JP2002219951A - 車両用ラジエータの取付け構造 - Google Patents

車両用ラジエータの取付け構造

Info

Publication number
JP2002219951A
JP2002219951A JP2001017407A JP2001017407A JP2002219951A JP 2002219951 A JP2002219951 A JP 2002219951A JP 2001017407 A JP2001017407 A JP 2001017407A JP 2001017407 A JP2001017407 A JP 2001017407A JP 2002219951 A JP2002219951 A JP 2002219951A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
radiator
vehicle
mounting
tank
plate
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2001017407A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4505997B2 (ja
Inventor
Toshiro Matsubara
利朗 松原
Original Assignee
Denso Corp
株式会社デンソー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Denso Corp, 株式会社デンソー filed Critical Denso Corp
Priority to JP2001017407A priority Critical patent/JP4505997B2/ja
Publication of JP2002219951A publication Critical patent/JP2002219951A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4505997B2 publication Critical patent/JP4505997B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 軽衝突時の衝撃力を受けた場合でも、水洩れ
を防止できる車両用ラジエータの取付け構造を提供する
ことにある。 【解決手段】 ラジエータ100のタンク110、12
0の上下方向の端部121から所定の間隔をあけて形成
される取付け座面122と、端部121および取付け座
面122の間を接続する複数の板状リブ123と、取付
け座面122から突出する取付けピン124とが樹脂材
により一体で成形されており、ラジエータ100が車両
の前方に配置され、取付けピン124が車両側マウント
部材210の孔211に嵌入されて支持される車両用ラ
ジエータの取付け構造おいて、板状リブ123の車両進
行方向に対する後方側の部分に、車両前方側から付加さ
れるラジエータ100への衝撃力が集中する応力集中部
125を設け、且つ、板状リブ123の剛性をタンク1
10、120の剛性よりも小さくなるようにする。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、車両用ラジエータ
の取付け構造に関するものであり、軽衝突時の水洩れを
防止するようにしたものである。
【0002】
【従来の技術】従来の車両用ラジエータの取付け構造
は、一般に、樹脂で成形されたタンクの上下方向の端部
に平面部を成す取付け座面が設けられ、この取付け座面
から突出する取付けピンを車両前方に設けられたマウン
ト部材の孔に嵌入させるようにしたものが多く知られて
いる(通常、上側2ヶ所、下側2ヶ所支持)。
【0003】更に、取付け座面とマウント部材との間に
ラジエータや車両の寸法設定上、隔たりが生ずる場合
は、タンクの端部と取付け座面との間に複数の板状のリ
ブを一体で介在させることで寸法の調整を行ない、マウ
ント部材への取付けが可能と成るようにしている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、車両前
方側で車両ダメージの少ない軽衝突を起こした場合、衝
突による衝撃力は、車両進行方向の幅寸法がコア部より
も大きいタンクにまず付加される。そして、マウント部
材に嵌入された上下の取付けピンを支点にして曲げモー
メントが作用し、車両進行方向に対して後方側のタンク
端部近傍(タンクと板状リブとの接続部で断面形状の変
化する点)に引張り応力が働くことが考えられる。それ
によって、タンクの一部に割れが発生したり、更にはタ
ンク内部側へ亀裂が進行し水洩れに至る可能性がある。
【0005】このような軽衝突レベルであっても、ラジ
エータに水洩れが生ずると、その冷却系の作動に支障を
きたす恐れがある。
【0006】本発明の目的は、上記問題に鑑み、軽衝突
時の衝撃力を受けた場合でも、水洩れを防止できる車両
用ラジエータの取付け構造を提供することにある。
【0007】
【課題を解決するための手段】本発明は上記目的を達成
するために、以下の技術的手段を採用する。
【0008】請求項1に記載の発明では、ラジエータ
(100)内を流通する冷却水の出入り口部を形成する
タンク(110、120)と、このタンク(110、1
20)の上下方向の少なくとも一方の端部(121)か
ら所定の間隔(L)をあけて形成される取付け座面(1
22)と、端部(121)および取付け座面(122)
の間を接続する複数の板状リブ(123)と、取付け座
面(122)から反タンク側に突出する取付けピン(1
24)とが樹脂材により一体で成形されており、ラジエ
ータ(100)が車両の前方に配置され、取付けピン
(124)が車両側マウント部材(210)の孔(21
1)に嵌入されて支持される車両用ラジエータの取付け
構造おいて、板状リブ(123)の車両進行方向に対す
る後方側の部分に、車両前方側から付加されるラジエー
タ(100)への衝撃力が集中する応力集中部(12
5)を設け、且つ、板状リブ(123)の剛性をタンク
(110、120)の剛性よりも低くなるようにしたこ
とを特徴としている。
【0009】これにより、衝突による衝撃力は板状リブ
(123)に設けた応力集中部(125)に集まり、こ
こから割れが発生する。そして、タンク(110、12
0)よりも剛性を低くしたこの板状リブ(123)に亀
裂が進行するようになるので、タンク(110、12
0)からの水洩れを生ずることが無い。
【0010】また、請求項2〜3に記載の発明のよう
に、板状リブ(123)に設ける応力集中部(125)
は、切欠き凹部(125a)としたり、板状リブ(12
3)の端部(121)との付根部(123a)を、タン
ク(110、120)の車両進行方向に沿った幅(a)
の中に入るように接続して、板状リブ(123)とタン
ク(110、120)との間で形成される段部(125
b)とすることで、ラジエータ(100)としての基本
的な耐振強度を確保し、且つ、容易に成形可能なものと
して対応できる。
【0011】更に、請求項4に記載の発明のように、板
状リブ(123)の剛性は、板状リブ(123)の板厚
(Tr)をタンク(110、120)の板厚(Tt)よ
りも薄くすることで、タンク(110、120)の剛性
よりも低くなるようにしたことを特徴としており、複雑
な形状設定をしなくても容易にタンク(110、12
0)と板状リブ(123)との剛性の差を持たすことが
できる。
【0012】尚、上記各手段の括弧内の符号は、後述す
る実施形態記載の具体的手段との対応関係を示すもので
ある。
【0013】
【発明の実施の形態】(第1実施形態)本発明の第1実
施形態を図1、図2に示す。第1実施形態は、本発明を
自動車用ラジエータ100に適用したもので、このラジ
エータ100は、通常のエンジンルーム内の前方に搭載
されるものである。
【0014】ラジエータ100は、後述するコア部13
0のチューブ132内を流れる冷却水が図中左右方向に
向かう所謂クロスフロータイプとしたものであり、基本
構成として、左タンク110、右タンク120、コア部
130とから成る。
【0015】左タンク110は、例えばガラス繊維を含
有するナイロン材のような耐熱性、耐強度性に優れる樹
脂材より成形されており、断面がコの字状と成る箱形を
形成している。上下方向のそれぞれの端部111は、後
述する車両側のマウント部材210が当接する取付け座
面122として形成されており(上側は板状リブ123
を介して取付け座面122を形成している)、この取付
け座面122にはそれぞれ反タンク側の上下方向に突出
する取付けピン124が一体で成形されている。また、
冷却水の入口部と成る入口パイプ115が、左タンク1
10の上側に同様に一体で成形されている。
【0016】右タンク120は、上記左タンク110と
同様に樹脂材より成り、断面コの字状の箱形を成してい
る。上側の端部121は取付け座面122として形成さ
れており、上方向に突出する取付けピン124が一体で
成形されている。隣接する右側には冷却水を注水するた
めの注水口127が一体で設けられており、この注水口
127にはラジエータ100内の圧力(通常88〜10
8kPa)を保持する周知の圧力キャップ140が装着
されている。また冷却水の出口部と成る出口パイプ12
6が、上記入口パイプ115と対角線上に位置するよう
に右タンク120の下側に一体で設けられている。更に
下側の端部121には、板状リブ123を介して取付け
座面122、取付けピン124が一体で設けられてお
り、この詳細については後述する。
【0017】コア部130は、フィン131、チューブ
132、サイドインサート133、プレートコア134
から構成されており、これらの部材は耐強度性、耐腐食
性に優れるアルミニウム合金から形成されている。
【0018】薄肉の帯板材から波形に成形されたフィン
131と断面偏平状を成すチューブ132とは、互いに
上下方向に積層されており、上下の最外部には補強部材
としてのサイドインサート133が設けられている。各
チューブ132の左右長手方向の端部は、プレートコア
134に設けられたバーリング孔(図示せず)に嵌入さ
れ、これらが一体でろう付けされることでコア部130
が形成されている。
【0019】そして、プレートコア134と左右タンク
110、120との間に、図示しないシール部材として
のパッキンを介在させ、プレートコア134と左右タン
ク110、120とを機械的にかしめることでラジエー
タ100が形成されている。
【0020】次に、本発明の要部について図2を用いて
詳細説明する。
【0021】左タンク120の下側の端部121から所
定の間隔Lをあけて取付け座面122が設けられてお
り、端部121と取付け座面122との間には、複数の
板状リブ123で接続されるようにしている。そして取
付け座面122には、反タンク側と成る下側に向けて突
出する取付けピン124が設けられており、この取付け
ピン124が車両側のマウントブラケット220に取り
付けられたマウント部材210の孔211に嵌入される
ことで、ラジエータ100は車両に防振支持される。
【0022】車両走行時等に車両ダメージの少ない軽衝
突を起こした場合、当然のことながらその衝撃力は図2
(b)に示すように、車両前後方向(つまり車両進行方
向)の幅寸法がコア部130よりも大きいタンク120
の前方側から後方側に向けてまず作用する。ここで、板
状リブ123の内、後方側(図2(b)の左側)となる
部分には、衝撃力が集中する応力集中部125を成す切
欠き凹部125aが設けられている。
【0023】そして、板状リブ123の板厚Trはタン
ク120の板厚Ttよりも薄くなるようにしている。
【0024】次に上記構成による作動について説明す
る。
【0025】ラジエータ100としての作動は、周知の
ように左タンク110の入口パイプ115から流入した
冷却水がコア部130のチューブ132内を流通する際
に、外部の冷却空気と熱交換され冷却される。この時フ
ィン131により熱交換は促進される。そして冷却され
た冷却水は左タンク120の出口パイプ126から流出
する。
【0026】ところで、車両走行時に前方側で軽衝突を
起こした場合、衝撃力は図2(b)に示すタンク120
の前方側から後方側に付加され、マウント部材210に
嵌入されている上下の取付けピン124を支点にして曲
げモーメントが作用し、後方側に引張り応力を発生させ
る。この応力は予め設定した切欠き凹部125aに集中
し、この部位から割れが発生し、右タンク120よりも
板厚を薄く設けた板状リブ123側に亀裂が進行するよ
うに成る。
【0027】これにより、上記軽衝突が起きた時に右タ
ンク120からの水洩れを生ずることが無い。
【0028】そして、応力集中部125を切欠き凹部1
25aという形で設けているので、ラジエータ100と
しての基本的な耐振強度を確保し、且つ、容易に成形可
能なものとして対応できる。
【0029】更に、右タンク120と板状リブ123の
板厚の設定により板状リブ123側に亀裂を進行させる
ようにしており、複雑な形状設定を要さずに容易に右タ
ンク120と板状リブ123との剛性の差を持たすこと
ができる。
【0030】尚、左タンク110の上側の板状リブ12
3については説明を割愛したが、右タンク120に設け
た板状リブ123と同様のものとしている。
【0031】(第2実施形態)第2実施形態を図3に示
す。第2実施形態は、上記第1実施形態に対して応力集
中部125の形状を変更したものである。
【0032】ここでは、後方側の板状リブ123の右タ
ンク120の端部121との付根部123aを、右タン
ク120の車両前後方向(つまり車両進行方向)の幅a
の中に入るように接続して、応力集中部125を板状リ
ブ123と右タンク120との間で形成される段部12
5bとしている。
【0033】これにより、車両の軽衝突時に衝撃力によ
る引張り応力はこの段部125bに集中するように成
り、以下、上記第1実施形態と同様に割れが発生し、板
状リブ123側に亀裂が進行し、右タンク120からの
水洩れを防止できる。
【0034】(その他の実施形態)応力集中部125
は、図4に示すように板状リブ123の一部を薄肉にし
た薄肉部125cとしても同様の効果を得ることができ
る。
【0035】また、ラジエータ100は、上記クロスフ
ロータイプに限らず、図5に示すようにコア部130の
チューブ132内を流れる冷却水が上から下方向に向か
う所謂ダウンフロータイプのものに適用しても良い。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の第1実施形態の全体構成を示す正面図
である。
【図2】図1におけるA部の拡大図であり、(a)は正
面図、(b)は側面図である。
【図3】本発明の第2実施形態を示す(a)は正面図、
(b)は側面図である。
【図4】その他の変形例1を示す(a)は正面図、
(b)は側面図である。
【図5】その他の変形例2を示す(a)は正面図、
(b)は側面図である。
【符号の説明】
100 ラジエータ 110 左タンク(タンク) 120 右タンク(タンク) 121 端部 122 取付け座面 123 板状リブ 123a 付根部 124 取付けピン 125 応力集中部 125a 切欠き凹部 125b 段部 210 マウント部材 211 孔

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 ラジエータ(100)内を流通する冷却
    水の出入り口部を形成するタンク(110、120)
    と、 前記タンク(110、120)の上下方向の少なくとも
    一方の端部(121)から所定の間隔(L)をあけて形
    成される取付け座面(122)と、 前記端部(121)および前記取付け座面(122)の
    間を接続する複数の板状リブ(123)と、 前記取付け座面(122)から反タンク側に突出する取
    付けピン(124)とが樹脂材により一体で成形されて
    おり、 前記ラジエータ(100)は、車両の前方に配置され、
    前記取付けピン(124)が、車両側マウント部材(2
    10)の孔(211)に嵌入されて支持される車両用ラ
    ジエータの取付け構造おいて、 前記板状リブ(123)の車両進行方向に対する後方側
    の部分に、車両前方側から付加される前記ラジエータ
    (100)への衝撃力が集中する応力集中部(125)
    を設け、 且つ、前記板状リブ(123)の剛性を前記タンク(1
    10、120)の剛性よりも低くなるようにしたことを
    特徴とする車両用ラジエータの取付け構造。
  2. 【請求項2】 前記応力集中部(125)は、切欠き凹
    部(125a)としたことを特徴とする請求項1に記載
    の車両用ラジエータの取付け構造。
  3. 【請求項3】 前記応力集中部(125)は、前記板状
    リブ(123)の前記端部(121)との付根部(12
    3a)を、前記タンク(110、120)の車両進行方
    向に沿った幅(a)の中に入るように接続して、前記板
    状リブ(123)と前記タンク(110、120)との
    間で形成される段部(125b)としたことを特徴とす
    る請求項1に記載の車両用ラジエータの取付け構造。
  4. 【請求項4】 前記板状リブ(123)の剛性は、前記
    板状リブ(123)の板厚(Tr)を前記タンク(11
    0、120)の板厚(Tt)よりも薄くすることで、前
    記タンク(110、120)の剛性よりも低くなるよう
    にしたことを特徴とする請求項1に記載の車両用ラジエ
    ータの取付け構造。
JP2001017407A 2001-01-25 2001-01-25 車両用ラジエータの取付け構造 Expired - Fee Related JP4505997B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001017407A JP4505997B2 (ja) 2001-01-25 2001-01-25 車両用ラジエータの取付け構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001017407A JP4505997B2 (ja) 2001-01-25 2001-01-25 車両用ラジエータの取付け構造

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2002219951A true JP2002219951A (ja) 2002-08-06
JP4505997B2 JP4505997B2 (ja) 2010-07-21

Family

ID=18883621

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001017407A Expired - Fee Related JP4505997B2 (ja) 2001-01-25 2001-01-25 車両用ラジエータの取付け構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4505997B2 (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE10347679A1 (de) * 2003-10-09 2005-05-04 Behr Gmbh & Co Kg Wärmeübertrager für ein Kraftfahrzeug, insbesondere Kühlmittel/Luft-Kühler
JP2007533532A (ja) * 2004-04-23 2007-11-22 バイエリッシェ モートーレン ウエルケ アクチエンゲゼルシャフト 自動車両用の熱交換器並びにその製造方法
JP2011220154A (ja) * 2010-04-06 2011-11-04 Toyota Motor Corp 車両の制御装置
JP2012163298A (ja) * 2011-02-09 2012-08-30 Nissan Motor Co Ltd 自動車用ラジエータ
CN104691306A (zh) * 2014-12-31 2015-06-10 浙江吉利汽车研究院有限公司 混合动力汽车膨胀罐安装结构
JP2016210367A (ja) * 2015-05-13 2016-12-15 カルソニックカンセイ株式会社 熱交換器

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104129276A (zh) * 2014-07-22 2014-11-05 马勒贝洱热系统(济南)有限公司 一种车用冷却模块及其安装连接结构

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS646123U (ja) * 1987-06-26 1989-01-13
JPH08310258A (ja) * 1995-05-19 1996-11-26 Aichi Mach Ind Co Ltd ラジエータの取付構造

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS646123U (ja) * 1987-06-26 1989-01-13
JPH08310258A (ja) * 1995-05-19 1996-11-26 Aichi Mach Ind Co Ltd ラジエータの取付構造

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE10347679A1 (de) * 2003-10-09 2005-05-04 Behr Gmbh & Co Kg Wärmeübertrager für ein Kraftfahrzeug, insbesondere Kühlmittel/Luft-Kühler
US7172014B2 (en) 2003-10-09 2007-02-06 Behr Gmbh & Co. Kg Heat exchanger for a motor vehicle, in particular coolant/air cooler
JP2007533532A (ja) * 2004-04-23 2007-11-22 バイエリッシェ モートーレン ウエルケ アクチエンゲゼルシャフト 自動車両用の熱交換器並びにその製造方法
JP4724709B2 (ja) * 2004-04-23 2011-07-13 バイエリッシェ モートーレン ウエルケ アクチエンゲゼルシャフト 自動車両用の熱交換器並びにその製造方法
JP2011220154A (ja) * 2010-04-06 2011-11-04 Toyota Motor Corp 車両の制御装置
JP2012163298A (ja) * 2011-02-09 2012-08-30 Nissan Motor Co Ltd 自動車用ラジエータ
CN104691306A (zh) * 2014-12-31 2015-06-10 浙江吉利汽车研究院有限公司 混合动力汽车膨胀罐安装结构
CN104691306B (zh) * 2014-12-31 2017-03-08 浙江吉利汽车研究院有限公司 混合动力汽车膨胀罐安装结构
JP2016210367A (ja) * 2015-05-13 2016-12-15 カルソニックカンセイ株式会社 熱交換器

Also Published As

Publication number Publication date
JP4505997B2 (ja) 2010-07-21

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP1955903B1 (en) Bumper structure for automotive vehicle and vehicle provided therewith
US8910704B2 (en) Heat exchanger
US6758515B2 (en) Front end structure of vehicle with crushable zones for collision damage
JP2002219951A (ja) 車両用ラジエータの取付け構造
JP2007101158A (ja) 熱交換器
EP1760323A2 (en) Heat exchanger for motor vehicle
JP2004084488A (ja) 空冷式熱交換器用プロテクタ
JP2007216748A (ja) 車両用エアガイド
JP2007238047A (ja) ラジエータコアサポート構造
JP3799782B2 (ja) 車両用熱交換器装置
JPH08165928A (ja) 熱交換器用ファンシュラウド
JP4629451B2 (ja) クロスフロー型ラジエータ
JP2007056717A (ja) クーリングモジュール
JP4420689B2 (ja) 自動車のフロント構造
JPH08178556A (ja) 一体型熱交換器
JP2007009832A (ja) クーリングモジュール
KR101719638B1 (ko) 라디에이터와 팬 쉬라우드의 조립체
KR200409400Y1 (ko) 열교환기와 팬 쉬라우드의 결합구조
JP2020003190A (ja) 熱交換器
EP1921412A1 (en) Heat exchanger provided with improved side plates
JP2020066320A (ja) ラジエータプロテクタ
JP2001294029A (ja) 熱交換器
JPH10306994A (ja) 車両用熱交換器
KR100829884B1 (ko) 알루미늄 라디에이터
JP4572630B2 (ja) 熱交換器

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070510

RD01 Notification of change of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7421

Effective date: 20080509

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20090819

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090825

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20091022

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20100406

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20100419

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130514

Year of fee payment: 3

R151 Written notification of patent or utility model registration

Ref document number: 4505997

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R151

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130514

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140514

Year of fee payment: 4

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S802 Written request for registration of partial abandonment of right

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R311802

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees