WO2006057137A1 - 流下雨水の濾過装置及びこれを用いた雨水貯留装置 - Google Patents

流下雨水の濾過装置及びこれを用いた雨水貯留装置 Download PDF

Info

Publication number
WO2006057137A1
WO2006057137A1 PCT/JP2005/020068 JP2005020068W WO2006057137A1 WO 2006057137 A1 WO2006057137 A1 WO 2006057137A1 JP 2005020068 W JP2005020068 W JP 2005020068W WO 2006057137 A1 WO2006057137 A1 WO 2006057137A1
Authority
WO
WIPO (PCT)
Prior art keywords
rainwater
chamber
valve
vertical pipe
storage
Prior art date
Application number
PCT/JP2005/020068
Other languages
English (en)
French (fr)
Inventor
Seiichiro Takai
Original Assignee
Totetu Mfg. Co. Ltd.
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2004339708A priority Critical patent/JP4180044B2/ja
Priority to JP2004-339708 priority
Application filed by Totetu Mfg. Co. Ltd. filed Critical Totetu Mfg. Co. Ltd.
Publication of WO2006057137A1 publication Critical patent/WO2006057137A1/ja

Links

Classifications

    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E03WATER SUPPLY; SEWERAGE
    • E03BINSTALLATIONS OR METHODS FOR OBTAINING, COLLECTING, OR DISTRIBUTING WATER
    • E03B3/00Methods or installations for obtaining or collecting drinking water or tap water
    • E03B3/02Methods or installations for obtaining or collecting drinking water or tap water from rain-water
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04DROOF COVERINGS; SKY-LIGHTS; GUTTERS; ROOF-WORKING TOOLS
    • E04D13/00Special arrangements or devices in connection with roof coverings; Protection against birds; Roof drainage; Sky-lights
    • E04D13/04Roof drainage; Drainage fittings in flat roofs, balconies or the like
    • E04D13/08Down pipes; Special clamping means therefor
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04DROOF COVERINGS; SKY-LIGHTS; GUTTERS; ROOF-WORKING TOOLS
    • E04D13/00Special arrangements or devices in connection with roof coverings; Protection against birds; Roof drainage; Sky-lights
    • E04D13/04Roof drainage; Drainage fittings in flat roofs, balconies or the like
    • E04D13/08Down pipes; Special clamping means therefor
    • E04D2013/0853Valves for controlling the rain water flow
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04DROOF COVERINGS; SKY-LIGHTS; GUTTERS; ROOF-WORKING TOOLS
    • E04D13/00Special arrangements or devices in connection with roof coverings; Protection against birds; Roof drainage; Sky-lights
    • E04D13/04Roof drainage; Drainage fittings in flat roofs, balconies or the like
    • E04D13/08Down pipes; Special clamping means therefor
    • E04D2013/086Filters
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02ATECHNOLOGIES FOR ADAPTATION TO CLIMATE CHANGE
    • Y02A20/00Water conservation; Efficient water supply; Efficient water use
    • Y02A20/108Rainwater harvesting
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T137/00Fluid handling
    • Y10T137/2496Self-proportioning or correlating systems
    • Y10T137/2559Self-controlled branched flow systems
    • Y10T137/265Plural outflows
    • Y10T137/2668Alternately or successively substituted outflow
    • Y10T137/267Control by filling auxiliary gravitating or float operating tank
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T137/00Fluid handling
    • Y10T137/2496Self-proportioning or correlating systems
    • Y10T137/2559Self-controlled branched flow systems
    • Y10T137/265Plural outflows
    • Y10T137/2668Alternately or successively substituted outflow
    • Y10T137/2673Control by filling outlet tank or receiver
    • Y10T137/2675Float controlled
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T137/00Fluid handling
    • Y10T137/6851With casing, support, protector or static constructional installations
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T137/00Fluid handling
    • Y10T137/6851With casing, support, protector or static constructional installations
    • Y10T137/6966Static constructional installations
    • Y10T137/6969Buildings
    • Y10T137/698Wall
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T137/00Fluid handling
    • Y10T137/7287Liquid level responsive or maintaining systems
    • Y10T137/7358By float controlled valve
    • Y10T137/7423Rectilinearly traveling float
    • Y10T137/7426Float co-axial with valve or port
    • Y10T137/7436Float rigid with valve
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T137/00Fluid handling
    • Y10T137/7722Line condition change responsive valves
    • Y10T137/7736Consistency responsive
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T137/00Fluid handling
    • Y10T137/7722Line condition change responsive valves
    • Y10T137/7837Direct response valves [i.e., check valve type]
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T137/00Fluid handling
    • Y10T137/8593Systems
    • Y10T137/86292System with plural openings, one a gas vent or access opening

Abstract

【課題】貯留槽の満水面より下方の比較的低所に設置し得る濾過装置を得る。 【解決手段】上側鉛直管21aの下部と下側鉛直管21bの上部が上下方向から取付けられ雨水流通室23とバルブ室24とを有するハウジング22と、雨水流通室とバルブ室との間を移動可能にハウジングに収納され雨水流通室で下側雨水孔23bを閉塞する比重1未満のボール弁29と、雨水流通室からバルブ室に至った雨水を貯留する収納室27と、ボール弁により塞がれてバルブ室を密閉可能な弁座用開口部24bと、上昇するボール弁を雨水流通室からバルブ室に案内する上側案内部材31と、下降するボール弁をバルブ室から雨水流通室に案内する下側案内部材32とを備える。弁座用開口部を介して出し入れ可能に構成された第1ストレーナ26が下側雨水孔に取外し可能に取付けられ、収納室に流入する雨水を濾過する第2ストレーナ33が収納室に取外し可能に取付けられる。

Description

明 細 書
流下雨水の濾過装置及びこれを用いた雨水貯留装置
技術分野
[0001] 本発明は、建物の屋根又は屋上に落下して流下する雨水に混入する異物を除去 する流下雨水の濾過装置及びこれを用いた雨水貯留装置に関するものである。 背景技術
[0002] 従来、雨水力 砂や微細な塵埃を除去してこれを貯留し、有効利用することが行わ れている。そして雨水から砂や塵埃を除去する雨水の濾過装置が提案されている( 例えば、特許文献 1参照。 ) oこの濾過装置は、外管とこの外管の中に設けられる内 管とからなり、この外管には鉛直部が形成され、外管の上端は雨樋に接続される。外 管の下端は下水道管渠に連通する集水桝に接続される。内管の上端の外周縁は上 記鉛直部の内周面と所定の間隔をおいて配置される。内管の下端は雨水の貯留槽 に接続される。外管の鉛直部の一部の内径が連続的に変化して形成され、内管の上 部の位置を上下方向に移動して上記所定の間隔を調整可能に構成される。内管の 上端近傍の外管には開口部が設けられ、この開口部には開口部を開閉可能な蓋が 設けられる。
[0003] この濾過装置では、雨樋力 流下する雨水は外管の鉛直部の内周面に付着したま ま層状に流下する。降雨強度 (mmZ時)が下水道管渠及び河川の流下能力を越え ない中小規模の降雨時には、鉛直部の内周面上を流下する雨水の層の厚みは内筒 上端の外周縁と鉛直部の内周面との間隔より小さいため、外管のみに流下し集水桝 を経由して下水道管渠に流れ、内管には流れない。
降雨強度が下水道管渠等の流下能力を越える大規模の降雨時には、鉛直部の内 周面上を流下する雨水の層の厚みは上記間隔より大きくなるため、内管にも雨水が 流下して雨水貯留槽に流入する。この結果、下水道管渠ゃ河川の流下能力を越える 降雨強度の時に限り雨樋力もの雨水を貯留槽に分流でき、簡単な構造で既存の雨 樋の僅かなスペースに設置でき、かつ雨樋力も入込む砂や微細な塵埃を除去して貯 留槽に雨水を導くようになって!/、る。 特許文献 1 :特開昭 64— 83738号公報 (特許請求の範囲、図 1)
発明の開示
発明が解決しょうとする課題
[0004] しかし、上述した従来の雨水濾過装置を用いて分流された雨水を貯留槽に貯留す る場合には、その濾過装置を貯留槽の満水面より上方に設けなければ分流された雨 水が自重により貯留槽まで達しないので、その濾過装置は比較的高所に取付けなけ ればならない不具合があった。そして濾過装置を高所に取付けると、その濾過装置 の点検は脚立等の台を用いて行うことを必要とし、日常点検が比較的困難になる問 題点があった。
本発明の目的は、貯留槽の満水面より下方の比較的低所に設置し得る流下雨水 の濾過装置及びこれを用いた雨水貯留装置を提供することにある。
課題を解決するための手段
[0005] 請求項 1に係る発明は、図 1に示すように、上側鉛直管 21aと上側鉛直管 21aと同 軸の下側鉛直管 21bの間に介装され上側鉛直管 21aを流下する雨水を濾過して下 側鉛直管 21bに案内する流下雨水の濾過装置 20である。
その特徴ある構成は、上側鉛直管 21aの下部と下側鉛直管 21bの上部が上下方 向から取付けられ上側鉛直管 21aと下側鉛直管 21bの間に介装される雨水流通室 2 3と雨水流通室 23に隣接するバルブ室 24とを有するハウジング 22と、雨水流通室 2 3の上部に形成され雨水流通室 23を上側鉛直管 21aに連通させて上側鉛直管 21a を流下する雨水を雨水流通室 23に流入させる上側雨水孔 23aと、雨水流通室 23の 下部に形成され雨水流通室 23を下側鉛直管 2 lbに連通させて雨水流通室 23に流 入した雨水を下側鉛直管 21bに流下させる下側雨水孔 23bと、雨水流通室 23とバル ブ室 24との間を移動可能にハウジング 22に収納され雨水流通室 23内の雨水が所 定量未満であって雨水流通室 23に位置するときに下側雨水孔 23bを閉塞する比重 1未満のボール弁 29と、バルブ室 24に連通してハウジング 22の下部に設けられ雨 水流通室 23からバルブ室 24に至った雨水を貯留する収納室 27と、収納室 27に対 向するハウジング 22の上部にバルブ室 24を開放するように形成され雨水流通室 23 内の雨水が所定量以上であってボール弁 29がバルブ室 24に位置するときボール弁 29により塞がれてバルブ室 24を密閉可能な弁座用開口部 24bと、雨水流通室 23に 設けられ雨水流通室 23で上昇するボール弁 29を雨水流通室 23からバルブ室 24に 案内する上側案内部材 31と、ノ レブ室 24に設けられバルブ室 24で下降するボール 弁 29をバルブ室 24から雨水流通室 23に案内する下側案内部材 32とを備えたことを 特徴とする。
[0006] この請求項 1に記載された流下雨水の濾過装置では、雨が降り始めた際には雨水 流通室 23内の雨水は所定量未満であるので、ボール弁 29は下側案内部材 32によ りバルブ室 24から雨水流通室 23に案内されることにより、その雨水流通室 23にあつ て下側雨水孔 23bを閉塞している。従って、雨が降り始めた際の初期雨水は比較的 多くの塵埃が含まれているけれども、この塵埃が比較的多く含まれる初期雨水が雨 水流通室 23から下側雨水孔 23bを介して下側鉛直管 21bに流下することを確実に 防止することができる。ここで、その初期雨水は雨水流通室 23からバルブ室 24を介 して収納室 27に流下してその収納室 27に貯留される。
[0007] 一方、その収納室 27が雨水で満たされた後には、雨水流入室 23及びバルブ室 24 に雨水が溜まり始め、その水位が上昇すると比重 1未満のボール弁 29が浮上して下 側雨水孔 23bが開放され、その後上側鉛直管 21aから流下する比較的塵埃の少な いきれいな雨水が雨水流通室 23からその下側雨水孔 23bを介して下側鉛直管 21b に流入する。そして、図 2に示すように、その水位が更に上昇するとボール弁 29は上 側案内部材 31により雨水流通室 23からバルブ室 24に案内され、弁座用開口部 24b を塞いでバルブ室 24を密閉する。このため、図 8に示すように、この濾過装置 20を貯 留槽 11の雨水取入口 11aより下方に位置させても、雨水が濾過装置 20における弁 座用開口部 24bから漏れ出すことはなぐその雨水を貯留槽 11に流入させることがで きる。
[0008] 請求項 2に係る発明は、請求項 1に係る発明であって、弁座用開口部 24bを介して 出し入れ可能に構成され雨水流通室 23の雨水を濾過して下側鉛直管 21bに流下さ せる第 1ストレーナ 26が下側雨水孔 23bに取外し可能に取付けられ、収納室 27がボ ール弁 29を収容可能に構成され、下側案内部材 32が折畳み可能に構成され伸長 状態でバルブ室 24で下降するボール弁 29をバルブ室 24から雨水流通室 23に案内 し折畳み状態でバルブ室 24と収納室 27間のボール弁 29の移動を許容するように構 成されたことを特徴とする。
この請求項 2に記載された流下雨水の濾過装置では、下側雨水孔 23bを介して下 側鉛直管 21bに流入する雨水に混入する異物を第 1ストレーナ 26により除去すること ができる。一方、第 1ストレーナ 26には異物が堆積するけれども、図 4に示すように、 下側案内部材 32を折り畳んでボール弁 29を収納室 27に落とし込めば、弁座用開口 部 24bを介して第 1ストレーナ 26を雨水流通室 23から取出すことができ、濾過装置 2 0を比較的低所の点検作業が容易な位置に設けることにより、その第 1ストレーナ 26 の点検が容易になる。
[0009] 請求項 3に係る発明は、請求項 2に係る発明であって、弁座用開口部 24bを介して 出し入れ可能に構成され雨水流通室 23からバルブ室 24を介して収納室 27に流入 する雨水を濾過する第 2ストレーナ 33が収納室 27に取外し可能に取付けられ、収納 室 27に流入した雨水を外部に排出する小径孔 27bが収納室 27の下部に設けられた ことを特徴とする。
この請求項 3に記載された流下雨水の濾過装置では、収納室 27に流入する初期 雨水に混入する異物を第 2ストレーナ 33により捕獲することができる。従って、この第 2ストレーナ 33には比較的多くの異物が堆積するけれども、図 3に示すように、下側 案内部材 32を折り畳めば弁座用開口部 24bを介して第 2ストレーナ 33を収納室 27 力も取出すことができ、濾過装置 20を比較的低所の点検作業が容易な位置に設け ることにより、その第 2ストレーナ 33の点検が容易になる。また、初期雨水に比較的多 く存在する塵埃により収納室 27は比較的汚れやすいけれども、その第 2ストレーナ 3 3を設けることによりその汚れを減少させることができる。更に、小径孔 27bを収納室 2 7の下部に設けるので、収納室 27に流入して貯留された初期雨水はその小径孔 27b から徐々に外部に排出され、雨がやんのだ後にまで収容室 27に雨水が貯留される ような事態を有効に回避することができる。
[0010] 請求項 4に係る発明は、請求項 2又は 3に係る発明であって、下側雨水孔 23bの内 周縁にリング状の突起 25が上方に突出して形成され、突起 25の上縁に第 1ストレー ナ 26の周縁が設置されて第 1ストレーナ 26が下側雨水孔 23bに取外し可能に取付 けられたことを特徴とする。
この請求項 4に記載された流下雨水の濾過装置では、雨が降り始めた際の比較的 塵埃を多く含む初期雨水を突起 25の周囲力もバルブ室 22を介して収納室 27に貯 留させることができる。そして、第 1ストレーナ 26を上方に持ち上げるだけの比較的簡 単な作業でその第 1ストレーナ 26を雨水流通室 23から取り出すことができ、その点検 作業を比較的容易にすることができる。
[0011] 請求項 5に係る発明は、図 8に示すように、請求項 1ないし 4いずれか 1項に記載さ れた濾過装置 20と、濾過装置 20より上方に雨水取入口 11aを有する雨水貯留槽 11 aと、下側鉛直管 21bの下端に一端が接続され他端が雨水取入口 11aに接続された 雨水案内管 16とを備え、上側鉛直管 21aの上端が雨水取入口 11aより上方に位置 するように構成された雨水貯留装置である。
この請求項 5に記載された雨水貯留装置では、濾過装置 20で濾過されて下側鉛 直管 21b及び雨水案内管 16の各内部に溜まった雨水は、その水位が上昇して雨水 取入口 1 laに達することによりその取入口 1 laから貯留槽 11の内部に流入して貯留 され、必要に応じて取出すことにより利用することができる。
[0012] 請求項 6に係る発明は、請求項 5に係る発明であって、上側鉛直管 21a及び下側 鉛直管 21b及び雨水案内管 16の各内部に存在する雨水を外部に排出可能なドレン バルブ 17が下側鉛直管 21b又は雨水案内管 16に設けられた雨水貯留装置である。 この請求項 6に記載された雨水貯留装置では、濾過装置 20により大半の塵埃は除 去されるものの、長期的にこの濾過装置 20を使用すると、この濾過装置 20をわずか ながら通過した異物が沈降して下側鉛直管 21b及び雨水案内管 16の各内部に沈殿 するおそれがある。このため、下側鉛直管 21b及び雨水案内管 16の各内部は所定 期間毎に洗浄する必要がある。この請求項 6に係る雨水貯留装置では、ドレンバル ブ 17を開放することにより下側鉛直管 21b及び雨水案内管 16の各内部に水を流通 させることができ、この内部に水を流通させることにより、下側鉛直管 21b及び雨水案 内管 16の各内部に沈殿した異物を外部に容易に排出させることができる。
[0013] 請求項 7に係る発明は、請求項 5又は 6に係る発明であって、図 9に示すように、下 側鉛直管 21bの下端又は雨水案内管 16に雨水案内管 16から下側鉛直管 21bに向 力う雨水流を防止するように構成された逆流防止弁 41が設けられた雨水貯留装置で ある。
この請求項 7に係る雨水貯留装置では、下側鉛直管 21bから濾過装置 20を経て上 側鉛直管 21aに連通している雨水案内管 16の一端側の水位が、雨水貯留槽 11に 連通している雨水案内管 16の他端側の水位より低くなつたとしても、雨水案内管 16 から下側鉛直管 21bに雨水が逆流しないので、雨水取入口 11aを雨水貯留槽 11の 低位置、例えば底の近くに取付けることが可能になり、その雨水取入口 11aに他端が 接続されて地表に表出する雨水案内管 16を短くして装置全体の美感を向上させるこ とがでさる。
発明の効果
[0014] 本発明の流下雨水の濾過装置では、雨水流通室とバルブ室とを有するハウジング と、雨水流通室とバルブ室との間を移動可能にハウジングに収納され雨水流通室に 位置するときに下側雨水孔を閉塞する比重 1未満のボール弁と、雨水流通室からバ ルブ室に至った雨水を貯留する収納室と、ボール弁がバルブ室に位置するときボー ル弁により塞がれてバルブ室を密閉可能な弁座用開口部と、上昇するボール弁を雨 水流通室からバルブ室に案内する上側案内部材と、下降するボール弁をバルブ室 力 雨水流通室に案内する下側案内部材とを備えたので、ボール弁が下側雨水孔 を閉塞して塵埃が比較的多く含まれる初期雨水が雨水流通室から下側鉛直管に流 下することを確実に防止することができる。初期雨水で収納室が満たされた後におい てボール弁が浮上し、その後上側鉛直管力 流下する比較的塵埃の少な 、きれ!/、 な雨水を下側雨水孔を介して下側鉛直管に流入させることができる。
[0015] 一方、水位が上昇するとボール弁は弁座用開口部を塞いでバルブ室を密閉する。
このため、この濾過装置を貯留槽の雨水取入口より下方に位置させても、雨水が濾 過装置における弁座用開口部から漏れ出すことはなぐその雨水を貯留槽に流入さ せることができる。そして、第 1ストレーナを下側雨水孔に取外し可能に取付ければ、 下側雨水孔を介して下側鉛直管に流入する雨水に混入する異物を第 1ストレーナに より除去することができ、第 2ストレーナを収納室に取外し可能に取付ければ、初期雨 水に混入する異物を第 2ストレーナにより捕獲することができる。更に、この第 1及び 第 2ストレーナを弁座用開口部を介して取外し可能に取付けることによりその点検作 業を容易に行うことができる。
また、このような濾過装置と、濾過装置より上方に雨水取入口を有する雨水貯留槽 と、下側鉛直管の下端に一端が接続され他端が雨水取入口に接続された雨水案内 管とを備え、上側鉛直管の上端が雨水取入口より上方に位置するように構成された 雨水貯留装置では、濾過装置で濾過されて下側鉛直管及び雨水案内管の各内部 に溜まった雨水は、その水位が上昇して雨水取入口に達することによりその取入口 力 貯留槽の内部に流入して貯留され、必要に応じて取出すことにより利用すること ができる。
図面の簡単な説明
[0016] [図 1]本発明実施形態の濾過装置の構造を示す図 5の A— A線断面図である。
[図 2]そのボール弁が弁座用開口部を塞 ヽでバルブ室を密閉した状態を示す図 1に 対応する断面図である。
[図 3]その下側案内部材を折り畳んだ状態を示す図 1に対応する断面図である。
[図 4]そのボール弁が収納室に落とし込まれた状態を示す図 1に対応する断面図で ある。
[図 5]図 8に示す雨水貯留装置に用 、られた濾過装置の C C線断面図である。
[図 6]大径孔が中央孔の軸心に直交する排水バルブを示す図 1の D部拡大断面図で ある。
[図 7]大径孔が中央孔の軸心に合致する排水バルブを示す図 6に対応する断面図で ある。
[図 8]その濾過装置を用いた雨水貯留装置の構成図である。
[図 9]その濾過装置を用いた別の雨水貯留装置の構成図である。
符号の説明
[0017] 10 雨水貯留装置
11 雨水貯留槽
11a 雨水取入口
16 雨水案内管 17 ドレンバルブ
20 濾過装置
21a 上側鉛直管
21b 下側鉛直管
22 ハウジング
23 雨水流通室
23a 上側雨水孔
23b 下側雨水孔
24 バルブ室
24b 弁座用開口部
25 突起
26 第 1ストレーナ
27 収納室
27b 小径孔
29 ボール弁
31 上側案内部材
32 下側案内部材
33 第 2ストレーナ
41 逆流防止弁
発明を実施するための最良の形態
次に本発明を実施するための最良の形態を図面に基づいて説明する。
図 8に示すように、本発明の雨水貯留装置 10は、雨水を貯留するための雨水貯留 槽 11と、その雨水貯留槽 11に雨水を供給するための雨水流入管 12と、その雨水流 入管 12の下端に上端が接続された上側鉛直管 21aと、この上側鉛直管 21aと同軸 の下側鉛直管 21bと、上側鉛直管 21aと下側鉛直管 21bとの間に介装された流下雨 水の濾過装置 20とを備える。図における雨水流入管 12は家屋 13の屋根 13aの縁に 設けられた雨樋 14に上端が接続された筒状物であり、家屋 13の屋根 13aに落ちた 雨が雨樋 14に流入して集められ、集められた雨水は雨樋 14から雨水流入管 12に進 入し、上側鉛直管 21aに流下するように構成される。そして、濾過装置 20は上側鉛 直管 21 aを流下する雨水を濾過して下側鉛直管 2 lbに案内するものであり、下側鉛 直管 21bの下端と貯留槽 11とは雨水案内管 16により接続される。
[0019] 図 1〜図 5に示すように、濾過装置 20は、上側鉛直管 21aの下部と下側鉛直管 21 bの上部が上下方向から取付けられたノ、ウジング 22を備える。ハウジング 22は上方 力も見た場合に長径が鉛直管 21a, 21bの外径の略 2倍であって短径が鉛直管 21a , 21bの外径より僅かに大きな長円形状を有する大きさに形成され (図 5)、榭脂成型 品からなる上蓋 22aと下蓋 22bの周囲を嵌着することにより作られる。ハウジング 22の 一方の端の上部には上側鉛直管 21aの下部が挿入される上短管 22cが設けられ、 その上短管 22cに対向するハウジング 22の一方の端の下部には下側鉛直管 21bの 上部が嵌入する下短管 22dが設けられる。この上短管 22cに上側鉛直管 21aの下部 を挿入し下短管 22dに下側鉛直管 21bの上部を嵌入させることによりそれらがハウジ ング 22に上下方向から取付けられる。そして、ハウジング 22の内部には上側鉛直管 21aと下側鉛直管 21bの間に介装される雨水流通室 23とその雨水流通室 23に隣接 するバルブ室 24が形成される。
[0020] 図 1〜図 4に示すように、雨水流通室 23の上部には、その雨水流通室 23を上側鉛 直管 21aに連通させて上側鉛直管 21aを流下する雨水を雨水流通室 23に流入させ る上側雨水孔 23aが形成される。一方、雨水流通室 23の下部には、その雨水流通 室 23を下側鉛直管 21bに連通させて雨水流通室 23に流入した雨水を下側鉛直管 2 lbに流下させる下側雨水孔 23bが形成される。下側雨水孔 23bの内周縁にはリング 状の突起 25が上方に突出して形成され、この突起 25の上縁に第 1ストレーナ 26の 周縁が設置されてその第 1ストレーナ 26が下側雨水孔 23bに取外し可能に取付けら れる。この実施の形態における第 1ストレーナ 26は金網を有底円筒状に成形したも のであって、有底円筒状のストレーナ 26の外径はリング状の突起 25の内径よりわず 力に小さくなるように形成され、ストレーナ 26の開口部周縁には突起 25の上端に設 置可能なフランジ 26aが形成される。このストレーナ 26では、そのフランジ 26aを突起 25に設置して、有底筒部を下側雨水孔 23bに挿入することにより、下側雨水孔 23b に取外し可能に取付けられる。 [0021] 一方、ハウジング 22の他方の端の下部には下短管 22dに隣接して他短管 22eが設 けられる。この他短管 22eには内部が収納室 27を形成する有底筒状の収納ケース 2 7aが下方力も嵌着されて、その収納ケース 27aがハウジング 22の下部に設けられる 。バルブ室 24の下部にはこのバルブ室 24を収納室 27に連通させて雨水流通室 23 力 バルブ室 24に至った雨水を収納室 27に更に流下させてその収納室 27に貯留 させる流入孔 24aが形成される。そして収納室 27の底部にはこの収納室 27に流入し た雨水を排出する排水バルブ 28とその雨水を僅かながら排出させる小径孔 27bが 設けられる。
[0022] 小径孔 27bは断面円形であってその直径が 0. 8〜1. 5mmの孔である。この小径 孔 27bは、収納室 27に流入して貯留された初期雨水を徐々に外部に排出し、雨が やんのだ後にこの収納室 27を空にし、雨が止んだ後まで収容室 27に雨水が貯留さ れるような事態を回避するためのものである。このため、この濾過装置 20では、この 小径孔 27bの存在により、ー且雨が止んだ後に再び雨が降った場合における初期雨 水を収納室 27に確実に貯留させることができるように構成される。但し、この小径孔 2 7bは比較的詰まりやすいので、その詰まりを防止するために、小径孔 27bを上側から 覆う縦長の網 27cが収納室 27に設けられる。この網 27cは縦長にすることによりその 濾過面積を拡大させ網 27cの目詰まりを防止するように構成される。
[0023] 図 6及び図 7に示すように、排水バルブ 28は、筒体 28aとその筒体 28aの下側雨水 孔 28bを遮断してかつ回転可能に設けられた回転弁 28cとを備える。下側雨水孔 28 bは断面円形であってその直径が 8〜15mmの孔である。回転弁 28cには下側雨水 孔 28bと同一の孔径の大径孔 28dが形成される。この排水バルブ 28は、回転弁 28c を回転させて図 6に示すように大径孔 28dの軸心を下側雨水孔 28bの軸心と直交さ せることにより貯留室 27に流入した雨水をその貯留室 27に貯留させるとともに、回転 弁 28cを回転させて図 7に示すように大径孔 28dの軸心を下側雨水孔 28bの軸心に 合致させることにより、貯留室 27に貯留された雨水をこの大径孔 28dを介して比較的 速やかに外部に排出させるように構成される。
[0024] 図 1〜図 4に戻って、ハウジング 22には、雨水流通室 23とバルブ室 24との間を移 動可能なボール弁 29が収納される。このボール弁 29は比重が 1未満のボールから なる弁であって、そのボール弁 29により塞がれてバルブ室 24を密閉可能な弁座用 開口部 24bが収納室 27に対向するハウジング 22の上部にバルブ室 24を開放するよ うに形成される。弁座用開口部 24bの縁にはパッキン 30が嵌着され、ボール弁 29は 雨水流通室 23内の雨水が所定量以上である場合にバルブ室 24内を浮上してパッ キン 30に当接し、これによりボール弁 29は弁座用開口部 24bを塞いでそのバルブ室 24を密閉するように構成される。そして、弁座用開口部 24bは第 1ストレーナ 26が挿 通可能な大きさに形成され、ハウジング 22の上面にはこの弁座用開口部 24bを覆う ように蓋体 22fが取外し可能に設置され、蓋体には作業員が把持するつまみ部 22g が形成される。
[0025] また、雨水流通室 23には、この雨水流通室 23で上昇するボール弁 29をその雨水 流通室 23からバルブ室 24に案内する上側案内部材 31が設けられ、バルブ室 24に は、このバルブ室 24で下降するボール弁 29をそのバルブ室 24から雨水流通室 23 に案内する下側案内部材 32が設けられる。上側案内部材 31は、雨水流入室 23の 上部にその雨水流入室 23を横断してバルブ室 24に向力つて上方になるように傾斜 する板材である(図 5)。一方、下側案内部材 32は、バルブ室 24の下部にそのバル ブ室 24を横断して雨水流入室 23に向力つて下方になるように傾斜する板材であつ て、折畳み可能に構成される。この下側案内板 32は、伸長状態でバルブ室 24で下 降するボール弁 29をバルブ室 24から雨水流通室 23に案内し、折畳み状態でバル ブ室 24と収納室 27間のボール弁 29の移動を許容するように構成される。
[0026] 収納室 27はボール弁 29を収容可能に構成され、バルブ室 24から収納室 27に流 入する雨水を濾過する有底筒状の第 2ストレーナ 33が収納室 27に取外し可能に取 付けられる。この第 2ストレーナ 33は弁座用開口部 24bを揷通可能に形成される。こ の実施の形態では、収納室 27を上下に仕切る水平の平板 34が設けられ、この平板 34に形成された中央孔 34aに第 2ストレーナ 33が取外し可能に取付けられる。この 第 2ストレーナ 33は金網を有底円筒状に成形したものであって、その外径は中央孔 3 4aの内径よりわずかに小さくなるように形成され、第 2ストレーナ 33の開口部周縁に は中央孔 34aの孔縁に設置可能なフランジ 33aが形成される。この第 2ストレーナ 33 では、有底筒部を中央孔 34aに挿入してそのフランジ 33aを中央孔 34aの孔縁に設 置することにより、その収納室 27に取外し可能に取付けられる。
図 8に示すように、雨水貯留槽 11の上部側壁には雨水取入口 11aが形成され、そ の雨水取入口 11aは濾過装置 20より上方に形成される。上側鉛直管 21aの上端は 雨水取入口 11aより上方に位置するように構成される。また、下側鉛直管 21bの下端 には雨水案内管 16の一端が接続され、雨水案内管 16の他端は雨水取入口 1 laに 接続される。従って、上側鉛直管 21a,下側鉛直管 21b及び雨水案内管 16の各内 部に雨水が溜まる事態が生じうるため、この上側鉛直管 21a,下側鉛直管 21b及び 雨水案内管 16の各内部に存在する雨水を外部に排出可能なドレンバルブ 17が鉛 直管 21の下端に設けられる。
[0027] 次にこのように構成された雨水貯留装置の動作を説明する。
雨が家屋 13の屋根 13aに降ると、雨はその屋根 13aの傾斜に沿って流れて雨樋 1 4に流入して集められる。集められた雨水は雨樋 14から雨水流入管 12に進入してそ の雨水流入管 12の内部を流下し、上側鉛直管 21aから濾過装置 20に達する。雨が 降り始めの濾過装置 20では、雨水流通室 23内の雨水が所定量未満であるので、図 1に示すように、ボール弁 29は下側案内部材 32によりバルブ室 24から雨水流通室 2 3に案内され、その雨水流通室 23にあって下側雨水孔 23bを閉塞する。従って、上 側鉛直管 21aから雨水流入室 23に雨水が流入し、雨が降り始めた際の初期雨水の 大部分はリング状の突起 25の周面により受けられ、バルブ室 24に導かれて更に収 納室 27に流下する。よって、雨が降り始めた際の初期雨水は比較的多くの塵埃が含 まれて 、るけれども、この塵埃が比較的多く含まれる初期雨水が雨水流通室 23から 下側雨水孔 23bを介して下側鉛直管 21bに流下することを確実に防止することがで きる。ここで、初期雨水に含まれる比較的多くの塵埃は、収納室 27に設けられた第 2 ストレーナ 33に補足され、濾過された雨水が収納室 27の底部に至り、この収納室 27 に貯留される。
[0028] 雨が降り続いて雨水流入管 12の内部を流下する雨水の量が収納室 27に形成され た小径孔 27bから外部に排出される量を超えて増加すると、収納室 27を越えて雨水 流入室 23及びバルブ室 24に雨水が溜まり始め、その水位がリング状の突起 25の上 端を越えると比重 1未満のボール弁 29は浮上し、その後上側鉛直管 21aから流下す る比較的塵埃の少ないきれいな雨水が雨水流通室 23からその下側雨水孔 23bを介 して下側鉛直管 21bに流入する。ここで、下側雨水孔 23bにはその下側雨水孔 23b を塞ぐように第 1ストレーナ 26が取付けられているので、下側雨水孔 23bを介して下 側鉛直管 21bに流入する雨水から、このストレーナ 26により混入する異物が除去され る。
[0029] 一方、雨水流入管 12の内部を流下する雨水の量が増加すると、バルブ室 24の内 部に雨水が溜まってその水位が上昇し、雨水流通室 23の内部でボール弁 29が浮 上する。図 2に示すように、雨水流通室 23で浮上するボール弁 29は上側案内部材 3 1により雨水流通室 23からバルブ室 24に案内され、バルブ室 24にお 、て弁座用開 口部 24bに下方から当接してバルブ室 24を密閉する。従って、図 8に示すように、濾 過装置 20を貯留槽 11の雨水取入口 11aより下方に位置させても、雨水が貯留槽 11 に流入せずにこのノ レブ室 24における弁座用開口部 24bから外部に排出されるよう な事態は回避される。そして、上側鉛直管 21a、下側鉛直管 21b及び雨水案内管 16 の各内部に溜まった雨水の水位が上昇して雨水取入口 11aに達した時点で雨水が その取入口 1 laから貯留槽 11の内部に流入して貯留される。貯留槽 11に貯留され た雨水は蛇口 1 lbから必要に応じて取出して散水や洗車用水等として利用すること ができる。ここで、上側鉛直管 21aの上端は雨水取入口 11aより上方に位置するので 、雨水が貯留槽 11に流入せずに上側鉛直管 21aの上端力 外部に排出されるよう な事態は回避される。
[0030] ここで、濾過装置 20の第 1及び第 2ストレーナ 26, 33には除去した異物が堆積する 。このため、所定期間毎にこれらのストレーナ 26, 33を取出して洗浄する必要がある 。これらのストレーナ 26, 33の取出しに際しては、雨の降っていないときに蓋体 22fを 取外して弁座用開口部 24bを出現させる。すると、ボール弁 29は下側案内部材 32 により案内されて雨水流通室 23にあって下側通水孔 23bを塞いでいるので弁座用 開口部 24bは開放されている。このため、図 3に示すように、この弁座用開口部 24b を介して下側案内部材 32を折り畳めば、弁座用開口部 24bを介して第 2ストレーナ 3 3を収納室 27から取出すことができる。また、下側案内部材 32を折り畳んで下側通 水孔 23bを塞いでいるボール弁 29を収納室 27に落とし込みめば、弁座用開口部 24 bを介して第 1ストレーナ 36を雨水流通室 23から取出すことができる。このため、第 1 及び第 2ストレーナ 26, 33のハウジング 22からの取り出しが容易であり、その点検及 び清掃を比較的容易に行うことができる。
[0031] 一方、雨の降った直後であって、蓋体 24fを取外した段階でボール弁 29が弁座用 開口部 24bを塞いでいたならば、排水バルブ 28の回転弁 28cを回転させて図 7に示 すように大径孔 28dの軸心を下側雨水孔 28bの軸心に合致させる。そして、収納室 2 7内部の雨水を速やかに外部に排出させて弁座用開口部 24bを開放させ、この開口 部 24bを介して第 1及び第 2ストレーナ 26, 33を取出すことができる。また、排水バル ブ 28を開放すれば収納室 27内部の雨水をその収納室 27に存在する塵埃とともに 外部に排出させることができる。更に、降雨後にある程度の時間が経過している場合 には、収納室 27の雨水は小径孔 27bから外部に排出され、その収納室 27は空にな つているので、弁座用開口部 24bからバケツ又は如雨露等を用いてその収納室 27 に水を流し込み、排水バルブ 28を開放することにより塵埃を雨水とともの外部に排出 させることがでさる。
[0032] なお、上述した実施の形態では、上部側壁に雨水取入口 1 laが形成された雨水貯 留槽 11で構成される雨水貯留装置を説明したが、図 9に示すように、雨水取入口 11 aは雨水貯留槽 11の下部側壁に形成してもよい。但し、この場合、雨水貯留槽 11の 内部における雨水の水位が濾過装置 20より高い時には、雨水が雨水取入口 11aか ら雨水案内管 16に逆流し、濾過装置 20における小径孔 27bを通って外部に流出す ることになる。このため、下側鉛直管 21bの下端又は雨水案内管 16に雨水案内管 16 力 下側鉛直管 21bに向力 雨水流を防止するように構成された逆流防止弁 41を設 けることを必要とする。図 9に示す逆流防止弁 41は中央に丸孔 41bが形成された弁 座 41aと、弁座 41aより下方に設けられ丸孔 41bを封止可能なボール弁 41cとを備え 、ボール弁 41cが丸孔 41bを封止することにより雨水案内管 16から下側鉛直管 21b に向力う雨水流を防止するように構成される。このように逆流防止弁 41を設ければ、 雨水取入口 11aを雨水貯留槽 11の低位置、例えば底の近くに取付けることが可能 になる。そして雨水取入口 11aを雨水貯留槽 11の低位置にすれば、その雨水取入 口 11aに他端が接続されて地表に表出する雨水案内管 16を短くすることができ、こ の雨水案内管 16が比較的長く視認されることを防止して装置全体の美感を向上させ ることがでさる。
[0033] また、上述した実施の形態では、雨樋 14に接続された雨水流入管 12の下端を上 側鉛直管 21aの上端に接続する場合を示したが、雨樋 14に直接上側鉛直管 21aの 上端を接続しても良い。
更に、上述した実施の形態では、金網を有底円筒状に成形した第 1及び第 2ストレ ーナ 26, 33を説明したが、第 1及び第 2ストレーナ 26, 33は、雨水を濾過可能であ れば、例えば榭脂からなる網を袋状に形成したものであっても良い。特に、柔軟性を 有する榭脂により第 1及び第 2ストレーナ 26, 33を形成すれば、第 1及び第 2ストレー ナ 26, 33を変形させた状態で弁座用開口部 24bから出し入れさせることが可能にな り、その設計の自由度を向上させることができる。
産業上の利用可能性
[0034] 貯留槽の満水面より下方の比較的低所に流下雨水の濾過装置を設置することがで きる。

Claims

請求の範囲
上側鉛直管 (21a)と前記上側鉛直管 (21a)と同軸の下側鉛直管 (21b)の間に介装され 前記上側鉛直管 (21a)を流下する雨水を濾過して前記下側鉛直管 (21b)に案内する 流下雨水の濾過装置 (20)であって、
前記上側鉛直管 (21a)の下部と前記下側鉛直管 (21b)の上部が上下方向から取付 けられ前記上側鉛直管 (21a)と前記下側鉛直管 (21b)の間に介装される雨水流通室 (2 3)と前記雨水流通室 (23)に隣接するバルブ室 (24)とを有するハウジング (22)と、 前記雨水流通室 (23)の上部に形成され前記雨水流通室 (23)を前記上側鉛直管 (21 a)に連通させて前記上側鉛直管 (21a)を流下する雨水を前記雨水流通室 (23)に流入 させる上側雨水孔 (23a)と、
前記雨水流通室 (23)の下部に形成され前記雨水流通室 (23)を前記下側鉛直管 (21 b)に連通させて前記雨水流通室 (23)に流入した雨水を前記下側鉛直管 (21b)に流下 させる下側雨水孔 (23b)と、
前記雨水流通室 (23)と前記バルブ室 (24)との間を移動可能に前記ハウジング (22)に 収納され前記雨水流通室 (23)内の雨水が所定量未満であって前記雨水流通室 (23) に位置するときに前記下側雨水孔 (23b)を閉塞する比重 1未満のボール弁 (29)と、 前記バルブ室 (24)に連通して前記ハウジング (22)の下部に設けられ前記雨水流通 室 (23)力 前記バルブ室 (24)に至った雨水を貯留する収納室 (27)と、
前記収納室 (27)に対向するハウジング (22)の上部に前記バルブ室 (24)を開放するよ うに形成され前記雨水流通室 (23)内の雨水が所定量以上であって前記ボール弁 (29) が前記バルブ室 (24)に位置するとき前記ボール弁 (29)により塞がれて前記ノ レブ室( 24)を密閉可能な弁座用開口部 (24b)と、
前記雨水流通室 (23)に設けられ前記雨水流通室 (23)で上昇する前記ボール弁 (29) を前記雨水流通室 (23)力 前記バルブ室 (24)に案内する上側案内部材 (31)と、 前記バルブ室 (24)に設けられ前記バルブ室 (24)で下降する前記ボール弁 (29)を前 記バルブ室 (24)力 前記雨水流通室 (23)に案内する下側案内部材 (32)と
を備えたことを特徴とする流下雨水の濾過装置。
弁座用開口部 (24b)を介して出し入れ可能に構成され雨水流通室 (23)の雨水を濾 過して下側鉛直管 (21b)に流下させる第 1ストレーナ (26)が下側雨水孔 (23b)に取外し 可能に取付けられ、収納室 (27)がボール弁 (29)を収容可能に構成され、下側案内部 材 (32)が折畳み可能に構成され伸長状態でバルブ室 (24)で下降する前記ボール弁( 29)を前記バルブ室 (24)から雨水流通室 (23)に案内し折畳み状態で前記バルブ室 (24 )と前記収納室 (27)間の前記ボール弁 (29)の移動を許容するように構成された請求項 1記載の流下雨水の濾過装置。
[3] 弁座用開口部 (24b)を介して出し入れ可能に構成され雨水流通室 (23)力もバルブ 室 (24)を介して収納室 (27)に流入する雨水を濾過する第 2ストレーナ (33)が前記収納 室 (27)に取外し可能に取付けられ、前記収納室 (27)に流入した雨水を外部に排出す る小径孔 (27b)が前記収納室 (27)の下部に設けられた請求項 2記載の流下雨水の濾 過装置。
[4] 下側雨水孔 (23b)の内周縁にリング状の突起 (25)が上方に突出して形成され、前記 突起 (25)の上縁に第 1ストレーナ (26)の周縁が設置されて前記第 1ストレーナ (26)が前 記下側雨水孔 (23b)に取外し可能に取付けられた請求項 2又は 3記載の流下雨水の 濾過装置。
[5] 請求項 1な!ヽし 4 ヽずれか 1項に記載された濾過装置 (20)と、
前記濾過装置 (20)より上方に雨水取入口 (11a)を有する雨水貯留槽 (11a)と、 下側鉛直管 (21b)の下端に一端が接続され他端が前記雨水取入口 (11a)に接続さ れた雨水案内管 (16)とを備え、
上側鉛直管 (21a)の上端が前記雨水取入口 (11a)より上方に位置するように構成され た雨水貯留装置。
[6] 上側鉛直管 (21a)及び下側鉛直管 (21b)及び雨水案内管 (16)の各内部に存在する雨 水を外部に排出可能なドレンバルブ (17)が前記下側鉛直管 (21b)又は前記雨水案内 管 (16)に設けられた請求項 5記載の雨水貯留装置。
[7] 下側鉛直管 (21b)の下端又は雨水案内管 (16)に前記雨水案内管 (16)力 前記下側鉛 直管 (21b)に向力 雨水流を防止するように構成された逆流防止弁 (41)が設けられた 請求項 5又は 6記載の雨水貯留装置。
PCT/JP2005/020068 2004-11-25 2005-11-01 流下雨水の濾過装置及びこれを用いた雨水貯留装置 WO2006057137A1 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004339708A JP4180044B2 (ja) 2004-11-25 2004-11-25 流下雨水の濾過装置及びこれを用いた雨水貯留装置
JP2004-339708 2004-11-25

Applications Claiming Priority (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
EP20050800394 EP1816268B1 (en) 2004-11-25 2005-11-01 Flowing-down rainwater filtration device and rainwater storage device using the same
CN2005800404625A CN101065544B (zh) 2004-11-25 2005-11-01 流下雨水过滤装置以及使用该过滤装置的雨水贮留装置
CA002587220A CA2587220C (en) 2004-11-25 2005-11-01 Flowing-down rainwater filtration device and rainwater storage device using the same
US11/791,560 US7775232B2 (en) 2004-11-25 2005-11-01 Flowing-down rainwater filtration device and rainwater storage device using the same
AU2005308286A AU2005308286B2 (en) 2004-11-25 2005-11-01 Flowing-down rainwater filtration device and rainwater storage device using the same

Publications (1)

Publication Number Publication Date
WO2006057137A1 true WO2006057137A1 (ja) 2006-06-01

Family

ID=36497879

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
PCT/JP2005/020068 WO2006057137A1 (ja) 2004-11-25 2005-11-01 流下雨水の濾過装置及びこれを用いた雨水貯留装置

Country Status (8)

Country Link
US (1) US7775232B2 (ja)
EP (1) EP1816268B1 (ja)
JP (1) JP4180044B2 (ja)
KR (1) KR100841358B1 (ja)
CN (1) CN101065544B (ja)
AU (1) AU2005308286B2 (ja)
CA (1) CA2587220C (ja)
WO (1) WO2006057137A1 (ja)

Families Citing this family (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4890341B2 (ja) * 2007-05-07 2012-03-07 株式会社トーテツ 流下雨水の濾過装置
US20090229689A1 (en) * 2008-03-17 2009-09-17 Graham Roy Booth Water diversion device
KR101051133B1 (ko) * 2008-10-15 2011-07-22 한국지질자원연구원 유출 빗물 자동채집기
AU2010239235A1 (en) * 2009-04-23 2011-12-08 Eckman Environmental Corporation Grey water recycling apparatus and methods
US8033058B2 (en) * 2009-04-28 2011-10-11 Fiskars Brands, Inc. Apparatus for diverting rainwater
US8528263B2 (en) * 2009-08-21 2013-09-10 Oatey Co. Rainwater diverter
CN102472041B (zh) * 2009-10-29 2014-02-19 株式会社托太兹 流入通路的雨水过滤装置
KR101290694B1 (ko) * 2010-06-22 2013-07-31 주식회사 케이앤엠이엔지 벽면 설치형 빗물이용장치
US8496810B2 (en) 2011-05-04 2013-07-30 Rainflex, Llc Rainwater collection, storage, and distribution system
US20130233443A1 (en) * 2012-03-01 2013-09-12 Bret Allen Kuehneman Water Diverter/Collector System
US8950123B1 (en) * 2013-10-16 2015-02-10 Chongqing University Rainwater head
US10017920B1 (en) * 2015-04-07 2018-07-10 Charles Jacob (CJ) Huxford Conveyance drain emitter
CN105396347B (zh) * 2015-12-15 2017-03-22 志峰(北京)环境科技集团有限公司 雨水排放处理装置
KR101933459B1 (ko) * 2018-08-10 2018-12-28 주식회사 지알티(Grt) 빗물 재활용 시스템
CN110274087B (zh) * 2019-07-17 2020-09-22 上海标一阀门有限公司 一种阀门
CN111197386A (zh) * 2020-01-13 2020-05-26 中铁六局集团有限公司 建筑物屋顶雨水收集及利用系统

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH08158416A (ja) * 1994-12-02 1996-06-18 Sekisui Chem Co Ltd 雨水の自動貯水装置及び自動貯水方法
JPH0978639A (ja) * 1995-09-20 1997-03-25 Masuji Oi 流下雨水の異物除去構造及び流下雨水の分流管構造

Family Cites Families (21)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US316184A (en) * 1885-04-21 Apparatus for delivering clean water into cisterns from roofs of buildings
US1312738A (en) * 1919-08-12 Planoopapii co
US807332A (en) * 1905-03-03 1905-12-12 George S Stuart Cistern cut-off.
US1124458A (en) * 1914-06-01 1915-01-12 John Kessler Automatic cut-off for eaves-trough spouts.
US1950682A (en) * 1931-05-25 1934-03-13 Malsbary Job Fordyce Milk can filler
US2292764A (en) * 1941-03-03 1942-08-11 Floyd D Levering Flow control mechanism
US3489164A (en) * 1966-11-29 1970-01-13 Katsuji Fujiwara Free float type steam trap
US4428394A (en) * 1981-06-01 1984-01-31 Charlotte M. Wright, executrix Baffle mechanism and insert unit for downspout
US5114594A (en) * 1991-02-26 1992-05-19 Rosebrock Linda L Rainwater diverter
US5873383A (en) * 1993-05-21 1999-02-23 Totetu Mfg. Co., Ltd. General service water storing equipment
JP3596553B2 (ja) * 1994-07-26 2004-12-02 益二 大井 流下雨水の分流管
US5533303A (en) * 1995-04-18 1996-07-09 Harvey; Robert B. Downspout water conservation diversion adaptor
AUPO334196A0 (en) * 1996-10-31 1996-11-21 Hart, George Henry Rain water vessel
US5863151A (en) * 1996-12-30 1999-01-26 Chapotelle; Dan Rainwater saver system
US5985158A (en) * 1997-11-06 1999-11-16 Tiderington; Kenneth M. Removable downspout debris trap assembly
US6397526B1 (en) * 2000-02-29 2002-06-04 Gregory W. Saul Rain gutter cleaner and method of using the same
CA2325728A1 (en) * 2000-11-10 2002-05-10 Gaston Doiron Flow control mechanism for an eaves trough downspout
DE20102390U1 (de) * 2001-02-10 2001-05-17 Gaus Karl Flüssigkeitshöhenstandsregler für Auffangbehälter von Regenwasser o.dgl.
US6647670B1 (en) * 2002-05-31 2003-11-18 Michael Dran Automatic down spout extension
CN1176278C (zh) * 2002-11-18 2004-11-17 朱自强 雨雪集聚水水质自动分离装置
CN2617826Y (zh) * 2002-11-29 2004-05-26 林国冲 建筑物天面雨水储蓄利用装置

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH08158416A (ja) * 1994-12-02 1996-06-18 Sekisui Chem Co Ltd 雨水の自動貯水装置及び自動貯水方法
JPH0978639A (ja) * 1995-09-20 1997-03-25 Masuji Oi 流下雨水の異物除去構造及び流下雨水の分流管構造

Non-Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Title
See also references of EP1816268A4 *

Also Published As

Publication number Publication date
CN101065544A (zh) 2007-10-31
US7775232B2 (en) 2010-08-17
CA2587220A1 (en) 2006-06-01
CA2587220C (en) 2010-02-02
AU2005308286B2 (en) 2008-10-30
EP1816268A1 (en) 2007-08-08
EP1816268B1 (en) 2013-10-02
AU2005308286A1 (en) 2006-06-01
CN101065544B (zh) 2010-12-08
KR100841358B1 (ko) 2008-06-26
EP1816268A4 (en) 2013-04-03
JP4180044B2 (ja) 2008-11-12
KR20070070212A (ko) 2007-07-03
JP2006144504A (ja) 2006-06-08
US20080105306A1 (en) 2008-05-08

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5997750B2 (ja) 水処理およびバイパスシステム
US10626592B2 (en) Filter for removing sediment from water
US7214311B2 (en) Filter cartridge with check valve protection
US8608956B2 (en) Curb inlet catch basin filtration apparatus
US6533941B2 (en) Flow through drain filter for a stormwater or wastewater catch basin
US6478954B1 (en) Debris collecting apparatus
US6062767A (en) Storm water receptor system
US5759415A (en) Method and apparatus for separating floating and non-floating particulate from rainwater drainage
US7186333B2 (en) Storm drain filtration system
US7297266B2 (en) Apparatus for separating particulates from a fluid stream
CA2536300C (en) Apparatus for trapping floating and non-floating particulate matter
US6743354B1 (en) Drain guard catch basin
KR100805334B1 (ko) 도로의 배수 정화시설
US6200484B1 (en) Surface water filtration apparatus
KR100524151B1 (ko) 초기 우수를 배제한 청정 우수 포집 장치
KR101287539B1 (ko) 물로부터 침전물을 제거하기 위한 필터
KR100734578B1 (ko) 교량용 강우수 정화장치
US8221632B2 (en) Surface water filtration device
US20050230317A1 (en) Watershed runoff drainage device & method
US8658044B2 (en) Stormwater filtration apparatus, system and method
WO2000020088A1 (en) Oil and debris separator
JPH1037296A (ja) 遮集タンク
US20060049085A1 (en) Quick release drain filter apparatus and system
KR200459753Y1 (ko) 비점오염원 저감장치
JP5340407B2 (ja) 流入通路の雨水濾過装置

Legal Events

Date Code Title Description
AL Designated countries for regional patents

Kind code of ref document: A1

Designated state(s): GM KE LS MW MZ NA SD SL SZ TZ UG ZM ZW AM AZ BY KG KZ MD RU TJ TM AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HU IE IS IT LT LU LV MC NL PL PT RO SE SI SK TR BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW ML MR NE SN TD TG

AK Designated states

Kind code of ref document: A1

Designated state(s): AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BG BR BW BY BZ CA CH CN CO CR CU CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM HR HU ID IL IN IS KE KG KM KN KP KR KZ LC LK LR LS LT LU LV LY MA MD MG MK MN MW MX MZ NA NG NI NO NZ OM PG PH PL PT RO RU SC SD SE SG SK SL SM SY TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN YU ZA ZM ZW

121 Ep: the epo has been informed by wipo that ep was designated in this application
WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 2587220

Country of ref document: CA

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 1620/KOLNP/2007

Country of ref document: IN

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 1020077010983

Country of ref document: KR

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 11791560

Country of ref document: US

Ref document number: 2005800394

Country of ref document: EP

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 2005308286

Country of ref document: AU

Ref document number: 200580040462.5

Country of ref document: CN

NENP Non-entry into the national phase in:

Ref country code: DE

ENP Entry into the national phase in:

Ref document number: 2005308286

Country of ref document: AU

Date of ref document: 20051101

Kind code of ref document: A

WWP Wipo information: published in national office

Ref document number: 2005308286

Country of ref document: AU

WWP Wipo information: published in national office

Ref document number: 2005800394

Country of ref document: EP

WWP Wipo information: published in national office

Ref document number: 11791560

Country of ref document: US