JP2000210622A - 針状物篩分装置 - Google Patents

針状物篩分装置

Info

Publication number
JP2000210622A
JP2000210622A JP11015968A JP1596899A JP2000210622A JP 2000210622 A JP2000210622 A JP 2000210622A JP 11015968 A JP11015968 A JP 11015968A JP 1596899 A JP1596899 A JP 1596899A JP 2000210622 A JP2000210622 A JP 2000210622A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
cylindrical body
needle
perforated plate
sieving
raw material
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP11015968A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3022965B1 (ja
Inventor
Shozo Dan
昭三 団
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
KATSUOBUSHI NO KANEI KK
Original Assignee
KATSUOBUSHI NO KANEI KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by KATSUOBUSHI NO KANEI KK filed Critical KATSUOBUSHI NO KANEI KK
Priority to JP11015968A priority Critical patent/JP3022965B1/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3022965B1 publication Critical patent/JP3022965B1/ja
Publication of JP2000210622A publication Critical patent/JP2000210622A/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 花かつお、けずり節等の篩分原料から針状の
骨片を除去する。 【解決手段】 円周方向に長い長孔5を有する多孔板4
により円筒体1を形成し、円筒体1の中心軸6を傾斜さ
せて円筒体1の上部及び下部に設けたフランジ7及び9
を溝車13及び14によって支持し、ギャードモーター
17の軸に設けたピニオン18を円筒体1の周囲に設け
た環状ラックに噛合わせてこれを回転させ、円筒体1の
上端に設けた供給シュート19より篩分原料を円筒体1
内へ供給し、円筒体1の下端に設けた排出シュート21
より針状骨片が除かれた製品を取出し、円筒体1の外周
面の下方に設けた針状物排出シュート44により長孔5
を通過した骨片を捕集する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、粒状、薄片状など
の原料中に混在する針状物を篩分するものであり、特に
花かつお中に混在する骨片を除去しようとするものであ
る。
【0002】
【発明が解決しようとする課題】かつお節を削った花か
つおや、かつお以外の魚類の乾燥物を削った削りぶしで
は、針状の骨片の混入が嫌われる。本発明は、このよう
な針状骨片を除去しようとするものである。
【0003】
【課題を解決するための手段】本発明においては、一方
向に長い多数の長孔が穿孔されている多孔板を有する。
この多孔板は上記長孔にほぼ直交する方向に傾斜して支
持され、ほぼ上記長孔の方向に運動または振動が与えら
れている。花かつお等の篩分原料は上記多孔板上の上部
に供給され、上記多孔板上の下方から収集される。篩分
原料中に混在する骨片等の針状物は、上記長孔を通過し
て落下し、上記多孔板の下方で収集される。
【0004】
【作用】多孔板上の上部に供給された篩分原料は、多孔
板の傾斜と運動または振動とによって、多孔板上を徐々
に下方へ移動する。その間に原料中の針状物は、多孔板
の運動または振動の方向を向き、かつ多孔板の長孔がそ
の方向に長いため、この長孔を通過して下方へ落下す
る。従って多孔板上の下部からは、針状物が除去された
原料を収集することができる。
【0005】
【発明の実施の形態】上記多孔板は、平面状、ほぼ半円
形の樋状、円筒状等、適宜の形をなしていて、長孔にほ
ぼ直交する方向に傾斜している。多孔板が平面状または
樋状の場合は、これに与える運動または振動は、上記長
孔と同方向の揺動または振動であり、多孔板が円筒形を
なしている場合の運動は回転運動である。
【0006】
【実施例1】図1乃至図3において、1は円筒体で、そ
の上部及び下部はそれぞれ金属板2及び3で、中央部は
多孔金属板4で形成されている。多孔金属板4は、図1
(b)に示すように同一方向の多数の長孔5、5・・・
・が穿孔されており、これら長孔の方向は円筒体1の中
心軸6に直交する平面内にある。円筒体1の金属板2よ
りなる部分には、フランジ7及び環状ラック8が設けら
れ、金属板3よりなる部分にはフランジ9が設けられて
いる。
【0007】上面が傾斜した基台10上には、軸受構体
11、11及び12、12により溝車13、13及び1
4、14がそれぞれ支持され、フランジ7は溝車13、
13に置かれ、フランジ9は溝車14、14上に置かれ
ている。また、基台10上に軸受構体15、15により
支持された滑車16、16は、フランジ9の下方側面に
当接している。基台11上に取付けたギャードモーター
17の軸に設けたピニオン18は環状ラック8に噛み合
っている。
【0008】19は原料供給シュートで、基台10上に
腕20によって支持され、その下部は円筒体1内へその
上端の開口から導入されている。21は排出シュート
で、その上端に円筒体1の下端を包囲する袴部22を有
し、腕23によって基台10に支持されている。24は
円筒体1の多孔金属板部分4の下方に設けられた漏斗状
の針状物排出シュートで、基台10にその上面を貫通し
て取付けられている。
【0009】上述の装置において、ギャードモーター1
7を回転させると、円筒体1は中心軸6を中心として低
速で回転する。そこで、供給シュート19より花かつお
を連続的に供給すると、花かつおは攪拌されながら円筒
体1内を徐々に下方へ移動し、その間に針状の骨片は多
孔金属板の長孔5、5・・・・を通過して針状物排出シ
ュート24内へ落下し、骨片が除かれた花かつおのみが
円筒体1の下端に到達し、排出シュート21から取出さ
れる。
【0010】
【実施例2】図4乃至図6において、31は樋状の半円
筒体で、その大部分は図1(b)に示した多孔金属板4
によって構成され、両端は端板32、33によって塞が
れており、6は半円筒体31の中心軸を示す。端板3
2、33は中心軸6上に揺動軸34、35をそれぞれ有
し、これら揺動軸は基台36に設けた軸受37、38に
より、中心軸6を傾斜させて支持されている。
【0011】基台36の上端にはギャードモーター39
が取付けられ、その回転軸に設けたクランク円板40に
は偏心位置にクランク軸41が設けられている。一方端
板32にも適所にクランク軸42が存在し、クランク軸
41と42とは連結桿43によって結合されている。4
4は半円筒体31の下方に設けられた漏斗状の排出シュ
ートである。
【0012】上述の装置において、ギャードモーター3
9を回転させると、半円筒体31は軸6を中心に揺動運
動を行なう。そこでその上部に原料花かつおを投入する
と、原料は徐々に下方へ移動し、その間に針状骨片は長
孔5、5・・・・を通過して排出シュート44内へ落下
し、適当な容器に収用される。原料が半円筒体31の下
部に集まったら、シュート44の下方の容器を花かつお
用のものと交換し、クランク軸41、42間の連結桿4
3による結合を外して半円筒体31を180°回転させ
れば、骨片が除去された花かつおはシュート44を通っ
て花かつお用容器内へ移動される。
【0013】上述の実施例のほかに、平面状で図1
(b)に示したようなパターンの多孔板を有する平面篩
を用い、これを軸線6方向に傾斜させて支持し、かつ水
平方向に搖動または振動させることによって、篩の上部
に原料花かつおを供給し、これを徐々に篩下部へ移動さ
せながら多孔板の長孔より針状骨片を落下させ除去する
ようにすることも可能である。
【0014】
【発明の効果】以上のように、本発明によるときは、花
かつおや削り節などから針状の骨片を除去してその品位
を向上させることができるものであるが、例えば製茶工
程で針状に形が整った葉だけを篩分して取出し、その品
位を向上させる等、花かつおの篩分以外の用途にも使用
することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施例における一部を切除した側面
図である。
【図2】図1における中心軸6に直交する矢印X方向か
ら見た斜視図である。
【図3】図1における中心軸6に平行な矢印Y方向から
見た斜視図である。
【図4】本発明の別の実施例における一部を切除した側
面図である。
【図5】図4における中心軸6に直交する矢印X方向か
ら見た斜視図である。
【図6】図4における中心軸6に平行な矢印Y方向から
見た斜視図である。
【符号の説明】
1 円筒体 4 多孔金属板 5 長孔 6 中心軸 7 フランジ 8 環状ラック 9 フランジ 10 基台 13、14 溝車 16 滑車 17 ギャードモーター 18 ピニオン 19 原料供給シュート 21 排出シュート 24 針状物排出シュート 31 半円筒体 34、35 揺動軸 39 ギャードモーター 40 クランク円板 43 連結桿 44 排出シート

Claims (5)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 一方向に長い孔が多数穿孔されている多
    孔板と、この多孔板を上記長孔にほぼ直交する方向に傾
    斜させて支持する手段と、上記多孔板をほぼ上記長孔の
    方向に運動または振動させる手段と、上記の傾斜した多
    孔板の上方部分上に篩分原料を供給する手段と、上記多
    孔板の下方に位置し上記長孔を通過した針状物を収集す
    る手段と、上記の傾斜した多孔板の下方部分上より針状
    物が除去された原料を収集する手段とよりなる針状物篩
    分装置。
  2. 【請求項2】 上記多孔板は上記傾斜方向の中心軸を有
    する円筒体をなしており、上記運動の方向は上記中心軸
    の周りの回転運動であり、上記篩分原料の供給手段は上
    記円筒体内へその上端より篩分原料を供給するよう構成
    され、上記針状物収集手段は上記円筒体の下方に位置
    し、上記針状物が除去された原料の収集手段は上記円筒
    体の下端より排出される原料を捕集するよう構成されて
    いることを特徴とする請求項1記載の針状物篩分装置。
  3. 【請求項3】 上記円筒体はその外周面を上記中心軸に
    平行な回転軸を有する複数のローラーまたは車によって
    支持されていることを特徴とする請求項2記載の針状物
    篩分装置。
  4. 【請求項4】 上記円筒体はその外周に環状のラックを
    有し、回転原動機の軸に設けたピニオンが上記環状ラッ
    クに噛合っていることを特徴とする請求項2または3記
    載の針状物篩分装置。
  5. 【請求項5】 上記多孔板は上記傾斜方向の中心軸を有
    する円筒面の一部をなす樋状体をなし、その上下端には
    ほぼ半円形をなす端板を有し、これら端板は上記中心軸
    位置においてそれぞれ支持軸により揺動可能に支持され
    ており、かつこれら端板の一方はクランク機構を介して
    回転原動機に結合されており、篩分原料は上記樋状体の
    上部に供給すると共に上記針状物が上記原料は上記樋状
    体の下部より取出し、かつ上記長孔を通過した針状物を
    上記樋状体の下方で収集するよう構成されていることを
    特徴とする請求項1記載の針状物篩分装置。
JP11015968A 1999-01-25 1999-01-25 針状物篩分装置 Expired - Fee Related JP3022965B1 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11015968A JP3022965B1 (ja) 1999-01-25 1999-01-25 針状物篩分装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11015968A JP3022965B1 (ja) 1999-01-25 1999-01-25 針状物篩分装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP3022965B1 JP3022965B1 (ja) 2000-03-21
JP2000210622A true JP2000210622A (ja) 2000-08-02

Family

ID=11903524

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP11015968A Expired - Fee Related JP3022965B1 (ja) 1999-01-25 1999-01-25 針状物篩分装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3022965B1 (ja)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004089887A (ja) * 2002-08-30 2004-03-25 Ninben:Kk 削り節の異物除去方法及び異物除去装置
KR101367564B1 (ko) * 2011-09-02 2014-02-25 김연실 트롬멜장치
CN108554768A (zh) * 2018-05-07 2018-09-21 新乡市东振机械制造有限公司 一种建筑垃圾筛分滚筒
CN109127357A (zh) * 2018-11-01 2019-01-04 安徽省马道悠然电子商务有限公司 一种菊花筛选装置
CN109528316A (zh) * 2018-12-05 2019-03-29 丽水市人民医院 一种自体骨移植手术仪器
CN109528317A (zh) * 2018-12-05 2019-03-29 丽水市人民医院 一种骨质表面软组织去除装置
JP2019063755A (ja) * 2017-10-03 2019-04-25 日清製粉株式会社 小麦原料の製造方法及び小麦原料の製造装置
CN110037806A (zh) * 2018-12-17 2019-07-23 丽水市人民医院 用于骨移植手术的辅助器械

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102728541A (zh) * 2012-07-16 2012-10-17 马万尤 多向移动式筛土机

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004089887A (ja) * 2002-08-30 2004-03-25 Ninben:Kk 削り節の異物除去方法及び異物除去装置
KR101367564B1 (ko) * 2011-09-02 2014-02-25 김연실 트롬멜장치
JP2019063755A (ja) * 2017-10-03 2019-04-25 日清製粉株式会社 小麦原料の製造方法及び小麦原料の製造装置
JP7089856B2 (ja) 2017-10-03 2022-06-23 日清製粉株式会社 小麦原料の製造方法及び小麦原料の製造装置
CN108554768A (zh) * 2018-05-07 2018-09-21 新乡市东振机械制造有限公司 一种建筑垃圾筛分滚筒
CN109127357A (zh) * 2018-11-01 2019-01-04 安徽省马道悠然电子商务有限公司 一种菊花筛选装置
CN109528316A (zh) * 2018-12-05 2019-03-29 丽水市人民医院 一种自体骨移植手术仪器
CN109528317A (zh) * 2018-12-05 2019-03-29 丽水市人民医院 一种骨质表面软组织去除装置
CN109528317B (zh) * 2018-12-05 2021-07-09 丽水市人民医院 一种骨质表面软组织去除装置
CN109528316B (zh) * 2018-12-05 2021-08-03 丽水市人民医院 一种自体骨移植手术仪器
CN110037806A (zh) * 2018-12-17 2019-07-23 丽水市人民医院 用于骨移植手术的辅助器械

Also Published As

Publication number Publication date
JP3022965B1 (ja) 2000-03-21

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3022965B1 (ja) 針状物篩分装置
US4207943A (en) Countercurrent solid-to-solid heat transfer apparatus and method
JP2004508178A (ja) 物質の篩い、分級、選別、ろ過又は分別装置及び方法
CN1236865C (zh) 谷物筛选系统及带式筛选机
JP3155617U (ja) 横置き型トロンメル
RU2533214C2 (ru) Способ отделения табака от сигаретных отходов, устройство для отделения табака от сигаретных отходов и использование циркулярного вращающегося сита для отделения табака от сигаретных отходов
JP2013158742A (ja) 二重トロンメル
US3819050A (en) Feed distributor for screening machine
CA2205963C (en) Apparatus for sieving a particulate material
JPH0557247A (ja) 回転ふるい
CN113019895B (zh) 一种矿山筛料机
CN108246604A (zh) 一种半自动间歇进料式振动筛分装置
CN212328888U (zh) 一种建筑用筛沙装置
US6062394A (en) Modular wood particle screen
EP0170731B1 (en) Method and apparatus for releasing cut tobacco from cigarette
JP2001198525A (ja) 針状物篩分装置
JP2002336729A (ja) 回転網ドラム式ゴミ分別装置
JP2000354830A (ja) 篩い分け機
RU2195371C2 (ru) Центробежный сепаратор для разделения сыпучего материала
CN111283772B (zh) 一种中药饮片丹参的加工工艺
RU210022U1 (ru) Устройство очистки семян
CN213055567U (zh) 一种尼龙塑胶颗粒加工用的筛分装置
CN112474245B (zh) 建筑废弃物混杂料再生利用设备
JP4029009B2 (ja) 生葉の篩分装置
CN215836022U (zh) 花椒脱粒筛选机

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 19991130

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080114

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120114

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20160114

Year of fee payment: 16

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees