JPS6030235A - 自動ル−プバツク方式 - Google Patents

自動ル−プバツク方式

Info

Publication number
JPS6030235A
JPS6030235A JP58138251A JP13825183A JPS6030235A JP S6030235 A JPS6030235 A JP S6030235A JP 58138251 A JP58138251 A JP 58138251A JP 13825183 A JP13825183 A JP 13825183A JP S6030235 A JPS6030235 A JP S6030235A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
transmission line
loop
warning frame
output side
working
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP58138251A
Other languages
English (en)
Inventor
Satoru Nagata
永田 悟
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Fujitsu Ltd
Original Assignee
Fujitsu Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fujitsu Ltd filed Critical Fujitsu Ltd
Priority to JP58138251A priority Critical patent/JPS6030235A/ja
Publication of JPS6030235A publication Critical patent/JPS6030235A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L12/00Data switching networks
    • H04L12/28Data switching networks characterised by path configuration, e.g. LAN [Local Area Networks] or WAN [Wide Area Networks]
    • H04L12/42Loop networks
    • H04L12/437Ring fault isolation or reconfiguration

Landscapes

  • Engineering & Computer Science (AREA)
  • Computer Networks & Wireless Communication (AREA)
  • Signal Processing (AREA)
  • Small-Scale Networks (AREA)

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 +11発明の技術分野 本発明は複数個の装置がループ構成で接続されているネ
ソ1−ワークにおける自動ループバック方式、より詳細
には、各装置がループ伝送路の障害を検出し、迅速かつ
確実にループバンクを行なう自動ループバンク方式に関
する。
(2)技術の背景 情報処理システムでは、広範囲に散在する複数のコンピ
ュータや各種端末装置等、複数の情報処理装置を互いに
伝送路で結合してネットワークを構成し、相互に情報の
送受信を行なっζいる。このネットワークを構成する場
合、各装置を個別に伝送路で結合すると伝送路を布設す
るのに多大の費用と手間を要するので、少ない伝送路で
各装置を結合するネットワークシステムとして各装置を
閉ループを用いて結合するループ状ネットワークがよく
用いられている。
(3)従来技術と問題点 第1図に示すように、ループ状ネットワーク10は、複
数の情報処理装置11a〜llnが閉ループからなる現
用系伝送路12及び予備系伝送路13で結合されている
。常時は現用系伝送路12を用い、1つの情報処理装置
がら送信された情報が現用系伝送路12を一定方向に各
情報処理装置を一巡して元の情報処理装置に戻ってきた
ときに1回の情報伝送が終了する。
このループ状ネットワーク10において、現用系伝送路
12に断線、短絡等の障害が発生した場合は、予備系伝
送路13を逆方向に経由して情報を元の情報処理装置に
戻すループハック方式や現用系伝送路12から一斉に予
備系伝送路に切替える代替バス方式等により伝送路に生
した障害の回避が行われる。
前者のループハック方式では、ループハックの切り替え
は、手動で行われるか、監視装置からの指令による方式
が主流であるが、各装置が入力信号の途絶を検出するこ
とにより、監視装置がなくても自動的にループハックを
行なう方式も知られている。しかし、この方式では、現
用系の伝送路が正常でも、予備系の伝送路に障害が発生
するとループバックが行われてしまうので、その時現用
系伝送路上を伝送している情報を破壊して一時的に制御
を乱すという問題があった。
また、後者の代替パス方式では、各情報処理装置を一斉
に現用系伝送路から予備系伝送路に切り替える制御が必
要なため、簗中的な制御を行なう特別の監視装置を設け
なりればならなかった。
(4)発明の目的 本発明の目的は、従来のループバンク方式の欠点を解消
し、現用系伝送路が正常な場合は、予備系伝送路の障害
によってループバンクが起らない信頼性の高いループバ
ンク方式であるとともに、特別な監視装置がなくとも、
迅速に、かつ確実に伝送路の障害を検出してループハッ
クを行なうことのできる自動ループハック方式を捉供す
るにある。
(5)発明の構成 本発明は、上記目的を達成するために、複数の装置間を
現用系及び予備系からなる二重の伝送路でループ状に接
続し、伝送路上に障害が発生した場合、障害個所の両側
の装置においてループバックを行なう自動ループバック
方式において、各装置が全て、 イ、現用系伝送路の入力側がらの入力信号の途絶があっ
たとき、この途絶による障害を他の全装置に通報するた
めの警告フレームを現用系伝送路の出力側に継続的に送
信する手段と、口、現用系伝送路の入力側からの入力信
号の途絶があったとき、予備系伝送路の入力側からの入
力信57−を予備系伝送路の出方側に送出することを阻
止し、現用系伝送路の入力信号とするように切り替えを
行なうことによりマスクループハックを構成する手段と
、 ハ、予備系伝送路の入力側がらの入力信号の途絶と現用
系伝送路の入力側からの前記警告フ1/−ムの受信とを
条件として、現用系伝送路の入力側から受信され出力側
に行く信号が予備系伝送路の入力信号となるように現用
系伝送路の出方側を予備系伝送路の入力側に切り替え接
続を行うことにより、隣接する装置における前記マスタ
ループハックに呼応してスレーブループハックを構成す
る手段と、 二、現用系伝送路の入力側がらの入力信号として前記警
告フレームを受信することにより、それまで現用系伝送
路の出力側から送信されていた前記警告フレームの継続
的送信を停止する手段とを有することにより、 自動的にループハックを行なうようにしたことを特徴と
する。
(6)発明の実施例 本発明の一実施例を第2図〜第4図により説明する。
第2図は、本発明の自動ループハック方式の基本構成を
示すブLJ ツク図である。
第2図において、20は自動ループハソクネノ1−ワー
ク、21 a 、 2 l b 、−,21p、−+は
複数の情報処理装置、22ば矢印の方向に情報を伝送す
る閉ループからなる現用系伝送路、23は矢印の方向す
なわち現用系伝送路の伝送方向とは逆方向に情報を伝送
する閉ループからなる予備系伝送路である。
各情報処理装置212〜21pは、伝送路の障害検出及
びループハック形成に対しては同じ構成になっている。
第3図は、情報処理装置21a〜21bに共通した伝送
路の障害検出及びループバック形成手段の構成をブロッ
ク図で示したものである。第3図において、24ば現用
系伝送路の入力側22inからの入力信号の有無を検出
するセンス回路、25は、センス回路24からの信号に
より、現用系伝送路の入力側22inからの入力信号の
代りに、予備系伝送路の入力側23 inからの入力信
号を現用系伝送路22の入力信号とするようにLIノリ
替えるスイッチ回路である。26は、センス回路24か
らの信号により、予IAh系伝送路の入力端23 in
からの信号が出力側23outに送出されないように阻
止するゲート回路である。
27ば予備系伝送路の入力側13inからの入力信号の
有無を検出するセンス回路、28は、センス回路27か
らの信号により、予備系伝送路の入力側23 inから
の信号の代りに、現用系伝送路の出力側220uLに行
く出力信号を予備系伝送路23の入力信号として出力側
23outに送出するように切り替えるスイッチ回路で
ある。29はセンス回路24からの信号により警告フレ
ームの継続的送信を開始する警告フレーム送信回路、3
0は受信した信号が警告フレームであることを検出し、
警告フレーム送信回路29に警告フレームの継続的送信
を停止するように指令すると共に、センス回路27から
スイッチ回路28への制御信号をAND回路31でゲー
トする警告フレーム受信回路である。
なお、第2図の情報処理装置21a〜21pにおいては
、説明に必要な内部構成部分だりが示されており、それ
ぞれの構成部分は、その情報処理装置と同じサフィック
スを用いて区分されている。
例えば情報処理装置21a、21bの警告フレーム受他
回路は、それぞれ30a 、30bで表わされる。
次に第2図及び第3図の動作について説明する。
fil正當圧密動作 正常動作時は、各情報処理装置間で通信する情報は、現
用系伝送路22上を矢印の方向に伝わり、各情報処理装
置を一巡して送信元の情報処理装置に戻ってきて1回の
情報伝送が終了する。
一方、予備系伝送路23には、通常、予備系伝送路が正
常であることを示すためだけの何らかの信号、例えば1
010・・・10といった特に意味のない識別信号を流
しておく。各情報処理装置はこの識別信号を受信するこ
とにより予備系伝送路が正常であることを知ることがで
きる。
識別信号が途絶しても、次に説明する現用系伝送路に障
害が発生したことにより送信される警告フレームが受信
されない限り、現用系伝送路22は正常であるので、そ
のまま現用系伝送路22を使用した正常の情報伝送が継
続される。
(2)現用系伝送路に障害が発生したときの自動ループ
バック動作 現用系伝送路22のA点で断線が生した場合を例にとっ
て、本発明の自動ループハック動作について説明する。
■現用系伝送路22のA点で発生した障害は、情報の流
れる方向でA点から最も近い情報処理装置21bによっ
て最初に検出される。
情報処理装置21bは、センス回路24bにより現用系
伝送路の入力側22 i nからの入力信号の途絶を検
出すると、現用系伝送路22に障害が発生したことを他
の全装置に通報するために、警告フレーム送信回路29
bに信号を送り、警告フレームAFを現行系伝送路の出
力側220utに継続的に送信を開始させる(第2図■
)。
■また情報処理装置21bは、センス回路24bにより
現用系伝送路の入力側22inからの入力信号の途絶を
検出すると、スイッチ回路25に借りを送り、現用系伝
送路の入力側22inからの入力信号の代りに、予備系
伝送路の入力11’l 23 i nからの入力信号を
現用系伝送路22の入力信号とするよ・うに切り替えさ
せる。
さらに、センス回路24bは、デー1〜回路26bに信
号を送り予備系伝送路の入力側23inからの入力信号
、ずなわら識別信号が出力側23outに送出されるの
を阻止する。
この結果、第2図の■に示ずように、予備系伝送路の入
力側23inからの入力信号を、図示しないスイ°ノチ
回路28b、スイッチ回路25bを通っ“C警告フレー
ム受信回路3’Ob及び現用系伝送路の出力側22ou
tに供給するマスクループハックを構成する。
■障害点Aをはさんで、情報処理装置21bに最も近い
情報処理装置21aは、情報処理装置21bによって■
でなされた予備系伝送路23にお&、Iる識別信号の途
絶を検出する。
さらに、情報処理装置21aは、情報処理装置21bか
ら送出された警告フレームAFを現用系伝送路の入力側
22inより受信する。
センス回ief、 27 aが予備系伝送路の入力側2
3 i nからの識別信号の途絶を検出し、警告フレー
ム受信回路30が警告フレームAPを受信すると、信号
をスイッチ回路28に送り、予備系伝送路の入力側23
inからの信号の代りに、現用系伝送路の出力側22o
utに行く出力信号を予備系伝送路23の人力信号とし
て出力側23outに送出するように切り替える。
■情報処理装置21aば、前記■の操作により、すなわ
ち、隣接する情報処理装置21bにおけるマスクループ
バンクに連動して、予備系伝送路の入力側23 i n
からの識別信号の途絶と現用系伝送路の入力側22in
からの警告フレームA rrの受信を条件として、第2
図の■に示すように、現用系伝送路の入力側22inに
受信された信号を、図示しないスイッチ回路25a、2
8a及びゲート回路26aを経由して予備系伝送路の出
力側23outに送出するスレーブループバンクを構成
する。
■信頼処理装置21a、21bによって構成さレタマス
クループバンク及びスレーブループバックによりループ
ハックが完成すると、情報処理装置21bが送信した警
告フレームAFは、情報処理装置21aで予備系伝送路
23に折り返されて、再び元の情報処理装置21bに戻
ってくる。
情報処理装置21bの警報フレーム受信回路24bは、
警告フレームA I”を受信すると、警告フレーム送信
回路29bに信号を送り、それまで継続していた警告フ
レームAFの送信を停止させる。
■以後は、現用系伝送路22のA点における障害が(9
旧するまで、ループハック状態で情報の伝送を行なう。
第4図は、警告フレームAFのフォーマツI・の一実施
例を示したものである。D E Lは警告フレームの開
始及び終了を示すデリミタ、ACは制御部で警告フレー
ムであることがこの部分で示される。DAは宛先アドレ
スで、実施例ではすべての情報処理装置が受信し得る同
報アドレスが指示される。SAは送信元アドレスで、実
施例では情報処理装置21bがアドレスされる。DAT
Aは障害の内容、地点等のデータ、Fe2はチェックビ
ットである。
(7)発明の詳細 な説明したように、本発明の自動ループバックカ式によ
れば、特別な監視装置を設けなくζも、予備系伝送路の
識別信号の途絶及び警告フレームにより、迅速かつ確実
に伝送路の障害を検出してループバックを構成すること
ができる。また、現用系伝送路が正常な場合は、予備系
伝送路に障害が発生してもループハックが起らないので
、伝送中の情報の破壊が生ぜず信頼性の高いループハッ
クを構成することができる。
【図面の簡単な説明】
第1図はループバックネットワークの説明図、第2図は
本発明の自動ループハック方式の基本構成とその動作に
対する説明図、第3図は本発明の自動ループハック方式
におりる情報処理装置の詳細な説明図、第4図は本発明
の自動ループ八ツタ方式に用いられる警告フレームのフ
ォーマットの一実施例の説明図である。 10・・・・・・ループ状ネットワーク、Ila〜11
n・・・・・・情報処理装置、12・・・・・・現用系
伝送路、13・・・・・・予備系伝送路、20・・・・
・・自動ループハックネットワーク、21a〜21p・
・・・・・情報処理装置、22・・・・・・現用系伝送
路、23・・・・・・予備系伝送路、24.27・・・
・・・センス回路、25.28・・・・・・スイッチ回
路、26・・・・・・ゲート回路、29・・・・・・警
告フレーム送信回路、30・・・・・・警告フレーム受
信回路、31・・・・・・AND回路。

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 複数の装置間を現用系及び予備系からなる二重の伝送路
    でループ状に接続し、伝送路上に障害が発生した場合、
    障害個所の両側の装置においてループバックを行なう自
    動ループハック方式において、各装置が全て、 イ、現用系伝送路の入力側からの入力信号の途絶があっ
    たとき、この途絶による障害を他の全装置に通報するた
    めの警告フレームを現用系伝送路の出力側に継続的に送
    信する手段と、口、現用系伝送路の入力側からの入力信
    号の途絶があったとき、予備系伝送路の入力側からの人
    力信号を予備系伝送路の出力側に送出することを阻止し
    、現用系伝送路の入力信号とするように9Jり替えを行
    なうごとによりマスタループハックを構成する手段と、 ハ、予備系伝送路の入力側からの入力信号の途絶と現用
    系伝送路の入力側からの前記警告フレームの受信とを条
    件として、現用系伝送路の入力側から受信され出力側に
    行く信号が予備系伝送路の入力信号となるように現用系
    伝送路の出力側を予備系伝送路の入力側に切り替え接続
    を行うことにより、隣接する装置における前記マスタル
    ープハックに呼応してスレーブループハックを構成する
    手段と、 二、現用系伝送12δの入力側からの入力信号として前
    記警告フレームを受信することにより、それまで現用系
    伝送路の出力側から送信されていた前記警告フレームの
    継続的送信を停止する手段とを了]するごとにより、 自動的にループハックを行なうようにしたことを特徴と
    する自動ループバンク方式。
JP58138251A 1983-07-28 1983-07-28 自動ル−プバツク方式 Pending JPS6030235A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP58138251A JPS6030235A (ja) 1983-07-28 1983-07-28 自動ル−プバツク方式

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP58138251A JPS6030235A (ja) 1983-07-28 1983-07-28 自動ル−プバツク方式

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPS6030235A true JPS6030235A (ja) 1985-02-15

Family

ID=15217589

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP58138251A Pending JPS6030235A (ja) 1983-07-28 1983-07-28 自動ル−プバツク方式

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS6030235A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS61187441A (ja) * 1985-02-15 1986-08-21 Hitachi Ltd リング・ネットワーク構成制御方法
JPH0575636A (ja) * 1991-09-10 1993-03-26 Nec Corp 伝送路の切替方式

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS61187441A (ja) * 1985-02-15 1986-08-21 Hitachi Ltd リング・ネットワーク構成制御方法
JPH0575636A (ja) * 1991-09-10 1993-03-26 Nec Corp 伝送路の切替方式

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5387902A (en) Data networks
JPS6030235A (ja) 自動ル−プバツク方式
US8553530B1 (en) Operating state control in redundancy protection systems
JP3883285B2 (ja) トンネル防災システム
JP2000224079A (ja) 光伝送路一重化ノード装置の故障救済方式
JP3341712B2 (ja) 交換装置の障害処理方式
JP2989091B2 (ja) データ切替え器
JP2938495B2 (ja) ネットワーク監視装置
KR100191678B1 (ko) 통신망 이중화를 위한 통신망 검사방법
JP2802772B2 (ja) ループバック方式
JP3244247B2 (ja) クロック信号現用予備切替方式
JP3061691B2 (ja) 通話路装置
JP3107104B2 (ja) 待機冗長方式
JP2002251203A (ja) 分散形制御システム
JPS63285053A (ja) 網管理装置の障害処理方式
JPH09160875A (ja) マルチエージェント相互バックアップ方式
JPH02216931A (ja) 障害情報通知方式
RU2286014C2 (ru) Системы для защитного контролирования линии связи
JPH0369227A (ja) ノード障害判定方式
JPS63228849A (ja) 分散型伝送装置
JPH09200208A (ja) 障害反映方法
JPS59122029A (ja) 障害監視方式
JPH0946395A (ja) バックアップ機能付ターミナルアダプタ
JPS63299423A (ja) ル−プ状伝送処理システムにおける障害救済方式
JPS6148249A (ja) 回線切替装置