JPS60207755A - 面取り加工装置 - Google Patents

面取り加工装置

Info

Publication number
JPS60207755A
JPS60207755A JP6087984A JP6087984A JPS60207755A JP S60207755 A JPS60207755 A JP S60207755A JP 6087984 A JP6087984 A JP 6087984A JP 6087984 A JP6087984 A JP 6087984A JP S60207755 A JPS60207755 A JP S60207755A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
work
workpiece
pusher
cylinder
guide
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP6087984A
Other languages
English (en)
Inventor
Kenichi Yamaguchi
賢一 山口
Tetsuo Inomata
猪股 哲男
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Proterial Ltd
Original Assignee
Hitachi Metals Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Hitachi Metals Ltd filed Critical Hitachi Metals Ltd
Priority to JP6087984A priority Critical patent/JPS60207755A/ja
Publication of JPS60207755A publication Critical patent/JPS60207755A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 産業上の利用分野 本発明は、面取り加工装置に係り、特に、アークセグメ
ント状または平板状等の被加工物の端面を研削砥石によ
り面取りする加工装置に関する。
従来技術 従来の面取り加工装置は、モータ等の駆動源により回転
する円盤状の砥石に、作業者が被加工物の端面を押し付
けて面取りを行うのが一般的であった。このような手作
業による面取り加工は、加工能率が低いことと、作業者
の熟練度の差や疲労の蓄積に基く加工精度のバラツキが
生じる等の欠点があった。
発明の目的 本発明は、このような欠点を解消したもので、自動的に
被加工物の面取り加工が行え、かつ、加工精度が高い面
取り加工装置の提供を、目的とする。
発明の構成 本発明の構成は、ワーへ保持器と、該ワーク保持器に収
容されたワークをシリンダの駆動により押し出すブツシ
ャと、該ブツシャにより押し出されたワークを移動させ
る案内台と、該案内台を移動したワークをシリンダの駆
動によりガイドと複数個の砥石との間に押し込むブツシ
ャと、前記砥石を回転させるモータとからなる面取り加
工装置にある。
実施例 以下、本発明の実施例を、図面に基づいて説明する。
ここで、第1図は、一実施例に係る面取り加工装置の平
面図、第2図は、同装置要部正面図、第3図は、同装置
のワーク保持容器とプツシi・との作動状態を示す要部
を一部断面にて示した拡大正面図である。
同図で、1および2は、それぞれシリンダ、3は、シリ
ンダ1の駆動により前進・後退するブツシャ、4は、シ
リンダ2の駆動により前進・後退するブツシャである。
5は、端面の面取り加工を施されるワーク、6.6a 
、6bは、それぞれワーク5を収容するワーク保持容器
、7は、ワーク保持容器6.6a 、6bを装着するワ
ーク1−ラバース装置である。8は、ワーク5を移動す
る傾斜付案内台で、8aは平坦なガイドである。
9および9aは、それぞれ砥石駆動用モータ、10は、
モータ9に取着された片テーパ形状の砥石で、10aは
、モータ9aに取着された片テーバ形状の砥石である。
11および11aは、それぞれ支点で、モータ9は、支
点11を介して矢印a1方向に回転する。12は、モー
タ9のストッパー、12aは、モータ9aのストッパー
である。
上記構成において、例えば、焼結磁石であるワーク5の
両側端面の面取り加工を行うには、第3図に示すように
ワーク保持容器6,6a 、6bにワーク5を積み重ね
てセットする。次にシリンダ1を駆動して、ブツシャ3
を前進させてワーク保持容器6中に収容された最下部の
ワーク5を、案内台8の方へ押し出す。ワークを押し出
した後シリンダ1は、ブツシャ3を元の位置に戻して、
次のワーク5を保持容器6から押し出す。
かくして、案内台8に押し出されたワーク5は、案内台
8の傾斜によって矢印X方向に移動する。 ・移動して
来たワーク5は、シリンダ2が駆動してブツシャ4によ
り矢印y方向に押し出し、ワーク5を第2図に示すよう
に砥石10.10aとガイド8aとの間に押し込む。押
し込んだ後は、シリンダ2は、ブツシャ4を元の位置に
戻す。
押し込まれたワーク5は、モータ9および9aの起動に
よる砥石10.108の回転と、モータ自身の重量で両
側端面の面取り加工が同時に行われる。この場合、ワー
ク5に加わる圧力は、モータ9および9aの重量による
ものである。研削時以外はモータ9および9aは、それ
ぞれスI−ツバ−12および12aで支持され、一定の
高さに維持できる。
なお、この面取り加工装置の特長は、段取替が容易な点
にある。すなわち、ワーク5の寸法が変化した場合は、
モータ9,9aに連結された砥石10.108の砥石軸
を上・下に調節し、さらに砥石10,108と、ガイド
8aとが干渉しないようにストッパー12.12aの高
さを調節づることにより寸法の変化に対応して設定覆る
ことができる。
そして、以上のような動作を繰返して、ワーク保持容器
6中のワーク5の両側端面の面取り加工が、次々と自動
的に行える。
一つのワーク保持容器6内のワーク全部の加工終了後は
、ワークトラバース装置7を駆動させて矢印に方向にワ
ーク保持容器6.6a 、6bを移動し、次に6a内に
セットされた未加工のワーク5を加工する。そしてこの
加工中に空いたワーク保持容器6にワーク5をセットす
る。このようにして、ワーク保持容器6.6a 、6b
中のワーク加工が全て終了した時は、ワークトラバース
装置7を矢印にと反対方向に移動させてワーク保持容器
6.6a 、6bを所定の位置にセットする。
以上説明したように、本実施例に係る面取り加工装置は
、ワーク5をワーク保持容器6.6a。
6b内に積み重ねてセットし、シリンダ1の駆動により
ブツシャ3を前進させてワーク5を傾斜付案内台8に押
し出して移動し、しかる後、シリンダ2を駆動しプツシ
174を前進させ、ワーク5を順次砥石10.10aと
ガイド8aとの間に押し込み、モータ9および9aによ
る砥石10..10aの回転により両側端面の面取り加
工を同時に行い、加工終了後は、ワーク5を次工程に送
り出すものであるから、自動的に被加工物の両側端面の
面取り加工が同時にでき、かつ、人手によらないから加
工精度が高い。 ゛ 発明の効果 以上述べたように、本発明は総合して、自動的に被加工
物の両側端面の面取り加工が同時にできかつ、加工精度
が高い面取り加工装置を所期できるもので、実用的効果
に優れた発明ということができる。
【図面の簡単な説明】
第1図は、本発明の一実施例に係る面取り加工装置の平
面図、第2図は、同装置要部の正面図、第3図は、同装
置のワーク保持容器とプツシ【・との作動状態を示す要
部の一部を断面にて示した拡大正面図である。 1.2・・・シリンダ、3.4・・・ブツシャ、5・・
・ワーク、6.6a 、6b・・・ワーク保持容器、8
・・・案内台、8a・・・ガイド、9.9a・・・モー
タ、10.10a・・・砥石。 第2図

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. (1)ワーク保持器と、該ワーク保持器に収容されたワ
    ークをシリンダの駆動により押し出すブツシャと、該ブ
    ツシャにより押し出されたワークを移動させる案内台と
    、該案内台を移動したワークをシリンダの駆動によりガ
    イドと複数個の砥石との間に押し込むプツシ11と、前
    記砥石を回転させるモータとからなることを特徴とする
    面取り加工装置。
  2. (2)前記砥石が片テーパ形状のものである特許請求の
    範囲第1項記載の面取り加工装置。
JP6087984A 1984-03-30 1984-03-30 面取り加工装置 Pending JPS60207755A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6087984A JPS60207755A (ja) 1984-03-30 1984-03-30 面取り加工装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6087984A JPS60207755A (ja) 1984-03-30 1984-03-30 面取り加工装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPS60207755A true JPS60207755A (ja) 1985-10-19

Family

ID=13155099

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP6087984A Pending JPS60207755A (ja) 1984-03-30 1984-03-30 面取り加工装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS60207755A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6902469B2 (en) 1999-12-28 2005-06-07 Neomax Co., Ltd. Work chamfering apparatus and work chamfering method
KR100742724B1 (ko) 2007-01-02 2007-07-25 안전공업주식회사 압출 소재 양 단면 연삭기
CN103495914A (zh) * 2013-08-20 2014-01-08 安泰科技股份有限公司 全自动内圆倒角装置
CN113458906A (zh) * 2021-09-02 2021-10-01 南通众兴磁业有限公司 一种锰锌铁氧体磁芯倒角设备

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6902469B2 (en) 1999-12-28 2005-06-07 Neomax Co., Ltd. Work chamfering apparatus and work chamfering method
KR100742724B1 (ko) 2007-01-02 2007-07-25 안전공업주식회사 압출 소재 양 단면 연삭기
CN103495914A (zh) * 2013-08-20 2014-01-08 安泰科技股份有限公司 全自动内圆倒角装置
CN113458906A (zh) * 2021-09-02 2021-10-01 南通众兴磁业有限公司 一种锰锌铁氧体磁芯倒角设备

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5018313A (en) Roundness processing device of a slipper surface of a rocker arm
JPS60207755A (ja) 面取り加工装置
JPS5848298B2 (ja) 工作機械
JP3000353B1 (ja) 両端面同時面取り機
CN216731225U (zh) 一种自动滑动轴承油槽抛光机
CN110116226A (zh) 柱件的侧孔全自动加工设备
CN209363738U (zh) 分度开槽机
CN112894363A (zh) 一种转盘式自动加工机
JP3801780B2 (ja) ツルーイング工具及びツルーイング工具付きウェーハ面取り装置
JP2002028839A (ja) 研磨装置
JPH0350663B2 (ja)
CN217859130U (zh) 工件切槽中转装置
JPS60207752A (ja) 面取り加工装置
JPH0584647A (ja) スローアウエイチツプの研削装置
JPH07108447A (ja) 面取り装置
CN219945754U (zh) 上下料定心装置
US4364204A (en) Apparatus for machining a number of workpieces with one tool
CN212823965U (zh) 一种小型圆柱类工件切断打磨工装
KR200373282Y1 (ko) 가공물의 표면 연마장치
JPH071201Y2 (ja) 旋 盤
JPH07256543A (ja) 面取り加工装置
JPH0129001Y2 (ja)
JPS60207754A (ja) 面取り加工装置
JP2520796B2 (ja) 両面研削装置
JPH0753884Y2 (ja) 円筒状部品の精密内面研削盤