JP2008267423A - ベアリングシール - Google Patents

ベアリングシール Download PDF

Info

Publication number
JP2008267423A
JP2008267423A JP2007107987A JP2007107987A JP2008267423A JP 2008267423 A JP2008267423 A JP 2008267423A JP 2007107987 A JP2007107987 A JP 2007107987A JP 2007107987 A JP2007107987 A JP 2007107987A JP 2008267423 A JP2008267423 A JP 2008267423A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
slinger
seal
bearing
flange portion
protruding
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2007107987A
Other languages
English (en)
Inventor
Masanori Shibayama
昌範 柴山
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Uchiyama Manufacturing Corp
Original Assignee
Uchiyama Manufacturing Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Uchiyama Manufacturing Corp filed Critical Uchiyama Manufacturing Corp
Priority to JP2007107987A priority Critical patent/JP2008267423A/ja
Publication of JP2008267423A publication Critical patent/JP2008267423A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C33/00Parts of bearings; Special methods for making bearings or parts thereof
    • F16C33/72Sealings
    • F16C33/76Sealings of ball or roller bearings
    • F16C33/78Sealings of ball or roller bearings with a diaphragm, disc, or ring, with or without resilient members
    • F16C33/7869Sealings of ball or roller bearings with a diaphragm, disc, or ring, with or without resilient members mounted with a cylindrical portion to the inner surface of the outer race and having a radial portion extending inward
    • F16C33/7879Sealings of ball or roller bearings with a diaphragm, disc, or ring, with or without resilient members mounted with a cylindrical portion to the inner surface of the outer race and having a radial portion extending inward with a further sealing ring
    • F16C33/7883Sealings of ball or roller bearings with a diaphragm, disc, or ring, with or without resilient members mounted with a cylindrical portion to the inner surface of the outer race and having a radial portion extending inward with a further sealing ring mounted to the inner race and of generally L-shape, the two sealing rings defining a sealing with box-shaped cross-section
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C41/00Other accessories, e.g. devices integrated in the bearing not relating to the bearing function as such
    • F16C41/007Encoders, e.g. parts with a plurality of alternating magnetic poles
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C19/00Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement
    • F16C19/02Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows
    • F16C19/14Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load
    • F16C19/18Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls
    • F16C19/181Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls with angular contact
    • F16C19/183Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls with angular contact with two rows at opposite angles
    • F16C19/184Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls with angular contact with two rows at opposite angles in O-arrangement
    • F16C19/186Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls with angular contact with two rows at opposite angles in O-arrangement with three raceways provided integrally on parts other than race rings, e.g. third generation hubs
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C2240/00Specified values or numerical ranges of parameters; Relations between them
    • F16C2240/40Linear dimensions, e.g. length, radius, thickness, gap
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C2326/00Articles relating to transporting
    • F16C2326/01Parts of vehicles in general
    • F16C2326/02Wheel hubs or castors

Abstract

【課題】磁気エンコーダの保護を行うと共にシール機能も発現し得る新規なパックシールタイプの磁気エンコーダ付ベアリングシールを提供する。
【解決手段】回転側部材2に嵌合一体に装着される円筒部7a及びこの円筒部7aの一端に連設された鍔部7bを備えるスリンガ7と、固定側部材3に嵌合一体に装着され該スリンガ7に弾性摺接するシールリップ8a…を備えるシールリップ部材8と、上記スリンガ7の鍔部の反軸受部側面に添設された環状多極磁石10と、回転側部材2に嵌合一体に装着される円筒部9a及びこの円筒部9aの一端に連設された鍔部9bを備える非磁性体製カバー部材9とよりなる。カバー部材9の鍔部9bは、その径方向幅が環状多極磁石10の周縁部より突出する突出鍔部9cを含む大きさとされ、該突出鍔部9cの周縁端面部9dが上記シールリップ部材8の周面8Cに対面し且つ該周面8Cとラビリンスrを形成するよう構成されている。
【選択図】図2

Description

本発明は、自動車用車輪等の軸受部をシールし、且つ車輪等の回転側部材の回転数を検出する為の磁気エンコーダを備えるパックシールタイプのベアリングシールに関する。
自動車用車輪は、内輪、外輪及び内外輪間に介在される転動体によって構成される軸受部を介して回転自在に支持される。そして、転動体が介在される軸受空間は、内外輪間に介装されたベアリングシールによって密封され、軸受部内に装填された潤滑剤の漏出防止や外部からの汚泥等の浸入の防止が図られている。このベアリングシールとしては、回転側部材(内輪、外輪のいずれか)に嵌合一体に装着されるスリンガと、固定側部材(同上)に嵌合一体に装着され該スリンガに弾性摺接するシールリップを備えるシールリップ部材とを組合せた所謂パックシールタイプのものが多用されるようになった。
近時、自動車用車輪におけるアンチロックブレーキシステム(ABS)や、トラクションコントロールシステム(TCS)を制御する為、車輪の回転数検出がなされるようになってきた。上記のようなパックシールタイプのベアリングシールを用いた軸受部(軸受ユニット)によって車輪を支持するようにした自動車の場合、上記スリンガの外側面に多数のN極・S極が周方向に交互且つ等ピッチに着磁形成された環状多極磁石(磁気エンコーダ)を装着し、固定側(車体側)にこの磁気エンコーダに対峙するよう磁気センサを設置し、回転に伴う磁気変化によって車輪の回転数を検出するよう構成された回転数検出装置が採用されている(例えば、特許文献1の図3及び図4、特許文献2〜5参照)。
ところで、上記のようにスリンガの外側面に装着された磁気エンコーダとこれに対峙する磁気センサとにより回転数検出装置を構成する場合、これらは水や土砂等のアタックを受け易い環境に晒される為、磁気エンコーダの表面や磁気センサの検出面が傷付き或いは発錆して、検出精度が低下することがある。その為、上記各特許文献では、磁気エンコーダの表面を非磁性体製の保護カバーで覆い、この保護カバーを介して回転数を検出するような措置が講じられている。
特開平11−303879号公報 特開2002−267680号公報 特開2002−333033号公報 特開2003−240007号公報 特開2006−64180号公報
然るに、特許文献1の図3に開示されたパックシールタイプのベアリングシールの場合、磁気エンコーダ(特許文献1では磁性環)は、スリンガ(同磁性リングの補強環)と非磁性の保護カバー(同スリンガ)とにより挟装され、その大半が覆われているが、磁気エンコーダの周縁部分は露出状態の為、この部分が上記のような汚泥等のアタックを受け易い環境になお晒されることになり、磨耗が生じたり、スリンガ若しくは保護カバーとの接着部に水等が滲入して剥がれたりする懸念があった。また、特許文献2に開示されたベアリングシールの場合、保護カバーが固定側に取付けられ、回転側である磁気エンコーダとは所定のエアギャップが確保されるよう構成されているが、車輪が従動輪の場合に適用されるものであり、しかも、磁気エンコーダと保護カバーとが対峙する部分は相互回転の関係となる為上記エアギャップの設定は精度を要するものである。
特許文献3の図3に開示されたベアリングシールの場合、スリンガと保護カバーが、共に回転側部材に嵌合される円筒部と、この円筒部に連設された鍔部(立板部)とを有し、磁気エンコーダを両鍔部に挟装した状態で覆い、更に保護カバーの鍔部の周縁部をスリンガ側に折曲げ、磁気エンコーダの周縁部分をも覆うよう構成されている。しかし、保護カバーの鍔部の周縁部がスリンガ側に折曲げられ、この折曲部分がスリンガの周縁部をも覆うように形成されている為、スリンガの鍔部の径方向の幅がこの折曲部分によって制約され、シールリップの摺接面が十分に確保され難くなることが予想される。また、特許文献4に開示されたベアリングシールの場合、保護カバーの回転側部材との嵌合関係はなく、周縁部をスリンガ側に折曲げ、スリンガの周縁部に加締ることによって保護カバーを取付けているが、保護カバーと回転側部材との間に隙間が生じることは避けられず、この部分から汚泥等が浸入する懸念がなお残り、加えて、保護カバーの周縁部をスリンガ側に折曲げることにより、特許文献3の場合と同様スリンガの鍔部の径方向の幅が制約される点も内包するものである。
特許文献5の図3には、スリンガと保護カバー(カバープレート)が、共に回転側部材に嵌合される円筒部と、この円筒部に連接された鍔部(円輪部)とを有し、磁気エンコーダを両鍔部に挟装した状態で覆い、更に両鍔部の周縁部をエンコーダより突出させた例が示されている。しかし、この例では、保護カバー及び磁気エンコーダの周縁部がシールリップ部材の周面に対面せず、この周面とラビリンスを形成するものではないから、磁気エンコーダの周縁部分の保護が十分でなく、その為、この部分が上記のような汚泥等のアタックを受け易い環境になお晒されることになり、磨耗が生じたり、スリンガ若しくは保護カバーとの接着部に水等が滲入して剥がれたりする懸念を払拭するにはまだ不十分であった。
本発明は、上記実情に鑑みなされたものであり、磁気エンコーダの保護を確実に行うと共にシール機能も的確に発現し得る新規なパックシールタイプの磁気エンコーダ付きベアリングシールを提供することを目的としている。
本発明のベアリングシールは、固定側部材に対して回転側部材を軸受部を介して回転自在に支持する軸受ユニットにおける固定側部材と回転側部材との間に介装されるパックシールタイプのベアリングシールであって、上記回転側部材に嵌合一体に装着される円筒部及びこの円筒部の一端に連設された鍔部を備えるスリンガと、固定側部材に嵌合一体に装着され該スリンガに弾性摺接するシールリップを備えるシールリップ部材と、上記スリンガの鍔部の反軸受部側面に添設された環状多極磁石と、回転側部材に嵌合一体に装着される円筒部及びこの円筒部の一端に連設された鍔部を備える非磁性体製カバー部材とよりなり、上記カバー部材の鍔部は、その径方向幅が環状多極磁石の周縁部より突出する突出鍔部を含む大きさとされ、該突出鍔部の周縁端面部が上記シールリップ部材の周面に対面し且つ該周面とラビリンスを形成するよう構成されていることを特徴とする。
本発明において、前記スリンガの円筒部及びカバー部材の円筒部は、互いに嵌合合体された状態で前記回転側部材に嵌合一体とされるものとしても良い。前記環状多極磁石としては、ゴム或いは樹脂に磁性粉末を混練して環状に成型した磁石や環状焼結磁石が用いられ、その周方向に多数のN極及びS極が交互に着磁形成されたものとされ、前記スリンガの鍔部の反軸受部側面に接着一体とし、或いはカバー部材の鍔部の軸受部側面に接着一体とされる。
また、本発明において、前記スリンガの鍔部も、その径方向幅を環状多極磁石の周縁部より突出する突出鍔部を含む大きさとし、この突出鍔部の突出幅を、前記カバー部材の突出鍔部の突出幅と略同じとしても良い。この場合、カバー部材の突出鍔部と、スリンガの突出鍔部との間に、環状弾性部材を介装することができる。更に、前記シールリップ部材の環状多極磁石側周面に、カバー部材の突出鍔部に弾性摺接するシールリップを設けることも可能である。
本発明に係るベアリングシールによれば、固定側部材にシールリップ部材が嵌合一体に装着され、そのシールリップが回転側部材に装着されたスリンガに弾性摺接するから、軸受部のシール機能がこの弾性摺接によって維持される。そして、スリンガ及びカバー部材が、夫々の円筒部をして回転側部材に嵌合一体とされた状態では、カバー部材の鍔部とスリンガの鍔部との間に環状多極磁石が挟装されるから、環状多極磁石の両面及び回転側部材側の周縁端面部は、これらによって完全に覆われる。また、カバー部材の鍔部は、その径方向幅が環状多極磁石の周縁部(反回転側部材側)より突出する突出鍔部を含む大きさとされ、該突出鍔部の周縁端面部が上記シールリップ部材の周面に対面し且つ該周面とラビリンスを形成するよう構成されているから、自動車用車輪の軸受ユニットのように過酷な環境下に晒されても、カバー部材の突出鍔部が遮蔽バリヤーとなり、この遮蔽効果とシールリップ部材の周面とのラビリンス機能とが相乗して、環状多極磁石の周縁部が汚泥等のアタックから保護され、傷付きや添設部位からの剥がれ等が生じる懸念がない。更に、カバー部材は非磁性体製であるから、固定側に設置される磁気センサに対峙させて回転検出装置を構成した場合にも、その検出精度に影響を及ぼすことがない。
本発明において、スリンガの円筒部及びカバー部材の円筒部を、互いに嵌合し合体した状態で回転側部材に嵌合一体とするようにすれば、環状多極磁石の略全周面がスリンガ及びカバー部材のみによって覆われる。また、回転側部材に対するカバー部材の嵌合代を小さくすることができ、パックシールとして組立てた状態でも嵩張らず、軸受ユニットの組立工程への梱包・搬送等の合理化が図られる。
本発明において、前記スリンガの鍔部も、その径方向幅を環状多極磁石の周縁部より突出する突出鍔部を含む大きさとし、この突出鍔部の突出幅を、前記カバー部材の突出鍔部の突出幅と略同じとすれば、上記効果に加え、スリンガとシールリップとの摺接部への塵埃等の浸入防止機能がより高められる。また、スリンガの鍔部の軸受部側の面(環状多極磁石が添設される面と反対側の面)の径方向幅、即ち、上記シールリップの摺接面積を大きく確保することができ、シールリップの設計自由度が拡げられる。この場合、カバー部材の突出鍔部と、スリンガの突出鍔部との間に、環状弾性部材を介装するようにすれば、環状多極磁石の周縁部分と外部環境とが完全に遮断され、環状多極磁石の保護機能が一層向上する。
また、シールリップ部材の環状多極磁石側周面に、カバー部材の突出鍔部に弾性摺接するシールリップを設けるようにすれば、この場合も、環状多極磁石の周縁部分と外部環境とが完全に遮断され、環状多極磁石の保護機能が一層向上する。
以下に本発明の最良の実施の形態について、図面に基づいて説明する。図1は本発明のベアリングシールを用いて組立てられた軸受ユニットの一例を示す縦断面図、図2は図1におけるX部の拡大図、図3乃至図7は同ベアリングシールの別の実施形態の断面図である。
図1は自動車の車輪を転がり軸受ユニット1により支持する構造の一例を示すものであり、内輪(回転側部材)2を構成するハブ2Aのハブフランジ2aにボルト2bによりタイヤホイール(不図示)が固定される。また、ハブ2Aに形成されたスプライン軸孔2cには駆動シャフト(不図示)がスプライン嵌合されて、該駆動シャフトの回転駆動力がタイヤホイールに駆動伝達される。そして、ハブ2Aは内輪部材2Bと共に内輪2を構成する。外輪(固定側部材)3は、車体の懸架装置(不図示)に取付固定される。この外輪3と上記内輪2との間に2列の転動体(玉)4…がリテーナ4aで保持された状態で介装されている。この転動体4…及び内外輪2,3に形成された各軌道面により軸受部1Aが構成され、軸受部1Aを介して、内輪2が外輪3に対して軸回転可能に支持される。2列の転動体(玉)4…の軌道面の軸方向外側、即ち、上記軸受部1Aの軸方向両側には、上記転動体4…の転動部(軸受空間)に装填される潤滑剤(グリス)の漏出或いは外部からの汚泥等の浸入を防止するためのシールリング(ベアリングシール)5,6が、外輪3と内輪2との間に圧入装着されている。そして、車体側シールリング6に対峙するよう、磁気センサ11が外輪3又は車体(固定側部材)に設置され、この磁気センサ11と後記する環状多極磁石(磁気エンコーダ)10とにより、タイヤホイールの回転速度や回転角度等を検出する回転検出装置12(図2参照)が構成される。
図2は、車体側シールリング6の装着部の拡大断面図を示す。該シールリング6は、上記内輪部材(回転側部材)2Bの外周(外径面)に嵌合一体に装着される円筒部7a及びこの円筒部(以下、スリンガ円筒部と言う)7aの一端に連設された外向鍔部(以下、スリンガ鍔部と言う)7bを備えるスリンガ7と、外輪(固定側部材)3に嵌合一体に装着され該スリンガ7に弾性摺接する複数のシールリップ8a…を備えるシールリップ部材8と、上記スリンガ鍔部7bの反軸受部1A側部(車体側)に添設された環状多極磁石10と、内輪部材2Bに嵌合一体に装着される円筒部9a及びこの円筒部(以下、カバー円筒部と言う)9aの一端に連設された外向鍔部(以下、カバー鍔部と言う)9bを備える非磁性体製カバー部材9とよりなり、パックシールタイプの磁気エンコーダ付ベアリングシールとして構成されている。
スリンガ円筒部7aとカバー円筒部9aとは、前者が後者に外嵌した状態で互いに嵌合合体され、この合体状態で内輪部材2Bの外径面に嵌合一体に装着されている。スリンガ鍔部7bの車体側面には、環状多極磁石10が接着一体とされ、スリンガ円筒部7a及びカバー円筒部9aが内輪部材2Bに嵌合一体に装着された状態では、環状多極磁石10がスリンガ鍔部7bとカバー鍔部9bとの間にサンドイッチ状に挟装された状態とされると共に、環状多極磁石10の内周縁端面部(内輪部材2B側面)10bは、カバー円筒部9aによって覆われる。また、環状多極磁石10の外周縁部分(外輪3側部分)はスリンガ鍔部7bの外周縁部に回り込むよう一体とされている。
カバー鍔部9bは、環状多極磁石10の外周縁端面部(周縁部)10aより外径方向に突出する突出鍔部9cを有し、この突出鍔部9cの外周縁端面部9dは、シールリップ部材8の内周面8Cに対面し且つこの内周面8Cとラビリンスrを形成するよう構成されている。環状多極磁石10としては、ゴム或いは樹脂に磁性粉末を混練して環状に成型した磁石や環状焼結磁石の周方向に多数のN極及びS極を交互且つ等ピッチで着磁形成したものが用いられるが、図例ではゴム磁石によるものを示し、スリンガ7との接着一体化は加硫成型時になされる。スリンガ7及びカバー部材9が内輪部材2Bに嵌合一体とされた状態では、カバー鍔部9bの車体側面には、固定側に設置された磁気センサ11の検出面が近接対峙し、このカバー鍔部9bを通して、環状多極磁石10の回転に伴う磁気変化を検出し得る回転検出装置12が構成されている。
シールリップ部材8は、3個のシールリップ8a,8b,8cを有するゴム等からなる弾性材8Aを環状芯金8Bに一体としたものであり、芯金8Bの円筒部をして外輪3の内径面に嵌合一体とされている。図2に示すシールリップ部材8は、スリンガ鍔部7bの反車体側面に弾接する1個のアキシャルリップ8aと、スリンガ円筒部7aの外周面に弾接する2個のラジアルリップ8b,8cとを備えている。
上記のように構成された軸受ユニット1において、車輪(不図示)及び内輪2が軸受部1Aを介し外輪3に対して回転可能に支持される。この車輪及び内輪2の回転に伴い、スリンガ7、カバー部材9及びこれらの間に挟装された環状多極磁石10が軸回転する。スリンガ7の軸受部1A側の面にはシールリップ8a,8b,8cが弾接し、回転に伴う弾性摺接により、軸受部1A内に充填された潤滑剤の漏出及び外部からの軸受部1A内への汚泥等の浸入が阻止される。また、環状多極磁石10の回転に伴うN極・S極の磁気変化が、非磁性体製のカバー鍔部9bを通し磁気センサ11によって逐次検出され、この検出情報に基づき車輪の回転速度や回転角度等の算出がなされる。
環状多極磁石10は、その内周縁端面部10bがカバー円筒部9aで覆われ、また、スリンガ鍔部7b及びカバー鍔部9bによって両面が挟装されているから、外部環境に晒される部分が殆どない。更に、カバー鍔部9bが環状多極磁石10の外周縁端面部10aより外径側に突出する突出鍔部9cを有し、しかもこの突出鍔部9cの外周縁端面部9dは、シールリップ部材8の内周面8Cに対面し且つこの内周面8Cとラビリンスrを形成するよう構成されているから、突出鍔部9cが外部環境に対するバリヤー的機能を奏し、環状多極磁石10の外周縁端面部10aが汚泥等のアタックを受けて傷ついたり、スリンガ鍔部7bとの接着面に水等が滲入して剥がれたりするような懸念もなく、また、シールリップ8a,8b,8cとスリンガ7との摺接部に塵埃等が浸入してシールリップ8a,8b,8cの磨耗を促進させるようなこともない。
図3は別の実施形態を示す。この実施形態のベアリングシール6Aは、スリンガ鍔部7bが環状多極磁石10の外周縁端面部10aより外径側に突出する突出鍔部7cを有し、この突出鍔部7cの突出幅は、前記カバー部材9の突出鍔部9cの突出幅と略同じとされている。このスリンガ7の突出鍔部7cの外周縁端面部7dも、シールリップ部材8の内周面8Cに対面し且つこの内周面8Cとラビリンスrを形成するよう構成されている。この例の場合、上記効果に加え、両突出鍔部7c,9cによる二重のバリヤー的機能により、シールリップ8a…とスリンガ7との摺接部への塵埃等の浸入防止がより確実になされる。また、スリンガ鍔部9bが突出鍔部7cを含んでその径方向幅Dが実質的に大となるから、シールリップの摺接面積を大きく確保することができ、シールリップの設計自由度が拡げられる。
図4及び図5は、図3に示すベアリングシール6Aの変形例を示す。図4に示すベアリングシール6Bは、スリンガ7の突出鍔部7cとカバー部材9の突出鍔部9cとの間に、Oリング(環状弾性部材)13を弾性変形を伴い介装したものである。また、図5に示すアリングシール6B´は、カバー部材9の突出鍔部9cの軸受部側面にゴム等の弾性部材からなる環状シール部材(環状弾性部材)13´を貼着することにより、スリンガ7の突出鍔部7cとカバー部材9の突出鍔部9cとの間に、環状シール部材13´を弾性変形を伴い介装したものである。このように、両突出鍔部7c,9cの間にOリング13や環状シール部材13´を介装させることにより、環状多極磁石10の外周縁端面部10aに対する保護機能が一層向上する。その他の構成は図3に示すベアリングシール6Aと同様であるので、共通部分に同一の符号を付し、その説明を割愛する。尚、Oリング13や環状シール部材13´に代え、シーラントその他のシール性のある環状弾性部材をこれに充当させることも可能である。また、環状シール部材13´は、スリンガ7の突出鍔部7cに貼着することも可能であるが、成型上は環状多極磁石10が接着一体とされる側でない方に貼着されることが望ましい。
図6は、図3のベアリングシール6Aの別の変形例を示すものである。即ち、この実施形態のべアリングシール6Cは、スリンガ鍔部7bに弾接するリップシール8aが2個である点で異なる。上述の通り、スリンガ鍔部7bの径方向幅Dの制約がなく、シールリップ(アキシャルリップ)8aの摺接面積を大きく確保することができるから、図のようにアキシャルリップ8aを複数個設けることが可能となり、これによってシール機能がより高められる。このように、複数個のアキシャルリップ8aを設けることは、図4に示すベアリングシール6Bにも適用可能であり、これによってシール機能の向上を図ることができる。その他の構成は上記と同様であるので、共通部分に同一の符号を付し、ここでもその説明を割愛する。
図7は更に別の実施形態を示す。この実施形態のベアリングシール6Dは、シールリップ部材8に、カバー部材9の突出鍔部9cに弾性摺接するシールリップ8dを新たに設けた点で、図2に示すベアリングシール6と異なる。このようなシールリップ8dを設けることにより、環状多極磁石10の外周縁端面部10aと外部環境とが完全に遮断され、環状多極磁石10の保護機能が一層向上する。その他の構成は上記と同様であるので、共通部分に同一の符号を付し、ここでもその説明を割愛する。
尚、上記各実施形態では、内輪2が回転側部材、外輪3が固定側部材である例について述べたが、内輪2が固定側部材、外輪3が回転側部材である場合にも適用可能である。この場合は、スリンガ円筒部7a及びカバー円筒部9aが外輪3の内径面に嵌合されると共にスリンガ鍔部7b及びカバー鍔部9bが内向きに形成され、シールリップ部材8は内輪2の外径面に嵌合される。また、スリンガ円筒部7a及びカバー円筒部9aは、互いに嵌合合体状態で回転側部材に嵌合一体としたが、これらを別個に回転側部材に嵌合一体とすることも可能である。更に、自動車の車輪を支持する軸受ユニットに適用した例について述べたが、他の回転検出が求められる軸受ユニットにも本発明のベアリングシールを適用することができる。
本発明の一実施形態に係るベアリングシールを用いて組立てられた軸受ユニットの一例を示す縦断面図である。 図1におけるX部の拡大図である。 本発明のベアリングシールの別の実施形態の断面図である。 図3に示すベアリングシールの変形例の断面図である。 図3に示すベアリングシールの変形例の断面図である。 図3に示すベアリングシールの別の変形例の断面図である。 本発明のベアリングシールの更に別の実施形態の断面図である。
符号の説明
1 軸受ユニット
1A 軸受部
2 内輪(回転側部材)
3 外輪(固定側部材)
6,6A,6B,6B´,6C,6D ベアリングシール
7 スリンガ
7a スリンガ円筒部
7b スリンガ鍔部
7c 突出鍔部
8 シールリップ部材
8a,8b,8c,8d シールリップ
8C シールリップ部材の周面
9 カバー部材
9a カバー円筒部
9b カバー鍔部
9c 突出鍔部
9d 周縁端面部
10 環状多極磁石(磁気エンコーダ)
10a 環状多極磁石の周縁端面部(周縁部)
13 Oリング(環状弾性部材)
13´ 環状弾性部材(環状弾性部材)

Claims (5)

  1. 固定側部材に対して回転側部材を軸受部を介して回転自在に支持する軸受ユニットにおける固定側部材と回転側部材との間に介装されるパックシールタイプのベアリングシールであって、
    上記回転側部材に嵌合一体に装着される円筒部及びこの円筒部の一端に連設された鍔部を備えるスリンガと、固定側部材に嵌合一体に装着され該スリンガに弾性摺接するシールリップを備えるシールリップ部材と、上記スリンガの鍔部の反軸受部側面に添設された環状多極磁石と、回転側部材に嵌合一体に装着される円筒部及びこの円筒部の一端に連設された鍔部を備える非磁性体製カバー部材とよりなり、
    上記カバー部材の鍔部は、その径方向幅が環状多極磁石の周縁部より突出する突出鍔部を含む大きさとされ、該突出鍔部の周縁端面部が上記シールリップ部材の周面に対面し且つ該周面とラビリンスを形成するよう構成されていることを特徴とするベアリングシール。
  2. 請求項1に記載のベアリングシールにおいて、
    前記スリンガの円筒部とカバー部材の円筒部とは、互いに嵌合合体された状態で前記回転側部材に嵌合一体とされるものであることを特徴とするベアリングシール。
  3. 請求項1又は2に記載のベアリングシールにおいて、
    前記スリンガの鍔部は、その径方向幅が環状多極磁石の周縁部より突出する突出鍔部を含む大きさとされ、この突出鍔部の突出幅は、前記カバー部材の突出鍔部の突出幅と略同じとされていることを特徴とするベアリングシール。
  4. 請求項3に記載のベアリングシールにおいて、
    前記カバー部材の突出鍔部と、前記スリンガの突出鍔部との間に、環状弾性部材が介装されていることを特徴とするベアリングシール。
  5. 請求項1又は2に記載のベアリングシールにおいて、
    前記シールリップ部材の環状多極磁石側周面には、カバー部材の突出鍔部に弾性摺接するシールリップが設けられていることを特徴とするベアリングシール。
JP2007107987A 2007-04-17 2007-04-17 ベアリングシール Pending JP2008267423A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007107987A JP2008267423A (ja) 2007-04-17 2007-04-17 ベアリングシール

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007107987A JP2008267423A (ja) 2007-04-17 2007-04-17 ベアリングシール

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2008267423A true JP2008267423A (ja) 2008-11-06

Family

ID=40047201

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007107987A Pending JP2008267423A (ja) 2007-04-17 2007-04-17 ベアリングシール

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2008267423A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103987976A (zh) * 2011-11-29 2014-08-13 日本精工株式会社 带有组合密封圈的滚动轴承单元
CN105358851A (zh) * 2013-05-15 2016-02-24 日本精工株式会社 带组合密封圈的滚动轴承单元

Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH11303879A (ja) * 1998-04-23 1999-11-02 Uchiyama Mfg Corp ベアリングシール
JP2002333033A (ja) * 2001-03-07 2002-11-22 Ntn Corp 車輪用軸受
JP2005083537A (ja) * 2003-09-10 2005-03-31 Nok Corp 密封装置
JP2006064180A (ja) * 2005-08-31 2006-03-09 Nsk Ltd 自動車用エンコーダ付転がり軸受ユニット
JP2006329212A (ja) * 2005-05-23 2006-12-07 Uchiyama Mfg Corp トーンホイール付密封装置

Patent Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH11303879A (ja) * 1998-04-23 1999-11-02 Uchiyama Mfg Corp ベアリングシール
JP2002333033A (ja) * 2001-03-07 2002-11-22 Ntn Corp 車輪用軸受
JP2005083537A (ja) * 2003-09-10 2005-03-31 Nok Corp 密封装置
JP2006329212A (ja) * 2005-05-23 2006-12-07 Uchiyama Mfg Corp トーンホイール付密封装置
JP2006064180A (ja) * 2005-08-31 2006-03-09 Nsk Ltd 自動車用エンコーダ付転がり軸受ユニット

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103987976A (zh) * 2011-11-29 2014-08-13 日本精工株式会社 带有组合密封圈的滚动轴承单元
EP2787233A4 (en) * 2011-11-29 2015-12-09 Nsk Ltd ROLLER BEARING UNIT WITH COMBINATION SEALING RING
US9534636B2 (en) 2011-11-29 2017-01-03 Nsk Ltd. Rolling bearing unit with combination seal ring
CN105358851A (zh) * 2013-05-15 2016-02-24 日本精工株式会社 带组合密封圈的滚动轴承单元
US20160091023A1 (en) * 2013-05-15 2016-03-31 Nsk Ltd. Rolling bearing unit with combination seal ring

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5334287B2 (ja) ベアリングシール
US7675212B2 (en) Sealing device
JP4925398B2 (ja) 密封装置
JP5167710B2 (ja) ハブユニット軸受
JP2005098332A (ja) シール装置
JP4300412B2 (ja) エンコーダ付きシール装置
JP2005054994A (ja) 車輪用転がり軸受およびそれを備えた半浮動式車輪用軸受装置
JP4544401B2 (ja) シール装置
JP4239669B2 (ja) 車輪支持用転がり軸受ユニット
JP2008175382A (ja) 回転速度検出装置付車輪支持用転がり軸受ユニット
JP2008267423A (ja) ベアリングシール
JP4867454B2 (ja) 多極磁石エンコーダ付き密封装置該密封装置を備えた転がり軸受及び車輪支持用軸受ユニット
JP5061652B2 (ja) 着磁パルサリング、及びこれを用いたセンサ付き転がり軸受装置
JP4952035B2 (ja) エンコーダ付シールリングの製造方法とエンコーダ付転がり軸受ユニット
JP4798763B2 (ja) 保護カバー付トーンホイール
JP2002328133A (ja) 回転速度検出装置付き車輪用軸受
JP5051879B2 (ja) ベアリングシール
JP2008094243A (ja) 車輪用軸受装置
JP5327305B2 (ja) エンコーダ付組み合わせシールリング
JP5137247B2 (ja) ベアリングシール
JP2008202650A (ja) ベアリングシール
WO2017159804A1 (ja) 車輪用軸受装置
JP2008261462A (ja) 回転速度検出装置付き車輪用軸受装置
JP2004233221A (ja) 保護カバー付トーンホイール
WO2018079703A1 (ja) 車輪用軸受装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20100414

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110413

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20110721

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110726

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110926

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20120131