JPS63298777A - エラ−検出訂正方式 - Google Patents

エラ−検出訂正方式

Info

Publication number
JPS63298777A
JPS63298777A JP62129866A JP12986687A JPS63298777A JP S63298777 A JPS63298777 A JP S63298777A JP 62129866 A JP62129866 A JP 62129866A JP 12986687 A JP12986687 A JP 12986687A JP S63298777 A JPS63298777 A JP S63298777A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
error
correction
code
data
check code
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP62129866A
Other languages
English (en)
Inventor
Minoru Saito
実 斉藤
Ritsu Takeda
立 武田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Nippon Telegraph and Telephone Corp
Original Assignee
Nippon Telegraph and Telephone Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nippon Telegraph and Telephone Corp filed Critical Nippon Telegraph and Telephone Corp
Priority to JP62129866A priority Critical patent/JPS63298777A/ja
Publication of JPS63298777A publication Critical patent/JPS63298777A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Error Detection And Correction (AREA)
  • Detection And Correction Of Errors (AREA)

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 〈発明の属する技術分計〉 本発明は、情報記録再生装置のエラー検出訂正方式に関
するものである。より具体的には、データをひとつのブ
ロック(例えばセクタ)単位に取り扱う情報記録再生装
置に好適なエラー検出訂正方式に関する。
〈従来の技術〉 光デイスク装置のように媒体欠陥に起因する固定的なビ
ット誤りが多発する情報記録再生装置では、訂正能力の
高いガロアフィールドGF(2’)上の比較的ハミング
距離の長い誤り訂正符号と誤り検査符号とを併用するの
が常である。
このような誤り訂正符号および瞑り検査符号を有するセ
クタのデータ構造の典型的な一例を第1図に示す。第1
図において、ILよデータ(DATA) 、2は映り検
査符号のパリティ (CRC) 、3は誤り訂正符号の
パリティ(ECC)、4は誤や訂正符号語(フレーム)
、5はインタリーブによる記録順を示す。
ここで用いる瞑り訂正符号はガqアフィールドGF(2
”)上のハミング距離17のリード・ソロモン符号とし
、最大訂正可能バイト数は8バイトとする。符号長は1
20バイト、データバイト長は104バイト、パリティ
バイト長は16バイトとする。第1図においては、フレ
ームは10段であり、データの記録順が該フレーム群に
直交する方向なので、セクタ全体で最大80バイトの訂
正能力がある。
一方、誤り検査符号は、巡回符号CRCC(Cycli
e Redundancy Cheek Code) 
とする。
このパリティバイトは4バイトとする。これは、上記誤
り訂正符号による訂正処理の結果、誤訂正すなわち訂正
したつもりが正解と全く異なる別個の符号語に変換され
ることを検知するために用いる。
従来は、第1次の誤り検査にあたって、DATA、CR
C,ECCの再生とともに、誤り訂正符号のシンドロー
ム10個を生成し、この値によってエラーを検知してい
た。すなわち、すべてのシンドロームが零であれL!そ
のセクタはエラー無しと判定する。シンドロームが零と
ならないフレームが存在すれば、当該フレーム内にエラ
ー有りと判定する。
乙のような従来方法では、エラーノ検知ニ、誤り訂正符
号のパリティ (ECC)を用いているため、データの
再生のあとECCを再生する時間が余分にかかるという
欠点がある。
また、他の欠点として、データ部分は全く正しくとも、
ECCの部分のエラーにより、シンドロームは非零とな
るため、エラー有りと判定され誤り訂正処理を行うので
、復号時間が大幅にかかり装置スループットを低下させ
るという事態を招く。
特に、GF(2’)のハミング距離の長いリード・ソロ
モン符号は、訂正のための復号時間が一般に長いという
欠点をもつ。訂正アルゴリズムとしては、■ピーターラ
ン復号法(W。
W、Petersoa、−Eneoding and 
error−eorr@etionprocedure
s for the Boss−Chaudkuri 
eodeg、−IEEE Trans、 Inform
、Theory、  Vat、 IT−6,pp、45
9−470. Sθpt、 196G) 、■バールカ
ンプ・マツレイ復号法(E、R,B@rleka+mp
、^1gebraie CodingTheory″、
 New Youk + MeGraw−旧II、  
1968.J、L。
Massey、  −5hift−register 
5ynthesis and BCHdeeordig
−、IEEE Trans、inform、Theor
y、  Vol。
IT−15,pp、122−127.  Jan、 1
975)、■ユークリッ ド復号法 (Y、 Sugi
yama、  闘、Kagahara。
S、旧rasawa  and  T、Namekaw
a、  −A  method  forsolvin
g key equation for decodi
ng Goppacodes−、Inform、  C
ontr、、  Vol、27.  pp、87−99
゜Jan、 1975)の3方法が代表的であるが、い
ずれのアルゴリズムにおいても、エラー位置の同定には
チェノ・サーチ(R,T、 Chien、Cyclie
Decoding Proeedures for B
ose−Chaudhuri−Hoequengh@m
  Codes−、IEEE  Trans、Info
rm。
Theory、Vol、IT−10,pp、357−3
63. Oct、1964)という方法が通常用いられ
る。チェノ・サーチは、エラー位置方程式にすべての原
始根を逐次代入していき、値が零ことなる根を求めろと
いう試行錯誤的な方法である。した力τつて、この処理
にかなりの時間を費やすこと;よ避ζすられない。
特に、多数のエラーがECC部分(こ集中して発生した
場合、データそのもの(こ(よエラーが全く無いのにも
かかわらず、誤り訂正符号のパリティ部分のエラーの訂
正;こ多大な時間を要し、最悪の場合、複数回の回転待
ちを生ぜしめ、その結果として、光デイスク装置のデー
タ処理能力を大きく低下させるとし)う重大な欠点を有
する。
〈発明の目的〉 本発明の目的は、情報記録再生装置I!lこおし)て、
より高速なエラー検査訂正方式を提供することにある。
〈発明の特徴と従来の技術との差異〉 本発明は、第1次のエラー検出を誤り検査符号でのみ行
い、その結果エラーカτ検知された場合に誤り訂正符号
をはじめて用い、その誤訂正用に再度誤り検査符号を用
いることを最も主な特徴とする。
従来の技術とは、誤り検査符号を誤訂正用のみならず第
1次のエラー検出にも利用している点が異なる。
く実 施 例〉 以下、図面を用いて本発明の実施例について説明する。
本実施例では、情報記録再生装置として光デイスク装置
及び媒体を仮定する。
データフォーマットについて 本発明のよる光デイスク媒体のセクタの記録フォーマッ
トは前記第1図のとおりである。
第1図において、lはデータ(DATA)、2は誤り検
査符号のパリティ (CRC)、3は誤9訂正符号のパ
リティ (E’CG) 、4は瞑り訂正符号11(フレ
ーム)、5ばインタリーブによる記録順を示す。
前記のとおり、瞑り訂正符号はガロアフィールドGF(
2”)上のハミング距離17のリード・ソロモン符号と
し、最大訂正可能バイト数は8バイトとする。符号長は
120バイト、データバイト長は104バイト、パリテ
ィバイト長は16バイトとする。この原始多項式、生成
多項式は本特許の範囲外なので特定しない。第1図にお
いては、フレームは10段であり、データの記録順が該
フレームに直交す−ろ方向なので、セクタ全体で最大8
0バイトの訂正能力がある。
また、誤り検査符号はパリティバイトが4バイトの巡回
符号(Cyclic Redundaney Chee
kCode)とする。この生成多項式は32次となるが
、各次数の係数は問わない。
復号手順について 第2図は、本特許に基づくデータ復号回路図である。第
2図において、20はCRCデコーダ、21はECCデ
コーダ、22はCRCデコーダ20と全く同一のCRC
デコーダ、23はバッファである。また、第3@は本特
許に基づくデータ復号手順のフローチャートである。
第2図、第3図を用いて、第1図に示した記録フォーマ
ットに従い光デイスク媒体上に記録されたデータを再生
し復号する手順を説明する。
まず、第2図において、適切な手段により2値化された
再生データ(RD)は、CRCデコーダ20に入力され
る。ここで、データとCRCのみからエラーの有無を検
査される。
エラー無しと判定された場合、エラーを含まぬデータ(
GD)はバッファ23に送られる。
そして、第3図に示すようにデータはそのまま外部に転
送される。
一方、エラー有りと判定された場合は、エラーを含むデ
ータ(ED)はECCデコーダ21に送られろ。ここで
、リード・ソロモン符号による誤り訂正処理が実行され
る。訂正アルゴリズムは、前述のように各種あるが、い
かなるアルゴリズムであるかは本特許の範囲外である。
訂正が完了した場合は、訂正処理後のデータをCRCデ
コーダ22に送り、ここで、誤訂正の検査がなされる。
誤訂正が検出されたら、再読み取りを行う。
もし、訂正が完了しない場合すなわちエラーバイト数が
誤り訂正符号による訂正可能バイト数以上であった場合
は、再度読み取りを試みる。
CRCデコーダ20でエラー有りと判定された場合にお
いて、訂正処理が完結し、誤訂正がなかっt二ときのみ
、訂正後のデータをバッファ23に送出し、外部へ転送
できる。
補    足 なお、本実施例では、説明の都合上、CRCデコーダを
2個用意したが、実用上は1傭のCRCデコーダを時分
割的に使用することが望ましい。
さらに、誤り訂正符号および誤す検査符号は、本実施例
で示したリード・ソロモン符号、CRCC以外のいかな
る符号でも構わないことは自明である。
〈発明の効果〉 重上説明したように、本発明によれば、瞑り訂正符号の
パリティを読み取るまえに、瞑り検査符号のみで、エラ
ーの有無を検知するので、データ正常時、上記誤り訂正
符号のパリティを再生する時間が省略できるという利点
がある。
また、誤り訂正符号のパリティ部分にエラーが存在して
も、データ部にエラーが無ければ誤り訂正処理は行わな
いので、高速処理が可能であるという利点がある。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明による光デイスク媒体のセクタの記憶フ
ォーマットを示す説明図、第2図は本発明に基づくデー
タ復号回路を示すブ四ツク図、第3図は本発明のデータ
復号手順を示すフローチャートである。 図面中、 1はデータ(DATA) 、2は誤り検査符号のパリテ
ィ (CRC) 、3は誤り訂正符号のパリティ (F
CC) 、4は誤り訂正符号語(フレーム)、5はイン
タリーブによる記録順、20ばCRCデコーダ、21は
ECCデコーダ、22はCRCデコーダ、23はバッフ
ァである。

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. (1)セクタ単位でデータの記録再生を行う情報処理装
    置のエラー検出訂正方式において、 セクタ内のデータに対して、誤り訂正符号 と誤り検査符号を付与することと、 前記誤り検査符号によりエラーの有無を判 定することと、 エラーが有る場合には、前記誤り訂正符号 による訂正処理を起動することと、 エラーがない場合には、即座に前記データ を正常とみなすことと、を特徴とするエラー検出訂正方
    式。
  2. (2)特許請求の範囲第1項において、 前記誤り訂正符号による訂正処理完了後、 訂正済みデータに対し、再度前記誤り検査符号を用いて
    エラーの有無を判定することを特徴とするエラー検出訂
    正方式。
JP62129866A 1987-05-28 1987-05-28 エラ−検出訂正方式 Pending JPS63298777A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP62129866A JPS63298777A (ja) 1987-05-28 1987-05-28 エラ−検出訂正方式

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP62129866A JPS63298777A (ja) 1987-05-28 1987-05-28 エラ−検出訂正方式

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPS63298777A true JPS63298777A (ja) 1988-12-06

Family

ID=15020223

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP62129866A Pending JPS63298777A (ja) 1987-05-28 1987-05-28 エラ−検出訂正方式

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS63298777A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO1991015901A1 (en) * 1990-04-02 1991-10-17 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Error detecting system
JP2008250426A (ja) * 2007-03-29 2008-10-16 Omron Corp 読み書き処理方法、読み書き処理装置およびrfidタグ
US11379303B2 (en) 2020-06-17 2022-07-05 Kioxia Corporation Memory system and method

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO1991015901A1 (en) * 1990-04-02 1991-10-17 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Error detecting system
US5341384A (en) * 1990-04-02 1994-08-23 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Error detection method using CRC
JP2008250426A (ja) * 2007-03-29 2008-10-16 Omron Corp 読み書き処理方法、読み書き処理装置およびrfidタグ
US11379303B2 (en) 2020-06-17 2022-07-05 Kioxia Corporation Memory system and method

Similar Documents

Publication Publication Date Title
AU604836B2 (en) Method and apparatus for error correction
TW569188B (en) Method and apparatus for error processing in optical disk memories
US20070011598A1 (en) Error detection and correction for encoded data
JPS6354254B2 (ja)
KR100236367B1 (ko) 에러 정정 방법
JPH0444447B2 (ja)
JP2920065B2 (ja) データ記録方法、記録装置、再生装置及び再生方法
JP2000004170A (ja) 訂正検査方法及び訂正検査装置
JP2001067813A (ja) 高密度ディスクのためのエラー訂正方法
JP2696212B2 (ja) 誤り訂正装置
US7127660B2 (en) Method, apparatus and program storage device for correcting a burst of errors together with a random error using shortened cyclic codes
EP0341863B1 (en) Sector mis-synchronization detection method
JP2007299393A (ja) 回転する記憶媒体の複数の層にデータを読み書きする方法、プログラム及びデータ記憶装置
JP3170920B2 (ja) エラー訂正方法及び訂正回路
JPS63298777A (ja) エラ−検出訂正方式
TWI226612B (en) Data accessing apparatus and method
JPH02182034A (ja) データ語におけるエラーを検出して補正する方法および回路装置
US7213190B2 (en) Data processing apparatus and method
KR100209676B1 (ko) 에러정정 장치 및 방법
JP2605270B2 (ja) エラー訂正及びチエツク装置
JP3219318B2 (ja) 誤り信号訂正装置
US5838695A (en) Method and apparatus for performing Reed-Solomon Product-like decoding of data in CD-ROM format
JPS63298776A (ja) エラ−訂正処理方式
JP2647646B2 (ja) 誤り訂正方法
JPS62248313A (ja) 誤り訂正符号の復号方法