり、着磁により円周方向に交互に磁極が形成され、
磁気エンコーダ20を構成する。第1のシール板11の
立板部11bの基端内周には、内方部材1の外径面に密
接するゴム片26を加硫接着等により固着し、第1のシ
ール板11と内方部材1との嵌合部からダスト等が軸受
内に侵入することを防止している。
【0030】この構成の場合、保護カバー18を第1の
シール板11の立板部11bに対峙するように設け、保
護カバー18の第1のシール板11の立板部11bと対
峙する立板部18bに弾性部材14を固着し、磁気エン
コーダ20を構成するため、磁気エンコーダ20の弾性
部材14と第1のシール板11の立板部11bとの隙間
を僅かな隙間とできる。そのため、磁気エンコーダ20
の弾性部材14に接して飛び石やダストが噛み込むこと
が防止され、弾性部材14の損傷が防止される。そのた
め磁気エンコーダ20の耐久性が向上する。保護カバー
18は断面L字状とし、外方部材2の端部外径面に嵌合
させるため、保持カバー18の取付が容易である。磁気
エンコーダ20は、外方部材2に取付けられる部材であ
る保護カバー18に構成するため、外方部材2を回転側
部材として使用することにより、回転速度の検出が行え
る。磁気エンコーダ20は、保護カバー18を介して磁
気センサ15で検出されることになるが、保護カバー1
8は非磁性体であるため、保護カバー18が検出の邪魔
とならない。この構成の場合も、シール装置5の構成部
品となる保護カバー18に磁気エンコーダ20を構成す
るため、シール装置5と磁気エンコーダ20の部品の共
有による部品点数、組立工数の削減効果、およびコンパ
クト化の効果が得られる。また、サイドリップ16aお
よびラアジルリップ16c,16dの摺接と、第1のシ
ール板11の先端によるラビリンスシール17とで、高
い密封性を得ることができる。
【0031】図8は、この発明における第4の発明に対
応する実施形態を示す。第1のシール板11は非磁性体
からなり、内方部材1の外径面に嵌合され、その立板部
11bは軸受外方側に配される。第2のシール板12
は、第1のシール板11の立板部11bに摺接するサイ
ドリップ16aと円筒部11aに摺接するラアジルリッ
プ16c,16dとを一体に有する。外方部材2の端部
外径面に磁性体製の環体19を嵌合し、この環体19の
外径面に、磁性体粉の混入された弾性部材14を加硫接
着等により固着し、環体19と弾性部材14とで磁気エ
ンコーダ20を構成する。磁気エンコーダ20は外方部
材2の外径面に圧入により取付ける。第1のシール板1
1の立板部11bは外径側に円筒状に延長し、その外径
側延長部分11cを弾性部材14に対峙させる。環体1
9の軸受内側の端部に外径側に延びる鍔19aを設け、
この鍔19aと第1のシール板11の外径側延長部分1
1cとを僅かな径方向隙間を持って対峙させてラビリン
スシール25による密封構造を形成する。第1のシール
板11の立板部11bの基端内周には、内方部材1の外
径面に密接するゴム片26を加硫接着等により固着し、
第1のシール板11と内方部材1との嵌合部からダスト
等が軸受内に侵入することを防止している。
【0032】この構成の場合、外方部材2の端部外径面
に磁性体製の環体19を嵌合し、この環体19の外径面
に弾性部材14を固着し、磁気エンコーダ20を構成し
たため、外方部材2が回転することにより、磁気エンコ
ーダ20により回転が検出される。磁気エンコーダ20
は第1のシール板11の外径側延長部分11cで覆われ
ており、この外径側延長部分11cを介して検出される
が、第1のシール板11が非磁性体であるため、外径側
延長部分11cが検出の邪魔とならない。また、第1の
シール板11の外径側延長部分11cが磁気エンコーダ
20の弾性部材14の外周に対峙するため、弾性部材1
4が飛び石やダスト等の噛み込みにより損傷することが
防止される。この構成の場合も、シール装置5に磁気エ
ンコーダ20を設けたことによる部品点数、組立工数の
削減効果、およびコンパクト化の効果が得られる。ま
た、サイドリップ16aおよびラアジルリップ16c,
16dの摺接と、第1のシール板11の先端によるラビ
リンスシール17とで、高い密封性が得られる。また、
環体19の鍔19aが第1のシール板11の外径側延長
部分11cと僅かな径方向隙間を持って対峙することに
より、ラビリンスシール25が構成されるため、塵埃の
軸受内への侵入がより一層確実に防止される。
【0033】
【発明の効果】この発明の車輪用軸受は、外輪回転の車
輪用軸受に使用できて、車輪検出装置を有しながら、部
品点数、組立工数が少なくて済み、またコンパクトな構
成で優れた密封性能の得られるという効果が得られる。
弾性部材に対する保護カバーを設けた場合、および第1
のシール板に弾性部材に対峙する外径側延長部分を設け
た場合は、磁気エンコーダの異物の噛み込みによる損傷
が防止され、磁気エンコーダの耐久性が向上する。
【図面の簡単な説明】
【図1】この発明の一実施形態にかかる回転速度検出装
置付き車輪用軸受の断面図である。
【図2】同車輪用軸受の部分拡大断面図である。
【図3】同車輪用軸受の磁気エンコーダを正面から示す
磁極の説明図である。
【図4】この発明の他の実施形態にかかる車輪用軸受の
部分拡大断面図である。
【図5】この発明のさらに他の実施形態にかかる車輪用
軸受の部分拡大断面図である。
【図6】この発明のさらに他の実施形態にかかる車輪用
軸受の部分拡大断面図である。
【図7】この発明のさらに他の実施形態にかかる車輪用
軸受の部分拡大断面図である。
【図8】この発明のさらに他の実施形態にかかる車輪用
軸受の部分拡大断面図である。
【図9】従来例を示す断面図である。
【符号の説明】
1…内方部材 2…外方部材 3…転動体 5…シール装置 11…第1のシール板 12…第2のシール板 11a,12a…円筒部 11b,12b…立板部 14…弾性部材 15…磁気センサ 16a…サイドリップ 16c,16d…ラジアルリップ 18…保護カバー 20…磁気エンコーダ 21…回転速度検出装置
フロントページの続き (51)Int.Cl.7 識別記号 FI テーマコート゛(参考) F16C 33/80 F16C 33/80 41/00 41/00 Fターム(参考) 3D046 BB08 BB12 HH36 3J016 AA01 BB03 BB17 CA06 3J101 AA02 AA43 AA54 AA62 FA23 GA03

Claims (7)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 内方部材および外方部材と、これら内外
    の部材間に収容される複数の転動体と、上記内外の部材
    間の端部環状空間を密封するシール装置と、上記外方部
    材の端部に同軸上に嵌合され、上記シール装置に磁性体
    粉が混入された弾性部材が固着されて、円周方向に交互
    に磁極が形成された磁気エンコーダとを備えた回転速度
    検出装置付き車輪用軸受において、 上記シール装置は、上記内方部材および外方部材のうち
    の互いに異なる部材に取付けられた第1および第2の環
    状のシール板を有し、両シール板は、各々円筒部と立板
    部とでなる断面L字状に形成されて互いに対向し、第1
    のシール板は上記外方部材に嵌合され、その立板部は軸
    受外方側に配されると共に、この立板部に上記磁性体粉
    が混入された弾性部材が固着されて、この弾性部材は周
    方向に交互に磁極が形成され、第2のシール板は上記立
    板部に摺接するサイドリップと円筒部に摺接するラアジ
    ルリップとを一体に有し、この第2のシール板の円筒部
    と上記第1のシール板の立板部の先端とを僅かな径方向
    隙間を持って対峙させたことを特徴とする回転速度検出
    装置付き車輪用軸受。
  2. 【請求項2】 上記第1のシール板を外方部材の端部内
    径面に嵌合させると共に、その立板部に固着した弾性部
    材に対峙するように、非磁性体製の断面L字状の保護カ
    バーを上記外方部材の端部外径面に嵌合させた請求項1
    に記載の回転速度検出装置付き車輪用軸受。
  3. 【請求項3】 上記第1のシール板を外方部材の端部外
    径面に嵌合させると共に、上記第2のシール板のラジア
    ルリップを上記外方部材の端部内径面に摺接させた請求
    項1に記載の回転速度検出装置付き車輪用軸受。
  4. 【請求項4】 内方部材および外方部材と、これら内外
    の部材間に収容される複数の転動体と、上記内外の部材
    間の端部環状空間を密封するシール装置と、上記外方部
    材の端部に同軸上に嵌合され、上記シール装置に磁性体
    粉が混入された弾性部材が固着されて、円周方向に交互
    に磁極が形成された磁気エンコーダとを備えた回転速度
    検出装置付き車輪用軸受において、 上記シール装置は、上記内方部材および外方部材のうち
    の互いに異なる部材に取付けられた第1および第2の環
    状のシール板を有し、両シール板は、各々円筒部と立板
    部とでなる断面L字状に形成されて互いに対向し、第1
    のシール板は上記内方部材に嵌合され、その立板部は軸
    受外方側に配され、第2のシール板は上記立板部に摺接
    するサイドリップと円筒部に摺接するラアジルリップと
    を一体に有し、この第2のシール板の円筒部と上記第1
    のシール板の立板部の先端とを僅かな径方向隙間を持っ
    て対峙させ、上記第2のシール板の円筒部を軸受外方側
    に延長させ、この延長部に上記磁性体粉が混入された弾
    性部材を固着させたことを特徴とする回転速度検出装置
    付き車輪用軸受。
  5. 【請求項5】 内方部材および外方部材と、これら内外
    の部材間に収容される複数の転動体と、上記内外の部材
    間の端部環状空間を密封するシール装置と、上記外方部
    材の端部に同軸上に嵌合され、上記シール装置に磁性体
    粉が混入された弾性部材が固着されて、円周方向に交互
    に磁極が形成された磁気エンコーダとを備えた回転速度
    検出装置付き車輪用軸受において、 上記シール装置は、上記内方部材および外方部材のうち
    の互いに異なる部材に取付けられた第1および第2の環
    状のシール板を有し、両シール板は、各々円筒部と立板
    部とでなる断面L字状に形成されて互いに対向し、第1
    のシール板は上記内方部材に嵌合され、その立板部は軸
    受外方側に配され、第2のシール板は上記立板部に摺接
    するサイドリップと円筒部に摺接するラアジルリップと
    を一体に有し、この第2のシール板の円筒部と上記第1
    のシール板の立板部の先端とを僅かな径方向隙間を持っ
    て対峙させ、上記第1のシール板の立板部に対峙するよ
    うに非磁性体の断面L字状の保護カバーを上記外方部材
    の端部外径面に嵌合させると共に、この保護カバーの上
    記第1のシール板の立板部と対峙する立板部に上記弾性
    部材を固着したことを特徴とする回転速度検出装置付き
    車輪用軸受。
  6. 【請求項6】 内方部材および外方部材と、これら内外
    の部材間に収容される複数の転動体と、上記内外の部材
    間の端部環状空間を密封するシール装置と、上記外方部
    材の端部に同軸上に嵌合され、上記シール装置に磁性体
    粉が混入された弾性部材が固着されて、円周方向に交互
    に磁極が形成された磁気エンコーダとを備えた回転速度
    検出装置付き車輪用軸受において、 上記シール装置は、上記内方部材および外方部材のうち
    の互いに異なる部材に取付けられた第1および第2の環
    状のシール板を有し、両シール板は、各々円筒部と立板
    部とでなる断面L字状に形成されて互いに対向し、第1
    のシール板は非磁性体からなり、上記内方部材に嵌合さ
    れ、その立板部は軸受外方側に配され、第2のシール板
    は上記立板部に摺接するサイドリップと円筒部に摺接す
    るラアジルリップとを一体に有し、上記外方部材の端部
    外径面に磁性体製の環体を嵌合し、この環体の外径面に
    上記弾性部材を固着すると共に、上記第1のシール板の
    立板部を外径側に延長してその外径側延長部分を弾性部
    材に対峙させるようにしたことを特徴とする回転速度検
    出装置付き車輪用軸受。
  7. 【請求項7】 上記環体の端部に外径側に延びる鍔を設
    け、この鍔と上記第1のシール板の外径側延長部分とを
    僅かな径方向隙間を持って対峙させて密封構造を形成し
    た請求項6に記載の回転速度検出装置付き車輪用軸受。
JP2001135007A 2001-05-02 2001-05-02 回転速度検出装置付き車輪用軸受 Pending JP2002328133A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001135007A JP2002328133A (ja) 2001-05-02 2001-05-02 回転速度検出装置付き車輪用軸受

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001135007A JP2002328133A (ja) 2001-05-02 2001-05-02 回転速度検出装置付き車輪用軸受

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002328133A true JP2002328133A (ja) 2002-11-15

Family

ID=18982563

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001135007A Pending JP2002328133A (ja) 2001-05-02 2001-05-02 回転速度検出装置付き車輪用軸受

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002328133A (ja)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2005021989A1 (de) * 2003-08-25 2005-03-10 Fag Kugelfischer Ag & Co. Ohg Dichtungsanordnung
KR100483162B1 (ko) * 2002-12-13 2005-04-14 현대자동차주식회사 베어링용 씰
JP2008221864A (ja) * 2007-03-08 2008-09-25 Jtekt Corp 車輪支持装置のシール構造
JP2009036321A (ja) * 2007-08-02 2009-02-19 Jtekt Corp 車軸用軸受装置
FR3001509A1 (fr) * 2013-01-28 2014-08-01 Ntn Snr Roulements Palier a roulement notamment pour systeme d’entrainement en rotation d’une roue de vehicule automobile
WO2015041337A1 (ja) * 2013-09-20 2015-03-26 Ntn株式会社 転がり軸受の密封装置
JP2017106514A (ja) * 2015-12-08 2017-06-15 内山工業株式会社 密封装置

Cited By (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100483162B1 (ko) * 2002-12-13 2005-04-14 현대자동차주식회사 베어링용 씰
US7632020B2 (en) * 2003-08-25 2009-12-15 Schaeffler Kg Sealing arrangement
JP2007503562A (ja) * 2003-08-25 2007-02-22 フアーク・クーゲルフイツシエル・アクチエンゲゼルシヤフト 密封装置
WO2005021989A1 (de) * 2003-08-25 2005-03-10 Fag Kugelfischer Ag & Co. Ohg Dichtungsanordnung
US8007180B2 (en) * 2003-08-25 2011-08-30 Schaeffler Kg Sealing arrangement
JP2008221864A (ja) * 2007-03-08 2008-09-25 Jtekt Corp 車輪支持装置のシール構造
JP2009036321A (ja) * 2007-08-02 2009-02-19 Jtekt Corp 車軸用軸受装置
FR3001509A1 (fr) * 2013-01-28 2014-08-01 Ntn Snr Roulements Palier a roulement notamment pour systeme d’entrainement en rotation d’une roue de vehicule automobile
WO2015041337A1 (ja) * 2013-09-20 2015-03-26 Ntn株式会社 転がり軸受の密封装置
JP2015059646A (ja) * 2013-09-20 2015-03-30 Ntn株式会社 転がり軸受の密封装置
CN105556147A (zh) * 2013-09-20 2016-05-04 Ntn株式会社 滚动轴承的密封装置
US9751576B2 (en) 2013-09-20 2017-09-05 Ntn Corporation Sealing devices for anti-friction bearing
JP2017106514A (ja) * 2015-12-08 2017-06-15 内山工業株式会社 密封装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4318205B2 (ja) 車輪用転がり軸受およびそれを備えた半浮動式車輪用軸受装置
JP3968857B2 (ja) 回転速度検出部のシール構造
JP2000289405A (ja) エンコーダ付組み合わせシールリング
JP2002267680A (ja) 車輪用軸受
JP4297658B2 (ja) 車輪用軸受装置
KR100533404B1 (ko) 인코더 부착 차륜용 회전 지지 장치
JP3580002B2 (ja) 回転速度検出装置付転がり軸受ユニット
JP2004176827A (ja) 車輪用軸受装置の保護キャップ
JP4278324B2 (ja) 車輪用軸受
JP2001241435A (ja) 自動車用エンコーダ付転がり軸受ユニット
JP2002328133A (ja) 回転速度検出装置付き車輪用軸受
WO2017159804A1 (ja) 車輪用軸受装置
JP4867454B2 (ja) 多極磁石エンコーダ付き密封装置該密封装置を備えた転がり軸受及び車輪支持用軸受ユニット
JP2009229157A (ja) 自動二輪車の車輪用回転速度検出装置
JP2004169925A (ja) 密封装置を備えた転がり軸受ユニット
JP4952035B2 (ja) エンコーダ付シールリングの製造方法とエンコーダ付転がり軸受ユニット
JP5061652B2 (ja) 着磁パルサリング、及びこれを用いたセンサ付き転がり軸受装置
JP2008267423A (ja) ベアリングシール
JP2008094243A (ja) 車輪用軸受装置
JP2004190736A (ja) 車輪用軸受装置
JP2006064180A (ja) 自動車用エンコーダ付転がり軸受ユニット
JP2004332831A (ja) 車輪支持用転がり軸受ユニット
JP2006064180A5 (ja)
JP2004176730A (ja) エンコーダ付車輪用転がり軸受ユニット
JP2005140334A (ja) 磁気エンコーダ付き軸受